デジタル庁 の全ての求人一覧
デジタル庁 の全ての求人一覧

01_プロジェクトマネージャー(府省領域)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁が主導し企画、構築、運用する各プロジェクトの責任者として、企画段階から関与し、体制構築、要件定義、開発、導入、運用までの責任を担っていただきます。 プロジェクト対象は、各省庁共通システム、インフラサービス等、多岐にわたります。プロジェクトの成功の為に期待される役割に対して責任を持ち、推進プロセスの策定、課題やリスクへの対応、ベンダーの管理、適切な報告等を行っていただきます。 現段階ではウォーターフォール型、アジャイル型開発手法が併走するので、プロジェクトのタイプや規模に応じて柔軟な管理手法が問われます。 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

02_プロジェクトマネージャー(ID/認証)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では、事業者向け行政手続における認証サービス「GビズID」等の提供などを通じて、事業者向けのワンストップ行政手続プラットフォームの提供を推進しています。 GビズIDは今後、全法人による取得を目指したサービスの改善・利用拡大や、各府省・自治体システムとの接続拡大が求められます。 プロジェクトマネージャー(ID/認証)では、 GビズIDを中心に各種ID技術やPKI技術の関係するサービス・プロダクトについて継続的な改善を行い、安定的なサービス運用をリードすることで、政府内での活用拡大及び事業者ユーザーの拡大を図る役割を担っていただきます。また個人の事業主向けにマイナンバーカードの認証利用の実装についても進めていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 <GビズID> ・法人向けの認証サービス「GビズID」と関連するプロジェクトマネジメント ・サービスの利用者拡大に伴う安定的な運用体制の構築 ・各省庁・自治体の行政システムと「GビズID」の接続に関するルール策定、運用 ・GビズIDの発行プロセスの簡素化、実施 <マイナンバー関連> ・個人の事業手続におけるマイナンバーカード認証に関する企画・実装 ・ID/認証基盤としてのマイナンバーに関する連携や支援 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

03_プロジェクトマネージャー(Jグランツ)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では、汎用的な補助金申請システム「Jグランツ」等を通じて、事業者向けのワンストップ行政手続プラットフォームの提供を推進しています。 Jグランツは政府・自治体の補助金掲載を増加させるとともに、事業者・行政職員双方にとって利用しやすいサービスとするための継続的なサービス改善が求められます。 プロジェクトマネージャー(Jグランツ)では、 安定的なサービス運用をリードすることで、政府内での活用拡大及び事業者ユーザーの拡大を図る役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・汎用的な補助金申請サービス「Jグランツ」と関連するプロジェクトマネジメント ・サービスの利用者拡大に伴う安定的な運用体制の構築 ・各省庁及び自治体の行政システム並びに民間事業者の利用するサービスと「Jグランツ」の接続に関するルール策定、運用 ・機能・運用改善、各種調整 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

04_プロジェクトマネージャー(医療・健康・介護)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁の準公共(健康・医療・介護)班では、健康、医療、介護の分野について個人や医療機関関係者が行う様々な手続きにかかる負担を軽減し、個人は治療やリハビリに、医療機関関係者は個人のケアに専念できる環境づくりに技術的視点から取り組みたいと考えています。健康、医療、介護分野の様々な制度や手続きの現状を把握し、個人や医療関係者の目線に立って、取組方針、システムアーキテクチャやスケジュールの具体化、進捗の管理を、行政職員と連携して行う人材を募集します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・健康、医療、介護分野の制度や手続きの現状の整理 ・取組方針、システムアーキテクチャ、スケジュールの具体化 ・取組の進捗管理 ・関係者との調整 ・情報整理、資料・プレゼンテーション作成 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

05_プロジェクトマネージャー(防災デジタル化)

【募集背景・業務内容】 近年頻発し、激甚化する災害に効果的・効率的に対応するために、デジタル技術の活用が重要となっており、組織の壁を越えたデータの共有・連携を可能とすることが鍵となります。 第一に、災害発生時においては、被災状況をいち早く把握し、個別の状況に応じたきめ細やかな避難誘導、中央省庁から自治体への支援、物資の確保等を行うことが期待されますが、そのためには、国、独立行政法人、都道府県、市町村、民間企業といった様々な主体が保有する刻々と変化する情報を、組織の壁を超えて統合的に把握し、法令に基づいてより迅速に判断することが求められます。そのために、内閣府の総合防災システムやSIP4D等のシステムをよりよいものとしていくことが必要となります。また、スマートフォン上のチャットボットを通じて被災者一人一人の状況を把握し、それに応じた情報を発信する仕組みも有用と考えられます。これまで、政府においては、こうした技術の研究や実証が行われてきたところであり、その成果をいかして、既存の業務フローを見直しながら、システムとして実装していくことが求められています。 また、災害発生後の対応として、政府においては、①市町村が共同で利用できるクラウド上で、住民情報を始めとする被災者関係情報を取り込み、②各行政機関がそれぞれに被災者に対して提供する支援制度を一元的に入力・検索・参照可能なシステムの構築、被災者支援のための活動を効率化する仕組みの構築等にも取り組んでいるところであり、上記の社会実装に当たっては、これらの機能も連携・統合させていくことが構想されています。 今回のプロジェクトマネージャーは、内閣府等の政府の災害対応を支援するため、このような統合的な防災システムのモデルを考え、社会実装のための戦略を策定するとともに、必要となるプラットフォーム、ルール、標準、基盤データなどを整備し、その活用を推進していくことが求められます。また、既存関係者が多い中でデジタル時代の新しいモデルへと変革を進めていくための高い調整力が求められます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・災害発生時に多様な主体が保有するデータをリアルタイムに統合し、把握するとともに、被災者に対して避難行動を促す情報を発信するプラットフォームの社会実装に向けた検討 ・各地方公共団体が保有する被災者関係情報を取り込み、被災者支援を効率化するためのシステムの構築への支援(マイナンバーカードの有効活用の検討も含む) ・各行政機関が提供する被災者支援制度を一元的に入力・検索・参照可能なデータベースの構築への支援 ・各都道府県が使用する防災情報システムに入力されるデータを活用した、災害時に物資調達・輸送調整等を支援するシステムの高度化への支援 ・上記のプラットフォームや各システムに係るデジタル技術標準(データ標準を含む)を体系的に整備 ・地方自治体からのデータのインプットや、地方自治体へのデータのアウトプットの効率的な情報共有の在り方(データの標準化、システム連携、入力支援ツール、APIなど)の検討 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

06_プロジェクトマネージャー(マイナポータル)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁の提供するマイナポータルは、「マイナンバーカードをキーにした、わたしの暮らしと行政との入口」として、国や自治体など行政機関等への手続をスマートフォンからもできるプラットフォームとしての役割や、行政機関等にある自分の情報を簡単に取得することができるなど、暮らしをより便利にするためのサービスを提供しています。また、こうしたサービスをAPIとして広く提供することにより、民間サービスとも連携してマイナポータルを活用いただいています。 国民の皆様がマイナポータルを通してデジタル化による利便性を感じていただくため、そのUI・UXを利用者目線で徹底して見直すことにより、多くの国民の皆様にご利用いただくことが必要です。マイナポータルの課題についてディスカッションを重ねながらUI・UXの向上に取り組みつつ、マイナポータルの活用を希望する行政機関や民間サービスとの検討に参画いただくことで、多くの国民にマイナポータルをご利用いただけるよう、共に知恵を出しながら取り組む方を募集いたします。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・マイナポータルのUI・UX改善について、その課題と改善策について検討するとともに、具体的なシステム改修業務の工程管理(運用ベンダー等と調整) ・マイナポータルをUIとする行政機関等へのオンライン申請手続について、開発に向けた各府省庁等との連携 ・マイナポータルAPIの企画と、その活用を希望する民間サービスについて民間企業等との連携 ・マイナポータルと連携する「民間送達サービス(民間企業等からのお知らせをマイナポータルで閲覧及び外部サイトへの提供するサービス)」の導入及び連携を希望する民間企業との連携 ・マイナポータルのシステムリリースに際してその内容を確認するとともに、判定会議等に参画 ・障害発生時の運用ベンダーと連絡対応、原因調査、対応策の実施。あわせて関係各所への連絡 ・調達手続における仕様書作成への関与、必要な技術的助言の実施 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

07_システムエンジニア(預貯金口座)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では国民に対する公的給付を迅速かつ確実に行うために基盤となるシステムを構築するプロジェクトに取り組んでいます。具体的には、国民の皆様が公的給付を受けられる際の、受取先となる預貯金口座を事前に登録して頂くことによって、国民の皆様にとっての申請手続や、行政機関における確認手続の簡素化を目指すものです。 本プロジェクトは、令和3年5月に成立したデジタル改革関連法のうち、「公的給付の支給等の迅速且つ確実な実施のための預貯金口座の登録等に関する法律」にもとづくものです。システム構築を速やかに進める必要があることから、関係するシステムとの連携の企画のほか、発注者である政府としての開発・運用の事業者との調整をあわせて進め、設計・開発の検討及び運用までの責任を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・預貯金口座の登録のためのシステム構築に係る要件定義のほか、設計・開発、テスト、運用などの進捗管理(システム構築はウェーターフォール型を予定) ・デジタル庁内における多数のシステム(マイナンバー関連の情報提供ネットワークシステムやマイナポータル等)や他政府機関のシステムと、預貯金口座登録・管理システムとの連携実現に関する検討 ・各段階における組織内外の関係者との課題・リスクへの対応、適切な報告等の実施 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

08_ITストラテジスト(省庁業務システム)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁が主導、およびデジタル庁と各府省が共同で企画、構築、運用するシステムのうち、各省庁が共同利用する業務システムについて、企画構想から要件定義フェーズに亘って業務およびシステムのデザインを担っていただきます。 具体的には、プロジェクトの成功の為に期待される役割に対して責任を持ち、推進プロセスの策定、課題やリスクへの対応、外注先の管理、適切な報告等を行っていただきます。 上記のような各プロジェクトの責任者としての業務のほか、デジタル庁の立場から、各府省のプロジェクトについて必要性・効率性、政府方針の整合性等の観点で監理する業務を担って頂きます。 また、上記の業務に従事しつつ、各府省におけるデジタル化推進に係るプロジェクト(DX計画の作成・推進、人材育成、省内横断的なプロジェクトの管理等)に直接携わっていただく場合があります。 現段階ではウォーターフォール型、アジャイル型開発手法が併走するので、プロジェクトのタイプや規模に応じて柔軟な管理手法が問われます。 ※官民混成チームのプロジェクトとなります。 ※なお、担当業務については、業務状況の変化等に応じて変更される可能性があります。 ※これまでの経験や能力、希望等を踏まえて、システム構築またはプロジェクト監理のどちらの業務を担っていただくか決めさせていただきます。また、状況に応じ、両方の業務を担っていただく場合もあります。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁が主導して企画、構築、運用する各システムの企画構想および要件定義 ・デジタル庁と各府省が共同で企画、構築、運用する各システムの企画構想支援および要件定義支援 ・各府省における業務および制度の現状分析、課題抽出 ・課題解決策の立案、業務面および制度面での要求分析、システム面での要件定義 ・調達仕様書作成のマネジメント ・入札内容に対する評価 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

09_Web開発エンジニア

【募集背景・業務内容】 デジタル庁ガバメントソリューションサービス班は、政府職員が利用する、最適化された基盤サービスの提供を行います。基盤サービスには、グループウェア、事務端末(PC・スマートフォン)を含む業務環境を提供するエンタープライズサービス、クラウド・モバイルアクセスに加えて、様々なネットワークアクセス要件に応える統合ネットワーク基盤、人・物を含む情報資産を管理する共通ID基盤・職員向け情報サービスポータルが含まれます。 Web開発エンジニアは、共通ディレクトリ基盤や職員ポータル等の開発業務を通して、職員にとってのワンストップで利便性の高いエンタープライズシステムの導入を推進する役割を担います。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・公的機関で使用するID管理基盤の設計・開発 ・連携サービスとの相互運用・相互接続、及びプロビジョニングを行うサービスの設計・開発 ・ソリューションアーキテクチャの視点から評価した設計の最適化と安全性の向上 ・継続的な分析と改善によるソリューションの効率化、高度化、品質向上、及びスケーラビリティの向上 ・サービス品質指標の定義及び、SLI、KPIに対して測定可能なパフォーマンスを実現するプロセス及びテクノロジーソリューションの設計 ・設計及び構築に係るドキュメンテーション 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

10_システムアーキテクト

【募集背景・業務内容】 デジタル庁は、国民向けサービスから省庁向け業務システムまで、幅広い範囲のシステム構築に責任を負っています。これら複数のシステム構築におけるレガシーな問題点を把握し、あるべき将来のシステムアーキテクチャを描くことは重要な役割です。 システムアーキテクトは、政府における業務システムの開発プログラム、プロジェクト及び運用サービスにおいてシステムアーキテクチャの観点から方針を決め、プロジェクトの効率的な推進をご担当いただきます。各府省の行政官や、クラウド、データ、プロジェクトマネジメントの担当者と連携しながら、最適なアーキテクチャの構築を目指します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・政府のアーキテクチャ指針に基づいた各システムの設計方針の策定 ・システム構築の目的と要件を見極めたアーキテクチャの検討と実行 ・政府での調達の仕組みを理解した上でのプロジェクトにおけるスコープ、コスト、スケジュール、リソース、リスク、調達方法の管理 ・各プロジェクトのマネジメント方針やプロセス策定及び実行 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

11_データエンジニア

【募集背景・業務内容】 政府は、デジタル社会における国民や企業のデータ利活用を促進するための、データ戦略の策定を行い、その中核となるベース・レジストリの整備に力を入れています。また、ベース・レジストリの対象領域を順次拡大し、周辺データも含めたデータ整備の推進を図る予定としております。 データエンジニアは、担当分野におけるデータのアーキテクチャとモデルの整備を行い、実装を推進する役割を担います。データのインターフェースや品質の改善を進めることで、国民にとって使いやすいワンスオンリー・サービスの実現を目指します。また、ベース・レジストリの整備を通して、国民のニーズを把握し、効率化のための共通ルールの策定や、新たなベース・レジストリの検討を行うことも求められます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・政府全体のデータと担当分野のデータの関係性の整理 ・担当分野のデータアーキテクチャ及びデータモデルの策定 ・データ整備ロードマップの策定及び、データ品質の測定と改善策の検討 ・インターフェース条件を明確にした上での連携用ドキュメントの整備 ・データ活用ユースケースの整理 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

12_データサイエンティスト

【募集背景・業務内容】 政府は、デジタル社会における国民や企業のデータ利活用を促進するための、データ戦略の策定を行い、その中核となるベース・レジストリの整備に力を入れています。また、ベース・レジストリの対象領域を順次拡大し、周辺データも含めたデータ整備の推進を図ることを予定しています。 データサイエンティストは、政府が保有するデータの価値を最大化させ、政策立案・評価の精度を高めるため、デジタル庁におけるデータ分析業務の中核を担っていただきます。データ班に所属する技術職員や、各省庁の担当者と協力関係を築きながら、AIの活用、EBPM(Evidence-Based Policy Making, エビデンスに基づく政策立案)の促進、人材育成を進めていただくことが求められます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・政府全体で保有するデータ分析プロジェクトの企画、立案 ・各プロジェクトにおける目的設計、分析フレームの選定、分析、ビジュアライズまで、一連でのデータ活用 ・政府が進めるEBPM(Evidence-Based Policy Making, エビデンスに基づく政策立案)の促進 ・統計等の政府保有データの組み合わせ活用 ・データの利活用が可能なユースケースの整理 ・政府内各府省で行われるデータ分析プロジェクトへの助言 ・行政組織内におけるデータサイエンス人材の育成、トレーニング 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

13_セキュリティプロジェクトマネージャー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁において、セキュリティプロジェクトマネージャーとして、国民向け行政サービス及び官公庁向けシステムに対するセキュリティ確保のための関連プロジェクトの推進することを担います。 セキュリティプロジェクトとしては、政府情報システムの健全性を確認するシステム検証・監査プロセスの検討及び導入プロジェクトや、政府情報システムの企画・設計段階から情報セキュリティを確保するための方策の検討及び導入プロジェクト等をご担当頂くことを想定しています。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・政府情報システムの健全性を確認するシステム検証、監査プロセスの検討及び導入 ・クラウドサービスを活用した政府情報システムの企画・設計段階から情報セキュリティを確保するための方策の検討及び導入 ・上記プロジェクトの企画と計画立案、関連する調達内容の検討 ・各政府情報システムとのプロジェクトの試験導入の検討と実施 ・各政府情報システムのステークホルダーとの関連調整業務 ・プロジェクト成果のとりまとめ及び成果に繋げるための教育企画 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

14_脆弱性診断士

【募集背景・業務内容】 脆弱性診断士は、政府のシステムの安全性を確保するために、デジタル庁が管理するシステムに対しての脆弱性診断および、脆弱性診断の外部への発注管理と検収を行います。手動での診断および、自動診断ツールを使っての診断を行います。対象システムに存在する脆弱性を洗い出すためのセキュリティ調査を実施すると共に、当該調査を元に、各府省の責任者に対し、セキュリティ上の助言や対策の実行支援を担うことで、官公庁全体のセキュリティ対策の徹底に貢献いただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁が管理するシステムに対する脆弱性診断と評価 ・官公庁システム及び国民向けサービスの業務設計上のセキュリティ対策に対する助言 ・外部ベンダーに対する脆弱性診断の発注および検収 ・セキュリティ・リスク管理の認識を高めるための、組織内外の利害関係者との提携 ・セキュリティ施策を通じた組織全体の価値向上 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

15_インシデントハンドラー

【募集背景・業務内容】 近年急速に高まるセキュリティリスクに対し、政府システムの安全性を確保するために、デジタル庁が管理するシステムに対してのセキュリティインシデントへの対処全般をご担当いただきます。 インシデントハンドラーとして、政府のシステムに対するインシデント発生時もしくは、予兆を検知したときに出動し、被害の最小化、原因調査の初期対応を行います。情報保全やログ解析、フォレンジック調査、マルウェア解析を実際の手を動かして実施します。インシデント規模が大きい場合や、詳細調査が必要な場合については、外部への発注も想定されます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁が管理するシステムで発生するセキュリティインシデントへの対処 ・ログ解析、フォレンジック、マルウェア解析等を用いた原因究明と対処 ・各種セキュリティインシデントに備えた事前準備と再発防止策の策定 ・インシデント発生時の各種機関への報告と連携 ・官公庁システム及び国民向けサービスに対するセキュリティ対策の助言 ・外部ベンダーに対する調査および対応の発注、管理 ・セキュリティリスク管理の認識を高めるための、組織内外の利害関係者との提携 ・セキュリティ施策を通じた組織全体の価値向上 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

16_プライバシーデザイナー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では、国民向けの快適で適正なサービスを実現するべく、広くサービスデザインの観点で「プライバシーバイデザイン」を実現することを目指しています。 プライバシー関連の法制は国際的にも非常に注目を浴びていますが、実際のサービス提供の観点では、技術と制度の関係を含め、単に個人情報保護法への対応という様な形ではなく、すべての企画時点からプライバシーバイデザインが可能な体制が求められます。 プライバシーデザイナーには、総務省・経産省などで検討が進んでいるプライバシーガバナンスガイドブックなども踏まえ、専門家との連携を取りながら、デジタル庁のサービスにおけるプライバシー関連の取り組みをリードする役割を担って頂きます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁の関連するサービスなどについてのプライバシー観点のアドバイス ・法務専門家と連携したサービスの問題点の指摘や、サービスに対しての適正な利用規約案の作成 ・利用規約、プライバシーポリシーの妥当性や明確化 ・利用者に優しい規約、ポリシーなどの継続的な改善 ・プライバシーインシデント対応の支援 ・個人情報漏洩などのインシデント対応の支援 ・その他事後対応の支援 ・セキュリティチームとの連携 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

17_システムエンジニア (ネットワーク)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁ガバメントソリューションサービス班は、政府職員が利用する、最適化された基盤サービスの提供を行います。基盤サービスには、グループウェア、事務端末(PC・スマートフォン)を含む業務環境を提供するエンタープライズサービス、クラウド・モバイルアクセスに加えて、様々なネットワークアクセス要件に応える統合ネットワーク基盤、人・物を含む情報資産を管理する共通ID基盤・職員向け情報サービスポータルが含まれます。 システムエンジニアは、ガバメントソリューションサービス班が提供する各種サービスのシステムインテグレーション、運用オペレーション及びサービス利用組織との技術要件の調整業務を担当します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁が提供するエンタープライズシステムの設計、構築、及び運用 ・統合ネットワーク基盤担当者、共通基盤担当者、及びエンタープライズシステム利用組織と連携し最適化されたアーキテクチャ設計 ・エンタープライズシステムを利用する職員の課題の把握及びサービス品質の向上 ・継続的な改善と根本的な原因分析によるエンタープライズシステムの効率化、高度化、品質向上、及び安全性の向上 ・サービス品質指標の定義及び、SLI、KPIに対して測定可能なパフォーマンスを実現するプロセス及びテクノロジーソリューションの設計 ・新たに構築するエンタープライズシステムへの移行・統合プロセスの策定、及び実行 ・エンタープライズシステムへのアクセス及び操作ログの分析・監視システム業務 ・サポートスタッフの教育及び業務管理 ・提供前サービス、システムの検証及び検証結果の取りまとめ業務 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

18_プロジェクトマネージャー (ネットワーク)

【募集背景・業務内容】 デジタル庁ガバメントソリューションサービス班は、政府職員が利用する、最適化された基盤サービスの提供を行います。基盤サービスには、グループウェア、事務端末(PC・スマートフォン)を含む業務環境を提供するエンタープライズサービス、クラウド・モバイルアクセスに加えて、様々なネットワークアクセス要件に応える統合ネットワーク基盤、人・物を含む情報資産を管理する共通ID基盤・職員向け情報サービスポータルが含まれます。 プロジェクトマネージャーは、ガバメントソリューションサービス班が提供するシステムを利用する各府省との調整業務及び共同で推進する各種プロジェクトの管理を担当します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・IT利活用推進による各府省庁の働き方改革実現のための仕組みづくり ・エンタープライズシステム展開計画の策定及び実現のための仕組みづくり ・エンタープライズシステムの効率化、高度化、品質向上及び安全な利用の実現 ・統合ネットワーク基盤技術担当者、共通基盤技術担当者と協働しデジタル庁が提供するエンタープライズシステムを利用する各府省庁と連携した横断的なプロジェクトの推進及び管理 ・継続的な業務の分析による最適化計画の策定と実施 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

19_地方業務システム基盤アーキテクト

【募集背景・業務内容】 デジタル庁は、地方自治体の基幹業務システム(住民記録、地方税、福祉等)について、原則全ての地方公共団体が、令和7年度(2025 年度)までに、ガバメントクラウド上に構築された標準仕様に適合した基幹業務システムへ移行する統一・標準化を目指しています。 令和5年度移行の本格移行期に向けて、デジタル3原則に基づく事務処理が可能とし、地方自治体の基幹業務システムが効率的に運用できるよう、地方自治体の基盤業務システムが共通して利用する機能を企画立案し、整備する人材を求めています。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・庁内連携機能、申請管理機能など、地方自治体の基幹業務システムが共通して利用するワンストップ、ワンスオンリーを実現するための機能(以下「共通機能」という。)に関しての、地方自治体や関係ベンダーとの調整 ・共通機能の提供方法についての企画、立案 ・共通機能の仕様書の作成、調達(標準仕様方式の場合は、標準仕様書を作成) ・地方自治体や関係ベンダーに対する、共通機能の利用の推進 ・関係ベンダーからの質問等に対し回答する等、技術的なアドバイス 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

20_地方業務システム法務エキスパート

【募集背景・業務内容】 デジタル庁は、地方自治体の基幹業務システム(住民記録、地方税、福祉等)については、原則全ての地方公共団体が、令和7年度(2025 年度)までに、ガバメントクラウド上に構築された標準仕様に適合した基幹業務システムへ移行する統一・標準化を目指しています。 令和5年度移行の本格移行期に向けて、デジタル庁、ガバメントクラウド提供事業者、アプリケーション開発事業者、地方自治体の責任分界の整理など、クラウドやネットワークに対する技術的な理解と法律実務に精通し、地方自治体の基幹業務システムが利用するガバメントクラウドに関する法律実務を行う人材を求めています。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁、ガバメントクラウド提供事業者、アプリケーション開発事業者、地方自治体の責任分界の整理やアプリケーション開発におけるルールを定める等、地方自治体がガバメントクラウドを利用する上での法的関係の整理 ・それらの実効性を高めるための仕組みの構築 ・ガバメントクラウドを利用する地方自治体等に対する法的関係の理解促進 ・ガバメントクラウド上に構築された基幹業務システムへの移行に伴うトラブルに対する法的な対応 ・ガバメントクラウド上に構築された基幹業務システムの運用におけるトラブルに対する法的な対応 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

21_地方業務標準化アーキテクト

【募集背景・業務内容】 デジタル庁は、地方自治体の基幹業務システム(住民記録、地方税、福祉等)については、原則全ての地方公共団体が、令和7年度(2025 年度)までに、ガバメントクラウド上に構築された標準仕様に適合した基幹業務システムへ移行する統一・標準化を目指しています。デジタル庁は、令和3年度及び令和4年度において、制度所管省庁に対し、デジタル3原則の観点からBPRを含めた標準仕様の策定を支援し、データ要件・連携要件の標準を定めることとしています。そのため、基幹業務の制度理解、BPRに対する高い意欲、地方自治体の基幹システムやデータに対する深い知識をもち、データ要件・連携要件の標準を策定できる人材を求めています。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・標準仕様を策定する制度所管省庁に対する支援 ・制度所管省庁が開催する検討会への参加 ・標準仕様を踏まえ、データ要件・連携要件の標準の策定 ※データ要件・連携要件の標準のアウトプットイメージはこちらを参照 https://cio.go.jp/sites/default/files/uploads/documents/digital/20210901_local_governments_08.pdf ・データ要件・連携要件の標準案について、制度所管省庁と協議 ・データ要件・連携要件の標準案について、地方自治体や関係ベンダへの意見照会、調整 ・データ要件・連携要件の標準策定後のメンテナンス(法改正対応、BPR対応) ・データ要件・連携要件の標準についての適合性確認方法を企画立案、実装 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

22_ビジュアルデザイナー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を」をミッションに掲げ、国⺠目線のUI・UXの改善とユーザー体験志向による国⺠向けサービスの実現に取り組んでいます。 ビジュアルデザイナーは、マイナポータルなど特に多くの国⺠が利用する国の情報サービス、公共フロントサービス、その他国や地方公共団体の手続等のデジタル化において、デジタル庁内外のチームメンバーと協力・連携し、サービスにおけるデザインソリューション提案、デザインシステムの作成、UIデザイン実装の推進、広報戦略やブランド戦略にもとづくビジュアルコンテンツ作成の役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・ビジュアルデザイン実施に必要な目標、仕様、成果物、タイムライン、アプローチ等の定義と計画 ・デザインシステムの構築と継続的な改善 ・サービス開発におけるUIデザインの制作と実装 ・広報戦略やブランド戦略にもとづくビジュアルコンテンツとデザインガイドラインの作成 ・デジタル庁内外のチームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーション ・デジタル庁内におけるユーザー体験志向の啓蒙 ・デジタル庁におけるデザイン活動の社外発信とデザインコミュニティとの連携 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2〜3回程度の面接を予定しております。 ※デザイン関連ポジションへの応募は、ポートフォリオ(ファイルorリンク)のご提出をお願い致します。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

23_プロダクトデザイナー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を」をミッションに掲げ、国⺠目線のUI・UXの改善とユーザー体験志向による国⺠向けサービスの実現に取り組んでいます。 プロダクトデザイナーは、マイナポータルなど特に多くの国⺠が利用する国の情報サービス、公共フロントサービス、その他国や地方公共団体の手続等のデジタル化において、デジタル庁内外のチームメンバーと連携・協働し、サービスコンセプト構想、ユーザーリサーチ実施、UXデザイン戦略策定、UXソリューション提案、UIデザイン実装を推進する役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・サービス戦略理解とサービスコンセプトの定義 ・ユーザーリサーチの設計・実施とUXデザイン戦略の策定 ・プロトタイピングの計画・実施とユーザーテストによる検証 ・情報設計とユーザーフロー・ワイヤーフレームの作成 ・UIデザイン・デザインシステムの制作と実装支援 ・デジタル庁内外のチームメンバーやステークホルダーとのコミュニケーション ・デジタル庁内におけるユーザー体験志向の啓蒙 ・デジタル庁におけるデザイン活動の社外発信とデザインコミュニティとの連携 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2〜3回程度の面接を予定しております。 ※デザイン関連ポジションへの応募は、ポートフォリオ(ファイルorリンク)のご提出をお願い致します。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

24_人事企画・組織開発

【募集背景・業務内容】 デジタル庁において実施されるプロジェクトの推進を担う民間人材を主に対象とした、人事業務全般を御担当いただきます。 人事・組織開発チームのメンバーと協働して、デジタル庁の幹部やリーダー層との対話を通じて、組織の成長を支える基盤をつくるための、人事・組織戦略の立案、実行を行います。民間人材を効果的に活用し、官民が連携してパフォーマンスを最大化できるよう、人事関連のあらゆる企画と実行を推進するとともに、組織・チームのエンゲージメント向上にも責任を持ちます。大きく変化する行政組織のなかで、人事および組織課題の特定を行い、同時に解決策を導き出す能力が求められます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁のミッション・ビジョンを実現するための人事戦略および組織ポリシーの策定と実行 ・デジタル庁のバリューを浸透させ、官民が連携して成果を発揮する組織カルチャーの醸成 ・人事評価制度の設計と実行 ・タレントマネジメントの設計および、人材育成の企画と実行 ・人材の定着化、エンゲージメント向上施策の企画と実行 ・人材の労務管理、労務関係規定の策定 ・リソースマネジメント統括と連携した、人材の任用及び配置の仕組化と運用 ・働き方・ワークスタイルの検討、庁内における働き方改革の推進 ・庁内のコミュニケーションプランの設計と実行 ・ダイバーシティ&インクルージョンの促進 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

25_デザインコミュニティマネージャー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を」をミッションに掲げ、国民目線のUI・UXの改善とユーザー体験志向による国民向けサービスの実現に取り組んでいます。これらをリードするデザインチーム組成にあたり、デザインコミュニティマネージャーを募集いたします。 デザインコミュニティマネージャーは、マイナポータルなど特に多くの国民が利用する国の情報サービス、公共フロントサービス、その他国や地方公共団体の手続等のデジタル化において、デジタル庁内外のプロジェクトメンバーならびにデザインチームと連携し、チーム内の協業の促進支援、チームコミュニケーションやチームカルチャーの醸成、デザインチームと各プロジェクトの協業支援、デザインシステムやデザインツールの管理・整備を推進する役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁の戦略にもとづくサービスの創出や改善に向けたデザイン文化醸成とデザインコミュニティの管理 ・デザイン文化醸成とデザインコミュニティ管理に必要な目標、活動、タイムライン、アプローチ等の定義と計画 ・デザインチームの円滑なコミュニケーションやカルチャー醸成に必要な施策の計画と実施 ・庁内外のデザインコミュニティ構築に必要な施策の計画と実施 ・デザインチーム、プロジェクトメンバー、庁内外ステークホルダーとのコミュニケーション ・デジタル庁内におけるユーザー体験志向の啓蒙 ・デジタル庁におけるデザイン活動の社外発信とデザインコミュニティとの連携 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

26_デザインプログラムマネージャー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を」をミッションに掲げ、国民目線のUI・UXの改善とユーザー体験志向による国民向けサービスの実現に取り組んでいます。これらをリードするデザインチーム組成にあたり、デザインプログラムマネージャーを募集いたします。 デザインプログラムマネージャーは、マイナポータルなど特に多くの国民が利用する国の情報サービス、公共フロントサービス、その他国や地方公共団体の手続等のデジタル化において、デジタル庁内外のプロジェクトメンバーならびにデザインチームと連携し、サチーム内の協業の促進と管理、チームコミュニケーションやチームカルチャーの醸成支援、デザインチームと各プロジェクトの協業支援、デザインシステムやデザインツールの管理・整備を推進する役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁の戦略にもとづくサービスの創出や改善に向けたデザインチーム連携のマネジメント ・デザインチームの連携や協業に必要な目標、活動、タイムライン、アプローチ等の定義と計画 ・プロジェクトを横断した障害やリスクの管理と改善施策の実行 ・デザインシステム、デザインツールの管理と整備 ・デザインチームコミュニケーションやカルチャー醸成の支援 ・デザインチームとデザインコミュニティ拡大の支援 ・デザインチーム、プロジェクトメンバー、庁内外ステークホルダーとのコミュニケーション ・デジタル庁内におけるユーザー体験志向の啓蒙 ・デジタル庁におけるデザイン活動の社外発信とデザインコミュニティとの連携 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

27_コンテントデザイナー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を」をミッションに掲げ、国民目線のUI・UXの改善とユーザー体験志向による国民向けサービスの実現に取り組んでいます。これらをリードするデザインチーム組成にあたり、コンテントデザイナーを募集いたします。 コンテントデザイナーは、マイナポータルなど特に多くの国民が利用する国の情報サービス、公共フロントサービス、その他国や地方公共団体の手続等のデジタル化において、デジタル庁内外のプロジェクトメンバーならびデザインチームと連携し、コンテンツ戦略策定、デジタルサービスやマーケティング制作物における文章、用語、タイトル、ネーミング等の考案、作成から編集、テスト、改善 までを推進する役割を担っていただきます。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁の戦略にもとづくユーザー視点で一貫性のある文章や用語の創出と実装 ・コンテンツデザイン実施に必要な目標、仕様、成果物、タイムライン、アプローチ等の定義と計画 ・デジタルサービスやマーケティグ制作物における文章、用語、タイトル、ネーミング等の作成と改善 ・デザインシステムにおける定型文章や用語の定義、ガイドラインの作成、それらの継続的な改善 ・複数プロジェクトへの横断的な参画によるサービス利用体験の向上 ・デザインチーム、プロジェクトメンバー、庁内外ステークホルダーとのコミュニケーション ・デジタル庁内におけるユーザー体験志向の啓蒙 ・デジタル庁におけるデザイン活動の社外発信とデザインコミュニティとの連携 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

28_PMOマネージャー

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では、各府省の共通基盤となる情報システムなど、多くの情報システムの整備・運用を行っています。デジタル庁PMO(ポートフォリオマネジメントオフィス)は、これらの情報システムに関する各プロジェクトの支援を実施するとともに、プロジェクト間の横断的調整を実施します。 PMOマネージャーは、デジタル庁PMOを主導する立場として、各プロジェクトのプロジェクトマネージャと連携しながら、各プロジェクトが効率的に推進されるよう支援を実施します。また、デジタル庁におけるシステム化のプロジェクトの状況を把握、分析した上で、これらの整合性を確保しつつ、各プロジェクトのプロジェクトマネージャと連携しながら横断的調整を行います。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁が推進する複数のプロジェクトの全体を管理し、プロジェクトの現状、課題を把握しつつ、支援の必要のあるプロジェクトについて、プロジェクトが抱える課題が解決されるよう、プロジェクトマネージャと連携、支援 ・複数プロジェクトに関連する課題について、各プロジェクトのプロジェクトマネージャと連携、調整 ・デジタル庁内の業務ツール等の環境整備を主導 また、デジタル庁PMOの体制整備に伴い、将来的には以下の業務を全般的に実施します。 ・デジタル庁が推進する情報システムに関するプロジェクトについて、その目的と現状、課題、および今後の予定を把握し、政府が目指す情報システム化に向けてプロジェクト全体を総括的に管理 ・デジタル庁が推進する各プロジェクトのプロジェクトマネージャと連携し、プロジェクトの予算管理、執行管理(計画管理、工程管理)の支援 ・デジタル庁が推進する複数のプロジェクトの整合性を管理し、中長期計画を適切に推進 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

29_ガバナンスマネージャ-

【募集背景・業務内容】 デジタル庁では、政府の情報システムの統括・監理を行っています。具体的には、デジタル庁や各省庁で整備される情報システムについて、政府方針に沿ったものとなっているか、重複投資となっていないか、投資対効果は見込まれるか、経費の見積もりは妥当かどうかといった観点からレビューを行い、政府全体として統一的な情報システムの整備を推進しています。 ガバナンスマネージャ-は、デジタル庁内の情報システム統括・監理チームの一員として、デジタル庁及び各省庁におけるシステム化のプロジェクトの状況を把握、分析した上で、解決すべき問題を指摘します。また、システム化を推進する省庁等と連携し、システム化の前提となる業務改革(BPR)まで含め、具体的な問題解決を主導します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・デジタル庁及び各府省の情報システムに関するプロジェクトについて、その目的と現状、課題、および今後の予定を把握 ・各プロジェクトの要件定義、開発・運用の各プロセスにおいて、情報システム統括・監理チームのメンバやシステム化を推進する府省等と連携し、システムの必要性(制度面・業務面の問題の把握・分析を経て必要性が認められるか等)や投資対効果、計画や見積額の妥当性、品質管理の状況等を把握・分析 ・プロジェクトに課題があると認められる場合には、解決すべき問題を指摘する(システム化に関するものだけでなく業務や制度に関する課題も含む。) また、高いスキルや経験をお持ちの方には、以下の業務も担当いただきます。 ・システム化を構想する府省やデジタル庁内の他のチームと連携し、システム化の前提となる業務改革(BPR)まで含め、具体的な問題解決を主導 【採用予定人数】 複数名 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。

30_プロダクトマネージャー(声を届ける)

【募集背景・業務内容】 デジタル社会実現のためには、政策決定やデジタルサービスに多様な利用者の観点を取り入れることが欠かせません。このためデジタル庁では、透明性高く発信することと並行して、国民の皆様が直接声を届けることのできる機会を様々な方法で増やそうと考えています。 国民との直接対話、自治体や民間との共創を通じ、政策決定やデジタルサービスへ直接利用者の声を反映する。またデジタル庁のファンを増やし信用の向上に寄与することを目的として、デジタル庁ウェブサイトで「声を届ける」としてまとめ、定常的に発信しています。また国民向け「デジタル庁アイデアボックス」や自治体職員向け「共創プラットフォーム」を企画・運営しています。 本ポジションでは、この「声を届ける」をビジョンを示し牽引する責任者を募集します。 具体的な業務内容は、以下の通りです。 ・政府内外のスペシャリストとの連携を通じた、デジタル庁が実現すべきオープンガバメント実現にむけた戦略立案や改善 ・政府関係者による、利用者の声をきく機会のプロジェクトの企画・運営 ・国民向け「デジタル庁アイデアボックス」サービスの企画・運営 ・自治体職員向け「共創プラットフォーム」サービスの企画・運営 ・デジタルサービスのマーケティングリサーチ等の企画実行 【採用予定人数】 1名程度 【募集期間】 令和3年12月31日まで ※定員に達した場合、期間内であっても公募を終了する予定です。 ※応募の状況により延長する場合がございます。 【選考プロセス】 書類選考の後、2回程度の面接を予定しております。 ※書類選考の結果については2週間程度で御連絡させていただきます。