株式会社ティアフォー の全ての求人一覧
株式会社ティアフォー の全ての求人一覧

株式会社ティアフォー の全ての求人一覧

00_新卒 エンジニア職

学生時の研究内容、ご経験、ご意向に応じて技術本部内での職種を検討させて頂きます。 ・応募先へのメッセージ欄にご希望の職種をご記入ください。  ※2職種までとなります。  例)第1希望職種:12_Autonomous Driving Sensing & Perception R&D Engineer    第2希望職種:なし ・履歴書の提出が必須です。 ・履歴書には下記を記載ください。 必須事項:   -応募理由   -現在の研究テーマ   -プログラミング経験   -所属研究室 任意事項: -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料

06_Autonomous Driving - System Engineer (Verification and Validation)

"At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a Systems Engineer (Verification and Validation), you will be responsible for designing and considering how we verify and validate the behaviour of our self-driving vehicles and ensure they meet requirements and, most importantly, are safe. You will develop the test environment and test cases for V&V of self-driving vehicles based on various requirements. You will work with our self-driving engineers to ensure that the planned test environment and test cases are realistic, clear and sufficient enough to verify and validate the various requirements. You will organize/moderate/execute the test campaigns with test engineers by the target due date, and confirm that tests are executed correctly and test results are made available. ・Consider and develop test environment to verify and validate the behaviour of self-driving vehicles and software ・Create test cases for each test environment to verify and validate the behaviour of self-driving vehicles and software ・Organize the test execution according to the planned schedule ・Analyze test results to identify the issues and notify the identified issues to self-driving software developers according to the defined issue reporting process ・Support the interaction between test engineers and self-driving software developers. ・As necessary, participate in the test execution

07_Autonomous Driving - System Engineer

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customization necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - System Engineer, you will be responsible for defining and updating the requirements and architecture of our self-driving vehicles. You will collaborate broadly and cross-functionally with our development teams to make tradeoffs between cost, quality, power consumption, performance, capability, and scalability while minimizing system complexity. ・Develop system and functional requirements through the analysis of customer needs and regulation, and allocate functional requirements to relevant components including Autoware. ・Define optimal architecture including the definition of interfaces among components through the mediation between system requirements and core autonomous driving technologies. ・Act as a hub among our development teams, make tradeoffs between cost, quality, power consumption, performance, capability, and scalability while minimizing system complexity. ・Manage and share all system-level work products such as system requirements and architecture with relevant teams including software and hardware development teams as well as field application teams. ・Perform safety and fault analyses to develop robust solutions to meet product and safety goals and, whenever necessary, to ensure mitigations are in place for safe operations.

08_Autonomous Driving - Software Engineer (System Programming)

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customization necessary to provide complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Software Engineer (System Programming), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that autonomous vehicles and its operations are safe and predictable to the society. You will also make constructive discussions in the worldwide community to make software safe and usable everywhere in the world. ・Design requirements of computer systems, construct and implement computer systems for various types of autonomous vehicles, and evaluate and improve system with team members and allied partners. ・Study and evaluate state-of-the-art computer system for harsh environment, and construct, introduce, integrate, and verify computer system for safer and sustainable self-driving system. ・Design, develop, optimize, and integrate self-driving system with focusing on application/system and computing hardware, ensuring that its behavior is safe and predictable to the society. ・Design, develop, optimize, and integrate surrounding software of autonomous vehicles to make our developments and operations safe, efficient, and effective. ・Configure, patch, troubleshoot, and improve open source platform through the system security and vehicle safety aspects. ・Document software design, specification, and instructions for a wide range of readers. ・Evaluate cutting-edge technologies and ecosystems of autonomous vehicles for the cutting-edge safety and social receptivity. ・Verify software systems, find incorrect and unexpected behaviors, and fix root causes. ・Collaborate with engineers from different teams, companies, and countries to make software safe and usable everywhere in the world.

09_Autonomous Driving - Software Engineer (Robotics)

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Software Engineer (Robotics), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that self-driving vehicles and its operations are safe and predictable to the society. You will also make constructive discussions in the worldwide community so that the software is safe and is used everywhere in the world. ・Design, develop, optimize, and integrate software and its algorithms of self-driving vehicles, ensuring that its behavior is safe and predictable to the society. ・Design, develop, optimize, and integrate surrounding software of self-driving vehicles, achieving that our developments and operations are safe, efficient, and effective. ・Document software design, specification, guides, and instructions for a wide variety of readers. ・Evaluate cutting-edge and reasonable technologies and ecosystems of self-driving vehicles so that self-driving vehicles have cutting-edge safety and social receptivity. ・Verify the software systems, find incorrect and unexpected behaviors, identify root causes, and fix them. ・Collaborate with engineers from different teams, companies, and/or countries so that the software is safe and is used everywhere in the world.

11_メカトロニクスエンジニア

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. メカトロニクスエンジニアは自動運転に関する研究開発、実証実験、サービスに利用される車両を開発するだけでなく、開発した車両が常に安全に走行できるようメンテナンスや機器の交換をしたり、メカトロニクスに関する不具合の原因究明と対策検討などを行います。また、既存の車両に対して後付けすることによって、より簡単に自動運転車両化させることのできるモジュールユニットの開発も行います。 ・自動運転ソフトウェアをテストする試験車両や、サービスのプラットフォームとなる車両の開発 ・コンセプトカーの製作や、完成車両に対するセンサ・ECU等の取り付け、ソフトウェアエンジニアと共に車両のテスト ・マネジメント、仕様策定、開発、設計、外注管理、実装等の広いスキルと知識を元に、外注・内製など適切な手段を用いた開発

12_Autonomous Driving Sensing & Perception R&D Engineer

Tier IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications,solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Sensing & Perception Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Applicants will be favorably looked upon if they have a grauate degree in a related subject, strong software engineering skills, and demonstrated experience in the fields of autonomous vehicles or robotics. Sensing & Perception Engineers will: ・Engineer sensor systems for autonomous vehicles, including sensor configuration, calibration and synchronization ・Design, implement and test perceptual systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS

13_Autonomous Driving Planning and Control R&D Engineer

Tier IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Planning and Control Engineerは、複雑な環境で利用可能な行動計画、正確で乗り心地を意識した車両制御、車両プラットフォームにおける共通インターフェース設計など、自動運転に用いられる計画・制御技術の設計開発を行い、これらの技術をプロダクト/OSSとして世の中に送り出すことを目的とします。 履歴書に加え、GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンクなど技術判断が可能な情報があれば、お送りください。 Tier IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Planning and Control Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Planning and Control Engineers will: ・Engineer vehicle interfaces for the control of autonomous platforms ・Design, implement and test planning and control systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS To apply for this position, including links to your Github and/or LinkedIn account, and any published technical blogs or experineces in your resume is recommended.

14_Autonomous Driving Localization R&D Engineer

Tier IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Localization Engineersは、LV4自動運転の実現に必要な、様々な状況で安定して利用可能な位置推定機能の開発を目的とし、位置推定に係るコンポーネントレベルの設計・開発を実施するとともに、Autowareに関する位置推定の専門的知識の蓄積及び問題への対応等を行います。関連分野の大学院を卒業していること、ソフトウェアエンジニアリングのスキルが高いこと、自律走行車やロボットの分野での経験があることなどが応募の条件となります。 ローカライズエンジニアの仕事内容 ・自律走行プラットフォームで位置推定を行うためのセンサシステムエンジニアリング ・自律走行車の実運用に向けた位置推定システムの設計・実装・テスト ・OSSへの自律走行技術の貢献 Tier IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Localization Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Applicants will be favorably looked upon if they have a graduate degree in a related subject, strong software engineering skills, and demonstrated experience in the fields of autonomous vehicles or robotics. Localization Engineers will: ・Engineer vehicle interfaces for the localisation of autonomous platforms ・Design, implement and test localisation systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS

20_MaaS自動運転_ソフトウェアエンジニア

自動運転システム(Autoware)を活用した無人搬送ソリューションの開発/提供に従事していただきます。 ・顧客要件に応じた自動運転システム設計・開発 ・テストフィールドでのデータ収集や評価における自動運転システムオペレーター 開発環境:Linux, ROS 開発言語:C++, Python

21_物流自動運転_ソフトウェアエンジニア

自動運転システム(Autoware)を活用した無人搬送ソリューションの開発/提供に従事していただきます。 ・顧客要件に応じた自動運転システム設計・開発 ・テストフィールドでのデータ収集や評価における自動運転システムオペレーター 開発環境:Linux, ROS 開発言語:C++, Python

22_Application Engineer (AI教習システム)

ティアフォーでは自動運転技術そのものだけでなく、技術を応用したプロダクトの開発を進めています。 その1つとして、自動車教習所と共同開発したAI教習システムがあります。 (ニュースリリース:https://tier4.jp/media/news/minami/) 少子化や車離れが進む現代においても、年間約100万人が新たに免許を取得しています。安心・安全な日本の車社会を支えている自動車教習所は今、人材不足による指導員の負担増加や、運転免許取得教習及び高齢ドライバー向け運転技能検定の受入難などの課題に直面しています。 ティアフォーでは自動運転技術を活用することで、無人での運転免許取得教習を実現するプロダクトを自動車教習所と共同で開発しており、早期の事業化を目指しております。 本募集では、自動運転技術を活用した新規プロダクト開発および事業立ち上げを一緒に行ってくださるエンジニアを募集いたします。 自動運転技術を活用した運転技能評価・教習システムの開発をしていただきます。 ・自動運転ソフトウェアと連動した車載アプリの開発 ・データを管理するクラウド基盤の開発・運用 ・開発チームのマネジメント

30_Autonomous Driving Researcher

Tier IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Researchers lead the research and development of cutting edge autonomous driving systems with the aim of expanding the technological capabilities of the Autoware project. Applicants must have a strong publication record in a related field, a Phd, and have demonstrated the ability to lead technological innovation in academia and/or industry. Ideally applicants will have an established research career with evidence of high achievement (academic prizes, high impact papers, contribution to industry etc). Applications to this role should include an English resume that conveys the depth of the applicants expertise and details the contributions of their research experience. Autonomous driving Researchers will: ・Develop technology to solve actual problems in cooperation with engineers in various technical fields ・Research novel autonomous driving solutions with the goal of operation on public roads ・Publish and present research results at international academic conferences ・Investigate, verify and extend cutting edge research papers on autonomous driving technology ・Contribute autonomous driving technology to OSS

45_Technical Support Engineer

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on the widely-used Autoware open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a Technical Support Engineer, you will be responsible for triaging and resolving customer issues relating to Tier IV's products and services, documenting bugs and workarounds, and creating and delivering technical training to customers through the Tier IV Autoware Academy. Doing so will require the building of cross-functional relationships with a variety of teams including Sales, Project Management and Development, as well as external partners, all in the name of providing the best possible customer experience. By joining the Technical Support team at its inception, you will have the opportunities for rapid career advancement, to have a say in the future direction of the team and t o play a key role in Tier IV's socially conscious mission of "Building Intelligent Vehicles For Everyone". Main responsibilities: ・Handle technical inquiries from Tier IV's customers, both domestic and international, providing on-site support as required ・Determine whether a reported issue relates to the vehicle itself, its sensors, or the Autoware autonomous driving software, and escalate to the appropriate team when necessary ・Investigate reported issues with Autoware, and provide detailed information regarding potential improvements to the development team ・Write and maintain technical documentation (both internal and external) ・Plan and deliver technical training to customers

50_Backend Engineer (MaaS)

自動運転システム(Auto ware)を支える配車管理基盤の開発 例) ・Fleet Management System ・自動運転地図管理基盤 ・自動運転システム管理基盤 (OTA) ・MaaS API (メータリング・課金システム含む) など

51_Frontend Engineer (MaaS)

自動運転サービスの管理アプリケーションの開発 例) - 車載アプリ開発 - 自動運転車両の管理コンソール開発 - 自動運転車両の遠隔操縦システム開発

52_Backend Engineer (CI/CD)

ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの安全性を担保するCI、様々な車両へとデプロイを行うCDの基盤の構築を 行っています。自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであるため、多種多様な数多くの評価を効率よく行う必要性が存在し、 その実行のための基盤をスケーラブルかつ信頼性高く提供していく必要があります。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、安全で安心な自動運転システムの実用化を支えるCI/CDの基盤に貢献していきたいメンバーを募集しています。 - 自動運転システムCI/CD Pipelineの構築・運用 - テスト・デプロイに必要なリソースを管理するアプリケーションの開発・運用

53_Frontend Engineer (CI/CD)

ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの安全性を担保するCI、様々な車両へとデプロイを行うCDの基盤の構築を 行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様な数多くの評価を効率よく行う必要性が存在し、 様々な評価結果をユーザーのニーズに合わせ多角的に検証できたり、数多くの評価のテストケースを効率よく管理・保守できるようなフロントエンドの アプリケーションが求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、安全で安心な自動運転システムの実用化を支えるCI/CDの基盤に貢献し、ユーザーへの 価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 ・CI/CDを管理するアプリケーションの開発・運用 ・テストケースを管理/編集するアプリケーションの開発・運用

54_Data Engineer

Autowareの開発を効率的に行うため、サービス品質向上に向けたデータを収集し、それらを分析できる基盤が必要です。 自動走行車両の増加に伴い大量のデータを処理する必要があります。 自動運転で発生するデータ収集、分析のためのクラウド基盤の開発をしていただきます。 ・データ収集 IoTの開発 ・データ分析基盤の開発 少数精鋭で運営しており、サービス開発のリードエンジニアになっていただき、日本および世界の自動運転界をけん引していただくことを期待しています。

55_MLOps Engineer (機械学習基盤)

機械学習を実用化するMLOpsのエンジニアとして、プラットフォームの構築、機械学習パイプラインの開発、維持を通して自動運転の拡張を行っていただきます。 ティアフォーではDeep Tech Companyとして機械学習のテクノロジーを積極的に応用して、自動運転の未来を創出します。 MLOpsエンジニアはAWS SageMakerやKubernetesを利用してEnd-to-endの機械学習をサポートするシステムを開発し運用します。 ・2Dや3Dの物体検出モデルの学習基盤の開発 ・KubernetesおよびAWSインフラの構築、運用 ・Deep Learningのモデル最適化および推論器開発 少数精鋭で運営しており、サービス開発のリードエンジニアになっていただき、日本および世界の自動運転界をけん引していただくことを期待しています。

56_Auth Engineer

ティアフォーではVisionである「自動運転の民主化」に向けたプラットフォーム(Web.Auto)の構築を進めています。 今後Autowareを搭載した自動運転車両が増加していく事が予想される為、認証・認可の基盤の必要性が高まっています。 一緒に認証認可基盤の開発を行ってくださるエンジニアを募集しています。 本募集では認証認可を主としていますが、それだけにとどまらず、課金基盤システムの開発などにも携わっていただきます。 ・OpenID Connectなど認証認可の仕組みの構築 ・課金基盤システム開発・運用 ・その他、基盤システム 少数精鋭で運営しており、プラットフォーム開発のリードエンジニアになっていただき、日本および世界の自動運転界を けん引していただくことを期待しています。

57_Site Reliability Engineer (SRE)

ティアフォーのSRE部門はまだまだ駆けだしの時期です。これまでSREは1名のみでした。開発・CI/CD・運用・監視等のシステム開発・運用に係る 基本的な整備は済んでいますがまだまだ組織としては未熟な状態です。 目下ティアフォーの掲げるVisionである「自動運転の民主化」に向けたプラットフォーム(Web.Auto)構築を進めており、今後Autowareを搭載した 自動運転車両が世界中で増加していく事が予想される為、更なる改善と、安全性・信頼性を確保していくためのメンバーを募集しています。 Autowareに纏わるプラットフォーム(Web.Auto)全体のシステム構成・アーキテクチャ・開発方針を理解していただき、領域を限定せずあらゆる手段を 通して課題解決・生産性向上・信頼性確保に向き合っていただく事が期待されます。 ・アプリケーションやミドルウェアの運用、パフォーマンスの改善 ・クラウドにおけるデータストアやネットワークなどの構築、運用 ・Fargate/Kubernetes上に構築するMicroservices基盤の整備、支援 ・クラウドネイティブなCI/CDパイプラインの構築、運用 ・各種オペレーションを自動化するためのツール開発、運用 ・障害検知やキャパシティプランニングのためのモニタリング環境構築、運用 ・情報セキュリティ設計、運用

58_デザイナー (UX設計専門)

今後Tier IVがサービスを展開していく中、技術や機能だけではなく使用者に対してのアプローチ、社会に及ぼす影響に対してもトータルで設計する必要がある、その為に総合的なUXの視点を持つデザイナーが必要である。 目下ティアフォーの掲げるVisionである「自動運転の民主化」に向けたプラットフォーム(Web.Auto)構築を進めており、今後より一層プロダクトとしての作り込みが必要なため、プロダクト、サービスそして人との豊かな関係性を構築するInteraction Designerを募集しています。 ・Web.Autoなどのソフトウェアサービスの設計、ハードウェアのインタラクション設計、モック作成、運用、ユーザーテスト設計、組織に置けるデザインの啓蒙及びプロセスの構築

59_Autonomous Driving - Security Engineer

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Security Engineer, you will be responsible for ensuring the highest level of security by engaging with all stages of the development and operation lifecycle, from threat analysis to penetration testing. You will bridge among hardware, software, and cloud development teams to ensure the security of the system and the product during design, development, and testing. ・Develop security requirements ・Perform technical security assessments ・Develop threat models using industry best practices ・Analyze security incident and plan its countermeasures ・Identify security issues in product designs and implementations ・Encourage customers and communities to address security vulnerabilities

63_Simulator Engineer (ROS)

Autowareを効率的に開発し将来的に起こりうる事故を防止する鍵となるSimulation技術は非常に重要な柱の一つです。 そのため様々な走行環境をSimulationするツール群を開発していただけるロボット系のエンジニアを募集しています。 様々な走行環境をSimulationするためのツール群を開発していただきます。 ・3次元シナリオシミュレーションエンジンの開発 ・Simulatonに登場するNPCロジックの開発 ・シナリオ記述用言語、フォーマットの開発、実装 ・物理シミュレーションの実装 ・センサ挙動のモデリング

66_CI/CDリーダー候補

ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの安全性を担保するCI、様々な車両へとデプロイを行うCDの基盤の構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであるため、多種多様な数多くの評価を効率よく行う必要性が存在し、その実行のための基盤をスケーラブルかつ信頼性高く提供していく必要があります。 また、自動運転ソフトウェア"Autoware"はOSSでグローバル規模でコミュニティが広がっており、海外の開発者にもCI/CDの仕組みを提供するという大きなチャレンジをしていこうとしています。 本ポジションは、Web.Autoを開発する部署にて、CI/CDチームのプロジェクトと人員のマネジメントを行います。 また、ティアフォーでは海外展開を積極的に行っておりますので、グローバル規模でご活躍頂くマネジメント層を募集しています。

70_産学連携企画推進

自動運転分野の研究開発を進め自動運転社会を実現していくためには、大学や研究機関との連携を強化するとともに政府の政策や制度整備にも貢献していくことが必要です。そのため、本担当者は、自動運転関連研究開発に関して国内外の大学・研究機関との連携を推進するとともに、政府等に対する渉外活動を両輪で進めていただきます。具体的には、大学や研究機関関係者等などのステークホルダーを巻き込みながら、自動運転に関する共同研究や研究開発プロジェクトを主体的に 実施していただきます。 また、自動運転社会の実現に向けて、政府の政策・規制等の情報収集を行うとともに、必要な政策提言やティアフォーの取組に対する理解促進に向けた活動を行っていただきます。

71_テクニカルプロジェクトマネージャー

当社の事業戦略・技術戦略に沿って、社内外のステークホルダーにとって最適化された QCD (Quality, Cost, Delivery Timing) を実現するのために、チャレンジングだが現実的な開発計画を立案して頂きます。そして、一度立案した開発計画に対して、それを実現するために、開発チームを含む全関係部門をリードすることによって、プロダクトのローンチを成功に導くという重要なポジションを担って頂きます。具体的には以下のような責任を負います: 1. 開発プロセスの設計とその遂行 - 組織の構造、構成人数、成熟度に応じて、当社の事業戦略・技術戦略を実現する上で最適な開発プロセスを設計する - 設計したプロセスを各チームが実施した際に、想定した効果が出ているかPDCAをまわし、プロセス上の新たな課題が発生すれば、エンジニアなど関係者と共に解決を進め、開発プロセスを改善する 2. 開発計画およびリソース配分計画の立案 - 当社の各プロダクト、各システム、各チームの計画と実績およびその差分を可視化する方法を設計する - 上記に加えて、プロダクト間・システム間・チーム間の依存関係やそれによって生じる課題を可視化する方法を設計する - 上記の方法に基づいて、各チームの計画立案を支援し、開発計画上 QCD に影響する課題が予見されるのであれば、エンジニアなど関係者と共に解決を進める 3. 開発進捗の把握と課題解決 - 各プロダクト、各システム、各チームの進捗確認を行う会議体の設計とその運営を実施する - 開発進捗に課題があれば、必要に応じて経営陣を含むステークホルダーにエスカレーションを行い、エンジニアなど関係者と共に課題解決に取り組む - 当社や関連会社の経営陣に対して、定期的に開発進捗・課題・リスクを報告する 4. 開発成果物やリリースの管理 - 開発計画上重要な節目となる会議体の準備をエンジニアなど関係者と共に実施する - 各プロダクトのリリースプロセスを定義し、担当するエンジニアとともに成果物のリリースを実施する

72_Technical Writer

At Tier IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a technical writer, you will - Collaborate with cross-functional teams to capture their intentions from rougth design and write, publish, and maintain high-quality documentation for engineering audiences as well as for external partners - Design information architecture for complex documentation sets - Organize existing documents, identify documentation needs, and spearhead efforts to fill in gaps - Manage multiple, competing priorities in a fast-paced, constantly changing environment

85_経理リーダー

経理財務業務を通して、会社の成長を促進するバックオフィスの組織作りに貢献するのがミッションです。 ・経理財務業務  ・総務省やNEDO委託業務の管理(検査対応含む)  ・年次/四半期/月次決算業務(子会社7社含む)  ・連結決算  ・監査法人対応  ・税務対応 ・内部統制整備 ・上場準備関連業務 ・その他上記に付随する業務

86_人事(採用担当)

急拡大する組織、事業の規模に適切に対応するため、全社的な人財の獲得及び人事組織の組成が急務となっています。 自動運転という新しい分野において、業界を担う人材を獲得し、その人材を経営に資する状態に導くための人事体制を構築することがミッションです。 ・採用戦略の企画・立案・実行・進捗管理・分析(新卒・中途) ・ダイレクトリクルーティング(媒体選定・スカウト・イベント運営) ・在留資格、VISA手配サポート ・人事、制度、教育、海外勤労いずれかの分野での業務

87_法務

今後急拡大する組織、事業の規模に適切に対応するため、法務体制を整備し、適切にリスク管理を行いながら事業をサポートしていくことがミッションです。 ①ビジネスリーガル ・各種契約のレビュー ②コーポレートリーガル ・株主総会・取締役会等の対応 ③知財 ・商標・特許等の取得対応

96_Public Policy & Strategy Senior Associate

・自動運転社会の実現に向けて、自動運転に対応した政策や制度整備に貢献していくことが必要です。 ・ティアフォーでは、外部の有識者や政府機関、関係企業などのステークホルダーを巻き込みながら、  政策や制度整備の検討への参画や、そのための研究開発や実証プロジェクトの組成を行っています。 ・このような取組のため、本担当者は、Public policy & Strategyチームの一員として、  チーム内の他メンバーや社内外の関係者と連携をして、具体的には以下のような業務に従事いただきます。  ・提言案の検討や資料作成  ・国内外の政策関連動向の情報収集  ・研究開発や実証プロジェクトのリード、サポート  ・社内外関係者との事務的調整

M01_チーフリサーチャー候補【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーで推進している3次元地図、位置推定、自動運転システムに関する研究開発の統括していただきます。 研究開発計画の策定、エンジニア及びリサーチャーのマネジメント、研究開発パートナー(ティアフォー、大学、研究機関、企業)との連携の推進、 最新の研究成果のキャッチアップ等、幅広く業務を担当し、最先端の研究開発をリードしていただきます。

M02_ソフトウェアエンジニア (LiDAR SLAM・Visual SLAM・GNSS/IMU)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにて3次元地図技術や位置推定技術に関する業務を行います。 具体的には、LiDAR SLAM, Visual SLAM, GNSS / IMUの複合航法等の研究調査、ソフトウェア開発に取り組んで頂きます。 必要に応じてフィールドでのデータ計測や、実証実験や各種プロジェクトに関わるソフトウェア開発等にも参加して頂きます。

M03_ソフトウェアエンジニア (自動運転システム開発)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにてオープンソース自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発、実証実験に取り組んでいただきます。 要件に応じた自動運転システムを設計・開発し、シミュレータを用いた事前評価、 テストフィールドでのデータ収集や評価まで、Autowareを用いた実証実験全体を進めていきます。

M04_ソフトウェアエンジニア (ウェブ開発)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにて開発を進めている、3次元地図に関するウェブシステムの開発を行います。 大規模な地図データ作成、管理のためのプラットフォームを構築し、 自動運転システム等で地図データを活用しやするための開発を推進していただきます。

Tier IV Student Researcher

This program aims to financially support the research activities of master’s and doctoral students who share Tier IV’s vision "Intelligent Vehicles for Everyone" and to create an opportunity where talented students can immerse themselves in research, enhance their research capabilities, and produce results that contribute to the future of the autonomous driving industry. Academic advice and evaluation data sets will be provided by the researchers and engineers affiliated with Tier IV to support the publication of research results as well as financial support. We also encourage open-source publication of the research results, and expect selected research projects to contribute to the R&D of Autoware*, the world's first open-source software for autonomous driving. *https://www.autoware.org/projects 【Support Period】 Period: 6 months to a maximum of 2 years * Please indicate the desired period when applying. * After the program starts, it will be revised every 3 months. 【Document Submission: Due Oct 31st 2021】 - Curriculum vitae - Research proposal, research plan, and expected results (please download the application form from here: https://docs.google.com/document/d/1TZkq7_jTao1uV-854BGnhwS4iuirlYdo4309LcnxloU/edit?usp=sharing ) - The research proposal should include at least the following information: ・How your research will contribute to the improvement of autonomous driving technology or the democratization of automated driving. ・Functions that you would like to add to Autoware - Material that shows your experience in research, development, and program implementation (e.g., Github link, LinkedIn, development related blogs, conference presentations, submitted papers, etc.) - Starting month and desired period of participation ・Select the starting month from Apr 2022 or Oct 2022 * If you wish to include any research associated with your university project in your proposal, please get permission from your academic advisor before submitting.

ティアフォー学生研究員(SR)

【ティアフォー学生研究員制度について】 ティアフォーが掲げるビジョン「自動運転の民主化」に共感を持ち、自らそれを実現する意欲に満ち溢れた修士課程・博士課程学生の研究活動を 支援する制度です。 学生の挑戦的な研究課題とスタートアップの野心的な事業を協創させることで、ポテンシャルを秘めた学生が研究に没頭できる時間と空間を生み出し、 研究力の底上げを促進しつつ、自動運転の未来とティアフォーの世界に資する成果を出していただく狙いです。   奨励金支給による経済的支援に加え、研究成果の論文発表を支援すべく、ティアフォーに所属もしくは協力体制にある大学教員、研究員、エンジニアらによる 学術的なアドバイスや評価用のデータセットを提供します。 また、研究成果のオープンソース公開を強く推奨し、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェアであるAutoware(※)の研究開発への貢献も期待します。 修士課程・博士課程学生のポテンシャルを尊重し、研究力の向上および成果公開を支援するとともに、自動運転の実現にも貢献していただく ユニークな支援制度です。 (※)https://www.autoware.org/projects 【採用後の研究報告】 ・3ヶ月毎に研究進捗の報告会を実施  (研究を継続できないことが明らかなときや、研究の進捗状況に著しい問題があり、研究成果を達成できないときは、ティアフォー学生研究員の資格を喪失させ採用を終了することがあります) ・研究進捗、相談希望に応じて、月1回程度、研究内容向上目的のディスカッションの場を設定 【支援概要】 ・奨励金: 月額25万円(特に優秀な場合は月額40万円)        ※ 税法上所得とみなされ課税の対象となります。        ※ 報告会等に要する交通費は実費を支給 ・期間:  6ヶ月〜最長で2年間        ※ 申込時に希望期間を記載        ※ 開始後は3ヶ月毎に更新確認 【応募書類】 ・履歴書 ・ティアフォー学生研究員制度申請用 研究提案書 (以下のリンクよりダウンロードしてご利用ください。) https://docs.google.com/document/d/1hqiETxHF253XQlo2-CkvdzPBNPd9MQXGeRDawo6Vod8/edit?usp=sharing ※研究提案書には、少なくとも下記内容を含むこと   ・ご自身の研究が自動運転技術の向上または自動運転の民主化にどのように貢献するか   ・自動運転用Open Source SoftwareであるAutowareに追加したいと考えている機能 ※これまでの研究、開発、プログラム実装経験がわかるもの  (例:GitHub、LinkedIn、開発関連ブログ、学会発表、投稿論文など) ※支援開始月と期間  ・開始月は2022年4月または2022年10月から選択  ・期間は6ヶ月〜最長2年間で3ヶ月単位で記載 ※大学で実施中の研究を提案書に記載する場合は、指導教官の許可を得たうえで提出してください。 【応募締め切り】 ・2021年10月31日期限 【審査の流れ】 ・書類審査及び面談 :2021年11月1日〜2022年2月28日  ※面談は1回または2回、研究内容に応じて回数が変わる可能性があります。 ・最終結果通知:2022年3月1日を予定

パートタイムエンジニア

Autowareに関する機能開発や性能解析、WebのFrontend・Backend開発、自動運転車両構築支援などご経験に応じて要相談 ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料

パートタイムデータエンジニア

ティアフォーが取得したデータの整理・タグ付けなど ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料