株式会社ティアフォー の全ての求人一覧
株式会社ティアフォー の全ての求人一覧

0001_新卒 エンジニア職 / New graduate (Engineer)

学生時の研究内容、ご経験、ご意向に応じて技術本部内での職種を検討させて頂きます。 1.応募先へのメッセージ欄にご希望の職種をご記入ください。  ※2職種までとなります。  例)第1希望職種:12_Autonomous Driving Sensing & Perception R&D Engineer    第2希望職種:なし 2.履歴書の提出が必須です。 ・履歴書には下記を記載ください。   -応募理由   -現在の研究テーマ   -プログラミング経験   -所属研究室   -共有可能な開発に関する成果(GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク、在学中の研究内容資料、インターンやアルバイト内容記載資料、その他自己PR資料) ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
0001_新卒 エンジニア職 / New graduate (Engineer)

0002_キャリア登録 / REGISTER FOR FUTURE OPPORTUNITIES

キャリア登録について 「どのポジションで自分の経験を活かせるかが分からない」「現在募集中のポジションは希望に合わない」などの場合にご登録ください。 適したポジションに募集があった際に、選考に関する情報やカジュアル面談のご案内をさせていただきます。 Unsure which position to apply for. Register your interest anyway and we’ll reach out to you when a suitable role opens!
0002_キャリア登録 / REGISTER FOR FUTURE OPPORTUNITIES

0010_7月13日 Typeエンジニア転職フェアご参加様用【Webエンジニア】

7月13日 Typeエンジニア転職フェアご参加様用【Webエンジニア】
7月13日 Typeエンジニア転職フェアご参加いただきました方向けの応募フォームとなります。 ===================================== ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。
0010_7月13日 Typeエンジニア転職フェアご参加様用【Webエンジニア】

1001_Software Engineer (Open Position)

こちらは自動運転ソフトウェアエンジニアをご志望で、募集ポジション一覧にマッチするものが見つからない方向けの応募フォームです。書類選考後、ご案内可能なポジションの検討に向けてマッチング面談を設定いたします。”応募先へのメッセージ”欄に得意分野やご自身にマッチする業務内容の例、その他ご希望をご記入ください。 ご案内可能なポジションの検討のため、応募時に下記項目の提出をお願いします。 必須: ・職務経歴書やLinkedInのURLなど、経歴が確認できるもの ※学生の方は 00_新卒 エンジニア職 - 株式会社ティアフォー からご応募ください。 推奨 ・ポートフォリオやその他実績の確認ができるもの 【仕事内容】 ソフトウェアエンジニアとしてAutoware及び関連するソフトウェアの開発、導入業務に関わっていただきます。 業務例: ・自動運転機能 研究開発 (Planning/Control, Sensing/Perception, Localization の機能別チームで開発を行います) ・顧客向け自動運転機能の開発、統合、運用、評価 (国内、海外) ・Autoware開発環境の改善 If you do not find a match in our list of available positions, we welcome you to submit an application through this form. Upon review, we will schedule an interview to discuss potential opportunities within our organization. In the "応募先へのメッセージ" field, please provide information on your areas of expertise, relevant examples of your work, and any specific preferences or requirements for your next role. To consider potential opportunities that align with your qualifications, please submit the following materials: Must: ・A CV or resume, or a link to your LinkedIn profile, as a means of providing information about your experience Optional but recommended: ・A portfolio showcasing your work or accomplishments 【Job Description】 As a Software Engineer, you will play a role in the development and implementation of Autoware and related software. Example of your responsibilities: ・Conducting research and development of autonomous driving functions, working within teams focused on specific areas such as Planning/Control, Sensing/Perception, and Localization ・Developing, integrating, and evaluating new autonomous driving functions to meet the needs of our domestic and international customers ・Improving the Autoware development environment to enhance efficiency and performance ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1001_Software Engineer (Open Position)

1002_シニアソフトウェアエンジニア(オープンポジション)

こちらは自動運転シニアソフトウェアエンジニアをご志望で、募集ポジション一覧にマッチするものが見つからない方向けの応募フォームです。書類選考後、ご案内可能なポジションの検討に向けてマッチング面談を設定いたします。”応募先へのメッセージ”欄に得意分野やご自身にマッチする業務内容の例、その他ご希望をご記入ください。 ご案内可能なポジションの検討のため、応募時に下記項目の提出をお願いします。 必須: ・職務経歴書やLinkedInのURLなど、経歴が確認できるもの ・ポートフォリオやその他実績の確認ができるもの 【仕事内容】 シニアソフトウェアエンジニアとしてAutoware及び関連するソフトウェアの開発、導入業務に関わっていただきます。 業務例: ・自動運転機能 研究開発 (Planning/Control, Sensing/Perception, Localization の機能別チームで開発を行います) ・顧客向け自動運転機能の開発、統合、運用、評価 (国内、海外) ・Autoware開発環境の改善 If you do not find a match in our list of available positions, we welcome you to submit an application through this form. Upon review, we will schedule an interview to discuss potential opportunities within our organization. In the "応募先へのメッセージ" field, please provide information on your areas of expertise, relevant examples of your work, and any specific preferences or requirements for your next role. To consider potential opportunities that align with your qualifications, please submit the following materials: Must: ・A CV or resume, or a link to your LinkedIn profile, as a means of providing information about your experience Optional but recommended: ・A portfolio showcasing your work or accomplishments 【Job Description】 As a Software Engineer, you will play a role in the development and implementation of Autoware and related software. Example of your responsibilities: ・Conducting research and development of autonomous driving functions, working within teams focused on specific areas such as Planning/Control, Sensing/Perception, and Localization ・Developing, integrating, and evaluating new autonomous driving functions to meet the needs of our domestic and international customers ・Improving the Autoware development environment to enhance efficiency and performance ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1002_シニアソフトウェアエンジニア(オープンポジション)

1003_Software Engineer (Robotics)

TIER IVでは、多様な運用領域にわたる幅広い用途の自動運転ソリューションを提供しています。広く使用されているオープンソースソフトウェアを基盤に、基盤となる自動運転技術と、完全な自動運転アプリケーションを顧客に提供するために必要な統合とカスタマイズの両方を提供しています。 自動運転ソフトウェアエンジニア(ロボティクス)として。自動運転および関連ソフトウェアの開発と統合を担当していただきます。 ・自動運転車両のソフトウェアの統合を行い、その行動が社会に対して安全で予測可能であることを保証します。 ・自動運転車両の周辺ソフトウェアの設計、開発、最適化、および統合を行い、開発と運用が安全、効率的、かつ効果的であることを達成します。 ・様々な読者向けにソフトウェア設計、仕様、ガイド、指示書を文書化します。 ・ソフトウェアシステムを検証し、不正確または予期しない動作を発見し、その根本原因を特定し、修正します。 ・異なるチーム、会社のエンジニアと協力し、ソフトウェアが安全であり、世界中で使用されるようにします。 At TIER IV we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Software Engineer (Robotics), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that self-driving vehicles and its operations are safe and predictable to the society. You will also make constructive discussions in the worldwide community so that the software is safe and is used everywhere in the world. ・Integrate software and its algorithms of self-driving vehicles, ensuring that its behavior is safe and predictable to the society. ・Design, develop, optimize, and integrate surrounding software of self-driving vehicles, achieving that our developments and operations are safe, efficient, and effective. ・Document software design, specification, guides, and instructions for a wide variety of readers. ・Verify the software systems, find incorrect and unexpected behaviors, identify root causes, and fix them. ・Collaborate with engineers from different teams, companies, and/or countries so that the software is safe and is used everywhere in the world. ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1003_Software Engineer (Robotics)

1004_Software Engineer (System Programming)

【背景】 At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customization necessary to provide complete self-driving applications. Keyword ROS/ROS2, C++ Safety Security Diag Logging HILS System/Software Integration CI/CD DevOps TIER IVでは、数多くの運営ドメインかつ幅広い応用分野をカバーすることを目的とした自動運転ソリューションを開発しています。既に広く使われているオープンソースのソフトウェアをベースに、基礎となる自動運転の技術のみに留まらず、安全かつ予測可能である全体として機能する自動運転システムへの応用に必要なインテグレーションやカスタマイズも行っています。 キーワード ・ROS/ROS2, C++ ・Safety ・Security ・Diag ・Logging ・HILS ・System/Software Integration ・CI/CD, DevOps 【仕事内容】 As an Autonomous Driving - Software Engineer (System Programming), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that autonomous vehicles and its operations are safe and predictable to society. You will also have constructive discussions and R&D in the worldwide community to make software safe and usable everywhere in the world. System and software requirement definition, software design, development and verification for various types of autonomous vehicles Software integration along with Autonomous Driving application and computing hardware to make features reasonable. Issue and root cause analysis and fix it of the software and the system you integrate. Develop documents of the software design, spec, integration and verification. Research and evaluate cutting-edge Autonomous Driving technologies Continuous software development and improvement for safety, security, reliability, predictability and development/operation efficiency Continuous improvement of OSS Collaborate with engineers from different teams, companies, and countries. Autonomous Driving - Software Engineer (System Programming) として、自動運転車とその運行が、社会にとって安全かつ予測可能であることを常に意識しながら、自動運転及び周辺ソフトウェアの開発及びインテグレーションを担当して頂きます。また、国内外を含めたコミュニティーにおいて、ソフトウェアが安全かつ世界で利用可能にするために必要な議論および研究開発に参加して頂きます。 ・複数ある自動運転車両システム向けのシステムおよびソフトウェアの要件定義、およびソフトウェア設計、実装、評価 ・自動運転アプリケーション・コンピューティングハードウェアを関連要素技術としてシステムとして成立させるソフトウェアインテグレーション ・インテグレーションした自動運転車両向けシステムおよびソフトウェアの不具合解析・対策 ・ソフトウェア仕様・設計、構築、テスト方法のドキュメンテーション ・自動運転車両システム向けの最新技術システム・ソフトウェアの研究・評価 ・安全性・セキュリティ・信頼性・予測可能性や開発・運用の効率性も含めた継続的なソフトウエアの改善 ・継続的なOSSプラットフォームの改善 ・様々な国のチームや企業のエンジニアと共同でシステムおよびソフトウェアの研究開発 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1004_Software Engineer (System Programming)

1005_Senior Software Engineer (System Programming)

【背景】 At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customization necessary to provide complete self-driving applications. Keyword ・ROS/ROS2, C++ ・Safety ・Security ・Diag ・Logging ・HILS ・System/Software Integration ・CI/CD DevOps TIER IVでは、数多くの運営ドメインかつ幅広い応用分野をカバーすることを目的とした自動運転ソリューションを開発しています。既に広く使われているオープンソースのソフトウェアをベースに、基礎となる自動運転の技術のみに留まらず、安全かつ予測可能である全体として機能する自動運転システムへの応用に必要なインテグレーションやカスタマイズも行っています。 キーワード ・ROS/ROS2, C++ ・Safety ・Security ・Diag ・Logging ・HILS ・System/Software Integration ・CI/CD, DevOps 【仕事内容】 As an Autonomous Driving - Senior Software Engineer (System Programming), you will be responsible for leading the development and integration of our self-driving and surrounding software and leading constructive discussions and R&D in the worldwide community while ensuring that autonomous vehicles and its operations are safe and predictable to society. You will also be a team lead for a small-medium size development team, this team lead’s responsible consists of ・Facilitate communication among team internal/external stakeholders. ・Define the team’s technical strategy/plan through collaboration with architects. ・Make and execute the development plan as well as test and deployment plan. ・Create work packages and tasks for the team and prioritize. ・Lead the software development, integration and R&D. ・When necessary, join the development and R&D as an engineer to directly contribute to technology/products development. ・People management as a team lead. Autonomous Driving - Senior Software Engineer (System Programming) として、自動運転車とその運行が社会にとって安全かつ予測可能であることを常に意識しながら、自動運転及び周辺ソフトウェアの開発及びインテグレーション、および国内外を含めたコミュニティーでソフトウェアが安全かつ世界で利用可能にするための必要な議論および研究開発をリーダーとなって進めて頂きます。 また小中規模のチームのリーダーの運営もお願いします。リーダーとしての責務は以下を含みます。 ・チーム内外とチームとのコミュニケーションや調整 ・アーキテクトと共同でチームの技術的方針の決定 ・ロードマップに向けたチームの開発・テスト・運用計画の策定とその計画の遂行 ・チームのタスク作成や優先度付け、管理 ・ソフトウェア開発・インテグレーション・研究開発の実行をリード(不具合対策含む) ・必要なソフトウェア開発・インテグレーション・研究開発にエンジニアとして参加頂きテクノロジー・プロダクト開発に直接的に貢献 ・その他、チーム⻑としてのpeople management業務 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1005_Senior Software Engineer (System Programming)

1006_Sensing Engineer (Autonomous Driving)

TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Sensing System R&D Engineer は自動運転システムにおける Sensing 技術の開発を行います。 関連分野における学位やソフトウェアエンジニアリングのスキル、自動運転/運転支援(ADAS)分野やロボティクス分野での実経験をお持ちの方が特に歓迎されます。 Autonomous Driving Sensing System R&D Engineer は以下のことを行います。 - 自動運転の Perception/Localization のためのセンサシステムの設計/開発 - センサシステムにおけるセンサドライバ/キャリブレーション/同期システムの設計/開発 - 次世代センサやシステムについて車両/ベンチ等での性能/機能評価、テストケース設計 - ADAS/自動運転分野におけるセンシングの最新技術やトレンドを調査する 上記のような技術群を開発し、TIER IV におけるプロダクト群や OSS に対して貢献につなげることが求められます。 参考: TIER IV ADK(https://sensor.tier4.jp/) ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1006_Sensing Engineer (Autonomous Driving)

1007_Perception Engineer (Autonomous Driving)

TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Perceptionエンジニアは、Lv4 自動運転において最も重要な機能の1つである、車両に搭載したセンサを利用しての自車両の周囲に存在する交通参加者・静止物の認識を行う技術の開発が主な責務となります。 研究・開発・評価・ベンチマーク等を通して、Perceptionの専門的知識の蓄積と現実課題への対応を行い、これら技術を社内/社外で利用可能な形で成果をオープンにすることで自動運転開発の加速を目指しています。 【仕事内容】 ・Sensing & Perception関連の最新論文のサーベイ、再現実装やベンチマーク ・自律運転向けセンサーシステムの設計、実装(センサーコンフィグレーション、キャリブレーション、同期、ノイズ除去等) ・自律運転向け認識システムの設計、実装(detection, segmentation, tracking, prediction等) ・機械学習基盤/評価基盤への機能実装、テストコードの実装、学習評価用データセットの構築 ・OSSへの自律走行技術の貢献 TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications,solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Perception Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Applicants will be favorably looked upon if they have a grauate degree in a related subject, strong software engineering skills, and demonstrated experience in the fields of autonomous vehicles or robotics. Perception Engineers will: ・Survey of the latest papers related to Sensing & Perception, as well as their reproduction and benchmarking ・Design implementation and test of sensor systems for autonomous driving (sensor configuration, calibration, synchronization, noise reduction, etc.) ・Design implementation and test perception systems for autonomous driving (detection, segmentation, tracking, prediction, etc.) ・Implementation of functions for machine learning platforms/evaluation platforms, implementation of test code, and construction of datasets for learning evaluation ・Contribute autonomous driving technology to OSS ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1007_Perception Engineer (Autonomous Driving)

1008_Planning and Control Engineer (Autonomous Driving)

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Planning and Control Engineerは、複雑な環境で利用可能な行動計画、正確で乗り心地を意識した車両制御、車両プラットフォームにおける共通インターフェース設計など、自動運転に用いられる計画・制御技術の設計開発を行い、これらの技術をプロダクト/OSSとして世の中に送り出すことを目的とします。 【仕事内容】 ・自動運転において必要となる行動計画・車両制御の確立  ・多様な環境下で自動運転が可能な機能の設計  ・高い安定性・品質・保守性を実現する機能の実装、及びソフトウェアテストの作成  ・シミュレーションと実車両を用いた統合評価 ・開発した機能の実車両へのインテグレーション ・Planning & Control関連の最新論文のサーベイ、再現実装やベンチマーク ・シミュレーション評価基盤の改善  ・評価するユースケースの設計  ・より網羅的・多角的なシミュレーション評価基盤の検討・開発サポート ・OSSへの自動運転技術の貢献 【参考情報】 ・以下のリンクを開発内容の参考情報としてご利用ください。  ・行動計画   <Autowareにおける行動計画のデザインドキュメント>   https://autowarefoundation.github.io/autoware-documentation/main/design/autoware-architecture/planning/  ・車両制御   <Autowareにおける車両制御のデザインドキュメント>   https://autowarefoundation.github.io/autoware-documentation/main/design/autoware-architecture/control/   <速度制御> https://autowarefoundation.github.io/autoware.universe/main/control/autoware_pid_longitudinal_controller/   <ステアリング制御> https://autowarefoundation.github.io/autoware.universe/main/control/autoware_mpc_lateral_controller/ ・公道における実環境での統合テスト https://www.youtube.com/watch?v=GtD28m9dnxk 履歴書に加え、GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンクなど技術判断が可能な情報があれば、お送りください。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1008_Planning and Control Engineer (Autonomous Driving)

1009_Localization Engineer (Autonomous Driving)

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Localization & Mapping teamのミッションは,LV4自動運転の実現に必要な、様々な状況で安定して利用可能な位置推定を提供することです。 【役割】 本ポジションは、Path planning、Perceptionにも利用される高精度地図の作成・更新に関わる技術開発が主な責務となります。Mappingに係るコンポーネントレベルの機能設計/検証/評価を実施するとともに、当技術をPilot.autoやWeb.autoで活用、インテグレーションするための評価ツール開発や仕様の策定を実施します。Autowareに関する位置推定の専門的知識の蓄積及びMappingに関わる技術的な問題への対応等を行います。 【仕事内容】 ・現実世界における困難な位置姿勢推定問題に対する最先端の技術を調査、開発する。 ・説明性のあるLocalizationの性能指標をもってインテグレーションプロセスを開発し、自動化により迅速な車両適用を実現する ・ロバストかつsafety-criticalなLocalizationを構築するためのアルゴリズム問題を解決する。 ・公称環境外での走行やセンサー故障時など、位置推定システムの障害を特定し、軽減する。 ・外界センサと内界(オドメトリ)センサの情報を融合し,安定性と信頼性を向上させ、高精度な位置推定を実現する。 ・位置推定のための3次元点群地図の生成に関する最先端の技術を調査,開発する。 ・プロトタイピング、要件把握、設計、実装、検証を含むソフトウェア開発サイクルの全フェーズに貢献する。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1009_Localization Engineer (Autonomous Driving)

1010_Researcher

Autonomous Driving Researchers lead the research and development of cutting edge autonomous driving systems with the aim of expanding the technological capabilities of the Autoware project. TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Researchers lead the research and development of cutting edge autonomous driving systems with the aim of expanding the technological capabilities of the Autoware project. Applicants must have a strong publication record in a related field, a Phd, and have demonstrated the ability to lead technological innovation in academia and/or industry. Ideally applicants will have an established research career with evidence of high achievement (academic prizes, high impact papers, contribution to industry etc). Applications to this role should include an English resume that conveys the depth of the applicants expertise and details the contributions of their research experience. Autonomous driving Researchers will: ・Develop technology to solve actual problems in cooperation with engineers in various technical fields ・Research novel autonomous driving solutions with the goal of operation on public roads ・Publish and present research results at international academic conferences ・Investigate, verify and extend cutting edge research papers on autonomous driving technology ・Contribute autonomous driving technology to OSS ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1010_Researcher

1011_Senior_Simulator_Engineer (ROS)

Autowareを効率的に開発し将来的に起こりうる事故を防止する鍵となるSimulation技術は非常に重要な柱の一つです。そのため様々な走行環境をSimulationするツール群を開発していただけるエンジニアを募集しています。 【仕事内容】 ・自動運転シミュレータの自律移動エージェントの開発 ・自動運転シナリオ記述言語(OpenSCENARIO など)処理系の開発、実装 ・自動運転シナリオの自動生成ツールの開発 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転 チームと密に連携をとった シミュレータ開発が可能で、自動運転において、真に必要とされるシミュレーション機能開発ができます。 ・また、開発した機能がすぐに自動運転 チームに使ってもらえるため、やりがいを実感しやすい環境です。 ・研究要素が強い業務も多く、成果は学会、シンポジウム、tech blog などで発表していただける事も期待します。 ・さらに調査・技術交流などで海外メンバ・団体とのcommunication が オンライン・オフラインともに多く、欧州・US・アジアなど世界中の様々なエンジニアと交流可能です。( e.g. 2023 年はメンバにUSのROSCon へ調査へ行ってもらいました。) ・"仕事内容"に記載の領域で、第一人者がチームメンバにそれぞれいるため 、メンバからも勉強になる事が多い体制です。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1011_Senior_Simulator_Engineer (ROS)

1013_Software Engineer (Software Performance)

自動運転システムの安全性と消費電力の改善を推進するソフトウェアエンジニア(パフォーマンス解析・改善に秀でた方)を募集しています。 【背景】 TIER IV では自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 自動運転システムが安全かつ低消費電力で走行するために必要なソフトウェアやハードウェアの性能を明らかにし、プロファイリングによりそれらの性能のボトルネックの分析及び改善に取り組んでいます。 【仕事内容】 ・自動運転システムを安全に動作させるためのソフトウェア性能の分析 ・自動運転システムを低消費電力で動作させるためのハードウェア資源の分析 ・性能メトリクスのプロファイリング及び分析(応答時間、演算資源、メモリ資源、メモリ帯域) ・分析作業や評価作業のプロセスの構築 ・分析作業や評価作業の自動化のためのツール開発 【チャレンジ・やりがい】 ・安全性と消費電力という自動運転の普及を阻害する大きな課題に対して、社内関係者、提携している大学の有識者を巻き込んで取り組む ・特定の領域だけではなく、パフォーマンスという観点から自動運転システム全体を俯瞰した開発に取り組むことができる ・アプリケーション、ミドルウェア、ハードウェアの協調性を意識する必要があり、技術知見の幅が広がる ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1013_Software Engineer (Software Performance)

1014_HD Mapping Engineer (Autonomous Driving)

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Localization & Mappingチームのミッションは、Lv.4自動運転の実現に必要な、様々な状況で安定して利用可能な位置推定を提供することです。 【役割】 ・本ポジションは、位置推定のための点群地図とPath planning、Perceptionにも利用される高精度地図の作成・更新に関わる技術開発が主な責務となります。 ・Mappingに係るコンポーネントレベルの機能設計、検証、評価を実施し、当技術をTIER IVの製品で活用・インテグレーションするための評価ツールの開発や仕様の策定を行います。Autowareに関する位置推定の専門知識を蓄積し、Mappingに関わる技術的な問題に対応します。 【業務内容】 ・データフォーマット、検証フレームワーク、後処理パイプライン、下流の顧客が使用するインターフェースなど、マッピングに不可欠なコンポーネントの設計と開発 ・大規模化やストリーミングなど、自動運転における将来の利用シーンを見据えたAutowareで利用可能なHD Mapの仕様定義 ・関連するプロジェクトチームとの機能横断的な協力、それらのチームが使用するAPIの成長とサポート ・プロトタイピング、要件把握、設計、実装、検証を含むソフトウェア開発サイクルの全フェーズへの貢献 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1014_HD Mapping Engineer (Autonomous Driving)

1015_Sensing Embedded Linux Software Engineer (Autonomous Driving)

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 R&D - Sensing Teamのミッションは、自動運転の実現に必要なセンサシステムを開発・提供することです。 【役割】 ・本ポジションは、自動運転システム向けのセンサを利用する為の組込みLinuxを開発するポジションです。 ・カメラやLiDAR、レーダーなど多種多様なセンサの自動運転システムへの組み込み、及びそれらの評価ツールの作成などを行います。 【仕事内容】 ・自動運転システム用のセンサ向けのデバイスドライバの開発  ・TIER IV製のカメラドライバ開発を含む ・既存ドライバに対する追加機能の開発 ・保守性・信頼性を向上させるためのドライバ開発 ・テスト効率化の為のCI/CD環境の構築 【チャレンジ・やりがい】 本ポジションでは、自動運転に使用するセンサの技術仕様からLinux Kernelに関する幅広い知識と経験に加え、実機を用いて開発から検証までを一貫して作業する事が出来るスキルも必要です。開発したデバイスドライバは、実際に運用する自動運転車に利用され、技術開発の成果が社会実装に適用されることが実感できます。TIER IVは、各ECUベンダーとも協業しており、幅広いプラットフォームの製品を調査する事ができます。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1015_Sensing Embedded Linux Software Engineer (Autonomous Driving)

1016_Planning Machine Learning Engineer (Autonomous Driving)

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自動運転ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自動運転に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Localization & Mapping teamのミッションは,LV4自動運転の実現に必要な、様々な状況で安定して利用可能な位置推定を提供することです。 【役割】 本ポジションは、機械学習の技術を自動運転の動作計画に適用し、単純なアルゴリズムでは対応が難しい複雑環境下での走行性能を改善すること、およびこれらの技術をプロダクト/OSSとして世の中に送り出すことを目的とします。 【仕事内容】 ・機械学習技術を用いた動作計画手法の確立 ・関連技術の最新論文のサーベイ、再現実装やベンチマーク ・高い安定性・品質・保守性を実現する機能の実装、及びソフトウェアテストの作成 ・開発した機能の実車両へのインテグレーション ・開発した機能のOSSへの公開 【補足情報】 以下のリンクから、我々が開発する自動運転OSS Autowareについてご確認いただけます。 <Autowareにおける行動計画の設計>  https://autowarefoundation.github.io/autoware-documentation/main/design/autoware-architecture/planning/ <公道における実環境での統合テスト>  https://www.youtube.com/watch?v=GtD28m9dnxk&ab_channel=TIERIV 履歴書に加え、GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンクなど技術判断が可能な情報があれば、お送りください。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1016_Planning Machine Learning Engineer (Autonomous Driving)

1017_Autonomous Driving Sensing Team Manager

自動運転分野におけるSensing技術開発チームのマネージャーを募集いたします。 【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 その中でSensing技術開発チームは、自動運転システム開発の中核として、Lv.4自動運転の実現に必要な様々なセンサーのインテグレーションや評価、同期やキャリブレーション、ノイズ除去や外界認識などのセンシング技術を提供しています。 【役割】 Sensing Team Managerのポジションは、チームの組織運営面でのマネジメントを行うことが期待されます。Sensingシステムの性能向上と自動運転車における実時間での動作に責任を持ち、会社の方針からチームの開発方針を議論・決定し、チームメンバーをコーチングしながら目標を達成していくことが求められます。Sensingチームでは、国内外の様々なSensorベンダーから最新の情報を収集して、自動運転車に必要なセンサ構成も検討します。社内外で幅広いステークホルダーが存在する為、円滑な開発が進められるための調整が重要となります。AutowareはOSSとしての一面を持つため、時にはOSS contributorと連携し、開発評価と品質管理を進めることが求められます。 【仕事内容】 ・自動運転において必要となるSensing技術を確立させる ・国内外のSensorベンダーからの製品仕様の情報収集 ・自動運転におけるSesningの要件分析 ・短期および長期的なチームの開発方針策定 ・開発プロセスの定義・改善 ・開発の進捗管理と品質管理 ・メンバーのコーチングを通したチーム運営 ・OSS contributerと連携したAutowareの開発評価・品質管理 ・継続的な改善を目的とした、開発プロセス全体のふりかえりの主導 ・R&Dで開発した技術をプロダクトへ繋げるための要件定義や計画 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1017_Autonomous Driving Sensing Team Manager

1101_Frontend Engineer (Open Position)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 自動運転システムの開発・評価・運用・監視・分析に必要なフロントエンドアプリケーション(Webアプリやモバイルアプリ含む)の開発・運用を行っていただきます。 業務例) ・配車アプリ開発 ・車載アプリ開発 ・自動運転車両の運行管理コンソール開発 ・自動運転車両の遠隔操縦システム開発 ・契約・権限管理コンソール開発 ・自動運転システムのCI/CD Pipelineの管理画面の開発 ・自動運転システムのテストケース作成をブラウザ上で行う、3D情報を扱うエディターの開発 ・自動運転システムの評価結果をブラウザ上で可視化するビューワーの開発 【チャレンジ・やりがい】 ・UXデザイナーと協力し、多種多様なユーザーのインサイトを考慮した、次世代の自動運転サービスのUI/UX設計・実装 ・複雑なシステム評価結果をユーザーに表示し、管理させるUI/UXの設計・実装 ・自動運転車両の多様なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発 ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 ・OSSの活用、及び貢献 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1101_Frontend Engineer (Open Position)

1102_Backend Engineer (Open Position)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 志望者のスキルや希望を加味した上で、Web.Autoを構成するいずれかのサービス、或いは横断でのBackendデザイン、開発、テスト、運用に携わっていただきます。 【チャレンジ・やりがい】 ・同時に数百のテストケースが実行され、その処理を安定的に捌き、スケールする基盤の開発 ・Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ ・自動運転車両の多様なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発 ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 ・OSSの活用、及び貢献 【参考情報】 ・ドメイン駆動設計による運行管理システムのアーキテクチャの最適化 https://tech.tier4.jp/entry/2020/07/03/160000 ・ティアフォーにおける自動運転車両の遠隔監視・操縦システムのご紹介 https://tech.tier4.jp/entry/2019/01/22/170032 ・ティアフォーにおけるシミュレーションを用いたCIの取り組み https://tech.tier4.jp/entry/2020/09/09/160000 ・自動運転サービスの認証認可 https://www.slideshare.net/KotaroHoshi/ss-245496424/KotaroHoshi/ss-245496424 ・ID基盤をリプレースしました https://link.medium.com/jLAYXyXbqpb ・Ory Summit 2022登壇レポート https://link.medium.com/1xTx6jlMXub ・ProtobufでREST APIを快適に開発する方法のご紹介 https://tech.tier4.jp/entry/2022/02/02/160000 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1102_Backend Engineer (Open Position)

1103_Site Reliability Engineer (SRE)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。Autowareを搭載した自動運転車両を世界中で普及させるために、更なる改善と、安全性・信頼性を確保していくためのメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareに関するプラットフォーム(Web.Auto)のシステム構成・アーキテクチャ・開発方針を理解していただき、領域を限定せずあらゆる手段を通して課題解決・生産性向上・信頼性確保に向き合っていただく事が期待されます。 開発・CI/CD・運用・監視等のシステム開発・運用に係る基本的な整備は済んでいますが、まだまだ取り組むべき課題が多くあります。 ・アプリケーションやミドルウェアの運用、パフォーマンスの改善 ・クラウドにおけるデータストアやネットワークなどの構築、運用 ・Fargate/Kubernetes上に構築するMicroservices基盤の整備、支援 ・クラウドネイティブなCI/CDパイプラインの構築、運用 ・各種オペレーションを自動化するためのツール開発、運用 ・障害検知やキャパシティプランニングのためのモニタリング環境構築、運用 ・情報セキュリティ設計、運用 【チャレンジ・やりがい】 ・多様な技術領域(ECU、Mobile Network、IoT、Web、Container、Serverless等)への挑戦 ・まだ誰も成し得ていない「現実世界へ自動運転を社会実装する」メンバーになれる ・未成熟な組織のビルドアップ 【参考情報】 ・自動運転を支えるWeb技術 - 信頼性への取り組み (SRE編) https://tech.tier4.jp/entry/2021/01/20/160000 ・自動運転を支えるクラウドシステムとエンジニアリングチーム https://link.medium.com/LotkROKDHIb ・自動運転クラウドサービス開発者のキャリアパス https://www.docswell.com/s/TIER_IV/K1J6W3-TIERIVMeetupWeb.Auto ・小さく始めるBlue/Green Deployment https://www.docswell.com/s/TIER_IV/5388GV-2023-03-17-093717 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1103_Site Reliability Engineer (SRE)

1104_自動運転映像サービス開発エンジニア

【背景】 自動運転車を社会に届ける際には、安全性や利便性の観点から、遠隔オペレーターによる見守りやアシストが極めて重要となります。 TIER IVは、単に無人で走る車を作るだけでなく、実際に社会で自動運転車が溢れる世界を目指し、必要な各種サポートサービスを開発しています。遠隔監視・遠隔介入サービスもその一つです。 映像監視によって走行の安全を確保するだけでなく、AIではまだ困難な状況判断を行ったり、乗客の様々な悩みをリモートから解決する、そんなサービスを提供しています。 さらに開発を加速させ、たくさんの人に快適で安全な自動運転サービスを届けるために、映像・音声メディア処理に強いエンジニアを募集しています。 【仕事内容】 - 移動体(車両)からの超低遅延映像・音声配信システムの開発と改良 - 遠隔オペレーターと乗客の映像・音声コミュニケーションシステムの開発と改良 - 遠隔操縦及び遠隔走行補助システムの開発と改良 - 遠隔映像・音声配信システムの運用に必要な各種関連システムの開発(録画、解析、計画、チューニング等) 【チャレンジ・やりがい】 - 次世代の交通サービスの主役である自動運転技術と密接に連携する形で、これまで蓄えられた映像・音声メディア処理技術を活用することができます - 大都会や飛行場など、様々な実環境での超低遅延配信技術の実現に挑戦できます - AWS, Go, Python, TypeScriptといったモダンな技術スタックと、伝統的なC/C++などの低レベルな技術が同居する、他にはない職場です 【参考情報】 https://medium.com/tier-iv-tech-blog/remote-74c1df673a27 https://tech.tier4.jp/entry/2019/01/22/170032 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1104_自動運転映像サービス開発エンジニア

1106_SETエンジニア / Software Engineer in Test

【背景】 自動運転車両の搭乗者、走行中の他車両、歩行者等の安心・安全確保はティアフォーにとって最優先課題の一つです。自動運転システムに求められる品質レベルは非常に高く、また、様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムのため、システム全体として継続的に機能改善を続けつつ、どう高い品質を保つかが課題となっています。また、システムを高速にリリースし続けることも求められています。ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムの品質を保証し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareに関するプラットフォーム(Web.Auto)の継続的なリリースに対する効率的なテストアプローチを計画立案し、テスト自動化、パフォーマンス改善、品質分析の導入支援を担当していただきます。 ・テスト自動化の計画立案・設計実装・導入支援 ・不具合分析、品質評価レポーティング ・負荷テストや性能テスト等の非機能テスト ・CI/CDパイプラインの導入支援・環境整備 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転システムという未知の領域に関わる品質保証 ・未開拓な技術への挑戦と新たなプロセス導入 ・新規事業から基盤となる事業まで幅広く携わることができる 【参考情報】 ・自動運転を支えるクラウドシステムとエンジニアリングチーム https://tier4.jp/media/detail/?sys_id=5KlJMexmAHQYhyBc1zD4wM&category=BLOG ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1106_SETエンジニア / Software Engineer in Test

1107_Data Engineer

自動運転で発生するデータ収集・検索・分析のためのクラウド基盤の開発をしていただきます。 【背景】 ティアフォーでは、自動運転システムの開発を効率化させ、自動運転に関わる各種サービスの品質を向上させるために、大量のデータを収集・分析する基盤を必要としています。 この基盤には、自動運転の普及に伴うデータ量の増加への対応など、さまざまな要件を満たすことが求められます。 現在、車両から情報収集するシステムのベースはでき始めているため、データパイプラインおよびデータ検索サービスの開発を重点的に進めています。 【仕事内容】 自動運転で発生するデータ収集・検索・分析のためのクラウド基盤の開発をしていただきます。 ・車両からのデータ収集・加工 (Kinesis, Glue, ECS) ・走行に関する履歴・統計情報のAPI開発・運用 (Fargate, Labmda) ・走行ログ・アノテーションなどのデータ検索サービスの開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・JSONなど構造化データのみだけでなく、画像やPoint Cloudなど様々なデータを処理し検索・閲覧可能にする開発 ・データ発生〜可視化までを迅速に自動的に行うためのIoTのデータ収集・集計の開発 【参考】 ・クラウド開発をしているチームの開発プロセスやプロダクトについて  https://www.slideshare.net/Tier_IV/tier-tech-meetup-2-cloud-238997099 ・TIER IV事業概要 (TIER IV Summit 2021での収録セッション)  https://tier4summit.com/ ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1107_Data Engineer

1108_MLOps Engineer (機械学習基盤)

【背景】 ティアフォーでは、自動運転の安全性を高め、可用性を向上させる機械学習基盤を構築しています。 自動運転の普及に伴って様々な運行環境にすばやく対応するため、大規模なデータを取り扱い、継続的なモデルの改善を実現する機械学習基盤が求められています。 現在、機械学習基盤は構築中で、これから徐々に活用を進めようとしており、立ち上げフェーズに携わっていただけるエンジニアを募集しています。 【仕事内容】 自動運転の開発に重要な機械学習基盤の開発をしていただきます。 ・2Dや3Dの物体検出モデルの学習パイプラインの開発・運用 ・実験管理から自動運転車両へのデプロイ、性能モニタリングを一貫して行う基盤システムの開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・画像や点群データを活用した3D物体検出タスクや分類タスクなど様々な機械学習への対応 ・シミュレーション基盤と連携した機械学習モデルの安全な評価・リリース基盤の構築 ・自動運転走行データからモデルの性能を評価し継続的な改善を実現する基盤の構築 【参考情報】 ・クラウド開発をしているチームの開発プロセスやプロダクトについて  https://www.slideshare.net/Tier_IV/tier-tech-meetup-2-cloud-238997099 ・TIER IV事業概要 (TIER IV Summit 2021での収録セッション)  https://tier4summit.com/ ・自動運転の認識技術を改善するDomain AdaptationとMLOpsの仕組みについて  https://www.youtube.com/watch?v=BSRIcFKtKVM ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1108_MLOps Engineer (機械学習基盤)

1110_Infrastructure Software Engineer

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 その根幹をなすAutowareは発展途上にあり、日々多くの機能の追加が行われています。このような中にあっても顧客に対して信頼性の高い自動運転システムを提供するためには信頼性・安定性を高めていくためにAutowareの品質向上の取り組みも必須です。 【仕事内容】 Infrastructure Software Engineerの仕事は大きく分けて次の2つです。 - Autowareの開発スピードを維持しつつ品質を向上させるためのCI/CDの実装 - 開発効率を高めるためのツールやライブラリの作成およびメンテナンス これらは当社独自のツールやライブラリの開発だけでなく、必要に応じたオープンソースソフトウェアの改善も含みます。 実際の職務では、Autowareの開発に関連する問題の発見し、問題が再発しないような仕組みをCI/CDの枠組みとして構築することを通して上記2つの仕事を実践することになります。 【チャレンジ・やりがい】 問題の発見には高い問題認識力と当事者意識、さらに問題を察知する能力が求められます。 問題の解決には、背景情報の理解と関連部署との調整が可能なビジネスレベルのコミュニケーション能力、そしてCI/CDを実装・運用するための技術力が必要となります。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1110_Infrastructure Software Engineer

1116_Senior System Software Engineer (OTA Update)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 経験豊富な組み込み系エンジニアとしてのスキルをベースに、クラウド側から車載ECUに対してワイヤレスでOSやファームウェアも含めてアップデートをかける、OTA Update機能のEdge側のコンポーネントの開発に携わっていただきます。バックエンドチームとも協力しながら、積極的にチームを技術的に牽引していただきます。責務には、以下の物が含まれます。 ・Web.Auto内外のチームとのコミュニケーションや調整 ・アーキテクトやチームメンバーと協力しながらチームの技術的方針の決定 ・ロードマップに向けたチームの開発・テスト・運用計画の策定と実施 ・上長をサポートしながら、チームのタスク作成や優先度付け、管理・実行 志望者のスキル次第では、バックエンド側のデザイン、開発、テスト、運用にも携わっていただきます。 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転車両という最新の車載ECUを搭載した特殊な環境や、Software Defined Vehicleといった最新の分野に関われる ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模でスケーラブルなシステムの開発と運用 ・OSSの活用、及び貢献 ・現在急成長中のベンチャーでの、自身のアイディアや行動が製品にそのまま生かせる環境と、その責任 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1116_Senior System Software Engineer (OTA Update)

1117_ソフトウエアエンジニア(組み込みコンピューティング)

TIER IVでは、自動運転システム向けのアクセラレータIPを搭載したSoCの性能を最大化し、システムへの要求のフィードバックを行うソフトウェアエンジニアを募集しています。 TIER IV offers software engineers a unique opportunity to be at the forefront of self-driving system development. This role involves maximizing the performance of SoCs with accelerator IP for self-driving systems and providing crucial feedback on system requirements. 【背景】 TIRE IVでは、完全自動運転を実現するためのアプリケーションと、それを車載計算機システムとして実現するためのハードウェア開発を行っています。この中でも車載計算機システムにおいては、従来までの組み込み機器としての高い信頼性に加えて、人を代替する制御、認識能力のための高性能性が求められます。このような計算機システムの開発においては、求められる高度な数理最適化、先端AI技術を計算機システムの観点で正しく解析することで、現行システム上の最適化は当然のこと、次世代の計算機開発の方針を決定するためのフィードバックが必要です。 本JDでは、この解析、最適化、計算機設計の3軸を一体的に行うソフトウェアエンジニアを募集します。 TIER IV develops applications for fully self-driving and hardware to realize them as in-vehicle computer systems. In particular, in-vehicle computer systems require high reliability as conventional embedded devices and high performance for control and recognition capabilities that can replace humans. In developing such computer systems, the required advanced mathematical optimization and advanced AI technology must be analyzed correctly from the perspective of the computer system to provide feedback for determining the policy for the development of the next generation of computers, as well as for optimization of the current system. In this job description, we are looking for a software engineer who can integrate these three aspects: analysis, optimization, and computer design. 【仕事内容】 ・自動運転システムアプリケーションのISA環境間の移植(x86/ARM/RISC-V等) ・GPGPU型アクセラレータ上のスレッド並列化/データフロー最適化 ・GPGPU型アクセラレータへの適用アプリケーションの探索 ・Simulator/Emulator環境でのアプリケーションソフトウェア性能解析・改善 ・CPU/アクセラレータのヘテロジニアス環境において使用効率を高めるためのソフトウェアライブラリ開発 ・SoC搭載ボードのドライバソフトウェア開発 ・アプリケーションのハードウェア資源使用推定と分析・プロファイリング ・システムソフトウェア及びアプリケーションの検証環境の構築 ・Porting of self-driving system applications between ISA environments (e.g., x86/ARM/RISC-V) ・Thread parallelization/dataflow optimization on GPGPU-based accelerators ・Exploration of applications for GPGPU-based accelerators ・Analysis and improvement of application software performance in Simulator/Emulator environments ・Development of software libraries to increase usage efficiency in CPU/accelerator heterogeneous environments. ・Driver software development for boards with SoC ・Hardware resource usage estimation and analysis/profiling of applications ・Establishment of verification environments for system software and applications 【チャレンジ・やりがい】 ・ソフトウェアエンジニアとして、プロセッサやSoCのアーキテクチャ設計者と密に連携することで、ソフトウェア・ユースケース観点からの最適実装について、ハードウェア設計へのフィードバックが直接行える ・自動運転技術に最適なハードウェア実装に対して、ソフトウェアとして性能を最大限に引き出すことによって、他に類を見ない性能のアクセラレータ開発を行う ・自動運転技術における性能・電力・コストといった課題の解決を行うことで、自動運転の民主化をハードウェアから推進する ・As a software engineer, you can work closely with processor and SoC architecture designers to provide direct feedback to the hardware design on the optimal implementation from a software use case perspective. ・Develop accelerators with unparalleled performance by maximizing performance as software for optimal hardware implementations for self-driving technology. ・Solving performance, power, and cost issues in self-driving technology will promote its democratization from a hardware perspective. ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1117_ソフトウエアエンジニア(組み込みコンピューティング)

1118_Perception Data Expert Engineer (Autonomous Driving)

Perception技術開発に関するデータエンジニアを募集いたします。 【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Expert Data Engineerのポジションは、機械学習モデル学習に必要なデータセットの構築・改善の方針をデータ分析による知見に基づいて意思決定することに責任を持ちます。Data Centric AIの思想に基づき、収集したデータの特性の分析や分析コードの実装を行い、機械学習モデルの性能改善に貢献することが求められます。現状のデータセットの特性に基づき、今後構築するデータセットの規模を決定し、アノテーションタスクのマネジメントと品質管理を実施します。自動運転システムにて収集したデータのキャリブレーション精度・同期精度の確認等にも責任を持つため、自動運転システム全体と基盤となるネットワーク・OS等の技術への深い理解も重要となります。 【仕事内容】 ・機械学習データセットの分析・可視化コード実装 ・データセット分析に基づいた今後のデータセット構築方針決定 ・アノテーションタスクのマネジメント ・データセットの品質管理と品質自動確認コード実装 ・車両におけるデータ収集・デバッグ ・データセットに関連する変換コードの実装 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1118_Perception Data Expert Engineer  (Autonomous Driving)

1119_Perception ML Performance Optimization Engineer(Autonomous Driving)

Perception技術の最適化・実装の専門家を募集いたします。 【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 ML Performance Optimization Engineerのポジションは、自動運転車両における、高速で精度の高い機械学習モデルによる推論の実現に責任を持ちます。PyTorchで学習されたモデルのonnxへの変換とオペレータの実装、現状のモデルのボトルネック分析と最適化、車載システムで動作させるための適切なモデル構築と学習方法の選定を行います。ハードウェアとコンパイラ、機械学習モデル構築のテクニックと知見のすべてを駆使し、計算資源の限られる車載ECU内での安定した周囲環境認識を実現することが求められます。 【仕事内容】 ・C++とTensorRTを用いた、機械学習モデルのROS 2 node実装 ・Nsightを用いた、機械学習モデルのボトルネック分析 ・量子化・pruningによる機械学習モデル高速化 ・自動運転向けPerception技術全体の高速化 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1119_Perception ML Performance Optimization Engineer(Autonomous Driving)

1120_Perception Team Manager

自動運転分野におけるPerception技術開発チームのマネージャーを募集いたします。 【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Perception Team Managerのポジションは、Perception Teamのリーダーとして、技術面・組織運営面でのマネジメントを行うことが期待されます。Perceptionシステムの性能向上と自動運転車における実時間での動作に責任を持ち、会社の方針からチームの開発方針を議論・決定し、チームメンバーをコーチングしながら目標を達成していくことが求められます。チームとしての目標達成に失敗した場合には振り返りを実施して今後の開発に活かし、目標達成が困難な状況下では的確な優先順位付けを基に開発を進める胆力が重要です。AutowareはOSSとしての一面を持つため、時にはOSS contributorと連携し、開発評価と品質管理を進めることが求められます。 【仕事内容】 ・自動運転において必要となるPerception機能を確立させる ・Perception関連タスクの技術リード ・メンバーと協力してPerception stackを構築・性能改善 ・短期および長期的なチームの開発方針策定 ・開発プロセスの定義・改善 ・自動運転におけるPerceptionの要件分析 ・ソフトウェアリリースの進捗管理と品質管理 ・メンバーのコーチングを通したチーム運営 ・OSS contributerと連携したAutowareの開発評価・品質管理 ・継続的な改善を目的とした、開発プロセス全体のふりかえりの主導 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1120_Perception Team Manager

1121_Perception Machine Learning Engineer (Autonomous Driving)

Perception技術開発に関する機械学習の専門家を募集いたします。 【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Professional Machine Learning Engineerのポジションは、機械学習モデルの学習と評価に責任を持ちます。正確な実装力と、経験に裏打ちされた意思決定能力が求められます。特に、車載ECUは計算資源が限られていることも多いため、時間制約を守りつつ高い性能を実現する機械学習モデルの開発を目指す必要があります。 【仕事内容】 ・自動運転車両における高性能かつロバストなPerceptionのための機械学習アルゴリズムの開発 ・Sensing & Perception関連の最新論文のサーベイ、再現実装やベンチマーク ・機械学習基盤/評価基盤への機能実装、テストコードの実装 ・機械学習モデルの学習・最適化・車載ECUへの実装 ・OSSへの自律走行技術の貢献 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1121_Perception Machine Learning Engineer (Autonomous Driving)

1123_Backend Development Lead (Open Position)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 経験豊富なバックエンドエンジニアとしてのスキルをベースに、担当チームのリーダーとして開発マネジメント業務を行っていただきます。 Development Leadとしての責務は、以下の物を含みます。 Web.Auto内外のチームとのコミュニケーションや調整 アーキテクトと共同でチームの技術的方針の決定 ロードマップに向けたチームの開発・テスト・運用計画の策定と実施 チームのタスク作成や優先度付け、管理・実行 その他、チーム長としてのpeople management業務 志望者のスキルや希望を加味した上で、Web.Autoを構成するいずれかのサービスのBackendデザイン、開発、テスト、運用に携わっていただきます。 【チャレンジ・やりがい】 自動運転車両の多様なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発 同時に大量のテストケースが実行され、その処理を安定的に捌き、スケールする基盤の開発 Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ 北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 OSSの活用、及び貢献 現在急成長中のベンチャーでの、自身のアイディアや行動が製品にそのまま生かせる環境と、その責任 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1123_Backend Development Lead (Open Position)

1124_Backend Engineer(CI/CD)

自動運転システムの評価を支える基盤の開発・運用を行っていただきます。 【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転車両の運行管理システムや自動運転システムを評価・更新するCI/CD基盤の構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様なシステムをスケーラブルかつ信頼性高く運用・評価・更新できる基盤を提供していく必要があります。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 自動運転システムの評価を支える基盤の開発・運用を行っていただきます。 ・自動運転システムの品質を保証するCI/CD Pipelineを支える基盤システムの開発・運用 ・自動運転システムの評価・動作に必要なアセット情報の管理システムの開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・同時に数千のテストケースが実行され、その処理を安定的に捌き、スケールする基盤の開発 ・Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ 【参考情報】 ・ティアフォーにおけるシミュレーションを用いたCIの取り組み https://tech.tier4.jp/entry/2020/09/09/160000 ・自動運転システムのCI/CDとは?Webシステムとの違いってなんだ https://www.slideshare.net/Tier_IV/cicd-web ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1124_Backend Engineer(CI/CD)

1125_Senior Backend Engineer (Open Position)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 経験豊富なバックエンドエンジニアとしてのスキルをベースに、担当チームの技術リーダーとして活躍していただきます。また、時にはチームの垣根を越えた動きが積極的に出来ることを期待しています。 ・Web.Auto内外のチームとのコミュニケーションや調整 ・アーキテクトと共同でチームの技術的方針の決定 ・ロードマップに向けたチームの開発・テスト・運用計画の策定と実施 ・上長をサポートしながら、チームのタスク作成や優先度付け、管理・実行 ・ジュニアメンバーのメンタリング 志望者のスキルや希望を加味した上で、Web.Autoを構成するいずれかのサービスのBackendデザイン、開発、テスト、運用に携わっていただきます。 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転車両の多様なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発 ・同時に大量のテストケースが実行され、その処理を安定的に捌き、スケールする基盤の開発 ・Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 ・OSSの活用、及び貢献 ・現在急成長中のベンチャーでの、自身のアイディアや行動が製品にそのまま生かせる環境と、その責任 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1125_Senior Backend Engineer (Open Position)

1128_Senior Backend Engineer (OTA Update)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 経験豊富なシニアレベルのバックエンドエンジニアとしてのスキルを生かして、OTA Updateチームのバックエンドの設計・開発・運用に携わっていただきます。 次の1、2年でビジネス規模が大きくスケールしていくにあたって、OTA Updateによる車両のソフトウェアの更新とその効率性が、今まで以上に重要になってきています。OTAのクライアント側の開発者や、他のWeb.Autoの開発メンバーと協力し、リーダーシップを発揮して活躍していただきます。また、時にはチームの垣根を越えた動きが積極的に出来ることを期待しています。 ・Web.Auto内外のチームとのコミュニケーションや調整 ・今後数年のスケールに耐えられるよう、技術的課題の認識と改善案の提案 ・チームの開発・テスト・運用計画のロードマップの策定と実施 ・ジュニアメンバーのメンタリング 【チャレンジ・やりがい】 ・車体を扱うインテグレーションチームとの綿密なコラボレーション ・Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 OSSの活用、及び貢献 ・現在急成長中のベンチャーでの、自身のアイディアや行動が製品にそのまま生かせる環境と、その責任
1128_Senior Backend Engineer (OTA Update)

1181_Frontend Engineer (Fleet Management System)

次世代の自動運転サービスにむけた運用・監視・分析に必要なアプリケーションの開発をしていただきます。 【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転車両の運行管理システム構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様なシステムを効率よく運用・評価・更新できるようなアプリケーションが求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 次世代の自動運転サービスにむけた運用・監視・分析に必要なアプリケーションの開発をしていただきます。 ・配車アプリ開発 ・車載アプリ開発 ・自動運転車両の運行管理コンソール開発 ・自動運転車両の遠隔操縦システム開発 ・契約・権限管理コンソール開発 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは自動運転の民主化を進めるべく様々なユーザーに向けてのアプリケーションを開発しています。 それぞれのユーザーのインサイトを考え、次世代の自動運転サービスに向けてのUI/UXを思考錯誤しながら課題を見つけ、解決することにチャレンジしています。 【参考情報】 ・Web.Auto 全体チーム社内開発レビュー会を開催しました https://tech.tier4.jp/entry/2020/12/09/160000 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1181_Frontend Engineer (Fleet Management System)

1182_Frontend Engineer (Operation Tool)

【背景】 ティアフォーでは自動運転を社会に導入するために自動運転の周辺機器やツールを揃えてシステムとして形作り運用も含めたサービスのプラットフォームとして提供することを目標としています このサービスを提供するために車両で必要なGUIツールを開発しています。具体的には運用者が使うオペレータ向けメンテナンス・車両監視ツールやバス型車両の乗客案内システムなどになります。また、今後も必要なGUIが増えた場合は開発を行う予定です このような車両で使うGUIツールの開発を通して自動運転のサービスを構築したい人材を募集します 【仕事内容】 ・GUIツールの要求分析、設計、コーディング、デバッグ ・開発したアプリの実車への導入 ・車両で必要なツールの要求の吸い上げと分析 【チャレンジ・やりがい】 ・直接利用者の目に触れる場所なので利用者の声が聞こえやすいです ・自動運転のGUIは前例がほぼ存在しないため、何が必要かを考え提案することが必要になります ・GUIの知識だけではなく自動運転の知識も必要になるためそちらへの興味・学習が必要になります 【参考情報】 ・実機を触ったり運用中の車両のトラブル対応など出社、出張が必要になります ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1182_Frontend Engineer (Operation Tool)

1183_Senior Frontend Engineer (Open Position)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転システムの導入・運用・開発のすべてをサポートする役割を担う、「Web.Auto」(https://web.auto/) を開発しています。 Web.Autoは主に以下のコンポーネントから構成されています。 ・配車管理(Fleet Management System)、OTA Update、遠隔監視、マップ管理等の機能を提供する運用関係のサービス群 ・自動運転機能の開発、評価・検証に使う、自動運転に特化したCI/CD Pipelineと、シミュレーターなどの開発ツール群 ・データ基盤や検索のためのツールと基盤 ・機械学習モデル開発支援Pipeline ・認証認可基盤 ・契約管理基盤 ティアフォーのVision「自動運転の民主化」に向けて、これから更にプロダクト開発に力を入れていくにあたり、グローバルで利用される自動運転サービスを支える機能的で、かつ信頼性の高いシステムを構築し、ユーザーへの価値を一緒に提供していけるメンバーを募集しています。 【仕事内容】 経験豊富なFrontend Engineerとして、他のメンバーを技術的にリードしながら、自動運転システムの開発・評価・運用・監視・分析に必要なフロントエンドアプリケーション(Webアプリやモバイルアプリ含む)の開発・運用を行っていただきます。 ・Web.Auto内外のチームとのコミュニケーションや調整 ・UXデザイナーと共に使いやすいUI/UXを作り上げていく ・アーキテクトと共同でチームの技術的方針の決定 ・ロードマップに向けたチームの開発・テスト・運用計画の策定と実施 ・上長をサポートしながら、チームのタスク作成や優先度付け、管理・実行 ・ジュニアメンバーのメンタリング 業務例) ・配車アプリ開発 ・車載アプリ開発 ・自動運転車両の運行管理コンソール開発 ・自動運転車両の遠隔操縦システム開発 ・契約・権限管理コンソール開発 ・自動運転システムのCI/CD Pipelineの管理画面の開発 ・自動運転システムのテストケース作成をブラウザ上で行う、3D情報を扱うエディターの開発 ・自動運転システムの評価結果をブラウザ上で可視化するビューワーの開発 【チャレンジ・やりがい】 ・UXデザイナーと協力し、多種多様なユーザーのインサイトを考慮した、次世代の自動運転サービスのUI/UX設計・実装 ・複雑なシステム評価結果をユーザーに表示し、管理させるUI/UXの設計・実装 ・自動運転車両の多様なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発 ・北米・欧州・中国など海外展開を見据えた、グローバル規模のシステムの開発と運用 ・OSSの活用、及び貢献 ・現在急成長中のベンチャーでの、自身のアイディアや行動が製品にそのまま生かせる環境と、その責任 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1183_Senior Frontend Engineer (Open Position)

1201_自動運転向けプロセッサ設計エンジニア / Processor Design Engineer

【背景】 ティアフォーでは、自動運転システムにおける、性能・電力およびコスト面で最適なRISC-VをベースにしたアクセラレータIP、及びそれを実装したSoCの開発を行っています。 【仕事内容】 ・RISC-VをベースにしたアクセラレータIP、及びそれを実装したSoCの論理設計、実装、検証 ・アクセラレータIPのマイクロアーキテクチャ設計 【チャレンジ・やりがい】 自動運転技術の最適なハードウェア実装を探求し、世界へ発信していく 【参考情報】 https://www.docswell.com/s/TIER_IV/ZG6LJK-2022-04-26-162717 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1201_自動運転向けプロセッサ設計エンジニア / Processor Design Engineer

1203_自動運転Edge AIエンジニア

自動運転車両へのPerception技術搭載を推進していただける、Edge AIエンジニアを募集いたします。 【背景】 ティアフォーでは、自動運転ソフトウェア「Autoware」をベースに、自動運転システムのリファレンスプラットフォームを開発しています。その中で、自動運転車両の外界認識を実現するために、Deep Neural Network(DNN)を使った認識機能の開発に取り組んでいます。 DNNの実行には膨大な計算が必要なため、高性能なハードウェアが必要不可欠です。しかしながら、車載システムには熱・電力の制約があり、DNNを動作させるための高性能なハードウェアを用意することは困難となります。 モデルの軽量化・低電力化と認識精度・ロバスト性の向上、両方を実現するために、私たちは、車載システムにおけるハードウェア(AIプロセッサ)の特性を十分に理解し、DNNモデルを協調設計・最適化することにより、 超多層な高精度なモデルを車載システムに実装することを目指しています。 【仕事内容】 ・GPU/FPGA/AI Acceleratorなどのハードウェア特性に最適なDeep Neural Networks (DNN)の実装 ・Low Cost/Low Power化を目的とした軽量なDNNの開発 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1203_自動運転Edge AIエンジニア

1204_Software (Hack|Engine|Research)er (System Software Team)

【背景】 System Software Teamでは、ミドルウェア、オペレーティングシステムの研究開発及び、自動運転アルゴリズムの高速化など、自動運転システムを支えるソフトウェア技術に関する研究開発を行っています。本チームでは、システムソフトウェアの開発と最先端技術の研究を両輪で進めています。開発と研究の両方に興味がある方はぜひご応募ください。 勤務形態は、基本的にリモートワークと出社のハイブリッド形式となります。日常的な業務では、リモートワークと出社を個人の裁量で選択可能です。チームで毎月行うセミナーや、不定期で行われるハンズオンやワークショップを行う際は出社していただきます。フルリモートワークではありませんのでご了承ください。 コンピューターサイエンスのすべての分野に精通している必要はありませんが、これなら他人には負けないという得意分野があるのが望ましいです。ただし、プログラミングとドキュメンテーション能力は必須となります。 【仕事内容】 具体的には、以下のような業務を現在実施しています。 Autowareのパフォーマンスチューニング ロボット用ミドルウェアの研究開発(ROS 2, DDSなど) Linuxカーネルの開発・実験・評価 Rust言語を用いた自動運転用オペレーティングシステムの研究開発 リスク評価などを含めた、サイバーセキュリティに関する研究開発 低レイヤから高レイヤまでを対象とした形式検証の実応用 リアルタイムスケジューラの研究開発 【チャレンジ・やりがい】 本チームの対外的な発表物・オープンソースソフトウェアは以下となります。これ以外にも、現在研究開発中のものもありますので、カジュアル面談などでお尋ねください。 Ryuta Kambe, UPPAALによるAutowareの形式検証 https://www.docswell.com/s/TIER_IV/58GGW1-2023-03-22-153347 Takahiro Ishikawa, Autowareにおけるリソース競合の定量化 https://www.docswell.com/s/TIER_IV/K3887E-2023-03-22-153508 Atsushi Yano, et al., RD-Gen: Random DAG Generator Considering Multi-rate Applications for Reproducible Scheduling Evaluation, IEEE ISORC 2023 safe_drive: Formally Specified Rust Bindings for ROS2 https://github.com/tier4/safe_drive heaphook https://github.com/tier4/heaphook 本チームでは、業務と関係のある分野の博士号取得を積極的にサポートしており、弊社では博士号取得にかかる費用の一部を補助しています。社会人博士進学に興味のある方のご応募もお待ちしております。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1204_Software (Hack|Engine|Research)er (System Software Team)

1205_Co-MLOpsプラットフォーム運用保守エンジニア

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転技術の進歩に貢献し、オープンソース化を通じて業界のイノベーションを加速させるとともに、AI開発のための高品質で大規模なデータを有するプラットフォーム(Co-MLOps Platform)の開発を加速させています。このプラットフォーム上で提供されるMLOpsに関わる各機能の実装やサービス運用をリードして頂けるエンジニアの方を募集します。 【仕事内容】 ・クラウドサービス上でのSaaS製品の開発や運用・保守 ・プラットフォームの障害対応、性能監視、およびセキュリティ管理 ・顧客からの技術的問い合わせに対するサポートや対応 【チャレンジ・やりがい】 ・世界中で収集される大規模なデータを用いた自動運転AI開発、およびサービス提供 ・世界中のパートナー企業と連携した新規ソリューション開発 ・AI技術を駆使した自動運転の社会実装への寄与 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1205_Co-MLOpsプラットフォーム運用保守エンジニア

1206_Co-MLOps Data Recording System開発エンジニア

【背景】ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、AI開発のための高品質で大規模なデータを有するプラットフォーム(Co-MLOps)の開発を加速させています。本プラットフォームではデータ収集システムからデータ提供アプリケーションまで含めてフルスタックで開発を行っており、その中でも本求人ではAI開発に適した高品質・大規模なデータを記録するためのデータ収集システム(Data Recording System)の開発業務に従事いただける方を募集します。 At TIER IV we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. In addition, we are accelerating development of a platform, named “Co-MLOps”, that shares large volumes of high quality data for use in AI development cycles. We are conducting full-stack development for this platform, including the implementation of a dedicated data acquisition system (Data Recording System). As an engineer in this project, you will play a key role in the development of the Data Recording System towards the goal of realization of the platform as a whole. 【仕事内容】 データ収集システムの開発に関連した - メカトロニクス観点からのシステム設計・プロトタイピング・製作 - システムインテグレーション - センサ評価 【Job Description】 Development of the Data Recording System will include: - Mechatronics system design, prototyping and production - System integration - Sensor evaluation 【チャレンジ・やりがい】 - 大規模なデータを用いた自動運転AI開発 - 世界中のパートナー企業と連携した自動運転技術の開発 - AI技術を駆使した自動運転の社会実装への寄与 【Challenges and Motivation】 - AI development for autonomous driving systems using large scale data - Development of autonomous driving technology co-operating with global partners - Contributing to the social implementation of autonomous driving through the use of AI technology 【参考情報】 ・プレスリリース ティアフォー、大規模データ共有による自動運転AI開発のためのCo-MLOpsプロジェクトを開始 世界8地域のデータを用いたエッジAIモデルをCES 2024で展示 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000040119.html ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1206_Co-MLOps Data Recording System開発エンジニア

1207_Co-MLOps, Expert Sensor Data Engineer

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、AI開発のための高品質で大規模なデータを有するプラットフォーム(Co-MLOps)の開発を加速させています。本プラットフォームではデータ収集システムからデータ提供アプリケーションまで含めてフルスタックで開発を行っています。 本求人では、機械学習モデル学習に必要なデータセットの構築・改善の方針をデータ分析による知見に基づいて意思決定する担当ポジションを募集しています。Data Centric AIの思想に基づき、収集したデータの特性の分析や分析コードの実装を行い、機械学習モデルの性能改善に貢献することが求められます。また、本プロジェクトで継続的に実施するアノテーションタスクのマネジメントと品質管理を実施します。データ収集システムにて収集したデータのキャリブレーション精度・同期精度の確認等にも責任を持つため、自動運転に使われるセンサと基盤となるネットワーク・OS等の技術への深い理解も重要となります。 At TIER IV we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. In addition, we are accelerating development of a platform, named “Co-MLOps”, that shares large volumes of high quality data for use in AI development cycles. We are conducting full-stack development for this platform, including the implementation of a dedicated data acquisition system (Data Recording System). We are seeking a professional to oversee the strategic development and refinement of datasets essential for machine learning models, utilizing insights derived from comprehensive data analysis. Based on the principles of Data Centric AI, this role entails thorough analysis of gathered data attributes and the implementation of analytical methodologies to optimize machine learning model performance. Additionally, responsibilities include managing ongoing annotation tasks and ensuring quality control measures. The position also involves verifying calibration accuracy and synchronization precision of data collected via our data recording system, requiring a deep understanding of sensor technologies, operating systems, and network infrastructure crucial to the autonomous driving system. 【仕事内容】 - 機械学習データセットの分析・可視化コード実装 - データセット分析に基づいた今後のデータセット構築方針決定 - アノテーションタスクのマネジメント - データセットの品質管理と品質自動確認コード実装 - 車両におけるデータ収集・デバッグ - 各データセット、データフォーマット等に関連する変換コードの実装 【Job Description】 - Implementation of code for analyzing and visualizing machine learning datasets - Decision of future dataset construction policy based on dataset analysis - Management of annotation tasks - Implementation of code for quality control and automatic quality verification of datasets - Data collection and debugging in vehicles - Implementation of conversion code related to each dataset, data format, etc. 【チャレンジ・やりがい】 - 大規模なデータを用いた自動運転AI開発 - 世界中のパートナー企業と連携した自動運転技術の開発 - AI技術を駆使した自動運転の社会実装への寄与 【Challenges and Motivation】 - AI development for autonomous driving systems using large scale data - Development of autonomous driving technology co-operating with global partners - Contributing to the social implementation of autonomous driving through the use of AI technology 【参考情報】 ・プレスリリース ティアフォー、大規模データ共有による自動運転AI開発のためのCo-MLOpsプロジェクトを開始 世界8地域のデータを用いたエッジAIモデルをCES 2024で展示 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000040119.html 開発をリードするエンジニアが語る!新リファレンスプラットフォームEdge.AutoとCo-MLOpsプロジェクト https://tier4.jp/media/detail/?sys_id=1466fLio7kWqMD0Q2NCMAH&category=PEOPLE ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1207_Co-MLOps, Expert Sensor Data Engineer

1301_System Engineer

下記取り組みをさらに加速させるため、システムエンジニアリング業務に従事いただける方を募集します。 【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)を統合したリファレンスデザインを提供します。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 【仕事内容】 ・顧客ニーズや規制の分析を通じてシステム要件や機能要件を策定し、オートウェアを含む関連コンポーネントに機能要件を割り当てる。 ・システム要件と自律走行コア技術を仲介し、コンポーネント間のインターフェース定義など、最適なアーキテクチャを定義する。 ・開発チーム間のハブとして、コスト、品質、消費電力、性能、能力、拡張性のトレードオフを行い、 システムの複雑性を最小化する。 ・システム要件やアーキテクチャなど、システムレベルの成果物を管理し、ソフトウェア、ハードウェア開発チーム、フィールドアプリケーションチームなどの関連チームと共有する。 ・安全・故障解析を行い、製品・安全目標を達成するための堅牢なソリューションを開発し、必要に応じて、安全な運用のための緩和策を確保する。 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、自動運転システムを開発しています。 自動運転全体を幅広く理解し、安全に動くものを作る、ということにチャレンジしています。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1301_System Engineer

1302_System Engineer (Verification and Validation)

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)を統合したリファレンスデザインを提供します。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 上記取り組みをさらに加速させるため、システムエンジニアリング業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 ・顧客ニーズや規制の分析を通じて策定されたシステム要件や安全要件に対して、自動運転システム(vehicle及びservice)をどのように検証(verify)及び妥当性確認(validate)をするかのテスト設計を実施する。 ・テスト設計をインプットにテストケースの作成をし、適切な評価基盤/ツールでのテストを実行し、テスト結果からレポートを作成する。 ・テストケースやテスト結果を規定された開発プロセスの元、管理する。また、テストより発見した不具合は課題チケットを作成し、開発者に適宜フィードバックする。 ・大量のテストケースを効率的かつ正確に評価するための評価基盤に求める要件の検討/提案及び評価基盤の開発を実施する。 ・自動運転システムの開発者と密に連携し、V&Vに関する要求を現実的かつ明確なものにする。 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、自動運転システムを開発しています。 自動運転全体を幅広く理解し、安全に動くものを作る、ということにチャレンジしています。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1302_System Engineer (Verification and Validation)

1303_Verification Engineer

Overview ・AD/ADASの車両構成・車両制御及び各センサー検証・評価 ・顧客要件に応じた、システム要件設計・開発 ・検証・評価 ・テストフィールドでのデータ収集や評価観点からのDesign Engineering Roll and Responsibilities ・AD/ADASに係る車両やセンサー検証/評価における顧客との調整業務 ・社内・顧客の要件(RFI/RFQ)・仕様及びそれらの差分調査・分析 ・各車両やセンサーの性能ベンチマーク ・各種試験を行うための環境の構築(試験場所・機材選定・ベンチテスト・O/CL-HIL,VILなど) ・AD/ADAS関連の車両やセンサーでのテストスペックの策定 ・基本シナリオやUse Caseの調査・設計・定義 ・Assessment / Regulationsの調査・設計・定義 ・テスト実行計画作成 ・社内・社外・顧客先での作業・共同作業 ・テストプロトコル実行、手順・テストレポート作成ならびに報告 ・KPI/KGI定義や統計・傾向分析 ・欠陥や問題・懸念のトリアージと分析・フィードバック ・オフショアチーム(国内・国外)と一緒に顧客へのテスト手順/結果についての説明 ・各テスト結果・妥当性等から、要件・仕様に対してフィードバック等の社内外での調整業務 ・その他、付随する業務 Development Environment ・Linux, Windows ・ROS1/2, Autoware ・Github ・Vector Tools / Matlab / VS ・CAN-HS, CAN-FD, Flexray, LIN,XCP, UDS, UDP, MQTT ・ISO26262 ・Agile, V-Process ・C, C++, C#, Python, HTML,ORACLE,CAPL ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1303_Verification Engineer

1304_Vehicle System Engineer

車両システムエンジニアとして、自動運転車のシステム設計の全開発フェーズに携わって頂きます。ソフトやハード、サービス開発など各チームと協力し、ティアフォーの自動運転車を開発します。 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 車両システムエンジニアとして、自動運転車のシステム設計の全開発フェーズに携わって頂きます。ソフトやハード、サービス開発など各チームと協力し、ティアフォーの自動運転車を開発します。 ・自動運転サービスに基づいた車両機能要求・要件の開発 ・安全・性能要求に対する車両システム設計 ・システムインテグレーションの計画立案・調整業務 この仕事のやりがいは、まだ世の中を走っていない自動運転車を、自身 の手によって実現できることです。また、進化し続ける自動運転業界の最新技術に触れながら、チャレンジングなプロジェクトに取り組むことができます。 At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a Vehicle System Engineer, you will be responsible for all steps of system designing for Autonomous Vehicles. You will bridge among service, hardware and software development teams to realize a vehicle implemented with TIER IV autonomous driving system. ・Develop vehicle functional requirements based on autonomous driving service ・Design vehicle system for safety and performance requirements ・System integration planning and coordination The satisfaction of this job is that you will be able to realize autonomous vehicles, which are not yet on the road in the world, a reality through your work. You will also have the opportunity to work on challenging projects while being exposed to the latest technology in the ever-evolving automated driving industry. ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1304_Vehicle System Engineer

1307_自動運転_ソフトウェアエンジニア

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自動運転ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自動運転に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するには点群/画像処理、自己位置同定技術、制御技術といった多くの技術分野に精通している必要があります。 そのため、一つの分野だけでなく幅広い技術分野に知見を持ち、多種多様なシステムを効率的にインテグレーションできる人材が求められます。 また、自動運転に関する知識やインテグレーション能力だけではなく、開発チーム・評価チームなど多くの人員を巻き込んで自動運転サービス提供を含めたエコシステム全体を良くしていく積極性・自主性も求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 自動運転オープンソースであるAutowareを活用した自動運転システム/サービス関連業務に従事していただきます。 ・顧客要件に応じた自動運転システム設計・開発・統合・解析等 Autowareやその周辺ツール(シミュレーションツールや運行管理システムなど)を顧客要件に応じてカスタマイズし、サービスとして提供できるレベルにするための業務です。 顧客要望に合わせたセンサ・技術選定からパラメタチューニングや自動運転技術開発、自動運転上で発生した課題の解析・修正など幅広い業務に従事していただきます。 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、様々なユーザーに向けて自動運転サービスを開発しています。バス型やタクシー型といった一般的な自動運転車両から、小型移動ロボット、工場搬送用ロボットといった物流自動搬送ロボットまで、幅広いモビリティに触れられます。 また、自動運転車両をAutowareで動かせるようにする初期段階のインテグレーション業務から、サービスインできる品質に仕上げる最終段階の製品化業務まで幅広いフェーズで自動運転に携わることが可能です。 【参考情報】 自動運転EVを用いた無人搬送サービス「eve auto」の提供を開始 https://tier4.jp/media/detail/?sys_id=1C6fiBovP6ThS6CUoVs8Lr&category=NEWS EVバスを用いた自動運転レベル4に向けた走行試験を開始 https://tier4.jp/media/detail/?sys_id=222qsuqdZGi1WDcQvOmOMd&category=NEWS 西新宿における自動運転実証実験 https://tech.tier4.jp/entry/2021/02/03/160000 筑西市における小型自動搬送ロボットの実証実験 https://tech.tier4.jp/entry/2021/04/28/160000 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1307_自動運転_ソフトウェアエンジニア

1309_Security Engineer

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Security Engineer, you will be responsible for ensuring the highest level of security by engaging with all stages of the development and operation lifecycle, from threat analysis to penetration testing. You will bridge among hardware, software, and cloud development teams to ensure the security of the system and the product during design, development, and testing. ・Develop security requirements ・Perform technical security assessments ・Develop threat models using industry best practices ・Analyze security incident and plan its countermeasures ・Identify security issues in product designs and implementations ・Encourage customers and communities to address security vulnerabilities ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1309_Security Engineer

1310_車両構築エンジニア

【背景】 TIER IVでは自動運転のソフトウェアだけでなく自動運転車両の構築と販売を行っています 自動運転が可能な車両を作るには素体の車両にセンサーやECUなどのHWの取り付け、Autowareなどソフトウェアのインストール、自動運転のためのパラメータ調整など幅広く行う必要があります 今後販売を拡大するため車両構築をサポートするツール開発を行うエンジニアを募集します 【仕事内容】 試作機車両構築やそのためのツール開発、また車両の構築手順作成を行う仕事に従事していただきたいと思っています ・車両開発ツールの開発 ・開発した車両構築ツールの導入 ・ツールなどのフィードバックのまとめと解決案の検討 【チャレンジ・やりがい】 ・車両構築のスピードは売上に直結するので仕事の結果によって会社に大きく貢献することができます ・実際に市場に投入される車両の構築に携わることができます ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1310_車両構築エンジニア

1311_シニアソフトウエアエンジニア (産業用車両担当) / Senior Software Engineer (Industrial Automation)

【背景】  TIER IVは、自動運転技術の普及と民主化を目指し、OSSの自動運転ソフトウェア”Autoware”の開発・運用を行い、自動運転に関連するプロダクト、ソリューション、サービスを提供しています。この取り組みによって、世界中の大企業やスタートアップが自動運転技術の進化に貢献できる環境が整備され、技術革新のペースが加速しています。  また、TIER IVはAutowareを活用した自動運転車両の開発やサービス運用を行う顧客向けに、ソフトウェアプラットフォーム”Pilot.Auto”、”Web.Auto”を提供しています。Pilot.Auto (TIER IVが検証済みの自動運転ソフトウェアおよびリファレンスデザイン) とWeb.Auto (クラウドネイティブなDevOps開発環境) を提供することで、顧客が効率的に自動運転車両を開発・運用できるよう支援しています。  TIER IVのVisionである「自動運転の民主化」に向けて、社会実装の観点からこれらの取り組みをさらに推進し、様々な企業における資材搬送向け車両の自動運転化にも取り組んでおり、生産性効率の向上・労働安全の確保や労働力の有効活用が実現されることを目指しています。本職種では、ソフトウェアプラットフォームを顧客に提供するために、産業用車両向けのプラットフォームに対するソフトウエアエンジニアリング業務をリードする方を募集しています。自動運転技術の発展に積極的に関与し、社会に大きな影響を与えることができるこのポジションは、自動運転サービスを通して顧客に価値を提供することに情熱を持つ方にとって、絶好の機会となると考えています 【仕事内容】  自動運転システムは多種多様なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するためには、点群・画像処理、自己位置同定技術、制御技術など多岐にわたる技術に精通している必要があります。そのため、一つの分野だけでなく、幅広い技術分野に深い知識と経験を持ち、チームで協力して多様なモジュールを効果的に統合し、ソフトウェアプラットフォームの提供を技術面からリードできる人材が必要です。そのため、本職種は、Autowareを含むソフトウエアプラットフォームについて深い理解を持ち、他のエンジニアやマネージャーと密接に連携し、主に技術面から産業用車両の自動運転システムの設計・評価・運用をリードする重要なポジションです。  業務の中核を成す具体的な要素は、以下の2つです。 1.産業用車両向けのリファレンスデザインの開発、運用 TIER IVのプロダクトは、自動運転車を開発するためのソフトウエアプラットフォームであり、その中でODD/UseCaseに応じていくつかに分類しています。本職種ではそのうち産業用車両向けのファレンスデザインの開発、維持管理を行います。複数のプロジェクトで異なる産業用車両に応用するための基礎となるリファレンスデザインであり、プラットフォームとして共通で使いやすいデザインにすることが求められます。また、客観性のある設計となるために、要件(車両・ユースケース)を基準に自動運転システムの設計、実装、統合からテスト設計、サービス運行、ソフトウェアメンテナンスといった一連の開発をすることも必要です。 2.リファレンスデザインを適用するプロジェクトでの開発 純粋なソフトウエアの開発だけでなく、クライアント企業の要求に応じて、センサー選定から設計開発を行い、パラメータチューニング、自動運転中に発生した問題の解析・修正まで行うプロジェクトにも関わっていただきます。このときには、机上のみならず現場に赴いて課題解決にあたるなど、応用分野にも関わることができます。クライアント企業は国内に限らず、海外の場合もあります。このリファレンスデザインは、例えばヤマハ発動機とTIER IVが共同出資したeve autonomyによる工場搬送サービスの車両に使われています。https://eveautonomy.com/service 他にも、産業用車両は他にも、機械や素材メーカーの工場で稼働する小型から大型の運搬車両や、土木工事で働く建設機械など、様々あり、公表していない適用先が多数あります。 【チャレンジ・やりがい】 1. 技術的挑戦と達成感 2. リーダーシップの発揮 3. 多角的な視点の醸成 4. 実社会へのインパクト 【参考情報】 https://pilot.auto/ https://web.auto/ ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1311_シニアソフトウエアエンジニア (産業用車両担当) / Senior Software Engineer (Industrial Automation)

1312_Vehicle Integration Engineer

【背景】 今後、Autoware導入・普及のためには、Drive-by-wireを含む自動運転車両開発の技術要件を掌握することが大切になります。そのため、TIER IVとしてDrive-by-wire内製化を含めた自動運転車両の開発を促進する上で、車両システムのインテグレーションが行える人物が必要であるため。 【仕事内容】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するには点群/画像処理、自己位置同定技術、制御技術といった非常に多くの技術分野に精通している必要があります。 また、自動運転システムを理解した上で、車両側に必要な要求を整理し実装すること、構築した自動運転車両と自動運転システムとのインテグレーションが求められます。 そのため、一つの分野だけでなく幅広い技術分野に知見を持ち、多種多様なシステムを効率的にインテグレーションできる人材が求められます。 また、自動運転に関する知識やインテグレーション能力だけではなく、開発チーム・評価チームなど多くの人員を巻き込んで自動運転サービス提供を含めたエコシステム全体をよくしていく積極性・自主性も求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 車両インテグレーションエンジニアとして、自動運転車両の全開発フェーズに携わっていただきます。ソフトウェアやハードウェア、サービス開発など各チームと協力し、ティアフォーの自動運転車両を開発します。 Autowareやその周辺ツール(シミュレーションツールや運行管理システムなど)を車両やユースケースといった顧客要件に応じてカスタマイズし、サービスとして提供できるレベルにするための業務です。 顧客要望に合わせたセンサ・技術選定からパラメタチューニングや自動運転技術開発、自動運転上で発生した課題の解析・修正など幅広い業務に従事していただきます。 ・自動運転サービスに基づいた車両機能要求・要件の理解 ・安全・性能要求に対する車両システム設計の理解 ・車両システムインテグレーションの計画立案・調整・実行・評価 この仕事のやりがいは、まだ世の中を走っていない自動運転車両を、自身の手によって実現できることです。また、進化し続ける自動運転業界の最新技術に触れながら、チャレンジングなプロジェクトに取り組むことができます。 車両をAutowareで動かせるようにする初期段階の業務から、市場でサービスが開始できる品質に仕上げる最終段階の業務まで幅広いフェーズで自動運転に携わることが可能です。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1312_Vehicle Integration Engineer

1401_自動運転リスク低減エンジニア

【背景】 ティアフォーでは、自動運転サービスを睨んだ自動運転システムの開発や自動運転システムを実装した改造車両の販売等を行っています。 システムは車両のソフト/ハードだけでなくクラウドなどのデータも含め複雑であり、それらを設計/評価/検証をし、安全であり信頼性もありかつ安心してもらえる製品を作るだけでなく、対外的にそれらの説明責任を果たさなければなりません。 また複数仕向地に対する並行開発を行っているため、効率的な開発を行う必要があります。 そのために、ティアフォーのスタイルに合った開発の仕組みつくり、およびそれらが適切に実行されたかのレビューが必要となり、これらの活動を一緒にしていくメンバーを募集しています。 【仕事内容】 ・自動運転システムを理解し、安全設計および変更開発をするための仕組みの構築(開発フェーズだけでなく運用フェーズも含む)。 ・各成果物を作成するためのガイドラインの策定、および自動運転ならではの安全に対する新しい判断基準の策定。 ・効率よく多カテゴリー/多仕向地に適用するための、安全な自動運転システムのアーキテクチャの構築。 ・自動運転車の法規適合性および標準規格への対応の確認。 ・設計/評価したものに対するレビュー。 ・製品販売に必要な品質確保に向けた仕組みの構築。 【キーワード】 ・ISO 26262 FuSA:機能安全 ・ISO 21448 SOTIFF ・UL4600 ・ISO 9001 ・ISO 31010 ・ISO 39001 ・パブリックアフィアーズ 【チャレンジ・やりがい】 自動運転サービス/自動運転システムを世に出すには未知な領域がたくさんある一方、特に安全の領域はティアフォーだけでなく業界全体の存続に与える影響は大です。またティアフォーとして、製品を販売する等新しい領域を手掛けようとしています。 これら難しい最先端技術開発および新しい領域を解決するというチャレンジと、自分の意見が反映されやすいという環境で仕事ができるというやりがいに、共感できるメンバーを募集しています。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1401_自動運転リスク低減エンジニア

1502_自動運転開発キット製品開発エンジニア・Field Application Engineer

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 上記取り組みをさらに加速させるため、自動運転開発キットやリファレンスハードウェアとソフトウェアを組み合わせた統合型ソリューションを顧客に提供するための製品開発や顧客サポート業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 - 自動運転で用いられるセンシングソリューション・開発キット等の製品開発 - 製品リリースに向けた要素開発や性能評価・テスト(ソフトウェア/ハードウェア) - ドキュメンテーション(データシート/マニュアル/クイックスタートガイドなど) - 顧客(海外含む)の技術サポート、インテグレーションサポート(代理店と協力) - 国内外での展示会出展サポート、自社製品を応用したデモ開発 【チャレンジ・やりがい】 - 2025年に向けて実用化が加速する自動運転の市場において、自ら開発した製品やソリューションが世界中の顧客に使われ、市場や世界が大きく変化していく様子を感じることができる - 顧客への製品提供や技術サポートを通じて、ダイレクトに価値を提供することができる - 自動運転のソフトウェア・ハードウェア両面の開発に携わることができる 【参考情報】 TIER IV ADK https://sensor.tier4.jp/automotive-hdr-camera-jp ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1502_自動運転開発キット製品開発エンジニア・Field Application Engineer

1601_メカトロニクスエンジニア

TIER IVでは、自動運転用車両の開発もおこなっています。 メカトロニクスエンジニアの主な業務は、自動運転に必要なセンサやコンピューティング機器を車両に搭載するための設計開発です。 自動運転をするための要求を理解し、機能を満たす車両の仕様を策定する能力が求められます。 車両構築にあたっては、外部メーカーとの協力も欠かせません。 社内外の協力者と協議を重ねながらプロジェクトを推進する必要があります。 もちろん、自ら手を動かして車両の改造や機材の開発、保守整備を行うこともあり、メカトロニクスに関する幅広い知識を持っている方を歓迎します。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1601_メカトロニクスエンジニア

1701_Creative Director

【背景】 TIER IVはブランドの先鋭化、プロダクト(Pilot.Auto/Web.Auto/ADK)の対外的コミュニケーション基盤の策定、採用ブランディングの強化等を近年より具体的に行ってきました。既にグルーバルにおいても徐々に知名度等は上昇基調にありますが、コーポレートブランディング、プロダクトマーケティング、採用関連、従業員エンゲージメント関連の戦略/企画/実行までをよりいっそう進め、TIER IV、プロダクト、関連子会社の価値を高め、それを社内外へと継続的に効率的に届けていく必要性があります。 TIER IVのCommunication Design領域は、各ユニットと連携し、TIER IV及びグループのブランドの価値を最大化する事を目的としています。ブランド及びプロダクトの社内外におけるコミュニケーション戦略から各プロジェクト進行までを各部署及びチームと連携して行って頂きます。全社的な課題を解決するという視点を常に持ち、ブランド及びプロダクトのコミュニケーション戦略から最終的なアウトプットまでを手を動かしながら一貫して行う事が求められます。 TIER IV has been working to refine its brand, develop an external communications basis for its products (Pilot.Auto/Web.Auto/ADK), and strengthen its recruitment branding. Although we have already stepped in to increase our recognition in the global market, we need to further advance our corporate branding, product marketing, recruiting, and employee engagement in terms of the strategies, planning, and execution to increase the value of TIER IV, its products, and related subsidiaries. The Communication Design of TIER IV works closely with the Marketing and Communications team, Administration division, Business division, and Engineering division to maximize the value of TIER IV and the Group's brands. Your role involves working with each department and team to develop internal and external communication strategies for the brand and products and execute each project. You are responsible for the consistent execution of the brand and product communication strategy to the final output, always with a view to solving company-wide issues with a hands-on attitude. 【求める人物】 クリエイティブディレクターは、ブランド及びプロダクトの社内外におけるコミュニケーション戦略から各プロジェクト進行まで全体的なマネジメントを行います。会社の課題を解決するという視点を常に持ち、ブランド及びプロダクトのコミュニケーション戦略から最終的なアウトプットまで一貫して責任を持ち、自分でも手を動かしながら、各プロジェクトのディレクション及びマネジメントを、社内外調整をしながら行って頂きます。中期的には、Communiction Designチームを組成して頂き、チームを牽引して頂くことを期待しています。 You will be responsible for the overall management of the brand and products, from internal and external communication strategies to the progress of each project. You will be responsible for the brand and products from the communication strategy to the final output, always with the viewpoint of solving the company's problems, and will direct and manage each project, coordinating both internally and externally. 【仕事内容】 ・Communication Design領域におけるクリエイティブディレクション全般 ・Communication Design領域の戦略、企画、実行 ・社外協業先選定及び調整 ・自分で手を動かしてアウトプットを作成する (1つの専門領域で構いません。例:コピーライティング/グラフィックデザイン/等々) ・プロジェクトマネジメント ・予算管理/調整 ・チーム組成/チームマネジメント ・The overall creative direction in the area of Communication Design ・Strategy, planning, and execution in the Communication Design area ・Selection and coordination of external collaborators ・Create outputs by working with your own hands (You may specialize in one area of expertise. e.g. copywriting/graphic design/etc.) ・Project management ・Budget management/adjustment ・Team formation/team management 【チャレンジ・やりがい】 ・技術的に最先端でかつマーケットも現在形成中の分野で、様々なCommunicatiion Design領域に携われること ・自分で課題を見つけ出し、それに対しての施策を生み出していけること ・具体的な評価方法、分析方法等も1から策定できること ・グローバルなマーケットに対して参入していけること ・To be involved in various areas of communication design in a cutting-edge field where the market is currently forming. ・To be able to identify issues in terms of business and products and create concrete concepts to solve them. ・Be able to formulate specific evaluation and analysis methods from scratch. ・Able to enter global markets. ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1701_Creative Director

1804_Customer Support Engineer

[背景] ティアフォーは、幅広いアプリケーションをカバーする様々な運用ドメイン向けの自動運転ソリューションを構築しています。 自動運転のための世界初のオープンソースソフトウェアであるAutowareの開発を主導する一方で、顧客要求に応じてカスタムされた自動運転システムを提供しています。 カスタマーサポートエンジニアとして、製品やサービスに関する顧客の問題を解決したり、技術文書、不具合や回避策についてのドキュメントを作成したり、技術トレーニングを作成して提供する役割を担います。 顧客によりよいソリューションを提供するため、社内の営業部門、開発部門、プロジェクトマネージャーおよび社外パートナーを横断したチームとの関係を構築するためのコミュニケーションスキルも求められます。 [仕事内容] ・国内(将来は国外も視野)の顧客からの技術的な問い合わせに対応し、必要に応じてオンサイトサポートを提供 ・報告された問題について解析を行い、車両本体、センサー、または自動運転ソフトウェアのいずれに関するものかを判断し、適切なチームにエスカレーションする ・Autoware に関して報告された問題を調査し、不具合原因や潜在的な改善点に関する詳細情報を開発チームへ報告 ・社内または社外向けの技術文書(サポート資料やマニュアル等)の作成と管理 ・顧客への技術トレーニングのプランや資料の作成と提供 [チャレンジ・やりがい] ・様々な自動運転ビジネスを展開していくティアフォーカスタマーサポートチームの立ち上げから拡大フェーズに参画できる ・自動運転技術の全容を習得できる ・Autowareをはじめとして、各種Web ApplicationやHardware製品に至る幅広い技術領域でのPost-salesサポート ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1804_Customer Support Engineer

1902_Graphic Designer - MarCom

【背景】 TIER IV stands at the forefront of autonomous driving technology, championing an open-source approach to revolutionize the future of intelligent vehicles. Our focus extends beyond developing foundational tech to offering complete solutions through integration and customization. In this dynamic environment, our Marketing Communications Team (MarCom) is the creative force that communicates TIER IV's mission, values, and strategies through compelling and consistent messaging. We offer a collaborative space where creativity flourishes and where every team member is driven by a shared purpose. 【仕事内容】 Join us and unleash your creativity! As a Marketing Graphic Designer within the Marketing Communications (MarCom) team, your creativity will be essential in shaping the visual aspects of our marketing materials. You will translate marketing strategies into compelling visuals that capture attention, communicate effectively, and drive engagement across digital and print mediums. Collaborating closely with MarCom, you will be pivotal in upholding a cohesive brand image across various platforms, from social media, websites, brochures, to other campaigns. ・Create relevant content for our owned-media and earned media, spanning websites, blogs, newsletters, concept documents, social media, internal projects, and offline marketing materials, targeting a diverse global audience. ・Collaborate with cross-functional teams to identify content needs and ensure the timely delivery of assignments. ・Develop engaging presentations to communicate marketing strategies and campaigns clearly to stakeholders. ・Create and maintain a library of design assets and templates for marketing collateral, including brochures, flyers, email marketing templates, and social media graphics to ensure brand consistency. ・Formulate creative strategies for digital presence in line with our marketing communication goals. ・Address marketing challenges with designs that are both on-brand and effective in achieving business goals. ・Produce environmental designs for events and trade shows, including booth designs, signage, and branded promotional items to enhance brand visibility and engagement. ・Innovate and experiment with new design techniques to continually refresh and uphold our brand’s integrity and consistency. 【チャレンジ・やりがい】 ・Innovation at the forefront of communication design ・Opportunity to engage in cutting-edge technology ・Engagement with a global audience ・Creative problem-solving ・Broad experience in a startup environment ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1902_Graphic Designer - MarCom

1903_UI Designer

【背景】 ティアフォーでは自動運転車両の開発/運用をサポートするプロダクト(Pilot.Auto/Web.Auto/Edge.Auto)を提供することで自動運転社会の実現を支援しています。 自動運転技術の進化と社会ニーズの高まりに応じて、自動運転に関わる開発者や運行オペレーター、乗客が接するUIの品質の重要性も高まっています。 ティアフォーのDesignチームは、自動運転に関わる広範囲なデジタルプロダクトのUIを最適に設計することによって、各種ユーザーに与える価値を最大化することを目的とします。 【仕事内容】 ・UIデザイン業務全般 ・情報設計、及びインタラクションデザイン ・ユーザーテストのためのプロトタイプ制作 ・UI設計のためのコンポーネント作成 ・開発チームとのコミュニケーション 【チャレンジ・やりがい】 ・技術的に最先端であり成長過程の自動運転領域のマーケットにおいて、UIデザイナーとして社会課題解決に携われる ・Designチームの組織としての立ち上げから参加できる ・幅広いプロジェクト及びそれに関連する様々な対象物のデザインに関わりデザイナーとしての経験を拡張する機会がある(ブランド/サービス/UX/GUI/eHMI/紙媒体など) ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1903_UI Designer

1904_Project Manager (Design Team)

【背景】 ティアフォーでは、Design Teamがプロジェクトマネジメントも行っているプロジェクトが複数あります。 社内外のDesignerおよび社内外関係者を巻き込み、プロジェクトを成功へと導く、Designおよびエンジニアリングの価値を理解しているProject Managerを今回採用し、Design Team全体として力量の底上げを行う予定です。 【仕事内容】 最適なプロジェクト計画とそれを行える座組をDesignし、それらを先導することでプロジェクトひいては事業を成功に導く要として、主に以下5つの役割を担って頂く予定です。 1 / プロジェクトの性質やメンバーの特性などを考慮した最適なプロジェクト設計 2 / 他チームメンバーを含めてチームビルディングを行い、プロジェクトチームを構築 3 / 常にゴールと各種マイルストンの実現を意識し、プロジェクト計画とチームを状況に合わせて最適化しながら進行 4 / 各種プロジェクト遂行に必要な要件の定義 5 / 定例会の運営および運行 【チャレンジ・やりがい】 ・まだ色々な事が整備されていない中で、新しく各種制度や、プロセス、体制等を1から作り上げられること。 ・スタートアップと言う事業環境が著しく変わる可能性のある中で、多種多様なプロダクト、サービスの立ち上げやリニューアルに関われること。 ・Design Teamの立ち上げ時期に、Design Teamの関わる幅広いプロジェクトをマネジメントできること。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
1904_Project Manager (Design Team)

2003_経営戦略マネージャー

【背景】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」というミッションの達成に向けて、自動運転ソフトウェア (Autoware) をオープンソース化するとともに、国内外の自動車メーカー (OEM/ODM) や自動車部品サプライヤー、ソフトウェア開発会社等のパートナーと自動運転システムを搭載した車両の共同開発や、国・自治体との緊密な連携に基づく実証実験を推進しています。自動車業界における国内外の大手企業から新興企業まで幅広く共同開発を進めることによって、安全かつ利便性の高い自動運転の社会実装を加速させています。 上記取り組みの内、市場環境や事業機会を柔軟かつ正確にとらえながら、ティアフォーとして注力すべき領域を見定め、技術開発部門と連動しながら経営計画や事業戦略の策定及び推進をリードして頂ける方を募集します。 【仕事内容】 ・経営計画/事業戦略の立案 ・戦略遂行に必要な組織及び制度設計 ・各事業の予算策定及びモニタリング ・社内各部門・グループ会社(海外拠点を含む)との連携 ・ビジネスアライアンスや外部パートナー提携等の事業開発推進 ・エグゼクティブ向けレポート作成 など 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転の最新技術の深い理解や世界各地に広がるパートナーとの自由な連携により、どこよりも早く、深く、新しいモビリティ実装に従事できます。 ・経営層とコミュニケーションも多く、経営意思決定の最前線で仕事をすることができます。 ・国内外及び社内外の幅広い幅広いステークホルダーを巻き込みながらご自身の「ベストチーム」を組成していただき、価値の最大化に励んでいただきます。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2003_経営戦略マネージャー

2006_テクニカルプロジェクトマネージャー

【背景】 TIER IVは、自動運転技術の普及と民主化を目指し、Autowareというオープンソースの自動運転ソフトウェアの開発・運用を行い、自動運転に関連するプロダクト、ソリューション、サービスを提供しています。この取り組みによって、世界中の大企業やスタートアップが自動運転技術の進化に貢献できる環境が整備され、技術革新のペースが加速しています。 また、社会実装の観点から、公共交通の利便性や交通安全の向上に貢献するため、自動運転車両・システム・サービスの実現を加速させています。さらに、様々な工場での資材搬送向け車両の自動運転化にも取り組んでおり、生産性効率の向上・労働安全の確保や労働力の有効活用が実現されることを目指しています。 TIER IVはAutowareを活用した自動運転車両の開発やサービス運用を行う顧客向けに、Pilot.AutoとWeb.Autoというソフトウェアプラットフォームを提供しています。Pilot.Auto (TIER IVが検証済みの自動運転ソフトウェアおよびリファレンスデザイン) とWeb.Auto (クラウドネイティブなDevOps開発環境) を提供することで、顧客が効率的に自動運転車両を開発・運用できるよう支援しています。 TIER IVのVisionである「自動運転の民主化」に向けて、これらの取り組みをさらに推進し、ソフトウェアプラットフォームを顧客に提供するためのプロジェクトマネジメント業務に従事する方を募集しています。自動運転システムは多種多様なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するためには、点群・画像処理、自己位置同定技術、制御技術など多岐にわたる技術に精通している必要があります。 そのため、一つの分野だけでなく、幅広い技術分野に深い知識と経験を持ち、開発チーム・評価チームと協力して多様なモジュールを効果的に統合し、ソフトウェアプラットフォームの提供をリードできる人材を求めています。自動運転技術の発展に積極的に関与し、社会に大きな影響を与えることができるこのポジションは、自動運転サービスを通して顧客に価値を提供することに情熱を持つ方にとって、絶好の機会となると考えています。 【仕事内容】 本職種は、エンジニアと密接に連携し、自動運転システムとサービスの設計から評価、そして運用までをリードする重要なポジションです。業務の中核を成す具体的な要素は、顧客要件(車両・ユースケース)を基準に自動運転システムの設計、実装、統合からテスト設計、サービス運行、ソフトウェアメンテナンスといった一連のプロセスを総合的に管理することです。これにより、自動運転サービスがスムーズに顧客に提供されるよう全体の管理・調整・推進に責任を持ちます。その過程でAutowareの仕様・特徴について深い理解を持つことは不可欠であり、それに基づいてプロジェクト全体の指針を策定します。 プロジェクトを成功に導くには、人員の配置、予算とコストの計算、社内や顧客の要件の調査・分析、ユースケースの設計・定義といった多様な業務が必要となります。加えて、プロジェクトのKPI (Key Performance Indicator) やKGI (Key Goal Indicator) を定義し、それに基づいてプロジェクトの進捗を視覚化し評価することも大切な役割となります。 一方で、このポジションは単にマネジメントだけを行うものではありません。状況に応じて、自身で自動運転システムの設計、開発、インテグレーション、解析などを行うこともできます。センサー選定やパラメータチューニング、自動運転中に発生した問題の解析・修正といった技術的な知識とスキルが求められる業務にも従事することができます。 さらに、顧客へのカスタマーサポート・テクニカルサポートも重要な役割です。プロジェクトの進行に伴い、顧客のニーズや問題を理解し、適切なソリューションを提案します。これにより、我々の自動運転サービスが顧客のビジネスに最適にフィットするよう努めます。 最後に、このポジションの役割は、単に自動運転システムの開発・運用だけでなく、それらを通じて顧客満足度を向上させることを目指します。そのためには、Autowareの深い理解とテクニカルな知識、組織全体をマネジメントする能力、そして顧客のニーズを理解し満足させるサービスを提供する視点が必要となります。 【チャレンジ・やりがい】 1. 技術的挑戦と達成感 2. リーダーシップの発揮 3. 実社会へのインパクト 4. 新たな自動運転サービスの創出 5. 多角的な視点の醸成 【参考情報】 https://pilot.auto/ https://web.auto/ ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2006_テクニカルプロジェクトマネージャー

2009_プロダクトマネージャー

TIER IVの主要プロダクトであるWeb.AutoおよびPilot.Autoの事業企画・プロダクトマネジメント業務に従事いただける方を募集します。 【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェア(Autoware)をオープンソース化するとともに、Autowareを活用して自ら自動運転ソリューションの開発や運用のビジネス化を目指すお客様に対して、ソフトウェアプラットフォームとしてWeb.Auto(クラウドネイティブなDevOpsの開発環境)とPilot.Auto(TIER IVにて検証済み自動運転ソフトウェアおよびリファレンスデザイン)を提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 上記取り組みをさらに加速させるため、これらプロダクトの市場競争力を高め、グローバル事業展開を加速するための事業企画およびプロダクトマネジメント業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 プロダクトロードマップや価格戦略の策定に向けたマーケット調査・顧客ニーズ調査 ニーズ調査・技術理解に基づく新規ソリューション・サービスの提案 プロダクト開発及び展開に向けた国内外のパートナー・サプライヤーのマネジメント 社内事業部門と連携して顧客に対する技術提案やサポート提供 プロダクトに関連する契約策定および契約管理 プロダクトの収益性やKPI等の経営管理 【チャレンジ・やりがい】 自動運転の開発、評価、実装、運用までの全てのフェーズに関わる商材を扱うため、グローバルレベルで最先端技術に取り組むパートナーや顧客と未知の領域でのビジネス実装に挑戦頂けます。 プロダクト事業企画は社内外の幅広いステークホルダーを取りまとめるリーダーとして、ご自身の提案に基づいて顧客への価値提供を最大化できるため、大変やりがいを感じられる業務と考えています。 【参考情報】 https://web.auto/ https://pilot.auto/ ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2009_プロダクトマネージャー

2010_事業開発マネージャー

ティアフォーのプロダクトを国内外の顧客およびパートナーに提供するために、事業開発及びプロジェクトマネジメントをリードいただける方を募集します。 【背景】 ティアフォーは、自動運転技術の普及と民主化を目指し、Autowareというオープンソースの自動運転ソフトウェアを開発・提供しています。この取り組みにより、世界中の企業や研究者が自動運転技術の進化に貢献できる環境が整備され、技術革新のペースが加速しています。 さらに、ティアフォーはAutowareを活用した自動運転車両の開発やサービス運用を行う顧客(商用車・自家用車等の車両メーカー、運行事業者等)向けに、ソフトウェアプラットフォームとしてWeb.Auto(クラウドネイティブなDevOpsの開発環境)とPilot.Auto(検証済み自動運転ソフトウェアおよびリファレンスデザイン)、またハードウェアプラットフォームとしてEdge.Autoを提供しています。 今後事業を更に拡大するために、グローバルな事業開発・プロジェクトマネジメント業務をリードする人材を募集します。自動運転技術の発展に貢献し、社会にインパクトを与えることのできるポジションです。 【仕事内容】 - 国内外の顧客やパートナーに対し、技術理解に基づいた提案、事業機会の創出 - 国内外の顧客やパートナーとの契約締結およびプロジェクトの進捗管理 - 国内外の顧客やパートナーと長期的な関係を築くためのアカウントマネジメント - 社内R&Dやプロダクト部門と連携して顧客に最適な技術・ビジネスサポートの提供 - 顧客・市場ニーズを把握し、経営陣に対して新規ソリューション・プロダクトの提案 【チャレンジ・やりがい】 1.社会的インパクトのあるプロジェクトに貢献できます。 自動運転技術により交通の利便性や安全を向上させるような社会的インパクトの大きいプロジェクトをリードし、自らの手で変革を実現する過程に関わることができます。 2.先進技術を活用したビジネスの開拓 自動運転技術は未だ発展途上であり、その最先端に触れることができる環境で働くことで、新たな市場や顧客ニーズに対応するスキルを磨くことができます。 3.グローバルな顧客との関わり 国内外の顧客やパートナーと連携することで、多様な文化や価値観を持つ顧客とコミュニケーションを図る機会が得られます。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2010_事業開発マネージャー

2012_ADK業務補助担当(パートタイム)

Core Businessにおける業務補助(データ入力・軽作業) - システムへのデータ入力 - 市場調査・解析 - 製品・賞品等の梱包・発送などの軽作業 - 資料の翻訳 (外部ツールの使用可) ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2012_ADK業務補助担当(パートタイム)

2017_ <CEO直轄プロジェクト> 新規ソリューション開発チームマネージャー・チームサポート業務

【背景】ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、AIを用いた新規ソリューションおよび事業開発を加速させています。新規チームおよび新規事業の立上げに伴い、サポート業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 ・チーム立上げ/運営に関する各種サポート業務 ・予算/契約管理や外部パートナーとの打合せスケジュール管理 ・広報、法務、購買等の社内チーム間連携による業務推進 【チャレンジ・やりがい】 ・スタートアップにおける新規チームおよび事業立上げにおける幅広いマネジメント ・最先端の自動運転AIを用いた新規事業開発 ・世界中のパートナー企業と連携した事業推進 【参考】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000040119.html ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2017_ <CEO直轄プロジェクト> 新規ソリューション開発チームマネージャー・チームサポート業務

2018_自動運転の社会実装事業 営業・プロジェクト推進担当

【背景】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」というミッションの達成に向けて、自動運転ソフトウェア (Autoware) をオープンソース化するとともに、国内外の自動車メーカー (OEM/ODM) や自動車部品サプライヤー、ソフトウェア開発会社等のパートナーと自動運転システムを搭載した車両の共同開発や、国・自治体との緊密な連携に基づく実証実験を推進しています。自動車業界における国内外の大手企業から新興企業まで幅広く共同開発を進めることによって、国内外で安全かつ利便性の高い自動運転の社会実装を加速させています。 上記取り組みのうち、国内での自動運転社会実装をさらに推進するために各地の実証実験プロジェクトを推進、マネジメント頂ける方を募集します。 【仕事内容】 ■国内の自治体/企業との自動運転の社会実装案件のプロジェクト管理・推進 ・実証実験が始まる前に車両手配、社内調整やスケジュール策定などを行い、実証期間中は出張ベースで現場でソフトウェアの設定方針の調整、試乗対応などを行います。 ・実証実験は単年で終わりではなく、社会実装するために何年も続いていきます。新規/継続案件それぞれで次年度の計画策定・提案を行います。 ■本人の志向に合わせた実証実験の運営改善業務 既存/新規パートナー企業との協力体制構築、マーケティング、業務改善活動など本人の志向に合わせて実証実験関連のサービス向上・効率化のための業務を行います。 【チャレンジ・やりがい】 - 自動運転という最新技術を各地で実装していき目の前で社会が変わっていくのを実感出来ます(過疎地域での人の移動の実現など期待値は高いです) - 各地でのプロジェクトでは予算計画、プロジェクト管理、顧客折衝を行う事でプロジェクトマネジメント経験を積む事が出来ます - Deep techを事業化していく経験を積む事ができます ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2018_自動運転の社会実装事業 営業・プロジェクト推進担当

2019_Marketing Specialist

【背景】 TIER IV stands at the forefront of autonomous driving technology, championing an open-source approach to revolutionize the future of intelligent vehicles. Our focus extends beyond developing foundational tech to offering complete solutions through integration and customization. Our Marketing Communications Team (MarCom) is the vibrant voice behind TIER IV, communicating our mission, values, and strategies through clear, consistent and engaging communications and programs. We're growing a team of exceptional individuals to amplify our impact, deepen our community connections, and globally champion the TIER IV vision. 【仕事内容】 As a Marketing Specialist within the MarCom team, you will play a key role in planning and executing both online and offline marketing-related activities. This hands-on position involves organizing events, trade shows, conferences, meetups, webinars, and face-to-face interactions, engaging in short and long-term marketing strategies both internally and externally. ・Plan and execute marketing-related activities, including events, exhibitions, conferences, and webinars, both online and offline. ・Contribute to the development and implementation of both short-term and long-term marketing strategies for internal and external audiences. ・Analyze and report on the performance of MarCom activities to drive continuous improvement and further optimization. ・Conduct market research and analysis, gather client feedback, and collect market insights to inform marketing strategies and activities. ・Collaborate cross-functionally within the company and engage at all levels of management to drive results. ・Support the MarCom team’s other activities. 【チャレンジ・やりがい】 ・Broad experience in a startup environment ・Opportunity to engage in cutting-edge technology ・Collaboration with global partners ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2019_Marketing Specialist

2020_国プロPM・国プロPM候補

【背景】 ティアフォーでは、自動運転の民主化に向けて、複数の国家プロジェクト資金を活用して研究開発活動を行っております。これらの国家プロジェクト数は増加しており、その規模や複雑性も拡大しています。今回、これらの国家プロジェクトをマネジメントする国プロPM候補を募集いたします。 【仕事内容】 - 社内戦略を念頭に置いた国家プロジェクト運営方針の策定 - 社内ステークホルダー(CXO、VP、マネージャー等)とのコミュニケーション - 国家プロジェクトの助成・委託元とのコミュニケーション - 主任研究員、事業担当、研究開発管理担当等の実行主体と連携したプロジェクト全体管理と説明責任の担当 【チャレンジ・やりがい】 - ティアフォーの研究開発の起点となる全社横断的国家プロジェクトを中心となって推進するため、大変やりがいを感じられる業務と考えております。 - 経営視点・事業視点等を踏まえたプロジェクト推進を通じて、プロジェクトマネジメントだけでなく、経営・事業等に係る視座・経験を得ることが可能なポジションだと考えております。 - 自動運転の民主化にむけ、社会実装や技術進捗を実感できるポジションとなっております。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2020_国プロPM・国プロPM候補

2021_Co-MLOps Platform開発プロジェクトマネージャー

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転技術の進歩に貢献し、オープンソース化を通じて業界のイノベーションを加速させるとともに、AI開発のための高品質で大規模なデータを有するプラットフォーム(Co-MLOps Platform)の開発を加速させています。このプラットフォームの開発および事業開発のためのプロジェクトマネジメントをリードして頂ける方を募集します。 【仕事内容】 ・各ステークホルダ(テーマ責任者、リードエンジニア、事業開発責任者、パートナー企業等)と連携したPlatformの開発および製品リリースのためのプロジェクトマネジメント ・顧客要望に基づくPlatform機能提案、ロードマップ提案 ・エンジニアに対する各種サポート、管理・調整業務(タスク/工数/予算/スケジュール等) 【チャレンジ・やりがい】 ・スタートアップにおける新規ソリューションおよび事業立上げに関する幅広いマネジメント ・世界中のパートナー企業と連携した事業推進 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2021_Co-MLOps Platform開発プロジェクトマネージャー

2022_R&D オペレーションマネージャー

【背景】 ティアフォーでは、自動運転の民主化に向けて、R&D成果を起点としたプロダクト開発や、それらを活用した様々なサービスやシステムの社会実装を推進しております。ティアフォーのプロダクト開発や社会実装はその規模を拡大しており、その起点となるR&D進捗の管理(KGI/KPIモニタリング等)、リソースマネジメント(人員管理/予実管理等)、目標設定フレームワークの高度化(プロダクト開発や事業を意識した目標設定等)の重要性が増しています。今回、これらをマネジメントするR&D Unit研究開発管理担当/候補を募集いたします。 【仕事内容】 - 社内戦略を念頭に置いたR&D管理指標(KGI/KPI、予実、HR等)の設計・策定 - R&D管理指標のモニタリングと課題抽出、解決施策立案 - 社内ステークホルダー(CXO、VP、マネージャー等)とのコミュニケーション - 研究チーム、事業チーム、プロジェクトチーム等の実行主体と連携したプロジェクト全体管理と説明責任の担当 - 報告や仰裁に向けた報告や相談資料の取りまとめ - R&Dチームの非技術面でのexecutionの一部サポート(大型契約のサポート等) 【チャレンジ・やりがい】 - ティアフォーの研究開発の起点となるR&D unitの管理業務を中心となって推進するため、大変やりがいを感じられる業務と考えております。 - 経営視点・事業視点等を踏まえた管理業務推進を通じて、R&Dマネジメントだけでなく、経営・事業等に係る視座・経験を得ることが可能なポジションだと考えております。 - 自動運転の民主化にむけ、社会実装や技術進捗を実感できるポジションとなっております。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2022_R&D オペレーションマネージャー

2023_自動運転システム開発プロジェクトマネージャー兼エンジニア

【背景】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」というスローガンのもと、自動運転ソフトウェアAutowareのオープンソース化や、センサー、ECU、それらを結ぶネットワークから構成されるハードウェアプラットフォームをリファレンスデザインとして世界へ発信しています。加えて、Autowareとリファレンスデザインを統合した自動運転開発キットを顧客へ提供しています。 これらの取り組みを今後さらに拡大・加速させるべく、自動運転システム開発のプロジェクトマネジメント兼エンジニア業務を担当くださる方を募集しています。 【仕事内容】 ・新規製品開発やソリューション開発へ参画し、開発全体の実行計画の立案や遂行(進捗管理、リソース調整、リスク管理など)を行うプロジェクト管理業務 ・リファレンスデザインの基本設計検討や仕様策定を行うシステムアーキテクト業務 ・コンピュータやネットワーク機器のセットアップ、機能および性能評価などを行う電気・電子エンジニア業務 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転システムは社内外の多数のエンジニアからの協力により作り上げられます。プロジェクトマネージャーは、組織横断的なコミュニケーションを取り、開発進捗やリスク要因など様々な事象へ気を配りながら計画を推進していきます。決して楽なものではないですが、非常にやりがいのある仕事に携わることができます。 ・自動運転システムアーキテクチャを探求するなかで、色々な分野の技術やデバイスに触れる機会があるため、多くの知識や経験を獲得できます。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2023_自動運転システム開発プロジェクトマネージャー兼エンジニア

2024_自動運転車両開発PM

TIER IVのコアビジネスの1つであるVehicle Developmentにおいて、自動運転車両を開発し、顧客およびパートナーに提供するための開発・プロジェクトマネジメント業務に従事いただける方を募集します。 【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェア(Autoware)をオープンソース化するとともに、Autowareを活用して自ら自動運転ソリューションの開発や運用のビジネス化を目指すお客様に対して、ソフトウェアプラットフォームとしてWeb.Auto(クラウドネイティブなDevOpsの開発環境)とPilot.Auto(TIER IVにて検証済み自動運転ソフトウェアおよびリファレンスデザイン)を提供しています。 今後は自動運転EV車両を提供することによって誰もが様々な用途で自動運転EVを利活用できる社会の実現を目指します。 【仕事内容】 開発PMとして、自動運転車両の開発・販売事業において、プロジェクト全体の管理・推進を中心に、技術的知見に基づいて国内外のベンダー・サプライヤーや社内の開発チームと連携し、車両開発をリードして頂きます。 - 国内外の車両ベンダー・部品サプライヤーに対して技術的理解に基づいた技術協議・開発管理 - 社内開発チームとの開発課題の共有・進捗管理 - 車両開発における要求仕様・開発成果物の管理 - 国内外の車両ベンダー・部品サプライヤーとの契約および契約管理 - ニーズ調査・技術理解に基づく新規ソリューション・製品の提案 【チャレンジ・やりがい】 この仕事のやりがいは、まだ世の中を走っていない自動運転車を、自身の手によって実現できることです。また、進化し続ける自動運転業界の最新技術に触れながら、チャレンジングなプロジェクトに取り組むことができます ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
2024_自動運転車両開発PM

3016_法務担当 / Legal Project Manager

急拡大を続けている組織と事業の規模に適切に対応するため、法務業務の中核を担っていただけるメンバーを3名募集いたします。 【募集背景】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」というミッションの達成に向けて、自動運転ソフトウェア (Autoware) をオープンソース化するとともに、国内外の自動車メーカー (OEM/ODM) や自動車部品サプライヤー、ソフトウェア開発会社等のパートナーと自動運転システムを搭載した車両の共同開発や実証実験を推進しています。 さらに、自動運転システム用のAI開発のための高品質で大規模なデータを有するプラットフォームの開発など多くのプロジェクトを加速させています。 先進的で多岐の分野にわたる事業を更に加速させるため、事業部門や開発部門等と連携して、共に法務業務に取り組んで頂ける方を募集します。 【仕事内容】 ・法務全般の方は①から③までを業務を全体感を持って管理し、個別業務遂行をいただくことを期待します。飛躍的成長が続く自動運転業界において、上場を見据えての法令規則対応、コンプライアンス体制を強化していく中で、法務組織作りやIPO準備に関する経験を幅広く積むことができます。 ・プロジェクト法務マネジャーの方は①に比重をおき、特に大規模で難易度の高いプロジェクトや事業を中心に業務遂行いただきます。AI開発、データ関連等、自動運転にかかわるホットトピックの知見や専門性を高め、プロジェクトにおける契約マターをマネジメントいただくことを期待します。 ①ビジネスリーガル(プロジェクト法務) ・各プロジェクトに関する法的課題の解決 ・法律相談、各種契約のレビュー ・その他コンプライアンス、リスクマネジメントに関する業務 ②コーポレートリーガル ・株主総会・取締役会等の対応 ・社内規程の作成管理 ③知財 ・特許戦略の推進 ・商標・特許等の取得・管理対応 ※キャリア形成過程を通じて、法務全般型、プロジェクト法務型の双方の機会を活用し、様々な業務にチャレンジいただくことも予定しています。 【チャレンジ・やりがい】 ・世界中のパートナー企業と連携した事業推進にかかわることができます。多種多様な法律課題に対して、各ステークホルダー、専門家と連携し、スピード感をもって業務遂行ができます。 ・日本および海外における投資・研究・開発・実証支援・コンサル・公共調達・運用保守等の幅広い事業やIPOに関する知見を積むことができます。また、新しい分野に関する現行制度上の法的課題をアイディアベースから議論し、調整を試みる機会もあります。 ・法務チームに限らず、リーガルリテラシーの高い社員も多く、働きやすい環境です。 ・大手法律事務所を始めとして複数の法律事務所と連携しており、日常的に専門家の知見を吸収する事ができます。 【参考情報】 ・プロジェクト事例 (Co-MLOpsの1/9公開のプレスリリース)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000040119.html
3016_法務担当 / Legal Project Manager

3018_総務スタッフ

総務チームはオフィスファシリティの管理、労働環境の整備等、職場環境を快適に保つことで社員の安全/安心を守り経営に資する事がミッションです。 事業拡大や組織拡大が進む中、会社全体を見渡し全体最適の観点で問題解決ができる視野の広さや思考の深さが求められます。 総務の幅広い領域からご経験に併せてご担当いただく業務を決定いたします。 ・BCP策定 ・リスク管理・契約保険選定 ・労働安全衛生 ・オフィス移転計画立案・実行 ・オフィスファシリティ管理 ・全社コミュニケーション施策立案・実行 ・各種規定管理 ・固定資産管理 ・車両管理 ・各種保険管理 ・契約書管理 ・他各種行政向け事務作業 など ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
3018_総務スタッフ

3019_人事企画スペシャリスト

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 人事企画グループは、従業員一人ひとりが持つポテンシャルを最大化し活躍できる環境を作ることで、会社の成長を支え、人事面から戦略的に経営をサポートすることがミッションです。 ・各種人事制度企画・運用  (等級制度、評価制度、報酬制度等) ・人材開発、育成  (教育研修制度設計等) ・組織開発 ・その他人事プロジェクト など 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転のトップ人材、各分野のプロフェッショナルや各パートナーと協力しながら、経営と現場双方に近い立場として業務推進をすることができます。 ・様々な制度の企画→導入→運用→効果測定→改善までの業務プロセスを幅広く経験することで、人事としての深い経験を得ることが出来ます。 ※本ポジションはマネジメントポジションではなく、チームのメンバーとして貢献していただくことを想定しております。 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
3019_人事企画スペシャリスト

3020_政策渉外マネージャー

【背景】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」というミッションの達成に向けて、自動運転ソフトウェア (Autoware) をオープンソース化するとともに、国内外の自動車メーカー (OEM/ODM) や自動車部品サプライヤー、ソフトウェア開発会社等のパートナーと自動運転システムを搭載した車両の共同開発や実証実験を推進しています。 先進的で多岐の分野にわたる事業を更に加速させるため、弊社の事業及び開発戦略を踏まえ、共に政策渉外業務に取り組んで頂ける方を募集します。自動運転事業に係る各種法令、制度、条約、イニシアティブ、ルール等を理解し、業界のスタンダードを共に作っていただける方を募集します。 【仕事内容】 ①調査業務;日本や海外の自動運転を中心とした政策動向や制度、具備すべき要件等のリサーチ ②政策企画、提言、発信等にかかる社内外のとりまとめ ③ステークホルダーとの関係構築 ④ビジネスを中心とした法務業務 政策渉外業務と法務業務は、それぞれ密に連携すべきものであり、また、メンバー自身にとっての深みのあるキャリア形成に資する業務割りにしたいという考えから、法務と政策渉外の業務をあえてチーム内でオーバーラップさせて遂行することを予定しています。そのため、①から③までに加えて、④の業務も含みます。 【チャレンジ・やりがい】 ・世界中のパートナー企業と連携した事業推進とその政策や戦略に関する議論にかかわることができます。多種多様な政策課題に対して、各ステークホルダー、専門家と連携し、スピード感をもって業務遂行ができます。 ・日本および海外における投資・研究・開発・実証支援・コンサル・公共調達・運用保守等の幅広い事業やIPOに関する知見を積むことができます。また、現行制度上の政策課題、法的課題等をアイディアベースから議論し、その議論を取りまとめることができます。 ・法務チームに限らず、リーガルリテラシーの高い社員やパブリックセクターでの経験がある社員も多く、働きやすい環境です。 ・大手法律・知財事務所を始めとして複数の法律事務所と連携しており、日常的に専門家の知見を吸収することができます。
3020_政策渉外マネージャー

3021_法務パートタイマー

法務チームのサポート、特にリーガルレビューのオペレーションやタスクのリマインド等の管理を実施いただく方を募集いたします。 <主な業務> ・タスク管理 ・書類、ファイル管理 ・そのほか法務チームで必要となったサポート業務 在宅ワークを基本として、月2回程度品川オフィスへ出社いただきます。
3021_法務パートタイマー

3022_社内システム開発エンジニア

【背景】 従業員増加に伴い、各従業員が快適に業務出来る様に社内のすべての情報を一括して収集、必要な従業員が必要な情報を必要な時に取り出せる仕組みを構築する必要が出てきましたので、社内システムを社内のルールや仕組みと一緒に作っていく仲間を募集します。 【仕事内容】 社内ポータル、組織図、申請管理システムなどのイントラネットの企画・開発・運用。 【チャレンジ・やりがい】 従業員向けのイントラネットをフルスクラッチで作れる滅多にない機会です! ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
3022_社内システム開発エンジニア

3023_調達購買 担当~マネージャークラス

【背景】  要求に対し、最も安く適切なタイミングで安定的に調達するために 社内外の関係者を巻き込み、品質改善、安定供給、原価低減を積極的に実現できる人物。発注行動のみにとらわれず、既存仕入先にこだわることなく、新規仕入先開拓による競争環境の構築や、集中購買を行うことで原価低減を実現し、具体的な利益改善を生み出せる人物。  スタートアップ企業においてルールのない部分について新しい仕組みを提案し、かつ、今ある仕組みについても改善提案し、利益改善に貢献できる人物。  またSCM部門との連携が必要であり、入社時期によってはSCM業務も並行して習得を行う。 【仕事内容】 ・見積取得 ・発注 ・納期管理 ・物流調整 ・支払管理 ・サプライヤーとの各種交渉 【チャレンジ・やりがい】 ・チーム組成から携われる機会あり ・仕組みやルールを提案できる環境 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
3023_調達購買 担当~マネージャークラス

3024_SCM 担当~マネージャークラス

【背景】  発注部門にて発注された物品を漏れなく検収し、社内要求フロアへ安全に社内託送を行う。社内で流動性の高い部品に係る適切な在庫管理体制の構築を実現できる人物。部品毎、プロジェクト毎、プロジェクト間の玉融通に対し適切なトラッキングと漏れなき管理体制を構築し、経理部門へ正確な在庫数量を行える体制を整える。  在庫管理以外にも倉庫別、PJ別、部品別、生産計画のマトリックスに対し、経理、エンジニア、営業、調達関係者と密接にコミュニケーションを図り、在庫過不足を共有することで欠品なき状況を実現する。 将来的には検収、在庫管理体制を構築した先にはBOM整備、生産計画、物流機能へ所掌の幅を増やしていくことで社内での車両構築のコスト分析ができる部隊へ変容し、コスト分析機能が獲得できる体制としたい。  調達購買部門との連携が必要であり入社時期によっては調達購買業務も並行して習得を行う。 【仕事内容】 ・検収 ・在庫管理 ・BOM作成 ・量産部品受給管理(PSI) ・物流調整 ・サプライヤーとの各種交渉 【チャレンジ・やりがい】 ・部隊組成から携われる機会あり ・仕組みやルールを提案できる環境 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
3024_SCM 担当~マネージャークラス

5001_学生エンジニア / Student Engineer

Autowareに関する機能開発や性能解析、WebのFrontend・Backend開発、自動運転車両構築支援などご経験に応じて要相談 ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
5001_学生エンジニア / Student Engineer

5002_学生データエンジニア

ティアフォーが取得したデータの整理・タグ付けなど ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
5002_学生データエンジニア

5005_ティアフォー学生研究員

【ティアフォー学生研究員制度について】 ティアフォーが掲げるビジョン「自動運転の民主化」に共感を持ち、自らそれを実現する意欲に満ち溢れた修士課程・博士課程学生の研究活動を支援する制度です。 学生の挑戦的な研究課題とスタートアップの野心的な事業を協創させることで、ポテンシャルを秘めた学生が研究に没頭できる時間と空間を生み出し、研究力の底上げを促進しつつ、自動運転の未来とティアフォーの世界に資する成果を出していただく狙いです。   奨励金支給による経済的支援に加え、研究成果の論文発表を支援すべく、ティアフォーに所属もしくは協力体制にある大学教員、研究員、エンジニアらによる学術的なアドバイスや評価用のデータセットを提供します。 また、研究成果のオープンソース公開を強く推奨し、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェアであるAutoware(https://github.com/autowarefoundation/autoware.universe)の研究開発への貢献も期待します。 修士課程・博士課程学生のポテンシャルを尊重し、研究力の向上および成果公開を支援するとともに、自動運転の実現にも貢献していただくユニークな支援制度です。 今回の応募分野は以下の通りです。 --- ハードウェアアクセラレータ、メニーコア、ASIC/SoC システムソフトウエア、コンテナ、仮想マシン リアルタイムシステム、組み込みシステム 位置推定、地図生成 — 【採用後の研究報告】 ・3ヶ月毎に研究進捗の報告会を実施 (研究を継続できないことが明らかなときや、研究の進捗状況に著しい問題があり、研究成果を達成できないときは、ティアフォー学生研究員の資格を喪失させ採用を終了することがあります) ・研究進捗、相談希望に応じて、月1回程度、研究内容向上目的のディスカッションの場を設定 【支援概要】 ・奨励金:月額25万円(特に優秀な場合は月額40万円)  ※税法上所得とみなされ課税の対象となります  ※報告会等に要する交通費は実費を支給 ・期間:6ヶ月〜最長で3年間  ※申込時に希望期間を記載  ※開始後は3ヶ月毎に更新確認 【応募書類】 ・履歴書 ・ティアフォー学生研究員制度申請用 研究提案書 (以下のリンクよりダウンロードしてご利用ください。) https://docs.google.com/document/d/1hqiETxHF253XQlo2-CkvdzPBNPd9MQXGeRDawo6Vod8/edit?usp=sharing ※研究提案書には、少なくとも下記内容を含むこと  ・ご自身の研究が自動運転技術の向上または自動運転の民主化にどのように貢献するか  ・自動運転用オープンソースソフトウェアであるAutowareに追加したいと考えている機能 ※これまでの研究、開発、プログラム実装経験がわかるもの  (例:GitHub、LinkedIn、開発関連ブログ、学会発表、投稿論文など) ※支援開始月と期間  ・開始月は2022年10月または2023年4月から選択  ・期間は6ヶ月〜最長3年間で3ヶ月単位で記載 ※大学で実施中の研究を提案書に記載する場合は、指導教官の許可を得たうえで提出してください。 【応募締め切り】 ・2024年4月支援開始の場合:2023年12月31日期限 ※ただし、審査の過程によっては開始時期が半年ずれることがあります。 【審査の流れ】 ・書類審査及び面談  ※面談は1回または2回、研究内容に応じて回数が変わる可能性があります。 ・最終結果通知:審査期間2か月程度 ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
5005_ティアフォー学生研究員

5006_TIER IV Student Researcher

This program aims to financially support the research activities of master’s and doctoral students who share TIER IV’s vision "The Art of Open Source, Reimagine Intelligent Vehicles” and to create an opportunity where talented students can immerse themselves in research, enhance their research capabilities, and produce results that contribute to the future of the autonomous driving industry. As well as financial support, academic advice and evaluation data sets can be provided by the researchers and engineers affiliated with TIER IV to support the publication of research results. We also encourage open-source publication of the research results, and expect selected research projects to contribute to the R&D of Autoware ( https://www.autoware.org/projects ). Example areas of research include: --- Hardware acceleration, many-core, ASIC/SoC, System software, containers, virtual machines, real-time systems, embedded systems, position estimation, map generation, traffic scene recognition, intention aware planning [Periodic research report] For successful candidates, reporting on research progress is held every three months (If it is clear that the research cannot be continued, or if there is a significant problem with the progress of the research and the research results cannot be achieved, the Tier IV Student Research Fellowship may be disqualified and the agreement terminated.) ・Based on the progress of research and requests for consultation, about once a month, we will set up a forum for discussion aimed at improving research content. [Summary of support] ・ Incentive: 250,000 yen per month (400,000 yen per month for particularly excellent applicants) *Considered as income under the tax law and subject to taxation *Actual expenses will be paid for transportation expenses required for debriefing sessions, etc. ・Period: 6 months up to 3 years *Please state the desired period when applying *After starting, update confirmation every 3 months ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
5006_TIER IV Student Researcher

5007_TIER IV Internship

TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. The intern can experience the research and development of cutting edge autonomous driving systems with the aim of expanding the technological capabilities of the Autoware project. The intern will: ・Develop technology to solve actual problems in cooperation with engineers in various technical fields ・Investigate, verify and extend cutting edge research papers on autonomous driving technology ・Contribute autonomous driving technology to OSS [Summary of support] ・JPY2,000-3,000 / hour ・Period: 2 months ・Location: Tokyo, Japan ・Visa application ・Travel fee (air ticket + accommodation) [Application documents] ・Resume ・Sharable GitHub, LinkedIn, and research related blog links ・Research material [Screening flow] ・Document review and interview *Typically there will be one interview. ・Notification of final results: Approximately 2 months after submission [Remarks] ・It could take 3 months to get a visa ・The application based on the foreign exchange law could be necessary ・20.42% of salary will be taxed due to Japan tax law ・The employee insurance fee will be adopted for graduates ・The income tax report could be necessary and needs to be handled by oneself based on the law of the country where the intern lives in ・雇入れ直後: 本求人に記載のある業務 ・変更の範囲: 上記に加え、会社が指定した業務
5007_TIER IV Internship