株式会社ティアフォー の全ての求人一覧
株式会社ティアフォー の全ての求人一覧

00_新卒 エンジニア職

学生時の研究内容、ご経験、ご意向に応じて技術本部内での職種を検討させて頂きます。 1.応募先へのメッセージ欄にご希望の職種をご記入ください。  ※2職種までとなります。  例)第1希望職種:12_Autonomous Driving Sensing & Perception R&D Engineer    第2希望職種:なし 2.履歴書の提出が必須です。 ・履歴書には下記を記載ください。 必須事項:   -応募理由   -現在の研究テーマ   -プログラミング経験   -所属研究室 任意事項: -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料

06_Autonomous Driving - System Engineer (Verification and Validation)

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a System Engineer (Verification and Validation), you will be responsible for designing how we verify and validate the behavior of our self-driving vehicles and ensure they meet requirements and, most importantly, are safe. You will create test specifications, execute tests on suitable test environments/ tools and report test results. You will consider and design necessary test environments and tools to execute huge test cases efficiently and precisely. You will communicate closely with our self-driving engineers to ensure that V&V expectations are realistic and clear. ・Create test specifications to verify and validate the behavior of self-driving vehicles and software, find incorrect and unexpected behaviors, and identify root causes. ・Analyze test results, creating issue tickets according to the defined process. ・Propose more efficient and precise test methods/ tools/ environment to our self-driving engineers or implement them by yourself.

07_Autonomous Driving - System Engineer

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 上記取り組みをさらに加速させるため、システムエンジニアリング業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 ・顧客ニーズや規制の分析を通じてシステム要件や機能要件を策定し、オートウェアを含む関連コンポーネントに機能要件を割り当てる。 ・システム要件と自律走行コア技術を仲介し、コンポーネント間のインターフェース定義など、最適なアーキテクチャを定義する。 ・開発チーム間のハブとして、コスト、品質、消費電力、性能、能力、拡張性のトレードオフを行い、 システムの複雑性を最小化する。 ・システム要件やアーキテクチャなど、システムレベルの成果物を管理し、ソフトウェア、ハードウェア開発チーム、フィールドアプリケーションチームなどの関連チームと共有する。 ・安全・故障解析を行い、製品・安全目標を達成するための堅牢なソリューションを開発し、必要に応じて、安全な運用のための緩和策を確保する。 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、自動運転システムを開発しています。 自動運転全体を幅広く理解し、安全に動くものを作る、ということにチャレンジしています。

08_Autonomous Driving - Software Engineer (System Programming)

TIER IVでは、数多くの運営ドメイン、かつ幅広い応用分野をカバーすることを目的とした、自動運転ソリューションを開発しています。既に広く使われているオープンソースのソフトウェアをベースに、基礎となる自動運転の技術のみに留まらず、全体として機能する自動運転システムへの応用に必要な、インテグレーションやカスタマイズも行っています。 このポジションでは、自動運転車とその運航が、社会にとって安全かつ予測可能であることを常に意識しながら、自動運転及び周辺ソフトウェアの開発及びインテグレーションを担当して頂きます。また、国内外を含めたコミュニティーにおいて、ソフトウェアが安全かつ世界で利用可能にするために必要な議論に参加して頂きます。 ・様々なタイプの自動運転車両に向けた、コンピューターシステムの要件定義、及び構築・実装。チームメンバーやパートナーとの、システムの評価や改良。 ・過酷な環境下でも耐えられる、最新鋭のコンピューターシステムの研究や評価。より安全で持続可能な自動運転システムの為に使う、コンピュータシステムの構築、紹介、統合、及び確認。 ・安全性や社会での予測可能性を保証しつつ、アプリケーション/システムやコンピューティングハードウェアにフォーカスした自動運転システムのデザイン、開発、改良。及び統合。 ・開発や運用を安全かつ効率的、効果的にする為の、自動運転車両の周辺のソフトウェアのデザイン、開発、改良。及び統合。 ・システムや車両の安全性を遵守するための、ソフトウェアプラットフォームの不具合解析、設定変更、パッチ適用、およびソフトウェアそのものの根本的な改善。 ・幅広いタイプの読者に向けての、ソフトウェアのデザイン、仕様、使い方などのドキュメントの作成。 ・最新鋭の安全性や社会での受け入れの為に、自動運転の最新の技術やエコシステムの評価をする。 ・ソフトウェアシステムの評価や、間違った、或いは予想外の挙動の発見、そして根本原因の究明。 ・様々な国の多くのチームや企業からのエンジニアと共同で、安全かつ世界中で利用できるソフトウェアの開発。

09_Autonomous Driving - Software Engineer (Robotics)

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Software Engineer (Robotics), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that self-driving vehicles and its operations are safe and predictable to the society. You will also make constructive discussions in the worldwide community so that the software is safe and is used everywhere in the world. ・Design, develop, optimize, and integrate software and its algorithms of self-driving vehicles, ensuring that its behavior is safe and predictable to the society. ・Design, develop, optimize, and integrate surrounding software of self-driving vehicles, achieving that our developments and operations are safe, efficient, and effective. ・Document software design, specification, guides, and instructions for a wide variety of readers. ・Evaluate cutting-edge and reasonable technologies and ecosystems of self-driving vehicles so that self-driving vehicles have cutting-edge safety and social receptivity. ・Verify the software systems, find incorrect and unexpected behaviors, identify root causes, and fix them. ・Collaborate with engineers from different teams, companies, and/or countries so that the software is safe and is used everywhere in the world.

11_メカトロニクスエンジニア

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. メカトロニクスエンジニアは自動運転に関する研究開発、実証実験、サービスに利用される車両を開発するだけでなく、開発した車両が常に安全に走行できるようメンテナンスや機器の交換をしたり、メカトロニクスに関する不具合の原因究明と対策検討などを行います。また、既存の車両に対して後付けすることによって、より簡単に自動運転車両化させることのできるモジュールユニットの開発も行います。 ・自動運転ソフトウェアをテストする試験車両や、サービスのプラットフォームとなる車両の開発 ・コンセプトカーの製作や、完成車両に対するセンサ・ECU等の取り付け、ソフトウェアエンジニアと共に車両のテスト ・マネジメント、仕様策定、開発、設計、外注管理、実装等の広いスキルと知識を元に、外注・内製など適切な手段を用いた開発

12_Autonomous Driving Sensing & Perception R&D Engineer

TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications,solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Sensing & Perception Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Applicants will be favorably looked upon if they have a grauate degree in a related subject, strong software engineering skills, and demonstrated experience in the fields of autonomous vehicles or robotics. Sensing & Perception Engineers will: ・Engineer sensor systems for autonomous vehicles, including sensor configuration, calibration and synchronization ・Design, implement and test perceptual systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS

13_Autonomous Driving Planning and Control R&D Engineer

TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Planning and Control Engineerは、複雑な環境で利用可能な行動計画、正確で乗り心地を意識した車両制御、車両プラットフォームにおける共通インターフェース設計など、自動運転に用いられる計画・制御技術の設計開発を行い、これらの技術をプロダクト/OSSとして世の中に送り出すことを目的とします。 履歴書に加え、GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンクなど技術判断が可能な情報があれば、お送りください。 TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Planning and Control Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Planning and Control Engineers will: ・Engineer vehicle interfaces for the control of autonomous platforms ・Design, implement and test planning and control systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS To apply for this position, including links to your Github and/or LinkedIn account, and any published technical blogs or experineces in your resume is recommended.

14_Autonomous Driving Localization R&D Engineer

TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Localization Engineersは、LV4自動運転の実現に必要な、様々な状況で安定して利用可能な位置推定機能の開発を目的とし、位置推定に係るコンポーネントレベルの設計・開発を実施するとともに、Autowareに関する位置推定の専門的知識の蓄積及び問題への対応等を行います。関連分野の大学院を卒業していること、ソフトウェアエンジニアリングのスキルが高いこと、自律走行車やロボットの分野での経験があることなどが応募の条件となります。 ローカライズエンジニアの仕事内容 ・自律走行プラットフォームで位置推定を行うためのセンサシステムエンジニアリング ・自律走行車の実運用に向けた位置推定システムの設計・実装・テスト ・OSSへの自律走行技術の貢献 TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Localization Engineers develop autonomous driving systems that can be deployed in various situations. Applicants will be favorably looked upon if they have a graduate degree in a related subject, strong software engineering skills, and demonstrated experience in the fields of autonomous vehicles or robotics. Localization Engineers will: ・Engineer vehicle interfaces for the localisation of autonomous platforms ・Design, implement and test localisation systems for real world operation of autonomous vehicles ・Contribute autonomous driving technology to OSS

15_Autonomous Driving - Senior Software Engineer (System Programming)

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customization necessary to provide complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Senior Software Engineer (System Programming), you will be responsible for developing and integrating our self-driving and surrounding software, ensuring that autonomous vehicles and its operations are safe and predictable to the society. You will also make constructive discussions in the worldwide community to make software safe and usable everywhere in the world. ・Design requirements of computer systems, construct and implement computer systems for various types of autonomous vehicles, and evaluate and improve system with team members and allied partners. ・Study and evaluate state-of-the-art computer system for harsh environment, and construct, introduce, integrate, and verify computer system for safer and sustainable self-driving system. ・Design, develop, optimize, and integrate self-driving system with focusing on application/system and computing hardware, ensuring that its behavior is safe and predictable to the society. ・Design, develop, optimize, and integrate surrounding software of autonomous vehicles to make our developments and operations safe, efficient, and effective. ・Configure, patch, troubleshoot, and improve open source platform through the system security and vehicle safety aspects. ・Document software design, specification, and instructions for a wide range of readers. ・Evaluate cutting-edge technologies and ecosystems of autonomous vehicles for the cutting-edge safety and social receptivity. ・Verify software systems, find incorrect and unexpected behaviors, and fix root causes. ・Collaborate with engineers from different teams, companies, and countries to make software safe and usable everywhere in the world.

17_自動運転コンピューティングプラットフォーム開発シニアエンジニア

【背景】 ティアフォーでは、自動運転ソフトウェア「Autoware」をベースに、自動運転システムのリファレンスプラットフォームを開発しています。リファレンスプラットフォームは、ハードウェアとソフトウェアで構成され、走行環境などの要件に合わせて最適化された状態で車両に実装されます。その中で、コンピューティングプラットフォームは、AutowareやAI機能を実行するコンピュータを組み合わせて実現されています。 自動運転技術は日々進化し続けています。あらゆる可能性を検討し、あらゆるアーキテクチャ・開発手法にチャレンジし続け、全世界に向けて一緒にリファレンスプラットフォームを発信していくメンバーを募集しています。 【仕事内容】 自動運転システムにおけるコンピューティングプラットフォームの開発 ・システム要件から仕様への落とし込み ・ECU、センサから構成されるE/Eアーキテクチャの設計 ・機能配置設計 ・コンピュータリソース(プロセッサ、アクセラレータ、メモリ、ストレージなど)やネットワーク機器の選定、性能評価 ・性能、電力、コスト最適化 ・リアルタイム性の実現 ・信頼性、可用性など製品品質の確保 次世代コンピューティングプラットフォームの企画、PoC開発 ・最新技術動向の調査、導入計画 ・外部企業(半導体、産業用コンピュータ、車載ECU、OS、ミドルウェアベンダー)との連携(共同企画、PoC開発) 【チャレンジ・やりがい】 自動運転システムにおける最適なアーキテクチャを探求し、世界へ発信していきます。プロセッサ、GPU、アクセラレータをはじめとするコンピュータリソースから、車両システム全体まで関わることができ、あらゆる領域の知識、経験を活かしながら、まだ誰も実現したことのない、新たなチャレンジが可能な仕事です。

20_MaaS自動運転_ソフトウェアエンジニア

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自動運転ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自動運転に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するには点群/画像処理、自己位置同定技術、制御技術といった非常に多くの技術分野に精通している必要があります。 そのため、一つの分野だけでなく幅広い技術分野に知見を持ち、多種多様なシステムを効率的にインテグレーションできる人材が求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareを活用した自動運転システムの開発・統合・提供に従事していただきます。 ・顧客要件(車両・ユースケース)に応じた自動運転システム設計・開発・統合 ・テストフィールドでのデータ収集・評価・解析 開発環境:Linux, ROS 開発言語:C++, Python 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、様々なユーザーに向けて自動運転サービスを開発しています。 個々の自動運転機能に留まらず自動運転全体を幅広く理解し、安全に動くものを作る、ということにチャレンジしています。 【参考情報】 西新宿における自動運転実証実験 https://tech.tier4.jp/entry/2021/02/03/160000

21_物流自動運転_ソフトウェアエンジニア

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自動運転ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自動運転に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムであり、これらの技術を統合するには点群/画像処理、自己位置同定技術、制御技術といった非常に多くの技術分野に精通している必要があります。 そのため、一つの分野だけでなく幅広い技術分野に知見を持ち、多種多様なシステムを効率的にインテグレーションできる人材が求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareを活用した自律搬送システムの開発・統合・提供に従事していただきます。 ・顧客要件(車両・ユースケース)に応じた自律搬送システム設計・開発・統合 ・テストフィールドでのデータ収集・評価・解析 開発環境:Linux, ROS 開発言語:C++, Python 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは「自動運転の民主化」を進めるべく、様々なユーザーに向けて自動運転サービスを開発しています。 個々の自動運転機能に留まらず自動運転全体を幅広く理解し、安全に動くものを作る、ということにチャレンジしています。 【参考情報】 筑西市における小型自動搬送ロボットの実証実験 https://tech.tier4.jp/entry/2021/04/28/160000

22_Application Engineer (AI教習システム)

【背景】 ティアフォーでは自動運転技術そのものだけでなく、技術を応用したプロダクトの開発を進めています。その1つとして、自動車教習所と共同開発したAI教習システムがあります。 少子化や車離れが進む現代においても、年間約100万人が新たに免許を取得しています。一方で、安心・安全な日本の車社会を支えている自動車教習所は今、人材不足による指導員の負担増加や、運転免許取得教習及び高齢ドライバー向け運転技能検定の受入難などの課題に直面しています。 本募集では、自動車教習所の課題を解決する新規プロダクト開発および事業立ち上げを一緒に行ってくださるエンジニアを募集いたします。 【仕事内容】 自動運転技術を活用した運転技能評価・教習システムの開発をしていただきます。 ・自動運転ソフトウェアと連動した運転技能評価システムの開発(ROS, Python) ・車載タブレットアプリケーションの開発(React.js) ・データを管理するクラウド基盤の開発・運用(AWS Lambda, AWS IoT Core, etc) 【チャレンジ・やりがい】 ・教習所業界に大きな変革をもたらすプロダクトの開発 ・車載アプリケーションのUI/UXからクラウド基盤まで幅広い技術領域 ・新規事業の立ち上げから拡大フェーズに参画 【参考情報】 ・ニュースリリース https://tier4.jp/media/news/minami/ ・AI教習システム https://ai-driving.school/service/

23_組込みソフトウェアエンジニア

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 当社は上記取り組みをさらに加速させるため、リファレンスハードウェアを顧客に提供するためのエンジニアリング・サポート業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 - カメラ等センサーのデバイスドライバ開発 - センサーとアプリケーションを統合したソリューションの開発 - センサーベンダーへの問い合わせ - 国内外の顧客に向けた技術サポート、営業サポート 【チャレンジ・やりがい】 - 自動運転に利用されるセンサー、ECU等のハードウェアからアプリケーションまで広い範囲の技術領域に挑戦頂きます。 - 顧客に近い領域のため自らが開発したものが顧客の元で運用する姿を見られ、大変やりがいを感じられる業務と考えています。 【参考情報】 - TIER IV AUTOMOTIVE HDR CAMERA  https://sensor.tier4.jp/automotive-hdr-camera-jp

24_センサー事業BM/PM

【背景】 ティアフォーでは自動運転の民主化というミッションの達成に向けて、自動運転のソフトウェアをオープンソース化するとともに、それらソフトウェアの要求を満たすことのできるハードウェア(センサー、ECU、車両)をリファレンスハードウェアとして提供しています。 新たな自動運転システム開発者、サービス開発者に対しての参入障壁を下げることによって、自動運転コミュニティを活性化させ、コミュニティによる自動運転システム開発の加速を目指しています。 上記取り組みをさらに加速させるため、リファレンスハードウェアを顧客に提供するためのビジネス開発・プロジェクトマネジメント業務に従事いただける方を募集します。 【仕事内容】 - 製品ロードマップや価格戦略の策定に向けたマーケット調査・顧客ニーズ調査 - ニーズ調査・技術理解に基づく新規ソリューション・製品の提案 - 製品保証や認証に関する調査・提案 - 国内外のセンサーベンダーとの協業体制の構築・推進 - 国内外の代理店との契約・コミュニケーション - 国内外の顧客に向けた技術サポート、営業サポート 【チャレンジ・やりがい】 - 自動運転に利用されるセンサー、ECU等のハードウェアからアプリケーションまで広い範囲の技術領域を応用したビジネス開発に挑戦していただきます。 - ご自身の提案に基づくビジネス開発を通して顧客への価値提供を実感できる、大変やりがいを感じられる業務と考えています。 【参考情報】 TIER IV AUTOMOTIVE HDR CAMERA https://sensor.tier4.jp/automotive-hdr-camera-jp

30_Autonomous Driving Researcher

TIER IV uses Autoware, a widely used open source autonomous driving software stack, to provide a wide range of applications, solutions and services related to autonomous driving. Autonomous Driving Researchers lead the research and development of cutting edge autonomous driving systems with the aim of expanding the technological capabilities of the Autoware project. Applicants must have a strong publication record in a related field, a Phd, and have demonstrated the ability to lead technological innovation in academia and/or industry. Ideally applicants will have an established research career with evidence of high achievement (academic prizes, high impact papers, contribution to industry etc). Applications to this role should include an English resume that conveys the depth of the applicants expertise and details the contributions of their research experience. Autonomous driving Researchers will: ・Develop technology to solve actual problems in cooperation with engineers in various technical fields ・Research novel autonomous driving solutions with the goal of operation on public roads ・Publish and present research results at international academic conferences ・Investigate, verify and extend cutting edge research papers on autonomous driving technology ・Contribute autonomous driving technology to OSS

31_Marketing Project Manager

TIER IV is an autonomous driving technology company with an open-source approach to making intelligent vehicles a reality, safely, quickly and openly for tomorrow’s generation. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational autonomous-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete autonomous-driving applications. As a project manager in the marketing communications team, you will: - Plan and execute marcom-related activities both online and offline: events, trade shows, conferences, webinars - Engage with short and long term marcom strategy internally and externally - Draft content for press releases for events, newsletters, virtual conferences, social media campaigns - Review and analyse the performance of each marcom activities for continuous improvement and further optimization - Research and analyze market trends, and gather client feedback and market insights

44_Team Leader Candidate for Validation Team (Line Manager)

Team Overview ・AD/ADASの車両構成・車両制御及び各センサー検証・評価 ・システム要件設計・開発 ・検証・評価 ・各テストフィールドでのデータ収集やその評価観点からのDesign Engineering ・自動運転車両のサービス運用とProject Management ・カスタマーサポート・テクニカルサポート Roll and Responsibilities ・各業務における人員アサイン・予算・コストの算出 ・AD/ADASに係る車両やセンサー検証/評価において顧客との調整業務 ・社内・顧客の要件(RFI/RFQ)・仕様及びそれらの差分調査・分析 ・各種試験を行うための環境の構築(試験場所・機材選定・ベンチテスト・O/CL-HIL,VILなど) ・AD/ADAS関連の車両やセンサーでのテストスペックの策定 ・基本シナリオやUse Case調査・設計・定義 ・Assessment / Regulations 調査・設計・定義 ・テスト実行計画作成 ・社内・社外・顧客先での作業・共同作業 ・テストプロトコル実行、手順・テストレポート作成ならびに報告など ・KPI/KGI定義や統計・傾向分析 ・その他、付随する業務 Development Environment ・Linux, Windows ・ROS1/2, Autoware ・Github ・Vector Tools / Matlab / VS ・CAN-HS, CAN-FD, Flexray ・ISO26262 ・Agile, V-Process ・Canlyzer,CAPL

46_Verification Engineer

Overview ・AD/ADASの車両構成・車両制御及び各センサー検証・評価 ・顧客要件に応じた、システム要件設計・開発 ・検証・評価 ・テストフィールドでのデータ収集や評価観点からのDesign Engineering Roll and Responsibilities ・AD/ADASに係る車両やセンサー検証/評価における顧客との調整業務 ・社内・顧客の要件(RFI/RFQ)・仕様及びそれらの差分調査・分析 ・各車両やセンサーの性能ベンチマーク ・各種試験を行うための環境の構築(試験場所・機材選定・ベンチテスト・O/CL-HIL,VILなど) ・AD/ADAS関連の車両やセンサーでのテストスペックの策定 ・基本シナリオやUse Caseの調査・設計・定義 ・Assessment / Regulationsの調査・設計・定義 ・テスト実行計画作成 ・社内・社外・顧客先での作業・共同作業 ・テストプロトコル実行、手順・テストレポート作成ならびに報告 ・KPI/KGI定義や統計・傾向分析 ・欠陥や問題・懸念のトリアージと分析・フィードバック ・オフショアチーム(国内・国外)と一緒に顧客へのテスト手順/結果についての説明 ・各テスト結果・妥当性等から、要件・仕様に対してフィードバック等の社内外での調整業務 ・その他、付随する業務 Development Environment ・Linux, Windows ・ROS1/2, Autoware ・Github ・Vector Tools / Matlab / VS ・CAN-HS, CAN-FD, Flexray, LIN,XCP, UDS, UDP, MQTT ・ISO26262 ・Agile, V-Process ・C, C++, C#, Python, HTML,ORACLE,CAPL

47_Web Manager (Web Project Manager)

Overview ・AD/ADASの車両構成・車両制御及び各センサー検証・評価 ・システム要件設計・開発・検証・評価 ・テストフィールドでのデータ収集や評価観点からのDesign Engineering ・自動運転車両のサービス運用とProject Management ・カスタマーサポート・テクニカルサポート Roll and Responsibilities ・MaaS実現の為の、エンドユーザー・オペレーション・ビジネス・製品等の要件設計とその管理 ・人員アサイン・予算・コストの算出 ・テスト実行計画作成 ・社内・社外・顧客先での作業・共同作業 ・テストプロトコル実行、手順・テストレポート作成ならびに報告など ・KPI/KGI定義や統計・傾向分析 ・テスト結果に基づいた、要件・仕様に対する社内外へのフィードバック ・その他、付随する業務 Development Environment ・Linux, Windows ・ROS1/2, Autoware ・Github ・Vector Tools / Matlab / VS ・CAN-HS, CAN-FD, Flexray, LIN,XCP, UDS, UDP, MQTT ・ISO26262 ・Agile, V-Process ・C, C++, C#, Python, HTML,SQL,CAPL

48_Project Manager(案件PM)

Team Overview(業務/チーム背景) ・自動運転車両のシステム要件設計・開発 ・検証・評価 ・自動運転車両のサービス運用とProject Management ・自動運転車両のカスタマーサポート・テクニカルサポート ・上記の業務をエンジニアやオペレーターと共に推進していく業務 Roll and Responsibilities ・各業務においての人員アサイン・予算・コストの算出 ・社内・顧客の要件(RFI/RFQ)・仕様及びそれらの差分調査・分析 ・各種試験を行うための環境の構築(試験場所・機材選定・ベンチテスト・O/CL-HIL,VILなど) ・基本シナリオやUse Case調査・設計・定義 ・Assessment / Regulations 調査・設計・定義 ・テスト実行計画作成 ・社内・社外・顧客先での作業・共同作業 ・テストプロトコル実行、手順・テストレポート作成ならびに報告など ・KPI/KGI定義や統計・傾向分析 ・その他、付随する業務 Development Environment ・Linux, Windows ・ROS1/2, Autoware ・Github ・Vector Tools / Matlab / VS ・CAN-HS, CAN-FD, Flexray ・ISO26262 ・Agile, V-Process ・Canlyzer,CAPL

49_Software Engineer in Test(SETエンジニア)

【背景】 自動運転車両の搭乗者、走行中の他車両、歩行者等の安心・安全確保はティアフォーにとって最優先課題の一つです。自動運転システムに求められる品質レベルは非常に高く、また、様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムのため、システム全体として継続的に機能改善を続けつつ、どう高い品質を保つかが課題となっています。また、システムを高速にリリースし続けることも求められています。ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムの品質を保証し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareに関するプラットフォーム(Web.Auto)の継続的なリリースに対する効率的なテストアプローチを計画立案し、テスト自動化、パフォーマンス改善、品質分析の導入支援を担当していただきます。 ・テスト自動化の計画立案・設計実装・導入支援 ・不具合分析、品質評価レポーティング ・負荷テストや性能テスト等の非機能テスト ・CI/CDパイプラインの導入支援・環境整備 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転システムという未知の領域に関わる品質保証 ・未開拓な技術への挑戦と新たなプロセス導入 ・新規事業から基盤となる事業まで幅広く携わることができる

50_Backend Engineer (MaaS)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転車両の運行管理システム構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様な数多くのシステムを、スケーラブルかつ信頼性高く運用・評価・更新できる基盤を提供していく必要があります。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 次世代の自動運転サービスにむけた運用・監視・分析に必要なシステムの開発をしていただきます。 ・自動運転車両の運行管理システム開発 ・自動運転車両の遠隔監視操縦システム開発 【チャレンジ・やりがい】 自動運転車両の様々なデータを処理し、車の走行計画管理や遠隔地からの車両の操縦などを行えるシステムの開発にチャレンジしています。 【参考情報】 ・ドメイン駆動設計による運行管理システムのアーキテクチャの最適化 https://tech.tier4.jp/entry/2020/07/03/160000 ・ティアフォーにおける自動運転車両の遠隔監視・操縦システムのご紹介 https://tech.tier4.jp/entry/2019/01/22/170032

51_Frontend Engineer (MaaS)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転車両の運行管理システム構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様なシステムを効率よく運用・評価・更新できるようなアプリケーションが求められます。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 次世代の自動運転サービスにむけた運用・監視・分析に必要なアプリケーションの開発をしていただきます。 ・配車アプリ開発 ・車載アプリ開発 ・自動運転車両の運行管理コンソール開発 ・自動運転車両の遠隔操縦システム開発 ・契約・権限管理コンソール開発 【チャレンジ・やりがい】 ティアフォーでは自動運転の民主化を進めるべく様々なユーザーに向けてのアプリケーションを開発しています。 それぞれのユーザーのインサイトを考え、次世代の自動運転サービスに向けてのUI/UXを思考錯誤しながら課題を見つけ、解決することにチャレンジしています。 【参考情報】 ・Web.Auto 全体チーム社内開発レビュー会を開催しました https://tech.tier4.jp/entry/2020/12/09/160000

52_Backend Engineer (CI/CD)

【背景】 ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転車両の運行管理システムや自動運転システムを評価・更新するCI/CD基盤の構築を行っています。 自動運転システムは様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、多種多様なシステムをスケーラブルかつ信頼性高く運用・評価・更新できる基盤を提供していく必要があります。 ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムを構築し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 自動運転システムの評価を支える基盤の開発・運用を行っていただきます。 ・自動運転システムの品質を保証するCI/CD Pipelineを支える基盤システムの開発・運用 ・自動運転システムの評価・動作に必要なアセット情報の管理システムの開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・同時に数百のテストケースが実行され、その処理を安定的に捌き、スケールする基盤の開発 ・Edge/Cloudなど様々なコンピューティング環境において実行される自動運転システムの環境一致性に対するアプローチ 【参考情報】 ・ティアフォーにおけるシミュレーションを用いたCIの取り組み https://tech.tier4.jp/entry/2020/09/09/160000 ・自動運転システムのCI/CDとは?Webシステムとの違いってなんだ https://www.slideshare.net/Tier_IV/cicd-web

54_Data Engineer

【背景】 ティアフォーでは、自動運転システムの開発を効率化させ、自動運転に関わる各種サービスの品質を向上させるために、大量のデータを収集・分析する基盤を必要としています。 この基盤には、自動運転の普及に伴うデータ量の増加への対応など、さまざまな要件を満たすことが求められます。 現在、車両から情報収集するシステムのベースはでき始めているため、データパイプラインおよびデータ検索サービスの開発を重点的に進めています。 【仕事内容】 自動運転で発生するデータ収集・検索・分析のためのクラウド基盤の開発をしていただきます。 ・車両からのデータ収集・加工 (Kinesis, Glue, ECS) ・走行に関する履歴・統計情報のAPI開発・運用 (Fargate, Labmda) ・走行ログ・アノテーションなどのデータ検索サービスの開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・JSONなど構造化データのみだけでなく、画像やPoint Cloudなど様々なデータを処理し検索・閲覧可能にする開発 ・データ発生〜可視化までを迅速に自動的に行うためのIoTのデータ収集・集計の開発 【参考】 ・クラウド開発をしているチームの開発プロセスやプロダクトについて  https://www.slideshare.net/Tier_IV/tier-tech-meetup-2-cloud-238997099 ・TIER IV事業概要 (TIER IV Summit 2021での収録セッション)  https://tier4summit.com/

55_MLOps Engineer (機械学習基盤)

【背景】 ティアフォーでは、自動運転の安全性を高め、可用性を向上させる機械学習基盤を構築しています。 また、自動運転の普及に伴い様々な運行環境にすばやく対応可能な機械学習基盤が求められています。 現在、機械学習基盤は構築中で、これから徐々に活用を進めようとしており、立ち上げフェーズに携わっていただけるエンジニアを募集しています。 【仕事内容】 自動運転の開発に重要な機械学習基盤の開発をしていただきます。 ・2Dや3Dの物体検出モデルの学習基盤の開発 ・AWSインフラの構築、運用 ・Deep Learningのモデル最適化、評価基盤の開発 【チャレンジ・やりがい】 ・画像による物体検出のみでなく、点群・地図データを活用した3D物体検出タスクや分類タスクなど様々な機械学習への対応 ・自動運転内のみならずデータの解析など機械学習の様々な場所への応用 ・分散Simulation CI/CD基盤と連携した迅速で安全な評価・リリース基盤の構築 【参考情報】 ・クラウド開発をしているチームの開発プロセスやプロダクトについて  https://www.slideshare.net/Tier_IV/tier-tech-meetup-2-cloud-238997099 ・TIER IV事業概要 (TIER IV Summit 2021での収録セッション)  https://tier4summit.com/

56_Auth Engineer

【背景】 ティアフォーでは、Visionである「自動運転の民主化」に向けたプラットフォーム(Web.Auto)の構築を進めています。Autowareを搭載した自動運転車両を世界中で普及させるために必要な認証認可基盤の開発を一緒に行っていただけるエンジニアを募集しています。 なお、本募集では認証認可を主としていますが、それだけにとどまらず、契約管理システムの開発などにも携わっていただきます。 【仕事内容】 Autowareに関するプラットフォーム(Web.Auto)の認証認可基盤および、契約管理基盤の開発をしていただきます。 ・Identity基盤の開発 ・マイクロサービスにおける認可基盤の開発 ・権限管理の仕組みを開発 ・契約管理システム開発・運用 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転のシステムという未知でカバー範囲の広い開発へのチャレンジ ・認証認可の専門的な領域 ・OSSの活用・コントリビュート 【参考情報】 ・自動運転サービスの認証認可 https://www.slideshare.net/KotaroHoshi/ss-245496424/KotaroHoshi/ss-245496424 ・ID基盤をリプレースしました https://link.medium.com/jLAYXyXbqpb その他、当チームが執筆したブログや発表 ・ProtobufでREST APIを快適に開発する方法のご紹介 https://tech.tier4.jp/entry/2022/02/02/160000 ・トランクベース開発を活用して爆速に開発した話 https://www.slideshare.net/Tier_IV/ss-245435257

57_Site Reliability Engineer (SRE)

【背景】 ティアフォーでは、Visionである「自動運転の民主化」に向けたプラットフォーム(Web.Auto)構築を進めています。Autowareを搭載した自動運転車両を世界中で普及させるために、更なる改善と、安全性・信頼性を確保していくためのメンバーを募集しています。 【仕事内容】 Autowareに関するプラットフォーム(Web.Auto)のシステム構成・アーキテクチャ・開発方針を理解していただき、領域を限定せずあらゆる手段を通して課題解決・生産性向上・信頼性確保に向き合っていただく事が期待されます。 開発・CI/CD・運用・監視等のシステム開発・運用に係る基本的な整備は済んでいますが、まだまだ取り組むべき課題が多くあります。 ・アプリケーションやミドルウェアの運用、パフォーマンスの改善 ・クラウドにおけるデータストアやネットワークなどの構築、運用 ・Fargate/Kubernetes上に構築するMicroservices基盤の整備、支援 ・クラウドネイティブなCI/CDパイプラインの構築、運用 ・各種オペレーションを自動化するためのツール開発、運用 ・障害検知やキャパシティプランニングのためのモニタリング環境構築、運用 ・情報セキュリティ設計、運用 【チャレンジ・やりがい】 ・多様な技術領域(ECU、Mobile Network、IoT、Web、Container、Serverless等)への挑戦 ・まだ誰も成し得ていない「現実世界へ自動運転を社会実装する」メンバーになれる ・未成熟な組織のビルドアップ 【参考情報】 ・自動運転を支えるWeb技術 - 信頼性への取り組み (SRE編)  https://tech.tier4.jp/entry/2021/01/20/160000

58_Interaction Designer (MaaS, CI/CD)

【背景】 今後ティアフォーがサービスを展開していく中で、使用者に対してのアプローチ、社会に及ぼす影響に対してもトータルで設計する必要があり、総合的なUXの視点を持つデザイナーを必要としています。 現在、ティアフォーの掲げるVisionである「自動運転の民主化」に向けたクラウドベースのプラットフォーム(Web.Auto)構築を進めておりますが、さらなるプロダクトとしての作り込みを行うべく、プロダクト、サービス、そして人との豊かな関係性を構築するInteraction Designerを募集しています。 【仕事内容】 ・Web.Autoに属する自動運転開発およびサービス運行のための各ツールのUX及びGUIの設計 ・各プロダクトにおける、あるべき姿の見える化 ・ハードウェアのインタラクション設計(HMI関連) ・モック作成、運用、ユーザーテスト設計 ・組織に置けるデザインの啓蒙及びプロセスの構築 ・ブランドの構築及び管理設計 【チャレンジ・やりがい】 ・画面の中の世界とリアルを繋ぐプロダクトを設計することができる ・Designチーム/組織としての立ち上げから参加できる ・幅広いプロジェクト及びそれに関係して異なる対象を構築する機会(ブランド / サービス / UX / GUI / HMI / 紙媒体 / 映像 / など) 【参考情報】 TIER IV Website https://tier4.jp/en/

59_Autonomous Driving - Security Engineer

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As an Autonomous Driving - Security Engineer, you will be responsible for ensuring the highest level of security by engaging with all stages of the development and operation lifecycle, from threat analysis to penetration testing. You will bridge among hardware, software, and cloud development teams to ensure the security of the system and the product during design, development, and testing. ・Develop security requirements ・Perform technical security assessments ・Develop threat models using industry best practices ・Analyze security incident and plan its countermeasures ・Identify security issues in product designs and implementations ・Encourage customers and communities to address security vulnerabilities

63_Simulator Engineer (ROS)

Autowareを効率的に開発し将来的に起こりうる事故を防止する鍵となるSimulation技術は非常に重要な柱の一つです。 そのため様々な走行環境をSimulationするツール群を開発していただけるロボット系のエンジニアを募集しています。 様々な走行環境をSimulationするためのツール群を開発していただきます。 ・3次元シナリオシミュレーションエンジンの開発 ・Simulatonに登場するNPCロジックの開発 ・シナリオ記述用言語、フォーマットの開発、実装 ・物理シミュレーションの実装 ・センサ挙動のモデリング

67_Cloud QA Engineer

【背景】 自動運転車両の搭乗者、走行中の他車両、歩行者等の安心・安全確保はティアフォーにとって最優先課題の一つです。自動運転システムとしての特性上、要求される品質レベルは非常に高く、様々なコンポーネントが複雑に絡み合うシステムです。そのため、システム全体として継続的に機能改善を続けつつ高い品質を保つかが課題となっています。また、システムを高速にリリースし続けることも求められています。ティアフォーの目指すVisionである「自動運転の民主化」に向けて、グローバルで利用される自動運転サービスを支えるシステムの品質を保証し、ユーザーへの価値を提供していきたいメンバーを募集しています。 【仕事内容】 次世代の自動運転クラウドサービスにむけた、テストプロセスの構築と最適化、品質技術と品質文化の浸透を担当していただきます。 ・開発プロセス(スクラム)に適したテストプロセスの設計構築 ・品質可視化と品質指標・基準の策定 ・不具合分析(混入原因、影響度、偏在)と改善に向けた対策 【チャレンジ・やりがい】 ・自動運転システムという未知の領域に関わる品質保証 ・未開拓な技術への挑戦と新たなプロセス導入 ・新規事業から基盤となる事業まで幅広く携われる

70_自動運転開発企画推進

【背景】 ティアフォーでは、自動運転社会実現のために複数の国家・民間プロジェクトを推進しております。足元ではプロジェクト数が増加しているのみならず、各プロジェクトの規模も拡大しており、より重点的にプロジェクトの管理・推進をしていく必要がございます。こちらの取り組みをさらに加速させるため、プレーヤーとしてプロジェクトマネジメント業務に従事いただける方を募集致します。 【仕事内容】 - 社内外のステークホルダーを巻き込んだ自動運転に関する各種プロジェクトマネジメント - プロジェクトの全体管理のサポート - 社内における開発についてPDCAを迅速に回すための基盤整備 - 契約締結の取りまとめ - 国家プロジェクトの助成・委託元、民間のプロジェクト相手とのコミュニケーション - プロジェクトの予実管理 - 報告書の取りまとめ 等 【チャレンジ・やりがい】 - 全社横断のプロジェクトを中心となって推進するため、大変やりがいを感じられる業務です。 - プロジェクトを推進していくなかで、技術的な知識やビジネス推進力を身に着けることが可能なポジションです。

71_テクニカルプロジェクトマネージャー

当社の事業戦略・技術戦略に沿って、社内外のステークホルダーにとって最適化された QCD (Quality, Cost, Delivery Timing) を実現するのために、チャレンジングだが現実的な開発計画を立案して頂きます。そして、一度立案した開発計画に対して、それを実現するために、開発チームを含む全関係部門をリードすることによって、プロダクトのローンチを成功に導くという重要なポジションを担って頂きます。具体的には以下のような責任を負います: 1. 開発プロセスの設計とその遂行 - 組織の構造、構成人数、成熟度に応じて、当社の事業戦略・技術戦略を実現する上で最適な開発プロセスを設計する - 設計したプロセスを各チームが実施した際に、想定した効果が出ているかPDCAをまわし、プロセス上の新たな課題が発生すれば、エンジニアなど関係者と共に解決を進め、開発プロセスを改善する 2. 開発計画およびリソース配分計画の立案 - 当社の各プロダクト、各システム、各チームの計画と実績およびその差分を可視化する方法を設計する - 上記に加えて、プロダクト間・システム間・チーム間の依存関係やそれによって生じる課題を可視化する方法を設計する - 上記の方法に基づいて、各チームの計画立案を支援し、開発計画上 QCD に影響する課題が予見されるのであれば、エンジニアなど関係者と共に解決を進める 3. 開発進捗の把握と課題解決 - 各プロダクト、各システム、各チームの進捗確認を行う会議体の設計とその運営を実施する - 開発進捗に課題があれば、必要に応じて経営陣を含むステークホルダーにエスカレーションを行い、エンジニアなど関係者と共に課題解決に取り組む - 当社や関連会社の経営陣に対して、定期的に開発進捗・課題・リスクを報告する 4. 開発成果物やリリースの管理 - 開発計画上重要な節目となる会議体の準備をエンジニアなど関係者と共に実施する - 各プロダクトのリリースプロセスを定義し、担当するエンジニアとともに成果物のリリースを実施する

72_Technical Writer

At TIER IV, we build self-driving solutions for many operational domains covering a broad range of applications. Building on widely-used open-source software, we provide both the foundational self-driving technology as well as the integration and customisation necessary to provide our customers with complete self-driving applications. As a technical writer, you will - Collaborate with cross-functional teams to capture their intentions from rougth design and write, publish, and maintain high-quality documentation for engineering audiences as well as for external partners - Design information architecture for complex documentation sets - Organize existing documents, identify documentation needs, and spearhead efforts to fill in gaps - Manage multiple, competing priorities in a fast-paced, constantly changing environment

75_自動運転リスク低減エンジニア

仕事概要 ・ティアフォーでは、より安全で安心な自動運転社会の実現に向けて、自動運転サービス・システムに関するすべての安全性を確認し、常に説明可能な状態を保つための仕組みづくりを進めています。 ・自動運転に関する広い知識及びエンジニアリング、分析手法などを使用して、走行前・走行後のリスクの抽出とその対処方策に関する論理的説明、未知のリスクの抽出を行い、安全性を高めるための対処方策等をエンジニアと相談する作業に従事していただきます。 仕事内容 ・自動運転システムに関する既知のリスクアセスメントおよび未知のリスクの抽出 ・自動運転システムを使った実証実験などのリスクアセスメントおよび安全性の確認 ・自動運転車の法規適合性・標準規格への対応の確認 チャレンジ・やりがい ・自動運転を世に出すためには、安全性は最も重要な部分です。一方でどこまでやれば安全かという基準に関してはまだ模索しているところであり、自動運転黎明期の一番難しいところにチャレンジできます。 参考情報 ・ブログ記事  ・https://tech.tier4.jp/entry/2021/04/07/160000  ・https://tech.tier4.jp/entry/2020/05/08/163000

83_総務スタッフ

総務チームはオフィスファシリティの管理、労働環境の整備等、職場環境を快適に保つことで社員の安全/安心を守り経営に資する事がミッションです。 また、各種規定整備/管理をしながら、社内問題解決のために適切な委員会を設置するなど、会社全体を見渡し問題解決提案ができる視野の広さが求められます。 今回補充するポジションの詳しい業務内容(候補者様のご経験やご希望から、チーム内でどのような役割を担ってもらうのかを決定いたしますので、得意分野などがあればここから追加する事も可能です) ・オフィスファシリティ管理業務 ・各種規定管理 ・固定資産管理 ・車両管理 ・各種保険管理 ・契約書管理 ・他各種行政向け事務作業 ・アシスタント業務 など

88_社内情報システム

今後急拡大する組織、事業の規模に適切に対応するため、会社内での情報システムを整備し、従業員が情報セキュリティ的に安全、かつ必要な情報に対する機密性・完全性・可用性を高度に担保された環境で安心して業務ができるよう、社内情報システムを提供・整備・運用していくことがミッションとなります。 主な業務内容 1. 社内で利用しているネットワーク機器、PC、Webサービスの運用環境の構築と運用 2. 各種Webサービスのアカウントライセンス、利用状況の可視化と最適化 3. 社内の様々な定常業務の自動化とDX推進

M01_チーフリサーチャー候補【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーで推進している3次元地図、位置推定、自動運転システムに関する研究開発の統括していただきます。 研究開発計画の策定、エンジニア及びリサーチャーのマネジメント、研究開発パートナー(ティアフォー、大学、研究機関、企業)との連携の推進、 最新の研究成果のキャッチアップ等、幅広く業務を担当し、最先端の研究開発をリードしていただきます。

M02_ソフトウェアエンジニア (LiDAR SLAM・Visual SLAM・GNSS/IMU)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにて3次元地図技術や位置推定技術に関する業務を行います。 具体的には、LiDAR SLAM, Visual SLAM, GNSS / IMUの複合航法等の研究調査、ソフトウェア開発に取り組んで頂きます。 必要に応じてフィールドでのデータ計測や、実証実験や各種プロジェクトに関わるソフトウェア開発等にも参加して頂きます。

M03_ソフトウェアエンジニア (自動運転システム開発)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにてオープンソース自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発、実証実験に取り組んでいただきます。 要件に応じた自動運転システムを設計・開発し、シミュレータを用いた事前評価、 テストフィールドでのデータ収集や評価まで、Autowareを用いた実証実験全体を進めていきます。

M04_ソフトウェアエンジニア (ウェブ開発)【子会社マップフォーの求人です】

株式会社マップフォーにて開発を進めている、3次元地図に関するウェブシステムの開発を行います。 大規模な地図データ作成、管理のためのプラットフォームを構築し、 自動運転システム等で地図データを活用しやするための開発を推進していただきます。

Sensing & Perception 学生エンジニア

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Sensing & Perceptionエンジニアは、Lv4 自動運転において最も重要な機能の1つである、車両に搭載したセンサを利用しての自車両の周囲に存在する交通参加者・静止物の認識を行う技術の開発が主な責務となります。 研究・開発・評価・ベンチマーク等を通して、Sensing & Perceptionの専門的知識の蓄積と現実課題への対応を行い、これら技術を社内/社外で利用可能な形で成果をオープンにすることで自動運転開発の加速を目指しています。 【仕事内容】 ・Sensing & Perception関連の最新論文のサーベイ、再現実装やベンチマーク ・機械学習基盤/評価基盤への機能実装、テストコードの実装、学習評価用データセットの構築 ・センサからの入力データへの、ノイズ除去/歪み補正/異常検知等の信号処理アルゴリズムの実装 ・カメラ画像、LiDAR点群へのアノテーション 【チャレンジ・やりがい】 ・最先端の自動運転技術に貢献できる ・実課題に対してチャレンジできる ・OSS への貢献ができる

Sensing & Perception 学生データマネージメント

【背景】 TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する幅広いアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Sensing & Perceptionエンジニアは、Lv4 自動運転において最も重要な機能の1つである、車両に搭載したセンサを利用しての自車両の周囲に存在する交通参加者・静止物の認識を行う技術の開発が主な責務となります。 研究・開発・評価・ベンチマーク等を通して、Sensing & Perceptionの専門的知識の蓄積と現実課題への対応を行い、これら技術を社内/社外で利用可能な形で成果をオープンにすることで自動運転開発の加速を目指しています。 【仕事内容】 ・カメラ画像、LiDAR点群へのアノテーション ・カメラ画像、LiDAR点群のアノテーションに対する品質保証 【チャレンジ・やりがい】 ・最先端の自動運転技術に貢献できる ・実課題に対してチャレンジできる ・OSS への貢献ができる

TIER IV Student Researcher

This program aims to financially support the research activities of master’s and doctoral students who share TIER IV’s vision "The Art of Open Source, Reimagine Intelligent Vehicles” and to create an opportunity where talented students can immerse themselves in research, enhance their research capabilities, and produce results that contribute to the future of the autonomous driving industry. Academic advice and evaluation data sets will be provided by the researchers and engineers affiliated with TIER IV to support the publication of research results as well as financial support. We also encourage open-source publication of the research results, and expect selected research projects to contribute to the R&D of Autoware ( https://www.autoware.org/projects ). 【Support period】 Period: 6 months to a maximum of 3 years *Please indicate the desired period when applying. *After the program starts, it will be revised every 3 months. 【Start month and application deadline】 Start Month: Please select 1) October 2022 or 2) April 2023 Application Deadline: 1) June 30, 2022 or 2) December 31, 2022 *Depending on the screening process, the start month may be delayed by 6 months. 【Document submission】 - Resume - Research proposal, research plan, and expected results (please download the application form from: https://bit.ly/3LZQR5p ) - The research proposal should include at least the following information: ・How your research will contribute to the improvement of autonomous driving technology or the democratization of automated driving. ・Functions that you would like to add to Autoware - Material that shows your experience in research, development, and program implementation (e.g., Github link, LinkedIn, development related blogs, conference presentations, submitted papers, etc.) *If you wish to include any research associated with your university project in your proposal, please get permission from your academic advisor before submitting.

ティアフォー学生研究員

【ティアフォー学生研究員制度について】 ティアフォーが掲げるビジョン「自動運転の民主化」に共感を持ち、自らそれを実現する意欲に満ち溢れた修士課程・博士課程学生の研究活動を支援する制度です。 学生の挑戦的な研究課題とスタートアップの野心的な事業を協創させることで、ポテンシャルを秘めた学生が研究に没頭できる時間と空間を生み出し、研究力の底上げを促進しつつ、自動運転の未来とティアフォーの世界に資する成果を出していただく狙いです。   奨励金支給による経済的支援に加え、研究成果の論文発表を支援すべく、ティアフォーに所属もしくは協力体制にある大学教員、研究員、エンジニアらによる学術的なアドバイスや評価用のデータセットを提供します。 また、研究成果のオープンソース公開を強く推奨し、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェアであるAutoware(https://www.autoware.org/projects)の研究開発への貢献も期待します。 修士課程・博士課程学生のポテンシャルを尊重し、研究力の向上および成果公開を支援するとともに、自動運転の実現にも貢献していただくユニークな支援制度です。 今回の応募分野は以下の通りです。 --- ハードウェアアクセラレータ、メニーコア、ASIC/SoC システムソフトウエア、コンテナ、仮想マシン リアルタイムシステム、組み込みシステム 位置推定、地図生成 --- 【採用後の研究報告】 ・3ヶ月毎に研究進捗の報告会を実施 (研究を継続できないことが明らかなときや、研究の進捗状況に著しい問題があり、研究成果を達成できないときは、ティアフォー学生研究員の資格を喪失させ採用を終了することがあります) ・研究進捗、相談希望に応じて、月1回程度、研究内容向上目的のディスカッションの場を設定 【支援概要】 ・奨励金:月額25万円(特に優秀な場合は月額40万円)  ※税法上所得とみなされ課税の対象となります  ※報告会等に要する交通費は実費を支給 ・期間:6ヶ月〜最長で3年間  ※申込時に希望期間を記載  ※開始後は3ヶ月毎に更新確認 【応募書類】 ・履歴書 ・ティアフォー学生研究員制度申請用 研究提案書 (以下のリンクよりダウンロードしてご利用ください。) https://docs.google.com/document/d/1hqiETxHF253XQlo2-CkvdzPBNPd9MQXGeRDawo6Vod8/edit?usp=sharing ※研究提案書には、少なくとも下記内容を含むこと  ・ご自身の研究が自動運転技術の向上または自動運転の民主化にどのように貢献するか  ・自動運転用オープンソースソフトウェアであるAutowareに追加したいと考えている機能 ※これまでの研究、開発、プログラム実装経験がわかるもの  (例:GitHub、LinkedIn、開発関連ブログ、学会発表、投稿論文など) ※支援開始月と期間  ・開始月は2022年10月または2023年4月から選択  ・期間は6ヶ月〜最長3年間で3ヶ月単位で記載 ※大学で実施中の研究を提案書に記載する場合は、指導教官の許可を得たうえで提出してください。 【応募締め切り】 ・2022年10月支援開始の場合:2022年6月30日期限 ・2023年4月支援開始の場合:2022年12月31日期限 ※ただし、審査の過程によっては開始時期が半年ずれることがあります。 【審査の流れ】 ・書類審査及び面談  ※面談は1回または2回、研究内容に応じて回数が変わる可能性があります。 ・最終結果通知:審査期間2か月程度

学生エンジニア

Autowareに関する機能開発や性能解析、WebのFrontend・Backend開発、自動運転車両構築支援などご経験に応じて要相談 ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料

学生データエンジニア

ティアフォーが取得したデータの整理・タグ付けなど ・履歴書の提出が必須です(JIS規格A4。ExcelやWordのフォーマットに記入したものでも可)。 ・以下共有可能な情報をお送りください。 -GitHubやLinkedIn、開発関連ブログのリンク -在学中の研究内容資料 -インターンやアルバイト内容記載資料 -その他自己PR資料