株式会社ティアフォー 全ての求人一覧08. Hardware & Mechatronics の求人一覧
株式会社ティアフォー 全ての求人一覧

1006_Sensing Engineer (Autonomous Driving)

TIER IVは、オープンソースの自律走行ソフトウェアであるAutowareの開発・運用を行い、自律走行に関連する様々なアプリケーション、ソリューション、サービスを提供しています。 Autonomous Driving Sensing System R&D Engineer は自動運転システムにおける Sensing 技術の開発を行います。 関連分野における学位やソフトウェアエンジニアリングのスキル、自動運転/運転支援(ADAS)分野やロボティクス分野での実経験をお持ちの方が特に歓迎されます。 Autonomous Driving Sensing System R&D Engineer は以下のことを行います。 - 自動運転の Perception/Localization のためのセンサシステムの設計/開発 - センサシステムにおけるセンサドライバ/キャリブレーション/同期システムの設計/開発 - 次世代センサやシステムについて車両/ベンチ等での性能/機能評価、テストケース設計 - ADAS/自動運転分野におけるセンシングの最新技術やトレンドを調査する 上記のような技術群を開発し、TIER IV におけるプロダクト群や OSS に対して貢献につなげることが求められます。 参考: TIER IV ADK(https://sensor.tier4.jp/) ・雇入れ直後: 自動運転ソフトウェア、及び周辺プラットフォームに関する開発・製造業務 ・変更の範囲: 上記開発に関連する周辺業務全般、及び会社が指定した業務
1006_Sensing Engineer (Autonomous Driving)

1117_ソフトウエアエンジニア(組み込みコンピューティング)

TIER IVでは、自動運転システム向けのアクセラレータIPを搭載したSoCの性能を最大化し、システムへの要求のフィードバックを行うソフトウェアエンジニアを募集しています。 TIER IV offers software engineers a unique opportunity to be at the forefront of self-driving system development. This role involves maximizing the performance of SoCs with accelerator IP for self-driving systems and providing crucial feedback on system requirements. 【背景】 TIRE IVでは、完全自動運転を実現するためのアプリケーションと、それを車載計算機システムとして実現するためのハードウェア開発を行っています。この中でも車載計算機システムにおいては、従来までの組み込み機器としての高い信頼性に加えて、人を代替する制御、認識能力のための高性能性が求められます。このような計算機システムの開発においては、求められる高度な数理最適化、先端AI技術を計算機システムの観点で正しく解析することで、現行システム上の最適化は当然のこと、次世代の計算機開発の方針を決定するためのフィードバックが必要です。 本JDでは、この解析、最適化、計算機設計の3軸を一体的に行うソフトウェアエンジニアを募集します。 TIER IV develops applications for fully self-driving and hardware to realize them as in-vehicle computer systems. In particular, in-vehicle computer systems require high reliability as conventional embedded devices and high performance for control and recognition capabilities that can replace humans. In developing such computer systems, the required advanced mathematical optimization and advanced AI technology must be analyzed correctly from the perspective of the computer system to provide feedback for determining the policy for the development of the next generation of computers, as well as for optimization of the current system. In this job description, we are looking for a software engineer who can integrate these three aspects: analysis, optimization, and computer design. 【仕事内容】 ・自動運転システムアプリケーションのISA環境間の移植(x86/ARM/RISC-V等) ・GPGPU型アクセラレータ上のスレッド並列化/データフロー最適化 ・GPGPU型アクセラレータへの適用アプリケーションの探索 ・Simulator/Emulator環境でのアプリケーションソフトウェア性能解析・改善 ・CPU/アクセラレータのヘテロジニアス環境において使用効率を高めるためのソフトウェアライブラリ開発 ・SoC搭載ボードのドライバソフトウェア開発 ・アプリケーションのハードウェア資源使用推定と分析・プロファイリング ・システムソフトウェア及びアプリケーションの検証環境の構築 ・Porting of self-driving system applications between ISA environments (e.g., x86/ARM/RISC-V) ・Thread parallelization/dataflow optimization on GPGPU-based accelerators ・Exploration of applications for GPGPU-based accelerators ・Analysis and improvement of application software performance in Simulator/Emulator environments ・Development of software libraries to increase usage efficiency in CPU/accelerator heterogeneous environments. ・Driver software development for boards with SoC ・Hardware resource usage estimation and analysis/profiling of applications ・Establishment of verification environments for system software and applications 【チャレンジ・やりがい】 ・ソフトウェアエンジニアとして、プロセッサやSoCのアーキテクチャ設計者と密に連携することで、ソフトウェア・ユースケース観点からの最適実装について、ハードウェア設計へのフィードバックが直接行える ・自動運転技術に最適なハードウェア実装に対して、ソフトウェアとして性能を最大限に引き出すことによって、他に類を見ない性能のアクセラレータ開発を行う ・自動運転技術における性能・電力・コストといった課題の解決を行うことで、自動運転の民主化をハードウェアから推進する ・As a software engineer, you can work closely with processor and SoC architecture designers to provide direct feedback to the hardware design on the optimal implementation from a software use case perspective. ・Develop accelerators with unparalleled performance by maximizing performance as software for optimal hardware implementations for self-driving technology. ・Solving performance, power, and cost issues in self-driving technology will promote its democratization from a hardware perspective. ・雇入れ直後: 自動運転ソフトウェア、及び周辺プラットフォームに関する開発・製造業務 ・変更の範囲: 上記開発に関連する周辺業務全般、及び会社が指定した業務
1117_ソフトウエアエンジニア(組み込みコンピューティング)

1601_メカトロニクスエンジニア

TIER IVでは、自動運転用車両の開発もおこなっています。 メカトロニクスエンジニアの主な業務は、自動運転に必要なセンサやコンピューティング機器を車両に搭載するための設計開発です。 自動運転をするための要求を理解し、機能を満たす車両の仕様を策定する能力が求められます。 車両構築にあたっては、外部メーカーとの協力も欠かせません。 社内外の協力者と協議を重ねながらプロジェクトを推進する必要があります。 もちろん、自ら手を動かして車両の改造や機材の開発、保守整備を行うこともあり、メカトロニクスに関する幅広い知識を持っている方を歓迎します。 ・雇入れ直後: 自動運転ソフトウェア、及び周辺プラットフォームに関する開発・製造業務 ・変更の範囲: 上記開発に関連する周辺業務全般、及び会社が指定した業務
1601_メカトロニクスエンジニア