株式会社Hacobu の全ての求人一覧
株式会社Hacobu の全ての求人一覧

【corp】人事・労務担当

【corp】人事・労務担当

事業も組織も急成長中の当社。今後もさらなる成長が見込まれており、その組織を支える管理部門も同様に急成長が求められております。 特に、社員が働きやすい環境を整えるための人事・労務関連に期待されるミッションも増加傾向にあり、組織強化として労務メンバーを増員することにいたしました。 目下成長中な組織のため、未整備なものや不足している部分も多くあります。変化に対し柔軟に対応いただけたらと思います。また、今後増員予定ではありますが、まだ少数精鋭体制のため、メンバー間での相互協力が必要不可欠です。 狭い意味での労務業務にこだわらず、他メンバーのサポートにも積極的に関わっていただけると嬉しいです。逆に、他メンバーからのサポートも受けられる環境を作り、相互に助け合うチームワークを通じて問題解決を図っていくことを重視します。 【コア業務 - 労務】 ・勤怠管理(労働時間管理の仕組みの進化なども含む) ・人事管理(入退社管理、産休・育休対応、休職・退職対応等) ・給与関連実務(給与・賞与計算、年末調整、給与テーブルメンテナンス等) ・上記各種業務に関わる顧問社労士の窓口対応 ・労務コンプライアンス整備(各種規程・ルールの整備、法改正対応、全社的な労務管理の意識向上に向けた取り組み等) ・働きやすい環境整備(衛生委員会の運営、産業医とのコミュニケーション、人事部他メンバーと連携した福利厚生制度の設計・運用、健康相談窓口対応) 【その他関連業務】 ・エンゲージメント施策の企画・実行 ・労務アルバイト1名の業務マネジメント など
【Hacobu Strategy】物流DXコンサルタント

【Hacobu Strategy】物流DXコンサルタント

【本ポジションに求められる役割】  物流DXコンサルタントは、物流・SCMのDX変革にかかわる様々なプロジェクトをマネジャーと共に主体的に推進していくポジションです。データを活用した変革、SaaSやテクノロジーを活用した変革、経営戦略にかかわる変革プロジェクトにプロフェッショナルメンバーとして参画します。経験豊富なHacobuのメンバーの知識を活用・吸収しながら主体的にお客様の問題に向き合うことで、大きく成長できる機会が得られます。と同時に、普段あまり会うことのない経営陣の方々とも話す機会が多いので、業務の中で自分の成長を実感できるポジションであるとも思います。 具体的な職務内容:週1日~2日の工数のプロジェクトを複数管理するスタイルです。クライアントにとって比較的リーズナブルな価格を保ちつつ、実行までの実益を目指す伴走型で、「痒い所に手が届く」スタイルを心掛けています。 【プロジェクトの推進】  ・物流業務における問題点の整理と課題の抽出、解決策の創出  ・提案書・報告書の企画作成、プロジェクトファシリテーションおよびスコープとスケジュール管理  【組織づくり】  ・自部門でのメンバー育成やサポート  ・社内横断PJへの参画 など  【マーケティング活動、その他】  ・業界最新動向の調査、最新分析手法の研究  ・社外向けセミナー登壇 など
NO IMAGE

【SaaS事業本部】SDRポジション

Hacobuのプロダクトに興味をお持ちいただいている未取引のお客様へアプローチいただきます。 マーティングチームとセールスチームを繋ぎ、Hacobuのビジネスを成長へと導く司令塔として、マーティング精度が向上し質の高いリードが数多く創出されていく「グッドサイクル」を回し続けていただくことを期待しています。 ◆具体的な業務内容 マーケティングチームが獲得したリードを商談化させ、フィールドセールスに繋ぐ役割となります。 ・インサイドセールス業務(商談創出・リード育成) 問合せやセミナーに参加されたお客様に対し、電話でアプローチを実行します。(メールでアプローチする場合もあります)商談化のためにはお客様から具体的な課題を引き出す必要があるため、SPINを活用したヒアリング能力が求められます。 プロダクトの成熟度や営業の状況によって、商談化のラインを柔軟にコントロールする必要があります。 ・マーケティングチームへの貢献 収集したお客様の声をもとに改善点の共有や、セミナーなど具体的な企画立案をマーケティングチームと一体となって行います。 単に商談化すれば良いのではなくマーケティングチーム、営業チームそれぞれと連携し商談の量・質をコントロールする【現場の司令塔】の役割です。マーケティング・営業プロセスの全体像を俯瞰して活動することが求められます。 一方で、インサイドセールス業務は日々の行動をおろそかにしては成し得ないため、地道で泥臭い仕事でもやり切る力、仮説構築と実証を繰り返して業務改善する力、セルフマネジメント能力が活きるポジションです。 ◆このポジションのやりがい・魅力 ・あらゆる手段を使って商談機会の最大化を図るチームです。マーケティング全体の戦略策定へのフィードバックを行うなど、インサイドセールス業務にとどまらない広範囲に対して裁量をもって取り組んでいただけます。 ・SDRとしてリーダーやマネジメントへのステップアップ、エンタープライズ営業チームやマーケティングチームへ異動しキャリアの幅を広げるなど、様々なキャリアパスの可能性があります。 ◆「モノが運べなくなる未来」から日本を救う 物流業界は、紙・FAX・電話中心のアナログ業務と多重下請け構造が原因で、非効率なオペレーションと長時間労働が常態化しています。そのため、深刻な人手不足を初めとした多くの課題を抱えており、このままではスーパーなどの小売に物が並ばない世界がやってくると言われています。 日本をその世界から救うためにも、根本解決するための物流DXの推進(IoTとアプリケーションの積極活用による業務運用改善)が急がれています。 ◆主力システムの導入実績は業界シェア1位の6500拠点 「物流業界全体のプラットフォームをつくり、私たちの取り組みに対し、多くの大手企業からの賛同をいただいており、事業は順調に成長を続けております。 私たちの主力システムでもあるトラック予約受付システムはすでに6500拠点に導入されており、第1位の業界シェア56%を誇っています。 実績例:アスクル、ビッグカメラ、ユニリーバ、花王、グリコ、日本通運、佐川急便、川崎重工業など 事例紹介はこちら:[https://movo.co.jp/case_study](https://movo.co.jp/case_study)
【SaaS事業本部】エンタープライズセールス

【SaaS事業本部】エンタープライズセールス

【仕事内容】 当社のSaaSプロダクトを通じたDX推進・実現のコンサルティング営業をお任せします。単にSaaSプロダクトで売上を上げるだけでなく、プロダクトを世の中に浸透させることで社会課題を解決していきます。現在の注力業界は消費財流通、自動車、化学業界です。それらの業界での大手メーカーや小売企業などをターゲットにアカウントプランニングを行い、開拓をしていきます。 【ミッション】 「モノが運べなくなる未来」から日本を救う 物流業界は、紙・FAX・電話中心のアナログ業務と多重下請け構造が原因で、非効率なオペレーションと長時間労働が常態化しています。そのため、深刻な人手不足を初めとした多くの課題を抱えており、このままではスーパーなどの小売に物が並ばない世界がやってくると言われています。 日本をその世界から救うためにも、根本解決するための物流DXの推進(IoTとアプリケーションの積極活用による業務運用改善)が急がれています。 また、私たちのアプリケーションが浸透することによって得られる物流ビッグデータ(どこからどこに、だれがいつどのようになにを運んでいるか)が蓄積され、そのデータを活用して複数企業を巻き込んだ社会最適実現プロジェクトを遂行していきます。 そして、そのような志をもったセールスメンバーが集まっています。 【実際のソリューションの事例】 ・大手日用品メーカー様:単体SaaSプロダクト導入を皮切りに複数プロダクト導入するロジスティクスDXプロジェクト全体の提案 ・大手飲料メーカー:戦略コンサルティングチームによるDX戦略策定プロジェクトから複数SaaSプロダクト導入提案 ・大手電機メーカー様:SCM改革プロジェクトの中での複数SaaSプロダクト導入によるロジスティクスDX提案 【業務の流れ(新規案件の場合)】 ・コンタクト開始 ・顧客課題の洗い出し ・解決に向けたロードマップの策定 ・キーマンとのリレーション構築 ・社内外の関係者との調整 ・役員等トップマネジメントへの提案および意思決定支援 ※顧客にしっかりと向き合えるよう、プロセスごとの業務分担ではなく、最初のコンタクトから、クロージングまで一気通貫で担当する体制をとっています。 ※1案件のクロージングまでの期間は平均で約3カ月です。 ※システム導入後はカスタマーサクセスと連携しながら顧客をサポートしていきます。1つの拠点でまずは導入して効果検証を行い、その結果を踏まえて導入サービスの追加や、導入拠点の追加などのアップセルにつなげていきます。最終的には顧客の全拠点での導入を通して経営改革を目指します。
NO IMAGE

【SaaS事業本部】エンタープライズセールス ※非物流業界出身者歓迎

【仕事内容】 当社のSaaSプロダクトを通じたDX推進・実現のコンサルティング営業をお任せします。単にSaaSプロダクトで売上を上げるだけでなく、プロダクトを世の中に浸透させることで社会課題を解決していきます。現在の注力業界は消費財流通、自動車、化学業界です。それらの業界での大手メーカーや小売企業などをターゲットにアカウントプランニングを行い、開拓をしていきます。 ◆このポジションのやりがい・魅力 ・お客様の業務課題解決と物流DXを推進するソリューション営業としての経験、成長が得られます。 ・BtoBサービスのセールスとしてのキャリアを歩むことができます。 【ミッション】 「モノが運べなくなる未来」から日本を救う 物流業界は、紙・FAX・電話中心のアナログ業務と多重下請け構造が原因で、非効率なオペレーションと長時間労働が常態化しています。そのため、深刻な人手不足を初めとした多くの課題を抱えており、このままではスーパーなどの小売に物が並ばない世界がやってくると言われています。 日本をその世界から救うためにも、根本解決するための物流DXの推進(IoTとアプリケーションの積極活用による業務運用改善)が急がれています。 また、私たちのアプリケーションが浸透することによって得られる物流ビッグデータ(どこからどこに、だれがいつどのようになにを運んでいるか)が蓄積され、そのデータを活用して複数企業を巻き込んだ社会最適実現プロジェクトを遂行していきます。 そして、そのような志をもったセールスメンバーが集まっています。 【実際のソリューションの事例】 ・大手日用品メーカー様:単体SaaSプロダクト導入を皮切りに複数プロダクト導入するロジスティクスDXプロジェクト全体の提案 ・大手飲料メーカー:戦略コンサルティングチームによるDX戦略策定プロジェクトから複数SaaSプロダクト導入提案 ・大手電機メーカー様:SCM改革プロジェクトの中での複数SaaSプロダクト導入によるロジスティクスDX提案 【業務の流れ(新規案件の場合)】 ・コンタクト開始 ・顧客課題の洗い出し ・解決に向けたロードマップの策定 ・キーマンとのリレーション構築 ・社内外の関係者との調整 ・役員等トップマネジメントへの提案および意思決定支援 ※顧客にしっかりと向き合えるよう、プロセスごとの業務分担ではなく、最初のコンタクトから、クロージングまで一気通貫で担当する体制をとっています。 ※1案件のクロージングまでの期間は平均で約3カ月です。 ※システム導入後はカスタマーサクセスと連携しながら顧客をサポートしていきます。1つの拠点でまずは導入して効果検証を行い、その結果を踏まえて導入サービスの追加や、導入拠点の追加などのアップセルにつなげていきます。最終的には顧客の全拠点での導入を通して経営改革を目指します。
【SaaS事業本部】カスタマーサクセス

【SaaS事業本部】カスタマーサクセス

Hacobuのシステムを導入決定されたお客様に伴走し、オンボーディングの実施からシステム活用促進、 および運用の改善提案をお任せいたします。 【お仕事の内容】 - オンボーディング(導入・安定稼働までの支援) - 活用促進・運用改善の提案 - サービス運営に関わる業務改善や、新規機能の企画立案 - 運用に関するデータ分析・更新に対する提案 - システムの品質向上を目的とした社内への提案 ※ご入社いただいたら・・・ 先輩メンバーとチームになって、まずはオンボーディング業務を中心にプロジェクトを複数経験いただきます。最初はわからないことも多いと思いますがチームでサポートしますのでご安心ください。自分1人で担当できる業務範囲を少しずつ広げていただきながら、ゆくゆくはお1人でプロジェクトを推進できるようになっていただければと思います。 ご経験・習得レベルにあわせながら、徐々にお任せするプロジェクトの規模や難易度は上がっていきますので、担当するプロジェクトの規模感を通じて、自分の成長も実感することができます。 ◆「導入したら終わり」ではなく、お客様に伴走し価値を提供できる仕事 Hacobuのカスタマーサクセスは、お客様ごとに担当がつき、導入決定のタイミングから安定稼働・その後の効果検証まで一気通貫でお客様に寄り添ってサポートを行っています。 「導入したら終わり」といった関係性ではなく、システムを通じてお客様が抱えていた課題がちゃんと解決できたのかを見届けられますし、自分の改善提案やサポート内容次第で、お客様の課題解決レベルも満足度もUPさせることが可能です。 常日頃からお客様からの声から感じた新機能追加案や改善案について、開発チームとディスカッションを重ねます。そのディスカッションから実際にシステムに反映された例も数多くあります。 ビジネスチームと開発チームが常に連携し、お客様の声に積極的に耳を傾けているからこそ、カスタマーサクセスは「Hacobuのソリューション」と「課題を抱えているお客様」をつなぐ架け橋としての役割を大いに果たすことができます。 「お客様に本当に役に立つ提案をしたい」とお考えの方には、その想いを実現できる魅力的なポジションといえます。 ◆「モノが運べなくなる未来」から日本を救いたい 物流業界は、紙・FAX・電話中心のアナログ業務と多重下請け構造が原因で、非効率なオペレーションと長時間労働が常態化しています。 そのため、深刻な人手不足を初めとした多くの課題を抱えており、このままではスーパーなどの小売に物が並ばない世界がやってくると言われています。 日本をその世界から救うためにも、根本解決するための物流DXの推進(IoTとアプリケーションの積極活用による業務運用改善)が急がれています。 ◆主力システムの導入実績は業界シェア1位の6500拠点 「物流業界全体のプラットフォームをつくり、私たちの取り組みに対し、多くの大手企業からの賛同をいただいており、事業は順調に成長を続けております。 私たちの主力システムでもあるトラック予約受付システムはすでに6500拠点に導入されており、第1位の業界シェア56%を誇っています。 実績例:アスクル、ビッグカメラ、ユニリーバ、花王、グリコ、日本通運、佐川急便、川崎重工業など 事例紹介はこちら:https://movo.co.jp/case_study
NO IMAGE

【SaaS事業本部】経営企画

経営企画ポジション
全社戦略をベースに、COOと共にビジネス拡大に向けた施策プランニングと実施をリードいただきます。成長過程にあるスタートアップ企業における経営に近い立場で、世の中のデジタルトランスフォーメーションの流れを牽引する醍醐味を味わえる仕事です。コンサルティング企業では体験できない戦略の実行部分まで携わることができます。 ※ご経験によっては、メンバーではなく、マネージャー候補としてジョインいただく可能性もございます。 <具体的には> ・事業成長を実現する戦略・戦術の立案と実行(PR・マーケティング・営業を通貫する施策の策定) ・営業・カスタマーサクセスにおけるKPI設計 ・その他COOの補佐全般(株主との事業シナジー実現のための折衝・契約実務、パートナー企業や代理店チャネル開拓など) ※既存顧客例:アスクル、花王、ネスレ、ユニリーバなど →事例紹介はこちら:https://movo.co.jp/case_study
QAエンジニア

QAエンジニア

IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム Logistics Cloud「MOVO」のQAをお任せします。 「MOVO」では現在5つのプロダクトが稼働しています。10名前後の職能横断型チームをプロダクト毎に組んでおり、スクラム開発を採用しています。プロダクトの品質に責任を持ちより良いプロダクト、チーム作りに力を発揮していただきます。 【業務内容】 - PO / BE / FE / De / QAで構成されるプロダクトチームの一員としてスクラムイベントに参加し、各種仕様レビュー、仕様改善、テスト計画、テスト設計、テスト実行を行う - E2Eテスト自動化の導入・実装・運用・メンテナンス - 開発・テストプロセスの改善活動 - バグ・不具合再発防止の対策・改善 【使用ツール】 - テストツール:Playwright / Postman - プロジェクト管理:JIRA - ソースコード管理::GitHub - コミュニケーション:Slack / Notion / Miro / Zoom - その他:Figma / Datadog / CircleCI 【特徴】 - チーム全員でプロダクトを作っていくことを意識しています。 QAもただテストするだけではなく、仕様策定の段階からチーム全体で取り組み、エンジニアは技術的観点、QAは品質観点から仕様を作り上げていきます。 - 当社のValueにある「Give it a try.」精神で試したいこと・やってみたいことがあれば挑戦しやすいカルチャーです。 - QAもビジネスメンバーと物流現場に行き、ユーザの生の声を聞き、UI/UX改善に取り組んでいます。 - リーダーだけに頼らず、一人ひとりオーナーシップを持って開発・業務をしているメンバーが多いです。 【入社後のサポート体制】 リモートワークがメインということもあり、よりスムーズに業務に力を発揮できるようオンボーディングを重視しています。全社的なオンボーディングプロセスはもちろんのこと、チームからはプロダクト理解を技術面からサポートするトレーナーとコミュニティに迎えるため伴走するバディのアサイン、CTOとのweekly-1on1等、様々な施策でオンボーディングを支援します。 【Hacobuの向き合う社会課題】 物流プロセスは荷主、運送、倉庫などステークホルダーの多さと複雑さから、イノベーションが後回しにされてきました。個社最適は進むものの全体最適が進まない状況です。その状況は物流クライシスという社会課題となって表出してきており、日本も国家として取り組む重要なテーマとなっています。 Hacobuは「MOVO」の活用により個別領域の効率化を推進しつつ、様々な事業者が協調しながら全体最適を目指していく土台を提供することで、「運ぶ」の最適化を目指します。 【この仕事で得られるもの】 <B2B SaaSプロダクトのグロース経験とゼロイチ経験> 既にたくさんのお客様にご利用いただいているプロダクトや、今後拡大、展開を目指すプロダクトなど、直面している課題やフェーズはプロダクトによって異なります。そのため、QAメンバーとして、様々な段階のプロダクト開発を経験することができます。また、現在複数の新規プロダクトが検討中ということもあり、0→1フェーズのプロダクト開発に関わるチャンスもあります。 社員インタビューはこちら: 物流はコンピュータアーキテクチャに似ている。Hacobuで実現する物流の未来とは。【Hacobuに入社した理由】 https://www.wantedly.com/companies/hacobu/post_articles/448899
テックリード

テックリード

「運ぶ」の課題をワンストップで解決するアプリケーション群 Logistics Cloud「MOVO」のテックリードをお任せします。 主力となるトラック予約受付サービス「MOVO Berth」は国内8,000拠点で導入されており、トラックドライバーの3人に1人にあたる10万人を超えるユーザーにご利用頂いているなどトップクラスの業界シェアを誇ります。 現在、物流のバリューチェーン間の連携を強化するためのプラットフォーム開発と、「MOVO Berth」に続く新規プロダクトの立ち上げを推進しています。そこで、システムアーキテクチャ設計から実装、安定運用実現に向けた開発リードをご担当いただきます。 利用企業の増加に伴ってMOVO全体のデータ量及びトラフィックは増加し続けているため、スケーラビリティやコスト最適化を意識した設計が求められます。担当範囲もアンチパターンを考慮したAWSインフラ設計、マイクロサービス間におけるトランザクション処理やIoTデバイスが生成するストリームデータの処理など多岐に渡るため技術的な挑戦機会も数多くある環境です。 ビジネスサイドとテックサイドが一体となってスクラム開発を推進しているため、チームやユーザーとの対話をしながら開発に取り組むことができます。時には物流現場に足を運んでユーザーインタビューに参加することもあり、ユーザーに向き合ってものづくりをするカルチャーがあります。 企業間物流の世界では「紙、FAX、電話のアナログで非効率な業務」「人手不足」といった問題が未解決のまま残っており、結果として物流危機と呼ばれる社会課題が発生しています。2030年にはトラックなどで輸送している荷物の約36%が運べなくなり、同年で最大10兆円の損失が発生するとの推計すら存在します。 このままでは欲しいものを欲しい時に手に入れる時代は過去のものになるかもしれません。その危機を、テクノロジーの力で乗り越えようとしているのがHacobuです。 「Hacobuという会社が生まれなかったら大変なことになっていたね」そう語り継がれる会社を一緒につくりませんか? 【技術環境】 - 開発言語(BE): Go - 開発言語(FE): TypeScript - フレームワーク:Echo(BFFのみ) - ライブラリ: React(Hooksで構成), Redux, styled-components, zod ...etc - 開発ツール: Storybook, webpack, Vite, ESLint, Prettier, Jest - API:FE(OpenAPI, GraphQL), BE(gRPC) - インフラ・ミドルウェア:AWS(EKS, Lambda, Aurora MySQL, DynamoDB, ElastiCache for Redis, Kinesis, S3, SQS ...etc), Istio, Docker - 構成管理ツール:Terraform, Ansible - CI/CD: CircleCI, ArgoCD - モニタリング:Datadog - ログ:Datadog Logs, CloudWatch Logs, fluentbit - データ基盤:Data Portal, BigQuery - その他:GitHub, Slack, Atlassian, JetBrains, Visual Studio Code, Figma 【新規プロダクト立ち上げイメージ】 - 物流領域における課題と解決方法の仮説を立て、プロダクトオーナー・エンジニア・デザイナー1名によるプロトタイプ開発(1ヶ月程度) - ファーストユーザの業務で実際につかってもらい、FBを受けながらMVP開発(1-2ヶ月程度) - QAやエンジニアを増員し、テストフェーズを経てリリース(2ヶ月程度) 【開発チームについて】 - プロダクトオーナー、エンジニア、QA、デザイナーによる職能横断型チームによる、1〜2週間スプリントでのスクラム開発 - プロダクト毎に最適化されたチーム運営 / スクラムイベント、ワークスタイル(リモートorオフィス)等はチームの裁量に委任 - GitHub Flowをベースとしたプルリクエスト開発 - CircleCI、ArgoCDによるCI/CD環境 【チームの文化】 - 有志によるモブプログラミングの実施 - エンジニアリングマネージャーによる月次1on1 - Zoomによるリモート雑談部屋 - Slack timesチャンネルによる個人分報
バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニア

IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム Logistics Cloud「MOVO」のバックエンド開発をお任せします。 「MOVO」のバックエンドはGo言語/gRPC/k8sを基盤としたマイクロサービスで構成されており、現在PF基盤と5つのプロダクトが稼働しています。プロダクト毎に数名〜10名超の職能横断型チームを組んでおり、スクラム開発を実施しています。 そのコアメンバーとして、開発・運用を通した物流課題の解決に力を発揮いただきます。 【業務内容】 - Go/gRPCによる機能開発・リファクタリング - プロダクトの安定運用・チューニング・コスト最適化 - 要件に最適な仕様検討・アーキテクチャ設計・技術選定 - 継続的なチーム開発のためのチーム運営 【技術スタック】 - 開発端末:Mac/Win/Linux から選択可 - 開発言語:Go - フレームワーク:Echo(BFFのみ) - API:FE(OpenAPI, GraphQL), BE(gRPC) - インフラ・ミドルウェア:AWS(EKS, Lambda, Aurora MySQL, DynamoDB, ElastiCache for Redis, Kinesis, S3, SQS ...etc), Istio, Docker - 構成管理ツール:Terraform, Ansible - CI/CD: CircleCI, ArgoCD - モニタリング:Datadog - ログ:Datadog Logs, CloudWatch Logs, fluentbit - データ基盤:Data Portal, BigQuery - その他:GitHub, Slack, Jira, JetBrains, Visual Studio Code, Figma, Notion, Box 【Hacobuの向き合う社会課題】 物流プロセスは荷主、運送、倉庫などステークホルダーの多さと複雑さから、イノベーションが後回しにされてきました。個社最適は進むものの全体最適が進まない状況です。その状況は物流クライシスという社会課題となって表出してきており、日本も国家として取り組む重要なテーマとなっています。 Hacobuは「MOVO」の活用により個別領域の効率化を推進しつつ、様々な事業者が協調しながら全体最適を目指していく土台を提供することで、「運ぶ」の最適化を目指します。 【テクノロジー本部について】 バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、QAエンジニア、デザイナー、R&Dエンジニアが所属しており、「MOVO」の開発運用をメインミッションとしています。最近はR&Dも開始しました。規模は2022年8月で31名、20代と30代以上の割合は4:6程度です。既婚者・子育て中のメンバーも多く、育児の状況にも理解があります。 【開発チームについて】 プロダクトオーナー、エンジニア、QA、デザイナーによる職能横断型チームです。数名〜10名超の規模感で2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 スクラムイベントやワークスタイルはチームに任されており、プロダクト毎に最適な運営を実現しています。また、チームには明確なリーダー職をおいていないこともあり、メンバー間での意見交換も活発です。 プロダクトに関する要望はプロダクトオーナーが一次受けとなり、スクラムイベントを通じてチームに展開されます。開発組織が社内受託組織にならないような構造を意識的に設計しているため、エンジニア個人に直接依頼が来るようなことはありません。 プロダクト理解やドメイン知識を深めるため、オンライン商談や現場でのユーザーインタビューへの参加、CSメンバーを交えた勉強会といった活動も実施しています。 【カルチャー】 - CTOやEM、メンバー間での1on1 - トレーナー・バディ制度 - 有志のモブプロ - ハドル、Discord によるリモート雑談 - timesチャンネルによる個人分報 - 自作キーボード部などの部活動 【入社後のサポート体制】 リモートワークがメインということもあり、よりスムーズに業務に力を発揮できるようオンボーディングを重視しています。全社的なオンボーディングプロセスはもちろんのこと、チームからはプロダクト理解を技術面からサポートするトレーナーとコミュニティに迎えるため伴走するバディのアサイン、CTOとのweekly-1on1等、様々な施策でオンボーディングを支援します。
フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア

IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム Logistics Cloud「MOVO」のフロントエンド開発をお任せします。 「MOVO」では現在5つのプロダクトが稼働しています。プロダクト毎に10名前後の職能横断型チームを組んでおり、スクラム開発を実施しています。そのコアメンバーとして、開発・運用に力を発揮いただきます。 また、プロダクトを横断した共通コンポーネント開発にも携わっていただきます。 【業務内容】 - TS/Reactによる機能開発 - デザイナーとの協業によるUI/UXの改善 - 共通コンポーネントライブラリの開発・運用 - 継続的なチーム開発のためのチーム運営 【技術環境】 - 開発言語: TypeScript - ライブラリ: React(Hooksで構成), Redux, styled-components, zod ...etc - 開発ツール: Storybook, webpack, Vite, ESLint, Prettier, Jest - API:OpenAPI, GraphQL - インフラ・ミドルウェア:AWS(EKS, Lambda, Aurora MySQL, DynamoDB, ElastiCache for Redis, Kinesis, S3, SQS ...etc), Istio, Docker - 構成管理ツール:Terraform, Ansible - CI/CD: CircleCI, ArgoCD - モニタリング:Datadog - ログ:Datadog Logs, CloudWatch Logs, fluentbit - データ基盤:Data Portal, BigQuery - その他:GitHub, Slack, Jira, JetBrains, Visual Studio Code, Figma, Notion, Box 【Hacobuの向き合う社会課題】 物流プロセスは荷主、運送、倉庫などステークホルダーの多さと複雑さから、イノベーションが後回しにされてきました。個社最適は進むものの全体最適が進まない状況です。その状況は物流クライシスという社会課題となって表出してきており、日本も国家として取り組む重要なテーマとなっています。 Hacobuは「MOVO」の活用により個別領域の効率化を推進しつつ、様々な事業者が協調しながら全体最適を目指していく土台を提供することで、「運ぶ」の最適化を目指します。 【テクノロジー本部について】 バックエンドエンジニア、フロントエンドエンジニア、QAエンジニア、デザイナー、R&Dエンジニアが所属しており、「MOVO」の開発運用をメインミッションとしています。最近はR&Dも開始しました。規模は2022年8月で31名、20代と30代以上の割合は4:6程度です。既婚者・子育て中のメンバーも多く、育児の状況にも理解があります。 【開発チームについて】 プロダクトオーナー、エンジニア、QA、デザイナーによる職能横断型チームです。数名〜10名超の規模感で2週間スプリントのスクラム開発を実施しています。 スクラムイベントやワークスタイルはチームに任されており、プロダクト毎に最適な運営を実現しています。また、チームには明確なリーダー職をおいていないこともあり、メンバー間での意見交換も活発です。 プロダクトに関する要望はプロダクトオーナーが一次受けとなり、スクラムイベントを通じてチームに展開されます。開発組織が社内受託組織にならないような構造を意識的に設計しているため、エンジニア個人に直接依頼が来るようなことはありません。 プロダクト理解やドメイン知識を深めるため、オンライン商談や現場でのユーザーインタビューへの参加、CSメンバーを交えた勉強会といった活動も実施しています。 【カルチャー】 - CTOやEM、メンバー間での1on1 - トレーナー・バディ制度 - 有志のモブプロ - ハドル、Discord によるリモート雑談 - timesチャンネルによる個人分報 - 自作キーボード部などの部活動 【入社後のサポート体制】 在宅勤務がメインということもあり、よりスムーズに業務に力を発揮できるようオンボーディングを重視しています。全社的なプロセスはもちろんのこと、チームからはプロダクト理解を技術面からサポートするトレーナーとコミュニティに迎えるため伴走するバディのアサイン、CTOとのweekly-1on1等、様々な施策でオンボーディングを支援します。
社内IT企画(コーポレートIT)

社内IT企画(コーポレートIT)

事業・組織ともに急成長中の当社にて、その成長に対応できるようコーポレートIT組織の体制を強化させることにいたしました。 当社のコーポレートIT組織は依頼に対して対応するような受け身な組織ではなく、社員の快適かつ安全なIT環境の実現や、将来を見据えたIT投資計画の立案など、主体的に動く組織です。こういった環境下で、今までのご経験を活かしご活躍いただける方を求めています。 ■お任せしたいミッション ・お客様が安心して当社サービスを利用出来るための情報セキュリティ体制の担保(ISMS含む) ・社員が高い生産性で快適に業務に集中出来るための環境の実現 ・急成長中のビジネスの将来を前提にしたIT投資の計画立案、ベンダー選定、実装を行う事 ■具体的には 以下の業務の設計・運用・ 改善・スケーラブルな仕組み化、それらにかかるベンダー選定や実装をお任せいたします。 ・Salesforce運用・保守および改善・再構築 ・5年後を見据えたIT投資の戦略策定、実行 ・SaaS利用を中心とした各種社内業務 ・社内ネットワーク / セキュリティ業務 ・貸与デバイス管理(PC/Mobile/Tablet等) ・ITヘルプデスク業務 ・各種ライセンス管理 / ID管理