モノグサ株式会社 の全ての求人一覧
モノグサ株式会社 の全ての求人一覧

【業務委託】コンテンツ作成担当

数学コンテンツ作成のため、以下の業務のうちいくつかを担っていただきます。 ①中学~高校数学(IA、IIB)の問題に必要な画像(図形や表など)を作成する ②中学~高校数学(IA、IIB)の問題(教科書レベル)を検算し、出題に誤りがないかを確認する ③アプリに問題が正しく表示されているかを確認する

BizOps / Business Operations Manager (ビジネス・オペレーションズ・マネージャー)

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■業務詳細・ミッション: ・組織横断的な仕組み(SFA、予算管理、業務フロー、会議体設計、権限設定、情報流通など)の整備を通じて、  事業組織のドライブと組織の拡張性を高めていく。 ・組織横断のPMO的な役割を果たしながら、各事業の進捗を見極めつつ、  成果を最大化するための最適なリソース配分を見極めてくただく。 ・また、急速に事業が拡大する中では、同じ業務フローの陳腐化がないよう業務を改善し続けながら、  常に一歩先の業務フローを構築し、組織の拡張性を担保することが期待される。 (例) ・販売管理(受注~請求)のフロー及びシステムの構築 ・Salesforce上でのオペレーションフローやダッシュボードの構築 ・BIツール導入によるBizデータの可視化や分析

Corporate Engineer

【弊社について】 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷無く自然に行える活動に変化させていくことで、人の生き方に様々な奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 【ポジションについて】 社内システム全般の企画/導入/活用支援/管理/運用/保守/監査を幅広くご担当いただきます。 設立以来、常に成長を続ける弊社にとって、情報システム基盤の拡充は欠かせません。 Corporate Engineering Teamには、IT技術の進化や環境変化などにスピード感をもってビジネス成長を加速させる「攻め」と、 弊社ならではの環境の堅牢性と柔軟性を高いレベルで維持するための「守り」の両輪から、社内IT全体に対してリードすることが期待されています。 【業務内容】 弊社内で使用しているクラウドサービス群の構成・運用に理解を深めていただき、ご経験に応じて下記業務をお任せします。 ▼概要 ・社内システム(主にSaaS)の導入企画、設計、導入、活用推進、維持管理、改善 ・社内インフラ(ネットワーク)の環境整備と改善 ・生産性向上を図るためのシステム対応 ・システム課題・障害に対する対策の計画と実行 ▼詳細 サービスデスク) ・従業者が抱えるソフトウェアとハードウェア、クラウドサービスの問題を解決するための技術的サポートの提供 ・マニュアル作成やTips共有 社内システム管理運用保守) ・PCの選定やキッティング ・ユーザーアカウントやライセンスその他IT資産の管理 ・各クラウドサービスの運用管理 ・ネットワーク機器メンテナンス 社内システムの改善) ・ユーザーからのフィードバックの分析と改善策の提案 ・情報セキュリティの強化・現状システムの課題点に対する克服 エンジニアリング) ・新規システムや機能の導入/構築作業 ・Script言語やローコードアプリ作成ツールなどを活用した業務効率化 その他) ・Pマーク事務局関連対応(Pマーク認証取得済み) ・セキュリティ教育実施 ・セキュリティインシデント対応 ▼使用ツールの一例 OS) macOS , Windows11 , iOS , Android SaaS) GoogleWorkspace,Slack,Notion,Jira,Figma,Salesforce,Zapier 【組織構成】 Corporate Engineering Teamへの配属となります。 現在社員1名という人員構成です。 【ポジションの魅力】 ・情報システム部門で1→10を整えていくフェーズであり、立ち上げ段階から関わることができる ・オンプレミス環境が無い、クラウドネイティブな環境でシステム構築・管理ができる
Corporate Engineer

Customer Reliability Engineer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること モノグサではCustomer Success(CS)とCustomer Reliability(CR)の2つの観点からSaaSビジネスにおける基本的かつ重要な機能の開発、社内外に対する技術的観点からの支援を行う職種としてCustomer Reliability Engineer(CRE)を定義しています。 「記憶を日常に。」するためには、Monoxerというサービスを長期的にお客さまに利用いただくことが必要と我々は考えています。そのためにはプロダクトを利用する上での不安を減らし、お客さまからの信頼を獲得し、お客さまを成功へと導くことが重要です。CREはこの観点からプロダクト開発だけでない領域に対してもオーナーシップを持って業務を遂行することが期待されています。プロダクト開発者・カスタマーサクセス・サポート・セールス・顧客と様々な人たちと密に関わりながら、エンジニアリング能力とデータを活用しながら業務を進めていただきます。 ■職務詳細 【CS】お客さまを成功に導くためのプロダクト開発と関係者との協業 ・お客さま自身によるプロダクト利用を促進するためのプロダクト開発 ・ビジネスメンバーが利用する顧客管理システムとの連携開発 ・ヘルススコア(お客さまのプロダクト利用状況のスコアリング)の設計・運用 ・ビジネスメンバーの業務自動化に向けた技術的支援 【CR】お客さまからの信頼を高めるためのプロダクト開発 ・契約から請求までの一連のプロダクト開発と外部会計システムとの連携 ・プロダクト上での顧客情報の管理・運用方法検討とプロダクト開発 ・お客さまからの問い合わせを効率的に解決するためのプロダクト開発 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Customer Reliability Engineer

Data Scientist

私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 当社は創業以来記憶活動のデータの蓄積を続けており、当社の最も重要な資産の一つです。モノグサのデータサイエンティストはデータ活用の最前線に立ち、プロダクト開発にあっては記憶活動の本質をデータから解明してMonoxerの改善に貢献することが、ビジネス推進にあってはデータに基づいたコミュニケーションですべてのステークホルダーがMonoxerと記憶の生み出す価値を確信できるようにすることが期待されています。 【業務内容】 * 新規案件の立ち上げ、関係者ヒアリング、要件定義、エンジニアリング、およびレポーティング * 対象となるプロセス等に関するデータの観察および分析 * 統計的手法の応用による解決に適し、かつステークホルダーを満足させるタスク定義 * 実データまたはシミュレーションに基づく、統計モデルの動作やアプリケーション挙動に関する評価方法の確立・実装、およびそれを用いた技術検証 * 統計モデルの動作についてのステークホルダーに対する説明、および説明可能性を高める(可視化等の)技術手法の開発・実装・検証 * 開発した統計モデルを運用するソフトウェアの開発 プロジェクト例: 基本的には機械学習エンジニアリングのタスクをお願いすることになりますが、ご志向に応じてよりデータ分析の比重が大きいプロジェクト(以下のリストの4つ目など)をお願いすることもあります。 * 記憶状況を推定するモデルの開発・改善 * 記憶事項の記憶困難度を推定するモデルの開発 * 個人の学習離脱を予測するモデルの開発とそれを用いた学習継続を助ける機能開発 * 契約組織の離脱予測とそれに基づく離脱抑止施策の実施

E2E Test Automation Engineer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること Monoxerは『記憶』という領域を取り扱う以上、長期間継続してプロダクトを使ってもらうということがとても重要です。 また、それと同時に、学習者の方々にとっては、受験前など人生の中でもとても大切な時期に長時間利用してもらうプロダクトでもあります。 本ポジションにおいてはE2Eテストの自動化を通じて効率の良い開発プロセスを実現しプロダクトの品質を向上させていくことをお任せします。 ■職務詳細 ・自動E2Eテストの環境構築と運用 ・検証計画の策定、検証項目の準備、検証の実施 ・テスト自動化を中心とした一連の開発プロセスの改善 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Frameork), C++ ・フロントエンド: Typescript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP, GKE ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ・BTS:JIRA

Engineering Manager

■当社について 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。 これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。 私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。 「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 ■仕事内容 ・ソフトウエアエンジニアの採用とチームのマネジメント ・チームの短期・長期目標設定 ・定期的な1on1や目標設定・フィードバックを通したメンバーのキャリア形成 ・チームがより大きなパフォーマンスを上げるための仕組づくり ・コードレビューやドキュメントレビュー ・担当領域におけるバグや機能開発の優先度管理 ・担当領域における技術的判断 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Framework), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack
Engineering Manager

Escalation Engineer(リーダー候補)

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること ユーザがMonoxerを利用する上で発生した課題を、さまざまな人と協力して素早く解決し、技術的な観点での利用の障壁を取り除くのがミッションです。 問合せは基本的にカスタマーサポートやカスタマーサクセスが対応しますが、その中でも解決に技術的な知見が必要な課題のエスカレーションを受け、ログやソースコードの調査、ソフトウェアエンジニアとの連携などを通じて課題解決をリードしていただきたいと思います。 ■職務詳細 エスカレーションされた課題への対応 ・再現手順や回避手段の確立 ・課題の優先度づけ ・原因特定のためのログやソースコード調査 ・解決に向けたエンジニアなど他職種とのコミュニケーション 潜在的課題への対応 ・顕在化していない課題の発生防止や、発生時の解決に資する機能などの開発 ・課題分析などに基づくプロダクトへのフィードバック ・社内向けコンテンツなどの整備・改善(技術仕様の整理など) 組織マネジメント ・業務プロセスの設計・運用・改善 ・事業拡大に対する組織設計 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play), C++ ・フロントエンド: Typescript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Escalation Engineerという新しい職種への挑戦や、組織立ち上げを経験出来ます ・課題解決という観点からさまざまな開発領域に関わり、多様なスキルを身につけることが出来ます ・エスカレーションを受けた課題に対応するだけでなく、必要に応じてエンジニアとして自ら開発を行うことも出来ます ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Escalation Engineer(リーダー候補)

Product Designer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■職務詳細 ・モノグサは既存事業としてBtoBtoCのビジネスを展開しつつ、そこで培った知見を活かして新規事業の展開を予定しています。 ・BtoC:学習者(生徒)が使うプロダクト(iOS, Android) ・BtoB:管理者(塾や学校の先生)が使うプロダクト(Web) ・このポジションでは、デザイナーとして課題解決・価値創造を実践し、事業成長をけん引することが期待されます。具体的には、以下のプロダクトデザインに関する業務を幅広く担当して頂きます。 ・ユーザーリサーチ ・プロダクト要件定義 ・プロトタイピング ・ユーザビリティテスト、デザインQAの実施 ・デザインシステムの構築・運用や、ガイドライン等の策定・浸透等 ■利用ツール ・Figma ・Illustrator ・Photoshop ・Slack

Product Manager(SaaS領域)

■当社について 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。 これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。 私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。 「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 ■本ポジションに期待すること Product Managerとして1つもしくは複数のプロダクトをご担当いただきます。 プロダクトマネジメントを通して、Monoxerをクライアントにとってなくてはならないプロダクトに成長させるのがミッションです。 ■本ポジションに期待すること Product Managerとして教師・管理者が利用する領域のプロダクトマネジメントをご担当いただきます。 プロダクトマネジメントを通して、Monoxerをクライアントにとってなくてはならないプロダクトに成長させるのがミッションです。 ご担当いただく領域には、アカウント管理、課題管理、学習状況分析、先生と生徒とのコミュニケーション、保護者向けのレポート機能などが含まれます。 既存機能の改善や新機能の開発を通して、プロダクトの成長をリードしていただきます。 ■業務内容 ・担当するプロダクト領域の中長期的な戦略の立案・策定・遂行 ・CTOや他のProduct Managerと協働し、Monoxer全体のProduct Visionを設定 ・ユーザリーサーチやデータ分析を通した課題の特定と分析 ・新機能開発をソフトウエアエンジニアやデザイナー、カスタマーサクセスと協働して進行させる ・新機能の要件定義やスケジュール管理 ・新機能の外部広報 ・担当領域のユーザを深く理解し、開発チームに声を届ける ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・プロダクト開発のすべてに対して裁量権高く取り組んでいただくことができます

Product Manager(Study領域)

■当社について 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。 これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。 私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。 「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 「記憶を日常に」というミッションに共感した多くのメンバーが集うモノグサで、全人類の「記憶」課題を解決するプロダクトの立ち上げ・グロースに貢献頂ける仲間を募集します。 ■本ポジションに期待すること MonoxerのProduct Managerとして、プロダクトがより多くの方に価値を届けられるようにするためのリードをご担当いただきます。 ご担当いただく領域は、既存学習関連機能の改善、学習者向けテスト関連機能の開発などが含まれます。 また、既存の学習機能だけでなく今のMonoxerにない新しい記憶体験をリサーチからローンチ・モニタリングまでリードしていただきます。 ■業務内容 ・担当するプロダクト領域の中長期的な戦略の立案・策定・遂行 ・CTOや他のProduct Managerと協同し、Monoxer全体のProduct Visionを設定 ・ユーザリーサーチやデータ分析を通した課題の特定と分析 ・新機能開発をソフトウエアエンジニアやデザイナー、カスタマーサクセスと協働して進行させる ・新しい記憶体験を考案・企画しMonoxerが「記憶」として扱える領域を拡張させる ・新機能の外部広報 ・担当領域のユーザを深く理解し、開発チームに声を届ける ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Framework), C++ ・フロントエンド: Typescript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・プロダクト開発のすべてに対して裁量権高く取り組んでいただくことができます
Product Manager(Study領域)

Senior Quality Assurance Engineer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること Monoxerは『記憶』という領域を取り扱う以上、長期間継続してプロダクトを使ってもらうということがとても重要です。 また、それと同時に、学習者の方々にとっては、受験前など人生の中でもとても大切な時期に長時間利用してもらうプロダクトでもあります。 本ポジションにおいては「ユーザーにとって使いやすいプロダクトになっているか、利用において不具合がないか」を検証しながら改善につなげ、プロダクトの品質を向上させていくことをお任せします。 ■職務詳細 ・品質向上戦略の策定 ・検証プロセスの構築と改善 ・リリースプロセスの整備と運用 ・自動E2Eテストの整備 ・QAの観点からプロダクトへのフィードバック ・開発チームをはじめ全社への品質理念の浸透 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Frameork), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP, GKE ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ・BTS:JIRA

Senior Site Reliability Engineer

Senior Site Reliability Engineer
■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを掲げ、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること ・Monoxerが安定的に運用され、かつよりスケーラブルなプロダクトに進化していくための設計や課題解決のリードをご担当いただきます。 ■職務詳細 ・オートスケール機構の整備 ・システム監視の強化 ・パフォーマンスボトルネックの特定と解消 ・検証環境や開発環境の改善 ・SREや関連する領域のSWEの技術的リード ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Framework), C++, Python ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP, GKE ・データべース:MySQL (Cloud SQL) ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ・CI/CD: Bitrise, GitHub Actions, Google Cloud Build, ArgoCD ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Senior Site Reliability Engineer

Senior Software Engineer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■職務詳細 ・記憶のプラットフォーム「Monoxer」のテックリード ・より複雑性が高い開発を担っていただく ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Senior Software Engineer

Site Reliability Engineer

Site Reliability Engineer
■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを掲げ、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■本ポジションに期待すること ・Monoxerが安定的に運用され、かつよりスケーラブルなプロダクトに進化していくための設計や課題解決に取り組んでいただきたます。 ■職務詳細 ・オートスケール機構の整備 ・システム監視の強化 ・パフォーマンスボトルネックの特定と解消 ・検証環境や開発環境の改善 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play Framework), C++, Python ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP, GKE ・データべース:MySQL (Cloud SQL) ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ・CI/CD: Bitrise, GitHub Actions, Google Cloud Build, ArgoCD ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Site Reliability Engineer

Software Engineer

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■職務詳細 ・記憶のプラットフォーム「Monoxer」の開発 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・Google出身のCTO中心に、ハイスキルな開発メンバーとスピーディな開発に携わることで、自身のスキルアップを実現できます。
Software Engineer

Software Engineer (学習者向け・モバイルアプリエンジニア)

■当社について 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。 これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。 私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。 「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 ■募集背景 これまで私たちはMonoxerを塾や学校向けに提供してきました。4000校舎以上で活用いただき、学習回数は20億回以上となっています。 その知見とデータを活用し、個人に向けたサービスの提供に取り組んでゆきたいと計画しています。 個人向けサービスの開発の立ち上げや、塾や学校での利用でも共通する学習の領域を中心にプロダクト開発に取り組んでいただく方を募集しています。 ■業務内容 モノグサの提供するアプリケーションの新機能設計、開発および機能改善 ・個人向けサービスの新規開発 ・学習効率、学習継続率の向上に関する開発 ・学習時に利用するアプリのUX改善のための開発 ■使用言語/ツール/開発環境 ・サーバサイド: Scala(Play), C++ ・フロントエンド: TypeScript, React, Redux ・Android: Kotlin, C++ ・iOS: Swift, C++ ・インフラ:GCP ・データべース:MySQL ・コード管理: GitHub ・コミュニケーション:Slack ■本ポジションの魅力 ・「記憶」という未知かつ壮大なビジネス領域にチャレンジしていくため、様々な面で新しいことに挑戦する機会が数多くあります。 ・個人向けサービスの0→1での立上げに携わっていただき、サービス企画から、仕様検討、開発、リリースまで一気通貫に経験できます。

オープンポジション

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■職務詳細 ビジネス/コーポレート/プロダクトにおける業務 ※具体的にお任せする職務内容は面談の中でご相談させていただきます。 一例: ・事業企画 ・経営企画 ・営業推進 ・総務 ・コーポレートエンジニア ・テクニカルサポート
オープンポジション

カスタマーサクセス・事業開発

■職務詳細 学校や塾、一般企業等の法人顧客に対して「Monoxer」の活用支援や「Monoxer」を通じた課題解決の提案・顧客の目標達成の実現 例: ・フィールドセールスが契約を獲得してきた大手顧客向けの導入・活用伴走 ・継続契約やアップセルの提案 ・顧客の一次情報をもとに、プロダクトチームなど他職種と協働したプロダクト改善提案、仕組みづくり ・データ分析を基にした顧客別の活用改善提案、プロダクト改善提案 ■事業開発もコアミッション 社内に事業開発/Bizdev専任のポジションは存在せず、 Sales・CSがその役割を担っているのがモノグサの組織特徴の一つ。 Biz組織横断で推進されるプロジェクト体制を整備しているため、 各プロジェクトへの参画を通して、必然的に事業開発のミッションを担っていただけます。 ---------------------------- 【当社について】 国内のみならずグローバルも対象に、記憶にまつわる課題を解決していくSaaS企業として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 【事業領域は拡張中】 教育機関をはじめ、大手企業での導入も急拡大中。 セールスイネーブルメントやリスキリングの目的で、営業組織での導入が順調に伸びています。 またグローバルや医療領域での事例も増えており「記憶」の新たな可能性に期待が寄せられています。 ---------------------------- 【モノグサCSならではのやりがい】 「記憶」にまつわる課題は、教育機関や一般企業 問わず、無数に存在しています。 しかし、そのほとんどが受け手(学習者)側の自己努力に委ねられており、 適切な解決方法や業務フローへの組み込みはこれまで一切注目されてきませんでした。 そのため、記憶できるか否かは「個人の才能」のように扱われ、 いわばブラックボックス状態にあるのが「記憶」の根本課題と考えています。 だからこそモノグサのカスタマーサクセスは、 顧客課題を記憶のアプローチから紐解いていき、 顧客の経営方針や組織体制に合わせた運用基盤の設計・推進、支援までを広く担い、 最終的には経営課題と紐づけた提案を中長期で行っていくことが使命となります。 顧客への提供・介在価値の大きさはもちろんのこと、 これまで変わらなかった当たり前を変革していく社会的インパクトの大きさも 「記憶」という新たなる領域でカスタマーサクセスをするやりがいの一つです。 【顧客接点にこだわるプロフェッショナル意識】 CSチームは立ち上げ当初から、 自組織内のイネーブルメントに全員がこだわって取り組んできました。 属人的な折衝力の集まりでは事業を牽引できる再現性はないと考え、 顧客に向き合う上で必要なスキルを自分たちで言語化・定義し、 その装着に向けてチーム全員で真摯に取り組む姿勢は、他組織からの信頼にもつながっています。 ※CSチームは、まだ各領域8~10名ずつと少数精鋭の組織です。  ぜひコアメンバーとして一緒に市場づくりをご一緒させてください!
カスタマーサクセス・事業開発

カスタマーサクセス・事業開発(マネージャー候補)

■職務詳細 ・カスタマーサクセス組織の戦略・戦術設計、推進 ・大手顧客向けの活用伴走、活用/アップセル提案 ・顧客接点にて得た情報や課題感を、プロダクトチーム等の他職種へ改善提案をする『事業開発』 ・カスタマーサクセス組織のメンバーマネジメント ■事業開発もコアミッション 社内に事業開発/Bizdev専任のポジションは存在せず、 Sales・CSがその役割を担っているのがモノグサの組織特徴の一つ。 Biz組織横断で推進されるプロジェクト体制を整備しているため、 各プロジェクトへの参画を通して、必然的に事業開発のミッションを担っていただけます。 ---------------------------- 【当社について】 国内のみならずグローバルも対象に、記憶にまつわる課題を解決していくSaaS企業として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 【事業領域は拡張中】 教育機関をはじめ、大手企業での導入も急拡大中。 セールスイネーブルメントやリスキリングの目的で、営業組織での導入が順調に伸びています。 またグローバルや医療領域での事例も増えており「記憶」の新たな可能性に期待が寄せられています。 ---------------------------- 【モノグサCSならではのやりがい】 「記憶」にまつわる課題は、教育機関や一般企業 問わず、無数に存在しています。 しかし、そのほとんどが受け手(学習者)側の自己努力に委ねられており、 適切な解決方法や業務フローへの組み込みはこれまで一切注目されてきませんでした。 そのため、記憶できるか否かは「個人の才能」のように扱われ、 いわばブラックボックス状態にあるのが「記憶」の根本課題と考えています。 だからこそモノグサのカスタマーサクセスは、 顧客課題を記憶のアプローチから紐解いていき、 顧客の経営方針や組織体制に合わせた運用基盤の設計・推進、支援までを広く担い、 最終的には経営課題と紐づけた提案を中長期で行っていくことが使命となります。 顧客への提供・介在価値の大きさはもちろんのこと、 これまで変わらなかった当たり前を変革していく社会的インパクトの大きさも 「記憶」という新たなる領域でカスタマーサクセスをするやりがいの一つです。 【顧客接点にこだわるプロフェッショナル意識】 CSチームは立ち上げ当初から、 自組織内のイネーブルメントに全員がこだわって取り組んできました。 属人的な折衝力の集まりでは事業を牽引できる再現性はないと考え、 顧客に向き合う上で必要なスキルを自分たちで言語化・定義し、 その装着に向けてチーム全員で真摯に取り組む姿勢は、他組織からの信頼にもつながっています。 ※CSチームは、まだ各領域8~10名ずつと少数精鋭の組織です。  ぜひコアメンバーとして一緒に市場づくりをご一緒させてください!
カスタマーサクセス・事業開発(マネージャー候補)

ビジネス職:オープンポジション(事業開発/BizDev)

■Monoxer(モノグサ)について 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 ■当社のビジョン 弊社が開発、運営する『Monoxer』は、4000教室以上に導入をいただくEdtechサービスまで成長することができました。特に直近数年で事業・組織共に急拡大をしておりますが、弊社は「記憶」のプラットフォーマーであり、全人類が顧客になりうると考えております。今後はグローバルや社会人・研修領域、ヘルスケア領域等の幅広い領域に展開することを計画しており、知的活動の根幹を担う「記憶」という切り口で全人類に対して本質的な価値提供を行っていきたいと考えています。 ■業務内容 Monoxerの今後の非連続な成長を実現するために、ご志向やご経験に応じて事業開発(BizDev)として下記業務をお任せ致します。全てをお一人にお任せするということではなくプロジェクトベース、所属チームのミッションベースで業務内容や役割をご相談させていただければと思います。 (詳細な業務内容についてはご面談で擦り合わせをさせてください) ①クライアントの共感獲得/浸透 ・教育業界DX化の最前線でのクライアント(経営層/決裁権者/自治体)やアライアンス先(出版社)向けの提案活動 ・ビジネス組織における業務フロー構築 ・セールス組織、カスタマーサクセス組織のマネジメント業務 ②プロダクト/サービス企画 ・社内のビジネス組織、PdM、デザイナー、エンジニアとの協業と、市場で求められるプロダクトの要件落とし込み ・マーケットプレイスの拡大戦略立案、実行 ・新しい機能性の決定やパッケージのプライシング、市場において勝てる商品の仕立て ・販促戦略の立案、実行
ビジネス職:オープンポジション(事業開発/BizDev)

フィールドセールス・事業開発

■募集背景: 今後のさらなる事業成長に向け、既存の教育領域でのPMF達成や、 企業領域での導入の加速、他領域での記憶課題の発掘による新たな市場創りを 並行しながらもよりスピード感をもって行っていく必要があります。 そのためには私たち事業開発セールスが、 顧客/ユーザーの記憶課題を特定しながらプロダクトの価値を届け、 同時に顧客接点から見えてきた新たな課題やニーズを、 プロダクトや事業に提案していく動きがより一層、高い水準で求められます。 0→1、1→10両方のフェーズにおいて予算責任を持って挑戦できる、 事業開発セールスのコアメンバーを募集しています。 ■職務詳細: 塾や学校、一般企業等の法人顧客に対して「Monoxer」を活⽤した課題解決提案を行います。 ・顧客の潜在課題に対して”記憶”の切り口から課題解決をご提案 ・“記憶予算”はない中で、顧客の意思決定をリードしていく顧客折衝 ・組織として再現性高く成果を出すためのイネーブルメント施策の設計と推進 ・開発・CS組織と連携した事業開発プロジェクトの推進 ・セールスチームのメンバーマネジメント業務 ■担うミッション: ・全人類の記憶にまつわる課題解決に向け、  解像度高く顧客やユーザーの1次情報を取得し、事業・プロダクトへ還元すること ・より多くの新たな顧客からMonoxerへの共感を獲得することで、  事業としての成長を最前線で牽引していく ■本ポジションの魅力: 【事業開発もコアミッション】 社内に事業開発/Bizdev専任のポジションは存在せず、 Sales・CSがその役割を担っているのがモノグサの組織特徴の一つ。 Biz組織横断で推進されるプロジェクト体制を整備しているため、 各プロジェクトへの参画を通して、必然的に事業開発のミッションを担っていただけます。 【直で感じる社会的意義】 Monoxerは「記憶」というこれまで個人の才能や 自己努力としてブラックボックス化していたテーマに対し、 新しい当たり前を提案しているプロダクトです。 すでにある正解や他社のベストプラクティスはなく、自分たちでマーケットを創っていく、 そんな社会的インパクトを最前線で感じていただける役割です。 【顧客接点にこだわるプロフェッショナル意識】 Sales組織がまだ数人だった時代から、 自社内のイネーブルメントには全員がこだわって取り組んできました。 属人的な営業力の集まりでは事業を牽引できる再現性はないと捉え、 組織として必要な営業スキルを自らで定義し、 その装着に向け全員で真摯に取り組む姿勢は、他組織からの信頼にもつながっています。 ------------- ■当社について: 私たちは、記憶にまつわる課題を解決していく会社として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 EdTech(エドテック)か?と聞かれると、そうでもあり、それでもありません。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■導入実績は5,000超 全国の塾・学校・大手企業で導入されています。 直近は、一般企業への導入にも注力しており、セールスイネーブルメントやリスキリングなど、「記憶」の新たな可能性に期待が寄せられています。 グローバル展開を見据えたリサーチも進めており、全世界で400兆円以上のマーケット規模を見込んでいます。 ■モノグサならでは: 【ミッション・プロダクトドリブンな事業経営】 私たちは記憶課題を解決するMonoxerを「全人類に届けること」を使命としています。 その実現向けては究極、人が介在しなくても顧客/ユーザーに届けられる状態、 つまり、プロダクトの価値向上が非常に重要だと考えています。 そのためにも、更なる事業開発をどう加速させるかが全社のテーマであり、 顧客のニーズや課題を最も的確に把握しているSalesはその重要な役割を担っています。 【既存の正解はまだない「記憶」の領域】 記憶という、これまで誰も取り組んでこなかった新規性の高い領域故に、 既存の正解やベストプラクティスはまだ存在していません。 そのため、事業推進においては「顧客の一次情報」がすべてであり、 それらをどれだけ解像度高く、適切に把握できているかが非常に重要となります。 顧客に最も近いSalesはまさにその最前線に立っていますので、 日々の顧客接点の中で得れる一次情報を事業・プロダクトに還元していくことも 重要なミッションと定義しています。 ------------- ■組織が拡大しても、一人一人が事業開発を担い続けられるのはなぜ? 【Biz組織横断でのプロジェクト体制を整備】 個々の担当顧客に依存しない・領域横断で取り組むべきイシューを しっかりと体系立てて取り組めるよう、 Business組織横断でのプロジェクト体制をひいています。 全メンバーが何らかのプロジェクトにアサインされており、 担当顧客との折衝業務と並行して、事業開発に携わっていただく機会が整っています。 【事業開発のミッションは評価項目・等級要件にも明記】 事業開発の取り組みはどうしても時間軸が中長期になります。 そのため、その過程や取り組みもしっかりと評価していける評価体制にしています。 加えて、適切な育成体制を社内で構築できるように 事業開発要素は等級要件にも明記し、段階的にチャレンジすることが可能です。 【Dev組織との距離感の近さ】 CEO竹内とCTO畔柳が共同創業している当社では、 Biz組織とDev組織は常に対等であり、相互へのリスペクトを大切にしています。 同じベクトルで取り組んでいる意識が醸成されているからこそ、近い距離感で協働しやすい環境にあります。 ■Salesの組織風土は? 【営業成績のランキングや表彰制度などは一切ありません】 本質的な事業開発や顧客の課題解決に向き合いきれる環境だからこそ、 制度がない状態でも熱意と使命感をもった自律したメンバーが集まっています。 【上下関係がなくフラットな関係性】 全社共通で入社年次に関わらず敬語で話す文化があります。 経営陣⇔メンバー間でも相互に敬語で話すほど、常に相手への敬意やリスペクトを軽んじない風土があります。 【感情で何かが決まることはなく、合理的な意思決定や建設的な議論を好む風潮】 新しい市場に向き合っているからこそ、バイアスを持たずに、 常に本質に立ち返って深く思考することがモットーです。 ■組織強化に向け取り組んでいることは? 【独自の入社後オンボーディングプログラム】 入社後、早期にご活躍いただけるよう、 顧客の課題特定~共感獲得までに必要な営業スキルを定義し、 それらを身につけるためのプログラムを組織内で用意しています。 これまで全Salesメンバーが同じプログラムを経て早期にスキルを装着してきました! 【常にアップデートし続ける社内イネーブルメント】 「この人だから売れる」という状態では、全人類に届けるには至りません。 常に成功要因を言語化・型化し組織としての再現性を追求すること、 プロダクトへのフィードバックを通して中で根本解決を図ることを重視しています。 ※事業開発セールスチームは、まだ各領域2~8名ずつの少数精鋭の組織です。  ぜひコアメンバーとして一緒に市場づくりをご一緒させてください!
フィールドセールス・事業開発

フィールドセールス・事業開発(マネージャー候補)

■募集背景: 今後のさらなる事業成長に向け、既存の教育領域でのPMF達成や、 企業領域での導入の加速、他領域での記憶課題の発掘による新たな市場創りを 並行しながらもよりスピード感をもって行っていく必要があります。 そのためには私たち事業開発セールスが、 顧客/ユーザーの記憶課題を特定しながらプロダクトの価値を届け、 同時に顧客接点から見えてきた新たな課題やニーズを、 プロダクトや事業に提案していく動きがより一層、高い水準で求められます。 0→1、1→10両方のフェーズにおいて予算責任を持って挑戦できる、 事業開発セールスのコアメンバーを募集しています。 ■職務詳細: ・学校や塾、一般企業等の法人顧客に対して「Monoxer」を活⽤した課題解決提案 ・顧客接点にて得た情報や課題感を、プロダクトチーム等の他職種へ改善提案をする『事業開発』 ・セールスチームのメンバーマネジメント ・セールス戦略・戦術の設計、推進 ・社会人領域やグローバルなど新領域進出に向けたリサーチや戦略・戦術の設計、推進 ■本ポジションの魅力: 【事業開発もコアミッション】 社内に事業開発/Bizdev専任のポジションは存在せず、 Sales・CSがその役割を担っているのがモノグサの組織特徴の一つ。 Biz組織横断で推進されるプロジェクト体制を整備しているため、 各プロジェクトへの参画を通して、必然的に事業開発のミッションを担っていただけます。 【事業へのオーナーシップ】 経営レイヤーとディスカッションしながら、 セールスの戦略・戦術の設計に携わることができます。 重要顧客との折衝、メンバーマネジメント、組織開発、 社内イネーブルメントの構築/推進、他社とのアライアンス検討など、 ご自身の職域をフルに広げていただくことができるポジションです。 【顧客接点にこだわるプロフェッショナル意識】 Sales組織がまだ数人だった時代から、 自社内のイネーブルメントには全員がこだわって取り組んできました。 属人的な営業力の集まりでは事業を牽引できる再現性はないと捉え、 組織として必要な営業スキルを自らで定義し、 その装着に向け全員で真摯に取り組む姿勢は、他組織からの信頼にもつながっています。 ------------- ■当社について: 私たちは、記憶にまつわる課題を解決していく会社として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 EdTech(エドテック)か?と聞かれると、そうでもあり、それでもありません。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■導入実績は5,000超 全国の塾・学校・大手企業で導入されています。 直近は、一般企業への導入にも注力しており、セールスイネーブルメントやリスキリングなど、「記憶」の新たな可能性に期待が寄せられています。 グローバル展開を見据えたリサーチも進めており、全世界で400兆円以上のマーケット規模を見込んでいます。 ■モノグサならでは: 【ミッション・プロダクトドリブンな事業経営】 私たちは記憶課題を解決するMonoxerを「全人類に届けること」を使命としています。 その実現向けては究極、人が介在しなくても顧客/ユーザーに届けられる状態、 つまり、プロダクトの価値向上が非常に重要だと考えています。 そのためにも、更なる事業開発をどう加速させるかが全社のテーマであり、 顧客のニーズや課題を最も的確に把握しているSalesはその重要な役割を担っています。 【既存の正解はまだない「記憶」の領域】 記憶という、これまで誰も取り組んでこなかった新規性の高い領域故に、 既存の正解やベストプラクティスはまだ存在していません。 そのため、事業推進においては「顧客の一次情報」がすべてであり、 それらをどれだけ解像度高く、適切に把握できているかが非常に重要となります。 顧客に最も近いSalesはまさにその最前線に立っていますので、 日々の顧客接点の中で得れる一次情報を事業・プロダクトに還元していくことも 重要なミッションと定義しています。 ------------- ■組織が拡大しても、一人一人が事業開発を担い続けられるのはなぜ? 【Biz組織横断でのプロジェクト体制を整備】 個々の担当顧客に依存しない・領域横断で取り組むべきイシューを しっかりと体系立てて取り組めるよう、 Business組織横断でのプロジェクト体制をひいています。 全メンバーが何らかのプロジェクトにアサインされており、 担当顧客との折衝業務と並行して、事業開発に携わっていただく機会が整っています。 【事業開発のミッションは評価項目・等級要件にも明記】 事業開発の取り組みはどうしても時間軸が中長期になります。 そのため、その過程や取り組みもしっかりと評価していける評価体制にしています。 加えて、適切な育成体制を社内で構築できるように 事業開発要素は等級要件にも明記し、段階的にチャレンジすることが可能です。 【Dev組織との距離感の近さ】 CEO竹内とCTO畔柳が共同創業している当社では、 Biz組織とDev組織は常に対等であり、相互へのリスペクトを大切にしています。 同じベクトルで取り組んでいる意識が醸成されているからこそ、近い距離感で協働しやすい環境にあります。 ■Salesの組織風土は? 【営業成績のランキングや表彰制度などは一切ありません】 本質的な事業開発や顧客の課題解決に向き合いきれる環境だからこそ、 制度がない状態でも熱意と使命感をもった自律したメンバーが集まっています。 【上下関係がなくフラットな関係性】 全社共通で入社年次に関わらず敬語で話す文化があります。 経営陣⇔メンバー間でも相互に敬語で話すほど、常に相手への敬意やリスペクトを軽んじない風土があります。 【感情で何かが決まることはなく、合理的な意思決定や建設的な議論を好む風潮】 新しい市場に向き合っているからこそ、バイアスを持たずに、 常に本質に立ち返って深く思考することがモットーです。 ■組織強化に向け取り組んでいることは? 【独自の入社後オンボーディングプログラム】 入社後、早期にご活躍いただけるよう、 顧客の課題特定~共感獲得までに必要な営業スキルを定義し、 それらを身につけるためのプログラムを組織内で用意しています。 これまで全Salesメンバーが同じプログラムを経て早期にスキルを装着してきました! 【常にアップデートし続ける社内イネーブルメント】 「この人だから売れる」という状態では、全人類に届けるには至りません。 常に成功要因を言語化・型化し組織としての再現性を追求すること、 プロダクトへのフィードバックを通して中で根本解決を図ることを重視しています。 ※事業開発セールスチームは、まだ各領域2~8名ずつの少数精鋭の組織です。  ぜひコアメンバーとして一緒に市場づくりをご一緒させてください!
フィールドセールス・事業開発(マネージャー候補)

モノグサ 学生インターン1期生募集【ビジネス職】

【インターンシップの特徴】 ・事業開発セールス組織の一員としてジョインいただき、  実業務を裁量権をもってお任せする実践型の長期インターンです! ・実際に顧客へMonoxerを活用した課題解決提案(営業)も行っていただけます。  元リクルート最年少トップ営業のCEOが率いるセールス組織で、  周囲と大きく差をつけるビジネス力を身に着けていただけます! ・急成長スタートアップのモノグサだからこそ、  他インターンでは経験できない「よりリアルなビジネス経験」を積むことができます。  この夏の期間だけで、確実に成長できることをお約束します! ------------------------------- 【モノグサについて】 私たちは、人類の"記憶"という壮大な課題を解決していく企業として、 記憶のプラットフォーム「Monoxer」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 Monoxerは全国の塾・学校・大手企業で急速に導入が進んでおり、 「記憶」の新たな可能性に期待が寄せられています。 グローバル展開を見据えたリサーチも進めており、 全世界で400兆円以上のマーケット規模を見込んでいます。 ■モノグサnote (社員インタビュー記事)もご覧ください! https://note.com/monoxer/ ------------------------------- 【配属先】 ・事業開発セールス(学校チーム or 塾チーム) ※1人ずつモノグサ社員がサポート担当としてつきます。  日々の業務に関しての質問や相談はいつでもできる環境のためご安心ください! 【業務内容】 ・Monoxerの営業(提案先の顧客: 学習塾・学校) ・商談に使用する資料作成 ・新領域で売上を生み出すための市場調査 ・Monoxer活用顧客の事例記事の制作、ディレクション ・実際にMonoxerを利用し、ユーザー視点で機能へフィードバックを行う ※上記あくまで一例のため、面談の中でご志向に応じて相談しながら決めていきましょう! 【期間】 ・7月~9月/夏期休暇中の6~12週間 ・週3日以上(月~金) ※各大学の夏期休暇スケジュールに応じて相談可 【応募資格】 ・2025~2027年3月までに卒業予定の大学生または大学院生の方(学部学科不問) 【こんな方におすすめ】 ・大学生の間に成長しておきたいと思うがやり方がわからない ・インターン生も責任の大きな仕事を任せてもらえる環境がいい ・数をこなす営業ではなく、頭を使って課題解決する営業がいい ・社会貢献性の強いビジネスに興味がある ・IT業界、SaaSビジネスに興味がある ・優秀な社員と同じ視座で働いてみたい ------------------------------- 【エントリーはこちら】 https://forms.gle/FyuSJDjjgLagjQp57 ※志望理由は履歴書内にご記載ください 【事前面談をご希望の場合はこちら】 https://forms.gle/TJYfi5SXETycvxR99 ※インターンのエントリー前に「相談したい!」という方は  人事とのオンライン面談(15~20分) をお申し込みください 【選考フロー】 ・書類選考 ・面接 1回(対面) ・合否通知 ・インターン開始に向けての面談 ・入社手続き ※定員埋まり次第、締め切らせていただく場合があります
モノグサ 学生インターン1期生募集【ビジネス職】

モノグサ2024夏季製品開発インターン募集要項

【モノグサについて】 私たちは、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発しています。 記憶は人類の知的活動の根源であり、誰もが日々の生活の中で様々なことを自然に記憶しています。にもかかわらず、「英単語の暗記」のように、意識して何かを記憶することは苦しいことだと捉えられてしまっています。 これは、記憶することそれ自体が苦しいのではなく、「何を覚えているのか」「何を忘れたのか」「どのように覚えるか」などを管理をすることが苦しいためだと私たちは考えます。 私たちは、記憶活動に付随する問題を解消することで、記憶と純粋に向き合えるようにします。 「憶えたい」ものをストレスなく憶え、その結果「できること」が増えていく世界を目指しています。 【モノグサインターンシップの特徴】 モノグサは、記憶課題の解決に向き合い、プロダクト開発に熱意をもって一緒に取り組んでいただけるインターンを募集します。 ・インターン中は、エンジニア1名がメンターとして継続的にサポートします。 ・プロダクトのコードを記述し、リリースすることを目指していただきます。 ・インターン実施中の成果はモノグサテックブログの執筆で公開することを奨励します。(モノグサテックブログ:https://tech.monoxer.com/) 【期間】 2024年7月~9月 ※各教育機関の年間スケジュールによりますが、原則夏休み期間中とします。 【実施テーマ】 ■インターンシッププログラムにて取り組んでいただくテーマについて説明会でご紹介します。 ※過去のテーマ例: ・手書き文字評価の改善 ・誤答生成アルゴリズムの改善 ・モバイル端末上での手書き数式認識 ・タスクの検索性改善 ・CSV data export機能の改善 ・タブレットUI対応 【開発環境】 ・開発に使用している主要な言語:Scala, TypeScript, Kotlin, Swift ・開発に使用している主要なフレームワーク: Play Framework, React, Redux 【勤務場所】 ・場所:モノグサ本社オフィス ・住所:東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル 7階  ※リモートワークが可能です。 【応募資格】 ■必須要件 ・2024年7月以降に週30時間以上、6週間以上を目安に勤務できる方 ・過去ご応募いただいた方の再エントリーも可能です。 ・日本語による優れたコミュニケーションスキル ・「記憶」を対象としたソフトウエアを開発することに対する意欲 ・コンピュータサイエンスの知識 ■歓迎要件 ・ソフトウエアもしくはプロダクトの開発経験 【選考フロー】 ・書類選考(結果は5月20日以降順次にお知らせします) ・技術面接(1回) ・合格通知 ・テーマのすり合わせ面談 ・入社手続き 【待遇その他】 ・時給:2000円/時間 ・開発環境・備品の貸与 ・勤務時間:週30時間以上、6週間-8週間(目安) ・通勤交通費:ご自宅または、宿泊場所から会社が認める経路にて支給 ・遠方から参加する場合  ※インターン開始と終了のタイミングに出社していただきます。出社のための交通と宿泊について補助あり。 ・その他  ※競技プログラミング部を含む数多くの部活がある ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ★インターン向け会社説明会★ ■以下の日程で3回開催予定です。 モノグサの会社・プロダクト・開発環境のご紹介だけではなく、テーマについてのご説明や、ゲスト社員との質疑応答等、コンテンツ満載で、ぜひエントリーしてください! ・1回目:5月16日(木)12:00~13:00 応募締切:5月14日(火)  ・2回目:5月22日(水)12:00~13:00 応募締切:5月20日(月) ・3回目:5月30日(木)16:00~17:00 応募締切:5月28日(火) ■説明会の内容は以下のように想定しております。(※1時間想定、途中参加・退席可能です) 1. モノグサについてー企業、プロダクト、開発環境等 (15分程度) 2. インターンテーマについて            (10分程度) 3. モノグサ社員との交流&質疑応答         (15分程度) 4. 選考流れのご紹介&質疑応答           (10分程度) 5. バーチャルオフィス見学             (10分程度) 説明会のご参加に関しては以下ののフォームからエントリーしてください。 https://forms.gle/sFLtXWU99S81zpw17 ・本募集要項の「応募する」ボタンからではなく、上記応募フォームからエントリーしてください。 ・説明会に参加してからのインターン採用への応募も可能です。 ・全て同じ内容になりますので、いずれか1回にご参加いただきます。 ・説明会の参加は必須ではないため、ご都合が合わない方は直接ご応募いただくことも可能です。 —------------------------------------------- 【応募方法】 以下の応募フォームからご応募ください。 https://forms.gle/dzE7gPhcSBW7ybji9 ・本募集要項の「応募する」ボタンからではなく、上記のフォームからご応募ください。 ・応募フォームへのアクセスにはGoogleアカウントによるログインが必要です。応募フォームに記入いただいた個人情報は、インターン選考の目的に利用いたします。 ・応募書類(履歴書)の提出に関して  - 形式は自由ですが、ファイルフォーマットはPDFのみとします。 - 特にアピールしたいこと(ソフトウェア、サービス、受賞歴、論文リスト、ポートフォリオ、プログラミングコンテストの参加歴、ブログやサイト、Xほかソーシャルネットワークのアカウント等)があればご記入ください。

モノグサ株式会社 カジュアル面談申込フォーム

モノグサ株式会社にご興味を持っていただきありがとうございます。 選考に進むかどうか悩まれている方、具体的な仕事内容や会社の雰囲気を詳しく知りたいという方は、ぜひカジュアルにモノグサ社員とお話しましょう! ■お申し込み後の流れ ・入力いただいた内容と、ポジションの空き状況を社内で確認し、面談を実施させていただく場合はご登録のメールアドレス宛に担当者よりご連絡いたします。 ■注意事項 募集ポジションの状況によって、すぐに面談をご案内できない場合もございますので、ご了承ください。 ■お申込み時の注意事項 ・フォームの「必須」事項につきまして、入力をお願い致します。 ・「経歴」欄には、これまでのご経歴の要約をご入力ください。 例) ○○年に○○大学卒業後、○○年に株式会社○○に入社。主に○○の職種として○○の業務に従事。 ・また、面談担当のアサインや面談の事前準備のため、職務経歴書(最新のものではなくても構わない)のご提出をいただければ幸いです。 ・「応募先へのメッセージ」欄には、現時点でご興味のあるモノグサ内のポジション・職種についてご記載ください。 現在募集中のポジション一覧はこちら(https://herp.careers/v1/monoxer/) ※複数記入可・特になければ「なし」とご記入ください。
モノグサ株式会社 カジュアル面談申込フォーム

事業企画 / Business Planning (ビジネス・プランニング)

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■業務詳細および本ポジションに期待すること: ・KPIマネジメントやOKR策定といったツールを通じて、各領域の事業責任者と協業しながら、戦略戦術を立案し、戦略戦術の実行確度をあらゆる手段を使って高めていく。 ・KPIマネジメントを通じて、課題への打ち手を施策やオペレーションに落とし込むことはもちろん、属人的なスキルを汎用的なスキルとして各人に落とし込んでいくよう、組織のイネーブルメントも担っていただく。 ・事業の第一線で業務を行うメンバーと同じ解像度の事業理解は前提として、事業マネジメントの直接のラインに入らないで実行するからこそできる、全体を俯瞰した上で先を見据えた動きが期待される。

経営企画 / Corporate Planning

■当社について 私たちは、「記憶を日常に」というミッションを果たすために、記憶のプラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」を開発・運営しています。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ■業務詳細および本ポジションに期待すること: ・事業計画の作成と実行のマネジメント  -計画段階では、会社としてトップラインを上げ続けるための問いを立てつつ、達成可能なラインとの整合性を取る、という相反しやすい概念を粘り強く模索をし続ける必要がある  -実行段階では、主体者である事業や開発とのコミュニケーションをとりつつ、計画の蓋然性を検証し続ける ・経営と現場マネジメントをつなぐ縦の情報流通の設計  -組織規模が拡大するにつれて、どこでどのような議題が議論されるべきか、意思決定されるべきかは変化し続けるため、関係者を巻き込みながら推進力をもって、最適な仕組みにアップデートをし続けていく  -必要な情報を適切に経営陣に接続し、モニタリングの仕組みを改善・実行することでその精度を上げ続ける

経理

事業拡大とIPO準備を支える経理担当
~CFO細川より~ 当社は「記憶を日常に。」というミッションのもと、 全人類に記憶の価値を届けたい、と思っている企業です 「記憶の価値とはなにか?」と思われるかもしれませんが、 その端的な問いこそが、当社の独自性と挑戦のしがいがあるテーマであることの証左だと考えています つまり、「記憶」は、国籍や老若男女問わず、 私たちが24時間365日何気なく行っている活動にも関わらず、 誰も明確な解を持っていない壮大なフロンティアなのです 翻って、経理・会計(Accounting)という仕事の意義や価値はなにか 私は「価値を正しく計測し、正しく説明すること」だと考えています より詳細に定義すると、 経理・会計の真価とは、価値が不定の物事や事象に対して、 価値を定義し、計測し続けられる運用・体制を設計し、 社会の公器として社内外のあらゆる方々に、 会社・事業の実態を正しくお伝えすることにあります 当社のミッションであり、事業領域である「記憶」は、 まさに世の中でまだ価値が定まっていないテーマの1つだと考えます したがって、日本だけでも会社自体は400万法人弱ありますが、 経理・会計として、真に創造的で社会に対して価値を提供できる企業は当社だと考えます 実際に、最初は主に塾様向けにサービスのご提供をしておりましたが、 私立の学校様、専門学校・大学様と提供させていただくお客様の幅や用途は拡大し続けています 最近では事業会社様での従業員教育や医療機関様での患者様のサポート、 自治体でのご採択など、これまでになかった導入事例も日々増えております 当然ながら、サービスを提供する市場や用途が異なれば、最適な仕入れ方や売り方は変わります その変化に合わせて、経理・会計側においても、 あるべき計上方針や運用方法も模索する必要があり、場合によっては商品設計まで関与する必要もあります 上記はあくまで一例になります 一緒に創造的な仕事ができること、心よりお待ちしております ■コーポレート組織のビジョン・体制 「世界中の会社がマネしたくなる経営システムをつくる」を掲げております 前述の通り、当社は「記憶」という未知の領域で社員一同、日々奮闘しています 当然のことながら先輩企業や先輩経営者の知恵やノウハウを日々取り入れて、経営・事業活動に取り組んでおりますが、 未知の領域に取り組んでいる当社だからこそ、本来は当社に合った独自の方法論を探求すべきであると考えています 一方でコーポレート業務は一人相撲や独善的であっては成立しない仕事であるため、法令遵守をはじめとした一般性も同時に必要です この独自性と一般性を両立する素晴らしい仕組み作りを 「世界中の会社がマネしたくなる経営システムをつくる」という言葉で表現しています そのため、当社のコーポレートメンバーは 一人ひとりが高いプロフェッショナリズムと学習意欲、協働意識を持った方ばかりです ■仕事内容 ・月次決算 ・本決算 ・納税(償却資産・事業所税・消費税・法人税、事業税) ・法定申告 ・システム周りの適正検討、導入装着 ・オペレーションの効率化、高度化 ・規程や科目ごとのルールの策定 ・新規事業案件の導入と支援 ・法対応 ・上場準備  - 内部統制強化  - 四半期決算導入  - 決算数値適正化  - 監査対応  - 開示書類の作成 ■主に使用しているシステム 会計システム:freee会計 経費精算・WFシステム:バクラク、UPSIDER 【当社について】 私たちは、記憶にまつわる課題を解決していく会社として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 EdTech(エドテック)か?と聞かれると、そうでもあり、それでもありません。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ※CFO細川の経歴 ・2010年:株式会社リクルートに新卒入社し、経理からキャリアスタート (子会社の経理やリクルートの分社化プロジェクト等) ・2012年:リクルートのIPOプロジェクトにアサインされIPOを経験 ・2014年:投資・M&A部門でFA業務に携わりながらM&Aや事業再編、子会社売却等を経験 ・2016年:リクルートのCVC部門でスタートアップへの投資に携わる (最後はファンドマネージャーを経験) ・2018年:当社の創業期にCFOとして入社
経理

経理 責任者

~CFO細川より~ 当社は「記憶を日常に。」というミッションのもと、 全人類に記憶の価値を届けたい、と思っている企業です 「記憶の価値とはなにか?」と思われるかもしれませんが、 その端的な問いこそが、当社の独自性と挑戦のしがいがあるテーマであることの証左だと考えています つまり、「記憶」は、国籍や老若男女問わず、 私たちが24時間365日何気なく行っている活動にも関わらず、 誰も明確な解を持っていない壮大なフロンティアなのです 翻って、経理・会計(Accounting)という仕事の意義や価値はなにか 私は「価値を正しく計測し、正しく説明すること」だと考えています より詳細に定義すると、 経理・会計の真価とは、価値が不定の物事や事象に対して、 価値を定義し、計測し続けられる運用・体制を設計し、 社会の公器として社内外のあらゆる方々に、 会社・事業の実態を正しくお伝えすることにあります 当社のミッションであり、事業領域である「記憶」は、 まさに世の中でまだ価値が定まっていないテーマの1つだと考えます したがって、日本だけでも会社自体は400万法人弱ありますが、 経理・会計として、真に創造的で社会に対して価値を提供できる企業は当社だと考えます 実際に、最初は主に塾様向けにサービスのご提供をしておりましたが、 私立の学校様、専門学校・大学様と提供させていただくお客様の幅や用途は拡大し続けています 最近では事業会社様での従業員教育や医療機関様での患者様のサポート、 自治体でのご採択など、これまでになかった導入事例も日々増えております 当然ながら、サービスを提供する市場や用途が異なれば、最適な仕入れ方や売り方は変わります その変化に合わせて、経理・会計側においても、 あるべき計上方針や運用方法も模索する必要があり、場合によっては商品設計まで関与する必要もあります 上記はあくまで一例になります 一緒に創造的な仕事ができること、心よりお待ちしております ■コーポレート組織のビジョン・体制 「世界中の会社がマネしたくなる経営システムをつくる」を掲げております 前述の通り、当社は「記憶」という未知の領域で社員一同、日々奮闘しています 当然のことながら先輩企業や先輩経営者の知恵やノウハウを日々取り入れて、経営・事業活動に取り組んでおりますが、 未知の領域に取り組んでいる当社だからこそ、本来は当社に合った独自の方法論を探求すべきであると考えています 一方でコーポレート業務は一人相撲や独善的であっては成立しない仕事であるため、法令遵守をはじめとした一般性も同時に必要です この独自性と一般性を両立する素晴らしい仕組み作りを 「世界中の会社がマネしたくなる経営システムをつくる」という言葉で表現しています そのため、当社のコーポレートメンバーは 一人ひとりが高いプロフェッショナリズムと学習意欲、協働意識を持った方ばかりです ■仕事内容 ・月次決算 ・本決算 ・納税(償却資産・事業所税・消費税・法人税、事業税) ・法定申告 ・システム周りの適正検討、導入装着 ・オペレーションの効率化、高度化 ・規程や科目ごとのルールの策定 ・新規事業案件の導入と支援 ・法対応 ・経理部門のマネジメント(採用・育成含む) ・経営へのレポート ・上場準備の経理領域(近接含む)のリード  - 内部統制強化  - 四半期決算導入  - 決算数値適正化  - 監査対応  - 開示書類の作成 ■主に使用しているシステム 会計システム:freee会計 経費精算・WFシステム:バクラク、UPSIDER 【当社について】 私たちは、記憶にまつわる課題を解決していく会社として、 記憶のプラットフォーム『Monoxer』を開発・運営しています。 EdTech(エドテック)か?と聞かれると、そうでもあり、それでもありません。 AIを活用し、誰もが「記憶」を負荷なく自然に行える活動に変化させていくこと。 それにより、人の生き方にさまざまな奥行きと選択肢をつくることが、私たちの目指す世界です。 ▼CFO細川の経歴 ・2010年:株式会社リクルートに新卒入社し、経理からキャリアスタート  (子会社の経理やリクルートの分社化プロジェクト等) ・2012年:リクルートのIPOプロジェクトにアサインされIPOを経験 ・2014年:投資・M&A部門でFA業務に携わりながらM&Aや事業再編、子会社売却等を経験 ・2016年:リクルートのCVC部門でスタートアップへの投資に携わる  (最後はファンドマネージャーを経験) ・2018年:当社の創業期にCFOとして入社