株式会社カミナシ の全ての求人一覧
株式会社カミナシ の全ての求人一覧

BIZ-1003. 新規事業開発

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 ◯チームの課題・ミッション - カミナシは野心的なミッション、ビジョンを掲げています。その実現のため、ビジネスについても一定規模以上の大きさが必要だと考えています。具体的には、ARR100億円、1000億円以上での評価額での上場を目指しています。 - 私達はこれまで、単一プロダクトで事業を推進してきましたが、シリーズB調達を堺に「まるごと現場DX構想」を掲げ、現在のプロダクトの進化はもちろん、複数プロダクトの開発やM&Aを実施しながらマルチプロダクトを推進していく予定です。 - 既に、社内では複数テーマのプロダクト立ち上げ、検証が進んでいます。ミドルステージのスタートアップでありながら、同時並行で0→1に取り組んでいる状況です。 ◯募集ポジションへの期待値 - 社内で立ち上がる複数の0→1のテーマを、プロダクトオーナーや事業責任者の右腕として、共に立ち上げ、軌道に乗せる役割を担っていただきます。 - 原則、事業部には所属せずに、CEO直下の組織として、会社の状況や戦略に応じて、新規事業にアサインされるポジションとなります。 - 当初は、既に存在する事業アイデアを形にする役割をお任せしますが、自ら事業アイディアを提案していただき、その事業を責任者として立ち上げ、その後の拡大フェーズも担当することもあり得ます。また、事業アイデアの種を見つけ、社内リソースを使って0→1のオーナーとしてプロダクトと事業を創造する挑戦する機会も提供します。 ※無から事業を創り出す、0.1→1、1→10など得意な領域に応じて、役割が変わる可能性があります。 ●業務内容 ◯想定業務 -新規プロダクトにおけるビジネスサイドの立ち上げ 初期フェーズのマーケティング、セールスや周辺領域をプレイヤーとして動かしながら、最初のARR1億円までの事業成長を牽引していただきます。 -PMFの実現に向けた検証フィードバック 初期フェーズのビジネスサイドでは、プロダクトへのフィードバックにおいて大きな役割を担います。PMF実現に向けたプロダクト作りにおいても、主体的に参画していただきます。 -事業拡大に向けた各職種機能の組織化・引き継ぎ 一定のPMFや立ち上がりが見えたタイミングで、マーケティングやセールスチームへの引き継ぎを行い、1→10のフェーズに備えます。 -連続的な新規事業立ち上げ 上記のバトンタッチ後、ご自身は、同じプロダクトの中での新規テーマの検証、立ち上げや、全く別の領域の新規事業の立ち上げなど、状況に応じた特命を担っていただきます。 ※0→1を連続的に立ち上げたい、1→10まで見届けたいなど、ご自身の特性やwillに応じて、柔軟に判断が可能です。 ●ポジションの魅力 カミナシは、この後作る新規事業に大きな期待を持っています。その成功可否が、ここから数年後の上場の規模感や、更に先の未来で日本を代表する企業になれるかどうかを決めます。シリーズBのミドルフェーズではありますが、シード期のようなスピード感や野心を持って走れる環境です。 また、私達が取り組むホリゾンタル×デスクレスSaaS領域は、まだまだ余白が多く残っています。事業の種を見つけ、自ら立ち上げるという機会も多く存在します。自ら0→1で、未来に残る事業を創ってみたいという方には多くの挑戦機会を提供できると考えています。

BIZ-3001. 事業責任者候補

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 ◯チームの課題・ミッション - カミナシは「まるごと現場DX構想」を掲げ、現在のプロダクトの進化はもちろん、複数プロダクトの開発やM&Aを実施しながらマルチプロダクトを推進していく予定です。 - プロダクトや事業が複数になるに連れて、セールスやカスタマーサクセスなどのビジネスサイドも複数のチームを作っていく予定になります。 - また、現在もカミナシのビジネスチームはマーケティング、セールス、カスタマーサクセスなどの役割で50名程度いますが、お客様の規模に沿った事業に複数分けてよりスピード感を持った組織体制にする予定です(例えばSMB事業部やエンタープライズ事業部など) - プロダクトや事業を複数にしたとしても、事業のトップを担える存在が足りていないことが今回事業責任者候補を募集するにいたった背景です ◯募集ポジションへの期待値 各事業の組織長として管掌するビジネス範囲を最大化することが求められます。 トップラインの最大化だけではなく、事業戦略や人員計画の策定、組織運営を行っていただきます。 必要に応じてプロダクトチームと連携し、プロダクトの改善にも貢献していただきたいと考えています。 ※入社当初はセールスやカスタマーサクセス、事業企画などをオンボーディング期間として数ヶ月実施してもらいます。その後、お互いの目線があったタイミングで事業責任を担う立場になっていただくことを想定しています ●業務内容 ◯想定業務 - 管掌範囲のトップライン(ARR)の最大化 - 事業戦略・人員計画の立案 - 数十人規模の組織運営 ◯主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●参考情報 - キャリアサイト:https://careers.kaminashi.jp/ - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック(面談予定者向けピックアップ情報集):https://bit.ly/3wOsYcv ●ポジションの魅力 ◯ SaaSにおける事業責任者のキャリア醸成 SaaSというビジネスモデルはグローバルはもちろん、日本の中でも大きなビジネスとして成長しつつあります。The Modelという概念でマーケティング・インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスの連動は必須になっていますし、難易度の高い事業構築になっています。事業責任者として4つの領域を上手くコントロールしつつ、顧客の成功と事業の成長を両立しながら作り上げることがミッションになります。 ◯ 事業戦略と組織運営の連動 事業戦略を描くだけではなく、実行するための組織作りまで責任を持っていただきます。事業戦略や計画を立てて、責任者として実際のリソースを動かすことで売上責任から組織運営までお任せします。 ◯ 事業成長とプロダクト成長のサイクル確立 SaaSにおいて、事業をドライブするためにはプロダクトの成長も必須になります。プロダクトチーム(プロダクトマネジャーやデザイナーなど)に対して事業成長の種をフィードバックしたり、具体的なお客様の要望を提供することで、事業成長とプロダクト成長のサイクルを回していただけることを期待しています。

BIZ-3002. エンタープライズ事業責任者候補

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● 募集背景 ◯チームの課題・ミッション - カミナシは「まるごと現場DX構想」を掲げ、現在のプロダクトの進化はもちろん、複数プロダクトの開発やM&Aを実施しながらマルチプロダクトを推進していく予定です。 - プロダクトや事業が複数になるに連れて、セールスやカスタマーサクセスなどのビジネスサイドも複数のチームを作っていく予定になります。 - また、現在もカミナシのビジネスチームはマーケティング、セールス、カスタマーサクセスなどの役割で合計50名程度いますが、お客様の規模に沿った事業に複数分けてよりスピード感を持った組織体制にする予定です(例えばSMB事業部やエンタープライズ事業部など) - 特にエンタープライズ(大企業向け)ビジネスの領域は他領域とセールスサイクルや業務内容が異なることから、早めに独立した事業組織として検討したく、今回の募集に至った背景になります ◯募集ポジションへの期待値 エンタープライズ事業の組織長としてエンタープライズビジネス範囲を最大化することが求められます。 トップラインの最大化だけではなく、事業戦略や人員計画の策定、組織運営を行っていただきます。 必要に応じてプロダクトチームと連携し、大企業向けのプロダクトの要件整理などを行いプロダクトの改善にも貢献していただきたいと考えています。 ※入社当初はエンタープライズセールスかカスタマーサクセスをオンボーディング期間として数ヶ月実施してもらいます。その後、お互いの目線があったタイミングで事業責任を担う立場になっていただくことを想定しています ●業務内容 ◯想定業務 - 管掌範囲のトップライン(ARR)の最大化 - 事業戦略・人員計画の立案 - 数十人規模の組織運営 ◯主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●ポジションの魅力 ◯ SaaSにおける事業責任者のキャリア醸成 SaaSというビジネスモデルはグローバルはもちろん、日本の中でも大きなビジネスとして成長しつつあります。The Modelという概念でマーケティング・インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスの連動は必須になっていますし、難易度の高い事業構築になっています。事業責任者として4つの領域を上手くコントロールしつつ、顧客の成功と事業の成長を両立しながら作り上げることがミッションになります。 ◯ 事業戦略と組織運営の連動 事業戦略を描くだけではなく、実行するための組織作りまで責任を持っていただきます。事業戦略や計画を立てて、責任者として実際のリソースを動かすことで売上責任から組織運営までお任せします。 ◯ 日本を代表する企業への提案 カミナシはすでに日本を代表するような大企業様への提案・導入が進んでいます。それを更に加速されることで、誰でも知っている企業・商品・サービスで活用が進み認知が高まり他の規模セグメントのユーザーでカミナシが広がることが期待されます。

CS-1001. カスタマーサクセス

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 カミナシのカスタマーサクセスは、お客様の潜在的な課題を聞き出し、その課題解決をゴールとして、ゴールまでの道筋を設計し一緒に伴走する役割となります。 カミナシの「ノンデスクワーカーの才能を解放する」というミッションは壮大です。 プロダクトだけで完結することは難しいので、プロダクトを補完する形でCSがお客様への価値提供をブーストしていく必要があります。 また、カミナシのCSでは「デスクレスSaaSにおけるベストプラクティスを作り日本一のCSと名実ともに言えるチーム」を目指しています。 ●業務内容 ノンデスクワーカーの現場業務を効率化するSaaS「カミナシ」のカスタマーサクセスを担います。 - 契約後のお客様に対してのオンボーディング - サービスを利活用できるようプロアクティブなサポート - 問い合わせ対応 - リリース等の情報発信 - ヘルプページの作成 - 顧客定着計画と実行及びその効果測定 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●参考情報 - キャリアサイト:https://careers.kaminashi.jp/ - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for カスタマーサクセス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3327e57e69ea48ad89b6d7164605ea4d?pvs=4

CS-1005. カスタマーサクセス(エンタープライズ)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 カミナシのカスタマーサクセスは、お客様の潜在的な課題を聞き出し、その課題解決をゴールとして、ゴールまでの道筋を設計し一緒に伴走する役割となります。 カミナシの「ノンデスクワーカーの才能を解放する」というミッションは壮大です。 プロダクトだけで完結することは難しいので、プロダクトを補完する形でCSがお客様への価値提供をブーストしていく必要があります。 また、カミナシのCSでは「デスクレスSaaSにおけるベストプラクティスを作り日本一のCSと名実ともに言えるチーム」を目指しています。 本ポジションは、カミナシにとって新しい領域にあたる顧客の導入や運用ユースケースの確立がメインミッションになります。 具体的には、エンタープライズ企業と呼ばれるような大企業や新しい顧客セグメントへの導入・運用の手法や体制の構築を行い、カミナシを導入し顧客に対して価値を出すことの再現性を作っていく業務になります。 エンタープライズの顧客対応においては、単純に導入を行うだけではなく、顧客規模が大きいので一つのマーケットとして捉えて、新しい事業チャンスを作りにいくような活動が発生します(エンタプライズ営業は別で存在しますが、営業と二人三脚で事業開発をすることが求められます) また、場合によってはアライアンスなど顧客以外とのコミュニケーションも行う可能性があります。 上記のような顧客との1to1コミュニケーションはもちろん、新しいセグメントや事業領域の発見・提案も大歓迎です。 ●業務内容 (1)カミナシにとって以下のような新しい領域に対してのカミナシ導入・運用確立の再現性を作ること - エンタープライズ領域 - 運用が確立していないセグメント (2)新しいセグメントや事業領域の発見と提案、プロダクトフィードバックすることでプロダクトへの価値還元 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●参考情報 - キャリアサイト:https://careers.kaminashi.jp/ - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for カスタマーサクセス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3327e57e69ea48ad89b6d7164605ea4d?pvs=4

CS-3001. アカウントマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 ◯チームの課題・ミッション カミナシのカスタマーサクセスは、お客様の潜在的な課題を聞き出し、その課題解決をゴールとして、ゴールまでの道筋を設計し一緒に伴走する役割となります。 カミナシの「ノンデスクワーカーの才能を解放する」というミッションは壮大です。 プロダクトだけで完結することは難しいので、プロダクトを補完する形でCSがお客様への価値提供をブーストしていく必要があります。 また、カミナシのCSでは「デスクレスSaaSにおけるベストプラクティスを作り日本一のCSと名実ともに言えるチーム」を目指しています。 ◯募集ポジションへの期待値 カミナシがビジネス成長を進めていく上で、ナショナルクライアントと呼ばれるような大企業への導入が今後ますます進んでいきます。 ナショナルクライアントにおいては、複数部署やステークホルダーによって個別に案件が立ち上がり複数案件化することも多く、通常の【セールス⇒導入支援⇒活用支援】という、いわゆるThe Model型の分業体制を横断してクライアントに関わる案件全体の活用推進を担う役割=アカウントマネージャーが求められます。 アカウントマネージャーは、一つ一つの案件の導入はもちろん、ステークホルダー全体でのサービス浸透率の最大化を目指します。複数部署はもちろんグループ企業、場合によっては取引先などのステークホルダーにおける活用状況を最大化することがミッションです。 そして活用状況を最大化するためには、各ファンクションのメンバーと連携しながらチームとして成果を上げることが求められます。 セールスと連携して活用部署を広げることもあれば、オンボーディング担当と連携して特定案件の導入支援も推進することもあり、担当しているお客様(アカウント)に関わるビジネスの責任者として、チームがお客様への価値提供を最大化する司令塔の役割を担います。 担当する企業がナショナルクライアントのみになるため、事業ポテンシャルがある顧客に対してCS・セールス・マーケティングなどの観点から多面的に事業を推進することが求められるので、事業責任者に近い感覚でビジネスを推進することができるポジションです。 ●業務内容 - ナショナルクライアント様の担当責任者としてアカウントプランの立案・遂行 - 複数案件のプロジェクトマネジメント - セールスと連携した営業活動・クロージング(クロージングはセールスが行います) - CSと連携した導入支援・活用支援 ●ポジションの魅力 ◯ 事業責任者へのキャリアパス 所属としてはカスタマーサクセスになりますが、導入支援や活用支援を行うだけではなく、事業観点で売上を伸ばしたり見込み顧客を増やしたりすることが求められるので、事業を作る上での総合力が求められます。 ◯ 裁量・責任 ナショナルクライアントにまつわるビジネスの責任者として実施することになるので、担っていただく責任と裁量は必然的に大きくなります。 ◯ 一人目ポジションの面白さ 一人目チームになるので、業務の型化やチーム組成にも挑戦できます。マネジメントや組織作りに興味がある人にはチャレンジングな環境になります。 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●参考情報 - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for カスタマーサクセス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3327e57e69ea48ad89b6d7164605ea4d?pvs=4

CS-4001. カスタマーセールス

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 ◯チームの課題・ミッション カミナシのカスタマーサクセスは、お客様の潜在的な課題を聞き出し、その課題解決をゴールとして、ゴールまでの道筋を設計し一緒に伴走する役割となります。 カミナシの「ノンデスクワーカーの才能を解放する」というミッションは壮大です。 プロダクトだけで完結することは難しいので、プロダクトを補完する形でCSがお客様への価値提供をブーストしていく必要があります。 また、カミナシのCSでは「デスクレスSaaSにおけるベストプラクティスを作り日本一のCSと名実ともに言えるチーム」を目指しています。 ◯募集ポジションへの期待値 カミナシは、既存顧客へコミットしていてカスタマーサクセス(CS)に大きく投資をしています。 その中で、重要指標になるのがNRR(Net Retention Rate)と呼ばれる既存顧客の売上状況です。解約金額(churn)が既存顧客からの追加アップセル金額より多ければNRRは100%より小さくなりますし、アップセル金額の方が解約金額より多ければNRRは100%を超えます。カミナシではこのNRRをグローバルでみても高い水準で満たせるよう進めています。 一方で、CS活動に投資をすることで解約については最小化できてきましたが、アップセルについては専任でアップセルを担う役割を作らないと持続的に伸びないことに気づきました。 これらの背景から、カミナシでは既存顧客のアップセルにコミットするCustomer Salesチームの立ち上げを開始するため、それを担って頂ける方を募集します! ●業務内容 既存顧客数百社がいる中で、CSと連携して既存顧客の売上を最大化するミッションを背負ってもらいます。チームの立ち上げを行うことになるので、既存顧客のことを理解しながらCSはもちろんマーケティング、セールスと連携してチームを立ち上げることが求められます。 既存顧客の状況を深く理解し最適な提案を行う必要があるため、通常のセールスよりも深い業務理解と顧客理解が求められます。「顧客が成功すること」と「自社の売上を最大化すること」をつなげることが必要となります。 ◯想定業務 - 既存顧客に対しての営業活動(既存顧客はカミナシをすでに使っているため、プロダクト理解と業務理解を深めた上でコミュニケーションすることが求められます) - カスタマーサクセスと連携した顧客満足度の最大化 - 既存顧客全体の売上パイプラインの管理や営業施策の立案と実行 ●ポジションの魅力 - 1人からチームの立ち上げを行うので、チーム立ち上げ経験ができます。メンバーが増えて適正があればマネジメントポジションにも挑戦できます(1年で4名程度に増やす予定) - SaaS業界においてもまだ確立されていないCustomer Salesという仕組みの確立ができるので、事業立ち上げに近い経験を得られることができます - 事業の企画立案・実行まで行うことができるのでビジネススキルが向上します ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - hubSpot(顧客情報管理) - チャネルトーク(問い合わせチャット) ●参考情報 - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for カスタマーサクセス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3327e57e69ea48ad89b6d7164605ea4d?pvs=4 - エントランスブック for セールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-5b9fc7ed6b3442059d0100250bcfed34?pvs=4

DS-1003. シニアコミュニケーションデザイナー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 また、マルチプロダクト展開を進めていく中で、改めて今、ユーザーとのタッチポイントにおけるコミュニケーションデザイン領域の強化をしていく必要があると考えています。 いままでなんとなく暗黙知のように守られてきた「カミナシらしさ」の部分を言語化し、共通認識を持ちながら事業を加速する動きが必要になってくるのですが、今のカミナシはここがまだ十分にできているとは言い切れません。 会社のミッション「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」に、デザインは大きな役割を担っていると考えています。そんな中で、様々なステークホルダーとブランドアイデンティティを共に作り上げながら、事業に伴走し、事業を加速させていくデザイナーが必要です。 3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。そんなメンバーを募集しています! ●業務内容 他部署メンバーや外部のパートナーと連携し、ブランディングのデザイン戦略立案・推進、コミュニケーションプランの策定か制作、実装、運用までを一気通貫して担当していただきます。 特にマーケティングチームと深く連携し、カミナシのブランドアイデンティティの構築と浸透、メッセージングの強化を行います。 オンライン・オフライン問わずマーケティング領域でのクリエイティブ制作やQCDのリードを行い、ディレクションだけでなく制作も行っていただくポジションになります。 ターゲットに寄り添いながらもブランディング観点のしっかり反映された制作物を作ることを大切にしています。 <携わる具体的な業務> - ブランドアイデンティティの構築、ブランドガイドラインの策定、管理、運用 - Webサイトの新規制作/リニューアルのリード - 定量データに基づいたWeb広告の改善のリード - 各種紙媒体や展示会関連クリエイティブ、ノベルティ、空間デザイン ●私たちがやりたいけどできていないこと - マーケティング領域にコミットしたデザイン制作と運用 - コミュニケーションデザインにおいて再現性のある、プロジェクトのキックオフからデリバリーまでの仕組み化および体制の整備 - ブランドアイデンティティの構築と浸透、組織としてのアップデートの仕組みの構築 ●使用ツール - デザイン:Figma, Adobe CC, Canva - プロジェクト・タスク管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 - Entrance Book for デザイナー:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3045254301f04ec9b469ee92babb4322?pvs=4

DS-2003. シニアプロダクトデザイナー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 カミナシは、ITサービスに慣れ親しんでいない現場で使ってもらうものです。圧倒的に使いやすく一貫性のある体験が、現場にとってなくてはならないプロダクトにするための、全ての起点であると考えています。そして、現場に寄り添うためには、UIだけでなく、現場の仕事そのものをデザインする視点をもちプロダクトを作っていかなければなりません。 現在カミナシは、まるごとDX構想として、現場のためのオールインワンSaaSを作るチャレンジをしようとしています。現場を構成する「Operation(業務)」「Employee(従業員)」「Communication」の領域でマルチプロダクト展開をすること、それにより、ノンデスクワーカーの様々な制約を解き放ちたいと考えています。 これらの領域を横断したプロダクト群の価値をスピード感を持って高めていくためには、より高度な課題、ソリューションの抽象化力、俯瞰した視点を持ったプロダクト設計力、プロダクトを横断して一貫性のある体験を提供するためのデザイン設計および実行力などが求められ、シニアなプロダクトデザイナーの方にこれらをリードしていただきたいと考えています。 ●業務内容 - ノンデスクワーカーの現場DXプラットフォーム「カミナシ」の改善施策や新機能、また新規プロダクトの開発におけるUXリサーチ、プロトタイピング、情報設計、UI設計、ビジュアルデザイン全般を行います。 また、プロダクトにおけるデザインのリードや品質担保、デザインOps、デザインシステムの設計や推進にも携わっていただきます。 - カミナシのプロダクトデザイナーはただUIデザインをするだけではなく、インタビュー等の取り組みを通じてユーザー課題の解像度を上げ、PMやエンジニアと協業しながら、UXの向上とUIデザインの構築をする役割を担います。 ●私たちがやりたいけどできていないこと - プロダクトデザインの原則の浸透・改善 - デザインシステムの全社理解・浸透・運用 - チームで品質の高いデザインをするためのデザインプロセスの整備 - 圧倒的に使いやすいUIUXの実現 ●開発環境・ツール - デザイン:Figma - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 - Entrance Book for デザイナー:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3045254301f04ec9b469ee92babb4322?pvs=4

DS-4001. デザインマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 カミナシは、ITサービスに慣れ親しんでいない現場で使ってもらうものです。ITに慣れたデスクワーカー向けのデザインをそのまま流用しても、現場の業務には馴染みません。圧倒的に使いやすく一貫性のある体験が、現場にとってなくてはならないプロダクトにするための、全ての起点であると考えています。 そして、現場に寄りそうためには、単なるデジタル化だけでなく、現場の仕事そのものをリデザインする視点を持ちプロダクトを作っていかなければなりません。現場には作業で手が塞がれていたり、手が汚れていたり、デスクワーカーにはない様々なシチュエーションがあふれています。さらに障害者や高齢者、外国人などがいて、インクルーシブデザインの考え方も必要であると感じています。 また、「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 複数のプロダクトを展開していくにあたり、強いブランドを作っていく営みそのものも、デザインの力で大きく貢献していくものだ考えます。ブランドの定義、パーソナリティ、制作物のグラフィックの一貫性の保ち方ど、これからの取り組みで答えを見つけていきたいです。 会社のミッション「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」に、デザインは大きな役割を担っていると考えています。3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。 これらを成すために、より強く、しなやかなデザインチームを作っていきたい。プロダクトデザインやコミュニケーションデザイン、またそれぞれのチームそのものの垣根を超えてデザインの力で組織と事業に貢献していく、そんなメンバーを募集しています! ●業務内容 デザインチームの横断的なマネージャーとしてデザイン部門全体をマネジメントする統括責任者を募集しております。 デザイン組織のあるべき姿を描き、推進しながら、事業と組織に貢献するポジションです。 - 会社の戦略に基づくサービスデザイン全体の質の向上と事業への貢献 - ブランディングの会社全社での浸透、及びデザインでの方向性・品質の担保 - 中長期的なデザイン組織のあるべき姿を描き、戦略に基づいた人員計画の作成・管理及び、Hiring Managerとしてデザイン部門の採用の統括責任 - チームで全員採用文化の醸成及び採用と採用ブランディングのための発信のリード - チームコミュニケーションやカルチャー醸成の主導 ●私たちがやりたいけどできていないこと - 複数プロダクトを展開していく上での、ブランドのあるべき姿の定義と浸透 - デザインチーム起点での、インナー・アウターコミュニケーション課題の発見と解決 - 新規プロダクトの立ち上げにおける、再現性を持ったデザインプロセス - プロダクトを横断したデザインシステムの定義および、システムを活用する高速プロトタイピング - デザインの各領域におけるキャリアラダーの定義および人事評価への結び付け - コミュニケーションデザイン領域における、スピード感を持った事業貢献体制 ●使用ツール - デザイン:Figma, Adobe CC, Canva - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 - Entrance Book for デザイナー:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-3045254301f04ec9b469ee92babb4322?pvs=4

DS-4003. コミュニケーションデザインマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 カミナシは、ITサービスに慣れ親しんでいない現場で使ってもらうものです。ITに慣れたデスクワーカー向けのデザインをそのまま流用しても、現場の業務には馴染みません。圧倒的に使いやすく一貫性のある体験が、現場にとってなくてはならないプロダクトにするための、全ての起点であると考えています。 そして、現場に寄りそうためには、UIだけでなく、現場の仕事そのものをデザインする視点を持ちプロダクトを作っていかなければなりません。現場には作業で手が塞がれていたり、手が汚れていたり、デスクワーカーにはない様々なシチュエーションがあふれています。さらに障害者や高齢者、外国人などがいて、インクルーシブデザインの考え方も必要であると感じています。 また、「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 チームの人数が増え、昔から暗黙知のようになんとなく守られていた「カミナシらしさ」の部分は、組織拡大に備えて細かく言語化しないといけないフェーズになってきています。ブランドの定義、パーソナリティ、制作物のグラフィックの一貫性の保ち方など、これからの取り組みで答えを見つけていきたいです。 ミッションを実現するために、より強く、しなやかなデザインチームを作っていきたい。そんなチームのマネージャーとなるメンバーを募集しています! ●業務内容 デザインチームのマネージャーまたはそれに準ずる役割として、人、組織、採用、業務のマネージメントをやりつつ、実際のプロジェクトのメンバーとして、コミュニケーションデザイナーの役割も担います。 - チームコミュニケーションやカルチャー醸成の主導 - ブランディングの会社全社での浸透、及びデザインでの方向性・品質の担保 - コミュニケーションデザインのプロジェクトにおいて各部門のステックホルダーや外部パートナーとの連携、案件の進行管理、及び一部のプレイング - 人員計画の作成・管理。チームで全員採用文化の醸成及び採用とブランディングのための発信のリード ●私たちがやりたいけどできていないこと - コミュニケーションデザインにおいて再現性のある、プロジェクトのキックオフからデリバリーまでの仕組み化および体制の整備 - ブランド言語&ビジュアル定義をベースとしたインナーブランディングおよびアウターブランディング(ブランドシステムの理解と浸透) - プロダクトデザインとコミュニケーションデザイン双方が連動した、一貫した体験設計、ブランディング - デザインの各領域においてキャリアラダーの定義および人事評価への結び付け

ENG-1012. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - クラウド・インフラストラクチャ)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステムの設計・構築・運用の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。 フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。 カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。 価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。 実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していくなかで、クラウドインフラストラクチャ領域においてチームをリードするソフトウェアエンジニアがまだまだ足りていないという現状があります。 これからのカミナシの成長にクラウドインフラストラクチャ領域を強みとするソフトウェアエンジニアは不可欠となっており、採用を強化しています。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - 現在のビジネスやシステムへの要求から、クラウドインフラストラクチャを再設計する - 「アプリケーションをデプロイして動かせる」というインフラを卒業し、継続的改善可能性と運用優秀性、セキュリティ、信頼性、可用性、スケーラビリティを考慮した堅牢なシステムアーキテクチャを実現する - この先数年のビジネスデマンドを織り込んだシステムアーキテクチャと運用を実現する - なぜそのシステムアーキテクチャなのか?を言語化することでシステムアーキテクチャへの理解をチームに浸透させ、クラウドインフラストラクチャへのチームの積極的な貢献を喚起する - 明示的なシステム運用設計を策定し、開発チーム自身の運用レベル向上を推進する - チームの発見した技術的・ビジネス的課題を、アプリケーションからクラウドインフラストラクチャに至るまでのどのレイヤで解決することが適切かについて、積極的にチームで議論する - システムアーキテクチャの IaC 実装への落とし込みをリードし、パブリッククラウド上でのシステム改善をチーム全体で推進する - システムアーキテクチャやインフラストラクチャ、あるいは運用から得られる様々なフィードバックをアプリケーション改善に高速に活用する ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-1017. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - フロントエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にフロントエンドやモバイルアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で「カミナシ」プロダクトのグロース開発やその周辺の開発を進めていくにあたり、フロントエンド領域においてチームをリードしていただく正社員のシニアソフトウェアエンジニアが以前から人数が少ないのが現状です。 これからのカミナシの成長にフロントエンド領域を強みとするソフトウェアエンジニアは不可欠となっており、採用を強化しております。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - フロントエンド全般 - Visual regression テスト の導入 - Feature フラグを用いたリリースとロールアウトの分離。安全性と確実性の高い機能ロールアウトの実現。 - iOS (React Native) アプリケーション - インターネットがない現場環境での記録業務を可能にする『オフライン機能』のさらなる改善 - e2e テスト の導入 - 対応プラットフォーム拡大 (e.g. Android) ● 主な技術スタック ○ アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ○ ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ○ インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ○ 監視 - Datadog - Sentry ○ コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-1018. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - バックエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にバックエンドアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で「カミナシ」プロダクトのグロース開発やその周辺の開発を進めていくにあたり、バックエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - サービスグロースに伴うデータベース設計やロギング周りの見直し - システムを停止させないデータベースマイグレーションの仕組みの導入 - アプリケーション、インフラの監視機能の強化 - DDoS 攻撃を見越した対応の仕組みの検討・導入 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-4002. エンジニアリングマネージャー (Product Development - Identity and Access Management)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴、エンジニアリングマネージャーの責務 カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 そのようなエンジニアリングチームをまとめていく本ポジションには、以下のような領域に責務を持ち、成果を出していくことが求められます。 - 自律的なチームと疎結合なクロスチームコミュニケーションの構築 - 担当チームの成果最大化とチームメンバーがポジティブに働くためのメンタリングといったピープルマネジメント - 担当チームメンバーそれぞれが持つキャリア上のゴールを理解し、個々人の目標が会社や組織の目標とアラインしうる業務アサイン - 担当チームがオーナーシップを持つシステムやサービスの成長を促進しうる組織設計 - チームメンバーそれぞれの技術的挑戦に対する積極的支援 - エンジニア採用活動、イベント登壇やブログ発信などの技術広報活動 ● 本ポジション募集の背景 カミナシのエンジニアリング組織では、健全にスケールする組織を実現するために、素早く自律的な意思決定を行えるチームサイズの維持を目標としています。例えば、チーム人数の増加に合わせた適切なチーム分割は、そのための手段の一つです。 チームが単に分割によってそれぞれ自律的に動くようになれば理想的ではありますが、より確度高くチームを生産的かつ効率的に機能させるためには、チームを包括的な視点で捉え、チームの自律的な活動を支援する役割を果たす人材も当然必要です。 カミナシの急成長を可能な限りサステナブルにし、今後も継続的にスケールしていくために、新たなエンジニアリングマネージャーの採用が必要不可欠であるという認識のもと本ポジションをオープンしました。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-4003. シニアソフトウェアエンジニア (Product Development - Identity and Access Management)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特に ID 基盤や認証・認可領域におけるバックエンドアプリケーション開発において、その知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 マルチプロダクト化を中心に事業を拡大していくにあたり、プロダクト共通で利用される認証や ID 管理を行う IAM (Identity and Access Management) 基盤の開発を推進いただくソフトウェアエンジニアをさらに必要としています。 以下は、私たちが取り組んでいること、これから取り組みたいことの一例です。 - 既存プロダクトの認証方式の移行 - ノンデスクワーカーにとって最適な認証体験の検証と実装 - 複数プロダクトを横断した ID 管理 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5001. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - フロントエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にフロントエンドやモバイルアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で新規プロダクトの開発を進めていくにあたり、フロントエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5006. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - バックエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にバックエンドアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で新規プロダクトの開発を進めていくにあたり、バックエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5007. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - クラウド・インフラストラクチャ)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステムの設計・構築・運用の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。 フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。 カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。 価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。 実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 これからスクラッチで新規プロダクトを開発していくにあたり、継続的な改善可能性を備えたシステムをデザインすることは、プロダクトの健全な中長期的グロースに必要不可欠です。 本ポジションは、特にチームの立ち上がりから新規プロダクトの本格的なサービス提供が軌道にのるまでの間に、主に以下のような点でチームやプロダクトをリードすることが期待されます。 - 新規プロダクトの短期的・中長期的ゴールを深く理解し、継続的改善可能性と運用優秀性、セキュリティ、信頼性、可用性、スケーラビリティを考慮した堅牢なシステムアーキテクチャの設計をリードする - なぜそのシステムアーキテクチャなのか?を言語化することでシステムアーキテクチャへの理解をチームに浸透させ、クラウドインフラストラクチャへのチームの積極的な貢献を喚起する - システムアーキテクチャの IaC 実装への落とし込みをリードし、チームを巻き込んでパブリッククラウド上でのシステム構築を推進する - システムの運用設計策定をリードし、チームを巻き込んで運用レベルの向上を推進する - チームの発見した技術的・ビジネス的課題を、アプリケーションからクラウドインフラストラクチャに至るまでのどのレイヤで解決することが適切かについて、チームの議論を積極的にリードする - システムアーキテクチャやインフラストラクチャ、あるいは運用フェーズから得られる様々なフィードバックをアプリケーション改善に活用し、システム全体の継続的かつ進化的改善をリードする ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-9002. シニアソフトウェアエンジニア (Security Engineering)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステム開発と運用におけるセキュリティの知識を有し、その知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 カミナシではすべての従業員がセキュリティの価値や重要性について語ることができるセキュリティ文化の醸成を目指して仕組みやプロセスの整備を進めていますが、個別のサービスや各プロダクトエンジニアリングチーム内における具体的なイニシアチブの推進はまだまだこれからというのが現状です。 本ポジションでは、プロダクトの継続的開発とシステム運用に責務を持つエンジニアリングチームの一員として、チームメンバーのセキュリティ意識の向上や、プロダクトに潜むセキュリティ課題に向き合っていくことを期待されます。日々の業務の中では、セキュリティエンジニアリングチームとも連携しながらプロダクトエンジニアリングチーム内に存在するリスクの特定と共有、それらへの対応の優先順位付けなどをリードします。 こういった取り組みはまだまだ世の中では多くなく、最初はうまくいかないこともあるかもしれません。しかし、セキュアで信頼性のあるサービスをお客様に届けるというゴールを第一に、うまく機能するやり方をともに探究していくことも、また本ポジションに期待されることです。セキュリティエンジニアリングからプロダクトエンジニアリングへ、という一方通行でセキュリティに取り組むのではなく、プロダクトエンジニアリングからもセキュリティエンジニアリングへの提言が行われ、双方の協力によって優れた Security posture を実現していくことをカミナシは目指しています。 本ポジションは、私たちがそのようなエンジニアリング組織の形を目指す最初の一歩を踏み出す上で、同じ志を持ってともに走ってくださる仲間を募集するためにオープンされました。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - プロダクトエンジニアリングチームにおけるセキュリティ意識・知識の向上を推進する - セキュアなサービス作りに自走できるチームの実現 - Security Hub Findings のハンドリングと対応 - 依存コンポーネントの脆弱性への対応 - 社のセキュリティポリシーへの対応 - セキュリティを意識した設計と実装、運用 - プロダクトエンジニアリングチーム内で発見されたセキュリティ上の課題に対して、セキュリティエンジニアリングをはじめとした各種ステークホルダーを巻き込んでいく仕組み作り - 一部取り組み始めていますが、まだまだ理想には程遠い状況です - セキュリティの視点からの新規開発機能やインフラストラクチャに対する設計レビュー - 各種インシデントを起こしにくい仕組みの導入や、インシデント発生時の対応プロトコル策定や運用 ● 主な技術スタック アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) 監視 - Datadog - Sentry コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

HR-1003. HR(シニア リクルーター)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 当社では、現場部門と一体となった採用体制をとっています。採用チームと各部門メンバーとが連携しながら採用活動を行っており、リクルーターは各ポジジョンの採用プロジェクトを推進する役割となります。 採用活動の推進者として高い価値提供するために、採用担当はオペレーションに終始することなく、担当組織メンバーとの密なコミュニケーションにより、採用の背景にある組織状態に対して高い解像度を持つことが必要です。またその高い解像度によって本質的な採用課題の発見や施策の提案を行うことを目指しています。 また同時に、採用応募者さま一人ひとりに寄り添い、的確な情報伝達やコミュニケーション、選考プロセス設計を通じて、ミスマッチのない採用を実現しようとしてます。 このような社内外との関係性を担保するためには、オペレーションに追われないだけの十分な人数体制が必要であり、かつHR一人ひとりが自律的に動ける強いチームを作る必要があります。 ●業務内容 担当部門・ポジションの採用活動を、現場のマネージャーやメンバーと協業しながら推進していくことがメインミッションです。 各ポジションにはHiring Managerがアサインされていますので、彼らと協業しながら募集ポジションの採用に関わる応募獲得〜入社承諾までの一連の採用プロセスに関わるオペレーションや施策の検討・実行を担っていただきます。 またカミナシの採用活動全体を底上げするようなアクションやアイデアといった、チームを牽引していくような役割も期待しています。 <具体的な業務イメージ> - 担当領域における応募獲得〜クロージングまでの一連のオペレーションや施策の企画・実施 - 担当領域における中長期の認知・ブランディング施策としての採用広報の取り組み(ブログやイベント等の情報発信、広報と連携したメディア掲載など) ●カミナシHRポジションの魅力 SaaSの事業特性上、組織の規模拡大が必至という環境の中で、急成長の渦中に身を置きながら人材採用や組織開発など数多に発生する課題の解決に主体者として関わることができます! まだまだ方法論や仕組みが整っていない部分も多く、実務を行いながら、仕組み化を行ったり新規施策を企画して実行していく余白が大きくあります。 またメイン業務の想定は中途採用になりますが、ご志向に応じて中長期的には組織マネジメントや新卒採用、制度企画や社内活性化などの人事企画にもチャレンジいただける環境があります。 人材採用がHRチームの現状のトッププライオリティですが、その他の組織課題への取り組みにもプロジェクト的に関与する機会も多くあります。

HR-1007. HR(採用ブランディング・採用広報)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 SaaSという事業モデルは、事業成長のために組織拡大が必須です。そのため、カミナシにおいて採用は常に経営のトッププライオリティの一つになっています。 カミナシはこれまで、全社採用・全社発信を掲げ、発信活動に力を入れて来ました。「カミナシSaaS FM」や「カミナシ春のnote祭り」などの取り組みを通してカミナシのことを知ってくださる人も少しずつ増えて来ています。 現在、採用ブランディング・採用広報の専任はおらず、経営陣や広報、現場社員や採用担当などがプロジェクトベースで協働しながら発信活動を行っている状況です。 今後加速度的に組織を拡大していくことを踏まえると、これらの活動を統合的・戦略的にマネージしならがら全体をオーナーシップを持って推進する専任担当が必要になると考えています。 カミナシの採用ブランドを一段上のステージに引き上げる挑戦をしませんか? ●本ポジションのミッション 採用ブランディング担当のミッションは、採用候補者にカミナシを就職先・転職先として検討してもらい、応募から採用に繋げることです。会社や事業の広報活動(コーポレートブランディングや事業ブランディング)とは違い、採用候補者に向けてのブランディングに特化した役割となっています。 どのようなパーセプションを得たいのかを設定し、誰に対して(ターゲティング)どんなメッセージを(訴求内容)どうやって(媒体・手段)届けるのかを設計・実行していきます。 また、各部門やメンバーの発信活動を統合的・戦略的にマネージしながら推進する役割を担います。 <具体的な業務内容> 記載の業務はあくまで一例であり、上記のミッションにもとづいて必要な業務をプランニングする所から実施していただきます。 - 採用ブランディングのパーセプションフロー設計とKPIへの落とし込み - データドリブンな課題抽出と分析・PDCAサイクルの遂行 - 情報発信チャネルの選定と発信の企画・実行 - メディアリレーション及び取材対応 ●ポジションの魅力 - 全社採用の意識が根付いており、経営陣・社員が協力して発信をしていく土壌がある中で仕事を進めることができます。 - 当ポジションの立ち上げ担当として、ミッション・ KPIの設定、必要な体制の構築から担っていただくことができます。 - メイン業務の想定は採用ブランディングになりますが、社内活性化などその他の取り組みにもプロジェクト的に関与する機会も多くあります。また、ご志向に応じて中長期的には、リクルーターや組織開発・人材開発担当などにもチャレンジいただける環境があります。 ●参考情報 - エントランスブック(面談予定者向けピックアップ情報集):https://bit.ly/3wOsYcv - カミナシ SaaS FM : https://note.com/mimamima/n/n781268e129e6 - カミナシ 春のnote 祭り: https://note.com/mimamima/n/nf9cd78aec507

MKT-1006. マーケター(インバウンドマーケティング)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション 以下に掲げるマーケティングチームのミッションを実現するために、新しい仲間を迎え入れたいと考えています。 【1】“マルチバーティカル戦略” の先導役 カミナシは ”マルチバーティカル” という独自の方針でプロダクトの開発〜セールス〜カスタマーサクセスまでを実行しています。その中でマーケティングチームは、ターゲットごとの開拓の方針を示す役割を果たす必要があります。 ペルソナやカスタマージャーニー設計はもちろんのこと、セールスまで一貫したメッセージングや価値訴求をするための基盤を整え、施策の実行までを行います。 今後も3ヶ月や半年のタームで新しい業界・ターゲットの開拓をすると同時に、戦略立案や改善を進めていきます。 【2】「デスクレスSaaS」マーケティングのデファクトスタンダードを作る デスクレス×多業界に価値提供を行うカミナシのマーケティングは、未だ誰も開拓したことのないジャングルをかき分けていくようなものです。 そんな状況を楽しみながら、進むべき道を切り開き、新たな型を作り出すのがカミナシのマーケティングの醍醐味です。 戦略・施策・オペレーション、どれをとってもまだ誰も正解を知らない世界で、手本となる型を作り出すのが、カミナシのマーケティングの大きな目標です。 ●募集ポジションへの期待値 ノンデスクワーカー向けの現場DXプラットフォーム「カミナシ」のリードジェネレーションの最前線で働いていただきます。 カミナシとしてとても期待値が高く、獲得チャネルの大きい柱を担ってもらえているインバウンド領域をご担当いただく形となります。 単なるいち広告運用者に留まらず、継続して新しい業界の開拓を行っていただく役割になりますので、常にチャレンジングな環境で力量を思う存分発揮できる方をお待ちしております。 ●業務内容 「カミナシ」のリードジェネレーションのインバウンド領域をご担当いただく形となります。 Web広告の運用および周辺環境の整備 - Web広告(検索/Display/SNS) - 広告運用方針及び予算・目標の策定 - 広告運用担当者のディレクション(もしくは直運用) - パフォーマンス管理 - 広告クリエイティブの制作もしくはディレクション - LPの制作および改修(PDCA) - バナーの制作および改修(PDCA) - 新しいフォーマットの広告出稿 等 - 新しい広告チャンネル開拓 - インバウンドチャンネルを活用した、Go to Marketの戦略策定 - 新しい獲得ポイントの設計 ●ポジションの魅力 - 膨大な数のノンデスクワーカーとの接点を作る「入口」としてしっかり予算責任を持ちながら、事業主としてダイナミックに広告運用をし続けることができます。 - 新しいGTM戦略に基づき、常に更なる業界攻略の最前線としてご活躍いただけます。 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) ●参考情報 - カミナシ EntranceBook for マーケター:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-a26ea8d56e7741228499f448a9bad425?pvs=4

MKT-2001. プロダクトマーケティングマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション プロダクトマーケティングチームは、複数の業界に対してプロダクトをより多くのユーザーに届ける戦略を敷くマルチバーティカル戦略のエンジンとなる組織です。 事業予算と複数のプロダクト基盤に整合性を持たせ、戦略を実行し、ミッションを達成するために、必要なすべての業務に従事します。 カミナシがこれからマルチプロダクト化を進めていくに当たり、新規プロダクトの開発とGTM戦略を牽引するプロダクトマーケター(PMM)を募集します。 ●募集ポジションへの期待値 マルチバーティカルを進める上で、業界構造や業務課題などの業界理解に加え、カミナシが持っているアセットの整理が必要になります。 PMMは業界ごとの情報を整理しながら、カミナシがどの業界にアプローチすべきか、業界開拓のための戦略をプロダクトマネジャーやビジネスチームと連携して戦略の策定・実行を行うことを期待しています。 ●業務内容 - プロダクト戦略と事業戦略を踏まえた、プロダクトマーケティング戦略の立案・実行 - プロダクト、マーケティング、PR、セールス、カスタマーサクセス、コミュニケーションデザインをメインとした他部門との連携・業務遂行 - 新規プロダクトのGTM戦略の立案・実行 - GTM戦略の遂行において必要なアセットの戦略立案、調達、資料制作等 - 機能拡張のための、他社ベンダーとの連携を見据えた折衝 ※カミナシの注力プロダクトや注力顧客を深く知っていただくために、当初3〜6ヶ月間は 現場DXプラットフォーム「カミナシ」のカスタマーサクセスもしくはセールスに携わっていただく可能性があります。 一つのプロダクトで様々な業界、様々な役割の方に利用いただいているプロダクトのため、カミナシのマルチプロダクト戦略とカミナシを支えてくださる顧客のことを深く知り、血肉にする時間を取っていただきます。 その後、プロダクトマーケティング領域での管掌範囲を徐々に広げていただく想定です。 ●ポジションの魅力 戦略の策定能力を身につけることができ、ビジネスチームと連動して事業推進を行う経験を身につけることができます。 また、ノンデスクワーカーという今までITの武器がなかった顧客や現場に対して、武器を直接的に提供できる喜びを感じることができます。 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) ●参考情報 - カミナシ EntranceBook for マーケター:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-a26ea8d56e7741228499f448a9bad425?pvs=4 - (note)カミナシ的PMMのススメ  〜Go-to-Marketのスピードと精度を上げるの巻〜:https://note.com/_sakitakakura/n/nc06da248c37c

PM-1001. プロダクトマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 現在カミナシは1つのプロダクトしかありませんが、3,900万人の世界を変えるには、もっともっと多くのプロダクトや機能が必要です。 さらに、現場にとってなくてはならないプロダクトにするためには、圧倒的に使いやすく、ITサービスに慣れ親しんでいない現場に浸透するものでなくてはいけません。 これらを高速に実現していくため、顧客と向き合い、より早く、より大きな価値を届けてくれるメンバーを現在募集しています! ●業務内容 - プロダクトロードマップの策定、優先順位の判断 - 顧客や市場に対するリサーチを通じた課題発見 - 定量・定性情報をもとにしたプロダクト開発・改善方針の立案 - エンジニアやデザイナーと連携したプロダクト開発のリード・要件定義・仕様作成 - 関連部署やステークホルダーとの連携・調整 ●私たちがやりたいけどできていないこと - より価値を大きくしていくための探索フェーズの高速化 - 新しい価値を生む、新規プロダクトの開発 - 顧客の声から、素早くサービスの改善につなげデリバリーすること - 「圧倒的な使いやすさ」の実現 - ビジネスとプロダクトの、より密度の高い連携 ●開発環境・ツール - フロントエンド: React, React Native, TypeScript - バックエンド: Go, Docker - ソースコードバージョン管理: Git, GitHub - インフラ: AWS, GCP, Terraform (IaC) - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro ●参考情報 - キャリアサイト:https://careers.kaminashi.jp/ - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for PM::https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-PM-f9285e8672894a44b1bbd935d4561323?pvs=4

PM-1002. シニアプロダクトマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 現在カミナシは、1つのプロダクトしかありません。 カミナシの目指す、3,900万人の世界を変えるには、もっと多くのプロダクトや機能、そしてそれを支える自律的で強いチームが必要で、今後も複数のプロダクト展開を見据えています。ただ、正直なところまだまだやりたいことの1%ほどしか実現できていないのが現状です。 また、カミナシは、複数の業界に展開しているマルチバーティカルSaaSであるため、非常に複雑性の高いプロダクトです。 そのため、高いバランス感覚とビジョンを実現する意思を持ち、プロダクトと、プロダクトのチームを率いていくシニアクラスのメンバーを必要としています。 3,900万人の仕事の在り方を変える、カミナシのプロダクトを牽引していく方をお待ちしています! ●業務内容 - プロダクトロードマップの策定、優先順位の判断 - 顧客や市場に対するリサーチを通じた課題発見 - 定量・定性情報をもとにしたプロダクト開発・改善方針の立案 - エンジニアやデザイナーと連携したプロダクト開発のリード・要件定義・仕様作成 - 関連部署やステークホルダーとの連携・調整 ●私たちがやりたいけどできていないこと - より価値を大きくしていくための探索フェーズの高速化 - 新しい価値を生む、新規プロダクトの開発 - 顧客の声から、素早くサービスの改善につなげデリバリーすること - 「圧倒的な使いやすさ」の実現 - ビジネスとプロダクトの、より密度の高い連携 ●開発環境・ツール - フロントエンド: React, React Native, TypeScript - バックエンド: Go, Docker - ソースコードバージョン管理: Git, GitHub - インフラ: AWS, GCP, Terraform (IaC) - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro ●参考情報 - キャリアサイト:https://careers.kaminashi.jp/ - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - 公式note:https://note.kaminashi.jp/ - エントランスブック for PM::https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-PM-f9285e8672894a44b1bbd935d4561323?pvs=4

SR-1001. SaaSセールス(インサイドセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション 何十年と続いてきた紙管理からの脱却は一筋縄ではなく、顧客の課題と向き合い、顧客の変化を牽引することが求められるダイナミックな提案活動をしていきます。 顧客の「当たり前」を変え、デジタル化を通じた働き方の変革を牽引することがミッションです。 1-2年後カミナシが大きく成長するために、インサイドセールスチームがこれから取り組む組織のチャレンジとしては以下のようなものをイメージしています。 - エンタープライズ顧客を今以上に開拓していくための新規開拓力の向上 - マーケティング思考を持ちセミナーやwebコンテンツの企画から商談獲得まで一気通貫に行う - フィールドセールスやカスタマーサクセスなど社内が保有している顧客情報を集約し、仮説を作り込み、ターゲット戦略を自ら描いていく - チームリーダー人材、マネジメント人材の育成・採用 ●募集ポジションへの期待値 本ポジションでは、ノンデスクワーカーの現場業務を効率化するSaaS「カミナシ」のインサイドセールスを担います。 大きくSDRチーム・BDRチームの2つに分かれており、それぞれ、『お客様にとって価値のある商談機会の創出』を行うべく、日々活動しています。 主なKPIは受注数・有効商談数としており、そのためにフィールドセールスと密に連携を行い、MRR最大化のためのPDCAを日々回していきます。 【SDR】 SDRチームの役割は、主にマーケティングチームと連動し、マーケティング施策(インバウンド施策、展示会など)で獲得したリードに対して、電話やメールなどのコミュニケーションを通して商談獲得を行うことです。 このチームでは、単に商談獲得を行うだけではなく、マーケティングチームと一緒にGo-To-Market戦略を考えたり、特定セグメントへの最適なコミュニケーションスタイルを確立したりと、主体的にカミナシという事業をドライブさせる経験が身に付きます。 【BDR】 BDRチームの役割は、特定のターゲットアカウント(エンタープライズ顧客)から商談機会の創出を行うことです。 フィールドセールスと密に連携し、「このターゲットアカウントにカミナシの価値を伝え切るには、この方との商談機会が必要」との仮説を持った上で、組織攻略を前提とした商談機会をあらゆる手法を駆使して創出していきます。 このチームでは、単に商談獲得を行うだけではなく、特定アカウントの組織構造を理解して組織開拓を行ったり、時にはクロージングに近いフェーズまで営業活動を行ったりと、直接的にフィールドセールスの成果を最大化するための経験が身に付きます。 どちらのチームも実際に活動するメンバーが主役となり、1件1件の活動から得た知恵や工夫、知見を活かして成長するフェーズです。 カミナシのあるべきインサイドセールス像を考えながら実行し、今後のチーム拡大に向けて中心となって活躍してくれる方を募集中です。 ●業務内容 【SDR】 - 獲得したインバウンドリードに対する電話、メールでの商談創出 - 展示会での接客及び獲得したリードに対する電話、メールでの商談創出 - 優先度の高いハウスリストに対する電話、メール、セミナー誘致などを用いた商談創出 - マーケティングと連携した施策を企画〜実行(セミナー開催など) 【BDR】 - ターゲットアカウントに対する手紙、電話、メールを用いたアウトバウンドでの商談創出 - フィールドセールスと協同した、ターゲット個社企業に対するアカウント戦略の策定及び実行 - 市場調査及びリストの作成 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) - Zoom phone、amptalk ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for インサイドセールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-f55f409de30746fd86ba41fbf058512e

SR-1005. シニアセールスマネージャー候補(インサイドセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション カミナシは「マルチバーティカル戦略」を掲げ、現在のプロダクトを中心に30を超える業界にマーケティング・セールスを進めている事業です。 業界の広さだけではなく、SMB・MM・Enterpriseと幅広い顧客セグメントを対象としており、そのためインサイドセールスの業務がとても複雑かつ難易度の高いものになっております。だからこそ、インサイドセールスは売上を支える基幹となる組織であり、かつ中長期的な伸び代を作るドライバーであるとカミナシでは位置付けています。 現在チームはSMB・MM・Enterpriseとユニットに分かれ、8名で構成されておりますが、チームを牽引する中核人材が不足しています。 詳しくはこちらのnoteをご参照ください:https://note.com/hiroshitomizawa/n/n4e4a73521574 ●募集ポジションへの期待値 事業計画を達成するための新規MRRの目標を達成するためにインサイドセールスチームを牽引いただきます。チームの予算達成、チームメンバーの成長支援、マーケやフィールドセールス、カスタマーサクセスチームとの連携などが主な責任範囲になります。 短期的な成果のみならず、マルチバーティカル戦略を進めるために、大量の顧客接点を活かしたターゲティング戦略を中心になって進めていただき、中長期の目標から逆算した戦略推進をお願いしたいと考えています。 ※入社当初はインサイドセールスやフィールドセールスのICとして、またはインサイドセールスのひとつのチームのマネジメント(ユニット長)からスタートいただくことを想定しています。その後、お互いの目線があったタイミングでチーム責任を担う立場になっていただくことを想定しています。 ●業務内容 - 事業計画の立案、実行計画の策定 - インサイドセールス部門の戦略の立案 - 有効商談数の最大化のための組織運営 - 他部門(フィールドセールス、マーケティング)との連携 - 数名〜15人規模の組織運営 ●ポジションの魅力 ▼SaaSにおけるインサイドセールス責任者のキャリア醸成 The Modelという概念でマーケティングとフィールドセールスの中間となるインサイドセールスの運営難易度は非常に高く、他部門との高度な連携や、他部門を巻き込んだ戦略立案・実行の主体者であり続ける必要があります。今後も国内外問わず急成長が見込まれるSaaSビジネス環境において、採用マーケットにおける価値が増している中で、市場価値を磨き込むことができるポジションとなっています。 ▼事業責任者への挑戦の機会 カミナシにおいては、Go-to-Market戦略や事業計画達成のための算段計画をインサイドセールスが中心になって行っています。現在営業責任者を務めている社員もインサイドセールスマネージャーの出身であり、その重要性は他事業と比較しても非常に高いものとなっています。そのような基幹組織の戦略立案、実行、組織づくりを通した組織運営をお任せするポジションとなっています。 ▼Go-to-Markert戦略の実行の主体者であり続ける 「マルチバーティカル戦略」を掲げ、複数業界を同時並行で攻略する戦略を実行する中、事業成果は「どの業界の誰に販売していくのか」の意思決定で大きく左右されます。広大な市場を見ながら、一方で n=1 の1次情報を大量にインプットできるインサイドセールスだからこそ、この意思決定において最も影響力を発揮し、今後も主体者であり続ける必要があります。そうしたダイナミックな意思決定ができる経験を何度も積むことができます。 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) - Zoom phone、amptalk ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for インサイドセールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-f55f409de30746fd86ba41fbf058512e

SR-1006. セールスマネージャー候補(インサイドセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション カミナシは「マルチバーティカル戦略」を掲げ、現在のプロダクトを中心に30を超える業界にマーケティング・セールスを進めている事業です。 業界の広さだけではなく、SMB・MM・Enterpriseと幅広い顧客セグメントを対象としており、そのためインサイドセールスの業務がとても複雑かつ難易度の高いものになっております。だからこそ、インサイドセールスは売上を支える基幹となる組織であり、かつ中長期的な伸び代を作るドライバーであるとカミナシでは位置付けています。 現在チームはSMB・MM・Enterpriseとユニットに分かれ、8名で構成されておりますが、チームを牽引する中核人材が不足しています。 詳しくはこちらのnoteをご参照ください:https://note.com/hiroshitomizawa/n/n4e4a73521574 ●募集ポジションへの期待値 事業計画を達成するための新規MRRの目標を達成するためにインサイドセールスチームを牽引いただきます。チームの予算達成、チームメンバーの成長支援、マーケやフィールドセールス、カスタマーサクセスチームとの連携などが主な責任範囲になります。 短期的な成果のみならず、マルチバーティカル戦略を進めるために、大量の顧客接点を活かしたターゲティング戦略を中心になって進めていただき、中長期の目標から逆算した戦略推進をお願いしたいと考えています。 ※入社当初はインサイドセールスやフィールドセールスとして、オンボーディング期間として数ヶ月実施してもらいます。その後、お互いの目線があったタイミングでチーム責任を担う立場になっていただくことを想定しています。 ●業務内容 - チーム戦略の立案 - チームの有効商談数の最大化 - 他部門(フィールドセールス、マーケティング)との連携 - 数名〜5人規模の組織運営 ●ポジションの魅力 ▼SaaSにおけるインサイドセールスのキャリア醸成 The Modelという概念でマーケティングとフィールドセールスの中間となるインサイドセールスの運営難易度は非常に高く、他部門との高度な連携や、他部門を巻き込んだ戦略立案・実行の主体者であり続ける必要があります。今後も国内外問わず急成長が見込まれるSaaSビジネス環境において、採用マーケットにおける価値が増している中で、市場価値を磨き込むことができるポジションとなっています。 ▼インサイドセールス責任者への挑戦の機会 カミナシにおいては、Go-to-Market戦略や事業計画達成のための算段計画をインサイドセールスが中心になって行っています。現在営業責任者を務めている社員もインサイドセールスマネージャーの出身であり、その重要性は他事業と比較しても非常に高いものとなっています。そのような基幹組織の戦略立案、実行、組織づくりを通した組織運営をお任せするポジションとなっています。 ▼Go-to-Markert戦略の実行の主体者であり続ける 「マルチバーティカル戦略」を掲げ、複数業界を同時並行で攻略する戦略を実行する中、事業成果は「どの業界の誰に販売していくのか」の意思決定で大きく左右されます。広大な市場を見ながら、一方で n=1 の1次情報を大量にインプットできるインサイドセールスだからこそ、この意思決定において最も影響力を発揮し、今後も主体者であり続ける必要があります。そうしたダイナミックな意思決定ができる経験を何度も積むことができます。 ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) - Zoom phone、amptalk ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for インサイドセールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-f55f409de30746fd86ba41fbf058512e

SR-2002. SaaSセールス(シニアフィールドセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 何十年と続いてきた紙管理からの脱却は一筋縄ではなく、顧客の課題と向き合い、顧客の変化を牽引することが求められるダイナミックな提案活動をしていきます。 顧客の「当たり前」を変え、デジタル化を通じた働き方の変革を牽引することがミッションです。 難易度の高い営業プロセスを楽しみ、強い実行力で事業成長の基盤を作っていけるメンバーでセールス体制を構築したく、メンバーを募集します。 ●業務内容 チーム体制は事業成長のスピードを最大化するためにThe Model型のプロセスに特化した体制をとっており、それぞれでKPIをもち、成果を最大化するためのPDCAを回しています。 本ポジションではフィールドセールスを担い、マーケティングやインサイドセールスが商談化した中堅〜大手企業の見込顧客へカミナシの提案を行います。 提案対象となる業界は工場や店舗、宿泊など多岐に渡り、それぞれの業界で抱えている課題が異なるため、その解決のためのカミナシの活用方法も変わってきます。 提案していくうえでは、セールスはそれぞれの業界の業務プロセスや課題といったドメイン知識や、それをカミナシで変えていくためのプロダクト理解が求められます。 <具体的な業務> - 中堅〜大手企業が抱える課題の深掘り - 深掘りした課題に対するソリューション提案 - 見込顧客内のステークホルダーとの関係構築 - 個別提案書の作成 - プリセールスと連携したプロジェクトマネジメント - 見積/契約締結の対応 ●ポジションの魅力 1. SMB、Mid Market、Enterpriseといった幅広いターゲットに加え、食品、飲食、ホテル、物流などの多岐に渡る業界への営業活動が求められるため、幅広いセールスに挑戦することができます。 2. まだITが十分に普及していない業界がターゲットになるため、単にお客様の課題を解決するだけではなく、示唆・気付きを与えてお客様の行動変容を促す本質的な提案活動が求められます。また、営業活動の主軸は経営・役員クラスへの提案になるため、業界の動向やマーケット状況、競合環境の中での企業あるべき姿から仮説を作り提案をしていくダイナミックな提案活動を経験することができます。 3. 中期的に急拡大していく予定があるため、マネジメントやイネーブルメントの仕組みづくりなど、チーム単位で成果の再現性を構築していく役割に挑戦いただけます。不確実性の高い状況の中でのタフな意思決定を繰り返しながら、急拡大していくチームをリードしていくことを期待しているポジションになります。 4. セールス活動で得た知見を活かして、社内でも様々なポジション・役割へ挑戦できます。事業も急成長中ですので、将来的な事業/プロダクトの多角化なども想定される中で、事業開発や特定事業の事業責任者としてのキャリアなど様々なミッションに挑戦できる可能性も十分にあります。 ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for セールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-5b9fc7ed6b3442059d0100250bcfed34?pvs=4

SR-2003. SaaSセールス(エンタープライズセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 何十年と続いてきた紙管理からの脱却は一筋縄ではなく、顧客の課題と向き合い、顧客の変化を牽引することが求められるダイナミックな提案活動をしていきます。 顧客の「当たり前」を変え、デジタル化を通じた働き方の変革を牽引することがミッションです。 その中でも従業員数1000名以上のエンタープライズ企業は、お取引開始時のビジネスインパクトが大きく戦略上重要度の高い領域として考えており、より注力していくための体制を構築するためにメンバーを募集します。 ●業務内容 チーム体制は事業成長のスピードを最大化するためにThe Model型のプロセスに特化した体制をとっており、それぞれでKPIをもち、成果を最大化するためのPDCAを回しています。 本ポジションは、主に大手企業向けの営業活動を担います。 新規及び既存顧客に対して、マーケティング、インサイドセールス 、カスタマーサクセスと協調しながらカミナシのご提案を行います。 <具体的な業務> - 大手企業へのアカウントプランニング - ステークホルダーを巻き込んだ提案活動 - 別部門への利用拡大など既存顧客への深耕営業 - 見積/契約締結の対応 ●ポジションの魅力 1. 食品、飲食、ホテル、物流などの多岐に渡るデスクレス業界における日本を代表する企業の経営者や役員クラスへの提案活動が主軸になります。業界をリードする企業の最先端の課題や方針に対しての提案が必要になるので、ハイクラスな営業スキルを身につけることができます。 2. 事業戦略上、Enterprise企業とのコミュニケーションを通じてプロダクトの開発やマーケティング上のメッセージングを進めていくので、社内の戦略を進めていく上でもハブの役割として機能する必要があります。単に1セールスとしての動きだけではなく、経営やプロダクトを巻き込んだダイナミックな営業活動を経験することができます。 3. 中期的に急拡大していく予定があるため、マネジメントやイネーブルメントの仕組みづくりなど、チーム単位で成果の再現性を構築していく役割に挑戦いただけます。不確実性の高い状況の中でのタフな意思決定を繰り返しながら、急拡大していくチームをリードしていくことを期待しているポジションになります。 4. セールス活動で得た知見を活かして、社内でも様々なポジション・役割へ挑戦できます。事業も急成長中ですので、将来的な事業/プロダクトの多角化なども想定される中で、事業開発や特定事業の事業責任者としてのキャリアなど様々なミッションに挑戦できる可能性も十分にあります。 ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for セールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-5b9fc7ed6b3442059d0100250bcfed34?pvs=4

SR-3001. SaaSセールス(パートナーセールス)

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●チームの課題・ミッション カミナシの「ノンデスクワーカーの才能を解放する」というミッションは壮大です。 従来のやり方だけでは、到底到達することができません。 当社だけではリーチすることの出来ない顧客に対して、金融機関をはじめとするパートナー様と協業し、継続的な顧客獲得のチャネルとして確立することを期待されています。 今後の事業成長のためには必要不可欠なポジションです。 ●募集ポジションへの期待値 カミナシでは、ノンデスクワーカーの現場業務を効率化するSaaS「カミナシ」のパートナーセールスのチームを新規立ち上げします。 本ポジションでは、立ち上げメンバーとしてパートナー様との関係構築を行い、より「カミナシ」のサービス理解を頂くために、拠点・支店ごとの説明会の実施や販売支援などのサポートを行って頂きます。 関係構築に必要なことは、パートナー様1社1社の理解です。例えば、パートナー様はそれぞれ取り扱っているサービスや提案先の業界や部署が異なります。また、提案に協力頂いている方々の評価指標やモチベーションも異なります。 それらを把握し、適切なサポートや支援を行うことでより多くの顧客獲得が期待されています。 ●業務内容 パートナー様への以下の業務を想定しています。 - パートナー様の理解と関係構築 - 「カミナシ」のサービス理解のための説明会実施 - 販売支援、サポート業務 - スピーディーな情報連携 - パートナー様主催のイベントの参加・運営など - 社内の各部署との連携や調整業務 - その他、パートナービジネスを新たなチャネルとして確立するために必要なこと ●ポジションの魅力 - まだ確立されていないパートナーセールスの立ち上げに携われる - 各地のパートナー様に直接会いに行くことでの関係構築 - マーケ、セールス、プロモーションなど多くのステークホルダーを巻き込んで仕事をするプロジェクトマネジメントに携われる - 今後の事業成長の「鍵」となる顧客獲得の新たなチャネルを作る醍醐味を味わえる ●主要な利用ツール - Slack(コミュニケーション) - Notion(ドキュメント) - Google Workspace(メール、カレンダー、Meet、Drive) - HubSpot(CRM) - Zoom phone、amptalk ●参考情報 - 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/kaminashi/kaminashi-corporate-profile - エントランスブック for セールス:https://noiseless-fold-f68.notion.site/Entrance-Book-for-5b9fc7ed6b3442059d0100250bcfed34?pvs=4 ・(note)最も苦戦した「3つの問い」/パートナーセールス事業立ち上げの面白さ:https://note.com/satoshisan1983/n/ncfd93e23c883