株式会社カミナシ 全ての求人一覧エンジニア の求人一覧
株式会社カミナシ 全ての求人一覧

ENG-1012. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - クラウド・インフラストラクチャ)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステムの設計・構築・運用の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。 フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。 カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。 価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。 実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していくなかで、クラウドインフラストラクチャ領域においてチームをリードするソフトウェアエンジニアがまだまだ足りていないという現状があります。 これからのカミナシの成長にクラウドインフラストラクチャ領域を強みとするソフトウェアエンジニアは不可欠となっており、採用を強化しています。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - 現在のビジネスやシステムへの要求から、クラウドインフラストラクチャを再設計する - 「アプリケーションをデプロイして動かせる」というインフラを卒業し、継続的改善可能性と運用優秀性、セキュリティ、信頼性、可用性、スケーラビリティを考慮した堅牢なシステムアーキテクチャを実現する - この先数年のビジネスデマンドを織り込んだシステムアーキテクチャと運用を実現する - なぜそのシステムアーキテクチャなのか?を言語化することでシステムアーキテクチャへの理解をチームに浸透させ、クラウドインフラストラクチャへのチームの積極的な貢献を喚起する - 明示的なシステム運用設計を策定し、開発チーム自身の運用レベル向上を推進する - チームの発見した技術的・ビジネス的課題を、アプリケーションからクラウドインフラストラクチャに至るまでのどのレイヤで解決することが適切かについて、積極的にチームで議論する - システムアーキテクチャの IaC 実装への落とし込みをリードし、パブリッククラウド上でのシステム改善をチーム全体で推進する - システムアーキテクチャやインフラストラクチャ、あるいは運用から得られる様々なフィードバックをアプリケーション改善に高速に活用する ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-1017. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - フロントエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にフロントエンドやモバイルアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で「カミナシ」プロダクトのグロース開発やその周辺の開発を進めていくにあたり、フロントエンド領域においてチームをリードしていただく正社員のシニアソフトウェアエンジニアが以前から人数が少ないのが現状です。 これからのカミナシの成長にフロントエンド領域を強みとするソフトウェアエンジニアは不可欠となっており、採用を強化しております。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - フロントエンド全般 - Visual regression テスト の導入 - Feature フラグを用いたリリースとロールアウトの分離。安全性と確実性の高い機能ロールアウトの実現。 - iOS (React Native) アプリケーション - インターネットがない現場環境での記録業務を可能にする『オフライン機能』のさらなる改善 - e2e テスト の導入 - 対応プラットフォーム拡大 (e.g. Android) ● 主な技術スタック ○ アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ○ ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ○ インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ○ 監視 - Datadog - Sentry ○ コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-1018. シニアソフトウェアエンジニア (現場DX SaaS プロダクト開発 - バックエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にバックエンドアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で「カミナシ」プロダクトのグロース開発やその周辺の開発を進めていくにあたり、バックエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - サービスグロースに伴うデータベース設計やロギング周りの見直し - システムを停止させないデータベースマイグレーションの仕組みの導入 - アプリケーション、インフラの監視機能の強化 - DDoS 攻撃を見越した対応の仕組みの検討・導入 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-4002. エンジニアリングマネージャー (Product Development - Identity and Access Management)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴、エンジニアリングマネージャーの責務 カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 そのようなエンジニアリングチームをまとめていく本ポジションには、以下のような領域に責務を持ち、成果を出していくことが求められます。 - 自律的なチームと疎結合なクロスチームコミュニケーションの構築 - 担当チームの成果最大化とチームメンバーがポジティブに働くためのメンタリングといったピープルマネジメント - 担当チームメンバーそれぞれが持つキャリア上のゴールを理解し、個々人の目標が会社や組織の目標とアラインしうる業務アサイン - 担当チームがオーナーシップを持つシステムやサービスの成長を促進しうる組織設計 - チームメンバーそれぞれの技術的挑戦に対する積極的支援 - エンジニア採用活動、イベント登壇やブログ発信などの技術広報活動 ● 本ポジション募集の背景 カミナシのエンジニアリング組織では、健全にスケールする組織を実現するために、素早く自律的な意思決定を行えるチームサイズの維持を目標としています。例えば、チーム人数の増加に合わせた適切なチーム分割は、そのための手段の一つです。 チームが単に分割によってそれぞれ自律的に動くようになれば理想的ではありますが、より確度高くチームを生産的かつ効率的に機能させるためには、チームを包括的な視点で捉え、チームの自律的な活動を支援する役割を果たす人材も当然必要です。 カミナシの急成長を可能な限りサステナブルにし、今後も継続的にスケールしていくために、新たなエンジニアリングマネージャーの採用が必要不可欠であるという認識のもと本ポジションをオープンしました。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-4003. シニアソフトウェアエンジニア (Product Development - Identity and Access Management)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特に ID 基盤や認証・認可領域におけるバックエンドアプリケーション開発において、その知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 マルチプロダクト化を中心に事業を拡大していくにあたり、プロダクト共通で利用される認証や ID 管理を行う IAM (Identity and Access Management) 基盤の開発を推進いただくソフトウェアエンジニアをさらに必要としています。 以下は、私たちが取り組んでいること、これから取り組みたいことの一例です。 - 既存プロダクトの認証方式の移行 - ノンデスクワーカーにとって最適な認証体験の検証と実装 - 複数プロダクトを横断した ID 管理 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5001. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - フロントエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にフロントエンドやモバイルアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で新規プロダクトの開発を進めていくにあたり、フロントエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5006. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - バックエンド)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にバックエンドアプリケーション開発の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 事業とエンジニア組織が拡大していく過程で新規プロダクトの開発を進めていくにあたり、バックエンド領域を推進いただくソフトウェアエンジニアがさらに必要になっています。 ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-5007. シニアソフトウェアエンジニア (新規プロダクト開発 - クラウド・インフラストラクチャ)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステムの設計・構築・運用の領域においてその知識やスキルで新規プロダクト開発チームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。 フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。 カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。 価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。 実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 これからスクラッチで新規プロダクトを開発していくにあたり、継続的な改善可能性を備えたシステムをデザインすることは、プロダクトの健全な中長期的グロースに必要不可欠です。 本ポジションは、特にチームの立ち上がりから新規プロダクトの本格的なサービス提供が軌道にのるまでの間に、主に以下のような点でチームやプロダクトをリードすることが期待されます。 - 新規プロダクトの短期的・中長期的ゴールを深く理解し、継続的改善可能性と運用優秀性、セキュリティ、信頼性、可用性、スケーラビリティを考慮した堅牢なシステムアーキテクチャの設計をリードする - なぜそのシステムアーキテクチャなのか?を言語化することでシステムアーキテクチャへの理解をチームに浸透させ、クラウドインフラストラクチャへのチームの積極的な貢献を喚起する - システムアーキテクチャの IaC 実装への落とし込みをリードし、チームを巻き込んでパブリッククラウド上でのシステム構築を推進する - システムの運用設計策定をリードし、チームを巻き込んで運用レベルの向上を推進する - チームの発見した技術的・ビジネス的課題を、アプリケーションからクラウドインフラストラクチャに至るまでのどのレイヤで解決することが適切かについて、チームの議論を積極的にリードする - システムアーキテクチャやインフラストラクチャ、あるいは運用フェーズから得られる様々なフィードバックをアプリケーション改善に活用し、システム全体の継続的かつ進化的改善をリードする ● 主な技術スタック ・アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ・ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub ・インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) ・監視 - Datadog - Sentry ・コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace

ENG-9002. シニアソフトウェアエンジニア (Security Engineering)

カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシ エンジニアリングチームは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ● カミナシ エンジニアリングチームの特徴 本ポジションは、特にクラウド・インフラストラクチャを利用したシステム開発と運用におけるセキュリティの知識を有し、その知識やスキルでチームをリードする人材からの応募を想定していますが、カミナシではソフトウェアエンジニアの業務範囲に明示的な制限を設けません。フロントエンドやバックエンドアプリケーション、あるいはインフラやシステムアーキテクチャ、運用方法に至るまで、システムのどの部分での課題解決が最適化はその内容によって異なるためです。カミナシのソフトウェアエンジニアは、課題の解決方法を思索し、それを実現するために必要となる幅広い裁量を持ちます。 また、カミナシのソフトウェアエンジニアが持つ裁量と責務は技術的な領域だけにとどまりません。価値あるプロダクトやサービスを継続的に提供していくために、ユーザーインタビューや社内ステークホルダとのコミュニケーションを通して最適な課題解決方法を発見します。実際に現場で業務に携わるユーザーとの対話を通してソフトウェアエンジニア自身がその一次情報を受け取り、サービス改善にダイレクトに繋げていける環境がカミナシにはあります。 ● 本ポジション募集の背景 カミナシではすべての従業員がセキュリティの価値や重要性について語ることができるセキュリティ文化の醸成を目指して仕組みやプロセスの整備を進めていますが、個別のサービスや各プロダクトエンジニアリングチーム内における具体的なイニシアチブの推進はまだまだこれからというのが現状です。 本ポジションでは、プロダクトの継続的開発とシステム運用に責務を持つエンジニアリングチームの一員として、チームメンバーのセキュリティ意識の向上や、プロダクトに潜むセキュリティ課題に向き合っていくことを期待されます。日々の業務の中では、セキュリティエンジニアリングチームとも連携しながらプロダクトエンジニアリングチーム内に存在するリスクの特定と共有、それらへの対応の優先順位付けなどをリードします。 こういった取り組みはまだまだ世の中では多くなく、最初はうまくいかないこともあるかもしれません。しかし、セキュアで信頼性のあるサービスをお客様に届けるというゴールを第一に、うまく機能するやり方をともに探究していくことも、また本ポジションに期待されることです。セキュリティエンジニアリングからプロダクトエンジニアリングへ、という一方通行でセキュリティに取り組むのではなく、プロダクトエンジニアリングからもセキュリティエンジニアリングへの提言が行われ、双方の協力によって優れた Security posture を実現していくことをカミナシは目指しています。 本ポジションは、私たちがそのようなエンジニアリング組織の形を目指す最初の一歩を踏み出す上で、同じ志を持ってともに走ってくださる仲間を募集するためにオープンされました。 以下は、私たちが取り組んでいきたいけどまだ出来ていないことの一例です。 - プロダクトエンジニアリングチームにおけるセキュリティ意識・知識の向上を推進する - セキュアなサービス作りに自走できるチームの実現 - Security Hub Findings のハンドリングと対応 - 依存コンポーネントの脆弱性への対応 - 社のセキュリティポリシーへの対応 - セキュリティを意識した設計と実装、運用 - プロダクトエンジニアリングチーム内で発見されたセキュリティ上の課題に対して、セキュリティエンジニアリングをはじめとした各種ステークホルダーを巻き込んでいく仕組み作り - 一部取り組み始めていますが、まだまだ理想には程遠い状況です - セキュリティの視点からの新規開発機能やインフラストラクチャに対する設計レビュー - 各種インシデントを起こしにくい仕組みの導入や、インシデント発生時の対応プロトコル策定や運用 ● 主な技術スタック アプリケーション開発 - React, React Native - TypeScript - Go - Docker ソースコードバージョン管理 - Git, GitHub インフラストラクチャ - AWS, GCP - Terraform (IaC) 監視 - Datadog - Sentry コミュニケーション・ドキュメンテーション - Slack - Notion - Google Workspace