株式会社ディー・エヌ・エー 全ての求人一覧Engineer の求人一覧
株式会社ディー・エヌ・エー 全ての求人一覧

【ゲームプラットフォーム事業 】サーバーサイドエンジニア

ゲームプラットフォームの更なる進化を図るべく、サーバーサイド開発エンジニアを募集します。 月間のユーザー数が数百万人にも及ぶプラットフォームサービスを運営しユーザーにエンターテインメントの場を提供し続けることにチャレンジします。掲げるミッションは2つです。 ・ユーザーにコンテンツを提供し続け、ブラウザで多様なゲームをプレイできる環境を作る ・ディベロッパーが魅力的なゲームを提供するための開発・運用支援を行う 大規模なプラットフォームをユーザーに提供するために、組織には自社開発の数多くのバックエンドサービスがあります。ユーザーにエンターテインメントの場所を提供し価値を届けるためには効率的なバックエンド運用と、中長期を見据えた機能改善が必要です。非効率な運用の再設計・効率化や、ブラウザやクライアント/OSの最新アップデートに素早く対応する技術力が求められます。 また、SDKの開発やAPIの開発にも注力しております。ディベロッパーはSDKを組み込むことでプラットフォーム機能(アカウントや決済など)の開発コストを減らすことができ、ゲームの本質的な機能開発に注力できます。 ユーザーとディベロッパーにゲームプラットフォームの場と価値を提供することでミッション達成を目指します。 ◆主な仕事内容 シニアエンジニア/システムアーキテクト ・エンドユーザー向け機能のサーバーサイドシステムの設計・開発・運用 ・ゲームディベロッパー向け SDK, Webアプリケーションの設計・開発・運用 ・運用効率化のための再設計・開発 ・安定性・拡張性の継続的な改善 ・技術動向の把握・対策・設計 ◆この仕事の魅力 自社プロダクトであり、事業オーナーをはじめとしたメンバーと非常にフラットに関われます。 仕事の仕方は人それぞれです。本プロダクトではエンジニア自身が裁量を持って仕事に取り組む事を推進しサポートします。 また、UX 向上のための機能改修・拡張や、運用効率化のための新技術導入など、自身の提案をしっかりプロダクトに反映できます。 本プロダクトを通してゲームプラットフォームならではの経験や成長の機会があります。 ・月間のユーザー数が数百万に及ぶ大規模トラフィックを捌くための知見 ・ゲームディベロッパー・エンドユーザーの双方に対して価値を提供していくための視点 ・エンジニアリングの観点からプロジェクトを推進する経験 ・認証認可・決済などプラットフォームに必要な機能開発の経験 ゲームプラットフォーム「Mobage」がサービスを開始してから培ってきた開発・運用の経験は多くの開発に活かすことができます。 ◆働き方・チーム 当該部署においては現時点では出社必須の日は設けておらず、フルリモートに近い働き方をしています。 チームのカルチャーやこれまでの取り組み事例を紹介しています。 https://engineering.dena.com/team/mobage/ 実際に当該部署で働くエンジニアリングマネージャーが日々の開発運用において重視していることややりがいについて語っています。 https://fullswing.dena.com/archives/8004 当該部署で働くメンバーがMobageサーバーサイドにおけるプロジェクトマネジメント、また働く環境について紹介しています。 https://engineering.dena.com/blog/2022/11/opf-serverg-pmblog/

【ゲームプラットフォーム事業 】モバイルアプリ向け SDK開発エンジニア(iOS/Android)

DeNA では「Mobage Open Platform」を軸として、多くの皆様に沢山のゲームを体験していただける場を提供してきました。 現在でも超大型タイトルを始め、様々なタイトルがプラットフォーム上でリリースされており、月間のユーザー数も数百万人に及ぶ大規模サービスとなっています。 大規模なプラットフォームを展開・運営する上では、汎用的かつ拡張性を備えたシステムを構築するとともに、エンドユーザ・ビジネスパートナー・市場など様々な状況やニーズを的確に捉え、良化し続ける実行力と変容力が重要です。 たくさんのお客様にストレスなく楽しんでいただくことと、たくさんのビジネスパートナーに価値を感じていただくことを両立させるために、SDK からアプリケーションまで広範囲のサービスを高いパフォーマンスで提供し続けることが私たちのミッションです。 DeNA もしくは 外部の開発会社において開発される「Mobage Open Platform」のゲームをモバイルアプリから利用するための各プラットフォーム(iOS/Android/Unity)向け SDK の開発と運用を行っています。 デベロッパーにゲームの開発に注力頂けるよう、我々はプラットフォームとして充実した機能を高いクオリティで提供する必要があります。 また、デベロッパーがより良い体験ができる魅力的なゲームを提供するための開発・運用支援を行っています。 エンドユーザーとデベロッパーの双方にゲームプラットフォームの場と価値を提供することを目指します。 ◆具体的な業務内容 ・iOS/Android用のSDK開発・運用 ・長期的に安定的な運用をするための運用改善、効率化 ・毎年更新される外部環境変化の情報キャッチアップと対応(iOS/Android の新バージョンOS、ポリシー変更に対応するなど) ・タスクを取りまとめて関係者と巻き込み機能の開発・運用 ・デベロッパーとエンドユーザー両方の目線を重視した開発 ・デベロッパー向けのドキュメント整備 ◆ この仕事の魅力 ・大規模サービスのため関係者も多く、様々な部署/職種のメンバーと接しながら多様な経験を得ることができます。 ・「Mobage Open Platform」がサービスを開始してから培ってきた開発・運用の経験は多くの開発に活かすことができます。 ・DeNA の携わる多様なサービス開発に関わるチャンスがあります。 ・SDK 開発の性質上、広い範囲に目を向け最新情報に常に追従、デベロッパー様へ迅速に提供することの価値が非常に高い仕事です。 ・デベロッパーとアプリを利用するエンドユーザーの双方に対して価値を提供することができます。 ・エンジニアが裁量を持って仕事に取り組み、他職種メンバーに対しても提案しやすい環境が整っています。 ◆働き方・チーム 当該部署においては現時点では出社必須の日は設けておらず、フルリモートに近い働き方をしています。 本ポジションに関わるチームのカルチャーやこれまでの取り組み事例を紹介しています。 https://engineering.dena.com/team/mobage/

【ゲーム事業】SDK エンジニア

本募集は、任天堂株式会社との提携業務におけるスマートデバイス向けゲームクライアント用 SDK 開発のポジションです。 世界中で利用されるゲームタイトルで利用される SDK の開発・運用を行います。 この SDK はゲームサーバーとクライアントを繋ぐ役割があり、クライアント開発者・ゲームサーバー開発者など多数のステークホルダーとの連携が重要なポジションになります。 具体的には以下の業務を担っていただくことになります。 【期待される役割】 ・ゲームタイトルの新しい機能の要件定義及びその機能の設計、実装 ・基盤部分のライブラリー等のアップデート対応 ・長期的なシステム開発運用の実現に向けて多数のステークホルダーおよび自分たちの負荷軽減を実現するための環境整備 ・最新デバイス、最新 OS、プラットフォーム対応事項への対応など 【プロダクトでの採用技術・特徴】 ゲームエンジン・言語 ・Unity / C# ・cocos2d-x / C++ CI/CD ・Jenkins ・Github Actions その他利用技術 ・Protocol Buffers ・Xcode ・Visual Studio ・Android SDK / NDK ・Gradle 【この仕事の魅力・やりがい】 非常に多くのお客様が利用するタイトル群で利用される SDK の開発になります。 iOS/Android/Unity/cocos2d-x とゲームクライアント開発に関わる多数の技術を取得でき、世界中で利用されるタイトルが複数ありますので、様々な事象についての経験を積むことができます。 上記の点においてすでに深い知識をお持ちの方についても他社に類を見ない規模感と考えていますので、遺憾なく能力を発揮していただけます。

【ゲーム事業】グラフィックスエンジニア(タイトル開発)

本募集は、スマートデバイス向けゲームクライアント開発において、ゲームタイトルが求めるグラフィックスの実現全般を担当するポジションです。 ゲームタイトルから要求されるグラフィックス表現を実現するために必要な業務の全般に携わっていただきます。 具体的には、タイトルチームへ配属されタイトルの事情を汲みつつ要求されるグラフィックスを実現するような働き方となります。 そのため必要に応じてアーティスト等の他職種とのコミュニケーションも行っていただきます。 またグラフィックス領域に限らず、必要に応じてゲームクライアント全般の開発も可能な範囲で行っていただきます。 ゲームエンジンはUnityを使用し、プラットフォームはスマートフォンを中心としたモバイルデバイスです。 【使用技術】 ・Unity ・リアルタイムレンダリング技術一般 ・ゲームクライアント開発一般 【担当業務詳細】 ・ゲームタイトルにおけるレンダリングシステムの設計・実装 ・ゲームタイトルのグラフィックス要件に対する実現手法の調査・設計・実装 ・データ設計 ・シェーダ実装 ・アセット制作ツール開発 ・パフォーマンスチューニング ・アーティストとの表現手法の検討・議論 ・アーティストのサポート ・ゲームクライアント開発全般 ※ご自身のスキルやチームメンバーとのバランスに応じて、担当する業務は調整します 【この仕事の魅力・やりがい】 ゲームにおいてグラフィックスは一要素ではありますが、ユーザーの第一印象の大きな部分を担い、遊びやすさや商品価値にも繋がる重要な要素です。 また技術領域としてのグラフィックスは日々進化しており、常に最善を追い求め学ぶことが尽きない学びごたえのある領域でもあります。 そのようなゲームグラフィックスを、タイトルチームに入って要件出し・仕様決めから参画し、単純なエンジニアリングだけでなくアーティストとの総合的なコラボレーションを行って実現していく、理論と感性の両方を使う大変やりがいのある仕事です。 またタイトルチームの一員として、ご自身の力に応じてグラフィックス領域に閉じない活躍をすることも可能です。

【ゲーム事業】ゲームサーバーエンジニア (Golang)

これまで DeNA で培ってきたゲームタイトルの運営やゲームサーバーコンポーネントの開発・運用のノウハウを活かして、どのタイトルでも共通で必要になる機能の開発や、各タイトルに特化した機能の開発を行っております。 各メンバーに何を担当いただくかは、メンバーの WILL やその時々のチームバランス等を踏まえて決めています。 主な業務内容は以下の通りです。 ・ゲームタイトル向け API の設計・実装 ・ゲームタイトルの運営/システム管理に必要となる GUI/CLI ツールの開発・運用 ・自社開発の BaaS やクライアント SDK とのブリッジ部の設計・実装 開発言語: Golang クラウド: Google Cloud (Google Kubernetes Engine) DB: Cloud Spanner モニタリング、ロギング: Cloud Monitoring, Cloud Logging, BigQuery コミュニケーション: Slack, Google Meet, Confluence, Jira 開発環境: Mac 【この仕事の魅力・やりがい】 サーバー領域に関するもので、かつチームやプロダクトの目的にも合致するものであれば、基本的には何でも行うことができます。 また、目的意識を重視しており、例えば我々は他チームから手段ベースの依頼を受けることがありますが、その依頼の背景まで紐解くと、実は別の手段の方が適しているケースはよくあります。 このような目的意識を持てる方だと、動き回れる範囲がより広くなると思います。

【ゲーム事業】ゲームサーバーエンジニア(Ruby)

本募集は、任天堂株式会社との提携業務におけるゲームサーバーサイドエンジニアのポジションです。 世界中で利用されるゲームタイトルのバックエンドシステムの開発・運用を行います。 具体的には以下の業務を担っていただくことになります。 【期待される役割】 ・任天堂株式会社と共にゲームタイトルの新しい機能の要件定義及びその機能の設計、実装 ・Ruby on Rails による API サーバの開発 ・24時間365日安定して稼働するシステム運用 【プロダクトでの採用技術・特徴】 インフラストラクチャー ・AWS  ・Amazon EC2  ・Amazon Aurora MySQL  ・Amazon ElastiCache (Redis, Memcached)  ・Amazon Athena  ・Amazon S3 ・GCP  ・Compute Engine  ・Cloud Storage  ・BigQuery 言語 ・Ruby  ・Ruby on Rails ・Go ・Unity ・C# ・C++ CI/CD ・Jenkins ・Github Actions その他利用技術 ・Protocol Buffers 【この仕事の魅力・やりがい】 担当するゲームタイトルは大きなトラフィックを受けることになるので、大規模トラフィックを受けるためのアプリケーション開発ノウハウを習得し、得た知見を自ら体現できます。 また、ゲームサーバーエンジニアとして企画をそのまま実現するに限らず、技術的に実現可能な形に落とし込んで設計・開発するような場面もあり、設計・実装・テスト・運用までワンストップで携わっていただく環境です。 設計・開発等に関してレビューを行う等の体制もある程度整っているので、コードの品質にも気を配っています。

【ヘルスケア事業】kencom サーバーサイドエンジニア

# データヘルスの取り組み データヘルスとは、ユーザーの健康に関するデータを分析し活用することによって、ユーザー個別の健康状態に応じた健康活動の向上の取り組みを行うことです。日本では厚生労働省がデータヘルス改革として民間企業も活用してデータヘルスに力を入れています。 DeSCヘルスケアではデータヘルスの取り組みとしてスマートフォンアプリ「kencom」https://kencom.jp を通して、楽しみながら健康になってもらうコンセプトで、多くのユーザーにデータヘルスの価値を提供しています。 また、アプリ以外にも健康保険を運営している組合や自治体のサポートを行ったり、分析結果を利用した研究機関のサポートなど幅広くデータヘルス事業を行っています。 # サーバエンジニアの役割 データヘルスを推進していくにあたって、ヘルスビッグデータ分析・活用していくシステムはデータヘルス事業の核となっています。 エンジニアはこれらのビッグデータを扱うバックエンドのプラットフォーム開発や分析基盤システム、外部システムとの連携の仕組みを構築し運用していく必要があります。またユーザー向けの機能としてスマートフォンアプリの開発も行うなど、幅広い対応が求められます。 これらのシステム開発を通して、社会課題となっているヘルスデータの活用を行うことで、社会全体へのヘルスケアの取り組みを広げていくことが求められます。 kencomではイベント開催時には大規模なトラフィックがあるため、負荷対策を始めとする大規模サービスの運用を経験することが出来ます。採用するツールやライブラリはチーム内で選定しているため、主体的に新しい技術を導入することが出来ます。 また、個人情報を扱うため、高いセキュリティレベルが要求されるので、安定的で質の高いシステム開発を学ぶことが出来ます。 シニアエンジニアの場合はこれらのプロジェクトに携わりながら、製品やビジネスオペレーションが抱えている課題を発見し、技術的な解決策(リアーキテクチャ、オペレーションツールの開発、等)を主体的に提案・実行していくことが期待されます。 現在の開発方針はGoをメインとした開発を進めている状態で、レガシーなシステムから、モダンなシステムへのリプレースを積極的に行っており、一緒に改善を進めていただけるエンジニアを募集しています。 # 主な開発内容 スマートフォンアプリ「kencom」のサーバサイドのシステム開発 - 新規機能のAPIの設計、開発、運用 - 既存機能のパフォーマンスチューニング、リファクタリング - 新規、既存機能のフロントエンド実装 - 各種オペレーションの効率化・自動化 - デプロイ、監視、CI/CDなどの設計構築 ヘルスデータのプラットフォーム開発 - 保険者向けの分析レポートの開発 - 管理者用の管理画面の機能開発・運用 - ビッグデータの分析基盤の構築・運用 - 外部システムとのデータ連携 開発環境・ツール - 言語:Go, Ruby, Ruby on Rails - インフラ:AWS, GCP - ドキュメント・タスク管理:Confluence, JIRA - その他:Github, Slack, Zoom

【ライブコミュニティ事業】Voice Pococha サーバーサイドシニアエンジニア

▼VoicePocochaとは/公式ホームページ https://www.voice-pococha.com/ Voice Pocochaは声でつながるライブ配信アプリです。見た目や他人の目を気にすることなく、誰にとっても自分の居場所を作ることができるアプリを目指しています。 2022年1月のリリース直後から多くのユーザー様にご利用いただき、声ライバー/リスナーのKPIも全て右肩上がりに急成長しています! ライブ配信ドメインはこの数年で急速に一般的な認知を広げ、少しずつ日常的に利用されるサービスとなってきています。 しかし、配信に興味はあっても顔を出すことに抵抗があって配信を始めるのに今ひとつ勇気が出ないという方がまだまだ存在しており、容姿や年齢、性別を気にすることなく顔を出さずに配信ができる音声配信の潜在的なユーザー数は、顔出し配信アプリよりも何倍も多いはずであると私たちは考えています。 そして、ライブ配信ドメインの急成長と共に音声ライブ配信がより多くの方の日常にとって欠かせないサービスとなるために、様々なユーザー様にとって居心地の良いコミュニティが形成できるよう、模索しながら開発しています。 ▼具体的な業務内容 ⾳声配信アプリ「Voice Pococha」をより楽しんでもらうための新機能、ビジネスメンバーが効率よくオペレーションを回すための内部ツールの開発・運⽤や、技術的な負債解消からパフォーマンスチューニングまで幅広く担当していただきます。 開発はもちろんのこと、プロダクトチームで⾏う仕様の検討を⾏ったり、エンジニアチームの⽣産性向上に向けて開発フローを改善することもあります。 【業務内容の一例】 ・Voice Pocochaでの配信者と視聴者のマッチングロジックの仕様検討から実装 ・⾳声プロフィール機能や配信を盛り上げるアイテム機能の実装 ・Voice Pocochaのアイテムデータを簡単に⼊稿するための内部ツール実装 ・カスタマーサポートチームからの問い合わせの対応・調査 ・バッチ処理のユーザー数増加に伴う負荷に対するパフォーマンス改善 *ご経験やスキルに合わせてご相談の上、以下の業務もお任せしたいと考えております。 ・開発サポート - 技術的な設計や実装に関するフォロー、及び実施 - 基本設計、詳細設計、コーディングのレビュー ・チームビルディングへの取り組み ・プロダクトマネジメント ・事業の目標達成に向けたプロジェクト推進 - 大規模な機能開発のスケジュール管理 ・事業部以外の関係者との交渉や調整 ▼メンバー構成/はたらく環境 【チーム構成】 プロダクト開発チーム内では2つのチームに分かれています。 今回の配属先となる「サーバーサイド開発チーム」は4名、「クライアント開発チーム」は2名で、それぞれ20代中盤のメンバーで構成されています。 【メンバー特徴】 ・新卒入社から携わっている若手メンバーも多く在籍しています ・他者の強み弱みに対して素直にリスペクトしてポジション問わず、⼀⼈⼀⼈の意⾒を⼤切にする風習があります ・自分が携わった機能の反響・数値を自ら確かめにいったり、不具合やトラブルが発生した場合も最後の砦意識を持って対応するエンジニアが集まっています 【環境】 ・Timesや質問用のslackチャンネルを利用し、積極的に議論をしたり、質問をして業務を進めることができる環境です ・テキストコミュニケーションで足りない場合は、各自zoomなどで足りない部分を補って認識のすり合わせを実施しています ・⼤きな裁量・影響⼒を持って仕事ができるため責任もありますが、その分ユーザーに与える影響も⼤きくなります ▼仕事のやりがい 【サービス面】 ・ユーザーの反響をリアルタイムで感じ取ることができる ・右肩上がりでユーザー数が増加しているサービスを体験できる ・成⻑市場のライブストリーミングの中でも⾳声ライブ配信でコミュニティ形成する楽しさを追求することができる 【技術面】 ・リアルタイム性が求められるサービスの⾼負荷状態のパフォーマンス改善が体験で きる ・ユーザー向けの新機能だけではなく、ライバー事務所向けのツールの作成、配信審査の効率化、エンジニアなしで使⽤できる運⽤ツールの作成など、toCだけでなく、toB的な要素の課題もあるため、解決すべきものが多い ▼開発環境 使⽤⾔語:Ruby フレームワーク:Rails7 インフラ:AWS、GCP データストア:MySQL、Redis モニタリング:CloudWatch、Grafana、DataDog バージョン管理:Github Enterprise CI:CircleCI コミュニケーション:GoogleWorkspace、slack、Notion、Jira、zoom、Google Meet 開発プロセス:アジャイル開発、Pull Requestベースでのコードレビュー

【事業横断】AI案件のプロジェクトマネージャー

AI案件のPdM兼PMとしてAI利活用の発見や推進をしていただける方募集!
データ統括部では、国内トップクラスのKaggle Masterを中心とした多くのトップデータサイエンティスト(DS)や、データエンジニア、MLエンジニアを多数抱えており、AI業界でも大きな知名度を持っています。 開発チームの専門性を十分に活かして、大きな事業価値を生み出すためには、AI利活用の発見、課題ドリブンでの戦略立案、AI案件の特性を理解したプロジェクトリードが行える人材が重要になり、データ活用推進グループにて、次の業務をお任せします。 <業務内容> クライアントや社内の他事業本部からの相談、依頼に対し、AI利活用の発見やAI案件のプロジェクトリードを実施します。 - クライアント、社内各事業における課題発掘 - 課題に対する技術のアジャスト、期待値調整 - 提案/契約/POC/サービス実装までのプロジェクトマネジメント - QCD管理 - データ統括部エンジニアやその他の関連部署の人材との橋渡し - 各ステークホルダーとの折衝、マネジメント 等 <当該業務を通じて得られるもの> ‐ 今後ますます増えて行くであろう、AI活用プロジェクトを最前線で経験出来る ‐ 新たな収益の柱を生み出す経験・事業マネジメントスキル全般 - 様々な業界・業種、特に大手上場企業との対話を通じて得られる人脈・ネットワーク

【事業横断】インフラエンジニア・SRE

 DeNAグループの多種多様な事業ドメインのインフラ運用に携わっていただきます。  「サービスが、最も安定して最も低コストで動き続けるために必要なこと」は線引きなく全て担当して頂きます。  クラウド IaaS/PaaS/SaaS 環境の運用はもちろん、アプリケーションをコードレベルで理解し、性能向上の提案や障害原因の全方位からの切り分けを主導していただきます。 <具体的な業務内容> インフラの安定運用のために必要な、ありとあらゆる作業を能動的に行っていただきます。 1.環境構築  新規サービス開発のための環境の設計と構築を行います。  インフラ設計(要件ヒアリング、アーキテクチャ設計、コスト計算)、セキュリティ設計、インフラ構築(OS・ミドルウェアの導入と設定)等 2.性能管理  処理速度やリソースに過不足がないかなど、性能とキャパシティの管理を行います。  CPU、メモリ、ストレージといったハードウェアリソースの性能限界に達していなくても性能やキャパシティの問題は起こりえます。たとえ原因の特定すら困難な状況であっても、広範な知識から問題に切り込んで解決していきます。 3.運用改善  システム基盤の運用というのは、想像以上に複雑かつ繊細です。  そのため、物事を改善することが言うほど簡単ではないケースもありますが、システムの冗長性を高める作業や自分達の作業を効率化するために取り組んで頂きます。  それはコーディングなどの技術的側面にとどまらず、運用ルール構築であったり、体制づくりである場合もあります。 4.障害対応  どんなに丁寧に管理していても、システムは生き物のようなものなので問題が起きることがあります。そういう場合に可及的速やかに状況の沈静化と根本原因の調査を行い再度問題が起きないように対応をいたします。 <身につくスキル> -DeNAサービスの様々なプロダクトの業務を担当いただくため、グローバル展開の高トラフィックなサービスや、高いセキュリティ水準が求められるヘルスケアサービス、新規事業のインフラ構築など、様々なフェーズや規模のプロダクトに関わることができます。 -インフラ構築や運用を効率化するためのソフトウェアの言語を用いた開発/メンテナンスを行っています。(例:運用管理ツールの開発、構成管理ツールの利用など) -NW,OS,ミドルウェアだけでなく、必要に応じてアプリケーションのコードやSQLの確認も行っていただきます。より良いサービス運営に必要であれば、コードやSQLの具体的な改善案の提示や、適切なindexを設計を支援します。 <所属部門のIT基盤部について> 全社共通部門としてDeNAグループのほぼ全ての事業、子会社に横断的に関わりインフラ運用を行っております。 # ミッション サービスが最も安定して最も安く動き続けるために必要なことを全て実施し、サービス開発者と共により良いサービスの創出、事業の成功に貢献すること。 <参考資料> DeNAは約3年かけて、オンプレからクラウドに完全移行を実施いたしました。 完全移行を決定した背景から、どのように移行を進めてきたのか以下記事で紹介しています。 ・【ノーカット掲載】オンプレミスかクラウドか。社内を二分する論争にDeNA南場智子が出した”答え”  https://fullswing.dena.com/archives/4762 ・オンプレミスに強みをもつDeNAはなぜクラウド化を決めたのか? その舞台裏と今後の展望  https://fullswing.dena.com/archives/2638 ・クラウドへ全面移行するDeNA。現場リーダー2人が3カ年計画の進捗と展望を語る  https://fullswing.dena.com/archives/3107 ・DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜  https://www.youtube.com/watch?v=8SuW-eWxOOE ・IT基盤部チーム紹介  https://engineering.dena.com/team/infra/

【事業横断】品質管理・QAリーダー/非ゲーム領域

QAリーダーは、複数サービス、複数タイトルの検証作業を受け持つチームのリーダーとして、事業(開発)に対し品質面で改善施策を講じ、最適な品質保証体制を構築する事が求められます。 DeNAのサービスやプロダクトのクオリティを担保する最後の砦として品質管理部は重要な役割を担っています。これから伸びていく事業の土台を支えながら、QAリーダーとしてサービスやプロダクトの品質に貢献しませんか? ◆主な業務 ・QAマネージャーの元、QAチーム(20名程度)のリーダーとして、チーム管理を行う ・ゲーム以外のエンタメ、ヘルスケア、新サービス等のテストマネジメント業務、外部検証窓口とのコミュニケーション ・品質マネジメント  検証作業の標準化、効率化、改善活動  コスト、工数、障害分析に対する改善活動  企画・開発部門、カスタマーサポートなど関連部門へのフィードバック  事業部に対する改善活動推進(開発品質の向上)  カスタマーボイスを開発やQAテストに取り込む活動の推進 ・品質メトリクスを用いた定量的判断、プロジェクト状況を見極めた定性的判断を行い、品質レポートや振り返りの作成 ◆仕事の魅力 ・DeNAがリリースするサービス・プロダクトに対し、QAの立場として品質面で貢献することが可能です ・一社にいながら、規模・ジャンル共に多様なビジネス / ドメインのQA経験、マネジメント経験を積むことが出来ます ・事業部とQAチームとの距離が非常に近く、事業部(開発)への提案 / 貢献が可能です ・品質の標準化や改善活動を行うことが可能です ・CS部門と密に連携している為、ユーザーの声をダイレクトに知ることが可能です ・社外発信に力を入れているため、日ごろの業務の成功事例を社外発表することが可能です。(定期開催しているQA部門主催の社外イベントの運営に参加することも可能です) 参考URL 「受身から攻めのQA」に至るまでの道のり https://engineering.dena.com/blog/2022/05/road_to_aggressive_qa/

【新規パートナー事業】ソリューションアーキテクト

アライアンスパートナーとの提携業務を推進するソリューション事業本部では、システム開発・運用・ソリューション提供を通しての新規パートナーとのアライアンス事業の開拓を行っています。 パートナー事業を開拓する中で起きるビジネス上の課題解決にあたって、既存の社内ソリューションを検討したり、サードパーティーのサービスの利用を検討したり、カスタムソフトウェアの開発を始めたりと様々な手段を組み合わせて活用していく必要があり、その実現に向けた設計やプロジェクトマネジメントに関わっていただきます。 ◆具体的な業務内容 ・新規パートナー事業の開拓において、事業リーダーやビジネス企画メンバーがパートナーとビジネスモデルの調整をする中において、それを実現するためのテクニカルソリューションを検討しつつ、システムのおおよそのアーキテクチャを明確にして、プロジェクトを実行可能とするための体制づくりに必要な要件の整理 ・実現したサービスの方向性は見えているが、つくるものが明確ではない中において、ビジネス要件とエンジニアリングの Capablity を踏まえて最適解を導き出し、それを実現可能とするためのステークホルダーマネージメントの遂行 ・システム開発においては、他のエンジニアと一緒になって実装もするが、開発そのものの進行管理や他部門との調整も行うエンジニアリング&プロジェクトマネージメントの実施

【社内システム】テクニカルオペレーション 〜社内システムの運用改善でグループ全社へ価値を届けるメンバー募集〜

【IT戦略部とは】 DeNAグループにおける「社内情報システム部門」です。社内 IT に関わるソフトウェア・ハードウェアすべてに責任を持つ部門です。 グループ全社で使用している「Google, Slack, GitHub」などツール提供のほか、会計・人事などコーポレート領域のシステム運用保守、及び業務改善も実施しています。 また、社内システムのインフラ運用やPC/モニターの一括管理、 ヘルプデスク業務を実施しています。 IT戦略部は一般的にイメージされる「情シス」と大きな違いが2点あります。 (1)子会社には情シス部門がほぼなく、IT戦略部がグループ全体を統括しています。 (2)内製文化であり、 システムの開発や運用は外注していません。 ▼ミッション 「ITをもって、事業と経営に対して、本質的な価値を届けること」をミッションとし、社内全体のIT全般の戦略立案や企画、システム構築や運用、ユーザーサポートを担っています。今回はIT戦略部の中で各種全社ツールの運用、業務改善(自動化・効率化)、新規ツール導入の推進を実施する「テクニカルオペレーショングループ」で新しいメンバーを募集します。 ※チーム紹介  IT戦略(コーポレート / 情報システム) | TEAM - DeNA Engineering  https://engineering.dena.com/team/it-strategy/  (上記URLは2023年4月の組織変更前の組織名になっております) 【テクニカルオペレーショングループの業務内容】 テクニカルオペレーショングループはDeNAグループ全社で使用する「ソフトウェア」に対して責任を持つ部署であり、ITシステム・ツールの導入企画から運用管理、運用改善(自動化や業務効率化のための機能開発)など、全般の業務を担当する部署です。具体的な業務内容は以下のとおりです。 ・各種SaaSシステムの社内運用としてGoogle WorkspaceやSlack、kintone等の運用管理 ・運用効率化のための自動化機能開発 ・システム間連携機能の設計開発 ・新規ツールやシステム導入に関するリスクアセスメント、導入検討から社内導入・定着化までのプロジェクト実施 上記の通り、会社運営に伴う様々な要件を取りまとめ、全社への価値を提供するためのプロジェクトを推進しています。 【今回お任せする業務】 入社後は、社内ITに関わるシステム運用業務を担当していただきます。 例としてアカウント発行や権限見直し、ヘルプデスクからエスカレーションされた社内ユーザーからの個別相談対応などを通じて運用を把握し、改善箇所の提案から実現に取り組んで頂きます。 また、DeNAグループの各部門からの要望や改善依頼について内容をヒアリングし、検討・社内調整・新ルールの策定など、スタートからゴールまで力強く推進していただくことを期待しています。 【入社後のサポート体制】 テクニカルオペレーショングループは業務内容ごとの「チーム制」を採用しています。入社後は1つのチームに属していただき、チームリーダー、メンバーとともに業務にあたって頂きます。 数多くのシステム・ツールを運用しているため、入社後のキャッチアップ期間は他チームに所属するメンバーを「フォロワー」として設定し、タテ(上長)、ヨコ(チームリーダー・メンバー)、ナナメ(フォロワー)の3方向で新規メンバーの疑問や不安を解消する体制を採用しています。