TURING株式会社 の全ての求人一覧
TURING株式会社 の全ての求人一覧

Vehicle Software Designer

Vehicle Software Designer

Vehicle Software Designer
Teslaは車の体験を大きく変えました。シンプルで洗練されたデザイン、直感的で扱いやすいUI、さらに高度な自動運転機能も搭載しています。Vehicle Software Designerのミッションは、車の体験を一新するために自動運転ソフトウェアを中心に自動車システム全般のデザインを行うことです。 対象は、自動運転ソフトウェアやアプリケーションが動くOSから、カメラなどのハードウェアを扱う低レイヤーのシステム、そして、ユーザーと対話するUI/UXシステムまで多岐に渡ります。 直近のミッションとしては、自動運転システムの性能向上と次世代の車内体験を提供するシステムを生み出すことです。具体的には以下のような課題があります。 ・安心安全な自動運転システムに適したUIUXデザインの設計・実装 ・次世代の車内体験を考えたUIUXの創出 【今後の課題解決アプローチ】 自動車のソフトウェアといっても、普通のソフトウェアです。ソフトウェア開発の流儀にしたがい、プロダクトデザインにおける手法を応用し、すばやく丁寧にイテレーションをまわして課題にアプローチしていきます。 完全自動運転の実現や未来の車内体験の提供が大きなゴールですが、その過程となるような小さいゴールをワクワクするプロジェクトにして進めていきます。 参考 https://twitter.com/sangotaro/status/1564466415704236032?s=20&t=3n8EoTBCQvI9nCmbE8hCtA
インターン

インターン

インターン
下記の2チームのいずれかに入っていただくことを想定しています。 ・Vechicle Softwareチーム https://www.turing-motors.com/jobs/vehicle_software ・PureVision自動運転チーム https://www.turing-motors.com/jobs/pure_vision
オープンポジション/Vehicle Computerチーム

オープンポジション/Vehicle Computerチーム

オープンポジション/Vehicle Computerチーム
車にはたくさんのECU(電子制御ユニット)が搭載されています。それら全てを様々なサプライヤから調達、適合、車とインテグレーション、性能評価、サポートするのは困難を極めています。 ハードウェアが細分化されてしまうと、ソフトウェアの開発も困難になります。我々が重要だと考えているのは、分散されたECUを統合し、ソフトウェアの開発サイクルを早く回し、ソフトウェアファーストのクルマ作りを可能にすることです。 ユーザーに最高の乗車体験を届けるには、最高のソフトウェアと最高のハードウェアが必要です。この二つが協力し、有限な時間の中でユーザーにとって何が重要を見極めながらプロダクト開発に取り組む必要があります。 具体的にはこのような課題があります。 ・計算機ハードウェアに取り組むチーム作り ・自動車、AI、ソフトウェアなど他の分野を専門とするメンバーと協力したモノづくり ・ユーザーに体験を届けるためのソフトウェア開発 ・膨大な数のセンサ・アクチュエータを効率的に制御可能にする計算機アーキテクチャの実現 【課題に対するアプローチ】 車のセンサ、灯火、アクチュエータからはじめ、最も重要な「走る・曲がる・止まる」も含めてソフトウェア制御可能にします。車載の計算機システムを「ユーザーに新しい体験を届けるため基盤」とみなし、車載システムが取り扱う膨大な数の入出力と通信バスを再設計します。 まずは、これを実行するためのチームを作るところから我々は取り組みます。
オープンポジション/Vehicle Softwareチーム

オープンポジション/Vehicle Softwareチーム

オープンポジション/Vehicle Softwareチーム
Teslaは車の体験を大きく変えました。シンプルで洗練されたデザイン、直感的で扱いやすいUI、さらに高度な自動運転機能も搭載しています。Vehicle Softwareチームは、車の体験を一新するために、自動運転ソフトウェアを中心ににソフトウェアファーストでTURINGの自動車システム全般の開発をするチームです。 対象は、自動運転ソフトウェアやアプリケーションが動くOSから、カメラなどのハードウェアを扱う低レイヤーのシステム、そして、ユーザーと対話するUI/UXシステムまで多岐に渡ります。 直近のミッションとしては、自動運転システムの性能向上と次世代の車内体験を提供するシステムを生み出すことです。具体的には以下のような課題があります。 ・安心安全な自動運転システムをつくる ・次世代の車内体験を考えてつくる 【今後の課題解決アプローチ】 自動車のソフトウェアといっても、普通のソフトウェアです。ソフトウェア開発の流儀にしたがって、すばやく丁寧にイテレーションをまわして課題にアプローチしていきます。オープンな技術を使ったりモダンな技術を積極的に取り入れて課題を解決していきます。 完全自動運転の実現や未来の車内体験の提供が大きなゴールですが、その過程となるような小さいゴールをワクワクするプロジェクトにして進めていきます。
オープンポジション/コーポレートチーム

オープンポジション/コーポレートチーム

オープンポジション/コーポレートチーム
TURINGのコーポレート部門では、「コーポレートバックオフィスの実力は会社の意思決定の質と速さに大きく影響するゆえ、縁の下で非常に重要なもの」と考えています。 経験則に基づく先回りした組織設計及び経営陣の意思決定を支える強固な計数管理やオペレーション構築を、長い目標として業務に取り組んでいます。 【コーポレートチームが向き合う課題】 TURINGは完成車メーカーを目指す中で、今後待ち受ける開発・営業組織の意思決定にはコーポレートスタッフの質が明確に影響します。 例えば具体的な事例として、計数管理をもとに経営層MGR層がアクションを決定するような重要な局面でにおいて、先回りした戦略的かつ効率的な手法での数値管理が行えているか、などです。 こういった局面を今後数多く迎えている際に、財務経理・総務・法務・人事(労務/採用)において、大企業やメガベンチャーでの経験値の高さをもとに高いレベルでの判断、組織作り、オペレーション構築を担うことが必要です。 現在TURINGでは、経理・法務・人事をメインにそれらの経験をお持ちの方が不在である状況を課題として認識しており、随時募集を行なっております。 【事務スタッフについて】 上記と合わせて事務スタッフも募集中です。コーポレートメンバーの対応事項は多岐に渡り、それらを的確にサポートいただきます。一般事務・営業事務・総務事務・経理事務などのご経験ある方はぜひご連絡ください。
オープンポジション/チーム立ち上げ一人目人材

オープンポジション/チーム立ち上げ一人目人材

オープンポジション/チーム立ち上げ一人目人材
急成長していくスタートアップで財務・事業開発・デザイナー・広報の一人目人材を募集しています。比較的純粋なエンジニア組織であるTURINGでエンジニア文脈ではない人材が活躍することは、重要であり難易度が高いことです。 このポジションでは、タフなご経験とマインドセットを持った強い人材を求めています。
オープンポジション/自動車製造のための調査チーム

オープンポジション/自動車製造のための調査チーム

オープンポジション/自動車製造のための調査チーム
クルマを1台作ることと、量産車メーカーになることは難易度や課題が異なります。スタートアップとして自動車業界でスケールしていくために必要な課題を定め、TURINGに必要な開発能力や人材を定め、チームを作ることがミッションです。このチームでは、クルマづくりを越えた、完成車メーカーづくりとも言えるプロセスを楽しめるでしょう。 具体的には以下のような課題があります。 ・AIやソフトウェアなど他の様々な分野の人たちと車を作る ・ワクワクするような車を作るための環境整備 ・量産車メーカーを新しく作るための土台を作る 【上記課題のために行うこと】 まずは少量生産として「組立車」とよばれる法の枠組みを攻略し、ワクワクするような新しいクルマを世の中に届けることを目指します。自動車開発におけるプロセスを理解し、パートナーとなる企業や規制当局との関係構築を行っていきます。TURINGのクルマに求められる性能や要件を洗い出し、解決へと進んでいくのです。2025年までに自動車の少量生産体制とその先の「量産車メーカー」を目指すべく、チームを育てながら課題解決を行っていきます。
オープンポジション/自動運転MLチーム

オープンポジション/自動運転MLチーム

オープンポジション/自動運転MLチーム
「完全」な自動運転とは何なのか? 今やAIは将棋や囲碁の名人を倒せても、もっと多くの人が普通に行っている運転という行為では人間に遠く及びません。TURINGは完全自動運転、すなわちシステムが人間の運転動作をすべて代替することを目指しています。このチームでは、運転に関するあらゆる機能を置きかえるため、自動運転に関するカメラシステム、MLモデル、データレイク、MLOpsを含む全ての課題を解決します。 【TURINGが定めた課題】 運転という操作自体は、ハンドル・アクセル・ブレーキといった単純な操作の組み合わせで実現できます。しかし、そこに至るまでに非常に高度な認知や判断が介在しています。例えば人間は、歩行者や対向車の挙動、標識・看板の文字、車の位置・速度・加速度などを即座に認識し、制御に反映することを日常的に(そして無意識のうちに)行っています。 どのような状況でもシステムが正確に運転を代替するためには、例えば物体検出のようなシンプルに検証可能なタスクだけではなく、人間と同等以上の総合的複合的な認識能力が求められます。そして大事なのは、そのような能力を持ったAIはまだ世界にまだ存在していないことです。 完全自動運転AIの達成は非常に困難な道のりであり、人類にとってのグランドチャレンジだと私達は考えています。
スカウトを待つ

スカウトを待つ

スカウトを待つ
弊社にご興味持ってくださりありがとうございます! 「TURINGが気になっていて、もし声かけてもらえたらやぶさかではない」「今はポジションがなくてもいずれ可能性があるなら興味がある」という方はこの求人の応募フォームにてご応募ください。 ※こちらの応募フォームは、面談・面接の実施を約束するものではございません。
財務担当者・CFO候補

財務担当者・CFO候補

1000億円規模の調達を行なっていくうえでは、国内外問わずさまざまな投資家からのファウンディング、銀行からのデット、さらには国や地方自治体からの助成金の交渉などを次々と実行していく必要があります。そしてこれらの調達のための力強いストーリー作りが求められます。 このポジションでは、タフなご経験とマインドセットを持った強い人材を求めています。
走行パートナー

走行パートナー

自動運転AIの学習用データ収集のための走行パートナー
完全自動運転EVの開発を実現させるために、車を運転し走行データを収集するパートナーを募集します。 ■業務内容 ・TURINGの車を使い、関東圏内を走行 ・運転データの取得 ・運転後に簡単な報告を行っていただきます ▼1日の流れ ・出社  ↓ ・走行  ↓ ・適宜休憩を挟む  ↓ ・走行  ↓ ・帰社・報告  ↓ ・終わり 現在、2名ドライバーの方がおり週に3日以上運転をしていただいています。車にTURINGのカメラをとりつけた状態で関東圏内を走行いただいている状態です。走行後は柏の葉キャンパスに戻っていただき、簡単な報告をいただき1日を終わります。(車の鍵とその日の状況を数分でご報告いただく形です)