株式会社POL 求人一覧
株式会社POL 求人一覧

CFO(最高財務責任者)

【CFO募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【具体的な業務内容】 -事業拡大に伴い、代表の右腕として事業計画・戦略の策定を指揮 -企業の資金調達・運用といった財務面と経理面の最高責任者 財務戦略の立案と実行 -事業計画の策定 -資金調達計画の策定と実行 -バックオフィスの整備・上場準備に向けた体制作り -IPO戦略の策定と実行 -内部統制 -金融機関に対する説明 -投資家に対する説明 -ファイナンスに関する新規戦略の創出(例)投資ファンドの立上

CPO (Chief Product Officer)

【CPO募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。事業拡大を見据えた開発体制の整備、全社的な視点からエンジニア組織の構築をリードいただきます。 【具体的な業務内容】 プロダクト×経営における全責任を負い、プロダクト戦略の意思決定者である。 ■プロダクト創り ・ビジョン/事業構想を基に、CEOと二人三脚で、プロダクト構想/戦略と、価値の源泉であるデータベースを磨く戦略の策定と実行 ・事業計画(事業責任者と連携)、ユーザー/顧客価値、ビジョンを基にした、中期開発ロードマップとリソース配分の立案と意思決定 ・CSやマーケ等各部署との連携/戦略アラインメント ■プロダクト組織創り ・プロダクトドリブンな組織カルチャーづくり ・プロダクト部(エンジニア/デザイナー/PdM)の採用、組織設計及びそのマネジメント

CTO(最高技術責任者)

【CTO募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。事業拡大を見据えた開発体制の整備、全社的な視点からエンジニア組織の構築をリードいただきます。 【具体的な業務内容】 POLのあらゆるビジネスを成長させる技術的リーダーシップを発揮いただけるCTO(最高技術責任者)を求めています。CEOや各事業責任者とコミュニケーションを取りながら、POLの技術力強化を推進していただきます。 またCTOと言ってもその業務領域はとても広く、また求められる役割は事業やプロダクトのフェーズによって異なります。このため、具体的に何をお任せするかはご経験や得意分野により話し合って決めていきたいと考えております。 想定される業務領域には、例えば以下のような課題を考えております。 ・経営戦略とエンジニアリングの橋渡し ・中長期スパンでのプロダクト方向性検討 ・短期〜中長期の技術選定および設計 ・新規技術リサーチの推進 ・エンジニア組織のマネジメント(採用・育成、その他チームに関すること全般) ・ボードメンバーとしての経営判断への参画 ・現在発生する/将来的に発生するエンジニアリング課題の解決 特に現状は、以下の点に関する期待値は特に大きいです。 ▼プロダクトの方向性に基づいたアプリケーション全般(主にバックエンド)の短期〜中長期の技術選定及び設計 ▼POL10億円調達の背景と、今後の勝負 https://note.mu/m_kamo/n/n8bc139bf503a

HR新規事業開発メンバー

【HR新規事業開発メンバー募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 ◆募集する新規事業『LabBase plus』  LabBaseは、研究技術領域に特化した転職サービスとして、2020年6月18日にベータ版をリリースしました。(https://plus.labbase.jp/)  画像認識・ロボティクス・インフォマティクス等の分野で、  グローバルメーカーの研究所や尖った技術ベンチャーと、世界中の高度な専門性を持つハイエンドな研究者・技術者のマッチングを行います。   すでに利用者の中で、海外の方が登録しており、初めから国内のみならずグローバル展開を目指す事業です。 ◆事業フェーズ  プロダクトβ版はリリースを行い、研究者・技術者の利用が始まり、有料クライアントも数社ご利用頂きはじめています。  しかし、ユーザー価値検証・顧客獲得チャネルの確立・プライシングなど、実行し修正を繰り返している最中です。  現在専任社員は2人で、ジョイン頂く仲間には、新規事業を共に立ち上げて頂く事を期待しています。 ◆業務内容  市場の理解  サービスビジョン・タグラインの再策定  事業目標・戦略・予算の策定  事業戦略の実行  顧客との対話と、サービス構想の練り直し etc 数週間単位で、具体的な業務は変化しておりますので詳しくは面談にお尋ねください。 ◆仕事の魅力 ・新規事業を通じて世の中に影響を与える事の手触り感と高揚感 ・幅広い業務範囲において大きな裁量を持って取り組み、余白の多い状況から新たなものを生み出す創造的な仕事である事 ・グローバル展開・流動性の低い市場・専門性の高い領域など、誰もしてない困難とチャンスへの挑戦

People eXperience (人事 / 採用)

人事のプロを目指し採用から組織強化まで!事業成長にコミットする人事担当募集
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 <具体的な業務> ご経験やご関心のある分野を相談しながら以下の業務について複数関わっていただきます ■パートナー会社と連携した応募者対応 ■採用ブランディング企画 ■採用要件定義 ■スカウティング、効果測定 ■面接面談対応 ■応募者へのリテンション、フォローアップ ■社内全体を巻きこんだ採用モチベーションアップ施策 ■入社者のフォローやオンボーディング ■組織強化のための各種施策の立案と実行

インサイドセールス

LabBaseの認知拡大と顧客折衝を科学するインサイドセールス募集
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 POLの主力事業である新卒理系人材の採用支援サービス「LabBase」およびその周辺事業のマーケティング業務を担当いただきます。 ■具体的な業務 新規のターゲット企業に対して、お電話やお手紙を駆使してアプローチを実施し、セールスチームと連携しながらお客様との関係構築を担う業務です。 <詳細な職務内容> ・ターゲットリストの作成 ・アプローチ施策の立案と実行 →現在はお電話やお手紙と合わせて実施しております ・展示会の運営 <仕事の魅力> 現状のPOLにおける重要戦略の1つであるターゲット企業開拓の根幹を担うポジションとなります。 ターゲットとなる企業を見定め、彼らを開拓していく役割は、今後のPOLの成長角度を大きく左右するものですので、高い目標を追いながら企業の成長を感じることのできる仕事となります。

オープンポジション

【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 ▼POL10億円調達の背景と、今後の勝負 https://note.mu/m_kamo/n/n8bc139bf503a ▼コロナ禍でも新規事業で攻めの構え https://www.fastgrow.jp/articles/pol-kamo-okai

オンラインイベント企画責任者候補

【第二新卒歓迎】【幹部候補採用】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャーのイベント企画責任者候補募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【採用背景】 LabTech市場は19兆と非常に大きく、旧態依然としたいわゆる古い市場で、課題が山積みです。この市場では、1つのプロダクトで突き抜けるのではなく、相互にシナジーをきかせた事業群で解決する必要があります。 昨年は10億円を調達し、コロナ下でも新規事業を複数社内で立ち上げております。 そして、この度昨年立ち上がった新規事業におけるのプロジェクトマネージャーを幹部候補として募集します。 【募集する事業『LabBase Now』】 LabBase Nowは2020年2月にスタートした理系学生の可能性を最大化するオンラインイベントプラットフォーム事業です。 POLの主要事業である理系学生のダイレクトリクルーティング『LabBase』事業に次ぐ新規事業として運営をしています。   【募集する職種と具体的な業務について】 プロジェクトマネジメント業務を担当いただきます。 - Project Management業務:チームリーダーとしてプロジェクトマネジメントを実施いただきます。  - 一連のプロジェクトの企画・実行  - 先端技術人材の新卒採用採用プロジェクトの要件定義  - チームリーダーとしてのチームマネジメント  - プロジェクトのオペレーション改善を実施  - マーケティングのファネル分析と改善作業  - Operationの課題発見と再構築 【仕事の魅力】 ◆まだ少人数の新規事業部にて、事業課題の解決と価値創出に取り組むことができること ◆幅広い業務範囲において大きな裁量を持って取り組み、余白の多い状況から新たなものを生み出す創造的な仕事であること ◆顧客・ユーザーの声がすぐに届く環境でカスタマーファーストな事業づくりを取り組むことができること ◆マーケティング・CSなど幅広い業務に取り組むことができること

カスタマーサクセス

【カスタマーサクセス募集※経験不問 】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【募集背景】 LabBaseの新規導入企業の増加により、より広範囲にかつより深く利用企業様の採用成功を牽引していくことが求められています。 これまでのハイタッチ戦略に磨きをかけると共に、ロータッチ/テックタッチ領域にもチャレンジしていく背景があり、今後の当社カスタマーサクセス部門をより成長させていける方を募集しています 【業務概要】 LabBaseのカスタマーサクセスは、LabBaseの導入支援/操作指導だけでなく、企業の採用課題や採用ターゲットの特定など、上流の採用戦略から利用企業と一緒に考え、利用企業の採用成功のために伴走する業務となります。また、企業様の課題によっては、スカウトサービスに拘らず、POLの強みである学生さんの理解・関係を活かしたソリューションを提案することも可能です。 【業務詳細】 - 採用課題・要因の特定 - 採用ターゲットの明確化 - 学生から見た企業の魅力の明確化 - 認知→内定承諾の施策策定 - LabBaseスカウトの運用フォロー - イベント等各種オプションの活用フォロー

コンテンツマーケター

理系人材のスペシャリストとして!コンテンツマーケター募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 ■募集の背景 理系採用専門のサービスとしてLabBaseが認知される中で、顧客に価値伝達し続けるために理系採用のプロフェッショナルとしてのノウハウの収集と蓄積がより求められるようになってきたため。 ■具体的な業務 コンテンツに関する戦略設計。 理系人材採用に伴う市場のリサーチおよびコンテンツ化。そして作成コンテンツを顧客への伝達するための施策の実行。(メルマガ,WP,LP,セミナーなど) <詳細な職務内容> ・コンテンツマーケティング全体の戦略設計 ・セールスやカスタマーサクセスチームなどからの顧客ニーズを吸い上げ ・調査内容の要件定義 ・調査の実行 ・調査結果のアウトプット(調査レポートとしてだけでなく、ホワイトペーパーやLPなどに掲載する導線設計までお願いします) ・メルマガやLPへの配信 ・コンテンツを利用したセミナー設計および実行 ■仕事の魅力 ジョブ型採用の浸透や、大手企業の推薦採用の撤廃など、今後も新卒採用の中でも大きく変動が予想される理系人材採用市場。その中でプロフェッショナルとして、対学生対企業にリサーチを行う業務ですので、変化の最先端に立って動いていけることが魅力的な仕事になります。

セールス

【法人営業】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
POLは研究者版LinkedInを目指す理系学生の採用を変革したダイレクトリクルーティングサービス「LabBase」や、産学連携を加速する研究者データベースの「LabBase X(ラボベース クロス)」など、社会にインパクトのある自社サービスをリリースしているスタートアップです。2019年9月に10億円の資金調達を実施し、事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用いたします。 【上位校の理系学生32,000人が利用するサービスへと成長】 研究に打ち込むほど、就職活動をする時間を確保できなくなる理系学生。適切な就職先が分からず悩んでいます。その一方で、素晴らしい技術とポテンシャルを持つ企業は事業を展開する人材が足らず悩んでいます。 そんな両者の悩みを解決したのは、POLの自社開発プロダクト「LabBase」です。私たちは、理系学生と企業を的確に結ぶこのダイレクトリクルーティングサービスを通して、日本の研究課題の解決を目指しています。そんなPOLの主力事業であるLabBase事業部にて、新規顧客の獲得を担うセールスメンバーを募集します。“LabTech”のブルーオーシャンで、利用企業の数が右肩上がりに増え続けている自社サービスを、さらに多くの企業に広めていく大切な役割を担っていただきます。 ・理系人材、技術職を採用している企業をターゲットとしたアカウントプランニング ・初期商談 〜 受注までの検討フォロー ・ヒアリング ・提案資料作成 ・担当者とのリレーション構築、業務改善提案 ・決裁者へのプレゼン <仕事のポイント / やりがい> ・POLとして今まで取り組んだことの無いターゲットを定めての営業戦略の計画、実行 ・初契約で、高単価発注をいただくことを目標に取り組む難易度の高さ ・これから多くの企業で需要が高まる、高度IT人材、エンジニア採用支援というやりがい

デザイナー

【デザイナー募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【業務内容】 自社サービスのUI/UXデザインを主に行っていただきます。希望によっては、デザイン作成だけでなく、サービスの要求・要件定義といった上流工程やUXリサーチへの関与も可能です。 デザインの力でサービス作り、成長させ、社会を良くしていきたいという熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください! 【具体的な業務内容】 (強みに合わせてご担当いただきます) ・自社サービスのUI/UXデザイン、施策の企画、設計 ・ビジュアルデザインを含めたコーポレートサイト、LPなどのWebデザイン・改修 ・事業に関連する様々なデザイン業務(イベント、広告、ポスター、パンフレット、営業資料など) ・クリエイティブを用いたユーザーとのコミュニケーション設計 ・目標達成への戦略設計 ・他部署との連携、コミュニケーション 【仕事の魅力】 ・デザイナーが少人数な今だからこそ個人への裁量も大きく、自分の手で価値を創っている実感ややりがいを感じられる環境です。 ・LabBaseをはじめとする新規事業のUI/UXデザインだけでなく、POLのブランディングやマーケティングに関わるクリエイティブの企画・制作からまで、幅広く関わることもできます。 ・デザインチームの立ち上げや企業文化のデザインなど、組織作りへの関与も可能です。

バックエンドエンジニア

【テックリード】LabTech(研究×テクノロジー)に挑戦する自社開発Webサービスのバックエンドエンジニアを募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 バックエンド(主にJava)における開発を通して「プロダクトづくりを通して、社会を良くしていきたい」という熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください。 【具体的な業務内容】 ・POLが提供するサービスの新規開発及び機能拡充、性能改善 ・開発チームのリーディング業務(施策の要件定義、チケット割り振り、システムKPIのレポーティング) 【開発フロー】 ・POL 全社の戦略をもとに、各サービスごとにチームで開発しています。 ・対応する機能については、エンジニア自身もデータ分析・施策の検討して開発を進めています。 ・チーム毎に1週間から3週間のサイクルのスクラム開発を実施しています。 ・開発は GitHub を用いたプルリクエストベースで行っています。 ・原則としてテストコードを書き、マージされるすべてのコードはレビューされています。 【チーム運営】 ・部署で作成したOKRを元に、チーム→個人で目標管理をしています。 ・キャリアアップや個人の悩みや課題解決のために、隔週程度で上長と1on1を行なっています。 ・業務上の進捗管理は、プロジェクト単位などで個別MTGやSlackで随時相談をしています。 【今後挑戦したいこと】 ・マイクロサービス化 ・スマホアプリ開発 【開発環境】 - サーバーサイド:Java - フレームワーク/サーバーサイド:Play 2 Framework - フレームワーク等/フロントエンド:React, Redux, webpack 4 etc - DB : MySQL - インフラ:AWS, Docker - リポジトリ管理 : Github - ドキュメント:Confluence, Google Docs - デザイン:figma, Zeplin - コミュニケーション : Slack - タスク管理:Jira - 開発手法:スクラム開発

プロダクトマネージャー

LabTech(研究×テクノロジー)に挑戦する自社開発Webサービスのプロダクトマネージャーを募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【サマリー/ポジション概要】 ・新卒理系採用プラットフォーム「LabBase」のプロダクトマネジメントを担っていただきます。 ・学生画面、企業画面、社内用システム、オンラインイベント、メディアと複数システムがありますが、期毎に定めた重点テーマに沿って全システムもしくは一部システムのプロダクトマネジメントを行っていただきます。 ・プロダクトに関する管理者兼実行者として、プロダクト戦略立案・施策のプランニングだけでなく、エンジニア・デザイナーと連携し開発ディレクションも担っていただきます。 【具体的な業務内容】 ・各プロダクトの戦略立案と浸透業務 ・KGI・KPIマネジメント ・全体の施策管理マネジメント ・施策立案/施策要件定義〜リリース ・開発優先順位決めと開発ディレクション ・UIUX施策立案と遂行 ・会社内オペレーションの設計(対応フローなどの整備など) ・関係各部署との調整/対応(CS、学生からの問合せ、マーケなど) 【プロダクトリリースまでのフロー】 ・POL 全社の戦略をもとに、プロダクトマネージャーがプロダクト戦略・ロードマップを策定します。 ・対応する機能については、自分たちでデータ分析・施策の検討して開発を進めています。 ・チーム毎に1週間から2週間のサイクルで、アジャイル開発を実施しています。 ・リリース前には、カスタマーサクセス部など関係する部署と調整の上、リリースをコントロールします。 ・リリース後には、施策の効果を検証し、次の施策に活かすか・継続するかなどをジャッジします。 【今後挑戦したいこと】 ・マイクロサービス化 ・スマホアプリ開発 ・研究データの拡充と利用 ・グローバルへの進出 【開発環境】 - サーバーサイド:Java - フレームワーク/サーバーサイド:Play 2 Framework - フレームワーク等/フロントエンド:React, Redux, webpack 4 etc - DB : MySQL - インフラ:AWS, Docker - リポジトリ管理 : Github - ドキュメント:Confluence, Google Docs - デザイン:figma, Zeplin - コミュニケーション : Slack、zoom、discord - タスク管理:Jira - データ分析:Google Analytics、redash - 開発手法:スクラム開発

プロフェッショナルサービス(エンタープライズCS)

【※人事/採用経験不問※ 採用コンサルタント募集】研究関連市場をテクノロジーで革新するLabTechベンチャー
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 【エンタープライズCSとは】 エンタープライズCSチームでは、通常のカスタマーサクセスに加えて、採用全体におけるプロフェッショナルサービスの提供を行うチームです。 企業様の課題に応じて、商品開発を積極的に行い、従来のLabBaseの価値を広げていく役割を担います。 ※本求人は、「エンタープライズCSチーム」への配属を前提としておりますが、選考プロセス内における協議の上、  セールス、カスタマーサクセス、マーケティングのいずれかに配属になる可能性もございます。 <おおまかな役割> ・サービス単価10倍への貢献(営業への同席、提案資料作成) ・今までにない価値を提供するための商品開発 ・担当顧客との中長期的なリレーション構築  <具体的な仕事内容> - 採用戦略設計、戦略の言語化 - 採用ターゲットの明確化のための、定性/定量調査 - インターンシップ等の採用イベントの設計、実行 - タスクのマネジメント・進捗管理 上記に加え、セールス/CS/マーケ/プロダクトチームとの密な連携を行い、ノウハウの型化などをお願いします。 <仕事のポイント / やりがい> ・営業〜採用成功の全てのプロセスを一気通貫で担当することができます(営業中はセールス部のメンバーと連携して動きます) ・これから多くの企業で需要が高まる、高度IT人材、エンジニア採用支援の知見を深めることができます

フロントエンドエンジニア

LabTech(研究×テクノロジー)に挑戦する自社開発Webサービスのフロントエンドエンジニアを募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 バックエンド(主にJava)における開発を通して「プロダクトづくりを通して、社会を良くしていきたい」という熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください。 【具体的な業務内容】 ・POLが提供するサービスの新規開発及び機能拡充、性能改善 ・開発チームのリーディング業務(施策の要件定義、チケット割り振り、システムKPIのレポーティング) 【開発フロー】 ・POL 全社の戦略をもとに、各サービスごとにチームで開発しています。 ・対応する機能については、エンジニア自身もデータ分析・施策の検討して開発を進めています。 ・チーム毎に1週間から3週間のサイクルのスクラム開発を実施しています。 ・開発は GitHub を用いたプルリクエストベースで行っています。 ・原則としてテストコードを書き、マージされるすべてのコードはレビューされています。 【チーム運営】 ・部署で作成したOKRを元に、チーム→個人で目標管理をしています。 ・キャリアアップや個人の悩みや課題解決のために、隔週程度で上長と1on1を行なっています。 ・業務上の進捗管理は、プロジェクト単位などで個別MTGやSlackで随時相談をしています。 【今後挑戦したいこと】 ・マイクロサービス化 ・スマホアプリ開発 【開発環境】 - サーバーサイド:Java - フレームワーク/サーバーサイド:Play 2 Framework - フレームワーク等/フロントエンド:React, Redux, webpack 4 etc - DB : MySQL - インフラ:AWS, Docker - リポジトリ管理 : Github - ドキュメント:Confluence, Google Docs - デザイン:figma, Zeplin - コミュニケーション : Slack - タスク管理:Jira - 開発手法:スクラム開発

マーケティング

LabBaseの価値を世の中に伝えていくマーケター募集
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 ■具体的な業務 POLの主力事業である新卒理系人材の採用支援サービス「LabBase」およびその周辺事業のマーケティング業務を担当いただきます。 リード企業に対してのセミナー実施などのナーチャリングや、お問い合わせ企業様のアポ獲得を担う業務になります。 <詳細な職務内容> ・オンライン/オフライン広告の運用 ・セミナーの企画運営 ・ナーチャリング施策の立案と実行 ・ホワイトペーパーなどのコンテンツ作成 ・仕組み化 ・MAツールの導入など ■仕事の魅力 新規のお客様への価値伝達や、リサイクル企業へのナーチャリングなど、企業に対してのストーリー作りとインバウンドのアポ獲得を担っていただきます。 中長期的なPOLの成長において、この部署の仕組み化が非常に重要となっておりますので、成長フェーズの企業で働く醍醐味を強く感じることができると思います。

リードバックエンドエンジニア

【テックリード】LabTech(研究×テクノロジー)に挑戦する自社開発Webサービスのバックエンドエンジニアを募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 バックエンド(主にJava)における開発を通して「プロダクトづくりを通して、社会を良くしていきたい」という熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください。 【具体的な業務内容】 ・POLが提供するサービスの新規開発及び機能拡充、性能改善 ・開発チームのリーディング業務(施策の要件定義、チケット割り振り、システムKPIのレポーティング) 【開発フロー】 ・POL 全社の戦略をもとに、各サービスごとにチームで開発しています。 ・対応する機能については、エンジニア自身もデータ分析・施策の検討して開発を進めています。 ・チーム毎に1週間から3週間のサイクルのスクラム開発を実施しています。 ・開発は GitHub を用いたプルリクエストベースで行っています。 ・原則としてテストコードを書き、マージされるすべてのコードはレビューされています。 【チーム運営】 ・部署で作成したOKRを元に、チーム→個人で目標管理をしています。 ・キャリアアップや個人の悩みや課題解決のために、隔週程度で上長と1on1を行なっています。 ・業務上の進捗管理は、プロジェクト単位などで個別MTGやSlackで随時相談をしています。 【今後挑戦したいこと】 ・マイクロサービス化 ・スマホアプリ開発 【開発環境】 - サーバーサイド:Java - フレームワーク/サーバーサイド:Play 2 Framework - フレームワーク等/フロントエンド:React, Redux, webpack 4 etc - DB : MySQL - インフラ:AWS, Docker - リポジトリ管理 : Github - ドキュメント:Confluence, Google Docs - デザイン:figma, Zeplin - コミュニケーション : Slack - タスク管理:Jira - 開発手法:スクラム開発

リードフロントエンドエンジニア

【テックリード】LabTech(研究×テクノロジー)に挑戦する自社開発Webサービスのフロントエンドエンジニアを募集!
【POLについて】 理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営するスタートアップ。世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業。研究領域で事業群を構築していくことを目指している。 「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスだ。2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっている。 2019年7月、9月にはSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施。この調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針。また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム「LabBase Now(ラボベース ナウ)」、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス「LabBase plus(ラボベース プラス)」の2つのプロダクト をリリース。 フロントエンド(主にReact)における開発を通して「プロダクトづくりを通して、社会を良くしていきたい」という熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください。 【具体的な業務内容】 ・POLが提供するサービスの新規開発及び機能拡充、性能改善 ・開発チームのリーディング業務(施策の要件定義、チケット割り振り、システムKPIのレポーティング) 【開発フロー】 ・POL 全社の戦略をもとに、各サービスごとにチームで開発しています。 ・対応する機能については、自分たちでデータ分析・施策の検討して開発を進めています。 ・チーム毎に1週間から3週間のサイクルのスクラム開発を実施しています。 ・開発は GitHub を用いたプルリクエストベースで行っています。 ・原則としてテストコードを書き、マージされるすべてのコードはレビューされています。 【チーム運営】 ・部署で作成したOKRを元に、チーム→個人で目標管理をしています。 ・キャリアアップや個人の悩みや課題解決のために、隔週で上長と1on1を行なっています。 ・業務上の進捗管理は、プロジェクト単位などで個別MTGやSlackで随時相談をしています。 【今後挑戦したいこと】 ・マイクロサービス化 ・スマホアプリ開発 【開発環境】 - サーバーサイド:Java - フレームワーク/サーバーサイド:Play 2 Framework - フレームワーク等/フロントエンド:React, Redux, webpack 4 etc - DB : MySQL - インフラ:AWS, Docker - リポジトリ管理 : Github - ドキュメント:Confluence, Google Docs - デザイン:figma, Zeplin - コミュニケーション : Slack - タスク管理:Jira - 開発手法:スクラム開発