株式会社PR TIMES 全ての求人一覧99.インターン の求人一覧
株式会社PR TIMES 全ての求人一覧

01-25. 2025卒向け 長期インターン募集

01-25. 2025卒向け 長期インターン募集

1職種コミットでも、四半期ごとに複数職種実施でもOK
※当募集は、2025年3月に大学もしくは大学院を卒業される方を対象としています。 ## 募集概要 2025年新卒専用の長期インターンを募集します。インターンは週2(16時間~/週)以上が応募条件となります。希望職種は以下より第二希望まで指定可能です。 インターンから本選考を希望いただく場合、部長推薦のある方は選考2回、部長推薦のない方は選考3回(通常フローと同一)となります。 ## 希望職種 以下より興味のある職種を選び、エントリーの際にメッセージ欄に記載ください。 https://herp.careers/v1/prtimes/requisition-groups/e5a0a743-cc6b-45a0-a9ea-89f31335b535 ## 新卒採用をおこなう理由 新卒採用は、16新卒以降、積極的に実施しています。 毎年の採用数は5名前後、ミッション実現を共に目指せるかどうかを重視しています。 直近の組織変更でも、20代の新卒社員が本部長に昇格しました。その他、新卒2年目で最年少マネージャーへ抜擢、1年目から全社プロジェクトに立候補、営業職からPdMへキャリアチェンジなど、その人それぞれがロールモデルです。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001216.000000112.html PR TIMESは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」の企業理念に掲げる通り、当社自身が行動者の集団であることを目指すチームです。年齢・年次に行動を制限されることは無く、経営陣も先輩社員も皆、出る杭を歓迎します。正社員約100名という少数組織だからこそ、基幹事業である「PR TIMES」の非連続な成長、さらにはPR TIMESを超えるような新規事業の成長に、全員がダイレクトに関わる環境です。新卒入社の社員には、先輩社員の常識やこれまでの成功体験には囚われない、大胆かつ柔軟な発想を期待しており、私たちも大いに学び、共に成長したいと思っています。 ## 当社について PR TIMESは、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というミッションの実現を目指す企業です。私たちは、プレスリリース発表の裏側に、その企業の中で、商品やサービスを企画し、開発し、発表に向けて試行錯誤を重ねる大勢の人たちがいることを知っています。熱意をもって動く現場があり、それを支える個人がいることを知っています。そのような、誰にでもいる身近な存在を「行動者」と定義し、事件や事故などネガティブな報道ばかりではなく、行動者発の情報がニュースの主役となるような未来を作りたいと思っています。 PR TIMESに入稿するユーザーは、企業の広報担当者であることが多いですが、私たちはプレスリリースを配信する契機を作った、その組織で働くすべての人たちが、真のお客様であると考えています。総じて、お客様やパートナー企業様に恵まれ、15期連続125%超成長を重ねてきました。今はまだ、「自分の仕事がニュースになる」など、現実味を帯びて多くの人に信じられる状態ではないかもしれません。だからこそ、PR(Public Relations)には行動者をエンパワーメントする力があり、あらゆる産業の活力になり得ることを、当社事業を通じて証明したいと思っています。 #インターン生の実績 23新卒の内定者インターンは総合職・開発職合わせて6名が実施。長期インターンはSaaS事業やメディア事業、PR TIMES事業の営業 / カスタマーサポート、開発チームなど計7部門で募集しており、常時10名前後のインターン生が正社員と変わらず裁量ある仕事を担当しています。 #PR TIMESのインターンとして得られるもの 上記の通り、インターン生だから、社員だからと区分することはありません。インサイドセールス組織の立ち上げ、SNSアカウントの運用、顧客向け勉強会での登壇、開発プロジェクトの担当など... 自身が現場の責任者として、自分起点で行動する仕事の進め方を学べます。 #卒業生の声 メディアと直接関わることができる部署であるからこそ、難しい部分やうまくいかないこともありますが、何よりもやりがいがありました。自分で新規リレーションを掴める楽しさと嬉しさは、学生時代で経験できるものの中でも非常に大きなもの!周りの方々も親身になってサポートしてくださる雰囲気の部署なので、悩んだ際も相談しやすいです。
01-26. 2026卒向け 長期インターン募集

01-26. 2026卒向け 長期インターン募集

1職種コミットでも、四半期ごとに複数職種実施でもOK
※当募集は、2026年3月に大学もしくは大学院を卒業される方を対象としています。 ## 募集概要 2026年新卒専用の長期インターンを募集します。インターンは週2(16時間~/週)以上が応募条件となります。希望職種は以下より第二希望まで指定可能です。 インターンから本選考を希望いただく場合、部長推薦のある方は選考2回、部長推薦のない方は選考3回(通常フローと同一)となります。 ## 希望職種 以下より興味のある職種を選び、エントリーの際にメッセージ欄に記載ください。 https://herp.careers/v1/prtimes/requisition-groups/e5a0a743-cc6b-45a0-a9ea-89f31335b535 ## 新卒採用をおこなう理由 新卒採用は、16新卒以降、積極的に実施しています。 毎年の採用数は5名前後、ミッション実現を共に目指せるかどうかを重視しています。 直近の組織変更でも、20代の新卒社員が本部長に昇格しました。その他、新卒2年目で最年少マネージャーへ抜擢、1年目から全社プロジェクトに立候補、営業職からPdMへキャリアチェンジなど、その人それぞれがロールモデルです。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001216.000000112.html PR TIMESは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」の企業理念に掲げる通り、当社自身が行動者の集団であることを目指すチームです。年齢・年次に行動を制限されることは無く、経営陣も先輩社員も皆、出る杭を歓迎します。正社員約100名という少数組織だからこそ、基幹事業である「PR TIMES」の非連続な成長、さらにはPR TIMESを超えるような新規事業の成長に、全員がダイレクトに関わる環境です。新卒入社の社員には、先輩社員の常識やこれまでの成功体験には囚われない、大胆かつ柔軟な発想を期待しており、私たちも大いに学び、共に成長したいと思っています。 ## 当社について PR TIMESは、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というミッションの実現を目指す企業です。私たちは、プレスリリース発表の裏側に、その企業の中で、商品やサービスを企画し、開発し、発表に向けて試行錯誤を重ねる大勢の人たちがいることを知っています。熱意をもって動く現場があり、それを支える個人がいることを知っています。そのような、誰にでもいる身近な存在を「行動者」と定義し、事件や事故などネガティブな報道ばかりではなく、行動者発の情報がニュースの主役となるような未来を作りたいと思っています。 PR TIMESに入稿するユーザーは、企業の広報担当者であることが多いですが、私たちはプレスリリースを配信する契機を作った、その組織で働くすべての人たちが、真のお客様であると考えています。総じて、お客様やパートナー企業様に恵まれ、15期連続125%超成長を重ねてきました。今はまだ、「自分の仕事がニュースになる」など、現実味を帯びて多くの人に信じられる状態ではないかもしれません。だからこそ、PR(Public Relations)には行動者をエンパワーメントする力があり、あらゆる産業の活力になり得ることを、当社事業を通じて証明したいと思っています。 #インターン生の実績 23新卒の内定者インターンは総合職・開発職合わせて6名が実施。長期インターンはSaaS事業やメディア事業、PR TIMES事業の営業 / カスタマーサポート、開発チームなど計7部門で募集しており、常時10名前後のインターン生が正社員と変わらず裁量ある仕事を担当しています。 #PR TIMESのインターンとして得られるもの 上記の通り、インターン生だから、社員だからと区分することはありません。インサイドセールス組織の立ち上げ、SNSアカウントの運用、顧客向け勉強会での登壇、開発プロジェクトの担当など... 自身が現場の責任者として、自分起点で行動する仕事の進め方を学べます。 #卒業生の声 メディアと直接関わることができる部署であるからこそ、難しい部分やうまくいかないこともありますが、何よりもやりがいがありました。自分で新規リレーションを掴める楽しさと嬉しさは、学生時代で経験できるものの中でも非常に大きなもの!周りの方々も親身になってサポートしてくださる雰囲気の部署なので、悩んだ際も相談しやすいです。
20-3. Jooto事業部 営業担当(学生インターン)

20-3. Jooto事業部 営業担当(学生インターン)

Jooto事業部で営業として経験を積みたい学生インターンを募集!
##仕事概要 当社のクラウド型のタスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」の営業メンバーとして、インサイドセールスを拡大させていく1→10のフェーズで、裁量ある経験を積みたい学生を募集します! ▶ 募集背景 ##「Jooto (https://www.jooto.com/) 」とは Jooto(ジョートー)は、クラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。『誰でも、簡単に、直感的に使えるツール』として、シンプルでユーザーフレンドリーなインターフェースを特長とし、チームにおける業務・案件・プロジェクト管理や情報共有をスムーズにします。 現在30万人を超えるユーザーの皆様に様々なシーンで活用いただいており、4名以内の少人数チームであれば、無料で全機能をご利用いただけるSaas型のプロダクトです。 Jooto事業部の営業チームでは、インサイドセールスを強化し始めておりますが、フィールドセールスへの連携、マーケティングへの連携はこれから作っていく段階です。今回のインターン募集では、インサイドセールスに取り組みながら、体制やしくみを構築する部分までお任せしていきます。商談を獲得するための仮説立てから、どのようなお客様に架電を行うのか、どのように話を展開するのかを1から考え抜くことを経験できるため、事業成長に直結する営業経験を積むことができます。成長意欲ある学生の皆さんのエントリーをお待ちしております! ## 所属するチームについて Jooto事業部は営業チームとカスタマーリレーションズチームの2チームで構成、今回のインターンでは、営業チームに所属いただきます。 ・事業部長1名 ・営業チーム:メンバー4名、派遣スタッフ1名 ・CRチーム:マネージャー1名、メンバー2名、派遣スタッフ1名 ・開発:業務委託1名、外部エンジニア複数名 ・マーケティング:業務委託2名 ▶ 仕事内容 今回のインターン募集における具体的な業務内容は以下の通りです。営業チームマネージャー直下で、4名の社員と共に業務を遂行いただきますが、架電の仕組みはこれから作っていく段階で、まだ整っていません。インサイドセールスの実行だけでなく、体制・仕組みづくりもお任せし、「1→10」のフェーズを経験していただきます。 (具体的な業務例) ・Jootoへ新規登録いただいたお客様への架電・商談機会の獲得 ・セミナーやイベントにご参加いただいた方への架電・商談機会の獲得 ・JootoのガイドBOOKをダウンロード頂いたお客様に対する架電・商談機会の獲得 ・上記のお客様の状態管理 ・継続的な接点創出 ・お客様のニーズをもとにした、フィールドセールスやマーケティング施策への起案 ・インサイドセールスフロー・体制の確立 PR TIMESの「人・働き方」についてはこちら https://tayori.com/faq/e92e4c7bbccbda5601190159d04fe4a5e8c77163/ ▶ 面談について 当社では学生インターンの評価制度として、面談を実施しています。 面談は、3か月ごとに実施します。これは「(理由なき)現状維持」を防ぐために行っており、管理監督を行う当社社員が必ずインターンの皆さんに対して、プラスかマイナスの評価を行うことで、インターンに費やす貴重な時間の中で、何かしらの学びや経験をつんでほしいという観点から実施しております。 契約期間:3ヶ月間 契約更新:3ヶ月ごとに契約更新の面談を実施いたします。 #インターン生の実績 23新卒の内定者インターンは総合職・開発職合わせて6名が実施。 長期インターンはSaaS事業やメディア事業、PR TIMES事業の営業 / カスタマーサポート、開発チームなど計7部門で募集しており、常時10名前後のインターン生が正社員と変わらず裁量ある仕事を担当しています。 #PR TIMESのインターンとして得られるもの 上記の通り、インターン生だから、社員だからと区分することはありません。インサイドセールス組織の立ち上げ、SNSアカウントの運用、顧客向け勉強会での登壇、開発プロジェクトの担当など... 自身が現場の責任者として、自分起点で行動する仕事の進め方を学べます。 #卒業生の声 メディアと直接関わることができる部署であるからこそ、難しい部分やうまくいかないこともありますが、何よりもやりがいがありました。自分で新規リレーションを掴める楽しさと嬉しさは、学生時代で経験できるものの中でも非常に大きなもの!周りの方々も親身になってサポートしてくださる雰囲気の部署なので、悩んだ際も相談しやすいです。
20-5. 開発本部 バックエンドエンジニア(学生インターン)

20-5. 開発本部 バックエンドエンジニア(学生インターン)

エンジニアとして実力をあげたい学生インターンを募集!
当社が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」の開発に関わりながら、技術課題に挑戦し、経験を積みたい学生インターンを募集します。 現在は5名の学生インターンが、先輩社員と共に重要なタスクを担当しています。 ▶ 募集背景 PR TIMESの開発本部は、CTOの金子を筆頭に、この1年様々な改善に取り組んできました。 https://developers.prtimes.jp/2021/12/28/cto_activities_2021/ 当社の学生インターンでは、「PR TIMES」をはじめとするコードベースの大きなWebサービスにおいて、セキュリティ向上・レガシー改善・データ解析にどのように挑むべきかを、実務経験を通じて学ぶことができます。アサインはご志向に応じて柔軟に対応可能です。是非お気軽にエントリーください! 開発者ブログはこちら https://developers.prtimes.jp/2022/01/19/prtimes-intern-202201/ ▶ 仕事内容 当社が運営するサービスのうち、以下の2サービスのセキュリティ向上・レガシー改善・データ解析のタスクを中心に担当いただきます。 - プレスリリース配信サービス「PR TIMES」( https://prtimes.jp/ ) - 広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」( https://webclipping.jp/ ) PR TIMESは7万2千社超、Webクリッピングは1万社超の利用企業社数を抱え、 ユーザーであるお客様には長く活用されているサービスです。 それぞれコード規模も大きく、改善が必要なタスクがいくつもあります。 (担当タスク例) - 自社サービスのAPIサーバ、Webアプリケーションの設計・開発 - 社内で出た改善案などをベースに既存コードを脆弱性が生まれにくいコードへ書き換え - PHPバージョンアップのためのリファクタリング・バグ修正 - デプロイやインフラの構成変更など各種オペレーションを自動化するためのツールの開発、運用 - 機械学習などを利用した新規サービス実装 - 数年分のプレスリリースデータを活用した調査 ▶ 当インターンの特徴 ・インターンは開発本部で実際に進めている各開発プロジェクトに参画いただきます ・現在の技術力よりも、挑戦マインドを最も重視します ・将来エンジニアとして働きたいと思っている方の成長環境であることを第一と考える環境です ・技術面は、金子をはじめ当社エンジニアチームでサポートします ・インターン参加にあたり、GitHubもしくは課題提出(下記参照)が必須条件となります ・インターン期間は3か月単位で、更新制(更新かつ条件アップor終了)です ・長期で取り組みたい方を歓迎しており、3か月毎の面談を全員と実施します ▶ 応募条件 / 課題詳細 応募方法は2通りです。以下の①もしくは②(②の場合、①の選考も含まれる)を選択してください。 いずれの場合も、GitHubアカウント上に公開されているリポジトリをもとに選考を行います。 公開しているリポジトリは多くても、自信があるリポジトリが少ないという方は、②の課題提出を推奨いたします。 必須条件:GitHubアカウントを持っていること 応募方法: ①これまで自身で公開したGitHub上のリポジトリによる書類選考 ②エントリー課題( https://github.com/PRTIMES/intern )を解いて公開したGitHub上のリポジトリによる課題選考 提出方法: ・応募フォームの「リンク」欄にGitHubの公開リポジトリURLをご記入ください ・応募フォームの「応募先へのメッセージ」欄に①or②のどちらでエントリーかご記入ください 課題の目的について: https://developers.prtimes.jp/2021/08/25/prtimes-intern-202108/ ▶ プレスリリース配信サービス「PR TIMES」とは PR TIMESは、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」のミッション実現に向け、 月間6,000万PVを超える国内シェアNo.1のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営しています。 私たちはニュースの主役を変え、PRを民主化したいと思っています。PR TIMESが代替の効かない「社会的な情報インフラ」となることで、 事件や事故、スキャンダルといった人の心を奪いやすい情報よりも、懸命に努力し情熱を持って取り組む身近な「行動者」の情報を、 多くの人たちに届けられると信じ、日々プロダクト開発・事業運営をしています。
20-7a. CR本部 学生インターン

20-7a. CR本部 学生インターン

広報PRのリアルな課題が学べるPR TIMES勉強会の運営アシスタントを募集
##仕事概要 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のカスタマーサポートおよびカスタマーサクセスを担う「カスタマーリレーションズ本部」のアクティブサポート担当マネージャーのアシスタントとして、毎日開催しているお客様向けの勉強会運営をメインに、一部本部長のアシスト業務をお任せいたします。広報・PRの知見が浅いお客様に対する勉強会で、慣れてきたら講師もお任せします。スピード感ある部門で、実務を通じて広報のリアルな課題感や、広報担当者の声を知り、課題解決を考える様々な機会があります。 ## 仕事内容 当社が毎日開催している「PR TIMES勉強会」において、運営アシスト業務をお任せします。 ◆勉強会の開催スケジュール https://tayori.com/q/prtimes-faq/category/39851/ 【月曜開催】導入実績編 -実際のニュースから学ぶプレスリリースに適した導入実績- 【火曜開催】配信機会編 -ニュースになる企業活動の見つけ方と作り方を知るー 【水曜開催】振り返り編 -過去のプレスリリースをPR TIMES社員がフィードバック- 【木曜開催】作成・配信編 -プレスリリース配信の型をつかむー 【金曜開催】効果測定編 -次の配信に活かせる効果測定方法を解説- PR TIMES STORY 活用勉強会 ◆勉強会運営の実施・サポート ・参加社(者)管理 ・開催概要や案内ページの設定 ・講師日程調整 ・アンケート回答の回収・対応 ・案内リスト・メール文面の作成 ・勉強会内容のアップデート・資料修正 ・一部勉強会の講師(質疑応答の対応) ◆その他サポートデスク(本部長)からの依頼業務 過去の実施例 ・一斉メール送付のツール選定・導入 ・自動メールの署名確認 ・障害対応のデータ整理 ・その他の突発業務アシスト etc… ## カスタマーリレーションズ本部の体制 カスタマーリレーションズ本部は、現在40名ほどのメンバーが在籍。責任者をはじめとする正社員のほか、契約社員や派遣社員、アルバイト、学生インターンなど様々な雇用形態のメンバーで構成され、チーム一丸となってPR TIMESの運営を支えています。チームは以下3つ。 ①サポートチーム:1,000~2,000件/日 のプレスリリースを適時適切に配信すべく、プレスリリースの内容審査や対応を行うチーム。顧客対応を一手に担い、法令遵守など当社掲載基準に則ってサービスを運営する。 ②アクティブサポートチーム:プレスリリースへのアドバイスなど能動的なアプローチを実施し、様々なテーマで顧客向け勉強会に注力。サポート業務の土台の上で、更なるカスタマーサクセスを組織として提供する。 ③メディアリレーションズチーム:お客様ではなく、プレスリリースを受け取るメディア側のサポートを実施。どのような情報を必要としているかはメディア記者によって異なり、ニーズに応じて対応し、登録者数増加を目指す。 ## 選考について 1)応募する 2)書類通過連絡   ※通過の方のみ5営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。 3)選考:面接1回 4)内定
20-7b. CR本部 公式SNS運用(学生インターン)

20-7b. CR本部 公式SNS運用(学生インターン)

部門長直下で、プレスリリース公式SNSの運用に挑戦するインターンを募集
プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のカスタマーサポートおよびカスタマーサクセスを担う「カスタマーリレーションズ本部(以下、CR本部)」において、部門責任者直下でPR TIMESの公式SNS (Twitter、Facebook)の運用をお任せいたします。外部のWebメディアに掲載する記事の作成や、SNS運用のアップデート企画・実行を経験することもできます。 ▶ 仕事内容 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の公式SNS運用に付随する以下のお仕事をお任せいたします。 【対象となるSNSアカウント】 Twitter https://twitter.com/PRTIMES_JP PR TIMES北陸 (@PRTIMEShokuriku)/https://twitter.com/PRTIMEShokuriku PR TIMES福島 (@PRT_fukushima)/ https://twitter.com/PRT_fukushima ※現在はPR TIMESメインアカウントの他、上記の地域に限定したアカウントを運用しています。 Facebook https://ja-jp.facebook.com/prtimes.jp/ 【メイン業務】 ・公式SNSの運用(Twitter、Facebook) ・PR TIMESで配信されるプレスリリースの中から、SNS運用方針に合致したものを選定・投稿 ・公式SNSのフォロワーとの良好な関係構築・関係維持 【サブ業務】※ご経験・ご希望に応じて ・SNS広告出稿(不定期) ・PR TIMESで配信されるプレスリリースの中から、Webメディア掲載基準に合致したものを選定・投稿 ・SNS運用方針自体のアップデート・マニュアル化 #インターン生の実績 23新卒の内定者インターンは総合職・開発職合わせて6名が実施。長期インターンはSaaS事業やメディア事業、PR TIMES事業の営業 / カスタマーサポート、開発チームなど計7部門で募集しており、常時10名前後のインターン生が正社員と変わらず裁量ある仕事を担当しています。 #PR TIMESのインターンとして得られるもの 上記の通り、インターン生だから、社員だからと区分することはありません。インサイドセールス組織の立ち上げ、SNSアカウントの運用、顧客向け勉強会での登壇、開発プロジェクトの担当など... 自身が現場の責任者として、自分起点で行動する仕事の進め方を学べます。 #卒業生の声 メディアと直接関わることができる部署であるからこそ、難しい部分やうまくいかないこともありますが、何よりもやりがいがありました。自分で新規リレーションを掴める楽しさと嬉しさは、学生時代で経験できるものの中でも非常に大きなもの!周りの方々も親身になってサポートしてくださる雰囲気の部署なので、悩んだ際も相談しやすいです。