株式会社PR TIMES 全ての求人一覧09.Tayori事業部 の求人一覧
株式会社PR TIMES 全ての求人一覧

08-1. Tayori 営業責任者候補

08-1. Tayori 営業責任者候補

カスタマーサポート職に光を照らす。Tayori事業の営業責任者を募集!
PR TIMESが運営するクラウド情報整理ツール「Tayori(タヨリ)」は、無料アカウント数50,000件を超えるSaaSプロダクトです。ノーコードで、誰もが簡単にフォームやFAQの作成が可能でき、中小企業を中心に利用が拡大し続けています。(5期連続40%成長) 0>1から1>10のフェーズとなり、ビジネスサイドの営業責任者を募集します。営業戦略の立案や体制構築、お客様からのフィードバックをもとに、機能追加やデザイン改修などプロダクト開発への関与もお任せします。 Tayori:https://tayori.com/ ■ 業務内容 1. 営業計画設計・推進 現チームのプロダクトオーナー(業務委託)とこれまでのTayoriの歴史や戦略をすり合わせ、二人三脚で営業戦略の方針を策定し、計画の推進と進捗管理を担っていただきます。 また、営業活動における業務フローや仕組みの構築、改善活動をお任せします。 2. 顧客折衝 現在は外部メンバー2名に、アポイント設定と商談をそれぞれ分業制で依頼しています。Tayoriをご活用いただくお客様の業種業態・企業規模はさまざまで、幅広い企業に導入いただいています。お客様が抱えている課題をヒアリングし、個別お客様にあわせた提案が必要です。 課題例: 「よくある問い合わせを減らしたい」 「メール管理及び返信が属人化している」 「問い合わせ内容の分析ができていない、活かせていない」 「社内の情報が分散して、管理できていない」 顧客折衝の業務例: ・新規顧客とのWEB商談の実施 ・他営業メンバーの採用、及び採用後のサポート ・受注率を改善するためのPDCAの実行 ・解約率を改善するための既存顧客へのフォローアップの実施 3. Tayoriの認知度向上に向けた取り組み Tayoriの認知度向上につながる取り組みを提案し、実行していただきます。 例えば、ウェビナーの企画、外部イベント登壇などを通じて、ツールの導入で業務を改善することを検討しているお客様に、Tayoriでできること、具体的な活用事例をお伝えすることで、認知向上策の企画をお任せします。 ■募集背景 当社は2025年に向けた中期経営目標の1つに「PR TIMESを超える事業を生み出す人材が台頭する組織になる」を掲げており、Tayori事業もそのひとつです。 「Tayori」は、2015年に社内の新規事業としてスタート。主に「カスタマーサポート」に現場で発生する課題を解決するサービスとして提供開始し、現在は総務や情報システム、人事などバックオフィス部門を中心に、カスタマーサポート以外の部署でも活用される可能性を見出しています。5期連続40%超成長を継続しており、中小企業を中心に利用が拡大し続けています。 一方で、これまでの0<1のフェーズから、1<10のフェーズに移行するにあたり、組織の拡充が最重要課題となっています。これまでTayori事業部は正社員不在の組織ながら、一定以上の成長を実現しました。中長期目線で事業成長にコミットする人材を複数名募集する予定です。 ■PR TIMES社がなぜTayoriを事業展開しているか PR TIMESは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」というMissionを掲げ、その実現のためにプレスリリース配信サービスを中心とした、複数の事業を展開しております。このMissionの実現は情報発信を担う「PR TIMES」だけでなく、様々な企業のビジネスそのものを支えるTayoriやJootoといったSaaS事業の飛躍的な成長が欠かせません。 プレスリリースが発信されるまでの過程には、その企業のなかで自身の仕事に向き合い、目標を掲げ、一歩一歩前進している人やチームの存在、そして結果が出るまでの長いプロセスがあります。その結果や過程を届けるのが「PR TIMES」だとすれば、カスタマーサポートツールとして、行動者たちの行動を直接支援できるのが「Tayori」であり、当社が掲げるミッションの実現に向けて、行動者をサポートすることを目指しています。 また私たち自身が経営目標として「事業を生み出せる人材の台頭」を掲げているように、 新規事業として立ち上がったTayori事業部自体が、Tayoriの事業価値を体現する組織であること、事業を牽引する人材の育成・台頭を目指しています。 ■ 部門構成について 事業責任者(業務委託)1名、サポート2名、マーケティング1名、開発6名、営業2名の計12名体制です。上場企業内にあるスタートアップ組織のような位置づけで、スピード感のあるチームです。
08-2. Tayori バックエンドエンジニア

08-2. Tayori バックエンドエンジニア

クラウド情報整理ツール「Tayori」のバックエンドエンジニアを募集!
PR TIMES社が運営するクラウド情報整理ツール「Tayori」のサービスの設計・開発・運用を担当いただきます。 ## 「Tayori( https://tayori.com/ )」について 2013年に開始したクラウド情報整理ツール「Tayori(タヨリ)」は、フォーム・受信箱、FAQ、アンケート、チャットなどの機能を持つサービスです。それぞれの機能を組み合わせて活用することで、カスタマーサポートに留まらず、営業、人事、労務総務、経理、広報など様々な部署・業務の中で、「情報」を収集・蓄積・共有・分析し、業務効率や生産性の向上に貢献します。 ■活用例1:チーム内の散らかった情報の整理に - FAQを活用した業務マニュアルの作成で、属人化を防ぐ - 社内からの業務の依頼や問い合わせをフォームで一本化 - 業務依頼や問い合わせは受信箱で管理、担当者とステータスの設定で対応漏れを防止 ■活用例2:顧客とのやりとりをスムーズに - イベント・セミナー申し込みフォームを作成して、窓口を一元管理 - アンケートを使用した顧客満足度調査を元に、サービスを改善 - フォーム内検索で、過去の同一お客様からの対応履歴を参照 参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001074.000000112.html ## 仕事内容 「Tayori」のサーバサイドエンジニアとして、新規機能開発、サービス改善に携わっていただきます。 現在はサービスのスピード感を出すために開発スピードをあげることを目指しており、自動でテストを回し、サーバーの増強をしたいと考えています。 Tayoriはオンプレ・Ruby on Railsで作られたアプリケーションとなっており、画面ごとに切り出してリプレイスを行っています。リプレイスはアプリケーション層から行なっています。 これまではフロントの実装もRuby on Railsで行っており、管理及び実装に時間が掛かっていましたが、現在はフロントをCoffeeScriptからVue.js(Nuxt.js)などへ置き換えリポジトリも別にすることで、柔軟性を持って対応が可能になるよう進めています。 あわせてオンプレだったサーバもAWSへ移行を進めており、AWSの各種サービスを使ってさまざまなチャレンジが出来るようになります。 上記既存サービスの運用に加え、新規の機能なども事業責任者及び技術責任者、開発メンバーが一丸となって提案、実行していくことが出来ます。 また、サービスを向上するため、管理や実装が改善されるために新しい技術を取り入れていく事も前向きな環境です。 ## 開発環境 ・言語/フレームワーク:Ruby(Ruby on Rails)/ Vue.js(Nuxt.js)/ JavaScript ・インフラ:AWS(EC2 / ECS / ECR / Fargate / RDS / CodePipline / Lambda ...etc) ・データベース:MySQL / MongoDB / Redis ・データストア/検索エンジン:Redis, Memcached ・デプロイツール:capistrano ・サーバーOS:CentOS ・監視ツール:Zabbix ・その他:Docker / GitHub / Backlog / Jooto / Zoom ・開発手法:Agile (Scrum, Kanban, etc.) ## チーム構成 Tayori事業部は現在8名。(事業責任者1名、デザイナー1名、CR3名、技術責任者1名、開発2名) 業務委託などの外部人材によって構成されています。 ## 選考について 1)応募する 2)書類通過連絡   ※通過の方のみ5営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。 3)選考:面談/面接2回  ※履歴書/経歴書の提出や、WEB適性検査(FFS)がございます。 4)内定
08-4. Tayori サポートエンジニア&バックエンドエンジニア

08-4. Tayori サポートエンジニア&バックエンドエンジニア

クラウド情報整理ツール「Tayori」のサポートエンジニア&バックエンドエンジニアを募集!
PR TIMES社が運営するクラウド情報整理ツール「Tayori」のサービスの設計・開発・運用、サポートエンジニアを担当いただきます。 ## 「Tayori( https://tayori.com/ )」について 2013年に開始したクラウド情報整理ツール「Tayori(タヨリ)」は、フォーム・受信箱、FAQ、アンケート、チャットなどの機能を持つサービスです。それぞれの機能を組み合わせて活用することで、カスタマーサポートに留まらず、営業、人事、労務総務、経理、広報など様々な部署・業務の中で、「情報」を収集・蓄積・共有・分析し、業務効率や生産性の向上に貢献します。 ■活用例1:チーム内の散らかった情報の整理に - FAQを活用した業務マニュアルの作成で、属人化を防ぐ - 社内からの業務の依頼や問い合わせをフォームで一本化 - 業務依頼や問い合わせは受信箱で管理、担当者とステータスの設定で対応漏れを防止 ■活用例2:顧客とのやりとりをスムーズに - イベント・セミナー申し込みフォームを作成して、窓口を一元管理 - アンケートを使用した顧客満足度調査を元に、サービスを改善 - フォーム内検索で、過去の同一お客様からの対応履歴を参照 参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001074.000000112.html ## 仕事内容 「Tayori」のサポートエンジニア&バックエンドエンジニアとして、新規機能開発、サービス改善に携わっていただきます。 サポートエンジニアとしては、CR(Customer Relations)メンバーとのやりとりを行い顧客要望を吸い上げて調査し機能としてチケットを切るか判断をし、実装メンバーをアサインする役割を担います。また、自らバックエンド実装を担っていただくこともございます。 また、現在サービスのスピード感を出すために開発スピードをあげることを目指しており、自動でテストを回し、サーバーの増強をしたいと考えています。 Tayoriはオンプレ・Ruby on Railsで作られたアプリケーションとなっており、画面ごとに切り出してリプレイスを行っています。リプレイスはアプリケーション層から行なっています。 これまではフロントの実装もRuby on Railsで行っており、管理及び実装に時間が掛かっていましたが、現在はフロントをCoffeeScriptからVue.js(Nuxt.js)などへ置き換えリポジトリも別にすることで、柔軟性を持って対応が可能になるよう進めています。 あわせてオンプレだったサーバもAWSへ移行を進めており、AWSの各種サービスを使ってさまざまなチャレンジが出来るようになります。 上記既存サービスの運用に加え、新規の機能なども事業責任者及び技術責任者、開発メンバーが一丸となって提案、実行していくことが出来ます。 また、サービスを向上するため、管理や実装が改善されるために新しい技術を取り入れていく事も前向きな環境です。 ## 開発環境 ・言語/フレームワーク:Ruby(Ruby on Rails)/ Vue.js(Nuxt.js)/ JavaScript ・インフラ:AWS(EC2 / ECS / ECR / Fargate / RDS / CodePipline / Lambda ...etc) ・データベース:MySQL / MongoDB / Redis ・データストア/検索エンジン:Redis, Memcached ・デプロイツール:capistrano ・サーバーOS:CentOS ・監視ツール:Zabbix ・その他:Docker / GitHub / Backlog / Jooto / Zoom ・開発手法:Agile (Scrum, Kanban, etc.) ## チーム構成 Tayori事業部は現在8名。(事業責任者1名、デザイナー1名、CR3名、技術責任者1名、開発2名) 業務委託などの外部人材によって構成されています。 ## 選考について 1)応募する 2)書類通過連絡   ※通過の方のみ5営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。 3)選考:面談/面接2回  ※履歴書/経歴書の提出や、WEB適性検査(FFS)がございます。 4)内定
08-5. Tayori フロントエンドエンジニア

08-5. Tayori フロントエンドエンジニア

クラウド情報整理ツール「Tayori」のフロントエンドエンジニアを募集!
PR TIMES社が運営するクラウド情報整理ツール「Tayori」のサービスの設計・開発を担当いただきます。 ## 「Tayori( https://tayori.com/ )」について 2013年に開始したクラウド情報整理ツール「Tayori(タヨリ)」は、フォーム・受信箱、FAQ、アンケート、チャットなどの機能を持つサービスです。それぞれの機能を組み合わせて活用することで、カスタマーサポートに留まらず、営業、人事、労務総務、経理、広報など様々な部署・業務の中で、「情報」を収集・蓄積・共有・分析し、業務効率や生産性の向上に貢献します。 ■活用例1:チーム内の散らかった情報の整理に - FAQを活用した業務マニュアルの作成で、属人化を防ぐ - 社内からの業務の依頼や問い合わせをフォームで一本化 - 業務依頼や問い合わせは受信箱で管理、担当者とステータスの設定で対応漏れを防止 ■活用例2:顧客とのやりとりをスムーズに - イベント・セミナー申し込みフォームを作成して、窓口を一元管理 - アンケートを使用した顧客満足度調査を元に、サービスを改善 - フォーム内検索で、過去の同一お客様からの対応履歴を参照 参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001074.000000112.html ## 仕事内容 フロントエンドエンジニアとして、新規機能開発、サービス改善に携わっていただきます。サービスをグロースさせながらマイクロサービス移行に取り組むことで、様々なチャレンジがあります。 Tayoriはオンプレ・Ruby on Railsで作られたアプリケーションとなっており、画面ごとに切り出してリプレイスを行っています。リプレイスはアプリケーション層から行なっています。 これまではフロントの実装もRuby on Railsで行っており、管理及び実装に時間が掛かっていましたが、現在はフロントをCoffeeScriptからVue.js(Nuxt.js)などへ置き換えリポジトリも別にすることで、柔軟性を持って対応が可能になるよう進めています。 あわせてオンプレだったサーバもAWSへ移行を進めており、AWSの各種サービスを使ってさまざまなチャレンジが出来るようになります。 上記既存サービスの運用に加え、新規の機能なども事業責任者及び技術責任者、開発メンバーが一丸となって提案、実行していくことが出来ます。 また、サービスを向上するため、管理や実装が改善されるために新しい技術を取り入れていく事も前向きな環境です。 ## 開発環境 ・言語/フレームワーク:Vue.js(Nuxt.js)/ JavaScript / Ruby(Ruby on Rails) ・インフラ:AWS(EC2 / ECS / ECR / Fargate / RDS / CodePipline / Lambda ...etc) ・データベース:MySQL / MongoDB / Redis ・データストア/検索エンジン:Redis, Memcached ・デプロイツール:capistrano ・サーバーOS:CentOS ・監視ツール:Zabbix ・その他:Docker / GitHub / Backlog / Jooto / Zoom ・開発手法:Agile (Scrum, Kanban, etc.) ## チーム構成 Tayori事業部は現在8名。(事業責任者1名、デザイナー1名、CR3名、技術責任者1名、開発2名) 業務委託などの外部人材によって構成されています。 ## 選考について 1)応募する 2)書類通過連絡   ※通過の方のみ5営業日以内にメールにてご連絡させていただきます。 3)選考:面談/面接2回  ※履歴書/経歴書の提出や、WEB適性検査(FFS)がございます。 4)内定