OLTA株式会社 全ての求人一覧プロダクト の求人一覧
OLTA株式会社 全ての求人一覧

 【INVOY】プロダクト責任者候補(2022/10/31更新)

【INVOY】プロダクト責任者候補(2022/10/31更新)

弊社が展開するクラウド入出金管理サービス「INVOY( https://www.invoy.jp )」を牽引する責任者候補を募集しております。 現在、INVOYを中心に新規事業を複数準備しており、事業を加速するため新しい仲間を募集することとなりました。 直近ではBtoB向けカード決済サービスをリリースし、プロダクトマーケットフィットを成立させるために連続的なチャレンジをしています。 (INVOYカード払い:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000045310.html ) 2023年施行されるインボイス制度なども追い風となっており、INVOYを加速させる絶好のタイミングです。 ゆくゆくはプロダクト責任者として、プロダクトビジョン策定やロードマップへの落とし込みなど、中長期の推進を担っていただきたいと考えております。 ▼仕事の具体的内容 ・経営方針や事業戦略を踏まえたプロダクト戦略の策定 ・プロダクトに関する意思決定(仕様検討からリリース、その後のグロースを含む) ・プロダクトに関わるKPIの設計やモニタリング環境の整備 ・プロダクトに関わるステークホルダーとのコミュニケーション設計・進捗管理およびリソース管理 ・プロダクトバックログの作成 <INVOYについて> 2018年2月に請求書発行サービスとしてリリースし、2022年10月時点で累計登録者数9万ユーザーを突破しました。 元々無料の請求書発行ツールとして誕生した「INVOY」ですが、資金管理や資金繰りの悩みを解決する機能を拡充しており、経営の課題解決を支えるプラットフォームとして進化しています。 ・「資金管理」の悩みを解決する機能: 金融機関口座の一元的な残高管理、資金繰り表の作成など ・「資金繰り」の悩みを解決する機能: 企業間決済のカード払いなど
エンジニアリングマネージャー(2022/10/19更新)

エンジニアリングマネージャー(2022/10/19更新)

弊社エンジニアチームは社員 10 名ほど在籍しており、業務委託メンバーを巻き込みながらプロダクト群(OLTAクラウドファクタリング・クラウド入出金管理サービスINVOY)の開発・運用を進めています。 現在はVPoE1名が、これら多数のエンジニアのピープルマネジメントやプロジェクトマネジメントを担っておりますが、より一人ひとりに向き合いながら、組織全体としてのパフォーマンスを上げるチームを作り上げていきたいと考えており、弊社では初めてとなるエンジニアリングマネージャーを募集することとなりました。 創業事業であるクラウドファクタリングが拡大フェーズに入る中、第二の事業としてINVOYがグロースフェーズに突入しており、大規模な新規開発を進めております。 今後も事業規模の拡大やエンジニアメンバーの増員が見込まれ、VPoEと共にこれらの推進を担っていただきたいと考えております。 【業務内容】 開発プロジェクトのリード ・要件整理、ステークホルダー調整、要員計画、リリース計画策定 開発チームの組織マネジメント ・開発ロードマップ作成 ・アサイン調整、採用計画検討 ・育成・評価(タレマネ、目標設定、1on1、1次評価、フィードバック等) ・採用(書類スクリーニング、カジュアル面談・面接対応) 【VPoE橋山 インタビュー】 <楽天スーパーセールを支えてきたエンジニアが、OLTAに入社した理由> https://www.wantedly.com/companies/olta/post_articles/198417 ーーーーー 【開発環境】 ・バックエンド:Python, Django ・フロントエンド:Vue.js, Nuxt.js ・インフラ:GCP, Kubernetes, terraform ・データベース:PostgreSQL, Redis, BigQuery ・CI/CD:Github Actions / Cloud Build ・コミュニケーション: Slack, Confluence 【チームの雰囲気】 開発チームだけではなく、Biz/CS・PdM・デザイナーが一丸となって発見からリリースまで「越境」して行っております。 他職種のメンバーとコミュニケーションする機会が多く、たくさんの人を巻き込みながらチームでコトに取り組める環境です。(https://speakerdeck.com/taxy/olta-culture-deck?slide=33) 【開発チームが大切にしている価値観】 自律性:プロダクト開発に主体的に関わっていける 俊敏性:スタートアップのスピード感、変化を楽しめる 透明性:情報共有を大切にしてチームで仕事ができる 弊社TechVisionに「テクノロジーと好奇心で、事業を成長させる」(https://speakerdeck.com/hashiyaman/olta-tech-vision)と掲げており、事業成長という目的(What)に対して手段(How)としての技術があり、それらを司るプロダクト組織の力をいかに最大化できるかという視座がある人にとってはフィットする環境かと思います!
ソフトウェアエンジニア/バックエンド(2022/10/27更新)

ソフトウェアエンジニア/バックエンド(2022/10/27更新)

当社プロダクト群(OLTAクラウドファクタリング・INVOY)において、多様なサービスとの連携、金融機関との協業、新たな機能開発など様々なテーマに取り組んでいただきます。 ▍テックリード(シニアエンジニア) ・プロダクトを技術面でリード  ・レビューや仕組みによるコードの品質の担保  ・アーキテクチャ・設計における意思決定  ・開発フローの整備などによるチーム生産性の最大化  ・ミドルウェア、フレームワーク等の技術選定・検証 ・下記バックエンドエンジニアの業務 ▍エンジニア(メンバー) ・PdM、デザイナー、フロントエンジニアと協業しながら行うチーム開発(仕様・設計・実装・テスト・リリース) ・顧客 / ビジネスからの問い合わせ調査、ライブラリやフレームワークのアップデート、サービスの各種トラブルシューティング、インフラのメンテナンス ▼開発環境 ・バックエンド:Python, Django ・フロントエンド:Vue.js, Nuxt.js ・インフラ:GCP, Kubernetes, terraform ・データベース:PostgreSQL, Redis, BigQuery ・CI/CD:Github Actions / Cloud Build ・コミュニケーション: Slack, Confluence ▼開発組織の特徴 ・品質向上の取り組み  ・本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施  ・Pull Request には自動的にリグレッションテストが実行される環境を構築  ・コードカバレッジツールをCIと連携して、ブランチのマージ基準にコードカバレッジを加えている 【チームの雰囲気】 “テクノロジーと好奇心で事業を成長させる” を Tech Vision に掲げ、 Biz/CS・PdM・デザイナー・エンジニアが一丸となって発見からリリースまで「越境」して行っております。 Webエンジニアとデータサイエンティストがお互いの領域のサポートを行い、相互領域を越境する体制を作っているのもOLTAの特徴です。 ( https://techblog.olta.co.jp/entry/2022/05/31/213909 ) ▼開発チームが大切にしている価値観 自律性:プロダクト開発に主体的に関わっていける 俊敏性:スタートアップのスピード感、変化を楽しめる 透明性:情報共有を大切にしてチームで仕事ができる OLTA Tech Vision:https://speakerdeck.com/hashiyaman/olta-tech-vision
ソフトウェアエンジニア/フロントエンド(2022/10/27更新)

ソフトウェアエンジニア/フロントエンド(2022/10/27更新)

本ポジションでは、テックリードとして、当社プロダクト群(OLTAクラウドファクタリング・INVOY)における多様なサービスとの連携・金融機関との協業・新たな機能開発など、様々なテーマに取り組んでいただきます。 【仕事内容】 ・フロントエンドにおける技術面のリード  ・レビューや仕組みによるコードの品質の担保  ・アーキテクチャ・設計における意思決定  ・開発フローの整備などによるチーム生産性の最大化  ・ミドルウェア、フレームワーク等の技術選定・検証 ・下記エンジニア業務  ・PdM、デザイナー、バックエンドエンジニアと協業しながら行うチーム開発(仕様・設計・実装・テスト・リリース)  ・顧客 / ビジネスからの問い合わせ調査、ライブラリやフレームワークのアップデート、サービスの各種トラブルシューティング 【開発環境】 ・バックエンド:Python, Django ・フロントエンド:Vue.js, Nuxt.js ・インフラ:GCP, Kubernetes, terraform ・データベース:PostgreSQL, Redis, BigQuery ・CI/CD:Github Actions / Cloud Build ・コミュニケーション: Slack, Confluence 【開発組織の特徴】 ・品質向上の取り組み  ・本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施  ・Pull Request には自動的にリグレッションテストが実行される環境を構築  ・コードカバレッジツールをCIと連携して、ブランチのマージ基準にコードカバレッジを加えている 【チームの雰囲気】 “テクノロジーと好奇心で事業を成長させる” を Tech Vision に掲げ、 Biz/CS・PdM・デザイナー・エンジニアが一丸となって発見からリリースまで「越境」して行っております。 Webエンジニアとデータサイエンティストがお互いの領域のサポートを行い、相互領域を越境する体制を作っているのもOLTAの特徴です。 ( https://techblog.olta.co.jp/entry/2022/05/31/213909 ) ▼開発チームが大切にしている価値観 自律性:プロダクト開発に主体的に関わっていける 俊敏性:スタートアップのスピード感、変化を楽しめる 透明性:情報共有を大切にしてチームで仕事ができる OLTA Tech Vision:https://speakerdeck.com/hashiyaman/olta-tech-vision
データエンジニア(2022/10/26更新)

データエンジニア(2022/10/26更新)

データエンジニア
OLTAでは「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに、中小企業が力を発揮できる社会の実現を目指しています。今回はデータエンジニアとして、お客様からいただいた経営や資金繰りに関するデータの収集、解析基盤の構築、運用を担っていただく方を募集します。 ▼仕事の具体的内容 -BigQueryをハブとしたデータ解析基盤の開発、運用 -ウェブアプリからデータレイクへのデータ連携の運用 -データレイクからデータウェアハウスまでのデータ転送ツールの運用(ETL/ELT) -データマートの要件定義、開発、運用(データサイエンティスト、BIとのコミュニケーション含む)
データサイエンティスト(2022/10/25更新)

データサイエンティスト(2022/10/25更新)

本ポジションではデータサイエンティストとして、ビジネスサイド(リスク管理、オペレーション)と協業し、クラウドファクタリング事業の与信モデルの精度向上やデータ分析を担っていただく方を募集します。                                                                   ▼仕事の具体的内容   -機械学習を用いた、信用スコアリング、不正検知エンジンなどの開発、運用 -プロダクトや業務フローへのモデルのつなぎ込み(webエンジニア/プロダクトマネージャーとのコミュニケーション含む) -既存の機械学習モデルの運用、改善 -ビジネス上の課題に対する定量分析、結果のビジネスサイドへの共有 -リスクのポートフォリオ管理のモニタリング、分析、改善案の提案、PDCAの推進 <データサイエンティスト:深澤インタビュー> 歴史に残る仕事がしたい。データサイエンティストの私がOLTAで働く理由 https://www.wantedly.com/companies/olta/post_articles/443813
プロダクトデザイナー(2022/10/26更新)

プロダクトデザイナー(2022/10/26更新)

デザイナー
OLTAでは「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」をミッションに、中小企業が力を発揮できる社会の実現を目指しています。 今回はデザイナーとして、中小企業向けクラウドファクタリングサービス「OLTA」(https://www.olta.co.jp/)・入出金管理サービス「INVOY」(https://www.invoy.jp/)や、現在立ち上げ中の新規事業など、サービスデザイン全般をお任せできる方を募集します。 多様なサービスとの連携・金融機関との協業・新たな機能開発など、様々なテーマに取り組む予定です。 その主要メンバーとして、ビジネスメンバー・プロダクトマネジャー・カスタマーサクセス・エンジニアと協力し、サービスに必要なすべてのデザインに携わっていただきます。 ▼プロダクトデザイナー紹介資料 https://docs.google.com/presentation/d/1AAseOpEzgFXzTInTaNLp7ferlqqwO_rbIzW6NhnIKLo OLTAのデザイナーの魅力・役割・課題について、デザイナー伊藤よりご紹介しておりますので、ぜひご一読ください! ▼ 仕事の概要 当社のプロダクト群のサービスデザイン全般に従事していただきます。  <具体的内容>  - 新サービス, 既存サービスのデザイン  - サービスに必要なパンフレット, 広告, LPのデザイン  - 定性・定量のリサーチや施策立案と実行 ▼ 環境・ツールなど - デザインツール:Figma, Adobe(Photoshop, Illustrator etc...) - タスク管理: Asana - コミュニケーション: Slack, Google Meet - その他:Github, Confluence
プロダクトマネジャー(2022/10/31更新)

プロダクトマネジャー(2022/10/31更新)

プロダクトマネジャー
プロダクトマネジャーとして、OLTAクラウドファクタリング( https://www.olta.co.jp )やクラウド入出金管理サービス INVOY( https://invoy.jp )をはじめとした弊社プロダクト群のグロースを担っていただける方を募集します。 現在、弊社ではINVOYを中心に新規事業を複数準備しており、事業を加速するため新たなメンバーを募集することとなりました。 直近ではBtoB向けカード決済サービスをリリースし、プロダクトマーケットフィットを成立させるために連続的なチャレンジをしています。 (INVOYカード払い:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000045310.html ) 来年施行されるインボイス制度なども追い風となっており、事業を加速させる絶好のタイミングです。 事業成長を目の前で感じながら、あたらしい仕組みによってイノベーションを起こしたい方にとって魅力的な環境だと思います! ▼仕事の具体的内容 ・新規プロダクトのリリースに至るまでの全ての業務 (プロダクト戦略の策定~リリース、その後グロースまで責任を持っていただきます) ・OLTAクラウドファクタリングをはじめとした既存プロダクトの追加機能開発や改善/グロース施策に関わる業務全般 (企画立案、要件定義、仕様策定とリリース後の効果測定まで全てに関わっていただきます) ・プロダクトに関わるKPIの設計やモニタリング環境の整備 ・プロダクトに関わるステークホルダーとのコミュニケーション設計 ・進捗管理およびリソース管理 ・プロダクトバックログの作成