株式会社KADOKAWA Connected の全ての求人一覧
株式会社KADOKAWA Connected の全ての求人一覧

■ICTコンサルタント(シニアコンサルタント)/エンタープライズ

■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について / 業務内容】 KADOKAWAグループは、デジタルトランスフォーメーション(DX)によりユーザー基盤、組織コミュニケーション基盤、 編集業務基盤、製造・物流基盤等を改革し、ユーザー視点で事業を変革する組織となることがグループ全体の重要テーマと考えています。 今回の募集チームは、KADOKAWAグループ従業員が利用する社内エンタープライズシステム(以下、基幹)にて、 ITマネジメント(システム構想策定、それを見据えた業務設計から構築、導入、保守、運用標準化までを一気通貫で)サービス提供を行っている組織です。 ミッション実現に向けて、チームの増強を目的に新規メンバーを募集いたします。 ■募集部門のビジョン(Why)  顧客の成功を通じて、全社Visionの実現を後押しすること ■募集部門のミッション(What)  ・新しいテクノロジーを活用し、ビジネス変革/新たな顧客価値を実現  ・変革を実現するためのデジタルビジネスアジリティーを実現 <業務内容の具体例>  基幹業務システム※における  ・選定/比較評価/導入/カスタマイズ設定/業務フロー作成/PJマネジメント  ・機能拡張や法改正、制度変更等における要件定義/設計/受入れテスト  ・保守/運用(IT統制対応、マスタ変更、データメンテナンスなど)  ・自動化、効率化など、社員の生産性を高めるための新規ツールの導入企画/業務設計改善提案   ★クリエーターとの迅速な電子契約手続きを実現し、事例紹介されました!ぜひご覧ください!    https://www.docusign.jp/blog/dwango-use-case ※対象業務領域とシステム機能 ・人事:勤怠/工数管理、労務費按分、原価計算、労務/給与管理 ・経理:財務会計、連結会計、経費精算 ・財務:取引先管理 ・法務:契約稟議(ワークフロー)、文書管理 ・共通:電子契約、統合マスタ管理、システムI/F(仕訳、マスタデータなどの自動連携) 【キャリア開発の機会と得られる経験】 ・ITコンサルティング/業務コンサルティングサービスを提供する中で、自社の経営層や事業会社の経営メンバーと近い距離で業務できる環境であるため コンサルタントとしてスキルアップをする機会が多くあります。 ・ユーザーと距離が近く濃い関係性を築きながら業務を推進することができ、なぜそのシステム選定をすべきなのか、等の最上段の部分から保守運用まで裁量広く業務できます。 ・アドバイザリーサービスを含め、社内/社外問わず幅広くステークホルダーと関わることができます。 ・様々なバッググラウンド、世代、経験を持った社員が多いチームであるため、ダイバーシティな環境での業務ができます。 ・最新技術のキャッチアップのため、社外カンファレンスへの積極参加を奨励しています。 ・社内イベント(技術勉強会)や課内の定例ミーティングなどで、幅広い世代、バッググラウンドのメンバーと情報交換ができます。

■ICTコンサルタント/エンタープライズ

■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について / 業務内容】 KADOKAWAグループは、デジタルトランスフォーメーション(DX)によりユーザー基盤、組織コミュニケーション基盤、 編集業務基盤、製造・物流基盤等を改革し、ユーザー視点で事業を変革する組織となることがグループ全体の重要テーマと考えています。 今回の募集チームは、KADOKAWAグループ従業員が利用する社内エンタープライズシステム(以下、基幹)にて、 ITマネジメント(システム構想策定、それを見据えた業務設計から構築、導入、保守、運用標準化までを一気通貫で)サービス提供を行っている組織です。 ミッション実現に向けて、チームの増強を目的に新規メンバーを募集いたします。 ■募集部門のビジョン(Why)  顧客の成功を通じて、全社Visionの実現を後押しすること ■募集部門のミッション(What)  ・新しいテクノロジーを活用し、ビジネス変革/新たな顧客価値を実現  ・変革を実現するためのデジタルビジネスアジリティーを実現 <業務内容の具体例>  基幹業務システム※における  ・選定/比較評価/導入/カスタマイズ設定/業務フロー作成/PJマネジメント  ・機能拡張や法改正、制度変更等における要件定義/設計/受入れテスト  ・保守/運用(IT統制対応、マスタ変更、データメンテナンスなど)  ・自動化、効率化など、社員の生産性を高めるための新規ツールの導入企画/業務設計改善提案   ★クリエーターとの迅速な電子契約手続きを実現し、事例紹介されました!ぜひご覧ください!    https://www.docusign.jp/blog/dwango-use-case ※対象業務領域とシステム機能 ・人事:勤怠/工数管理、労務費按分、原価計算、労務/給与管理 ・経理:財務会計、連結会計、経費精算 ・財務:取引先管理 ・法務:契約稟議(ワークフロー)、文書管理 ・共通:電子契約、統合マスタ管理、システムI/F(仕訳、マスタデータなどの自動連携) 【キャリア開発の機会と得られる経験】 ・ITコンサルティング/業務コンサルティングサービスを提供する中で、自社の経営層や事業会社の経営メンバーと近い距離で業務できる環境であるため コンサルタントとしてスキルアップをする機会が多くあります。 ・ユーザーと距離が近く濃い関係性を築きながら業務を推進することができ、なぜそのシステム選定をすべきなのか、等の最上段の部分から保守運用まで裁量広く業務できます。 ・アドバイザリーサービスを含め、社内/社外問わず幅広くステークホルダーと関わることができます。 ・様々なバッググラウンド、世代、経験を持った社員が多いチームであるため、ダイバーシティな環境での業務ができます。 ・最新技術のキャッチアップのため、社外カンファレンスへの積極参加を奨励しています。 ・社内イベント(技術勉強会)や課内の定例ミーティングなどで、幅広い世代、バッググラウンドのメンバーと情報交換ができます。

■エンタープライズアーキテクト/ロジスティクスエキスパート

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■ポジション紹介 KADOKAWAグループのDigital Transformationを支える、エンタープライズサービスの全体設計をいただくアーキテクトを募集します。 Digital Transformationを実現するICTへの投資の要件定義のほか、システム化のアーキテクチャのデザインをご担当いただきます。 業務要件の面では、ビジネス部門、生産・販売管理部門、ロジスティクス部門、人事総務部門など、 各事業部門と連携しながら、実現可能性を視野に入れたBPRを、業務および技術面におけるアーキテクトとしてサポートいただきます。 テクニカルな面では、アプリケーションエンジニア部門、インフラエンジニア部門、情報システム部門等と連携し、 コストパフォーマンスの良い実現方法の設計をリードする役割を担っていただきます。

■カスタマーサクセス

■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社にはKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について / 業務内容】 カスタマーサクセスチームは、グループ全体の経営/事業スピードを高めるために、これらの基盤の導入をKADOKAWAグループとしての構想・計画段階から推進することをミッションとしております。また、一般的にカスタマーサクセス部門は営業職やカスタマーサポートのようなイメージを持たれる方も多いと思いますが、KADOKAWA Connectedのカスタマーサクセスチームでは、顧客の成功体験を導くことに主軸を置いており、コンサルタントとして事業会社に対して業務コンサルティングサービスやITコンサルティングサービスを提供しています。サービスの提供先は主にKADOKAWAグループですが、外販として外部のお客様にも同様のサービスを提供しております。 ■ビジョン(Why) 顧客の成功を通じて、全社Visionの実現を後押しすること ■ミッション(What) 顧客とサービス提供者のコミュニケーションのHUBとなり、KADOKAWAグループのDXを実現に導くこと <業務内容の具体例> 出版事業のBPR支援 出版業務に関わる、Employee Success、Creator Success、Consumer Successを実現するため、関係各所とDX推進を実施 DX推進のベースとなるサービス化推進やコミュニケーション改革支援(コミュニケーション設計、グループ社員向けのDX推進勉強会実施など) ABW*業務の支援 総務・人事・ICT横断チームの運営、業務改善コンサル、全社サービスメニュー運営など  *ABW:Activity Based Working の略。仕事内容に合わせて「時間」と「場所」を自由に選択できる働き方のこと KDX道場*の 外販 これまで蓄積してきた知見を、KADOKAWAグループ外へ販売することを通じた、日本の事業会社におけるDX推進の支援  *KDX道場:詳しくはこちらをご覧ください!        https://kdx.co.jp/service02/ ★カスタマーサクセスチームのメンバーが本を出版しています!  4コママンガと解説を中心に、新しい時代の働き方、考え方の提案から具体的なITツールの使いこなし術まで紹介しています。   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000052179.html ★カスタマーサクセスチームで活躍する社員のインタビュー記事です!ぜひご覧ください。   https://kdx.co.jp/career/interviews/motoko_watanabe.html ★カスタマーサクセスチームのブログ記事です!ぜひご覧ください。   『事業会社におけるDXの秘訣 - ツールをテコにコミュニケーション改革を実現する』    https://engineering.kdx.co.jp/entry/2020/11/04/120000   『事業会社におけるDXの秘訣 - ボトムアップのコミュニケーション設計の肝』    https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/10/06/190000

■プロジェクトマネージャー

■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社にはKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■ポジション紹介 KADOKAWAグル―プは、デジタルトランスフォーメーション(DX)により、ユーザー視点で事業を変革する組織となることが、グループ全体の重要テーマだと考えており、実現のためにはプロジェクトマネージャーの存在が不可欠です。 今回はプロジェクトマネジメント体制の増強を目的に、新規メンバーを募集いたします。 ●お任せする業務の内容 ・プラットフォームおよびインフラのサービス開発のゴール設定、スケジュール管理、日々のコミュニケーション管理 ・適切なKPIを設定し達成を管理 ・本部、部の方針に沿ったビジネスのリズムをチームに根付かせる仕事 ・ITサービスの運用プロセスの改善 ・本部および部全体の日々のビジネスプロセスの改善 ●ご担当いただく領域例 ・アプリケーション開発/運用 ユーザ基盤改革を目的とした、アプリケーション開発のマネジメントに従事いただきます。 BtoCサービスのバックエンドシステムについて、要件定義から、設計、開発、品質保証、リリース、運用保守のマネジメントをいただきます。 ・社内システム構築/運用 業務系・勘定系の基幹システムや、社内情報管理システムについてマネジメントをいただきます。 他にも既存の非デジタルな業務やデジタルを使いこなせていないサービスのDXのためのシステム開発もあります。 ・インフラ基盤構築/運用 KADOKAWA Connectedは、KADOKAWAグループのインフラ基盤構築/運用を担っております。 グループにとって最適な形を目指しインフラ改革を進めており、ソフト/ハードそれぞれのインフラ基盤構築についてマネジメントをいただきます。 ・PMO体制の構築 プロジェクトマネジメントの品質向上を目的に、PMO部門を社内に設けております。 ガイドライン作成や各種テンプレート作成、ツール選定のほか、ナレッジ展開/浸透にも従事いただきます。 ご担当いただく業務は、双方の意向やご本人様の適性、面接の中でのコミュニケーション内容を総合的に判断のうえ決定いたします。 ●チーム体制 組織長:1名 メンバー:9名 当求人はメンバーの募集となります。なおメンバーのPM経験年数の中央値は5年前後です。 ●社内利用ツール(一部抜粋) ・Slack ・GitHub Enterprise ・Atlassian社製品(Confluence,JIRA) ◇ブログ:KADOKAWA Connectedの事業推進を支えるPMO部の仕事内容とは? https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/01/28/120000

□EUC Management Director(部門責任者)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■ポジション紹介 KADOKAWAグループでは従業員の労働生産性を高めることを目的に、ICTを駆使した働き方改革を進めており、KADOKAWA ConnectedではKADOKAWAグループの従業員に対して各種ICTサービスを提供しております。 そのような中で、EUC & Cyber Security部では、グループで働く全ての従業員に、利便性とガバナンスのバランスがとれたEUC((End User Computing))サービスを提供し、利用者と運用者からのフィードバックとテクノロジーの進化に応じ、継続的かつ高速にサービス拡充と改善を行いながら、利用者の生産性最大化に貢献することで、従業員の就業体験価値(Employee Experience)の向上を追求することをミッションとしております。 本ポジションでは、部門責任者として経営やCxOと意見を交えながら、KADOKAWA Connectedが提供しているサービスをフル活用した上で、最新の技術や利用者視点の課題などを踏まえ、中長期の社内システムのロードマップや投資計画の立案していただきます。 また、グループ企業向けのICTサービスの戦略の検討〜設計〜全体推進、実現までを推進する組織のマネジメントに従事いただきます。 また、部門を牽引いただきつつ、必要な場合はご自身がICTコンサルタントとして立ち回っていただいたり、部門に必要な人材を採用・育成していただくことで、グループ全体のICTサービスを充実させると同時に、コストダウンも行っていただきたいと考えております。

□UI/UXスペシャリスト

【KADOKAWAグループについて】 KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、 幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、 イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、 世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ 【会社紹介】 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、 KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、 その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。 よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や 「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について】 Engineer Lab部では、KADOKAWAグループがもつメディア(ザテレビジョン、ウォーカープラス、レタスクラブなど)のWebサイトの開発や運営のほか、 KADOKAWAグループの業務系システムの開発、支援を行っています。 <ミッション> KADOKAWA Connected が推進するKADOKAWAグループのデジタルトランスフォーメーションに、Engineeringで貢献できる強力なチーム(モノづくり集団)を提供する <ビジョン> 全ての開発メンバーが、働きやすい、活躍できる、チャレンジしたくなる、ような開発チームであること 【業務内容】 UI/UXスペシャリストとして、Engineer Lab部の担当サービスに関して、UI/UX設計からフロントエンドコーディングまでの業務を担当いただきます。 単なる画面デザインのみでは無く、UI/UX設計プロセスをベースに、エンドユーザーや顧客から設計に必要な情報を引き出し、最終的にUXとユーザビリティに十分配慮したUIを設計し、そこから画面デザインに昇華することをお願いします。 システム開発での主な担当範囲としては、要件定義フェーズでは、ワイヤーフレームやモックを作成しつつ、UI/UX設計の観点で要件を取り纏めて頂き、設計フェーズではUI/UX要件から画面デザインに落とし込んでいき、実装フェーズでは実際に画面の静的実装を行って頂くところまでを考えております。 上記以外に関しましても、既存Webサイト向けに必要なクリエイティブリソースの作成やSEO対策、Webマーケティングなど、スキル次第で幅広くご活躍いただける方を探しております。

□インフラエンジニア(プライベートクラウド)

■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について / 業務内容】 KADOKAWAグループは数千台の仮想マシンを擁し、オンプレミス/プライベートクラウドなどを含む大規模なインフラ基盤を自社で開発/運用しています。 Managed Service部ではKADOKAWAグループ内に対し、より効率よく安定的に業務を行うためのインフラを提供しており 標準化/可視化/自動化によるコスト削減と安定性の向上をミッションとしています。 今回募集をしているSRE課では、KADOKAWAグループ内のクラウド構築/運用/保守を担当しています。 システム運用における本番作業を中心に、定常的に稼働している既存システムをメンテナンスすることや継続的な改善や手法の立案によって、高品質なサービスを提供しています。 今回の募集では、インフラ基盤の構築/運用保守を行うエンジニア職を募集します。 以下の業務の具体例にもあるとおり、単純な作業を手順通りにこなすのではなく、より効率よく業務を行うための継続的な改善や手法の立案も行っていただきます。 また、KADOKAWAグループ内だけではなく社外の関係者とも密に連携し、サービスメニューの追加や変更といった見直しを行っていただきます。 その過程で、インフラの構成や設計に関わっていただくこともあり、インフラエンジニアとして幅広い業務に携わることが出来ます。 <業務の具体例> ・Infrastructure as Codeの導入や継続的な標準化の実施によるオペレーション業務改善、SLA向上 ・インフラ基盤リプレイスに伴う移行設計、進捗管理 ・アプリ開発チームとの共同検証などのサービスリリースまでの支援 ・小規模プロジェクト管理業務 ・非定型業務の実施とチームメンバーフォロー など 【キャリア開発の機会と得られる経験】 ・物理インフラからミドルウェアまで、業務の中で幅広い経験を積むことができます。また、システムに関する相談窓口となる機会も多く、様々なステークホルダーと関わることができます。 ・KADOKAWAグループでは、大規模なインフラ基盤を自社で開発/運用しているため、オンプレミス/プライベートクラウドなどを問わず、より効率よく、安定的に業務を行うための継続的な改善や手法の立案を行っていただけます。 ・様々な世代、経験を持った社員が多いチームであるため、ダイバーシティな環境での開発経験ができます。 ・最新技術のキャッチアップのため、社外カンファレンスへの積極参加を奨励しています。 ・社内イベント(技術勉強会)や課内の定例ミーティングなどで、幅広い世代、バッググラウンドのメンバーと情報交換ができます。

□コーポレートエンジニア(アーキテクト)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■ポジション紹介 KADOKAWAグループでは従業員の労働生産性を高めることを目的に、ICTを駆使した働き方改革を進めており、KADOKAWA ConnectedではKADOKAWAグループの従業員に対して各種ICTサービスを提供しております。 このたび、従業員の日々の業務推進を、ICTから支えるコーポレートエンジニア(アーキテクト)を増員募集いたします。 【具体的な仕事例】 ・コミュニケーションツール、コラボレーションツールの全体設計(Google Workspace・Slack・Confluence、その他各種サービス) ・上記ツールの環境整備 ・上記ツールの運用設計 ・上記ツールのKADOKAWAグループでの利用促進施策の検討と推進

□コーポレートエンジニア(デバイスサービスマネージャ)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■ポジション紹介 KADOKAWAグループでは従業員の労働生産性を高めることを目的に、ICTを駆使した働き方改革を進めており、KADOKAWA ConnectedではKADOKAWAグループの従業員に対して各種ICTサービスを提供しております。 このたび、従業員の日々の業務推進を、ICTから支えるコーポレートエンジニア/デバイスサービスマネージャを増員募集いたします。 【具体的な仕事例】 ・従業員向けPCサービス(企画、設計、導入、運用)の推進 ・従業員向けデバイスサービス(SmartPhone,Tablet等の企画、設計、導入、運用)の推進 ・上記サービスの品質/コストマネジメント ・ベンダーマネジメント

□システムアーキテクト/エンタープライズ

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■職務内容 KADOKAWAグループのDigital Transformationを支える、エンタープライズシステムのシステムアーキテクトを募集いたします。 KADOKAWAグル―プは、デジタルトランスフォーメーション(DX)により、3つの基盤(ユーザー基盤、組織コミュニケーション基盤、製造・物流基盤)を改革し、 ユーザー視点で事業を変革する組織となることが、グループ全体の重要テーマだと考えています。 これらの根幹の1つである、エンタープライズシステムの最適化にも注力しており、そのスピードを高めるために、メンバーを増員募集いたします。 ■具体的な仕事内容(例) ・システム要件定義 ・基本設計/詳細設計 ・アーキテクチャ設計 ・利用技術の選定 ・開発/運用計画の策定 など ■ご担当いただくプロダクト(例) ・営業支援システム、販売支援システム、契約管理システム、人事システム、会計システム、経理システム、物流システム、製造システム、MDMシステムなど ※ご担当いただくプロダクトは、双方の意向やご本人様の経験/適性、面接の中でのコミュニケーション内容を総合的に判断のうえ決定いたします。 ◇ブログ記事 総合エンターテインメントから創造される日本の文化をエンジニアリングで支えるやりがい|KADOKAWA Connectedで働く意義って何だろう https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/10/08/113000

□ソリューションアーキテクト

【会社紹介】 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、 KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、 その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。 よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や 「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ 【募集部門について】 Engineer Lab部では、KADOKAWAグループがもつメディア(ザテレビジョン、ウォーカープラス、レタスクラブなど)のWebサイトの開発や運営のほか、 KADOKAWAグループの業務系システムの開発、支援を行っています。 <ミッション> KADOKAWA Connected が推進するKADOKAWAグループのデジタルトランスフォーメーションに、Engineeringで貢献できる強力なチーム(モノづくり集団)を提供する <ビジョン> 全ての開発メンバーが、働きやすい、活躍できる、チャレンジしたくなる、ような開発チームであること 【業務内容】 ソリューションアーキテクトとして、Engineer Lab部で新たなシステム化の検討や既存システムの分析、システム要件定義を行っていただきます。 顧客ニーズやストラテジストが提示した事業計画、解決すべきビジネス課題や品質に対して、求められるシステム像や解決策を主に技術面から検討して具体化、実際に開発がスタートしてからは、Engineer Lab部のアーキテクトや外部ベンダーと連携して、目標とするシステムの実現に向けて推進をお願いします。 基本的には、システム開発における全体設計(システム開発におけるシステム要件定義や基本設計、開発計画の策定、システム基盤や採用技術、開発手法の選定など)を取りまとめいただきつつ、ベンダー調整やエンジニアからの技術的な質問に関する対応やコードレビューなど、幅広くご活躍いただける方を探しております。 【技術スタック】 Python,Scala,TypeScript,JavaScript,Node.js,MySQL,AWS,Jenkins,git,Slack,JIRA,Confluence,Google WorkSpace等 利用技術は、開発対象に最適なものを都度アーキテクトが中心になって検討/導入しています。 【仕事環境】 チーム人数:5−10名 リモートワーク環境:あり OS:Mac, Windowsのどちらか希望 PCスペック:CPU core i7, Memory 16GB, SSD 256GB キーボード:英字可 エディタ:指定なし

□データベースアーキテクト/マスタデータマネジメントシステム

【KADOKAWAグループについて】 KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、 世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ 【会社紹介】 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、 KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、 その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。 よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、 最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」 とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【業務内容】 募集部門のIDS部(Integrated Data Service部)は、KADOKAWAグループのデータを活用したDXを推進する部門として KADOKAWAグループ内の各事業におけるビジネス課題に対してデータソリューションを提供しています。 <ビジョン> AIにはできない、人間のコンテンツの世界を明らかにする <ミッション> ・データ活用に必要な人材・アナリティクス・データをグループに最適な形で調達します ・データ活用を成功させグループ全体に展開していくためのソリューションを提供します ・データ活用に効率的、効果的、健全に行うためのマネジメント体制の構築を支援します 本ポジションでは、株式会社KADOKAWAのマスタデータを管理する基盤システムの構築と運用に携わっていただきます。 <具体的な業務内容> ■MDM(マスタデータ管理)システムの要件定義  ・社内のステークホルダーにヒアリングを行い、MDMに対するビジネス要件、システム要件を定義します。  ・マスタデータのライフサイクルおよび、それに紐づくビジネスプロセスも社内のステークホルダーと連携し定義します。 ■マスタデータのデータモデリング  ・管理するマスタデータのスキーマやメタデータを設計します。  ・管理するマスタデータに最適なデータストアを選定します。 ■MDMシステムおよび他システムとの連携機構の設計・選定  ・MDMシステムおよびMDMシステムと連携する他システムとの連携機構を設計し、RFP(提案依頼書)を作成します。  ・上記システムと機構について、内製・外注・既製品の導入のどれを選択するかも検討します。 ■MDMシステムの受け入れテスト・導入支援  ・導入するMDMシステムの受け入れテストを行います。  ・導入するMDMシステムが、社内のステークホルダーに実際に正しく利用されるよう支援します。 ◇ブログ記事 KADOKAWAグループでのデータエンジニアリングを担うIntegrated Data Service部の仕事とは? https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/08/27/113000

□プリンシパルエンジニア(データプラットフォーム領域)

【会社紹介】 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、 KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、 その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。 よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、 最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」 とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【業務内容】 KADOKAWA Connected(KDX)のデータプラットフォーム領域を技術的にリードするエンジニアとして、複数のシステム開発に参画いただきます。 データプラットフォーム領域では、データレイクへのデータの送信システムやETL/ELTシステム、アカウント管理システムなどを、複数のチームで分担して開発しています。 ・時として複数チームにまたがる、エンジニアリング上の問題をリードし解決に導くこと ・技術的なロードマップに関して、Chief Data Officer(CDO)やストラテジストに対して見解を示し、かつロードマップの執行を推進すること ・システムがより高品質なアーキテクチャ・実装に変化していくような施策の立案と執行を行うこと ・ビジネス上の課題に対してシステムが常に進化し続けられる開発体制をリードすること 本募集は、上記のような一連の活動に関する幅広い裁量と責任を与えられたエンジニアを募集するものです。 補足として、KDXでは労務管理や人事評価がラインマネージャに分離されているため、ある種リーダー的な業務でありながら技術的な関心事に集中していただける組織になっています。 データプラットフォーム領域では分野特有の技術(例えばApache Spark, Apache Airflow, Fluentdなど)が採用されていることもありますが、「この機能をどのように整理してサーバサイドアプリケーションとして実装すればいいのだろうか」といった、一般のサーバサイドシステムの課題も数多くあります。 そのため、本募集では、採用時にデータ分析に典型的に用いられるソフトウェアに習熟していることは求めませんが、一方でサーバサイドシステムの開発について高度な技術力を期待します。新たにデータエンジニア・データ分析の世界に挑戦したいサーバサイドエンジニアの方の応募も歓迎いたします。 また、KADOKAWAグループは様々な事業を有しているため、データ分析に関するニーズや取り扱うデータの種類は多種多様です。リアル店舗のPOSデータやWebサービスのアクセスログ、書籍・映像作品といったコンテンツに関するメタデータといった様々な媒体のデジタルとアナログ両データを対象にしていかなければなりません。したがって他社の事例も踏まえつつも、我々独自のデータプラットフォームはどうあるべきかのTo Be像を共に模索し、さらなる技術的工夫を積み上げていく姿勢が求められます。 ◇ブログ記事 KADOKAWAグループでのデータエンジニアリングを担うIntegrated Data Service部の仕事とは? https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/08/27/113000

◇BizManagement部 部長候補

【業務内容】 BizManagement部の部門責任者候補を募集します。 部門責任者として、財務会計・管理会計・キャッシュマネジメント・契約・購買・法務・内部統制・KPI作成/管理などのコーポレートサービスにおける全体統括マネジメントをお任せします。 社長およびCFOを主とする経営メンバーと強いリレーションを保ちつつ、部門の統括および各コーポレートサービスにおける戦略策定~実行までを推進していただくことを期待しています。 また、部門における専門家としてのみならず、事業の主体者として適切なリスク管理や判断を実施する業務プロセスの全体設計~運用落とし込みまでを遂行していただくことも期待してます。 さらに、部門を牽引いただきつつ、 部門に必要な人材を採用・育成していただくことで、全社のコーポレートサービスを充実させると同時に、コストダウンも行っていただきたいと考えています。 【募集部門について】 BizManagement部は、今後、非連続な成長を遂げる会社としての基盤を創るために、経営状況の可視化を支えていくことや 就業環境(オフィスの整備にとどまらず、契約書の管理、名刺作成など)を整備し、社員が快適に働ける環境を作り維持すること、 様々な契約関係にまつわる業務や請求管理など、ミッションが多岐にわたります。

◇事業管理担当 / Business Management Department

■KADOKAWA Connectedについて 上記のようなグループとしての目標を実践していく上で、デジタルトランスフォーメーションの戦略的な推進こそが、グループ全体の成長エンジンであるものと位置付けています。 そのため、KADOKAWAの戦略子会社として、2019年4月にKADOKAWA Connectedを設立いたしました。 KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、 働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や、「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ 【募集部門について】 BizManagement部は、今後、非連続な成長を遂げる会社としての基盤を創るために、経営状況の可視化やそれを支える経理基盤の構築、会社が快適に運営されるように法務・内部統制の整備、事業部門の契約や請求に伴う各種手続き支援などをミッションが多岐にわたります。 当社は立ち上がりから3年目という若い会社故に、まだまだ未成熟な組織というのが現状です。 そんな中、今後様々な変化を乗り越え事業を拡大していく上で、BizManagement部が担う役割は重要になっています。 【業務内容】 各事業部の予算・実績を管理し、各事業部が正確な最新の事業状況を把握し、意思決定できる体制構築をご担当いただきます。 <具体的な業務について> (1) 事業戦略をベースとした予算策定(売上計画・原価計画・人員計画・設備投資計画等と各KPI)の支援、および実績管理 (2) 予実管理/予実分析  ・効率的に予実管理/予実分析ができるような業務の設計/構築/運用・改善まで担当いただきます。 (3) 各種報告資料の作成  ・KADOKAWAグループの役員や事業部門責任者向けの報告資料を適宜作成します。 【チーム体制】 部門長1名 / メンバー4名 当社は2019年に設立されたKADOKAWAのICT戦略子会社です。各事業部が提供しているサービスが拡大しており、従来の事業管理体制の見直しを行い、地盤構築を行うことが求められています。今回の募集では、現メンバーとともに当社の事業管理を構築/推進してくださる方を募集いたします。

◇人事 (人事企画リーダー候補)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、 Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、 ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、 KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■KADOKAWA Connectedについて 上記のようなグループとしての目標を実践していく上で、デジタルトランスフォーメーションの戦略的な推進こそが、グループ全体の成長エンジンであるものと位置付けています。 そのため、KADOKAWAの戦略子会社として、2019年4月にKADOKAWA Connectedを設立いたしました。 KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、 働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や、「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■業務内容 KADOKAWA Connectedの事業推進を支える、人事企画を中心となってリードしていただきます。 本求人は、人事・人材戦略の立案・実行、人事制度の構築・運用・改善、データ基盤の整備・活用により組織の成長に寄与するポジションです。 加えてHRTech領域もご担当いただき、テクノロジーを活用したEmployee Successを実現を推進したいと考えています。 今回は、人事部門の体制増強を目的に新規メンバーを募集いたします。 ■ご担当いただく業務 これまでのご経験や適性に応じて以下のような業務をお任せします。 ◯人事企画  ・人事・人材戦略(採用~育成~評価処遇~卒業の方針、人材ポートフォリオ等)の企画・運営  ・人事制度(等級・評価・報酬制度)・各種人事施策の企画・運営 ◯HR Tech推進  ・人事データの基盤整備・活用施策の検討  ・社員・マネジャー・経営層向けのツール企画・運用 またキャリア志向次第では、採用、教育、人事労務などの領域に業務範囲を広げていただくことも可能です。

◇人事 (労務リーダー候補)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、 Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、 ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、 KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■KADOKAWA Connectedについて 上記のようなグループとしての目標を実践していく上で、デジタルトランスフォーメーションの戦略的な推進こそが、グループ全体の成長エンジンであるものと位置付けています。 そのため、KADOKAWAの戦略子会社として、2019年4月にKADOKAWA Connectedを設立いたしました。 KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、 働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や、「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■業務内容 現在当社には約200名の直雇用社員が在籍しており、給与計算事務/社会保険事務全般を、業務委託を含み4-5名程度のチームで行っております。 当社の人事部門では、Employee Successの観点で、従業員が安心して働ける環境を整備し、また従業員の生産性向上を支援することをゴールとしています。 具体的には下記の労務領域の業務のSO(サービスオーナー)として、チームの業務が円滑に進むよう、オペレーションの改善設計やトラブル対応を担当いただきます。 【労務領域の業務】 1.労務   給与社保、入退社手続き、勤怠・労働時間、福利厚生 等 2.組織改定・異動   組織改定手続き、異動・出向・転籍、契約更新・正社員化・各種休職/復職 等 3.安全衛生   定期健康診断、安全衛生委員会運営、ストレスチェック 等 4.規程・制度関連   人事制度・就業規則等の部分改定・メンテナンス、労使協定等の手続き等 5.個別労務対応 ※1~3は、統括およびイレギュラー対応が中心です。 【使用ツール】 ・社内コミュニケーション…Slack ・社内ドキュメント管理 …Google WorkSpace・Confluence ・人事労務管理システム …Smarthr ・勤怠管理システム   …クラウドログ またキャリア志向次第では、採用、教育、人事労務などの領域に業務範囲を広げていただくことも可能です。

◇人事(中途採用担当者)

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、 Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、 ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、 KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■KADOKAWA Connectedについて 上記のようなグループとしての目標を実践していく上で、デジタルトランスフォーメーションの戦略的な推進こそが、グループ全体の成長エンジンであるものと位置付けています。 そのため、KADOKAWAの戦略子会社として、2019年4月にKADOKAWA Connectedを設立いたしました。 KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、 働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や、「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■業務内容 KADOKAWA Connectedの事業推進を支える、中途採用担当者を募集いたします。 メディアとICTに深く関わるKADOKAWA Connectedでは、変化の早い外部環境にいかに適応するかが事業推進にあたり非常に重要な要素です。 それを実現するためには、強固な人事体制を構築し、適切な人事サービスを社内へデリバリすることが必要不可欠です。 今回は、採用体制の増強を目的に新規メンバーを募集いたします。 ■ご担当いただく業務 ①~③の中途採用における、採用企画/母集団形成からオファー提示/フォローまでの一連の採用活動を中心となってリードいただきます。 その他、季節的に増加する新卒採用業務④に関しても、別の担当者と遂行をお願いします。 ①採用要件の定義 ・中途採用市場のマーケット調査 ・経営層や各事業部長との採用要件の定義決め ②採用計画の立案~実行 ・現場の課題ヒアリング~求人票作成 ・各採用チャネルを通した母集団形成(エージェント、ダイレクトソーシング、リファラル等) ・リクルーティングプロセスの改善 ・選考開始から採用決定までのコミュニケーションプランの設計 ・採用広報やブランディングに関わる企画~運営 ・採用のオペレーションを行うビジネスパートナーとの連携 ・面談・面接 ③効果検証 ・採用施策全般の効果検証 ④新卒採用 実務補助 ・新卒採用 採用計画立案・企画 ・新卒採用広報(HP見直し、求人票作成、各種メディア入稿 等) ・新卒採用母集団形成(各種スカウトツール運用、学校訪問・合同企業説明会、面談会 等の施策検討・実施 等) ・候補者面談実施 ・内定者フォローイベント参加 またキャリア志向次第では、制度設計や教育、人事労務などの領域に業務範囲を広げていただくことも可能です。

◇総務担当(企画開発・運用) / コーポレートサービス

■KADOKAWA Connectedについて 上記のようなグループとしての目標を実践していく上で、デジタルトランスフォーメーションの戦略的な推進こそが、グループ全体の成長エンジンであるものと位置付けています。 そのため、KADOKAWAの戦略子会社として、2019年4月にKADOKAWA Connectedを設立いたしました。 KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、 働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や、「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■募集部門について KADOKAWA Connectedは、人の生涯生産性を高めるための支援をする企業ですが、そのためには、まず社員全員が理想的に働ける環境をつくることです。 Corporate Service課は、社員全員のさまざまな「面倒」を解消し、理想的に働ける状態とするための就業環境を整備し、社員が快適に働ける環境を構築・維持することをミッションとしております。 当社は立ち上がりから3年目という会社故に、まだまだ未成熟な組織というのが現状です。 今後、KADOKAWA Connectedが非連続な成長を遂げる会社としての基盤を創る上で、Corporate Service課が担う役割は重要になっています。 ■業務内容 コーポレートサービス(総務) の企画開発/運用担当 を募集します。 ご経験に応じて、以下の業務などをお任せいたします。 現在、案件の新規立ち上げや、リニューアルの機会が多いため、企画から運用まで幅広いバリューチェーンに関わることができます。 1.オフィスファシリティ 業務環境に必要なファシリティ 備品、什器といった「モノ」から、警備、清掃といった「サービス」まで含む の提供、新 拠点の構築、コスト管理を行います。 社員が必要なモノ・サービスを揃えるための仕組みを作り、不足する状況の回避を目指します。 2.契約チェック 契約書のテンプレートの管理、記載内容のチェック、プロセスの整備を行います。 必要最低限のプロセスで社員が契約を締結できるように、ムリ/ムダ/ムラの排除を目指します。 3.サービスデスク 部署のさまざまな業務について、社員から一元的に質問・相談を受け付けるサービスデスクの企画・開発・運用を行います。 どこに聞いたら良いかわからない問題や回答までの速度を固定化することで、スムーズな問題解決を目指します。 4.非定型業務の定型化 プロジェクト計画の作成、プレスリリースの作成、運用フローの作成、リリース、運用を行います。 定型化を行うことで、品質の固定化や属人性の排除、業務の定量化を行うことを目指します。

○2023年新卒採用(エンジニア)

○2023年新卒採用(エンジニア)
KADOKAWA Connectedは、「ニコニコ」を含むKADOKAWAグループのWebサービス/システムのインフラや、アプリケーション/データ解析基盤の開発・運用のほか、ICTコンサルティングや働き方改革支援の実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービス提供などを手掛ける、エンジニアリングの会社です。 あなたの技術力や適性、感性により下記のような業務に取り組んでいただきます。 ◆アプリケーションエンジニア KADOKAWAグループで開発運用しているソフトウェアの開発や、社内業務アプリケーションの開発に従事いただきます。開発分野は大きく3つがございます。 - KADOKAWAのBPRに伴う、新規システム開発および既存システムへの機能追加 - 弊社が独自に推進するR&D(研究開発)案件に伴う新規システム開発 - レガシーシステムの運用更改に伴うアプリケーション開発 仕事紹介 https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/07/06/120000 ◆データエンジニア・データサイエンティスト グループ横断でデータを軸としたビジネス推進ができる環境構築を目的に、データプラットフォームの企画開発/運用やユーザログ等のデータ分析に従事いただきます。 仕事紹介 https://engineering.kdx.co.jp/entry/2021/08/27/113000 ◆インフラエンジニア KADOKAWAグループのプライベートクラウドの設計/構築/運用に携わっていただきます。サーバ、ストレージ等ハードウェアの最適化のほか、インフラのオペレーション自動化等に従事いただきます。 仕事紹介: #CloudNative https://engineering.kdx.co.jp/archive/category/CloudNative #DataStore https://engineering.kdx.co.jp/archive/category/DataStore #Network https://engineering.kdx.co.jp/archive/category/Network   配属業務・領域は、ご本人の希望/適性と会社としてご依頼したいことを総合的に検討のうえ、新卒研修後に決定いたします。 事業紹介 https://kdx.co.jp/career/services/ 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ ■基本給(予定) ・大学院卒・ポスドク:月給300,000円 ・大卒・高専専攻科卒:月給280,000円 ・高卒・専門卒・高専卒・短大卒:月給260,000円 ※高度なスキルや国内外での実績をすでにお持ちの方で、それらを入社後の実業務において活かしていただけると認められる場合は、上記の給与に関わらず個別設定することがあります。 理論年収 例:大学院卒の場合 月給300,000円×16か月=4,800,000円 ※理論年収の算出にあたっては、年間賞与を見込んだ金額とし、夏季・冬季賞与はそれぞれ基本給の 2ヵ月分として算出しております。ただし、初年度は初回の夏季賞与は算定期間外の為、支給がありませんので、予めご了承ください。その他諸手当は、「福利厚生」欄をご確認ください。 ■選考フロー 1.エントリー/書類提出 当ページの「応募する」をクリックし、エントリーフォームに以下情報をご登録ください。 <ご登録いただきたい内容> ・名前 ・メールアドレス ・現所属 (例:●●学校 ●●科) ・年齢 ・最終学歴 (例:●●学校 ●●科 2023年3月卒業見込み) ・電話番号(推奨:携帯電話番号) ・履歴書の項目  ※履歴書データ(PDF)を添付ください。   フォーマットは指定なし、顔写真は任意となります。 ・職務経歴書の項目  ※エントリーシート情報( https://kdx.co.jp/entrysheet/ )へアクセスし、   設問をテキストエディタ等にコピーのうえ、それぞれに回答してください。   回答したPDFファイルをエントリーフォームの「職務経歴書」の項目にアップロードください。 ・応募先へのメッセージ  ※当社新卒採用の募集を知ったきっかけを記載ください。 2.書類選考 3.面接(3回:Web形式) 4.内々定

●オープンポジション

■KADOKAWAグループについて KADOKAWAグループは創業以来、時代の変化に合わせて業態を変革しながら、出版に留まらず、映画、アニメ、ゲーム、グッズ、動画コミュニティサービス、Webサービスなど、幅広く事業を展開し、ザテレビジョン、ウォーカープラス、コミックウォーカーやニコニコ(niconico)をはじめとする、多様なコンテンツやサービスを創出しています。 また、2020年11月には、埼玉県所沢市に「ところざわサクラタウン」をグランドオープン。新オフィスや書籍製造・物流工場に加え、イベントスペース、ホテル、ショップ、レストラン、ミュージアムなどを展開する日本最大級のポップカルチャー発信拠点を誕生させました。 「ところざわサクラタウン」を中核とするコトビジネスの展開を含め、KADOKAWAグループが有するコンテンツとテクノロジーの力を駆使し、世界に類のない総合エンターテインメント企業を目指して、挑戦を続けています。 KADOKAWAグループ ポータルサイト https://group.kadokawa.co.jp/ ■会社紹介 KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立された KADOKAWA Connectedは、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWAグループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICTコンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。 当社はKADOKAWAの子会社として立ち上がり3年目に入りましたが、まだまだベンチャー企業としての成長ののびしろしかありません。よって、一緒に会社/サービスを成長させていく機会が目の前に転がっています。 『日本の文化をベースに働く人々の「生涯生産性」を、最高に高めるためのソリューションを提供する企業となる』という企業理念に共感いただける方や「エンジニアリングを通じて課題解決をしていきたい」とお考えの方と一緒に仕事ができることを私たちは嬉しく思います。 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction 社員インタビュー https://kdx.co.jp/career/interviews/ メディア掲載実績 https://kdx.co.jp/news/ ■オープンポジションについて 以下のいずれかに該当する方は当オープンポジションにご応募ください。 ・どのポジションに応募するか迷われる方 ・現在募集しているポジションにはない仕事へ就くことに強い想いがある方 ・ご経験を最も活かしていただける見込みのポジションをKADOKAWA Connectedから推薦してほしいとお考えの方 ご登録内容を拝見し合格の方には、 ご希望とご経歴にマッチしたポジションを弊社からご案内いたします。