株式会社Showcase Gig 全ての求人一覧PM / ディレクター の求人一覧
株式会社Showcase Gig 全ての求人一覧

PMM(プロダクトマーケティングマネージャー)

PMM(プロダクトマーケティングマネージャー)

当社は「未来の消費体験を創出すること」をミッションに、次世代の店舗を創出するプラットフォームとしてモバイルオーダーサービスの開発をおこなっています。 当社のモバイルオーダーサービスは飲食・小売業などの実店舗において深刻な問題となっている「人手不足」と、国策としても推進されている「キャッシュレス」双方の課題を解決できるプロダクトとして提供しており、すでに全国約4000店舗に導入されています。 さらに直近はコロナ禍において、飲食店の非接触注文・決済を実現するシステムとして期待が寄せられていることから、プロダクトはより一層グロースフェーズにあり、この成長をプロダクトマネージャーとして牽引いただける方を募集します。 【業務概要】 『どんなプロダクトやどんな機能があれば売れるか』と『どうやって売るのか』を考えることに責任を持ちます。市場浸透におけるマーケティング戦略、プライシング戦略、新製品の企画、パートナーシップ、販促プロモーションなど、各ステークホルダーと連携しながらサービスの成長を牽引していただきます。 市場浸透におけるマーケティング戦略、プライシング戦略、新製品の企画、パートナーシップ、販促プロモーションなど、各ステークホルダーと連携しながらプロダクトの成長を牽引していただきます。 【業務詳細】 ・自社、市場、競合他社分析等に基づいた課題抽出とプロダクト企画 ・成長領域の事業拡大に向けたマネタイズ戦略の立案・推進 ・開発機能/サービス選定~要求定義書の作成 ・ステークホルダー(エンジニア、デザイナー、セールス、サポート部門)との調整 ・各部門と連携した、販売運用プロセスの構築及び運用 【プロダクトについて】 これからの店舗の「当たり前」を生み出すプラットフォームを提供しています。 ・O:der ToGo:テイクアウトサービス https://business.oderapp.jp/lp/togo/ ・O:der Table:店内飲食向けサービス https://business.oderapp.jp/selfu/ ・O:der Kiosk:次世代タッチパネル型 注文決済端末 https://business.oderapp.jp/kiosk/
NO IMAGE

サービス戦略室(モバイルオーダーサービス)

サービス戦略室(モバイルオーダーサービス)
当社は「未来の消費体験を創出すること」をミッションに、次世代の店舗を創出するプラットフォームとしてモバイルオーダーサービスの開発をおこなっています。 当社のモバイルオーダーサービスは飲食・小売業などの実店舗において深刻な問題となっている「人手不足」と、国策としても推進されている「キャッシュレス」双方の課題を解決できるプロダクトとして提供しており、すでに全国約4000店舗に導入されています。 さらに、コロナ禍においてセルフオーダーシステムのニーズが急拡大したことを背景にオーガニック検索だけでも多くのお問い合わせをいただいており、拡販に向けてSaaSモデルを意識したセールスプロセスの整備も急務となっています。収益プロセスを最適化するために、部門間連携を高める組織作りからサービス戦略に至るまでの幅広い業務をお任せしたいと考えています。 【業務概要】 『どんなプロダクトやどんな機能があれば売れるか』と『どうやって売るのか』を考えることに責任を持ちます。市場浸透におけるマーケティング戦略、プライシング戦略、新製品の企画、パートナーシップ、販促プロモーションなど、各ステークホルダーと連携しながらサービスの成長を牽引していただきます。 【業務詳細】 ・自社、市場、競合他社分析等に基づいた課題抽出とプロダクト企画 ・PLを意識したマネタイズ戦略の立案・推進 ・既存サービスへの機能提案、市場要求仕様書の作成 ・ARRを意識したマーケティング施策の企画実行 ・各部門と連携した、販売運用プロセスの構築及び運用 ・ステークホルダー(PdM、デザイナー、セールス、サポート部門)との調整
テクニカルプロジェクトマネージャー

テクニカルプロジェクトマネージャー

テクニカルプロジェクトマネージャー
弊社のプロダクトは、テイクアウト注文のモバイルオーダーサービス「O:der ToGo」や、テーブルオーダーサービス「O:der Table」といったサービスと、そのサービスが利用するプラットフォームから成り立っています。 お店に来店されるお客様はもちろん、システムを利用して飲食店を運営するスタッフさんも重要なユーザーとなります。どちらかだけでは成り立たないプロダクトで、双方に等しく目を配ることが大変重要となります。 そのどちらもフォーカスをして開発することで、私達の普段の飲食体験がより良いものになります。そこで、次世代の飲食体験を創っていくために、開発チームとともにプロダクト開発を推進していただけるプロジェクトマネージャーを求めています。 【役割】 自社プロダクトのO:derに関わる開発プロジェクト全般のプロジェクトマネジメントをお任せします。 O:der事業としては、「O:der ToGo」「O:der Table」といったプロダクトの機能開発や改善に加えて、各プロダクトの共通基盤である「O:der Platform」としてPOSなどの外部システムとの連携機能開発、店舗従業員様向けアプリの機能開発など、多様な開発プロジェクトがあります。 それぞれの機能がコンポーネントとして分割されており、各コンポーネントを担当するチームがそれぞれ互いに協調しあいながらプロジェクトを進めています。 プロジェクトマネージャーとして開発プロジェクト全体を俯瞰していただき、O:der事業全体の開発プロジェクトの進行管理や、チーム間のコミュニケーションのハブとなっていただき、開発がスムーズに進むような働きかけや仕組みづくりをお任せしたいと考えています。 【業務詳細】 - 開発プロジェクトのQCDに責任を持って推進する - 社内外の開発者及び関係チームとコミュニケーションを図りプロダクト開発を推進 - リリース後の運用における改善や提案 - スクラムなどのアジャイル開発を推進し、開発チームをサポートする 以下のような業務は役割に含まれません(ご興味ある場合は大歓迎です) - コーディング - ピープルマネジメント(1on1、目標設定など) 【関わるメンバー】 所属組織におけるマネージャーポジションのメンバーや、 各開発チームのリーダーとやり取りすることがメインなので、 プロダクトを動かす重要な立ち位置となります。自社メンバーで構成された開発チームであり、熱量高くプロダクト開発を行えます。以下は一例となります。 - PdM とスケジュール・ロードマップすり合わせする - チームリーダーと進捗把握する・スケジュール・ロードマップ相談 - 技術担当マネージャーと技術的な相談 【開発環境】 - 開発環境アップグレード制度(希望するガジェット、ライセンス等の購入費用) - MacBook Pro支給(キーボード言語選択可) - デュアルディスプレイ環境 ◇共通ツール - リポジトリ管理: GitHub - CI/CD: GitHub Actions - チケット管理: Jira - コミュニケーション: Slack 【各種リンク】 会社HP https://www.showcase-gig.com/ 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/showcasegig/showcase-gig Tech Blog https://note.com/scg_tech Showcase Gig blog https://note.com/showcasegig
プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー
当社は「未来の消費体験を創出すること」をミッションにサービス開発をおこなっています。 JRグループ各社やNTTドコモなどの株主や、サントリー、吉野家、トリドール(丸亀製麺)などの企業群とともに、未来の消費行動を生み出すプロダクトづくりを担ってきました。単なる受発注の関係ではなく、パートナーとしてレベニューシェアを前提に事業を共創する関係性を保って事業開発をしています。 これまでに、「TOUCH AND GO COFFEE」「JR九州アプリ」などの超大手企業へのサービス導入を実現してきました。 このポジションは、こうしたプロジェクトの開発PMとして、大手クライアントへの企画支援の上流工程から、KPI設計、要件定義、設計、開発、試験、運用まで一貫したプロジェクトマネジメント業務を担っていただきます。 当社の過去のサービス創出事例に基づくメソッドをお伝えしながら、他社にはないクオリティのデジタル&リアルのプロジェクトを経験できるポジションです。 【業務詳細】 ・企画や要件定義フェーズでのクライアント折衝 ・ドキュメント作成 (機能一覧、画面遷移図、画面設計書など) ・コンシューマファーストの目線を持ったプロダクトの構想の案出 ・社内外の開発者及びデザイナーとコミュニケーションをとりながらプロダクト開発を推進 ・プロジェクトの工程管理、実店舗におけるフィールドテストの計画・実施 ・プロジェクトのQCDに責任を持って推進 ・リリース後の運用や改善の提案
プロダクトマネージャー(O:der Kiosk)

プロダクトマネージャー(O:der Kiosk)

O:derプラットフォームを構成するプロダクトのひとつに、マルチペイメント対応・次世代タッチパネル型注文決済端末「O:der Kiosk」(キオスク端末)があります。 これは未来型店舗の構築を支援するモバイルオーダーと併用可能なセルフオーダー端末です。 当ポジションでは、キオスク端末の導入における企画支援の上流工程から、次世代の注文決済端末開発における企画、要件定義、設計、開発、試験、運用の幅広い業務をご担当いただきます。 【業務詳細】 ・自社ハードウェア製品(新規・既存)の企画、要件定義、設計 (機能一覧、画面遷移図、画面設計書などのドキュメント作成) ・O:der Kioskの開発、試験 (社内外の開発チームの工程管理、試験計画及び実施) ・O:der Kioskの保守、運用業務 【各種リンク】 会社HP https://www.showcase-gig.com/ 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/showcasegig/showcase-gig Tech Blog https://note.com/scg_tech Showcase Gig blog https://note.com/showcasegig
プロダクトマネージャー(O:der ToGo)

プロダクトマネージャー(O:der ToGo)

プロダクトマネージャー
テイクアウト注文のモバイルオーダーサービス「O:der ToGo」や、テーブルオーダーサービス「O:der Table」の開発および各プロダクトの基盤となるプラットフォームの開発を行なっています。 昨今のモバイルオーダーへの注目度の高まりや、テイクアウト需要の急速な増加を受けまして、弊社プロダクトに対する注目度は高まっており、導入店舗数も飛躍的に伸びています。 このタイミングで、プロダクトのリファインメントとアーキテクチャ刷新を進めていき、今後の機能拡張やプロダクト改善にスピード感をもって対応できる体制を整えていきたいと考えています。 弊社のプロダクトは、「O:der ToGo」や「O:der Table」といったサービスと、そのサービスが利用するプラットフォームから成り立っています。 ・「O:der ToGo」について O:der ToGoはテイクアウト注文のモバイルオーダーサービスですが、テイクアウトひとつとっても店内注文・店頭注文・店外注文といろいろあります。どのような注文形態であったとしても、注文から受け取りまで確実かつシームレスに商品が手元に届くようにしなければなりません。 お店に来店されるお客さまはもちろん、システムを利用して飲食店を運営するスタッフさんも重要なユーザーとなります。どちらかだけでは成り立たないプロダクトで、双方に等しく目を配ることが大変重要となります。 そのどちらもフォーカスをして開発することで、私達の普段の飲食体験がより良いものになります。そこで、次世代の飲食体験を創っていただき、顧客に正しく届けるプロダクトマネージャーを求めています。 【業務詳細】 プロダクトの企画 プロダクトの要求定義 ステークホルダー(エンジニア、デザイナー、セールス、サポート部門)との調整 プロダクトKPIの改善 プロダクトロードマップの策定 【開発環境】 開発環境アップグレード制度(希望するガジェット、ライセンス等の購入費用) MacBook Pro支給(キーボード言語選択可) デュアルディスプレイ環境 ◇共通ツール リポジトリ管理: GitHub, チケット管理: Jira, Redmine コミュニケーション: Slack ◇バックエンド 言語: Go, PHP フレームワーク: Laravel, FuelPHP, Node.js 構成管理: Terraform クラウド: AWS RDB: MySQL コンテナオーケストレーション: AWS Fargate, Kubernetes コンテナ仮想化: Docker CI: CircleCI ◇フロントエンド 言語: JavaScript,TypeScript フレームワーク: Vue.js,Nuxt.js エラー監視: Sentry 【各種リンク】 会社HP https://www.showcase-gig.com/ 会社紹介資料 https://speakerdeck.com/showcasegig/showcase-gig Tech Blog https://note.com/scg_tech Showcase Gig blog https://note.com/showcasegig