matsuri technologies株式会社 全ての求人一覧システム開発|Engineering の求人一覧
matsuri technologies株式会社 全ての求人一覧

システム開発|Engineering の求人一覧 - matsuri technologies株式会社

シニアエンジニア [開発部|正社員]

チームをリードしながら自社サービスのプロダクト開発を推進し、ビジネスサイドと連携して計画立案から実行までを担っていただきます。 また、プロダクトの成長に必要な施策を策定し、具体的なスケジュールに落とし込んで管理することで、プロダクトの持続的な成長を目指します。 ■具体的な業務 (1)チームリードと開発の推進    ◇チームメンバーのリード: チームのメンバーを指導し、彼らが持つスキルや経験を最大限に引き出す。    ・メンバー間のコミュニケーションを促進し、効率的な開発環境を構築。  ・コードレビューやペアプログラミングを通じてメンバーの成長をサポート。   ◇共同開発: 自社サービスのプロダクト開発をチームと共に進める。    ・新機能の設計と実装。  ・バグ修正や既存機能の改善。 (2)ビジネスサイドとの連携と計画立案    ◇要求分析: ビジネスサイドからの依頼を受けて、何を作るか、どうやって作るかを決定。     ・要求事項の詳細なヒアリングと要件定義     ・技術的な実現可能性の評価とリスクの分析。    ◇計画立案: プロジェクトのスケジュールを策定し、目標達成に向けたロードマップを作成。     ・マイルストーンの設定と進捗管理。     ・必要なリソースの割り当てと調整。 (3)プロダクト成長のための施策策定と管理    ◇施策の洗い出し: プロダクトを成長させるための戦略を立案。     ・ユーザーのフィードバックやデータ分析を通じた改善点の抽出。     ・市場動向や競合分析を基にした新機能の提案。    ◇開発スケジュールへの落とし込み: 施策を具体的なタスクに分解し、開発スケジュールに組み込む。     ・各施策の優先順位付けと実行計画の策定。     ・スケジュールに沿った進捗管理と柔軟な調整。    ◇管理業務: 開発プロセス全体の管理。     ・タスクの進捗確認と問題の早期発見・解決。     ・チームのパフォーマンス向上を目指したプロセス改善。 ■この仕事の魅力 幅広い業務: 複数のサービスを比較・設計することで、仕事の幅と深さを広げることができます。 最先端技術: モダンな開発環境での作業を通じ、最新の技術を習得し続けることができます。 影響力: 大規模プロジェクトに取り組み、事業の成長に直接貢献する機会を持つことができます。 仮説と検証: 事業成長のための仮説を立て、検証を行うプロセスを通じてスキルアップが可能です。 直接フィードバック: 自社開発プロダクトのため、ユーザーである事業部からのダイレクトなフィードバックを受け取り、改善につなげることができます。 以下が当社で開発している全てのプロダクトです。 全てが当社の物件運営のオペレーションに活用されています。 (1)「m2m Systems」 顧客管理ソフトウェア (2)「m2m Check-in」 無人チェックインソフトウェア (3)「m2m Core」 宿泊予約データ一元管理 (4)「m2m Inventory」 物品等の資産管理 (5)「m2m Operation」 清掃作業を一元管理 ■現在の特徴と課題 -特徴: マイクロサービスアーキテクチャの採用し、メンバー全員がプロダクトへの意識を持ちフルサイクル開発を実施しています。 ・課題: 物件数のスケールスピードに合わせた機能開発のスピード向上とリファクタリング、また個人力からチーム力をUPさせることが課題です。 ■開発環境 Backend:Golang Frontend:TypeScript,React,Next.js インフラ: ECS,S3,RDS,DynamoDB,Lambda,SNS,SQS,Cloud Watch Communication tool: Slack, Notion, GitHub その他: DataDog,Sentry,Docker,CircleCI,aws-cdk Actions,Dependabot,Storybook ■開発文化 本質を追求: 柔軟な思考で、常に本質を探求します。 小さく挑戦、すばやく失敗: 失敗を恐れず、素早く学び、改善していきます。 フィードバックと成長: 継続的に自己反省し、成長を遂げる文化を大切にしています。 ■開発フロー Notionを用いてBizの要望を共有。GitHub Issueでの技術的課題を共有し、プロダクト会で認識のすり合わせや進捗状況の共有しております ※平日の午後3時から「相談会」を実施。雑談、技術に関する相談、最近勉強したことの発表などをしています。

プロダクトオーナー [開発部|正社員]

当社のプロダクトオーナーの役割は、プロダクトの責任を担い、ユーザーや事業を深く理解しながら、プロダクトビジョンの策定や優先順位付けを行います。 プロダクトの例は以下の通りです。 (1) m2m-checkin 法律の要件を満たしつつ、ゲストのチェックインをサポートするプロダクトです。 (2) m2m-operation 現場作業の管理や指示を行い、清掃以外にも週に4000件発生する現場作業をコントロールします。 チェックインと清掃の件数は1年間で3倍に増え、現在は週2000件を処理しています。このグロース期に事業を拡大しつつ、業務を効率化しオペレーションをスケールさせることが求められます。 また、当社では主にBigQueryを事業部のデータベースとして使用し、GASやGoogle Spreadsheetと連携して業務を効率化しています。 ■この仕事の魅力 幅広い業務: 複数のサービスを比較・設計することで、仕事の幅と深さを広げることができます。 最先端技術: モダンな開発環境での作業を通じ、最新の技術を習得し続けることができます。 影響力: 大規模プロジェクトに取り組み、事業の成長に直接貢献する機会を持つことができます。 仮説と検証: 事業成長のための仮説を立て、検証を行うプロセスを通じてスキルアップが可能です。 直接フィードバック: 自社開発プロダクトのため、ユーザーである事業部からのダイレクトなフィードバックを受け取り、改善につなげることができます。 以下が当社で開発している全てのプロダクトです。 全てが当社の物件運営のオペレーションに活用されています。 (1)「m2m Systems」 顧客管理ソフトウェア (2)「m2m Check-in」 無人チェックインソフトウェア (3)「m2m Core」 宿泊予約データ一元管理 (4)「m2m Inventory」 物品等の資産管理 (5)「m2m Operation」 清掃作業を一元管理 ■現在の特徴と課題 -特徴: マイクロサービスアーキテクチャの採用し、メンバー全員がプロダクトへの意識を持ちフルサイクル開発を実施しています。 ・課題: 物件数のスケールスピードに合わせた機能開発のスピード向上とリファクタリング、また個人力からチーム力をUPさせることが課題です。 ■開発環境 Backend:Golang Frontend:TypeScript,React,Next.js インフラ: ECS,S3,RDS,DynamoDB,Lambda,SNS,SQS,Cloud Watch Communication tool: Slack, Notion, GitHub その他: DataDog,Sentry,Docker,CircleCI,aws-cdk Actions,Dependabot,Storybook ■開発文化 本質を追求: 柔軟な思考で、常に本質を探求します。 小さく挑戦、すばやく失敗: 失敗を恐れず、素早く学び、改善していきます。 フィードバックと成長: 継続的に自己反省し、成長を遂げる文化を大切にしています。 ■開発フロー Notionを用いてBizの要望を共有。GitHub Issueでの技術的課題を共有し、プロダクト会で認識のすり合わせや進捗状況の共有しております ※平日の午後3時から「相談会」を実施。雑談、技術に関する相談、最近勉強したことの発表などをしています。
プロダクトオーナー [開発部|正社員]