株式会社キャンサースキャン 全ての求人一覧エンジニア職種 の求人一覧
株式会社キャンサースキャン 全ての求人一覧

SREエンジニア

キャンサースキャンは、「人と社会を健康にする」のミッションの元、全国の自治体から集まる健診データやレセプトデータなどの医療データを分析し、対象者の抱える健康リスクに合わせたアプローチで予防医療の行動変容を生みだします。 当社では年々新規事業領域の拡大や、既存事業の売上が増えており、これに伴い新規プロダクト開発や、既存システムの拡張開発が増えてきています。 この流れに対応するため、各ポジションでエンジニアの採用を拡大しております。 現在、インフラエンジニア1名と開発エンジニアが協力して、インフラ領域の開発、運用、基盤整備を行なっており、今後各領域に専念できる環境・組織形態に移行していくためエンジニアを追加募集いたします。 【主な業務内容】 ・GCP、AWSを用いたシステムのインフラ開発、運用保守 ・開発環境、運用環境等のクライアント環境の標準化 ・インフラのコード化やドキュメンテーション ・新規サービス、新規プロダクトのサイジングやシステム運用設計 ・ISO/IEC27001、ISO/IEC27017等などセキュリティ認証の取得に関する対応 【主な開発環境】 ・GCP, AWS, Mac, Windows, iOS, Android ・Python3.x, HTML5, CSS3, javascript, SQL ・Terraform ・Flask, Django, Aurora, mySQL, Cloud Run ,BigQuery ・CircleCI, GithubActions, IAM ・Slack, Notion, backlog , Asana, Miro, draw.io Google Workspace 【エンジニアリング本部のミッション】 組織ミッションは「キャンサースキャンの事業で確実に安全に効率よくサービス提供できるプロダクトやツール・運用を提供する」です。 キャンサースキャンでは、小さく事業を初めて成功が確信できたら一気に領域を広げるような事業展開が多く、それぞれの事業はデータ分析やデータ活用を軸に成長・進化していきます。 こういった展開スピードが速い中、セキュリティ等を強固にするための堅牢性と事業を推進するスピードを維持する利便性のバランスをとりつつ、アナリストやエンジニアだけではなく、ビジネスサイドのメンバー含めて、誰でも安全にデータが使える環境を作っていきたいと考えています。 現在のエンジニアリング本部では下記3領域の開発を進めています。 ・データ分析基盤の開発・構築 ・オペレーション業務の支援システムの開発・構築 ・デジタルコミュニケーションを支援するシステムの開発・構築 【今抱えている課題】 ・システム開発やオペレーション開発で、スピード優先してきたため仕事の標準化や構造化が後回しになっている ・業務や機能に注力してきたため、スケーラビリティや性能面、セキュリティ面等の非機能要求の実装や対応が後付けになっている ・属人化や個別最適が進んでおり、全体最適の目線でガバナンスを取り戻す必要がある。 これらの課題を解決するため、インフラ領域のスペシャリストを増員しアプリ開発とインフラ開発のバランスが取れた継続的なデリバリーが可能な状態での開発組織に戻していく計画を進行しています。 【エンジニアリング本部】 33名 (正社員17名・派遣/業務委託16名) 【参考リンク】 CloudWatch Logsが個人情報保護の盲点になっていませんか? https://note.com/cancerscan_pr/n/n9991a9357a00 SREエンジニアに求められることとは? https://herp.careers/v1/cancerscan/VWUmCN3gG0Y6

データアナリスト

ヘルスデータの分析をもとに対象者の行動変容を促す、予防医療プロジェクトのプロフェッショナル
【データサイエンティストの新たな挑戦: 社会を健康に導く】 当社では、「人と社会を健康にする」のミッションの元、 全国の自治体から集まる健診データやレセプトデータなどのヘルスビッグデータの分析を行い、 抽出した対象者が抱える健康リスクに合わせた予防医療アプローチを行っています。 病気の早期発見・早期治療のため、対象住民の方の「行動変容」までコミットすることを目指しており、 分析の示唆をもとに対象者へのコミュニケーション施策を行うソーシャルマーケティングの専門チームとともに取り組んでいます。 私たちのチームは、「人と社会を健康にする」というミッションのもと、 健診データやレセプトデータなど、全国数百の自治体から集まるヘルスビッグデータを解析し、 社会に革新をもたらす予防医療アプローチを実現しています。 データサイエンスとソーシャルマーケティングの力を組み合わせ、 病気の早期発見と早期治療を可能にするために、住民の行動変容にコミットしています。 あなたの分析・プロジェクトマネジメントが、直接人々の生活を改善し、より健康な社会を作る一翼を担います。 ▼業務内容 介入事業において、顧客コニュニケーション・社内チーム間コニュニケーションを含めたプロジェクト全体の実務を担当していただきます。 あなたのコミュニケーション能力とオーナーシップが、プロジェクトの成果に直結します。 典型的なプロジェクトにおける工程としては以下のようなものがあります。 1.課題の特定/整理・要件定義 2.実装及び実行 要件に基づいて、介入対象者を抽出するアルゴリズムを実装・実行します 3.成果物作成 顧客ニーズに答えるため、プロジェクトごとに集計・可視化・統計分析・機械学習モデリングなどを行います 4.成果物のデリバリー 成果物を報告書に落とし込み、クライアントに報告します ※使用するデータは、主に特定健診の結果およびレセプトデータをメインとするヘルスビッグデータですが、これに限りません。 ▼開発環境 開発言語:Python コミュニケーション:Slack ドキュメント管理:Notion PC:MacBookPro ▼当社の魅力 ◎分析を通じて予防医療の社会実装にまで関われる 当社の予防医療事業は、対象者の方に健診受診や治療開始など具体的な行動変容を起こしてもらうことにこだわっています。 対象者への具体的なアプローチを行うソーシャルマーケティングの専門チームと連携をしながら、 分析の成果を社会実装していくところまで手触り感をもってかかわることができます。 ◎働きやすい環境を整備 フレックス制を導入しており、責任さえ果たせば働く場所や時間の自由度が高いことが特徴。 また効率的に業務を進めるためのインフラ投資を惜しみなく行う文化があります。 ◎研鑽しあえるチーム チームは研究職・コンサル・金融・メーカーなど様々な出身のメンバーが活躍しています。 勤務しながら大学の博士課程に在籍するメンバーや、京都大学公衆衛生大学院の研究員のポストをもらっているメンバーもおり、 知的刺激に満ち溢れたチームとなっています。 ▼キャリアプラン例 ・パブリックヘルス寄りの専門性の高い業務へのチャレンジ ・新規事業の設計開発 ・組織マネジメント など

データオペレーション

【データサイエンティストの新たな挑戦: 社会を健康に導く】 私たちのチームは、「人と社会を健康にする」というミッションのもと、 健診データやレセプトデータなど、全国数百の自治体から集まるヘルスビッグデータを解析し、 社会に革新をもたらす予防医療アプローチを実現しています。 データサイエンスとソーシャルマーケティングの力を組み合わせ、 病気の早期発見と早期治療を可能にするために、住民の行動変容にコミットしています。 あなたのオペレーション・分析が、直接人々の生活を改善し、より健康な社会を作る一翼を担います。 ▼業務内容 オペレーションチームでは、介入事業の勧奨対象者をシステムを通じて効率的かつ高品質に抽出する重要な役割を担っていただきます。 具体的には、社内チームとの綿密なコミュニケーションを通じて、 クライアント(主に自治体)からの要望に応えるための重症化予防策や後期健診受診の促進など、 自治体の住民を健康にする勧奨事業をサポートしていただきます。 さらに、システムの標準操作では対応困難な要望に対して、 Pythonを用いたカスタマイズやデータ加工を通じて解決策を提供する機会もあります。 1. ヘルスケアデータ授受* 2. 案件ごとにシステムの設定項目を変更** 3. システムの実行 4. 実行結果の共有 * 通常のシステム設定で行えないイレギュラーな対応が必要なときは、 python でのコーディングにより対応します ** 使用するデータは、主に特定健診の結果およびレセプトデータをメインとするヘルスビッグデータです。 ▼直近のPJ例 A自治体からヘルスケアデータを複数受領後、cloud のシステムに upload。 システムを実行する前に、標準仕様から疾患の重症化を判断するための閾値をA自治体仕様に若干修正。 ダブルチェック後にシステムを実行し、算出された勧奨対象者のリストを自治体とのやり取りをする担当者に共有。 ▼オペレーション担当チームの主な役割 ・効率的かつインシデントなく介入事業のデリバリーを行うこと ・効率や質を向上させるための課題解決 ・追加データ分析 ▼チーム構成 チームリーダー 1人 メンバー3~4 人想定 ▼募集背景 案件が増大するなか、オペレーションを効率的かつ効果的に行うためのチームを新設するため ▼IT Tools 開発言語:Python コミュニケーション:Slack ドキュメント管理:Notion PC:MacBookPro ▼当社の魅力 ◎分析を通じて予防医療の社会実装にまで関われる 当社の予防医療事業は、対象者の方に健診受診や治療開始など具体的な行動変容を起こしてもらうことにこだわっています。 対象者への具体的なアプローチを行うソーシャルマーケティングの専門チームと連携をしながら、 自社システムを活用し自らが対象者抽出をしたロジェクトで、多くの人を健康的な行動 (健診受診) に導くことができます。 ◎働きやすい環境を整備 フレックス制を導入しており、責任さえ果たせば働く場所や時間の自由度が高いことが特徴。 また効率的に業務を進めるためのインフラ投資を惜しみなく行う文化があります。 ◎研鑽しあえるチーム チームは研究職・コンサル・金融・メーカーなど様々な出身のメンバーが活躍しています。 勤務しながら大学の博士課程に在籍するメンバーや、京都大学公衆衛生大学院の研究員のポストをもらっているメンバーもおり、 知的刺激に満ち溢れたチームとなっています。

プロダクト開発チームリーダー

【事業開発】プロダクト開発チームリーダー【新設部門】
【会社概要】 当社は、「人と社会を健康にする」というミッションのもと、健診データやレセプトデータなど、全国数百の自治体から集まるヘルスビッグデータを解析し、社会に革新をもたらす予防医療アプローチを実現しています。 データサイエンスとソーシャルマーケティングの力を組み合わせ、病気の早期発見と早期治療を可能にするために、住民の行動変容にコミットしています。 ▼事業例 ・生活習慣病重症化予防事業:糖尿病・脂質異常症・高血圧などの生活習慣病の治療中断者や未治療者をデータから抽出し、ダイレクトマーケティングにより医療機関受診につなげます。 ・服薬適正化事業:処方されている医薬品情報を医療機関横断的に解析することで、重複や不適切な組み合わせの服薬が疑われる住民を抽出し、ダイレクトマーケティングによって薬剤師への相談・処方見直しを促します。 ▼業務内容 データサイエンス部門に新設される、プロダクト(サービス)開発を担当するチームのリーダーとして、チームのパフォーマンスの最大化にコミットしていただきます。 ▼プロダクト開発チームの主な役割 ・各事業の企画部門を中心に、営業やカスタマーオペレーションなどの関連部署と協働して、事業の戦略・プロダクト仕様の策定またはアップデートを行います。 ・アナリストやエンジニアとしての視点から、事業の価値やリスク、プロダクト開発・運用における技術的な実現可能性の評価及びリードを行います。 ・データ処理システム基盤の構築・メンテナンス、および運用のサポートを行います。 ▼直近のプロジェクト例 ・生活習慣病重症化予防事業における対象疾患拡大のアップデート ・後期高齢者健診の受診勧奨事業の新規立ち上げ ▼チーム構成 4名程度、平均年齢30歳 ▼業務イメージ  ・チームのシステム開発方針や設計の意思決定・技術的サポート ・各事業のプロダクト仕様のレビュー・承認 ・チームメンバーのプロジェクトアサインおよびプロジェクトの推進サポート ・事業企画に関連する技術調査や分析による仮説検証のデザインおよび実行 ・チームメンバーのピープルマネジメント ・データサイエンス部門の目標設定・モニタリング、メンバーの能力開発、採用活動 など ▼募集背景 当社では、顧客・案件数の増加と顧客ニーズの多様化に伴い、新規事業開発や、既存事業の拡張開発が増加しています。 事業のクオリティを担保する上で、企画段階からアナリストやエンジニアの視点を取り入れることは必須であるとともに、 複数の事業を横断的に管理して整合をとり、効率的・安定的に事業を運用することが求められていることから、 データサイエンス部門の組織体制を見直し、上記業務内容として記載したような役割を、独立したチームに集約することとしました。 ▼主な開発環境 ・開発言語:Python ・環境仮想化:Docker ・ソースコード管理:Github ・クラウドコンピューティング:AWS ・コミュニケーション:Slack ・ドキュメント管理:Notion ・PC:MacBookPro

リードエンジニア

事業拡大に伴い、あらゆるプロダクトの開発リードをお任せします
キャンサースキャンは、「人と社会を健康にする」のミッションの元、全国の自治体から集まる健診データやレセプトデータなどのPHRデータを分析して、予防医療の行動変容を生み出すベンチャー企業です。 プロダクト開発チームに所属いただき、当該プロダクトを技術面やアーキテクチャ面から開発ドライブする役割を担っていただきます。 若いエンジニアが多い組織なため、所属している開発チームに関わらず、エンジニア育成やエンジニア組織のレベルアップに関する業務にも関わっていただきます。 【主な業務内容】 ・GCPやAWSのクラウド技術を用いたデータ分析基盤開発のリード ・業務支援システムのアプリケーション基盤開発のリード ・技術方針や開発における技術/アーキテクチャ選定のリード ・エンジニアの技術力の向上 【主な開発環境】 ・GCP, AWS, Mac, Windows, iOS, Android ・Python3.x, HTML5, CSS3, javascript, SQL ・Terraform ・Flask, Django, Aurora, mySQL, BigQuery ・CircleCI, GithubActions, IAM ・BIツール、データ分析ツール ・Slack, Notion, Asana, Miro, Google Workspace 【募集背景】 ~事業規模拡大による組織強化~ キャンサースキャンでは年々新規事業領域の拡大や、既存事業の売上が増えており、これに伴い新規プロダクト開発や、既存システムの拡張開発が増えてきています。 開発案件の増加や、エンジニア組織の拡大に伴い、技術面で組織を牽引するリードエンジニアを募集いたします。 【ミッション】 目指すのは、「データを集約し効率的な分析ができる環境を提供することで、事業価値を最大化する」ことです。 まずは社内のアナリストが分析に集中できる環境を提供することがミッションですが、最終的に目指すのはその先にある「データの民主化」です。 顧客との窓口やプロジェクト全体の進行管理を行うビジネスサイドも含めて、誰でも安全に分析・オペレーションができるインターフェースを用意し、データの利活用が行える環境を作りたいと考えています。 【今抱えている課題】 ・やむを得ず手作業が必要なオペレーションフローがあり、更なるセキュリティ強化やインシデントリスク削減のために自動化を進めたい ・分析環境の品質向上やスケーラビリティが十分でなく、オペレーションと開発コストが増加 ・誰でも安全に分析・オペレーションできるインターフェースがなく、エンジニアしか作業ができない →これらを解決するため、オペレーションの自動化、分析環境の統一やクラウド化、非エンジニアにも分析可能なシステム開発などを進めています。 【エンジニアリング本部】 33名 (正社員17名・派遣/業務委託16名) 【キャンサースキャンの魅力と雰囲気】 ・「人と社会を健康にする」のミッションに共感した多種多様な業界の出身者が、それぞれのノウハウや知見を持ち寄り活躍しています。 ・働く場所や時間の自由度が高く、責任感と自主性が両立できます。 ・平均年齢は30代前半と若い会社で、男女比は5:5、柔軟な判断が行えて、フラットで発言しやすい環境です。