株式会社ビットキー 全ての求人一覧Engineering の求人一覧
株式会社ビットキー 全ての求人一覧

Engineering の求人一覧 - 株式会社ビットキー

10010:プロダクトマネージャー

▼ 募集背景 Bitkeyでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」・「workhub」という2つの「Connect Product*1」を提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。 各Productは最初のPMFを達成し、ここからより広く・多くのユーザーに安定的に価値を提供し続け、Marketのニーズを適切に理解しリードし続け継続的にPMFを達成していくフェーズになります。 複数のProductの中で0→1のプロダクトマネジメントもあれば、1→100へのプロダクトマネジメントもあります。 それらを確実に・それでも革新性をもって世の中を少しでも前進させるProductを世に届けるために、プロダクトマネジメント組織を立ち上げからプロダクトの進化まで一緒に創造できる方を募集しています。 *1・・・複数のProductをまとめた弊社が提供するサービスになります。SaaSやMobile App、ハードウェアが含まれます ▼ 魅力/特徴/やりがい ・製品創造を通じた価値提供  - プロダクトマネージャーとして、ハードウェアとソフトウェアの両方を通じて、ユーザーにとっての価値を創造する製品を設計・開発することができます。製品の最終的な目的はユーザーへの価値提供です。また提供するだけでなく、ビジネス組織とプロダクト組織の距離が近いため、顧客の生の声を聞く機会も多く、顧客からのフィードバックサイクルが早いのも特徴です。 ・ リーダーシップ  - チーム全体を通じてプロジェクトを推進し、製品ビジョンを具体化するために必要な意思決定を裁量を持って行うことで、リーダーシップ能力を磨くことができます。 ・クロスファンクショナルな連携  - 開発者、デザイナー、マーケティング、営業などの各部署と連携しながら、製品の戦略と実行をリードします。そのため、多岐にわたる視点とスキルを学ぶことができます。 ・ビジョンの実現  - 経営層が描くビジョンに共感し、それを具体化する製品戦略を立案・実行することで、事業の成功、会社全体の成功に直接貢献します。 ・継続的な学習  - 技術、市場、ユーザーのニーズは常に変化しています。プロダクトマネージャーとして、その変化に対応するために、常に新しいことを学び、新しいスキルを身につける必要があります。この継続的な学習のプロセスは、個人的な成長とキャリアの進展につながります。 ▼ 業務内容 ・ Bitkeyが提供するプロダクト(ソフトウェア・ハードウェア)の「Why・What・When」に責任を持ち、優れた体験を創造します。 ・ 顧客ニーズや市場動向を理解し、プロダクトのビジョンと戦略を明確に定義します。 ・プロダクトロードマップを作成し、その実行に必要なリソースを調整します。 ・チーム内外とのコミュニケーションを担当し、全体のプロダクト開発プロセスを進行します。 ・ビジネスチームと密接に連携を取り、継続的なプロダクトマーケットフィット(PMF)の達成を推進します。 ・経営層が描くビジョンに共感し、それを具体化するプロダクト戦略を立案・実行します。 我々はBtoC、BtoBtoC、そしてDtoCの領域で様々なプロダクトを取り扱っています。エンタープライズ企業からスモール企業、コンシューマーまで様々なビジネス領域において上記のような業務内容を遂行する機会があります。 ▼ 期待/課題/やっていきたいこと 会社として様々な領域にビジネスを展開していきたいと考えている一方で、そのために世の中に出したいプロダクトのVisionを描き、複数のチームと連携してプロダクトを実現し世の中に届けていくことをリードする人材が不足してます。 より広くマーケットに弊社のプロダクトを届けて行けるように、「Product Led Growth」のようなプロダクトの力で事業をもっと加速させていきたいと思っています。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10010:プロダクトマネージャー

10020:スタッフエンジニア

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円、従業員数は200名を超え、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 これに伴いシステムの規模も肥大化しており、今後の事業戦略を実現するための変化に強いアーキテクチャや開発生産性の向上を実現する必要が出てきました。 リプレイス、リアーキテクチャ、各種自動化、生成系AIを活用した開発標準作成および推進、またソフトウェアだけでなくファームウェアやハードウェアとの連携等、解決したい領域は多岐にわたります。 上記のような高度な技術課題を解決すべく、スタッフエンジニアを募集しています! このポジションでできることはとても幅広いので、まずは一度カジュアルにお話しできると嬉しいです。 【魅力/特徴/やりがい】 - 自身の強みを活かし、特定アプリケーションの実装から、組織全体の技術標準を構築、既存システムのリアーキテクチャ等あらゆる業務を自身で選択し推進することが可能 - ソフトウェア、モバイルアプリのみならず、ファームウェアやハードウェア開発等、多岐に渡る技術に触れる機会がある - 組織や社会への影響力が大きい技術的な成果を示して組織を動かす経験ができる - 自ら自由に技術的な課題を探索し、解決することができる 【業務内容】 - 開発組織における技術的な課題の探索から解決までの推進 - ストリームアラインドチームが顧客価値創造に集中できるような環境構築 - 経営層の提示する抽象度、難易度の高い技術的な課題の方針策定と解決 【期待/課題/やっていきたいこと】 プロダクト/技術軸/ドメイン領域などの責任範囲を意識しつつ、その内の1つの単位か複数の単位に対して以下のような役割を担っていただきます。 - 5-10年を見据えた、アーキテクチャ設計や技術的な意思決定 - プロダクト間連係・複数の基盤サービス/マイクロサービスを横断したプロダクト運営の安定化と各種自動化等その仕組みづくり - リファクタリング・リアーキテクチャの推進と実行 - チームのアウトプット(コード、設計、生産プロセス)向上 - その他、強みの技術を軸とした社内横断的な活動 【開発環境】 - 開発言語・フレームワーク:TypeScript, Node.js, React, Next.js, Go, Flutter, Swift, Kotlin, ReactNative - CI/CD:GitHub Actions, ArgoCD - クラウド:GCP, AWS,Azure - モニタリング:Grafana, Looker, Datadog - その他:GitHub, Jira, Slack, Notion, miro 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10020:スタッフエンジニア

10030:ソフトウェアエンジニア - フルスタック

スマートロックや顔認証技術を活用したプロダクトを開発し、住まいや働く環境をより便利にするサービスを創造/提供するスタートアップで働く、WEBエンジニアを募集しています。 ■□■ 業務内容 ■□■ ・スマートロックや顔認証技術を活用したWEBサービスの新規開発 ・モバイルアプリチーム、ハードウェアチームとの連携 ・CI/CDを含めた開発環境の構築・改善 ・より気持ちの良い・新規的な価値を実現するための、UI/UXチームとの協業 ■□■ 開発環境 ■□■ 開発言語:TypeScript, React, Next.js, Node.js インフラ:Firestore, Cloud SQL(Postgres), Cloud Functions, Cloud Run, etc. ■□■事業について■□■ 弊社は、人生における体験を3つの領域に分類し、事業を展開しています。 事業はToC/ToBの両方で展開しており、Home(暮らし)、Work(仕事/働く)、Experience(非日常体験/心が動く体験)と、3つのドメインを独自に定義しています。 それらは、Webサービス・モバイルアプリ・ハードウェアデバイス・それらを統合管理するデジタルキープラットフォームなど、多種多様なプロダクトやソリューションを組み合わせることで実現しています。 ▼▽▼ Home事業 ▼▽▼ この事業では、住居や日常生活に関わる全ての事柄をより快適で便利にするプロダクトやサービスの提供を目指しています。家庭用スマートロックの販売はもちろん、マンションのエントランスやスマートシティへ導入する顔認証ソリューション、それらを活用した不動産事業・配送事業におけるDX改善、不在時/非接触の家事代行やクリーニングサービスの提供にも取り組んでいます。 ▼▽▼ Workspace事業 ▼▽▼ この事業では、働く全ての人々が日々快適にオフィスやコワーキングスペースを利用し、コミュニケーションやコラボレーションを促進できるものを目指しています。スマートロックや顔認証を活用したオフィスでの入退室管理はもちろん、入館受付システム・エレベータやフラッパーゲートなどビル共用部も含めたアクセスコントロールサービス、カメラソリューションを活用した混雑状況・従業員位置情報の可視化、コワーキングスペースやワークブースでの会員管理/決済機能まで、多種多様なソリューションを提供しています。 ▼▽▼ Experience事業 ▼▽▼ この事業では、「Home(暮らし)」と「Work(仕事/働く)」を行き来する日常とは別に、特別な体験を重視する”非日常”を彩るプロダクトやサービスの提供を目指しています。例えば、テーマパーク、ショッピングモール、コンサートや映画館、ホテルなど、日常とはかけ離れて遊んだり、楽しんだりする領域が対象です。休日や祝日を最大限に楽しむ、大切な人と過ごす経験を素晴らしいものにするソリューションを企画構想中です。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10030:ソフトウェアエンジニア - フルスタック

10031:ソフトウェアエンジニア -フロントエンド

スマートロックや顔認証技術を活用したプロダクトを開発し、住まいや働く環境をより便利にするサービスを創造/提供するスタートアップで働く、WEBエンジニアを募集しています。 ■□■ 業務内容 ■□■ ・スマートロックや顔認証技術を活用したWEBサービスの新規開発 ・モバイルアプリチーム、ハードウェアチームとの連携 ・CI/CDを含めた開発環境の構築・改善 ・より気持ちの良い・新規的な価値を実現するための、UI/UXチームとの協業 ■□■ 開発環境 ■□■ 開発言語:TypeScript, React, Next.js, Node.js インフラ:Firestore, Cloud SQL(Postgres), Cloud Functions, Cloud Run, etc. ■□■事業について■□■ 弊社は、人生における体験を3つの領域に分類し、事業を展開しています。 事業はToC/ToBの両方で展開しており、Home(暮らし)、Work(仕事/働く)、Experience(非日常体験/心が動く体験)と、3つのドメインを独自に定義しています。 それらは、Webサービス・モバイルアプリ・ハードウェアデバイス・それらを統合管理するデジタルキープラットフォームなど、多種多様なプロダクトやソリューションを組み合わせることで実現しています。 ▼▽▼ Home事業 ▼▽▼ この事業では、住居や日常生活に関わる全ての事柄をより快適で便利にするプロダクトやサービスの提供を目指しています。家庭用スマートロックの販売はもちろん、マンションのエントランスやスマートシティへ導入する顔認証ソリューション、それらを活用した不動産事業・配送事業におけるDX改善、不在時/非接触の家事代行やクリーニングサービスの提供にも取り組んでいます。 ▼▽▼ Workspace事業 ▼▽▼ この事業では、働く全ての人々が日々快適にオフィスやコワーキングスペースを利用し、コミュニケーションやコラボレーションを促進できるものを目指しています。スマートロックや顔認証を活用したオフィスでの入退室管理はもちろん、入館受付システム・エレベータやフラッパーゲートなどビル共用部も含めたアクセスコントロールサービス、カメラソリューションを活用した混雑状況・従業員位置情報の可視化、コワーキングスペースやワークブースでの会員管理/決済機能まで、多種多様なソリューションを提供しています。 ▼▽▼ Experience事業 ▼▽▼ この事業では、「Home(暮らし)」と「Work(仕事/働く)」を行き来する日常とは別に、特別な体験を重視する”非日常”を彩るプロダクトやサービスの提供を目指しています。例えば、テーマパーク、ショッピングモール、コンサートや映画館、ホテルなど、日常とはかけ離れて遊んだり、楽しんだりする領域が対象です。休日や祝日を最大限に楽しむ、大切な人と過ごす経験を素晴らしいものにするソリューションを企画構想中です。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10031:ソフトウェアエンジニア -フロントエンド

10032:ソフトウェアエンジニア -バックエンド

スマートロックや顔認証技術を活用したプロダクトを開発し、住まいや働く環境をより便利にするサービスを創造/提供するスタートアップで働く、WEBエンジニアを募集しています。 ■□■ 業務内容 ■□■ ・スマートロックや顔認証技術を活用したWEBサービスの新規開発 ・モバイルアプリチーム、ハードウェアチームとの連携 ・CI/CDを含めた開発環境の構築・改善 ・より気持ちの良い・新規的な価値を実現するための、UI/UXチームとの協業 ■□■ 開発環境 ■□■ 開発言語:TypeScript, React, Next.js, Node.js インフラ:Firestore, Cloud SQL(Postgres), Cloud Functions, Cloud Run, etc. ■□■事業について■□■ 弊社は、人生における体験を3つの領域に分類し、事業を展開しています。 事業はToC/ToBの両方で展開しており、Home(暮らし)、Work(仕事/働く)、Experience(非日常体験/心が動く体験)と、3つのドメインを独自に定義しています。 それらは、Webサービス・モバイルアプリ・ハードウェアデバイス・それらを統合管理するデジタルキープラットフォームなど、多種多様なプロダクトやソリューションを組み合わせることで実現しています。 ▼▽▼ Home事業 ▼▽▼ この事業では、住居や日常生活に関わる全ての事柄をより快適で便利にするプロダクトやサービスの提供を目指しています。家庭用スマートロックの販売はもちろん、マンションのエントランスやスマートシティへ導入する顔認証ソリューション、それらを活用した不動産事業・配送事業におけるDX改善、不在時/非接触の家事代行やクリーニングサービスの提供にも取り組んでいます。 ▼▽▼ Workspace事業 ▼▽▼ この事業では、働く全ての人々が日々快適にオフィスやコワーキングスペースを利用し、コミュニケーションやコラボレーションを促進できるものを目指しています。スマートロックや顔認証を活用したオフィスでの入退室管理はもちろん、入館受付システム・エレベータやフラッパーゲートなどビル共用部も含めたアクセスコントロールサービス、カメラソリューションを活用した混雑状況・従業員位置情報の可視化、コワーキングスペースやワークブースでの会員管理/決済機能まで、多種多様なソリューションを提供しています。 ▼▽▼ Experience事業 ▼▽▼ この事業では、「Home(暮らし)」と「Work(仕事/働く)」を行き来する日常とは別に、特別な体験を重視する”非日常”を彩るプロダクトやサービスの提供を目指しています。例えば、テーマパーク、ショッピングモール、コンサートや映画館、ホテルなど、日常とはかけ離れて遊んだり、楽しんだりする領域が対象です。休日や祝日を最大限に楽しむ、大切な人と過ごす経験を素晴らしいものにするソリューションを企画構想中です。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10032:ソフトウェアエンジニア -バックエンド

10040:ソフトウェアエンジニア - bitkey platform

□■□ チームについて □■□ 弊社のコア技術であるデジタルキーを提供する基盤サービスの開発を行っています。社内の多くのサービスはデジタルキー技術を用いたものになっています。これらは、「homehub」「workhub」「exphub」で共通的に必要な技術であり、ビットキーのミッションである「connect everything」を実現する根幹となるプラットフォームです。 2022/11 現在は、1 pizza 程度 (3-5人) のチームで開発しています。1 週間のスプリント開発でスクラムライクな体制で開発を進めており、ペアタスクと個人タスク半々の環境で行っていきます。チーム内の役割はほとんどなく、全てのタスクを全員が対応できるような体制を目指しています。 □■□ 業務内容 □■□ ・プラットフォームの新規機能開発における要件定義、設計 ・プラットフォームで採用する要素技術の選定、比較、アーキテクチャ設計 ・プラットフォームの DevOps の設計・実践 □■□ 開発環境 □■□ バックエンド: Go データベース: Postgresql (AlloyDB への移行を計画中) ミドルウェア: Redis, Sendgrid, Google Cloud KMS CI / CD: GitHubActions, CircleCI インフラ: Google Cloud (GKEなど), Terraform モニタリング: Datadog, Cloud Monitoring, Grafana その他: GitHub, Jira, Slack, Notion, Gather □■□ いま抱えている課題 □■□ プラットフォームサービスのリリースから3年が経過し、お家からオフィスまで幅広い領域を支えるデジタルキーの基盤として成長してきました。しかし、それ以上のスピードでプラットフォームを利用するドメイン領域のサービスはますます多様化するとともに、プラットフォームがハンドリングすべきユーザー数、デバイス数、アクセス数は、事業の進展に伴って増加しています。 これからのプラットフォーム開発では、「homehub」「workhub」「exphub」の各種サービスを支えていくために、次の観点でさらなる進化が必要です。 ① スケーラビリティを追求していく ② 社内開発者の開発体験を向上させていく ③ 社内外の「コネクト」(認証認可連携・データ連携)を強化していく これらを達成するために、全体のアーキテクチャ・既存のアプリケーションの設計の見直しも含めて取り組んでいく予定です。高い技術力で bitkey のビジネスを支えつつ、各ドメインの根底にあるデジタルキーへの理解をプラットフォームに反映させ、成長させていく仲間を探しています。 □■□ 経験できること・得られるもの □■□ ▼ 新規開発から運用まで、インフラからフロントエンドまで幅広い開発ができます チーム内でインフラ、CI/CD、設計、実装(バックエンド、フロントエンド)幅広く経験することができます。Go を用いたAPIサービス開発をGKE上で展開しています。それらのリソースはTerraform を用いて管理し、GitHub Actions などでCI/CD管理も行っています。職能別の分割なくこれらに取り組むので、幅広い開発をすることができます。フロントエンド開発は、現状は多くありませんが、ID管理用の画面や顔認証用のiOS/AndroidアプリケーションのPoCなどを過去に開発しました。今後も領域にこだわらず幅広く開発し続けていきます。 ▼ 社内の特許技術を使って、会社の成長の核となるプラットフォームの開発ができます 特許技術である、デジタルキー技術をプラットフォームとして提供するサービス開発ができます。社内の基盤として非常に重要な部分に携わり、あらゆるドメイン領域を意識して開発する経験を積むことができます。 ▼ 認証認可技術を使った開発ができます 社内外を「コネクト」させていくために、認証認可関連開発は欠かせません。過去に OpenID Connect の ID Provider の認証も取りましたが、これからは「コネクト」の実現のために様々な認証認可方法に対応し、開発していくことになります。 □□□ チームから一言 □□□ 「全部やりたい」人来たれ! 溢れ出る知的好奇心とユーザー価値にフォーカスする姿勢を持ち合わせた方とぜひ一緒に「connect everything」の世界を作っていきたいです。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10040:ソフトウェアエンジニア - bitkey platform

10050:モバイルエンジニア - Tech Lead

【業務内容】 ・「homehub」または「workhub」モバイルアプリの開発(要件策定〜機能設計、フロントエンドからバックエンドまでの実装) - 全開発工程に参画いただきます ・CI/CDを含めた開発環境の構築・改善 ・より気持ちの良い・新規的な価値を実現するための、UI/UXチームとの協業 【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。 これらのサービスにおけるモバイルアプリを共に安定的に、かつ大きく成長させることのできる方を募集しています! 【魅力/特徴/やりがい】 ・要件定義から実装まで、一貫した開発フローの全てに取り組める - 開発者自身が最良の姿を思い描くことで、ユーザーに価値提供していきます。 ・モバイルアプリのFrontからBackend, CI/CDの構築に至るまでを築き上げる - 我々はプロダクトの価値実現に対して、領域を定めず実装していきます。 ・開発した機能群を日々の生活や業務の中でドッグフーディングすることで改善に繋げる - 世の中にはまだ存在しない体験をゼロから作り上げていき、それを自分で利用することで更に良いものへと練り上げていきましょう ・iOS / AndroidのNativeなAPI群をフル活用してプロダクトの機能を作り上げる - BLE / RFID / 顔認証(AR) / 位置情報(iBeacon) etc…多種多様な機能開発を経験できます。 【期待/課題/やっていきたいこと】 ・弊社サービスの思想を設計・実装に落とし込み、より優れた体験性の提供へと繋ぐことで事業を加速させたいと思っています。 ・現在モバイルアプリの開発メンバーは組織全体で8名となっており、中長期的な目線でhomehub / workhub 両プロダクトの更なる発展・安定を追求し、エンジニア組織の継続的な強化を行うべく、Engineering Manager / UnitLeader 候補者を積極的に募集しています。 ・また各種アプリケーションの全体像を把握した上で、専門領域に特化して技術的チャレンジの実施・技術的負債の解消に向けてチームをリードしていただくTech Lead 候補者も募集しています。 【チーム体制】 ・組織全体でモバイルアプリ開発者は8名おり、それぞれ4名ずつでアジャイルを採用しhomehub / workhubの開発を行っています。 さらにそれぞれの部隊にUI/UXチームが1-2名、プロダクトマネージャーが1名ずつ入ってチームを構成しています。 ・機能開発にあたっては業務内容の記載の通り、開発メンバーが主体となって要件策定から詳細設計までを行い、状況に応じてUI/UXチームやその他のステークホルダーを巻き込みながら理想の状態を定義・議論した上で実装に着手していきます。 ・時期や内容により変動はありますが、基本的には1Sprint = 1週間として2Sprintで開発・設計を行い、さらに1 ~ 2SprintのQA期間を経てリリースを行っています。 【開発環境】 Front:ReactNative(TypeScript) / SwiftUI / Swift / Kotlin / Flutter(Dart) Backend: TypeScript CI/CD:GithubActions bitrise クラウド:GCP その他:GitHub, Jira, Slack, Notion 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10050:モバイルエンジニア - Tech Lead

10051:モバイルエンジニア

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。 これらのサービスにおけるモバイルアプリを共に成長させることのできる方を募集しています! 【魅力/特徴/やりがい】 - 要件定義から実装まで、一貫した開発フローの全てに取り組める - 開発者自身が最良の姿を思い描くことで、ユーザーに価値提供していきます。 - モバイルアプリのFrontからBackend, CI/CDの構築に至るまでを築き上げる - 我々はプロダクトの価値実現に対して、領域を定めず実装していきます。 - 開発した機能群を日々の生活や業務の中でドッグフーディングすることで改善に繋げる - 世の中にはまだ存在しない体験をゼロから作り上げていき、それを自分で利用することで更に良いものへと練り上げていきましょう - iOS / AndroidのNativeなAPI群をフル活用してプロダクトの機能を作り上げる - BLE / RFID / 顔認証(AR) / 位置情報(iBeacon) etc…多種多様な機能開発を経験できます。 【業務内容】 -「homehub」または「workhub」モバイルアプリの開発 - CI/CDを含めた開発環境の構築・改善 - より気持ちの良い・新規的な価値を実現するための、UI/UXチームとの協業" 【期待/課題/やっていきたいこと】 弊社サービスの思想を設計・実装に落とし込み、より優れた体験性の提供へと繋ぐことで事業を加速させたいと思っています。 【チーム体制】 - 組織全体でモバイルアプリ開発者は8名おり、それぞれ4名ずつでアジャイルを採用しhomehub / workhubの開発を行っています。 さらにそれぞれの部隊にUI/UXチームが1-2名、プロダクトマネージャーが1名ずつ入ってチームを構成しています。 - 機能開発にあたっては業務内容の記載の通り、開発メンバーが主体となって要件策定から詳細設計までを行い、状況に応じてUI/UXチームやその他のステークホルダーを巻き込みながら理想の状態を定義・議論した上で実装に着手していきます。 - 時期や内容により変動はありますが、基本的には1Sprint = 1週間として2Sprintで開発・設計を行い、さらに1 ~ 2SprintのQA期間を経てリリースを行っています。 【開発環境】 - Front:ReactNative(TypeScript) / SwiftUI / Swift / Kotlin / Flutter(Dart) - Backend: TypeScript - CI/CD:GithubActions bitrise - クラウド:GCP - その他:GitHub, Jira, Slack, Notion 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10051:モバイルエンジニア

10060:インフラエンジニア

□■□ チームについて □■□ 弊社が創るスマートロックを始めとした様々なデバイスや連携する機器はネットワークにつながっておらず、その上「必ず動作すること」を保証しなくてはいけません。 このチームでは弊社が創る・Connectする多くの機器を継続的に価値あるものにするため、「必ず動くこと」を保証するために様々な事へ挑戦し、保証から「気持ちよく動く」提案まで行います。 □■□ 業務内容 □■□ - AWSのサービスを使ったIoTデバイス機器のマネージメント、基盤構築、監視運用 (AWS IoTをベースにしたIoT基盤の設計や開発 / 各種AWSサーバーレスサービスを用いたIoT連携機能の設計や開発) - workhub・homehubのIoTデバイス関連機能の企画・開発や連携機能の設計や開発 - LinuxベースのIoTデバイスの設計や開発 - IoTセキュリティの検証や設計や開発 - 顧客導入サポート・運用保守 - 新規IoTデバイスのPoC □■□ 開発体制 □■□ テクノロジードリブンでプロダクトの機能提案を行う事が出来ます。SaaSのバックエンドに位置するIoTデバイスおよびプラットフォームを扱っている性質上、複数のプロダクト/サービスから利用されるものになります。顧客の様々な導入環境によって構成や制約を受けますが、プロジェクトメンバーとの距離が近く一緒に顧客へテクノロジー面での提案を行う事が出来ます。 製品・基盤の企画から設計・実装・保守運用、導入サポートまで一連の業務を行うことが出来ます。 新しい技術の採用にも積極的であるため、アイディアさえあれば全く新しいシステム作りにもチャレンジできます。現在はIoTとの連携を前提にしたAIレコメンデーション機能の設計や開発に挑戦しています。 □■□ 開発環境 □■□ - 開発言語:Node.js / TypeScript / Go - CI/CD:Github Actions / PipeCD - IaC : CloudFormation / Terraform - DB:Firestore / AlloyDB / DynamoDB - Backend:Lambda / ECS Fargate / CloudFunctions / CloudRun / kubernetes □■□ いま抱えている課題 □■□ 日本全国に数十万台という機器が設置されている中、非常に少人数でIoTデバイス領域を見ているという状況です。また既存のIoTデバイス関連のみならず、アーキテクチャの刷新や新規IoTデバイスの検証やプラットフォーム開発も必要としています。助けてください! □■□ このチームで経験できること・得られるもの □■□ - AWSサービス・GCPサービスを積極的に利用できる - ネットワーク/セキュリティレイヤーまで経験できる - フロントの実装はSaaSなので、汎用的な機能設計から実装まで経験できる - ビジネスチームとのコミュニケーション □■□ Lead Engineer から一言□■□ 弊社ビットキーが掲げるビジョンであるConnect Everythingを根本から支えています。もちろん、IoTだけではプロダクトとサービスは成り立ちませんが、一方でIoTが正しく当たり前のように動かなければ、SaaS領域がどれほど頑張っても品質を上げきることはできません。 そういった屋台骨ともいえるようなIoT領域を支えるためには、単なるクラウド関連スキルや開発スキルのみならず、幅広い知識や技術が必要となります。 好奇心旺盛な方は大歓迎です! その多彩な興味をもって様々な技術を組み合わせ、Connect Everythingを広げていきましょう。そんな方を是非お待ちしております。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10060:インフラエンジニア

10061:IoT Platform Engineer

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円越、従業員数も200名越えとなり、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 弊社が創るスマートロックを始めとした様々なデバイスや連携する機器はネットワークにつながっておらず、その上「必ず動作すること」を保証しなくてはいけません。 このチームおよびポジションでは弊社が創る・Connectする多くの機器を継続的に価値あるものにするため、「必ず動くこと」を保証するために様々な事へ挑戦し、気持ちよく動き、お客様に対して継続的な価値を提供し続けるIoTレイヤーの設計や開発、運用を行います。 単なるプログラミングはむしろ少なく、アーキテクチャをゼロから考えたりすることも多く、設計スキルも高いものを必要とします。 クラウドレイヤーだけでなく、オンプレ側の知識、ネットワークやセキュリティ、オペレーティングシステムの動きなども踏まえた上での設計や実装が必要になります。 非常に幅広い技術スタックが要求されますが、一方でそういう幅広さを使って何かしらのシステムを世の中に生み出せる場は大変おもしろいはずです。 何か1つの技術に特化して極めたい人には向かないかもしれませんが、逆にたくさんのことに興味がある好奇心旺盛な人は非常に活躍できます。 たくさんのことをお伝えできますので、まずは一度カジュアルにでもお話できると嬉しいです。 【魅力/特徴/やりがい】 - 物理レイヤーからクラウド、セキュリティなどの上位レイヤーまで一気通貫に経験できる - ゼロベースのアーキテクチャ設計が可能 - マルチクラウドおよびハイブリットクラウド環境下でのアーキテクチャ設計経験 - 魅力的な新技術があればすぐに試して実戦投入できるスピード感 【業務内容】 - AWSのサービスを使ったIoTデバイス機器のマネージメント、基盤構築、監視運用  (AWS IoTをベースにしたIoT基盤の設計や開発 / 各種AWSサーバーレスサービスを用いたIoT連携機能の設計や開発) - workhub・homehubのIoTデバイス関連機能の企画・開発や連携機能の設計や開発 - LinuxベースのIoTデバイスの設計や開発 - IoTセキュリティの検証や設計や開発 - 顧客導入サポート・運用保守 - 新規IoTデバイスのPoC 【期待/課題/やっていきたいこと】 - 現行IoTプラットフォームの刷新 - アーキテクチャ的に特定ドメインに依存した箇所のリファクタリング - マルチクラウドおよびオンプレも跨った複数環境下におけるオブザーバビリティ向上 - スマートビルディング設計開発 - IoT関連の新技術のプロトタイピング 【チーム体制】 - チーム人数は3名で、IoTレイヤーの設計や開発、運用までを対応しています  - 時期や内容により変動はありますが、2週間 = 1Sprintとして開発〜リリースを実施 - 必要に応じて特定プロダクトのフロントエンドの開発も行います - 独自開発の教育コンテンツが存在し、チームジョイン後1-2ヶ月はそのコンテンツによるスキルアップフェーズになります  - 業務に必要なLinux / OS / Network / Security / IoT など多岐に渡るカテゴリの技術学習  - 複合課題や実践課題を経て実業務のタスクに取り組み始めるイメージです 【開発環境】 - 開発言語:Node.js / TypeScript / Go - CI/CD:Github Actions / PipeCD - IaC : CloudFormation / Terraform / CDK - DB:Firestore / AlloyDB / DynamoDB / RDS - Backend:Lambda / ECS Fargate / CloudFunctions / CloudRun / kubernetes - OS: Alpine Linux - Container: Docker / Podman - Others: miro / Notion 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10061:IoT Platform Engineer

10070:SRE (Site Reliability Engineering)

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円、従業員数は200名を超え、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 事業規模が拡大し、社会的責任が大きくなる中で、継続的な価値提供の重要性が高まり、 個人情報や鍵を扱う上で必須となる、高いレベルのセキュリティやサービスレベルの実現のため、SREが何よりも重要な状況が続いています。 加えて、自社製・他社製を問わないハードウェアデバイスを扱うためその難易度は高く、強いSREチームが欠かせません。更に、プロダクト、ターゲット、ソリューションのいずれも幅広く、複数の開発と並走する必要があるため、SREを自ら実践するだけでなく、そのEnablingも非常に重要です。 このような背景から、領域も組み合わせも多く、高いレベルを求められる対象に対して、自ら解決策を考え、実行・展開し、大きな問題解決ができる方を募集しています。 【魅力/特徴/やりがい】 - プロダクト開発チームと密にやり取りをし、一緒にSREができる - ソフトウェアからハードウェアまで横断したオブザーバビリティを高めるチャレンジができる - 全社一丸の目標として意識するSLI/SLOを定義・測定し、PDCAを主導できる 【業務内容】 以下を、SREチームとして、あるいはプロダクト開発チームと一緒に行っていただきます。 - SLI/SLOの定義 - SLI測定の支援 - SLOのモニタリング・アラーティング・定着の支援 - Datadogを活用したオブザーバビリティの向上 - クラウドインフラ(GCP/AWS)の設定・構成・運用の継続的な改善 - 開発サイクルの改善支援 - 定期リリースの改善支援 - その他、開発チームのDevOpsレベル向上のためのあらゆる施策・教育の提案と実行 【開発環境】 - 開発言語・フレームワーク:TypeScript, Node.js, React, Next.js, Go, Flutter, Swift, Kotlin - CI/CD:GitHub Actions, ArgoCD - クラウド:GCP, AWS,Azure - モニタリング:Grafana, Looker, Datadog - その他:GitHub, Jira, Slack, Notion, miro 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10070:SRE (Site Reliability Engineering)

10080:アナリティクスエンジニア - CRE

▼募集背景 事業規模や会社の評価に伴う社会的責任も大きくなる中、会社のミッション「安全・安心・便利につなげる」に加え、今後「継続的に」価値を提供できることの重要性が更に高まっています。 ビットキーのCREチームは、提供する各種プロダクトの利用において、「ユーザが不安・不満に感じることはないか」を定性・定量の両方でモニタリングし、技術的なアプローチを持って改善に当たることを目指しています。 CREチームの中でも、Analytics Engineerは、あらゆるユーザーに「継続的なカスタマーサクセス」を提供し、効率的かつ信頼性の高いデータ活用を全社に浸透させるべく、データ分析基盤(DWHやデータマート)の設計・開発・運用を行うため、今回の募集に至りました。 ▼業務内容 具体的には下記のような業務を担当して頂きます 【サービス分析】 ・ユーザの属性データやアプリ上の行動ログを用いた分析(離反要因分析等を実施) ・ユーザアンケートや問い合わせ内容 と 行動ログ等 を掛け合わせた定性×定量の分析(カスタマーサポート品質の評価等を実施) ・分析結果に基づくプロダクトや業務プロセスの改善提案 【プロダクト品質評価】 ・SLI/SLOを基にした品質評価 ・IoT製品などのハードウェア製品のデータを用いた製品の異常検知 と 検知ルールの分析評価(バッテリの低下検知等を実施) 【データ基盤構築】 ・データを社内で活用可能な状態にするためのデータ分析基盤(DWHやデータマート)の設計・開発・運用 ▼仕事の魅力・ミッション 【ミッション】 CREチームでは「顧客の不安をゼロにするために、顧客の課題を把握・計測し、技術的なアプローチで課題解決に役立つものを実装していくこと」をミッションとしています。 継続的なカスタマーサクセスを提供するための状態を4つに定義しています。  Level1・・・ツールのデジタル化  Level2・・・指標の定量化  Level3・・・業務の高度化  Level4・・・新たな価値の訴求 現在のほとんどの領域はLevel1〜Level2であり、「ユーザが不安・不満に感じることはないか」を定性・定量の両方でモニタリングしていくことが我々の主な役割となっています。 【魅力】 ・分析結果に基づくプロダクトや業務プロセスの改善提案ができる ・効率的かつ信頼性の高いデータ活用を全社に浸透させるべく、データ分析基盤(DWHやデータマート)の設計・開発・運用を1から行うことができる ▼組織体制 マネージャー2名、チームメンバー2名の組織です。 20代~40代まで幅広く活躍しています。 今回は、様々な部署のあらゆる業務の効率化、高品質化を目指してプロジェクトを推進していただいたり、データ分析基盤(DWHやデータマート)の設計・開発・運用を行っていただきたいと考えています。 ▼キャリアパスの一例 ・データサイエンティスト(データアナリスト含む) または データエンジニアリングのスペシャリスト ・事業フェーズによりますが、機械学習エンジニアやMLOpsのスペシャリスト ・カスタマーサクセスの推進やデータ活用の推進をリードしていくマネージャー ・プロダクトマネージャーへのキャリアチェンジ 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10080:アナリティクスエンジニア - CRE

10090:エンジニアリングマネージャー

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円、従業員数は200名を超え、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 これに伴い開発組織の規模も70名前後と順調に推移していますが、それに伴い組織で解決するドメインの広さや、稼働しているアプリケーションの構造は複雑度を増しています。 このアプリケーションを今後の事業拡大や新規事業発足に伴う変化に耐えうるよう再設計したり、運用するチームの認知負荷を適切にマネジメントする必要があり、またこの課題へ取り組みつつピープルマネジメントも希薄にならないよう取り組む必要があります。 この課題に取り組むエンジニアリングマネージャーが不足している状態のため、共にこの課題に取り組める方を募集しております。 【魅力/特徴/やりがい】 - エンジニア組織の「生産性」にコミットできます 一般的にVPoEが担うピープルマネジメントの価値は、その繊細さ、見えにくさ故に、必ずしも適切な評価がなされていないと考えています。その点、ビットキーでは「人と向き合うことがプロダクトの成功につながる」というスタンスが、成功体験を伴って経営方針として肯定されています。 - 自分の心に正直に、メンバーと向き合えます エンジニアが自己実現をして、この会社で働くことが人生にとって意味があってほしい。そんな、人間の力を信じる思いを本気で受け入れる経営方針があります。会社のために、管理職として部下に嘘をつく必要はありません。 - ご自身がプロダクト開発業務に関わりたい度合いを考慮し、管轄いただくチーム規模は相談の上決めることができます。 【業務内容】 - 事業・組織・製品ビジョンを組織へ浸透させていくための施策の企画と実行 - エンジニア組織に対する、組織計画、要員計画、採用計画の策定 - エンジニアの採用、育成、目標設定、評価、フィードバック - エンジニアリング組織としての課題解決や成長戦略の提案と実行 - エンジニアメンバーのwillの把握および自己成長/自己実現のフィールドの醸成 - エンジニアメンバーの成果の最大化とキャリア成長の支援 - 専門性理解や組織理解を深める社内イベントの企画と実施 ビットキーは、以下のマネジメント単位で組織構成しております。 - ユニット:1-5名程度 - チーム :1-3ユニット程度 - サークル:1-5チーム程度 ご自身がプロダクト開発業務に関わりたい度合いを考慮し、管轄いただくチーム規模は相談の上決めていきたいと考えております。 ユニットもしくはチームのマネジメントから参画していただくことを想定しています。 【期待/課題/やっていきたいこと】 会社として様々な領域の事業展開に応じて組織が拡大していくことが見込まれます。 そのためこの事業拡大へ追従できるような組織設計を整備することが急務となっていますが、ここを担当するマネージャーが不足しています。 この組織課題を、ご自身の得意なマネジメント領域で改善していただければと思っています。 【開発環境】 - 開発言語・フレームワーク:TypeScript, Node.js, React, Next.js, Go, Flutter, Swift, Kotlin, ReactNative - CI/CD:GitHub Actions, ArgoCD - クラウド:GCP, AWS,Azure - モニタリング:Grafana, Looker, Datadog - その他:GitHub, Jira, Slack, Notion, miro 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10090:エンジニアリングマネージャー

10100:スクラムマスター

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円越、従業員数 200名越えとなり、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 今後の中長期的なロードマップより事業ドメインの範囲が広まり、複雑度が高くなることが見込まれるため、スクラムを用いて顧客にとって最も価値のある機能から順に開発を進めています。 このことから、開発チームのパフォーマンスを最大限に引き出すためのスケールアップや自律化が求められており、スクラムの浸透やプロセスの整備をすることでこれを実現できる方を募集しています。 【魅力/特徴/やりがい】 - 専任スクラムマスターとしてプロダクト開発チームの自律性を高める活動に専念できる - VPoEにスクラムへの知見があるため、組織の課題について相談しやすい環境である - 希望があれば1チームではなく複数チームのアジャイルコーチなど、役割を柔軟に変更することができる 【業務内容】 現在組織運営とマネジメント業務は主にエンジニアリングマネージャーが担当しており、スクラムの実践に関しては、チームリーダーと各エンジニアが分担して進めています。 今後マネージャーがスクラムマスターの責務を移譲することによりメンバーのキャリアや隣接諸組織との調整に寄与したり、メンバーがよりプロダクト開発に集中できる環境を整備するためスクラムマスターとしてご協力いただきたいです。 【期待/課題/やっていきたいこと】 会社として様々な領域にビジネスを展開していきたいと考えている一方で、そのためにチームの自律性を高めるプロセスや環境の構築を専任できる人材が不足しています。 ビジネスをより広く展開するため、開発する環境をより健全な状態へ整備したいと思っています。 【チーム体制】 - 1チーム3-6名程度 - チームによって差異はあるが、1スプリントは1週間か2週間 【開発環境】 - 開発言語:TypeScript, React, Go - CI/CD:GitHubActions - フレームワーク:Next.js, Node.js - クラウド:GCP、AWS、Azure - モニタリング:Datadog, Cloud Monitoring, Grafana - その他:GitHub, Jira, Slack, Notion 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10100:スクラムマスター

10120:SET(Software Engineer in Test)

□■□ Workspace事業について □■□ ビットキーは、スマートロックや顔認証技術を活用したプロダクトを開発し、住まいや働く環境をより便利にするサービスを創造/提供するスタートアップです。 事業領域はToC/ToBの両方で展開しており、Webサービス・モバイルアプリ・ハードウェアデバイス・それらを統合管理するデジタルキープラットフォームを開発しています。”働く”環境においては、スマートロックや顔認証を活用したオフィスでの入退室管理はもちろん、入館受付システム・エレベータやフラッパーゲートなどビル共用部も含めたアクセスコントロールサービス、カメラソリューションを活用した混雑状況・従業員位置情報の可視化、コワーキングスペースやワークブースでの会員管理/決済機能まで、多種多様なソリューションを提供しています。 □■□ チームについて □■□ QA/QE/SETチームは、2022年10月に新しく出来たチームです。ビットキーにおけるプロダクトやサービスの価値を担保し、効率的かつ継続的にお客様へ届けることをミッションとしております。開発の上流からユーザーの価値づくりに参加し、機能がリリースされるまでの一連のプロセスをエンジニアリングによって支えます。目下、手動評価の工数を限りなくゼロに近付け、ユーザーの価値づくりに注力できる開発組織の実現を目指しています! 現在は、特に Workspace事業における、働く空間をアップデートする”workhub”というプロダクトに優先的に着手しています。新しいチームで心機一転働きたい方や、自動化に喜びを抱く方、ビットキーのコネクトという考え方を用いてユーザーの価値提供を最大化する営みに興味のある方、是非一度お話をしましょう! □■□ 業務内容 □■□ 新しいチームということもあって、課題は無限に存在します。 基本的には、以下のような業務からスキルや志向にマッチするものをチームで議論し、主体的におまかせしたいと考えています! - Webアプリケーションにおけるテストの自動化推進 - モバイルアプリケーションにおけるテストの自動化推進 - アプリケーションレイヤにおけるサービスレベルの保証 - 各種ツールを用いたE2E/Integration/Unitテストの自動化 - 各ドメイン領域におけるUnitテストの拡張、ならびに開発者の支援 - 検証環境構築の自動化・省力化 - リリースプロセスの自動化・省力化 - 設計・コードレビュー - 開発・リリースプロセスの継続的な改善 - … □■□ 技術スタック □■□ Platform: Google Cloud / Firebase / 一部IoTやデータ連携でAWSを利用 CI: GitHub Actions / Bitrise 言語・フレームワーク: Typescript / React / next.js / Express / ReactNative / Kotlin / Swift / eslint / swiftlint / ktlint / jest / XCTest / jUnit / fastlane / … テスト自動化ツール: 選定中 □■□ いま抱えている課題 □■□ 弊チームのいるWorkspace事業部は急成長をしており、ここ1年でユーザー数が9倍増加、デバイス数が3.7倍増加しております。急成長に伴い、ユーザー数/デバイス数だけでなく、それらと絡み合う機能も急速に拡大しております。しかしながら、そのほとんどの価値の担保は手動で行われております。これらの自動化・省力化を進めていくことが喫緊の課題となっております。 □■□ 経験できること・得られるもの □■□ 弊社サービスの特徴として、自社のハードウェアとソフトウェアを組み合わせて価値を提供しております。ソフトウェアの価値提供を担保するために、ハードウェアの領域も含めて検証をする経験は他でなかなか得難く、面白いと感じられると思います。また、チームの立ち上げ初期のフェーズであるため、チームビルドや様々なカオスを打倒していく経験も楽しめることと思います。 特にサービスの成長が著しく、実感を伴いながらプロダクトと共に成長していけます。 エンジニアとしてのスキルの底上げを求めている人や、特にwillが強い人にとってはいろいろなことにチャレンジのできる環境です! □■□ このチームが大切にしていること□■□ チーム立ち上げ初期ということもあり、整っていないことが山ほどあります。そのような中でも課題を自ら設定し、優先順位を考慮した上で、周囲と協調して自律的に動くことを特に大切にしています。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10120:SET(Software Engineer in Test)

10130:Test Engineer / QA Engineer

【業務内容】 担当プロダクトに対して、以下をお任せします。 • 開発プロセス上流でのユーザー価値/システム仕様のデザイン、レビュー • テスト計画、テスト設計、テスト実施、バグ報告による”広義のプロダクト開発” • 担当プロダクトにおけるエンジニア/カスタマーサクセスとの認識合わせ、協調 • Web、スマホアプリ及びバックエンドに対するテスト効率化及び自動化の推進 • APIテスト、E2Eテスト、UIテスト、レグレッションテストの設計と実装、運用保守 • 担当プロダクトのエンジニアチームと一体になったプロセス改善 • 必要に応じて、HWデバイス開発のチームと連動する マネージャーおよびリーダーには、以下を期待します。 • 事業全体の視点からエンジニア/カスタマーサクセスとの認識合わせ、協調 • 事業全体の視点からのプロジェクトマネジメント・リスクマネジメント • Test Engineer を中心としたエンジニアリングマネジメント全般 • 担当プロダクトにおけるテスト管理、バグ管理、メンバー管理 • 複数領域のチームと連動した開発プロセス全体に対する改善 【募集背景】 Bitkeyでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスであり、自社開発・他社協業を含んで、ユーザー価値を追求する活動を行なっております。 そこで必要になる重要な領域の一つが、テスト・品質保証です。 つなげたプロダクトやサービスが、ユーザーに価値を届けられるのか、継続的に届けられるのかを確認する活動は、とても重要です。つなげる対象は、カギ(鍵/入退室)、認証認可、商品のお届け、決済など、人々の生活を支え、ミッションクリティカルな領域も含まれます。何より、100万、1000万、1億のユーザーへ広げていくような社会インフラを目指しています。 そして、テスト・品質保証の領域は、これから立ち上げ期に入ります。 創業期から創り出したさまざまなプロダクトの継続的保証、これから新しく創り出していくプロダクトの体験価値からのデザインとテストを、事業・組織のスケールに合わせて実現していくフェーズです。 Bitkeyは、現在も、これからも、テクノロジーの力を活用する企業であり続けます。テスト・品質保証に関して、学術的な知見、フレームワーク、サービスやツール、人間にしか発揮できない洞察や感覚も含めて、最大限に活用しながら、私たちの形に合ったテスティングテクノロジーを開発できる方を求めています。 立ち上げをリードできる方はもちろん、テスト・品質保証に関する新しい環境に飛び込んでみたい方にも、積極的にご応募いただけますと幸いです。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10130:Test Engineer / QA Engineer

10140:Test Manager candidate / Test Analyst

▍チームについて QA buildチームは、2022年10月に新しく設立されたチームです。ビットキーのプロダクトやサービスに対してシステムテストレベル(または受け入れテストレベル)を中心に品質を担保し、新しい価値を高品質で継続的にお客様へ届けることをミッションとしています。 また、チームメンバーにはプロダクトと価値のことを第一に考えて頂きたく、高い独立性と客観的で偏りのない評価を行っていただくためにチームは現在、CEO/VPoEの直下にチームを置いております。現場の開発チームとは組織的に分断しているため、開発と検証がそれぞれ明確な役割を持っていることが特徴的です。 ”build”と表現されている通り、ビットキーのプロダクトにおける品質とは何かを考え、組織や体制、プロセスを新規に構築していく、まさに立ち上げ期にあるチームです。 ▍チーム構成 マネージャー含め、20代〜30代のメンバーが7名所属しているチームです。業務委託メンバーを合わせるとQA全体で30名〜40名規模になります。キャリア的なバックグラウンドとして、第三者検証出身と自社開発出身が入れ混じっており、業界も多種多様です。それぞれが長所を活かして活躍しております。 ▍チーム設立の背景 ビットキーではスマートロックや顔認証、位置情報などフィジカルな環境で動作するプロダクトが数多くあります。それらと連動する形で管理画面や予約システム、デジタルキーなどデジタルな要素も複雑に絡み合っています。また、フィジカルとデジタルを融合させたプロダクト/ソリューションとして、連続性や一貫性のあるユーザー体験を提供するのはもちろん、カギという特性に鑑みたセキュリティやスケーラビリティについて、社会インフラを担うレベルの品質が求められます。 それらを総合的にテストする難易度は高く、それに取り組むためにはアセットを資産として積み重ねていく必要があります。同時に、品質やテストに関する自社での技術力・ノウハウを高め、プロダクト・ビジネスに還元させていくため、QA buildが立ち上がりました。 ▍チームの活動 現在、チームとして以下の3点に取り組んでおり、本求人では③を想定しています。 ①テスト活動及び現行プロセスの課題抽出 システムテストレベルのテスト担当者として業務委託と協力しつつ、開発工程に参画しテスト計画からテスト完了までの一連のテスト活動をキャッチアップしながら課題の洗い出しを行うこと。同時にアセットマネジメント体制と不具合分析体制の構築を検討すること。 ②テスト自動化の検討及び導入 システムテストレベルにおける自動化ツールの選定とそれを既存のテスト活動にどのように取り入れるかの構想を検討すること。併せてチームメンバー全員がノーコード/ローコードでテストを自動化できるようにするための体制構築を検討すること。 ③テストプロセスの策定と改善 テスト活動プロセスの各工程を詳細に定義することに取り組み、テスト対象となるプロダクトの特性に合わせたアプローチの策定と推進、併せて現場で洗い出した課題も含めたPDCAサイクルの構築を行うこと。また、リードテストエンジニアとして、上記①を実行・推進することも想定しています。 ▍技術スタック ▼テスト活動で用いているツールは、以下の通りです。 プロジェクト管理ツール:JIRA コミュニケーションツール:Slack ドキュメンテーションツール:Notion、GoogleWorkSpace テスト自動化ツール: 選定中 ▼開発チームが使用している技術スタックは、以下の通りです。 Platform: Google Cloud / Firebase / 一部IoTやデータ連携でAWSを利用 CI: GitHub Actions / Bitrise 言語・フレームワーク: Typescript / React / next.js / Express / ReactNative / Kotlin / Swift / eslint / swiftlint / ktlint / jest / XCTest / jUnit / fastlane / … ▍このチームで経験できること・得られるもの ・スタートアップにおいて新規に部門を立ち上げ、仕組みを作り上げる経験 ・プロダクトの価値や品質をゼロベースで考え、自分たちの基準を自分たちで作る経験 ・経営陣やビジネスサイドも含めた各部門責任者との議論と、意思決定への関与 ・多種多様な発生事象、ステークホルダーとの関係性を踏まえてPDCAを回す経験 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10140:Test Manager candidate / Test Analyst

10140:品質改善プロジェクトマネージャー

【業務内容】 カギ(鍵)、認証認可、決済など、ミッションクリティカルなプロダクトに対して、以下をお任せします。 ・ソフトウェア開発/ハードウェア開発を融合した品質保証計画、体制の構築 ・プロダクトの品質マネジメント全般(品質定義・品質分析・レポーティング・教育計画・顧客対応等) ・事業全体の視点からエンジニア/カスタマーサクセスとの認識合わせ、協調 ・事業全体の視点からのプロジェクトマネジメント・リスクマネジメント ・Test Engineer を中心としたエンジニアリングマネジメント全般 • 開発プロセス上流でのユーザー価値/システム仕様のデザイン、レビュー • テスト計画、テスト設計、テスト実施、バグ報告による”広義のプロダクト開発” • 担当プロダクトにおけるエンジニア/カスタマーサクセスとの認識合わせ、協調 【募集背景】 Bitkeyでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスであり、自社開発・他社協業を含んで、ユーザー価値を追求する活動を行なっております。 そこで必要になる重要な領域の一つが、テスト・品質保証です。 つなげたプロダクトやサービスが、ユーザーに価値を届けられるのか、継続的に届けられるのかを確認する活動は、とても重要です。つなげる対象は、カギ(鍵/入退室)、認証認可、商品のお届け、決済など、人々の生活を支え、ミッションクリティカルな領域も含まれます。何より、100万、1000万、1億のユーザーへ広げていくような社会インフラを目指しています。 そして、テスト・品質保証の領域は、これから立ち上げ期に入ります。 創業期から創り出したさまざまなプロダクトの継続的保証、これから新しく創り出していくプロダクトの体験価値からのデザインとテストを、事業・組織のスケールに合わせて実現していくフェーズです。 Bitkeyは、現在も、これからも、テクノロジーの力を活用する企業であり続けます。テスト・品質保証に関して、学術的な知見、フレームワーク、サービスやツール、人間にしか発揮できない洞察や感覚も含めて、最大限に活用しながら、私たちの形に合ったテスティングテクノロジーを開発できる方を求めています。 立ち上げをリードできる方はもちろん、テスト・品質保証に関する新しい環境に飛び込んでみたい方にも、積極的にご応募いただけますと幸いです。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10140:品質改善プロジェクトマネージャー

10150:ソフトウェアエンジニア - 組み込みソフトウェア

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円越、従業員数も200名越えとなり、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 これに伴い製品ラインナップも拡大しており、今後の事業計画を支えるデバイスにはさらなる品質向上や世の中にない機能を実現する必要があります。これを実現するには、組み込みソフトウェア(ファームウェア、FW)に対する深い知識、チーム開発の重要性と意義の理解と実践、定着性や再現性を向上させた経験やチームビルディング、コーディングルールや開発プロセスの策定、ドキュメンテーションが不可欠です。 このような背景から、当社は新たな技術革新を推進し、市場に新しい価値を提供できる組み込みソフトウェアエンジニアを積極的に募集しています。 【魅力/特徴/やりがい】 - 最新技術の扱いと多領域からの学び - 組み込みエンジニアとして、IoTの最新技術を扱うことができます。さらに、ハードウェアからスマートフォンアプリ、クラウド領域まで、自社で一貫して開発しているため、チーム間の距離が近く、様々な領域のエンジニアが持っている知見に日々触れることで、異なる専門分野からの学びを深める絶好の機会を得ることができます。 - 社会に影響を与える仕事 - ただ技術を追求するだけでなく、その技術が社会実装され、日々の生活やビジネスのあり方を革新する過程に直接関わることができます。 - 一気通貫の関与 - 製品の新規開発からその後の機能追加やサポートまで、ひとりのエンジニアが一気通貫で関わることが多く、開発した製品への深い愛着を持つことができます。開発プロジェクトの最初の段階、要件定義から深く関わることができるため、最終的な成果物が市場や社会でどのように機能するかを見越した上で納得感を得やすい開発ができます。 - プロセス策定の先駆者 - 新しい技術やアイデアを社会実装する過程で、プロジェクトの進行方法やチームの作業フローを策定する機会にも恵まれます。こういった経験は、自身の成長にも直結し、プロジェクトの成功だけでなく、組織全体の効率化とイノベーションの加速にも貢献することができます。 - チームビルディングの醍醐味 - 多様なバックグラウンドを持つメンバーと共に、共通の目標に向かって協力し、チームを形成していく過程は非常にやりがいがあります。チームビルディングを通じて、メンバーそれぞれの強みを活かし、チームとしてのシナジーを生み出すことができます。 【業務内容】 - 仕様検討・設計・実装 - デバイスに組み込むソフトウェアの仕様検討から設計、実装、評価までを一貫して行い、製品やSoCの性能を最大限に引き出しながら、サムターンやテンキーなどのユーザーインターフェースに関する機能、スマートフォンアプリやクラウドとの通信機能、などを設計・実装します。また、拡張性・保守性、品質の担保にも注力します。 - 顧客との協調 - 顧客の使い方やニーズを深く理解するために、営業担当や顧客自身と密接に議論を重ねます。顧客の要望を技術的な視点で分析し、最適な機能の提案を行うことで、製品の価値を最大化します。 - ハードウェアチームとの連携 - ソフトウェア開発だけでなく、回路や機構設計を行うハードウェア担当とも緊密に協力します。ハードウェアの特性を理解し、ソフトウェアとハードウェアの最適な組み合わせを追求することで、全体としての製品性能を高めることができます。 - 技術選定 - 社内での実績がない新規の技術に関して、量産開発に先駆けて要素技術の検討を行います。このプロセスでは、性能、品質、コスト、調達のしやすさといった多角的な観点から部品の選定を進め、試作基板への組み込みを通じた実験などを行いながら、中長期的な視野での品質、コスト、納期(QCD)の最適化を目指します。 【期待/課題/やっていきたいこと】 - 期待 - 多様なチームとの緊密な関係を維持し、製品開発の全過程にわたって成果を生み出せる方を求めています。各分野のチームと効率的に連携・プロジェクトを推進し、ビジョンの実現に向けて一緒にファームウェアチームをリードしていただけると嬉しく思います。 - 課題 - 現在私たちの主な課題は、チーム間のコミュニケーションと協力をさらに強化し、製品ごとの資産や市場からのフィードバック、各種プロジェクトで培ったノウハウを効果的に蓄積し、共有することです。これは事業の拡大と持続可能な成長を支えるためには欠かせない要素です。特に組み込みソフトウェアには高い信頼性が求められるため、内部品質、特にコード品質の向上と再現性に注力し、新規開発と並行してリファクタリングやコーディングルールの策定を行う必要があります。 - やっていきたいこと - 私たちが目指すのは、技術的な卓越性を追求しながらも、他のチームとの連携を深め、一貫した品質と効率性を確保することです。これを実現するため、次のような取り組みを行っていきます。 - 他チームとの緊密な連携:商品企画、ハードウェア、スマートフォンアプリ、クラウドなど、関連する各チームとの間で透明性の高いコミュニケーションを維持し、プロジェクト目標に対する共通理解と協力体制の確立 - 知識と経験の共有:チーム内での知見やノウハウの蓄積、及びこれらの横断的な共有を促進し、チーム全体のスキルアップと製品開発の効率化 - 内部品質の維持と向上:コード品質を最優先事項としてリファクタリングやコーディングルールの策定を通じて継続的な品質改善を実施し、製品の信頼性とメンテナンス性を高め、長期的な顧客満足度の向上。 【チーム体制】 - ファームウェアチームには組み込みエンジニアが3名と、エンジニアを指揮するマネージャーが1名います。さらに、品質保証とテストの専門性を高めるために、4名のテストエンジニアが所属しています。20代〜30代のメンバーが活躍しています。 - 各プロジェクトに対して、その規模やニーズに応じ1〜2名の組み込みエンジニアがアサインされます。エンジニアは、アサインされたプロジェクトにおいて、組み込みソフトウェアの設計から実装、テストレビューに至るまでの全工程を担当し、最終的なリリース判定も行うという体制を取っています。 【開発環境】 - 開発言語:C/C++, Python, Shell, SQL - CI/CD:GitHub Actions - フレームワーク:nRF5 SDK, nRF Connect SDK (Zephyr) - その他:GitHub, Slack, Notion, Visual Studio Code 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10150:ソフトウェアエンジニア - 組み込みソフトウェア

10160:品質保証 (組み込みソフトウェア)

▼業務内容 組み込みソフトウェアにおける品質保証業務を担っていただきます。 製品例: ・スマートロックデバイスの上位機種や後継機種、ファミリー製品 ・モビリティ向けデバイス ・生体認証デバイス ・および、各種周辺デバイス 具体的には以下のような業務を想定しています。 ・品質保証体制の構築 継続的な製品品質向上のための仕組みやフロー構築 新たな品質基準の策定、運用 ・市場品質課題への対応 ビジネスサイド・開発チームと連携した市場品質課題の解消 不具合品対応フローの継続的な改善 市場リリース済み製品のリファクタリング、機能修正 ・製品開発に対する、市場環境やユースケースなどのインプット ▼仕事の魅力 ・本気で世界を変えることを目指す仲間と仕事ができる ・モダンな組み込み開発に挑戦できる ・回路設計出身者やWeb開発出身者など、専門性やバックグラウンドが異なるチームメンバーと一緒に開発が行える ・全社一丸でユーザー価値を実現するという風土があるため、ユーザーのフィードバックがダイレクトに開発者や品証にも届けられる ▼募集背景 ビットキーは創業から3年を経て、スタートアップとして生き残るフェーズから、次のステージへと移行しました。 この度、より多くのユーザーへ、継続的に価値を届けていくことを目的として、組み込みソフトウェア領域におけるQAチームを新設します。 QAチームを設置することで、「リリース前のテストの効率化・プロダクト品質の向上」や「市場に出たプロダクトで発生した問題の迅速な解決」のより高いレベルでの実現を目指しております。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10160:品質保証 (組み込みソフトウェア)

10170:テストエンジニア/SET (組み込みソフトウェア)

▼業務内容 組み込みソフトウェア開発において、以下のような業務を想定しています。 開発プロセスにおける品質改善 ■品質向上を目的とした開発プロセスの構築・運用・改善 ・テスト計画、テスト設計、テスト実施及びバグ報告 ・テスト自動化における設計や実装 ・CI/CDの構築、CIツール開発 ■市場品質課題への対応 ・ビジネスサイド・開発チームと連携した市場品質課題の解消 ・不具合品対応フローの継続的な改善 ・市場リリース済み製品のリファクタリング、機能修正 ▼仕事の魅力 ▼募集背景 ビットキーは創業から3年を経て、スタートアップとして生き残るフェーズから、次のステージへと移行しました。 この度、より多くのユーザーへ、継続的に価値を届けていくことを目的として、組み込みソフトウェア領域におけるQAチームを新設します。 QAチームを設置することで、「リリース前のテストの効率化・プロダクト品質の向上」や「市場に出たプロダクトで発生した問題の迅速な解決」のより高いレベルでの実現を目指しております。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10170:テストエンジニア/SET (組み込みソフトウェア)

10180:UI/UXデザイナー (モバイルアプリ/Webサービス)

□■□ チームについて □■□ モバイルアプリ・Webアプリから物理的なデバイスへの一貫した気持ちいい体験を考え、ソフトウェアプロダクトのUI・UXの品質を維持・向上することをミッションとします。 主に、エンジニアメンバーと並走し、時にはリードし、自社ソフトウェアプロダクトのデザインを担当してもらいます。UIUX組織は会社横断組織として存在していますが、実際の業務は各事業部(「Home」「Workspace&Experience」)を兼務する形で各事業部のエンジニア・ビジネスメンバーとともにプロダクトを創ります。 □■□ 業務内容 □■□ ・ユーザーの体験整理(インフォメーションアーキテクチャ、カスタマージャーニーetc…)、要件整理(ビジネス要件整理、ニーズ整理) ・WebアプリケーションのUI/UXデザイン ・iOS/iPadOS・Android端末のモバイルアプリのUI/UXデザイン ・モバイルアプリ・Webアプリのプロトタイピング ・ユーザーインタビューからプロダクトデザインの改善 ・イラスト・アイコン作成 ・プロダクトブランディングの可視化・言語化 ・エンジニア・ビジネスサイドとのコミュニケーション ・プロダクトのデザインチェック、ウォークスルー検証 □■□ 使用する言語・ツール □■□ Figma / Miro [必要に応じて] Illustrator / Photoshop / After Effects 等のAdobe Creative cloud CADソフト (Fusion 360, Solidworks, Rhinoceros etc. ) / CGソフト (Cinema 4d, Blender, Maya etc. ) □■□ いま抱えている課題 □■□ 管理部門が利用するWeb画面、従業員が利用するモバイルアプリ、コンシューマーが利用するモバイルアプリ、受付プロダクト、認証プロダクトなど、様々なタッチポイントのUIUXを設計してます!弊社が掲げる「Connect Everything」を実現するための仲間に1人でも多く出会いたいです! 1.カスタマーへの心地良い体験を提供する 急速にビジネスニーズを実現するために機能実装を進めてきました。今まで優先順位を上げきれなかったカスタマー向けのUIUX強化が急務と考えており、単に使用できるプロダクトから好きなプロダクトへと進化させていこうとしています。 2.管理目線とエンドユーザー目線でプロダクトの体験をスムーズにする エンドユーザー視点、管理者(BtoB)視点、企業のビジネス視点などを広い視点で捉え、プロダクトのデザインに落とし込める力が必要と感じております。様々な目的意識を持ったペルソナのユーザー体験に責任を持ちながら、デザインをしていく必要があると考えています。 □■□ 経験できること・得られるもの □■□ ・ビジネス(企業・従業員)、カスタマーの幅広いタッチポイントがある事業領域の体験設計 ・BtoB、BtoBtoC、D2C領域の様々なプロダクトデザイン ・ビジネスメンバー、エンジニアメンバーと並走しながらデザイン業務を実施 ・プロジェクトの中でデザイナーが全体のオーナーシップを持って業務推進 ・0→1も1→10もどちらもチャレンジ ・Webフロントエンドのコーディング(React / typescript) 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10180:UI/UXデザイナー (モバイルアプリ/Webサービス)

10190:ハードウェアエンジニア (メカ・機構設計)

【募集背景】 ビットキーは、「Connect everything:テクノロジーの力であらゆるものを安全で 便利で 気持ちよくつなげる」をミッションに、住まいでの暮らしやオフィスで過ごす日常、旅行などの非日常のすべての「生活」の中にある「煩わしさ」をなくしていきます。 中でもデジタルとリアルをつなげるためにハードウェアデバイスは必要不可欠です。ハードウェアデバイスは、デジタル上で管理される権限やサービスと、その権限やサービスで管理・提供されるリアルのモノをつなげ、ユーザーに「煩わしさ」から解放された快適な体験を提供します。 これまで創業約5年で20機種を超えるハードウェア製品を開発してきましたが、まだまだなくしたい「煩わしさ」がたくさんあります。 私たちと一緒に、「煩わしさ」から解放された快適な「生活」を、ハードウェアデバイスを通して実現しませんか。 【魅力/特徴/やりがい】 - ハードウェアに閉じない製品開発 ビットキーでは、ハードウェアからスマートフォンアプリ、SaaSまでが同じ目的に向かって開発をしています。そのためハードウェアに閉じることなく、システム全体で最大の価値提供を考えながら総合的に製品開発を行うことができます。 - 最先端技術へのアクセス ビットキーでは、IoT、セキュリティ、スマートホームなどの領域における最先端技術の研究・活用に取り組んでいます。最新技術の知識を身につけ、市場をリードする製品の開発に携わることが可能です。 - 革新的なプロダクトの開発環境 アイデアをすぐに形にするためのインフラ設備を完備しています。高速な試行錯誤の末に実用性と革新性を兼ね備えた製品を世に送り出すことができる環境がすぐそこにあります。 - 提供価値へのフィードバック ビジネス組織とプロダクト組織の距離が近いため、顧客の生の声を聞く機会も多く、顧客からのフィードバックサイクルが早いのも特徴です。自分が創造・提供した価値に対する市場の反応を元に更なる成長・価値向上につなげることが可能です。 【業務内容】 ハードウェアデバイス開発における以下の業務をチームで進めていくことになります。 - 新製品の企画、設計、開発 - 既存製品の市場課題対応、改善 - OEM/ODMメーカー・部品メーカーのマネジメント - 他部署と協力してのプロジェクト推進 【期待/課題/やっていきたいこと】 ビットキーは、ハードウェアからアプリ、SaaSまで幅広い技術領域の開発が関わり製品が成り立っています。そのため、開発全体を俯瞰し横断した連携ができることを期待しています。 【チーム体制】 - ハードウェアチームは、電気設計チーム、機構設計チーム、信頼性設計チームで構成されています。ハードウェア品証チームとも密接に連携し、新製品の開発、既存製品の改善に取り組んでいます。 - 新商品の開発にあたっては業務内容に記載の通り、HWチームメンバーが主体となって要件策定から詳細設計までを行い、各ステークホルダーを巻き込みながら推進していきます。 【開発環境】 - 3D CAD:Solidworks - 3Dプリンタ:Agilista、Stratasys - 設備:CNC加工機、3Dスキャナ、マイクロスコープなど - その他:Slack, Notion, Googleドライブ, ChatGPT 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10190:ハードウェアエンジニア (メカ・機構設計)

10200:ハードウェアエンジニア (電気・回路設計)

【募集背景】 ビットキーは、「Connect everything:テクノロジーの力であらゆるものを安全で 便利で 気持ちよくつなげる」をミッションに、住まいでの暮らしやオフィスで過ごす日常、旅行などの非日常のすべての「生活」の中にある「煩わしさ」をなくしていきます。 中でもデジタルとリアルをつなげるためにハードウェアデバイスは必要不可欠です。ハードウェアデバイスは、デジタル上で管理される権限やサービスと、その権限やサービスで管理・提供されるリアルのモノをつなげ、ユーザーに「煩わしさ」から解放された快適な体験を提供します。 これまで創業約5年で20機種を超えるハードウェア製品を開発してきましたが、まだまだなくしたい「煩わしさ」がたくさんあります。 私たちと一緒に、「煩わしさ」から解放された快適な「生活」を、ハードウェアデバイスを通して実現しませんか。 【魅力/特徴/やりがい】 - ハードウェアに閉じない製品開発 ビットキーでは、ハードウェアからスマートフォンアプリ、SaaSまでが同じ目的に向かって開発をしています。そのためハードウェアに閉じることなく、システム全体で最大の価値提供を考えながら総合的に製品開発を行うことができます。 - 最先端技術へのアクセス ビットキーでは、IoT、セキュリティ、スマートホームなどの領域における最先端技術の研究・活用に取り組んでいます。最新技術の知識を身につけ、市場をリードする製品の開発に携わることが可能です。 - 革新的なプロダクトの開発環境 アイデアをすぐに形にするためのインフラ設備を完備しています。高速な試行錯誤の末に実用性と革新性を兼ね備えた製品を世に送り出すことができる環境がすぐそこにあります。 - 提供価値へのフィードバック ビジネス組織とプロダクト組織の距離が近いため、顧客の生の声を聞く機会も多く、顧客からのフィードバックサイクルが早いのも特徴です。自分が創造・提供した価値に対する市場の反応を元に更なる成長・価値向上につなげることが可能です。 【業務内容】 - 電気要件定義 - 部品選定、回路設計、AW設計、設計レビューなどの電気設計業務 - 電気設計の評価、解析 - 機構設計、ファームウェア開発など隣接部署との連携 - 開発スケジュール、タスクの管理 - 市場不具合の解析、改善対応 - 部品メーカーやOEM/ODM委託先などの社外ベンダーとの折衝 - 設計ドキュメントの管理 【期待/課題/やっていきたいこと】 ビットキーは、ハードウェアからアプリ、SaaSまで幅広い技術領域の開発が関わり製品が成り立っています。そのため、開発全体を俯瞰し横断した連携ができることを期待しています。 【チーム体制】 - ハードウェアチームは、電気設計チーム、機構設計チーム、信頼性設計チームで構成されています。ハードウェア品証チームとも密接に連携し、新製品の開発、既存製品の改善に取り組んでいます。 - 新商品の開発にあたっては業務内容に記載の通り、HWチームメンバーが主体となって要件策定から詳細設計までを行い、各ステークホルダーを巻き込みながら推進していきます。 【開発環境】 - 回路・基板CAD:Quadcept - 設備:オシロスコープ, デジタルマルチメーター, スペクトルアナライザー, バッテリーシミュレーター, 安定化電源, 電波暗箱, 恒温槽, 実体顕微鏡, 材料分析器 - その他:Slack, Notion, Googleドライブ, ChatGPT 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10200:ハードウェアエンジニア (電気・回路設計)

10220:プロジェクトマネージャー(PjM) - ハードウェア

【募集背景】 ビットキーは、「Connect everything:テクノロジーの力であらゆるものを安全で 便利で 気持ちよくつなげる」をミッションに、住まいでの暮らしやオフィスで過ごす日常、旅行などの非日常のすべての「生活」の中にある「煩わしさ」をなくしていきます。 中でもデジタルとリアルをつなげるためにハードウェアデバイスは必要不可欠です。ハードウェアデバイスは、デジタル上で管理される権限やサービスと、その権限やサービスで管理・提供されるリアルのモノをつなげ、ユーザーに「煩わしさ」から解放された快適な体験を提供します。 これまで創業約5年で20機種を超えるハードウェア製品を開発してきましたが、まだまだなくしたい「煩わしさ」がたくさんあります。 私たちと一緒に、「煩わしさ」から解放された快適な「生活」を、ハードウェアデバイスを通して実現しませんか。 【魅力/特徴/やりがい】 - ハードウェアに閉じない製品開発 ビットキーでは、ハードウェアからスマートフォンアプリ、SaaSまでが同じ目的に向かって開発をしています。そのためハードウェアに閉じることなく、システム全体で最大の価値提供を考えながら総合的に製品開発を行うことができます。 - 最先端技術へのアクセス ビットキーでは、IoT、セキュリティ、スマートホームなどの領域における最先端技術の研究・活用に取り組んでいます。最新技術の知識を身につけ、市場をリードする製品の開発に携わることが可能です。 - 革新的なプロダクトの開発環境 アイデアをすぐに形にするためのインフラ設備を完備しています。高速な試行錯誤の末に実用性と革新性を兼ね備えた製品を世に送り出すことができる環境がすぐそこにあります。 - 提供価値へのフィードバック ビジネス組織とプロダクト組織の距離が近いため、顧客の生の声を聞く機会も多く、顧客からのフィードバックサイクルが早いのも特徴です。自分が創造・提供した価値に対する市場の反応を元に更なる成長・価値向上につなげることが可能です。 【業務内容】 - ハードウェア要件定義 - スケジュール、タスク、予算の管理 - 社内関係者、社外ベンダーとの折衝と調整 - 特許戦略、法規制対応 - 設計レビュー、リスクアセスメントの運営 - ドキュメント管理 - 設計開発業務のサポート 【期待/課題/やっていきたいこと】 ビットキーは、ハードウェアからアプリ、SaaSまで幅広い技術領域の開発が関わり製品が成り立っています。そのため、開発全体を俯瞰した横断した連携ができることを期待しています。 【チーム体制】 - ハードウェアチームは、電気設計チーム、機構設計チーム、信頼性設計チームで構成されています。ハードウェア品証チームとも密接に連携し、新製品の開発、既存製品の改善に取り組んでいます。 - 新商品の開発にあたっては業務内容に記載の通り、HWチームメンバーが主体となって要件策定から詳細設計までを行い、各ステークホルダーを巻き込みながら推進していきます。 【開発環境】 - 電気 - CAD:Quadcept - 設備:オシロスコープ, デジタルマルチメーター, スペクトルアナライザー, バッテリーシミュレーター, 安定化電源, 電波暗箱 - 機構 - CAD:SOLIDWORKS - 設備:3Dプリンタ, 3Dスキャナ, CNC - その他 - 恒温槽, 実体顕微鏡, 材料分析器 - Slack, Notion, Googleドライブ, ChatGPT
10220:プロジェクトマネージャー(PjM) - ハードウェア

10230:品質保証 (ハードウェア)

【募集背景】 テクノロジーであらゆるものをつなげる「Connect everything」のために、バーチャルとリアルをつなげるハードウェアデバイスは弊社事業に必要不可欠なプロダクトです。 理想とする世界観を実現するために、創業3年で10機種を超える製品を開発しました。 事業成長に伴って、創りたいハードウェアデバイスは加速度的に増加しています。 事業の急成長に伴い、品質の重要性も高まり続けています。川上〜川下まで、モノづくりに関するあらゆる品質の礎を固め、そしてそれを飛躍的に高めていく必要があり、品質保証体制の構築は急務です。 - 住まいや暮らしをもっと便利に - オフィスの活動をより効率的に - あらゆる移動をさらに気持ちよく 上記のような世界観を安全で便利で気持ちよく実現するための新しい品質保証の姿を、私たちと一緒に考え、実現してみませんか? 【業務内容】 品質保証の中でも、特に開発・製造に近い領域である、新規製品開発フェーズの体制の構築や運用をお任せします。この領域において、あなたの理想とする品質保証をゼロから生み出した経験が得られます。 ▼性能・信頼性評価 電子機器の製品性能の定量的評価を元に、量産を想定した基準に対して合否を判断する 信頼性試験を実施し、(加速モデル設定、評価)量産を想定した故障率・耐久性を明らかにした上で品質の合否判断を行う ▼開発標準・プロセス管理 新規ハードウェア開発において、従来のプロセスの結果や新たなナレッジを参考にしながら、開発アウトプットの妥当性判断するための適切なQMSのフローとゲートを設定する。サプライヤー(海外含)の品質監査計画立案、実行内容の検討・実施し、委託可否の判断を行う。 委託先サプライヤーに対して、工程管理の妥当性(工程能力確認)や品質改善のアドバイス、製造プロセスの妥当性を品質面の折衝を行い主導する。品質の有事に備え、事前にサプライヤーとの品質保証体制に関して折衝・合意・構築を主導する。 ▼評価設備構築・管理 HWの性能評価に必要な各種試験方法の開発・設備の立ち上げる。また、検証合理化のための評価自動化推進。企画〜立ち上げまでを一貫して行う。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10230:品質保証 (ハードウェア)

10280:コーポレートエンジニア(Corporate Engineer)

【募集背景】     従業員規模の急成長に伴い、社員へ貸与するITデバイス(PCや携帯など)の急増、 それに伴う紛失・情報漏洩等のセキュリティリスクが高まっている状況にあり、 システム環境や運用の整備が急務となっています。 現在、従業員数200名を超える環境においてCorporate Engineeringチームは社員2名+業務委託メンバー数名で活動中。 組織の成長に対して環境整備を推進する人材が不足しています。 また、当社におけるCorporate Engineeringチームは、 コーポレートITの管理・運営を主とする一般的な情シス部門の守備的役割に加えて、 将来的にはコーポレートIT領域の業務ハックなど、 テクノロジーで業務課題解決する攻めの役割を兼ね備えたチームへの成長を目指しています。 現在は、情シスの体制構築・業務整備、ITデバイスやSaaSのセキュリティ強化が目前の課題ですが、 来年以降はITコストの最適化や業務ハック・業務課題解決へ着手できるようにステップアップしていきたいと目論んでいます。 そのような中長期的な目線でコーポレートITの改善を共に目指せる仲間を増やしたく募集を開始いたしました。 【仕事内容】 入社直後にお任せしたい内容は以下です。 ・情シス定常業務の遂行(当面はキャッチアップのため) ・情シス業務の改善(業務フロー/マニュアル改善など) ・Jamf / Okta / Netscope等の導入によるセキュリティ強化施策の推進 ・ITコスト最適化に向けた現状の可視化 その後、将来的には・・・ ・ITコスト最適化に向けたプランニングと実行 ・バックオフィスの業務ハックなど技術的アプローチによる業務課題解決 などをお任せしていきたいと考えております。 【使用技術など】 ◎OS Mac OS, Windows10, WindowServer2016 ◎SaaS Google Workspace, Slack, 会計freee/人事労務feeee, ジョブカン, MS365 ◎管理ツール Jamf Pro, LanskopeCat, Okta、Netskope ◎インフラ GCP, AWS, オンプレサーバー(Windows Server), Cisco Meraki, YAMAHA RTX ◎開発言語 GAS、Java Script、Python 【この仕事の魅力】 ・情シス業務の役割において他部門の社員との接点も多く、コミュニケーションの機会も多いため、会社の雰囲気や文化に馴染みやすい環境です。 ・裁量も大きく、自らの提言で主体的に業務改善やシステム環境改善を推進することができます。 ・社内システムはクラウドを基本としており、トレンドであるゼロトラストネットワークの実現を目指しツール導入している環境のため、最新の技術に触れることができセキュリティ分野のスキルを磨くことができます。 【チームについて】 マネージャー1名、メンバー2名、業務委託5名(備品管理、ヘルプデスクなど)で構成されています。 Sier出身者、社内SE経験者などが在籍しています。 今回は、即戦力メンバーとして情シス業務整備やセキュリティ強化施策を推進していただく想定です。 【入社後のキャリアステップ】 最初は、情シスの基本的な業務(PCキッティングやヘルプデスク業務)を担当しながらキャッチアップしていただき、 情シス業務改善やセキュリティ強化施策の推進役としてご活躍を想定しております。 コーポレートIT領域全般に関わる仕事のため、 デバイス管理/SaaS /セキュリティ/ITコスト最適化/業務改善など幅広く経験をすることができます。 また、コーポレートITのスペシャリスト、マネージャーどちらにも進めるキャリアパスがあります。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10280:コーポレートエンジニア(Corporate Engineer)

10290:技術広報

【募集背景】 ビットキーでは、テクノロジーの力であらゆるものを安全で便利に気持ちよく「つなげる」をミッションに掲げています。つなげてゆくものは、クラウドサービス・ハードウェアデバイス・さまざまなサービスや人・体験など、その対象は多岐にわたります。当然自社開発だけでなく、他社協業や他サービスとの連携を通じて、「人の体験」を「つなげる」ことによってアップデートし続けています。 現在、当社では「homehub」「workhub」という2つのサービスを提供しており、DtoC・BtoBtoC・BtoBと複数の領域に対してHorizontal SaaS × ハードウェアのものづくりをしています。累計資金調達額は170億円、従業員数は200名を超え、数年以内でのIPOを視野に入れながら、さらなる成長フェーズにあります。 当ポジションでは、カンファレンススポンサーや社内外向け技術イベントの企画・運営や、各種SNS・メディア等を通じ、ビットキーに所属するエンジニアの価値を高める・魅力を発信する活動をしています。プロダクトチームの一員としてエンジニアやデザイナーはもちろん、人事チームや広報チームとも協力しながら、エンジニア組織の価値を向上させるため様々な施策に取り組んでいます。 ビットキーが現在展開している全てのプロダクトには、開発したエンジニア一人ひとりの創意工夫や熱意が込められています。ビットキーの強みである”エンジニアリング”にフォーカスして魅力を発信し、ビットキーを成長させることに興味のある方を募集しています! 【魅力/特徴/やりがい】 - エンジニアのキャリアの悩みを解消したり、技術の学びを得られる場を提供できる - 技術広報の企画・運営・改善まで全てのプロセスに携われる - イベントやSNS等を通して、世の中の反応を直接受け取れる - 技術情報やトレンドなど、最新情報をキャッチできる - イベントやメディアを通じて、ビットキーのファン作りに貢献できる 【業務内容】 - 社内外向けエンジニア関連イベントの企画、運営(カンファレンス・勉強会等)  - 技術イベントの情報収集、協賛するイベントの選定、申し込み  - 技術イベントに関連する企画、マネジメント、運営  - 社内のエンジニア・デザイナー向け交流イベントの企画、運営 - 技術ブランディング施策の立案・実行  - SNS運用をはじめとする社内・社外への情報発信  - ノベルティや各種PRグッズ製作  - エンジニア向けコンテンツの企画、実行  - その他ビットキーの魅力が伝わる施策立案、実行 - エンジニアに向けた情報発信のサポート  - 技術イベントでの登壇者の支援  - 情報発信に対する理解の促進、発信機会の提供 【期待/課題/やっていきたいこと】 今後ますます事業が拡大するビットキーにとって、エンジニア組織の強化は重要かつ不可欠です。どうすれば個々のエンジニアが十分能力を発揮し、一人ひとりが成長し、より優れたプロダクトをチームで開発できるか、技術ブランディングの面から取り組んでいただける方を求めています。 ▼ 主に実現したいこと - ”bitkey platform”を根幹とするビットキーの独自技術と、それを実現するエンジニアを軸に、ビットキーの認知向上、ブランディング力強化 - チャレンジ精神を持ち、ものづくりに対して妥協しないビットキーのエンジニアが、新たな技術を習得でき、学びを深められる環境の拡充 【チーム体制】 組織全体で技術広報は2名おり、それぞれVPoE、EM/スクラムマスターを兼任しています。 【変更の範囲】会社の定める業務全般
10290:技術広報