Anyflow株式会社 の全ての求人一覧
Anyflow株式会社 の全ての求人一覧

【SaaS事業】サーバーサイドエンジニア

【SaaS事業】サーバーサイドエンジニア

業務自動化プラットフォーム Anyflow のバックエンド開発を一緒に行ってくれるエンジニア募集!
▼Anyflow とは? Anyflowは、SaaS と SaaS を統合して、組織の成長へ導く iPaaS (integration Platform as a Service) のプロダクトです。 ▽ iPaaSとは? ・iPaaSとは何?導入するメリットやどんな製品があるのかを解説します https://blog.anyflow.jp/n/nafc9b2d680ae ▼ミッションと事業ドメイン 昨今、日本国内において SaaS (Software as a Service) が普及し始めています。 今まで手動でやっていた事は自動化され、社内の情報共有も円滑になる。 これから労働人口が激減していく日本にとって、SaaSが普及することは素晴らしいことですよね。 しかし、 SaaS が増えれば増えるほど、SaaS間のデータの連携は重要性を増していきます。 例えば - 名刺管理システムと顧客管理システムでデータを同期したい - スプレッドシートからSlackに情報を共有したい といったことは日常的に行われます。 そこで、弊社はプログラミングすることなく、自ら自動化を行えるオートメーションプラットフォームを開発しています。 今までは一部のエンジニアや、リテラシーが高い人しかできていなかった自動化をビジネス職の人でも自ら自動化できる、そんな世界を実現したいと考えています。 ▼特徴は? SaaS 間のインテグレーションを可能にするサービスは海外では珍しくありません。 しかし、国内には類似サービスはほぼありません。 それは海外と日本では SaaSの普及率に差があるためです。 Anyflowは、国内の SaaS を中心にインテグレーションを可能にするプロダクトです。 Anyflow には、お客さんが「どういったSaaSを組み合わせているのか」といったワークフローのデータが溜まっていきます。 このデータを用いて、自動化のベストプラクティスが集まったオートメーションプラットフォームを目指していきます。 具体的には - 「どの SaaS を組み合わせれば会社の売上が上がるのか?」 - 「どの SaaS が今の会社のフェーズにあっているのか?」 といったレコメンドを可能にしていきます。 ▼本ポジションの業務内容 自社プロダクトであるAnyflowの開発がメインになります。 iPaaS としての土台になるワークフローエンジンの開発や国内外様々なSaaSとの連携コネクタの開発を行っていただきます。 - Anyfow Core開発 - Python で自社開発したワークフローエンジンの新機能の実装・改善、バックエンドシステムのアーキテクチャ設計 - API開発 - フロントエンジニアとやり取りをしながら FastAPI を用いたAPIの実装・改善、ミドルウェア・フレームワーク等の技術選定・検証 - 連携コネクタ開発 - 国内外様々なSaaS企業が提供する API を元に Anyflow と接続するためのコネクタの実装、改善 ▼仕事の進め方 開発手法にはスクラム開発を導入しています。 スプリント毎に開発タスクの見積もり(リファインメント)やプランニング、振り返り(レトロスペクティブ)を行います。 またこれによって開発スケジュールに無理の生まれないような継続的製品リリースを目指しています。 ▼ Anyflowで働く魅力 ▽ 市場環境 SaaS 市場は年間15%規模で成長しているアップサイドの市場です。またコロナによる環境変化も相まってSaaSを用いたDXの取り組みは今後更に加速していくことが期待できます。 ▽ エンジニアが働きやすい環境 弊社はファウンダーが全員エンジニアの為、「効率化」を非常に大切にしています。その為、メンバーが生産性高く業務遂行してもらえるようリモートワーク制度を取り入れています。 ▽ メンバーについて Anyflowは、3人で創業されましたが、全員がエンジニアの会社です。 プロダクトを中心に考えており、エンジニアドリブンな組織です。 半分以上はエンジニアが在籍しています。
【SaaS事業】フロントエンジニア

【SaaS事業】フロントエンジニア

人の生活を変えるSaaSのUXにこだわりたいフロントエンジニア募集
▼Anyflow とは? Anyflowは、SaaS と SaaS を統合して、組織の成長へ導く iPaaS (integration Platform as a Service) のプロダクトです。 ▽ iPaaSとは? ・iPaaSとは何?導入するメリットやどんな製品があるのかを解説します https://blog.anyflow.jp/n/nafc9b2d680ae ▼ミッションと事業ドメイン 昨今、日本国内において SaaS (Software as a Service) が普及し始めています。 今まで手動でやっていた事は自動化され、社内の情報共有も円滑になる。 これから労働人口が激減していく日本にとって、SaaSが普及することは素晴らしいことですよね。 しかし、 SaaS が増えれば増えるほど、SaaS間のデータの連携は重要性を増していきます。 例えば - 名刺管理システムと顧客管理システムでデータを同期したい - スプレッドシートからSlackに情報を共有したい といったことは日常的に行われます。 そこで、弊社はプログラミングすることなく、自ら自動化を行えるオートメーションプラットフォームを開発しています。 今までは一部のエンジニアや、リテラシーが高い人しかできていなかった自動化をビジネス職の人でも自ら自動化できる、そんな世界を実現したいと考えています。 ▼特徴は? SaaS 間のインテグレーションを可能にするサービスは海外では珍しくありません。 しかし、国内には類似サービスはほぼありません。 それは海外と日本では SaaSの普及率に差があるためです。 Anyflowは、国内の SaaS を中心にインテグレーションを可能にするプロダクトです。 Anyflow には、お客さんが「どういったSaaSを組み合わせているのか」といったワークフローのデータが溜まっていきます。 このデータを用いて、自動化のベストプラクティスが集まったオートメーションプラットフォームを目指していきます。 具体的には - 「どの SaaS を組み合わせれば会社の売上が上がるのか?」 - 「どの SaaS が今の会社のフェーズにあっているのか?」 といったレコメンドを可能にしていきます。 ▼本ポジションの業務内容 自社プロダクトであるAnyflow の Web アプリ (SPA) の開発に携わっていただきます。 具体的には以下を想定しています。 - React, Typescript を用いた Web アプリの設計・実装 - 新機能や改善について、サーバーサイドエンジニアやプロダクトオーナーとやりとりしながら仕様策定をし、フロントエンドの設計から実装まで幅広い業務をお任せいたします。小さいチームですので、UX 的な観点で UI も一緒に考えていただく場合もあります。 - LP やコーポレートサイト(どちらも React)のコーディング - 基本的には Web アプリの開発をしていただきますが、コーディングもお願いする場合もあります。 少数精鋭でやっている為、希望があればフロント以外の幅広い開発も経験可能です! 幅広い経験を積んでいきたい方には楽しんでいただける環境です。 現在はフロントエンドエンジニアは2名体制で時にはペアプログラミングを行いながら開発を進めております。 技術領域のみならず、良いプロダクトとはどんなものかを考えながら開発を行うことを大切にするチームです。 ▼仕事の進め方 開発手法にはスクラム開発を導入しています。 スプリント毎に開発タスクの見積もり(リファインメント)やプランニング、振り返り(レトロスペクティブ)を行います。 またこれによって開発スケジュールに無理の生まれないような継続的製品リリースを目指しています。 ▼ Anyflowで働く魅力 ▽ 市場環境 SaaS 市場は年間15%規模で成長しているアップサイドの市場です。またコロナによる環境変化も相まってSaaSを用いたDXの取り組みは今後更に加速していくことが期待できます。 ▽ エンジニアが働きやすい環境 弊社はファウンダーが全員エンジニアの為、「効率化」を非常に大切にしています。その為、メンバーが生産性高く業務遂行してもらえるようリモートワーク制度を取り入れています。 ▽ メンバーについて Anyflowは、3人で創業されましたが、全員がエンジニアの会社です。 プロダクトを中心に考えており、エンジニアドリブンな組織です。 半分以上はエンジニアが在籍しています。