株式会社MCデータプラス の全ての求人一覧
株式会社MCデータプラス の全ての求人一覧

【建設クラウド】CTO候補(責任者)

国内シェアNo.1を誇る建設業界特化型Vertical SaaSの最高技術責任者
国内シェアNo.1を誇る建設業界特化型Vertical SaaSの最高技術責任者 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、現在業務委託中心で構成されている120名のエンジニア組織の内製化を進めて、事業基盤の拡大、更なるプロダクトの開発・改善速度の向上を実現しようとしています。 一方現在の経営陣に技術的バックグラウンドを持っているメンバーがおりません。 そのため、経営と技術を適切に結びつけることができず、技術的観点をもとにした経営・事業戦略の立案と実行に至っておりません。また、高品質なプロダクトを生産し続けるための開発組織・文化・チームを定義し、良質なソフトウェア資産を生産するための仕組みづくりなども後手にまわっています。 上記の責務を担っていただき、会社および事業の成長を牽引できるCTOに入社頂くことで会社の成長角度がさらに上がると確信しております。 【ミッション】 経営・事業戦略を技術面の意思決定者として参画し、技術的観点を活かした経営人材として、会社および事業の成長を推進していただきます。 【業務内容】 - ボードメンバーとしての経営判断への参画 - 中長期を見据えたプロダクトロードマップの作成、実行 - プロダクト開発における技術スタック、優先度、あらゆる問題の技術的な解決、プロセスの最適化などの意思決定 - エンジニア組織の内製化に向けて、組織計画、評価制度、採用計画の設計と推進 - 企業ブランディングを目的とした外部発信 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 既存ビジネスを基盤に勝率の高いプロダクト開発が可能 - 建設業界で約5割が利用するグリーンサイトの顧客データを活用し、勝率の高いプロダクトを創造することが可能です 3. 豊富な開発資金 - 年商30億円の資金をもとに、第2・第3の柱となる新規プロダクトの創出に向けて惜しまず開発投資をします。 4. 第二創業期に向けた重要なポジション - 技術的観点を持った経営陣として、中長期的な視点で事業・プロダクト・組織の成長と拡大を推進することができるCTOを探しています 5.エンジニア組織の内製化の経験を獲得 - 組織拡大や内製化のための制度設計や戦略策定などの難易度が高い課題に挑戦できます。

【建設クラウド】UI/UXデザイナー(責任者)

UI/UXデザイナーとして新規プロダクトの立ち上げをお任せ 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれからもグリーンサイトを中心に市場に必要とされる様々な新規プロダクトを開発していきます。そのためにはユーザーの使いやすさ、体験価値を重視して提供することが必要不可欠です。サービス全体のUI/UXを底上げし、ユーザーの期待を超えるプロダクトを作っていかなければなりません。 これまでは外部パートナーにUI/UXデザインをお任せしていましたが、プロダクトの急成長に伴い内製化する運びとなり、今回UI/UXデザイナーを募集する運びとなりました。 【ミッション】 今後より一貫性のあるユーザー体験、デザインを設計するために、様々な部署とも関わっていただき、サービス全体のデザイン品質を研ぎ澄ますことがミッションです。 【業務内容】 - デザインプロセス全体の設計 - ユーザー調査の設計と実施 - ユーザー体験の設計 - サービスのコンセプトの設計 - 新規サービスに関わる企画・デザイン - ワイヤーフレーム、プロトタイプの制作 - デザイン実装(Webコーディング) - ガイドライン/スタイルガイドの構築・運用 - 他部門との連携によるサービスのグロースハック 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 第二創業期に向けた重要なポジション - これまで外部パートナーにお任せしていましたが、第二創業期を迎えたタイミング正社員雇用を始めました。そのため、デザイナーチームの立ち上げや仕組み作りを0から経験できます。 3. 複数プロダクトのUI/UXデザインに挑戦 - 当社はグリーンサイトをはじめ、複数のプロダクト展開をしております。複数プロダクトの共通デザイン/体験の設計を経験できるのでやりがいと面白さがあります。 4. 新規プロダクト立ち上げにチャレンジ - 建設業界の課題解決に向けて「建設サイト・シリーズ」として今後も様々な新規プロダクトを開発予定です。その新規プロダクト立ち上げに関わることができます。

【建設クラウド】VPoE候補(責任者)

エンジニア組織の生産性最大化を目指し、理想のエンジニア組織づくりを牽引するVPoE 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、現在業務委託中心で構成されている120名のエンジニア組織の内製化を進めて、事業基盤の拡大、更なるプロダクトの開発・改善速度の向上を実現しようとしています。 内製化を進めつつ、120名のエンジニア組織の生産性を向上させることが、会社の成長角度をあげることの最重要課題だと認識しており、VPoEの採用を開始いたしました。 【ミッション】 社員が多様な働き方を選択出来る環境を実現し、個人の生産性が最大限になるようにエンジニアリング組織のマネジメントやチームビルディング、エンジニア文化のドライブを牽引していただきます。 【業務内容】 - エンジニア組織に対する、組織計画、要員計画の策定 - エンジニア採用戦略・企画・運用のご経験 - エンジニアの生産性測定方法・評価制度設計 - システムベンダーのマネージメント 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 豊富な開発資金 - 年商30億円の資金をもとに、第2・第3の柱となる新規プロダクトの創出に向けて惜しまず開発投資をします。 3. 組織開発や開発チームの立ち上げ経験を獲得できる - 組織拡大や内製化のための制度設計や戦略策定などの難易度が高い課題に挑戦できます。 4. 第二創業期に向けた重要なポジション - 急角度での成長を目指し、業務委託中心のエンジニア組織の内製化に向けて、開発組織の制度設計ができ開発組織を牽引していただけるVPoEを探しています。

【建設クラウド】アカウントマネージャー

【募集背景】 弊社は2015年に三菱商事からスピンオフした業界特化型SaaS 事業を展開するベンチャー企業です。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、建設テックのリーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」や独自資格保有者管理サービス「スキルマップサイト」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手から中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続けている弊社ではありますが、事業の成長に対して組織の成長が追いついていません。 そこで、今回は弊社の更なる成長に向けてアカウントマネージャーのリーダー層の採用に至る背景となりました。 そこで、今回は弊社の更なる成長に向けてビジネスディベロップメント部門のリーダー候補となっていただき、事業の牽引をしていただく方の採用に至る背景となりました。 【ミッション】 日本を代表するスーパーゼネコンを中心に業界や企業の課題をヒアリングし、課題解決に向けた最適なソリューション提案、中長期的なイシューの解決を実践し建設業界のDX推進を目指していただきます。 【仕事内容】 顧客とのフロントに立ち、戦略上の重要な意思決定をリードするためのリレーションの構築とソリューションの提案・推進を行なっていただきます。 【業務内容】 - スーパーゼネコンを顧客とした、中期的なリレーション構築 - 顧客のニーズ・課題をヒアリングし、適切なソリューション提案の実施 - プロダクトとしての戦略と顧客意向をすりあわせるための折衝 【魅⼒】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業の中で2番目の市場規模を持つ建設業界のDX推進をリードする第一人者として社会的に大きなインパクトがある取り組みに関われる。 2. 裁量の大きさ - 顧客と最も近い接点でチームを牽引し、事業拡大をリードできる裁量がある 3. 事業開発の責任者としてのキャリアステップ - 上位レイヤーの事業単位で責任をもつ立場へのキャリアアップの機会があります

【建設クラウド】カスタマーサクセス(リーダー候補)

国内シェアNo.1の建設業界特化Vertical SaaSで顧客の事業成長をリードするカスタマーサクセス
国内シェアNo.1の建設業界特化Vertical SaaSで顧客の事業成長をリードするカスタマーサクセス 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 一方で、毎月増え続ける利用企業様にて、より有効的に活用いただくためには、積極的なサポートやソリューション提案が必要ですが、現在そこのリソースが不足している状況です。 そこで建設現場の最前線にいる作業現場の業務改善を推進し、建設現場のDX化を推進を担う、カスタマーサクセスの採用に至る背景となりました。 【業務内容】 - 弊社プロダクトのカスタマーサクセス業務 - セールスの営業に同行し、技術面でのソリューション提案 - グリーンサイト等の「建設サイトシリーズ」のSaaSセットアップ(導入支援) - 顧客ニーズを把握し、SaaSプロダクトの改善提案 - 顧客のビジネス成功に向けたプロジェクトの管理全般業務 【魅⼒】 1.日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2.顧客のビジネス成功を共に実感 - 業界標準サービスのカスタマーサクセスとして顧客と最も近い接点で価値提供ができ、顧客の成功を共に分かち合える。 3. 未来の幹部候補 - 社員50名程で売上30億を達成していますが、事業成長に対して社内組織が追いついていません。既存事業の成長はもちろん、新規事業も立ち上げており、今のタイミングで入社いただける方は将来の幹部候補として考えております。

【建設クラウド】セキュリティエンジニア(リーダー候補)

建設業界7万社以上が利用するVertical SaaSのセキュリティ強化 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 月1千社ペースで利用企業が増加する当社ですが、今後更なる事業成長に向けて、業界シェア50%の圧倒的導入実績を誇るグリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えています。 当社はこれから第二創業期を迎え、急角度で成長しようとしています。そのために、現在業務委託中心で構成されている120名のエンジニア組織の内製化を進めて、プロダクトの開発・改善速度の向上を目指す方針です。 そこで、急成長するうえで欠かせないのがリスクマネジメントです。グリーンサイトを中心に集めた膨大なデータを守っていかなければいけません。 しかし、現在セキュリティ専任担当がいない状況です。今後お客様に、より安心して当社のサービスをご利用いただけるように、また、セキュリティ観点で将来を見据えて先手を打っていきたいと考え、セキュリティエンジニアの募集を開始する背景となりました。 【ミッション】 建設業界7万社以上の企業情報、国内建設業従業員の約5割の個人情報等のデータを守ることがミッションです。 セキュリティエンジニアとして、コーポレートおよびプロダクトに関する包括的なセキュリティ管理の戦略の立案、実行を担っていただきます。 【業務内容】 - クラウド型ソフトウェア開発における、セキュリティ設計・開発支援業務 - 既存データのセキュリティ対策 - 脆弱性情報の収集、分析および社内での対策活動 - マルウェア対策に関わる業務 - プロダクト・コーポレート等のセキュリティポリシーの策定 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 自社プロダクトのセキュリティ管理にも関与 - コーポレートのセキュリティだけでなく、建設業界で7万社以上が導入する自社プロダクトのセキュリティにも携わることが可能です。 3. 戦略立案から実行まで幅広く挑戦が可能 - 現在専任担当者が不在のため、セキュリティに関する戦略立案から実行まで幅広く挑戦でき、セキュリティ技術のスペシャリストを目指せます。 4. 第二創業期に向けた重要なポジション - 当ポジションを牽引できる人材が社内に不足しているため、成果によってはCISOとしてのキャリアパスも可能です。

【建設クラウド】ビジネスディベロップメント(シニア)

建設業界のDXを推進をリードするBizDev部門の責任者候補
【募集背景】 弊社は2015年に三菱商事からスピンオフした業界特化型SaaS 事業を展開するベンチャー企業です。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、建設テックのリーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」や独自資格保有者管理サービス「スキルマップサイト」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手から中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続けている弊社ではありますが、現状マネジメント層・リーダー層の人員不足のために組織の成長が追いついていません。 そこで、今回は弊社の更なる成長に向けて、弊社の事業・プロダクト戦略を牽引していただく方の採用に至る背景となりました。 【ミッション】 事業成長に貢献する強いBizDevチームを構築し、継続的に成長・拡張を牽引していただきます。 【仕事内容】 戦略顧客のイシュー解決と、その実行を通した事業機会の創出・事業戦略の推進 【業務内容】 - 事業・プロダクト戦略とアラインする顧客戦略の設計と推進 - 戦略顧客などステークホルダーとのリレーション構築 - 顧客のビジネスイシューを分析し、解決のためのソリューション設計 【魅⼒】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業の中で2番目の市場規模を持つ建設業界のDX推進をリードする第一人者として社会的に大きなインパクトがある取り組みに関われる。 2.数値達成のため営業ではなく、イシュー解決の手段としての営業 - KPIなどの成果主義ではなく、プロセス主義の組織文化 - 顧客と最も近い接点でチームを牽引し、事業開発をできる機会がある 3.重要なポジションへのキャリアパス - 年々成長を遂げているものの、ビジネスディベロップメント人材が社内に不足しているため、役職者のポジションが空いており、成果によっては短期間での昇進が可能

【建設クラウド】ビジネスディベロップメント(リーダー候補)

売上30億円を超える成長Vertical SaaSのビジネスディベロップメント
【募集背景】 弊社は2015年に三菱商事からスピンオフした業界特化型SaaS 事業を展開するベンチャー企業です。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、建設テックのリーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」や独自資格保有者管理サービス「スキルマップサイト」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手から中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続けている弊社ではありますが、現状マネジメント層・リーダー層の人員不足のために組織の成長が追いついていません。 そこで、今回は弊社の更なる成長に向けてビジネスディベロップメント部門のリーダー候補となっていただき、事業の牽引をしていただく方の採用に至る背景となりました。 【ミッション】 日本を代表するスーパーゼネコンを中心に業界や企業の課題をヒアリングし、課題解決に向けた最適なソリューション提案、中長期的なイシューの解決を実践し建設業界のDX推進を目指していただきます。 【仕事内容】 戦略顧客のイシュー解決と、その実行を通した事業機会の創出・事業戦略の推進 【業務内容】 - 事業・プロダクト戦略とアラインする顧客戦略の設計と推進 - 戦略顧客などステークホルダーとのリレーション構築 - 顧客のビジネスイシューを分析し、解決のためのソリューション設計 【魅⼒】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業の中で2番目の市場規模を持つ建設業界のDX推進をリードする第一人者として社会的に大きなインパクトがある取り組みに関われる。 2.数値達成のためではなく、イシュー解決の手段としての事業開発 - KPIなどの成果主義ではなく、プロセス主義の組織文化 - 顧客と最も近い接点でチームを牽引し、事業開発をできる機会がある 3.重要なポジションへのキャリアパス - 年々成長を遂げているものの、ビジネスディベロップメント人材が社内に不足しているため、役職者のポジションが空いており、成果によっては短期間での昇進が可能

【建設クラウド】プロジェクトマネージャー(責任者)

PMFを目指す新規プロダクトの開発推進を担うプロジェクトマネージャー
【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、事業の成長に対して、組織の成長が追いついていない状況です。また、各部署間の連携や開発プロセスも適切でない部分が多々あります。 そこで、業務委託中心の120名規模のエンジニア組織と更にスピード感を持ちながら、高品質のプロダクトをリリースするために、プロダクトマネージャーと開発チームを支援する重要な役割のプロジェクトマネージャーを採用する背景となりました。 今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えています。それを実現するために、スーパーゼネコンを対象とした数多くのPoC案件が走っており、そのプロジェクトをオーナーシップを持ってリードしていただきたいと考えています。 【ミッション】 スーパーゼネコンのニーズを吸い上げ、開発状況や事業計画の見直し、社内外との各種調整も含め、PoC案件の推進がミッションになります。 【業務内容】 - 事業・プロダクト戦略に沿ったプロジェクトの全体設計 - プロジェクトの課題管理、プロセス設計などの管理全般業務 - チームの生産性を最大化する仕組みの構築、推進 【魅⼒】 1.日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業の中で2番目の市場規模を持つ建設業界のDX推進をリードする第一人者として社会的に大きなインパクトがある取り組みに関われる。 2. 新規プロダクトのラインナップ - プロダクトとして創りたいラインナップが多くあり、プロジェクトの案件・体制が整っているので、あと役割を担える方を探しています。 3. 新規サービスの事業化推進 - プロジェクト案件をベースに汎用化できる新規プロダクトの開発推進をお任せするので、裁量を持って業務に取り組めます。 4. 第二創業期に向けた重要なポジション - 年々成長を遂げているものの、プロジェクトマネージャーが社内に不足しているため、役職者のポジションが空いており、成果によっては短期間での昇進が可能です。

【建設クラウド】プロダクトマネージャー・VPoP候補(責任者)

Vertical SaaSの新規プロダクト開発の牽引役 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、現在業務委託中心で構成されている120名のエンジニア組織の内製化を進めて、プロダクトの開発・改善速度の向上を実現しようとしています。 そこで今回は、当社の新規プロダクト・新規事業を牽引できるプロダクトマネージャーの採用に至る背景となりました。 【ミッション】 大手ゼネコンを中心に7万社以上が導入する主力プロダクト「グリーンサイト」に続く第2、第3の柱となるプロダクトの創出をプロダクトマネージャーとして担っていただきます。 グリーンサイトで蓄積した膨大な顧客基盤とデータ、豊富な資金、業務委託を含めた120名規模のエンジニアリソースを用いて、建設業界の社会課題を解決するプロダクトを創っていただくことがミッションです。 プロダクトのあるべき姿を策定し、主体的にリードして、エンジニア・デザイナーの力を最大限引き出しながら、プロダクト価値の最大化を期待します。 【業務内容】 - プロダクトの戦略とロードマップ作成 - プロダクトの現状分析、可視化、課題抽出、施策実施 - プロダクトに対する新機能・改善要望の集約・提案・実現に向けた各種取り組み - プロダクト概念設計・技術検証・要件定義・仕様設計・画面設計 - KGI・KPIの策定および分析 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 既存ビジネスを基盤に勝率の高いプロダクト開発が可能 - 建設業界で約5割が利用するグリーンサイトの顧客データを活用し、勝率の高いプロダクトを創造することが可能です。 3. 豊富な開発資金 - 年商30億円の資金をもとに、第2・第3の柱となる新規プロダクトの創出に向けて惜しまず開発投資をします。 4. 圧倒的責任と裁量権 - 新規プロダクトを開発する資金、顧客データ、開発リソースは整っており、プロダクトマネージャーとして意思決定や新規事業の立ち上げに裁量を持って取り組めます。 5. 第二創業期に向けた重要なポジション - 急角度での成長を目指し、業務委託中心のエンジニア組織の内製化に向けて、未来の幹部候補を探しています。

【建設クラウド】プロダクト法務(リーダー候補)

市場規模50兆円の建設業界特化型SaaSを法務面でサポートするプロダクト法務
市場規模50兆円の建設業界特化型SaaSを法務面でサポートするプロダクト法務 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、既存事業の更なる拡大や新規事業の立ち上げを進めていく段階であります。 このような既存事業の拡大や新規事業の展開時に発生する一般的なリーガルイシューに加えて、業界に特化したリーガルイシューにも配慮した事業設計が必要となります。 そこでプロダクトに関するリスクマネジメントを管理・考慮しながら、事業成長に貢献できるプロダクト法務人材を募集いたします。 【ミッション】 建設業界向けのプロダクト提供において、様々なリスクへの対処や法的課題の解決を通し、法的観点から事業を牽引いただきます。 【業務内容】 - 建設業に特化したプロダクト開発を進めるうえで、法務観点でのドメイン知識キャッチアップ  (e.g. 建設業法、労務安全衛生法の基本的な理解、改正内容のキャッチアップ、対応方針の策定) - 事業企画サポート(新規ビジネスの企画立案からリスク分析等の観点で関与) - 契約実務(作成、審査、管理) - 各サービスの利用規約、プライバシーポリシーなどのドキュメント作成 【魅⼒】 1.日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 建設業界のDX推進をリードする第一人者として社会的に大きなインパクトがある取り組みに関われる。 2.知見の広がり - 圧倒的な導入実績を持つサービスをはじめ、複数プロダクト展開をしているため、法務観点で取り扱う事象が多く知見が広がる 3.事業に踏み込んだ仕事に取り組める - 経営陣と距離が近い環境下で、事業部とも伴走できるため、契約書審査をこなすだけでなく、事業に対して踏み込んで仕事ができる 4. 未来の幹部候補 - 社員50名程で売上30億を達成していますが、事業成長に対して社内組織が追いついていません。既存事業の成長はもちろん、新規事業も立ち上げており、今のタイミングで入社いただける方は将来の幹部候補として考えております。

【建設クラウド】事業管理(責任者)

建設業界シェア50%の主力事業の業務改革推進 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続けています。そこで、当社は第二創業期を迎えたこともあり、組織体制の強化に向けて動き出しました。 これまで支払・請求発行、契約管理、予実管理等をセールスやプロダクト企画などの特定メンバーが対応していたため、属人化が生じていました。今後更なる成長が見込まれる主力事業部「建設クラウド事業本部」では、組織における生産性の向上と個人に依存しない仕組みが必要になります。 そこで既存の運用に捉われず、運用フロー設計・業務改革・管理業務などのあるべき姿を追求していただき、サービスの品質向上とメンバーの生産性向上に寄与していただきたいと考え、建設クラウド事業本部の事業管理担当を採用する運びとなりました。 【ミッション】 建設クラウド事業本部の支払・請求発行、契約管理、予実管理等を事業管理チームで巻き取り、組織が成果を出しやすいように業務の仕組化、効率化を実現することがミッションになります。 管理業務だけでなく、事業部全体にも踏み込み、業務全体の改革を起こしていただくことを期待しています。 【業務内容】 - 管理業務の最適な運用フロー設計・構築 - 業務改革に向けたシステム検討・導入 - 事業部全体の業務改革提案 - 支払・請求発行/管理、契約管理などの管理業務 - 事業KPI/計数などの予実管理 - 委員会/イシュー会議等の事業部MTG運営 - 各種ツール契約・管理業務 - 入社・退社手続き 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える主力事業部の事業管理 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techリーディングカンパニーの建設クラウド事業本部の管理部長として事業を支えられます。 2. 最適な業務運用フローの実現 - 業務運用フローの戦略部分から企画・設計をお任せするので、裁量を持って取り組むことが可能です。 3. 豊富な資金 - 現従業員50名で年商30億円を立てており、資金も豊富になるので最適な運用フローに惜しまず投資ができます。 4. 第二創業期に向けた重要なポジション - 急角度での成長を目指し、今後更なる事業拡大に向けて、管理部門を統括する未来の幹部候補を探しています。

【建設クラウド】開発マネージャー(責任者)

複数の開発チームの技術戦略から開発フローの責任と裁量を持つ開発マネージャー 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、グリーンサイトに続くプロダクトの開発に取り組んでいます。 そこで今回は、120名の業務委託中心のエンジニア組織のトップの一員として、複数の開発チームをマネジメントし、組織課題の改善と事業拡大に向けた技術戦略の策定・推進を担っていただく開発マネージャーの採用に至る背景となりました。 【ミッション】 当社が展開する複数のプロダクトに対して、開発マネージャーとして品質管理や機能追加・改善のマネジメントを行い、将来の事業拡大戦略に沿って、システム戦略、組織戦略を策定・遂行することがミッションになります。 【業務内容】 - システム・IT観点からの方針決定、対応方法の判断 - 事業拡大に向けたシステム戦略、アーキテクチャー選定 - プロダクト開発チームのマネジメント - 進行管理などのプロジェクトマネジメント業務 - 新技術の調査、全社的な技術選定のリード - 開発業務プロセスの改善・最適化 - エンジニア組織に対する全体マネジメント(組織構成の計画・推進、要員配置、採用・育成) 【開発環境】 - 言語:Java、JavaScript、Python、TypeScript - フレームワーク:Spring、React、Express - データベース:Amazon Aurora、Amazon DynamoDB、MongoDB Atlas、MySQL - ソースコード管理:Github - プロジェクト管理:Jira、Github、Redmine、Notion - 情報共有ツール:slack、Teams - その他:AWSサービス全般、DataDog、CircleCI、Jenkins、SendGrid、Postman 等 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 既存ビジネスを基盤に勝率の高いプロダクト開発が可能 - 建設業界で約5割が利用するグリーンサイトの顧客データを活用し、勝率の高いプロダクトを創造することが可能です。 3. 圧倒的責任と裁量権 - 複数プロダクトの開発マネージャーとして中長期的視点での技術選定、開発フローなどの意思決定ができる環境です。 4. 豊富な開発資金 - 年商30億円の資金をもとに、第2・第3の柱となる新規プロダクトの創出に向けて惜しまず開発投資をします。 5. 第二創業期に向けた重要なポジション - 急角度での成長を目指し、業務委託中心のエンジニア組織の内製化に向けて、未来の幹部候補を探しています。

【建設クラウド】開発リーダー(責任者)

勝率の高い新規Vertical SaaSの開発リーダー 【募集背景】 当社は2015年に三菱商事からスピンオフしたVertical SaaSを展開するスタートアップです。 国交省が発表する日本国内の建設業従業員数330万人のうち、約5割の160万人が登録するクラウド管理サービス「グリーンサイト」を軸に、Con Tech(建設テック)リーディングカンパニーとして建設現場のデジタル化を先導しています。 2020年には作業間連携サービス「ワークサイト」やデータ分析クラウドサービス「cacicar(カシカル)」などのプロダクト展開も行い、スーパーゼネコンを中心に、準大手、中堅など7万社以上の企業様に導入いただいております。 現在も、月1千社ペースで利用企業が増加し、急角度で成長を続ける当社ではありますが、今後さらなる成長のために、グリーンサイトに続く第2、第3の柱となるプロダクトを開発していきたいと考えます。 これまで築き上げてきた顧客基盤・データを活用し、今後は施工管理領域の業務の川上だけでなく川下まで全てのフローをカバーできる戦略を立てています。実際に有名スポーツメーカーともコラボして建設従業員向けの作業靴のサブスクサービスもはじめました。 当社はこれから第二創業期を迎え、現在業務委託中心で構成されている120名のエンジニア組織の内製化を進めて、プロダクトの開発・改善速度の向上を実現しようとしています。 そこで今回は、当社の新規・既存プロダクトを牽引できる開発リーダーの採用に至る背景となりました。 【ミッション】 大手ゼネコンを中心に7万社以上が導入する主力プロダクト「グリーンサービス」に続く第2、第3の柱となるプロダクト開発がミッションです。 10名程度の開発チームをマネジメントしながら、要件定義、設計、実装、テストの全ての工程に携わっていただきます。 【業務内容】 - 新機能追加に関する設計/開発/テスト - 機能改修に関する設計/開発/テスト - 進行管理などのプロジェクトマネジメント業務 - コードレビューやテスト計画による品質維持/向上 - 新技術の調査、全社的な技術選定のリード - 開発に必要な体制の提案/構築 - 開発業務プロセスの改善・最適化 【開発環境】 - 言語:Java、JavaScript、Python、TypeScript - フレームワーク:Spring、React、Express - データベース:Amazon Aurora、Amazon DynamoDB、MongoDB Atlas、MySQL - ソースコード管理:Github - プロジェクト管理:Jira、Github、Redmine、Notion - 情報共有ツール:slack、Teams - その他:AWSサービス全般、DataDog、CircleCI、Jenkins、SendGrid、Postman 等 【魅力】 1. 日本のモノづくりを支える建設業界のDX推進 - 日本の産業で2番目の市場規模を持つCon Techの第一人者として社会的に大きなインパクトある取り組みに関われます。 2. 既存ビジネスを基盤に勝率の高いプロダクト開発が可能 - 建設業界で約5割が利用するグリーンサイトの顧客データを活用し、勝率の高いプロダクトを創造することが可能です。 3. 圧倒的責任と裁量権 - 単体プロダクトの開発リーダーとして中長期的視点での技術選定、開発フローなどの意思決定ができる環境です。 4. 豊富な開発資金 - 年商30億円の資金をもとに、第2・第3の柱となる新規プロダクトの創出に向けて惜しまず開発投資をします。 5. 第二創業期に向けた重要なポジション - 急角度での成長を目指し、業務委託中心のエンジニア組織の内製化に向けて、未来の幹部候補を探しています。