株式会社LegalForce 全ての求人一覧法務プロフェッショナル の求人一覧
株式会社LegalForce 全ての求人一覧

【正社員】マーケター(法務経験者)

法務経験を活かし、リーガルテック領域の自社プロダクトを広めるマーケター募集!
直近勢いを見せているマーケットの一つ、リーガルテック領域で、法務の知見を活かしてマーケットを広げていってくれる方を募集しています。 #職務概要 職種:マーケティング(キャンペーン企画担当) 商材:AIを活用した契約書レビューサービス“LegalForce” ターゲット層:上場企業・大手企業の法務部の方々や弁護士 #業務イメージ マーケティングの中でも、法務経験を活かして法務部や法曹の方に伝わるようにリーガルテックや自社製品をアピールするキャンペーンを企画・運営する仕事です。 具体的な手法としては、 ・セミナー / WEBセミナー開催 ・展示会参加 ・メディア運営 等々が考えられますが、これをどういった優先順位でどれぐらいリソースを割いて展開するべきかから、マーケティングマネージャーと相談して決めていきます。

【正社員】弁護士

リーガルテック業界の一線で共に盛り上げてくれる弁護士を募集!
話題のリーガルテック業界の一線で働き、共に盛り上げていく弁護士の方を募集しています。 弊社プロダクトである「LegalForce」では、2019年4月1日の正式版リリース以降、1000社(2021年7月時点)を超える多くのユーザー様(企業法務部・法律事務所等)にご利用いただいており、「LegalForce」の中でも基幹サービスとなる契約書レビュー機能も進化を続けております。 この「法務開発部門」ポジションでは、契約書レビュー機能における指摘事項の内容の検討を中心に、顧客からのヒアリング等を基にした機能改善、新機能の提案・開発といった業務を担当いただきます。加えて、LegalForceで提供しているひな形の管理といった法務コンテンツ監修業務も担当いただきます。法律の知識を活かしつつ、弁護士の枠を超えて、ビジネスの一線で活躍をしていただきます。 また、法務関係者の間でも話題となっている2020年8月にリリースしたLegalForceのオウンドメディアである「契約ウォッチ」の運営、記事の作成・監修、セミナーの講師等も担当いただきます。 加えて、昨年開催した3500人を超える方々に申し込みいただいてご好評いただいたLegalForce Conferenceといった弊社が企画する各種カンファレンスに携わっていただき、法務のトップランナーの方々とご一緒させていただける機会等も随時あります。 社内及び法務開発部門には、 渉外事務所における海外案件の実務経験を有する弁護士(64期) 法律事務所と省庁での実務経験を有する弁護士(65期) IT企業の企業内弁護士の実務経験を有する弁護士(67期) 大企業の企業内弁護士の実務経験を有する弁護士(68期) 等、様々なバックグラウンドを持った弁護士が所属しており、実務的な議論を通じた法務知識の強化・成長もできる環境です。社内で定期的な勉強会も開催しています。 昨今、注目度が日々上がっているリーガルテックマーケットで、具体的なプロダクトをチームで0から1に、1から100に成長させていき、この業界のパイオニアとして一緒に法務の新たなスタンダードを作っていきましょう!法務業界に革命を起こしていく仲間を募集しています。 <職務内容> 【法務開発部門 和文ユニットメンバー】 ・自動レビュー機能の法務観点からの内容の検討 ・自動レビュー機能の機能改善、新機能の提案・開発 ・オウンドメディア「契約ウォッチ」の運営、記事の作成・監修 ・「LegalForce」サービスに関連する法律コンテンツの作成・監修 <参考記事> LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下のサイトでご確認ください! ・LegalForce wantedlyストーリーページ https://www.wantedly.com/companies/legalforce/feed ・メンバーインタビュー 「四大法律事務所からLegalForceへ!LegalForceの開発を担う弁護士が描くLegalForceの未来」    https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/321468

【正社員】弁護士(英米法)

リーガルテック業界の一線で英語能力を用いて共に盛り上げてくれる弁護士を募集!
話題のリーガルテック業界の一線で働き、英語能力を用いて共に盛り上げていく弁護士の方を募集しています。 弊社プロダクトである「AI契約書レビュー支援ソフトウェア」では、2019年4月1日の正式版リリース以降、1000社(2021年7月時点)を超える多くのユーザー様(企業法務部・法律事務所等)にご利用いただいており、「AI契約書レビュー支援ソフトウェア」の中でも基幹サービスとなる契約書レビュー機能も進化を続けております。 2020年7月1日から、従来の和文のレビュー機能に加えて、日本で初めての英文レビュー機能の正式版をリリースしており、多くのユーザー様にご利用いただいております。 この英文レビュー機能における指摘事項の内容の検討、英文契約書の内容分析といったことを中心に、英文レビュー機能の開発のロードマップの検討にも携わっていただきます。また、自ら直接ユーザー様へのヒアリングにも参加いただき、生の声を反映した機能改善にも積極的に加わっていただきます。加えて、AI契約書レビュー支援ソフトウェアで提供しているひな形の管理といった法務コンテンツ監修業務も担当いただきます。法律の知識を活かしつつ、弁護士の枠を超えて、ビジネスの一線で活躍をしていただきます。 さらに、法務関係者の間でも話題となっている2020年8月にリリースした弊社のオウンドメディアの運営、記事の作成・監修、セミナーの講師等も担当いただきます。例えば、昨年開催した3500人を超える方々に申し込みいただいてご好評いただいたConferenceといった弊社が企画する各種カンファレンスに携わっていただき、法務のトップランナーの方々とご一緒させていただける機会等も随時あります。 英文レビュー機能開発チームには、国内大手渉外事務所出身者、ニューヨークの企業のインハウス出身者といったニューヨーク州弁護士等が所属しており、実務的な議論を通じた国際法務知識の強化・成長もできる環境です。 昨今、注目度が日々上がっているリーガルテックマーケットで、具体的なプロダクトをチームで0から1に、1から100に成長させていき、この業界のパイオニアとして一緒に法務が抱える悩み・問題点を解決していきましょう!法務業界に革命を起こしていく仲間を募集しています。 <職務内容> ・英文レビュー機能の法務観点からの内容の検討 ・英文レビュー機能の開発のロードマップ検討 ・ユーザー様への直接のヒアリングを通じた機能改善検討 ・英文レビュー機能以外のLegalForceの英文関連コンテンツの作成 <参考記事> LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下のサイトでご確認ください! ・LegalForce wantedlyストーリーページ https://www.wantedly.com/companies/legalforce/feed ・メンバーインタビュー 「四大法律事務所からLegalForceへ!LegalForceの開発を担う弁護士が描くLegalForceの未来」    https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/321468

【正社員】法務コンテンツ開発・分析(和文担当)

法務経験を活かして話題のリーガルテック事業に携わりたい方を募集!
LegalForceにおいて、AIによる契約書レビュー機能における指摘事項の検討、契約書の内容分析、お客様に提供するひな型の企画・管理等を担っていただく企業法務経験者を募集しています。 弊社プロダクトである「LegalForce」では、2019年4月1日の正式版リリース以降、1000社(2021年7月時点)を超える多くのユーザー様(企業法務部・法律事務所等)にご利用いただいており、「LegalForce」の中でも基幹サービスとなる契約書レビュー機能も進化を続けております。 このAI契約書レビュー機能の指摘事項の検討、同機能の開発に必須の契約書分析を中心に、「LegalForce」上でお客様に提供している契約書ひな型・各種書式の企画・整備等も含めたコンテンツ開発全般に広く携わっていただきます。 AI契約書レビュー機能の開発工程に広く関り、業務の進め方自体の見直しをご検討いただくことも可能です。 これまで企業法務で培われたご経験を、製品開発・サービスへダイレクトに活かすことができる非常に貴重なポジションです。 レビュー機能の開発チームには、海外法務案件の経験を積んできた日本人弁護士、ニューヨークでの長い実務経験を有する弁護士、IT企業のインハウスローヤーの経験がある弁護士等が所属しており、実務的な議論を通じた法務知識の強化・成長ができる環境です。 昨今、注目度が日々上がっているリーガルテックマーケットで、具体的なプロダクトをチームで0から1に、1から100に成長させていき、この業界のパイオニアとして一緒に法務が抱える悩み・問題点を解決していきましょう! 法務業界にイノベーションを起こしていく仲間を募集しています。 <職務内容> ・レビュー機能の法務観点からの内容の検討 ・レビュー機能の開発に必要な契約書分析 ・契約書分析に携わるメンバーのマネジメント(開発スケジュール・工数の管理、法的な知識が必要な質問への対応等) ・お客様に提供する契約書ひな型・各種書式の企画・管理(法改正対応、顧客からの質問対応、新ひな型リリース業務等) <参考記事> LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下のサイトでご確認ください! ・LegalForce wantedlyストーリーページ https://www.wantedly.com/companies/legalforce/feed ・メンバーインタビュー 「四大法律事務所からLegalForceへ!LegalForceの開発を担う弁護士が描くLegalForceの未来」    https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/321468

【正社員】法務コンテンツ開発・分析(英文担当)

法務経験や英語力を活かして話題のリーガルテック事業に携わりたい方を募集!
LegalForceにおいて、英文レビュー機能の開発を行う法務経験者を募集しています。 弊社プロダクトである「LegalForce」では、2020年7月1日から、従来の和文のレビュー機能に加えて、日本で初めての英文レビュー機能の正式版をリリースしており、多くのユーザー様にご利用いただいております。 この英文レビュー機能における指摘事項の内容の検討、英文契約書の内容分析といったことを中心に、英文レビュー機能の開発のロードマップの検討にも携わっていただきます。 英文レビュー機能開発チームには、海外法務案件の経験を積んできた日本人弁護士、ニューヨークでの長い実務経験を有する弁護士や海外のロースクールを卒業しているメンバー等が所属しており、実務的な議論を通じた国際法務知識の強化・成長もできる環境です。 昨今、注目度が日々上がっているリーガルテックマーケットで、具体的なプロダクトをチームで0から1に、1から100に成長させていき、この業界のパイオニアとして一緒に法務が抱える悩み・問題点を解決していきましょう!法務業界にイノベーションを起こしていく仲間を募集しています。 <職務内容> ・英文レビュー機能の法務観点からの内容の検討 ・英文レビュー機能の開発のロードマップ検討 ・英文レビュー機能以外のLegalForceの英文関連コンテンツの作成 <参考記事> LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下のサイトでご確認ください! ・LegalForce wantedlyストーリーページ https://www.wantedly.com/companies/legalforce/feed ・メンバーインタビュー 「四大法律事務所からLegalForceへ!LegalForceの開発を担う弁護士が描くLegalForceの未来」    https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/321468

【正社員】法務担当者

リーガルテック企業で、法務業務を推進
【具体的な業務内容】 ◆法務業務 ・契約審査、法律相談、訴訟・紛争、M&A、ファイナンス等の法務業務 ・コンプライアンス研修、内部通報制度事務局等のコンプライアンス推進業務 ・株主総会運営、取締役会運営、社内規程作成等のコーポレートガバナンス業務 《仕事のやりがい》 ・リーガルテックのリーディングカンパニーで、経営に近い視点で法務業務を推進できる。 ・会社の成長を法務面から支えて、ビジネスと法律の架け橋を担っていただくポジション。 ・組織カルチャーはトップダウンではなくボトムアップ。 ・LegalTech分野で未だかつて存在しなかった全く新しいプロダクトを世に送り出し、日本の法務を変革することができる。 《参考記事》 LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下の記事でご確認ください! ■CLO(最高法務責任者)佐々木の就任記事 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/334069 ■リクルートの法務部からLegalForceへ!ー Profile.6 吹野 加奈 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/158001 ■CEO角田が語るLegalForceのこれまでとこれから https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/302193

【正社員】法務担当者【弁護士資格保有者向け】

弁護士資格を活かし、リーガルテック企業で最先端の企業法務に挑戦
【具体的な業務内容】 ◆法務業務 ・契約審査、法律相談、訴訟・紛争、M&A、ファイナンス等の法務業務 ・コンプライアンス研修、内部通報制度事務局等のコンプライアンス推進業務 ・株主総会運営、取締役会運営、社内規程作成等のコーポレートガバナンス業務 《仕事のやりがい》 ・リーガルテックのリーディングカンパニーで、経営に近い視点で法務業務を推進できる。 ・会社の成長を法務面から支えて、ビジネスと法律の架け橋を担っていただくポジション。 ・組織カルチャーはトップダウンではなくボトムアップ。 ・LegalTech分野で未だかつて存在しなかった全く新しいプロダクトを世に送り出し、日本の法務を変革することができる。 《参考記事》 LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下の記事でご確認ください! ■CLO(最高法務責任者)佐々木の就任記事 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/334069 ■リクルートの法務部からLegalForceへ!ー Profile.6 吹野 加奈 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/158001 ■CEO角田が語るLegalForceのこれまでとこれから https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/302193

【正社員】知財担当(リーダー候補)

リーガルテック企業で、知財戦略の立案と実行を推進を担って頂くポジション!
2021年2月、30億円の資金調達を実施したLegalForceは、2019年4月に初のプロダクトを正式リリースし、1000社(2021年7月時点)のお客様に導入いただいています。リーガルテック領域において全く新しいプロダクトは、高い評価を獲得しています。 さらなる会社拡大・プロダクト成長のために、当社では知財チームの立ち上げに着手しています。これまでは、CLOと法務担当者が知財業務を兼務していましたが、この度、LegalForceの知財機能をお任せできる方を募集します。 最初は、CLOがしっかりとフォローをしながら、LegalForceという会社や固有の知財業務について理解を深めていただき、特許権取得実務を中心に担当いただきます。 また、将来的には、知財Unitのリーダーとして、LegalForceのグローバル知財オペレーションを担っていただきたいと考えています。 ご経験に応じて、やりがいのあるチャレンジングな業務を担当いただきますので、ぜひ、LegalForceの知財戦略を自ら策定し、運用するポジションに応募いただきたいと思います。 【具体的な業務内容】 ◆知財業務 ・知財戦略の立案と実行 ・特許化できる発明の発掘 ・国内外の特権権取得業務 ・自社特許権の行使 ・第三者からの特許権への対応 ・特許調査 ・商標権の取得、管理 《仕事のやりがい》 ・リーガルテックのリーディングカンパニーで、知財戦略の立案と実行を推進できる。 ・社内のエンジニアと距離が近いので、積極的なコミュニケーションをとりながら、最新のテクノロジーの種を発掘し、会社の成長を知財という側面から担っていただくポジション。 ・組織カルチャーはトップダウンではなくボトムアップ。 ・LegalTech分野で未だかつて存在しなかった全く新しいプロダクトを世に送り出し、日本の法務を変革することができる。 《参考記事》 LegalForceはどのような会社・組織なのか、一緒に働くメンバーはどんな人なのか等、ぜひ以下の記事でご確認ください! ■CLO(最高法務責任者)佐々木の就任記事 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/334069 ■リクルートの法務部からLegalForceへ!ー Profile.6 吹野 加奈 https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/158001 ■CEO角田が語るLegalForceのこれまでとこれから https://www.wantedly.com/companies/legalforce/post_articles/302193

【正社員】社内弁護士(法務コンテンツ監修)

弁護士経験を活かし、リーガルテックのマーケティングに携わりたい方募集!
日本の企業法務のアウトプットを高めるためのリーガルテックサービスを多角的に提供することを目指すLegalForceで、マーケティングチーム所属の弁護士を募集します。 通常の弁護士業務では経験することができない業務にチャレンジし、弁護士の枠を超えてビジネスの一線で活躍できる、希少なポジションとなっています。 弁護士としての実務経験を生かし、弁護士や法務人材向けのマーケティング施策の企画立案をしていただくこと、法律のプロフェッショナルとして、LegalForceのオウンドメディア(契約ウォッチ)の質を担保していただくこと、等を期待しております。 本業務は、「契約ウォッチ」のディレクター業務を通じて、幅広い分野における法務の知見を深めることが可能です。 更に、マーケティングチームにはマーケティングの専門家も多数在籍しており、マーケティング業務の知見・経験を得ることも期待できます。 また、社内には企業内弁護士経験や法律事務所と省庁での実務経験を有する弁護士といった64~68期を中心に、様々なバックグラウンドを持った弁護士が所属しており、実務的な議論を通じた法務知識の強化・成長もできる環境です。社内で定期的な勉強会も開催しています。 話題のリーガルテック業界の一線で働き、この業界のパイオニアとして共に盛り上げていっていただく弁護士の方を募集しています。 業務内容: 弁護士資格を生かして、以下のような業務に取り組んでいただきます。 ・弁護士としての知見を生かした各種マーケティング施策(セミナー、カンファレンス、ホワイトペーパー等)の企画立案、実行 ・各種マーケティング施策に関するリーガルチェック ・オウンドメディア(契約ウォッチ)のディレクター業務(企画、記事作成・レビュー等) ※契約ウォッチは、契約書にまつわる役立つ情報を発信するメディアです。 媒体規模:月間閲覧数約30万PV(2021年6月実績) URL:https://keiyaku-watch.jp/

Lawyer

<Overview of Position> LegalForce is looking for an experienced legal professional to develop the English review function. Since July 1, 2020, our product "LegalForce" has released the first official version of English review function in Japan, in addition to the conventional Japanese review function, and it has been used by many users. You will be involved in reviewing the roadmap for the development of the English review function, with a focus on examining the content of the points raised in this function and analyzing the content of English contracts. The English review function development team includes Japanese attorney who has experience in overseas legal matters and NY attorney who has long practical experience in New York providing an environment where you can strengthen and grow your international legal knowledge through practical discussions. As a pioneer in this industry, let's work together to solve the problems and issues facing the legal industry by working together as a team to grow specific products from 0 to 1 and from 1 to 100 in the legal tech market, which is gaining more and more attention! We are looking for people who will create an innovation in the legal industry. <Job Description> ●Review the content of the English review function from a legal perspective ●Create roadmap for development of English review function ●Create English-related content for LegalForce other than the English review function