株式会社 Eukarya の全ての求人一覧
株式会社 Eukarya の全ての求人一覧

1001_[CMS/Flow] Front-end engineer

【Company Overview】 At Eukarya, we develop and provide "Re:Earth," a next-generation open-source WebGIS (Geographic Information System) platform. Re:Earth is known for its high scalability and intuitive user interface. It is the first WebGIS to incorporate a plugin system that operates entirely in the browser. As an open-source platform, Re:Earth is also publicly available. We aim to deliver value created collaboratively with our contributors to society at large, and we showcase our achievements at global conferences such as FOSS4G. 【Roles and Responsibilities】 ・Front-end development using React and TypeScript for OSS products. ・Translating requirements from product owners into implementations. ・Depending on your skills and interests, you may also engage in code reviews, DevOps, QA, and back-end development. 【Remarks】 ・A highly productive front-end environment using React, TypeScript, and GraphQL. ・Robust and scalable server-side development through the use of Go, GCP, Clean Architecture, and Domain-Driven Design (DDD), providing a challenging development experience. ・Operating within a unique OSS-based business model, which is still rare in Japan, allows engineers to perform technically advanced and challenging work in a highly visible manner. For example, developers are credited in our release notes (more details at: https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040 ). 【Please check our blog!】 Company blog:https://note.com/eukarya/ Engineer blog:https://reearth.engineering/

1001_[CMS/Flow] フロントエンドエンジニア / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 今後も安定したサービスを提供していくと同時に、 より大規模かつワールドワイドな展開を目指すことから、 知的好奇心に溢れる優れたエンジニアの方々を募集します。 ◎お願いする業務 ・OSSプロダクトのReact・TypeScriptによるフロントエンド開発。 ・プロダクトオーナーからの要件をもとに実装に落とし込む。 ・スキルや興味次第で、コードレビューのレビュワー・DevOps・QA、バックエンドなども手掛けることが可能。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができる。 (例:リリースノートへの開発者名明記などhttps://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040) ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

1002_[Re:Earth/CMS/Flow] Back-end Engineer

【Company Overview】 At Eukarya, we develop and provide "Re:Earth," a next-generation, open-source (OSS) WebGIS (Geographic Information System) platform. Re:Earth features high scalability and an intuitive user interface. It is the first WebGIS to include a plugin system that operates entirely in-browser. As an open-source project, Re:Earth is publicly accessible. We aim to deliver value created together with contributors to society at large and showcase our achievements at global conferences such as FOSS4G. 【Current Status and Challenges】 Since its launch in the summer of 2021, our main product, the next-generation WebGIS platform "Re:Earth," has rapidly expanded its demand among corporations and governmental agencies, achieving nearly 200 million yen in orders within just six months. The demand for Re:Earth and the scale of projects continue to grow rapidly. To further enhance the basic functions of Re:Earth and to develop features for individual clients, as well as to approach our vision of "creating a world enriched with data," collaboration with more talented engineers is essential. We are committed to providing stable services and aim for larger, more global deployments, actively seeking intellectually curious and skilled engineers to join our team. 【Job Responsibilities】 ・Development of the backend for our OSS products using Go. ・Implementation based on requirements from product owners. ・Depending on your skills and interests, you could also be involved in code reviewing, DevOps, QA, cloud infrastructure development, and frontend development. 【Remarks】 ・Through our use of React, TypeScript, and GraphQL, we offer a highly productive frontend environment. ・Our server-side development uses Go and GCP with Clean Architecture & DDD (Domain-Driven Design), enabling robust and scalable solutions. ・Work on technically advanced and challenging projects within an uncommon OSS-based business model in Japan, where you can significantly make your mark (e.g., developers are credited in the release notes: https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040 ). 【Please check our blog!】 Company blog:https://note.com/eukarya/ Engineer blog:https://reearth.engineering/

1002_[Re:Earth/CMS/Flow] バックエンドエンジニア / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、 2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 今後、Re:Earthの基本機能拡充に加えて、個別クライアントへの機能開発や、 弊社のビジョンである「データを用いたより豊かな文化のある世界」へアプローチしていくためには、 より多くの優れたエンジニアである皆様との出会いと協働が不可欠である、と感じています。 今後も安定したサービスを提供していくと同時に、 より大規模かつワールドワイドな展開を目指すことから、 知的好奇心に溢れる優れたエンジニアの方々を募集します。 ◎お願いする業務 ・OSSプロダクトのGoによるバックエンド(サーバーサイド)開発。 ・プロダクトオーナーからの要件をもとに実装 ・スキルや興味次第で、 コードレビューのレビュワー、DevOps、QA、クラウドインフラ構築、フロントエンドの開発なども携わっていただくことができます。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができる。 (例:リリースノートへの開発者名明記などhttps://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040) ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

1003_[Flow] Back-end Engineer (Rust)

【Company Overview】 Eukarya develops and offers "Re:Earth," a next-generation open-source WebGIS (Geographic Information System) platform equipped with high scalability and an intuitive user interface. As the first WebGIS to feature a browser-operated plugin system, Re:Earth is also publicly available as open-source software. We aim to create significant value in collaboration with our contributors and share our developments broadly, showcasing our work at global conferences such as FOSS4G. 【Current Situation and Challenges】 Since its launch in summer 2021, our main product, the next-generation WebGIS platform "Re:Earth," has rapidly expanded its market presence, securing nearly 200 million yen in orders within just six months, primarily from businesses and governmental organizations. The demand for Re:Earth and the scale of projects continue to grow swiftly. Currently, we are developing "Re:Earth Flow," a new open-source project that will handle GIS data transformation and analysis in addition to visualization. Re:Earth Flow allows users to create transformation pipelines on the web using no-code/low-code visual programming by editing nodes and calling APIs to perform various operations, such as converting CSV to GeoJSON, performing spatial joins, removing attributes, and altering styles. Our goal is to replace tools like FME and enable conversions from CityGML to 3D Tiles, operating on a cloud-native, serverless platform. Future plans include enabling users to install plugins and perform custom computations via WebAssembly. We are seeking intellectually curious engineers with a passion for innovation to develop the backend of our new product, Re:Earth Flow, using Rust. 【Job Responsibilities】 ・Develop Re:Earth Flow using Rust within an open-source setting. ・Participate in architecture design from the ground up, with plans to build on GCP (while ensuring it can be deployed on any cloud, such as AWS, due to its OSS nature). 【Remarks】 ・Engage in a challenging development experience through a highly productive front-end environment using React, TypeScript, and GraphQL, and robust, scalable server-side development utilizing Go, GCP, Clean Architecture, and DDD. ・Work within a rare OSS-based business model in Japan, where engineers can perform highly technical and challenging work in a prominently visible manner (e.g., developers credited in release notes: https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040 ). 【Please check our blog!】 Company blog:https://note.com/eukarya/ Engineer blog:https://reearth.engineering/

1003_[Flow] バックエンドエンジニア(Rust) / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、 2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、 わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Re:EarthではGISデータの可視化を行うことができますが、現在、これに加えGISデータの変換や解析処理を担う、OSSのRe:Earth Flowの新規開発を行っています。 この新規プロダクトのバックエンドの開発に携わる、知的好奇心に溢れる優れたエンジニアの方々を募集します。 ◎お願いする業務 ・Rustによる、Re:Earth Flow(OSS)の開発 Re:Earth Flowとは: ・ノーコード・レスコードで、ビジュアルプログラミングでノードを編集し、様々な変換パイプラインをWeb上で構築できる ・APIなどを呼び出すことで、構築したパイプラインで変換を実行することができる ・例えば、CSVをGeoJSONに変換したり、空間結合を行ったり、属性を取り除いたり、スタイルを変更したりといった、様々な演算や変換を行うことができます ・FMEを置き換え、CityGMLから3D Tilesへの変換が行えることを目標にしています ・クラウドネイティブで、サーバーレスプラットフォーム上で動作する ・将来的には、WebAssemblyによりユーザーがプラグインをインストールして任意の計算を行うことができる仕組みも検討 新規開発でありアーキテクチャ設計から携わることもできます。Rustを基盤に採用し、クラウドサービスをGCP上に構築予定です(OSSなので、AWSなど任意のクラウドにデプロイできるようにする予定)。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、  より顕名的な形で行うことができる。(例:リリースノートへの開発者名明記など  https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040) ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

1004_[Map Engine] Graphics Engineer

【Company Overview】 At Eukarya, we develop and provide "Re:Earth," a next-generation, highly scalable, and intuitive WebGIS (Geographic Information System) platform. Re:Earth is the first WebGIS to feature a browser-operated plugin system and is also available as open-source software. We aim to create and disseminate value in collaboration with our contributors, showcasing our achievements at global conferences like FOSS4G. 【Current Situation and Challenges】 A WebGIS engine refers to libraries like Cesium, Mapbox GL JS, and MapLibre GL JS, which display 3D maps on the web. Eukarya is aiming to develop a new "headless" OSS 3D map engine optimized for 3D urban models. Our goal is to achieve beautiful rendering quality and high-speed performance while easing multi-platform compatibility by implementing the core in Rust/WebAssembly and designing it to allow for interchangeable rendering engines. For more details, please refer to the technical articles and reports by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism (https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/). We are seeking engineers to develop the graphics portion of this next-generation map engine, tasked with creating an innovative 3D map engine that balances performance and aesthetics beyond existing WebGIS engines. Related Article Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism: Fundamental research for developing a WebGIS engine optimized for 3D urban models (https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/). 【Job Responsibilities】 ・Development of a map engine using Rust, WebAssembly, WebGL, and WebGPU. ・Development of related shaders. 【Remarks】 Work on technically demanding and challenging projects within a rare OSS-based business model in Japan, allowing engineers to perform visibly significant work. For more details, visit: https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040. 【Please check our blog!】 Company blog:https://note.com/eukarya/ Engineer blog:https://reearth.engineering/

1004_[Map Engine] グラフィックスエンジニア / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 WebGISエンジンとは、Web上で3D地図を表示できるCesium、Mapbox GL JS、MapLibre GL JSなどのライブラリのことをいいます。 Eukaryaでは、3D都市モデルに最適化された新しい「ヘッドレス」OSSの3D地図エンジンの開発を目指しています。 美しいレンダリング品質と高速動作の両立を目指しつつ、マルチプラットフォーム対応を容易にするため、コアをRust/WebAssemblyで実装し、レンダリングエンジンを差し替え可能な設計が特徴となっております(詳細は国土交通省の技術記事およびレポートをご参照ください)。 ( https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/ ) この次世代地図エンジンの開発において、特にグラフィックス部分の開発を担当するエンジニアを募集しております。既存のWebGISエンジンと比べてパフォーマンスと美しさを両立した革新的な3D地図エンジンの開発が課題となっています。 関連記事 国土交通省:3D都市モデルに最適化されたWebGISエンジン開発に向けた基礎研究(https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/ ) ◎お願いする業務 Rust・WebAssembly・WebGL・WebGPUを用いた地図エンジンの開発 上記に関連するシェーダーの開発 ◎特徴 日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができます。 https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040 ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

1005_SRE Engineer

【Company Overview】 At Eukarya, we develop and offer "Re:Earth," a next-generation open-source WebGIS (Geographic Information System) platform renowned for its high scalability and intuitive user interface. Re:Earth stands out as the first WebGIS platform with an in-browser operating plugin system and is also available as open-source software. We aim to create and disseminate value in collaboration with our contributors, presenting our work at global conferences such as FOSS4G. 【Current Status and Challenges】 Since its launch in the summer of 2021, our main product, the next-generation WebGIS platform "Re:Earth," has rapidly expanded its demand among businesses and government agencies, securing nearly 200 million yen in orders within just six months. The demand for Re:Earth and the scale of the projects continue to grow swiftly. Eukarya is rapidly expanding its business operations and manages various SaaS products, including Re:Earth. To ensure the stable provision of these services, we have established an SRE team. This team supports product teams across the company, advancing the foundation of high-quality service. We are looking for intellectually curious and exceptional SRE engineers to join us. 【Job Responsibilities】 ・Handle a broad range of tasks related to cloud infrastructure to ensure the stability and reliability of our services. ・Cultivate an internal culture of SRE and DevOps. ・Design, build, monitor, and manage incident responses for cloud infrastructure to ensure stable operations of services like Re:Earth. ・Maintain and improve CI/CD, distributed tracing, SLI measurements, and log analysis. ・Develop cross-team technologies including server applications and security. ・Analyze and improve the performance of applications and databases. ・Provide SRE support for various product teams. ・Automate QA testing. 【Remarks】 ・Experience a challenging development environment through a highly productive front-end setup using React, TypeScript, and GraphQL, and robust, scalable server-side development utilizing Go, GCP, Clean Architecture, and DDD. ・Work in an OSS-centered business model, rare in Japan, where engineers can engage in highly technical and challenging tasks in a prominent manner. For example, developers are credited in our release notes (more details at: https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040 ). 【Please check our blog!】 Company blog:https://note.com/eukarya/ Engineer blog:https://reearth.engineering/

1005_SREエンジニア / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Euakryaは事業規模の急速な拡大を続けており、Re:Earthをはじめとする様々なSaaSを運営しています。これらのサービスを今後も安定的に提供し続けるために、SREチームを結成しました。 各プロダクトチームを横断的に支援しながら、よい良いサービス基盤作りを進めていきたく、知的好奇心に溢れる優れたSREエンジニアを募集します。 ◎お願いする業務 安定性や信頼性の高いサービスを提供するための、クラウドインフラなどに関する幅広い業務を担っていただきます。 ・社内のSRE・DevOps文化の醸成 ・Re:Earthなどの各種サービスを安定運用するためのクラウドインフラの設計・構築・モニタリング・障害対応 ・CI/CD・分散トレーシング・SLI測定・ログ分析などの整備・改善 ・サーバーアプリケーションやセキュリティなどチーム横断する技術の開発 ・アプリケーションやデータベースなどのパフォーマンス分析・改善 ・各種プロダクトチームのSRE面からのサポート ・QAテストの自動化 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができる。 (例:リリースノートへの開発者名明記などhttps://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040) ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

2001_[Project Team] PM-S / 正社員

Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、 わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアント増加に伴い、 自社プロダクトを通して、プロジェクトの計画、進行、納品を一貫して担うプロジェクトマネージャー人材を求めています。 【お願いする業務】 ◆ミッション: クライアントか受注したプロジェクトの計画、進行、運用までの全行程をマネジメントし、クライアントに価値提供をすること。 また、プロジェクトに関連するステークホルダーのマネジメントを通し、クライアントビジネスの課題解決及び、中長期的な支援体制を構築すること。 ◆社内における役割: クライアントが実現したいビジョンと、それに必要な要件を整理し、開発チームと連携して実現を図る。 ◎案件獲得前 ・提案書および企画書の設計、作成 ◎計画 ・システム開発の目的や目標の設定(スコープ定義) ・システム開発の要件定義 ・各フェーズの工数見積もりやスケジュール策定 ・導入するスタッフの明確化 ・契約関係書類の取りまとめ ◎進行 ・プロジェクトの進捗管理 ・リソース管理(予算、人員、情報等) ・リスク管理 ・コミュニケーション管理(顧客及び社内外のプロジェクトチーム) ・各種ドキュメンテーションの作成、管理 ◎納品 ・品質管理 ・成果物の取りまとめ ・支払い管理 ◎運用 ・運用体制の構築(運用サポートメンバーとの連携) ・中長期的な保守運用体制の構築 ◎その他 ・基本的にシステム開発のPMになりますが、場合によってはシステム開発を伴わない案件もあります。 ・ワークショップ設計、実施

2002_[Project Team] PM-A / 正社員

Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、 わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアント増加に伴い、 自社プロダクトを通して、プロジェクトの計画、進行、納品を一貫して担うプロジェクトマネージャー人材を求めています。 【お願いする業務】 ◆ミッション: クライアントか受注したプロジェクトの計画、進行、運用までの全行程をマネジメントし、クライアントに価値提供をすること。 また、プロジェクトに関連するステークホルダーのマネジメントを通し、クライアントビジネスの課題解決及び、中長期的な支援体制を構築すること。 ◆社内における役割: クライアントが実現したいビジョンと、それに必要な要件を整理し、開発チームと連携して実現を図る。 ◎案件獲得前 ・提案書および企画書の設計、作成 ◎計画 ・システム開発の目的や目標の設定(スコープ定義) ・システム開発の要件定義 ・各フェーズの工数見積もりやスケジュール策定 ・導入するスタッフの明確化 ・契約関係書類の取りまとめ ◎進行 ・プロジェクトの進捗管理 ・リソース管理(予算、人員、情報等) ・リスク管理 ・コミュニケーション管理(顧客及び社内外のプロジェクトチーム) ・各種ドキュメンテーションの作成、管理 ◎納品 ・品質管理 ・成果物の取りまとめ ・支払い管理 ◎運用 ・運用体制の構築(運用サポートメンバーとの連携) ・中長期的な保守運用体制の構築 ◎その他 ・基本的にシステム開発のPMになりますが、場合によってはシステム開発を伴わない案件もあります。 ・ワークショップ設計、実施

2003_[Project Team] PM-B / 正社員

Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、 わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアント増加に伴い、 自社プロダクトを通して、プロジェクトの計画、進行、納品を一貫して担うプロジェクトマネージャー人材を求めています。 【お願いする業務】 ◆ミッション: クライアントか受注したプロジェクトの計画、進行、運用までの全行程をマネジメントし、クライアントに価値提供をすること。 また、プロジェクトに関連するステークホルダーのマネジメントを通し、クライアントビジネスの課題解決及び、中長期的な支援体制を構築すること。 ◆社内における役割: クライアントが実現したいビジョンと、それに必要な要件を整理し、開発チームと連携して実現を図る。 ◎案件獲得前 ・提案書および企画書の設計、作成 ◎計画 ・システム開発の目的や目標の設定(スコープ定義) ・システム開発の要件定義 ・各フェーズの工数見積もりやスケジュール策定 ・導入するスタッフの明確化 ・契約関係書類の取りまとめ ◎進行 ・プロジェクトの進捗管理 ・リソース管理(予算、人員、情報等) ・リスク管理 ・コミュニケーション管理(顧客及び社内外のプロジェクトチーム) ・各種ドキュメンテーションの作成、管理 ◎納品 ・品質管理 ・成果物の取りまとめ ・支払い管理 ◎運用 ・運用体制の構築(運用サポートメンバーとの連携) ・中長期的な保守運用体制の構築 ◎その他 ・基本的にシステム開発のPMになりますが、場合によってはシステム開発を伴わない案件もあります。 ・ワークショップ設計、実施

3001_[Sales Team] 営業担当 / 正社員

【仕事内容】 ・法人や政府・自治体組織等への営業及び、セールスプランニングやカスタマーサクセスの検討〜企画〜実施等 【選考フロー】 0)カジュアル面談 ご希望の方はご応募の際に「カジュアル面談希望」とご記入ください 1) 書類選考 2) 1次面接 ・方法:オンライン1時間 ・確認内容:スキルマッチしているか、パーソナリティ、語学に関するヒアリング ・面接担当者:調整中 ・面接官人数:1-2名 3) 2次面接 ・方法:オンライン1時間 ・確認内容:カルチャーフィットしているか、Eukaryaで長期的に活躍いただけるか ・面接担当者:現場責任者または人事責任者 ・面接官人数:2名ほど 4)オファー面談 ・方法:オンライン or 対面、1~1.5時間ほど ・対面の場合の実施場所:弊社恵比寿オフィス ・面談担当者:人事責任者(場合によっては現場責任者、メンバーも参加) 【募集人数】 1名~ ◎ぜひブログもご確認ください 会社ブログ:https://note.com/eukarya/ エンジニアブログ:https://reearth.engineering/

3002_[Sales Team]カスタマーサクセス / 正社員

◎会社概要 Eukaryaは、2017年に創業したWEBの最新技術に強みのあるスタートアップです。 アナログ・デジタルの垣根を越えたデータの整理・活用を推進し、知的創造の溢れる豊かな世界を目指し、 地理的なデータや非構造的なデータ処理など特化型データベースの構築が得意で、建築、製造業、博物館、自治体など様々な領域でご活用いただいています。 また、過去の特定の場所や時間で起きた出来事を、その場所の歴史、音声、誰かの記憶や思い出、その場にいた人の名前や年齢、その場で会話された内容まで保存する日本発オープンソース・データベース「APLLO」の開発では、国内クラウドファンディング史上最高額となる2億7600万円を集めました。 Eukaryaのメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。現在では、地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアントを抱えています。 大規模化・複雑化するデータに対して、0からデータベース(データベース言語)を構築する技術や、デジタルツインなどの重たいデータを簡単かつ軽量なソフトウェアに落とし込む技術を保有しているため、様々な領域で特定のデータベースを構築、活用することで、これまで想像もしなかった便利な社会を実現できるのではと思い、共に働くメンバーを探しております。 ◎仕事概要 法人や政府・自治体組織等向けのソフトウェアサービスのカスタマーサクセスを担当します。 定型業務を淡々と行うのではなく、サービスの利用が定着するための様々な手法や手段を考え企画していきます。 また、顧客の利用率向上のためどのようなアプローチが最適かを考えながら支援していくため、営業的な思考も重要になるポジションです。 ◎仕事詳細 ・顧客のGISプロジェクト作成・公開に向けた、 当社サービスの導入支援(オンライン講習会等の企画、顧客ミーティングの実施) ・導入支援後のアカウントマネジメント ・機能活用促進の提案(アップセル) ・解約阻止の顧客折衝 ・ユーザーコミュニティ、代理店コミュニティの活性化のためのマーケティング(イベント等企画、リテンションのための戦略策定・実行) ◎関わるプロダクト デジタルアーカイブツール「Re:Earth(リアース)」の開発・運用 「Re:Earth」は誰でも簡単にプログラミングなしで、3Dの地図表現やデータビジュアライゼーション・デジタルアーカイブを作成・公開することができるWebサービスです。2020年11月にリリースを行いました。 ◎共に働くメンバー 東大博士課程在籍中の代表をはじめ、地理・アート・デザイン・エンジニアリングなど、多分野のスペシャリスト達が各自の得意分野を生かして仕事に取り組んでいます。 文化への興味関心が高く、知的好奇心を尊重する社風です。 また、それぞれの適性や得手・不得手をフラットに認め合いながら働ける環境です。 ◎資金調達について ■次世代資金調達RBFを用いた約3億円の調達ノウハウを提供 ポスト資本主義時代の先駆けとなるプロジェクトとして、2019年に3億円を上限に、約2.76億円を調達しました。 シリーズB規模の資金調達を、株式を1%も渡さずに実現し、国内クラウドファンディング史上最高額になりました。 内容としては、RBF(Revenue-Based Financing)という匿名組合を用いた売上分配型の資金調達です。 IPOやM&A、融資が不向きな研究開発型ベンチャーや地方創生ビジネス、新興国ビジネスに適した資金調達方法です。 ◎選考フロー 0)カジュアル面談 ご希望の方はご応募の際に「カジュアル面談希望」とご記入ください 1) 書類選考 2) 1次面接 ・方法:オンライン1時間 ・確認内容:スキルマッチしているか、パーソナリティ、語学に関するヒアリング ・面接担当者:調整中 ・面接官人数:1-2名 3) 2次面接 ・方法:オンライン1時間 ・確認内容:カルチャーフィットしているか、Eukaryaで長期的に活躍いただけるか ・面接担当者:現場責任者または人事責任者 ・面接官人数:2-3名ほど 4)オファー面談 ・方法:オンライン or 対面、1~1.5時間ほど ・対面の場合の実施場所:弊社恵比寿オフィス ・面談担当者:人事責任者(場合によっては現場責任者、メンバーも参加) ◎募集人数 1名~

5001_[Backoffice] 情シス兼バックオフィスメンバー / 正社員

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎情シスにおいてお願いする業務 社内インフラ管理を中心に、セキュリティ関連業務、ISMS運用等、事業拡大化に向けた管理体制の構築をしていただきます。 ITインフラ管理業務、セキュリティ関連業務、ISMS運用は兼任で行っておりますがが、事業拡大化に向けて一段階上の管理体制を構築したいと考えております。 【社内インフラ管理業務】 ・アカウント管理  社員が利用するITツールのライセンス管理、アカウント作成、削除、権限設定 ・デバイス管理 ・社内ヘルプデスク  ITリテラシー向上のためのマニュアル作成、問い合わせ対応、トラブルシューティング ・ネットワーク管理  オフィス内ネットワーク環境の構築、改善 【セキュリティ関連業務】 ・セキュリティチェック ・セキュリティインシデント対応  インシデントが発生した際の対応、原因分析、対応 ・セキュリティ対策  社員および外部委託者へのセキュリティ教育計画/教育  不正アクセス対策の実施  ITツールやサービスの監視 【ISMS運用、監査対応】 ・ISMS認証獲得に向けた運用、事業拡大に向けた管理体制の構築  IT資産および情報資産管理、ログ管理、内部監査、マネジメントレビュー、審査対応 ◎バックオフィスにおいてお願いする業務 ・社内マニュアルの作成 ・オンボ、オフボ対応 ・社内規定整備 ・勤怠管理 ・給与計算(チームで行っています) ・採⽤代理店との打ち合わせ、候補者選考対応 ・法務(社内要件ヒアリング~弁護士に相談)

7001_[flow] ワークフローエンジニア / インターン

Workflow Engineer / Intern
国土交通省が主導する、全国の3D都市モデルのオープンデータを整備するプロジェクト「Proejct PLATEAU」では、FMEと呼ばれるソフトウェアがCityGMLで記述される3D都市モデルのデータ変換や品質検査に使用されてきました。 現在Eukaryaでは、Re:Earth Flow と呼ばれる、OSSの新しいノーコードデータ変換ツールを開発しています。この新しいツールで動作する、PLATEAUの品質検査・変換ワークフローを組んでいただきます。 具体的には、FMEでPLATEAUの品質検査・変換ワークフローの詳細な処理を把握しながら、Re:Earth Flow向けのYAMLファイルを書いていただきます。

7002_[Project Team] アシスタントPM / インターン

Assistant PM / Intern
Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 メインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 今後も安定したサービスを提供していくと同時に、より大規模かつワールドワイドな展開を目指すことから、知的好奇心に溢れる優れたAssistant PMの方々を募集します。 【お願いする業務】 プロジェクトマネージャーのアシスタント業務 具体的には、 ・データ登録 ・マニュアル作成 ・ドキュメント作成(議事録など) ・定例会議の運営 ・クライアントとのミーティングへの同席 ・大学との業務へのサポート業務 ・その他社内アシスト など

8001_[CMS/Flow] フロントエンドエンジニア / 業務委託

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎業務内容 ・OSSプロダクトのReact・TypeScriptによるフロントエンド開発。 ・プロダクトオーナーからの要件をもとに実装に落とし込む。 ・スキルや興味次第で、コードレビューのレビュワー・DevOps・QA、バックエンドなども手掛けることが可能。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができる。 (例:リリースノートへの開発者名明記などhttps://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040)

8002_[Re:Earth/CMS/Flow] バックエンドエンジニア / 業務委託

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、 2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 今後、Re:Earthの基本機能拡充に加えて、個別クライアントへの機能開発や、 弊社のビジョンである「データを用いたより豊かな文化のある世界」へアプローチしていくためには、 より多くの優れたエンジニアである皆様との出会いと協働が不可欠である、と感じています。 今後も安定したサービスを提供していくと同時に、 より大規模かつワールドワイドな展開を目指すことから、 知的好奇心に溢れる優れたエンジニアの方々を募集します。 ◎お願いする業務 ・OSSプロダクトのGoによるバックエンド(サーバーサイド)開発。 ・プロダクトオーナーからの要件をもとに実装 ・スキルや興味次第で、 コードレビューのレビュワー、DevOps、QA、クラウドインフラ構築、フロントエンドの開発なども携わっていただくことができます。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができる。 (例:リリースノートへの開発者名明記などhttps://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040)

8003_[Flow] バックエンドエンジニア (Rust) / 業務委託

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、 2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、 わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Re:EarthではGISデータの可視化を行うことができますが、現在、これに加えGISデータの変換や解析処理を担う、OSSのRe:Earth Flowの新規開発を行っています。 この新規プロダクトのバックエンドの開発に携わる、知的好奇心に溢れる優れたエンジニアの方々を募集します。 ◎お願いする業務 ・Rustによる、Re:Earth Flow(OSS)の開発 Re:Earth Flowとは: ・ノーコード・レスコードで、ビジュアルプログラミングでノードを編集し、様々な変換パイプラインをWeb上で構築できる ・APIなどを呼び出すことで、構築したパイプラインで変換を実行することができる ・例えば、CSVをGeoJSONに変換したり、空間結合を行ったり、属性を取り除いたり、スタイルを変更したりといった、様々な演算や変換を行うことができます ・FMEを置き換え、CityGMLから3D Tilesへの変換が行えることを目標にしています ・クラウドネイティブで、サーバーレスプラットフォーム上で動作する ・将来的には、WebAssemblyによりユーザーがプラグインをインストールして任意の計算を行うことができる仕組みも検討 新規開発でありアーキテクチャ設計から携わることもできます。Rustを基盤に採用し、クラウドサービスをGCP上に構築予定です(OSSなので、AWSなど任意のクラウドにデプロイできるようにする予定)。 ◎特徴 ・React x TypeScript x GraphQLを用いた高生産的なフロントエンド環境と、  Go x GCPとクリーンアーキテクチャ & DDDを用いた設計手法による、  堅牢かつ拡張性の高いサーバーサイド開発を通して、チャレンジングな開発体験が可能。 ・日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、  エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、  より顕名的な形で行うことができる。(例:リリースノートへの開発者名明記など  https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040)

8004_[Map Engine] グラフィックスエンジニア / 業務委託

◎会社概要 私たちEukaryaは、「Re:Earth」というWebGIS(地理情報システム)プラットフォームを開発・提供しています。 Re:Earthは、高い拡張性と直感的な操作UIを兼ね備えた、OSSの次世代汎用WebGISプラットフォームです。 WebGISとしては初の、「ブラウザ上で稼働するプラグインシステム」を搭載しています。 またRe:Earthは、OSSとしても公開されています。 私たちはコントリビューターと共に創る価値を広く社会に提供・発信することを目指し、 その活動実績を、FOSS4Gなど世界規模のカンファレンスで発表しています。 ◎現状と課題 WebGISエンジンとは、Web上で3D地図を表示できるCesium、Mapbox GL JS、MapLibre GL JSなどのライブラリのことをいいます。 Eukaryaでは、3D都市モデルに最適化された新しい「ヘッドレス」OSSの3D地図エンジンの開発を目指しています。 美しいレンダリング品質と高速動作の両立を目指しつつ、マルチプラットフォーム対応を容易にするため、コアをRust/WebAssemblyで実装し、レンダリングエンジンを差し替え可能な設計が特徴となっております(詳細は国土交通省の技術記事およびレポートをご参照ください)。 ( https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/ ) この次世代地図エンジンの開発において、特にグラフィックス部分の開発を担当するエンジニアを募集しております。既存のWebGISエンジンと比べてパフォーマンスと美しさを両立した革新的な3D地図エンジンの開発が課題となっています。 関連記事 国土交通省:3D都市モデルに最適化されたWebGISエンジン開発に向けた基礎研究(https://www.mlit.go.jp/plateau/use-case/cm23-07/ ) ◎お願いする業務 Rust・WebAssembly・WebGL・WebGPUを用いた地図エンジンの開発 上記に関連するシェーダーの開発 ◎特徴 日本ではまだ珍しいOSSをコアとしたビジネスモデルの中で、エンジニアとして高度に技術的かつチャレンジングな仕事を、より顕名的な形で行うことができます。 https://reearth.io/ja/blog/2022/1/28/release-v040

9001_[Project Team] PM-S / 業務委託

Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。現在では、地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアントを抱えています。 クライアント増加に伴い、自社プロダクトを通して、プロジェクトの計画、進行、納品を一貫して担うプロジェクトマネージャー人材を求めています。 【お願いする業務】 ミッション: クライアントか受注したプロジェクトの計画、進行、運用までの全行程をマネジメントし、クライアントに価値提供をすること。 また、プロジェクトに関連するステークホルダーのマネジメントを通し、クライアントビジネスの課題解決及び、中長期的な支援体制を構築すること。 社内における役割: クライアントが実現したいビジョンと、それに必要な要件を整理し、開発チームと連携して実現を図る。 ◎計画 ・開発プロジェクトの開発要件定義 ・スケジュール策定 ・契約関係書類の取りまとめ ◎進行 ・顧客折衝 ・議事録の作成 ・各ステークホルダーとの連携 ・リソース管理(予算、人員、情報等) ◎納品 ・成果物の取りまとめ ・支払い管理 ◎運用 ・運用体制の構築(運用サポートメンバーとの連携) ・中長期的な保守運用体制の構築 ◎その他 ・ワークショップ設計 ・新規提案材料の検討

9002_[Project Team] PM-B / 業務委託

Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。 弊社のメインプロダクトである次世代WebGISプラットフォーム「Re:Earth」は、2021年夏の公開以降、多くの企業や行政機関を中心に需要を広げ、わずか半年で2億円近くの受注を獲得しました。 これに伴い、Re:Earthに求められる需要や案件スケールも急速に拡大を続けています。 Eukaryaでは、Re:Earth及びその関連プロダクトを通して、クライアントビジネスの課題解決に取り組んでいます。現在では、地方自治体や教育機関をはじめ多様な業界や規模のクライアントを抱えています。 クライアント増加に伴い、自社プロダクトを通して、プロジェクトの計画、進行、納品を一貫して担うプロジェクトマネージャー人材を求めています。 【お願いする業務】 ミッション: クライアントか受注したプロジェクトの計画、進行、運用までの全行程をマネジメントし、クライアントに価値提供をすること。 また、プロジェクトに関連するステークホルダーのマネジメントを通し、クライアントビジネスの課題解決及び、中長期的な支援体制を構築すること。 社内における役割: クライアントが実現したいビジョンと、それに必要な要件を整理し、開発チームと連携して実現を図る。 ◎計画 ・開発プロジェクトの開発要件定義 ・スケジュール策定 ・契約関係書類の取りまとめ ◎進行 ・顧客折衝 ・議事録の作成 ・各ステークホルダーとの連携 ・リソース管理(予算、人員、情報等) ◎納品 ・成果物の取りまとめ ・支払い管理 ◎運用 ・運用体制の構築(運用サポートメンバーとの連携) ・中長期的な保守運用体制の構築 ◎その他 ・ワークショップ設計 ・新規提案材料の検討