Ubie株式会社 求人一覧

Ubie株式会社 求人一覧

Software Engineer, Site Reliability

ミッションクリティカルなサービスで高い信頼性を実現する!
■ Ubie株式会社 ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ■ 仕事内容 - Google Cloud Platform上でのサービス構築・運用 - Docker, Kubernetesを利用したサービスの構築・運用 - SLO, SLI, エラーバジェットをもとに、サービスの観測及び、適切な対応 - CDNを活用したネットワークの最適化 - 技術的挑戦 - Twitter - カンファレンス参加・登壇 ■ 環境 - 言語:Go, Kotlin, Python - アプリケーション環境: Google Cloud Platform, Kubernetes, Fastly - コミュニケーションツール:Slack, GitHub, GSuite, Twitter, Untapped

カスタマーサクセス

医療現場を巻き込んで新たな医療体験を創造する
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 医療機関(病院・クリニック)を対象に、業務効率化SaaSであるAI問診Ubieによる医療従事者・患者様の医療体験の向上を実現し続ける役割です。 現場でのオペレーションのノウハウナレッジ収集・ベスプラの構築・組織への落とし込みから、プロダクト開発のための医師/エンジニア/デザイナーとの協働までを担います。 現場の課題やニーズを的確に捉え、プロダクトの開発実装と現場のオペレーション最適化も含めた実現をします。

ソフトウェアエンジニア(BI & データリライアビリティ)

データによる事業の意思決定をより「早く」「正確に」する
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 仕事概要: データによる事業の意思決定をより「早く」、「正確に」するためのリードをお任せします。具体的には下記業務を想定しております - 事業の意思決定に必要なデータ抽出とデータの可視化 - プロダクトチームと協業した、データによる課題発見、課題解決 - データの信頼性保守・向上 - データマートやワークフローの設計、開発

ソフトウェアエンジニア(Webアプリケーション)

圧倒的な医療体験をソフトウェアで実現する!
◼️Ubie株式会社 ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ◼️仕事内容 - Kotlin, Ruby などを用いたサーバーサイドアプリケーションの開発 - 病院向けサービス「AI問診Ubie」の新機能開発 ◼️開発環境 - 言語:JavaScript, Typescript, Ruby, Kotlin - フレームワーク:React, Redux, Ruby on Rails, Spring Boot - インフラ:Google Cloud Platform, Docker, Kubernetes - コミュニケーションツール:Slack, Notion, miro, Jira Software - その他使用サービス、ライブラリ:PostgreSQL, BigQuery, GitHub, CircleCI, Elastic Cloud, Kibana, IntelliJ IDEA ◼️同僚エンジニア(一部) ○長澤 太郎 <プロフィール> 日本Kotlinユーザグループ代表。著書に「Kotlinスタートブック」など、共同訳書に「Kotlinイン・アクション」がある。 SIer, エムスリーを経て2018年5月にUbieにジョイン。趣味はディズニーと卓球。 Twitter: https://twitter.com/ngsw_taro <コメント> 医療現場で医師をサポートするアプリケーションを開発しています。 ソフトウェア開発を通じて医療に貢献できているのはエンジニア冥利に尽きます。 私たちと一緒に医療の未来をつくっていきましょう! そのほかのメンバーはこちらのスライドにて紹介しております。 https://speakerdeck.com/ubie/we-are-hiring

ソフトウェアエンジニア(データエンジニア)

グローバルで勝負するためのデータプラットフォームをつくる
■ 会社概要 Ubie株式会社 ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ■ 仕事概要 データから価値創出するためのデータ解析プラットフォームの開発・運用を機械学習エンジニアと協力しながらお任せします。 想定業務は下記のいずれかないしは複数となります。 ・ GCPでのML基盤の開発・運用 ・ 検索APIの開発・運用 ・ 疾患推測・問診質問選定APIの開発・運用 ・ 画像処理APIの開発・運用 ・Cloud PubSub/Dataflow/BigQuery/PostgreSQLなどを用いたデータパイプラインの開発、運用 ■ 利用クラウドについて GCPを利用しています. 主に使っているプロダクトはGKE/BigQuery/Dataflow/Cloud PubSub/App Engineなどです. ■ その他ツールについて ・ Github ・ Slack ・ JIRA ・ Notion

デジタルプロダクトデザイナー

医療体験の当たり前をアップデートする
【範囲】 ・スクラムメンバーとして、プロダクトのリサーチからUIデザイン、効果検証まで、一気通貫にデザインしていただきます 【役割】 ・リサーチ(病院のエスノグラフィー、ユーザビリティテスト、専門家インタビュー、データ分析 など) ・医師、患者のユーザー体験の設計と検証 ・プロトタイピング、UIデザイン、デザインシステムの構築と運用 ・PO、エンジニア、医師、カスタマーサクセスなど他職種を巻き込んでの案件推進 ・デザイナーの採用活動 ※ 自律的な案件推進ができるよう、現フェーズでは「リサーチのみ」「UIデザインのみ」など職能をわけた採用をしていません ※ 上の役割を最初から全てできる必要はありません。ただ、得意な領域でチームを引っ張り、未経験の領域を何らかの方法でカバーすることができそうかは重視しています 【同僚デザイナー】 1. 畠山糧与 <コメント>  医療は専門性が高くとっつきづらいイメージもあるせいか、業界の負が大きいにもかからわず残されてきた領域のひとつです。Ubieに参画した1年前から、デザイナーが活躍できる環境を共同代表以下全員でつくってきました。未来をつくるプロダクトを、一緒にデザインしていきましょう! <プロフィール>  リクルート・グッドパッチで住宅・人材・美容・金融などのUXデザインに従事。  プロトタイピングを通じた価値検証が得意。東大経済卒。サウナと映画と歴史が好き。  twitter: https://twitter.com/spetsnaz0173 <過去登壇>  平成の終わりに、デザイナーが医療に携わること(2018年12月Designship) https://bit.ly/2IBmR3H  AI問診をささえるデザインの視点 - アクセシビリティ / 専門家との協働(2019年4月s-dev talks) https://bit.ly/2W11Wdm 2. 三橋正典 <コメント>  病院に行くとふとした瞬間にもっとこうなってたら良いのに…と感じる事が多いのではないかと思います。今まさにそこにあるペインを紐解き、プロダクトを磨き上げています。一緒にプロダクトを作り上げていきましょう! <プロフィール>  GoodpatchのクライアントワークのUIデザイナーを経てソウゾウへ。メルカリ アッテのデザイナーを務める。  新規事業の立ち上げやグロースの経験を活かし、Ubieにデザイナーとして参画  Pinterest やってます https://www.pinterest.jp/3284m/ <過去登壇>  医療現場におけるUIデザイン (2019年2月 SaaS Designers Meetup vol.1)  Figmaを導入したワークフロー (2018年5月Design & Collaboration)

バックオフィスリーダー(経理・労務・総務)

急拡大する組織の成長を支える"攻め"の バックオフィスリーダー(経理・労務・総務)
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 組織急拡大を支える、経理・労務・総務業務の統括をして頂くお仕事です。まだ組織体制が整っていない中で、バックオフィス全般の業務につき仕組み作りからリードしていただきます。 急スピードで拡大する組織の業務が円滑に回るよう、バックオフィスの方も"攻め"の姿勢でリードいただき、今後の資金調達や上場も視野に、万全な組織を一緒に創っていきましょう。 特に下記のような仕事を行っていただきます。 (経理・財務) - 各種財務帳票の作成や管理の仕組み構築(財務諸表や月次試算表、資金繰り表など) - PL/CSの予実管理が簡単にできる仕組み構築(予実管理実行のためシステムとのインテグレートも視野にいれて体制を構築。但しエンジニアリングのスキルは必要ありません。) (労務) - 入社手続き、給与計算、社会保険等手続き (株主向け対応) - 定款の管理/会社設立関係書類一式(登記簿謄本など)の管理 - 取締役・株主総会などの連絡、議事録作成

プロダクトオーナー

医療×AIのSaaSで医療にイノベーションを起こす
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 医療機関(病院・クリニック)向けの業務効率化SaaS「AI問診Ubie」価値を最大化するための企画・開発・運用にについて意思決定をします。医師、エンジニアの共同代表と協力しながらプロダクト開発ロードマップ/OKRの策定・実行をします。施策を企画し、事業観点・エンジニア開発観点で優先順位をつけ、実行します。実行していく中で、カスタマーサクセス・デザイナーと協力した現場リサーチや、データエンジニア・データサイエンティストと協力したデータ分析・AI精度改善も行います。

マーケティング&セールス(病院)

医療現場の働き方を変えるAIをスケールさせる
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 医療機関(病院・クリニック)に向けて業務効率化SaaSであるAI問診Ubieをスケールさせる役割を担います。 主に全国の病院に向けた営業戦略・戦術の立案と実行を行います。直販施策・パートナー施策の商談リードづくりから、 商談・クロージングをしてカスタマーサクセスに引き継ぐまでを行います。 営業的パートナーを1つの柱としているため、代理店・パートナーの開拓・マネジメントも行います。 営業以外にも営業企画として学会やセミナーなどにおける講演の企画・実施などのリアルマーケティグも行います。

事業開発(海外)

U.S. やインドで医療ビジネスを展開する
Ubie株式会社(https://ubie.life): ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ インドでの一般ユーザー向けのサービスが提供しているのは症状チェックをすることで、ユーザーの病気を予測し、次のアクションをサジェストすることを価値にしており、現在はクローズドベータをリリースし、プロダクトの開発/改善フェーズです。 一方でインドなどでのサービスのグロース、海外での製薬/保険業界からのマネタイズ検証などでは海外企業のパートナーともに事業を創っていく想定であり、パートナー開拓、パートナーとの交渉ややり取りが発生するためその仕事を担当していただきます。 グローバルで見ても医療領域は年々成長している産業で、今までITサービスが入っていなかった分AIの力で解決できることが多く存在するフロンティアな領域です。医療情報をユーザーに届けるという点で世界的にもまだ、勝者はおらず0->1でビジネスを構築していける点が魅力です。 ------------------------ Ubieの現事業開発メンバー □ 森俊彦: リクルートキャリアでサービス開発▷エムスリーで営業・サービス開発▷Ubieで国内外の事業開発 - Twitter(https://twitter.com/moriudon0626) - インドでの事業開発についての発表資料 ( https://speakerdeck.com/moriudon/yi-liao-xi-sutatoatupufalseshi-ye-kai-fa-falsejin-indobian)

事業開発(製薬/保険領域)

製薬/保険領域で新しい価値を生み出す
Ubie株式会社(https://ubie.life): ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ 事業開発は、Ubieのサービスが広まっていく中で、そのプラットフォームやデータを活かし、製薬会社や保険会社など関連する領域のステークホルダーと共に新しい事業を作っていく仕事です。 医療機関向け/一般ユーザー向け、国内/海外、など、Ubieがサービスを提供する領域は広く、そこで提供できる価値の可能性も多岐にわたります。そのような中、こちらのポジションで働くメンバーは、マーケットのニーズやトレンドなど抽象度の高い事柄を正確におさえながら、社内外でのディスカッションや実際の取組みを通じ、提供するサービスを具体化していきます。 サービスが具体化した後は、そのサービスをより広範に届けるためのスケール施策も検討・展開していただきます。 製薬/保険領域はITの活用ポテンシャルが多く、これらの領域で事業をうまく作り上げることができれば、世界中の人々の命を救う規模の価値を生み出せる可能性があり、とてもやり甲斐のある仕事です。 ------------------------ Ubieの現事業開発メンバー □ 森俊彦: リクルートキャリアでサービス開発▷エムスリーで営業・サービス開発▷Ubieで国内外の事業開発 - Twitter(https://twitter.com/moriudon0626) - インドでの事業開発についての発表資料 ( https://speakerdeck.com/moriudon/yi-liao-xi-sutatoatupufalseshi-ye-kai-fa-falsejin-indobian)

機械学習エンジニア

データとアルゴリズムで医療をアップデートする
Ubie株式会社: ユーザーの持っている症状を深掘りし、そこから病気を推測する技術を用いて、 「世界中の人々を適切な医療に案内する」というミッションの達成を目指しています。 現在は、病院の業務を効率化するAI問診サービスの展開に注力しつつ、海外事業の第一弾としてインドで一般ユーザー向けサービスの展開を始めています。 ------------------------ # 仕事内容 - 病名予測アルゴリズムに関する開発・実装 - 質問選定アルゴリズムに関する開発・実装 - 症状検索精度の改善に関する開発・実装 - 機械学習を利用した新規プロダクトに関する開発・実装