株式会社MOLCURE の全ての求人一覧
株式会社MOLCURE の全ての求人一覧

DevOps(SRE)

DevOps(SRE)募集
【会社概要】 「人工知能・進化分子工学を統合したペプチド・抗体分子設計技術」を製薬企業・バイオテック企業に提供し、医薬品の共同研究パイプラインを多数構築することで、新規医薬品創出の加速に貢献するスタートアップ企業です。 【事業概要】 MOLCURE(モルキュア)が提供するバイオ医薬品分子設計技術は、AIとロボットを活用して自動的に大規模スクリーニングと分子設計を行うことが可能です。 既存の手法と比較して、医薬品候補分子の発見サイクルを10分の1以下に効率化することや、20倍以上多くの新薬候補を発見すること、従来手法では探索が困難な優れた性質を持つ分子の設計することが可能です。 現在、本技術を活用し、製薬企業7社10プロジェクトとパートナーシップを組んで新薬開発を行っています。 特に、2021年に製薬企業と実施した共同創薬パイプライン開発では、既存のバイオテクノロジー実験ドリブンな手法と比較して100倍以上の結合力を持つ分子を大量に設計することに成功したほか、世界で初めて、ある創薬標的に対して効果を持つ分子を設計することにも成功し、AIを活用した創薬事例で大きな成果を残しています。 【プロダクト/ソリューション】 ・進化分子工学・NGS・人工知能を用いた、新規ペプチド・抗体医薬品分子設計技術 ・上記技術を活用した、製薬企業・バイオテック企業との共同研究開発パイプラインの構築(分子設計の実施、研究計画策定、コンサルティング含む) 【業務内容】 ・AIチームとバイオチームの架け橋となるようなシステムの安定稼働 ・AIチームが開発するシステムを安定的に稼働するためのシステムの開発と運用 ・システムの保守・運用者ではなく“ソフトウェアエンジニア”としてシステムの開発と運用 ・ミドルウェア、データベース、ネットワークなどのインフラ基盤の理解があり、インフラ基盤の安定・効率的な運用 【組織やチーム構成】 ┗バイオチーム ┗AIチーム ┗ロボットチーム ┗コーポレート 【このポジションの魅力】 ・国際的な新薬開発を通して、世界中の患者様へ貢献することが可能な、社会的意義の大きいポジションになります ・多国籍で実績あるサイエンティスト・エンジニアの在籍する環境で最先端の技術(創薬AI、バイオテクノロジー、実験プロセスにおけるオートメーション化/ロボティックス)に触れながら研究開発を行えます ・グローバルプロジェクトが多数存在し、入社後すぐに複数言語・多文化環境での挑戦ができます ・当社技術を用いて世界中の製薬企業との提携を拡大していく、グローバル開拓・攻略の面白みがあります 【参考記事】 ・従来の10倍以上の新薬候補発見に製薬大手も期待、“科学オタク”創業のAI創薬ベンチャーの挑戦  https://signal.diamond.jp/articles/-/817 ・「強いバイオテクノロジーが良いAIを育てる」MOLCURE・小川隆CEO|ベンチャー巡訪記  https://answers.ten-navi.com/pharmanews/20668/ ・Twist Bioscience社がMOLCURE社の人工知能技術を導入し、抗体医薬品の探索を強化  https://bit.ly/3sj5fxn ・AIで医薬品候補分子探索の効率化を目指す慶大発ベンチャーMOLCURE  https://news.mynavi.jp/article/20201015-1415920/

コーポレートマネジャー

一緒に上場を目指して下さるコーポレートマネジャー募集
【会社概要】 「人工知能・進化分子工学を統合したペプチド・抗体分子設計技術」を製薬企業・バイオテック企業に提供し、医薬品の共同研究パイプラインを多数構築することで、新規医薬品創出の加速に貢献するスタートアップ企業です。 【事業概要】 AI・バイオテクノロジー・ロボティクスを統合した次世代バイオ医薬品の分子設計技術を製薬企業へ提供し、医薬品の共同研究パイプラインを多数構築しています。 弊社の分子設計技術は、従来手法では獲得困難であった医薬品分子の探索が可能です。実績として、これまでに世界で報告のない性質を有した分子の獲得、ヒット化合物取得までの大幅な時間短縮に成功しています。 製薬企業・バイオテック企業は、弊社技術を導入することで「新規の性質を持つ医薬品候補分子の獲得」・「良質な候補分子プールの確保による研究成功率の向上」・「研究期間の短縮」を実現することが可能です。 【組織やチーム構成】 ┗バイオチーム ┗AIチーム ┗ロボットチーム ┗コーポレート ※今回はこちらのヘッドポジションとなります。現在コーポレート全般担当が1名ですが、これから本格的にコーポレート部門の体制構築を進めていきます。 【レポートライン】 CEO 【募集背景】 これまでは創業者が資金調達や管理業務を担ってきましたが、当社技術をより多くの大手〜スタートアップ製薬企業に導入いただき共同研究プロジェクトも増え成果も出ており、更なる成長フェーズに入りました。すでにグローバル環境にありながら今後は上場に向けての具体的な実務を積み上げ、より成長を促すことができる組織・管理基盤構築が求められています。管理部門の責任者として、まずは管理部門の体制構築、経理・財務の機能強化等を通じて会社の発展に貢献いただける方を募集しています。 【業務内容】 ・管理部門全般に渡る責任者業務  ‐管理部門の構築、業務フローの構築  ‐契約書類の管理、契約、及びリーガルチェックの窓口、将来的には法務担当の採用  ‐投資家対応:既存投資家窓口、レポート作成&送付など  ‐取締役会運営 ※法務業務や労務管理など、組織規模の拡大に応じて積極的に採用も行っていく予定です。現状規模では外部専門家やアドバイザーの活用を前提に担って頂くことを想定しています。 ・経理財務マネジメント  ‐月次決算、四半期及び年度決算マネジメント  ‐資本政策策定、資金調達業務全般  ‐中長期経営計画策定(財務、事業、組織)  ‐監査法人やステークホルダーとの対話、リレーション構築 ・経営陣と共に組織戦略策定

データサイエンティスト

AI創薬にかかわるデータサイエンティスト募集
【会社概要】 「人工知能・進化分子工学を統合したペプチド・抗体分子設計技術」を製薬企業・バイオテック企業に提供し、医薬品の共同研究パイプラインを多数構築することで、新規医薬品創出の加速に貢献するスタートアップ企業です。 【事業概要】 MOLCURE(モルキュア)が提供するバイオ医薬品分子設計技術は、AIとロボットを活用して自動的に大規模スクリーニングと分子設計を行うことが可能です。 既存の手法と比較して、医薬品候補分子の発見サイクルを10分の1以下に効率化することや、20倍以上多くの新薬候補を発見すること、従来手法では探索が困難な優れた性質を持つ分子の設計することが可能です。 現在、本技術を活用し、製薬企業7社10プロジェクトとパートナーシップを組んで新薬開発を行っています。 特に、2021年に製薬企業と実施した共同創薬パイプライン開発では、既存のバイオテクノロジー実験ドリブンな手法と比較して100倍以上の結合力を持つ分子を大量に設計することに成功したほか、世界で初めて、ある創薬標的に対して効果を持つ分子を設計することにも成功し、AIを活用した創薬事例で大きな成果を残しています。 【プロダクト/ソリューション】 ・進化分子工学・NGS・人工知能を用いた、新規ペプチド・抗体医薬品分子設計技術 ・上記技術を活用した、製薬企業・バイオテック企業との共同研究開発パイプラインの構築(分子設計の実施、研究計画策定、コンサルティング含む) 【業務内容】 ・機械学習または統計的機械学習を用いた分子特性予測に関わる人工知能の開発 【組織やチーム構成】 ┗バイオチーム ┗AIチーム ┗ロボットチーム ┗コーポレート 【このポジションの魅力】 ・国際的な新薬開発を通して、世界中の患者様へ貢献することが可能な、社会的意義の大きいポジションになります ・多国籍で実績あるサイエンティスト・エンジニアの在籍する環境で最先端の技術(創薬AI、バイオテクノロジー、実験プロセスにおけるオートメーション化/ロボティックス)に触れながら研究開発を行えます ・グローバルプロジェクトが多数存在し、入社後すぐに複数言語・多文化環境での挑戦ができます ・当社技術を用いて世界中の製薬企業との提携を拡大していく、グローバル開拓・攻略の面白みがあります 【参考記事】 ・従来の10倍以上の新薬候補発見に製薬大手も期待、“科学オタク”創業のAI創薬ベンチャーの挑戦  https://signal.diamond.jp/articles/-/817 ・「強いバイオテクノロジーが良いAIを育てる」MOLCURE・小川隆CEO|ベンチャー巡訪記  https://answers.ten-navi.com/pharmanews/20668/ ・Twist Bioscience社がMOLCURE社の人工知能技術を導入し、抗体医薬品の探索を強化  https://bit.ly/3sj5fxn ・AIで医薬品候補分子探索の効率化を目指す慶大発ベンチャーMOLCURE  https://news.mynavi.jp/article/20201015-1415920/