株式会社LayerX の全ての求人一覧
株式会社LayerX の全ての求人一覧

【CTO室】コーポレートオペレーションアシスタント

【CTO室】コーポレートオペレーションアシスタント

【CTO室】Corporate Ops Assistant
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 その中でCTO室では、今後、爆速で拡大するLayerXのチームを、Corporate OpsやDevOps、Design面から支える横断的な支援を担当しています。 ソフトウェアエンジニアリングを基礎に据えながら、こうした3つの事業を支えるべくコーポレートのシステム基盤や各プロダクトのインフラ、セキュリティ面、およびデザインをリードし、事業のオペレーション面での強みを生み出していきます。 具体的には、社員のID基盤や開発領域や人事・経理などコーポレート領域など全社のSaaS整備、AWSやGCP、Azureの基盤整備、端末のキッティング、各プロダクトのデザイン推進などが主要な取り組みになります。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ▼本ポジションの業務内容 ・社内メンバーの業務改善に向けたSaaSの運用 ・上記に必要な社内ヒアリングや業務プロセス策定サポート ・社内メンバーのSaaS利用に関するサポート ・社員の各端末のセットアップ、入退社における円滑なオンボーディングの支援 ===開発環境=== 開発言語:TypeScriptあるいはGo, GAS サービス提供IaaS: コンテナあるいはServerlessを軸としたAWS(メイン), Azure, Google Cloud 構成管理ツール:Terraform ソースコード管理:GitHub CI/CD:GitHub Actions(メイン) 社内基盤系クラウド: Google Workspace, Slack, Azure AD, Intune/Jamf, MCAS, Microsoft Defender for Endpoint, Azure Sentinel, Zoom, LastPass, GitHub ============
【CTO室】屋台骨エンジニア

【CTO室】屋台骨エンジニア

LayerXらしい「複数事業の」「社内基盤を整え」「 メンバーの生産性をより上げていく」エンジニアをお待ちしています
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 お客様の重要な情報資産を取り扱いながらも事業を発展していくためには、信頼の維持・向上が大切だと認識しています。同時に変化の早いクラウドネイティブな世界で信頼を損なう不確実性に対応するには、スケーラビリティ、レジリエンシー、データ管理を確かにしなければなりません。 そのコアとなるのはソフトウェアエンジニアリングです。 CTO室は、ソフトウェアエンジニアリングを基礎に据え、Corporate OpsやDevOps、Design面などから3つの事業のお客様、そしてLayerXのチームのポテンシャルを最大化するチームです。 具体的には、資産管理、ユーザー管理、セキュリティ対応といったITガバナンスに必要な要素を適切なクラウドサービスの利用とインハウスなエンジニアリングによって実現します。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ▼本ポジションの業務内容 - ITガバナンスと社員の生産性を両立するシステムの仕様策定 - それらを使った設計、開発、テスト、デプロイ、運用(含むSaaSの利用) - 社内リレーション - キッティングや入退社における円滑なオンボーディングの支援を含むテックサポート - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ===開発環境=== 開発言語:TypeScriptあるいはGo, GAS サービス提供IaaS: コンテナあるいはServerlessを軸としたAWS(メイン), Azure, Google Cloud 構成管理ツール:Terraform ソースコード管理:GitHub CI/CD:GitHub Actions(メイン) 社内基盤系クラウド: Google Workspace, Slack, Azure AD, Intune/Jamf, MCAS, Microsoft Defender for Endpoint, Azure Sentinel, Zoom, LastPass, GitHub ============
【CTO室】業務委託ポジション(社員紹介専用フォーム)

【CTO室】業務委託ポジション(社員紹介専用フォーム)

※LayerXに在籍するメンバーからの紹介を受けた方を対象としたフォームです。(一般応募で検討されている場合は、こちらのフォームではなく、該当するポジションよりエントリーをお願いします) ※本フォームはこちらのツイートに関連してご連絡をいただきました方専用のフォームになります https://twitter.com/ken5scal/status/1447732035259289600?s=20
【FinTech事業】ソフトウェアエンジニア_法人向けプロダクト

【FinTech事業】ソフトウェアエンジニア_法人向けプロダクト

LayerXと三井物産グループのJVで金融系新規プロダクト開発!ーーー「眠れる銭」を、 Activateせよ。ーーー
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・アセットマネジメント事業を推進する三井物産デジタル・アセットマネジメントにおいて開発する新規プロダクト*の企画・設計・実装・テスト並びに各技術選定 *プロダクト内容については面談を通じてご案内します アセットマネジメント事業についてはこちらのブログを御覧ください。 https://tech.layerx.co.jp/entry/2021/04/19/130954 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【SaaS事業】シニアソフトウェアエンジニア

【SaaS事業】シニアソフトウェアエンジニア

圧倒的に使いやすいSaaSプロダクトを目指すチームをリードするエンジニアを募集!ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、これまでの経験を活かしプロダクト開発をリードできるエンジニアを募集しております! LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! LayerXのカルチャーと行動指針 (2021年版) https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです。 ▼チームの弱み - 開発する機能に対して全くチームの規模が追いついていません - 複数プロダクトのシステムを開発・運用出来るチーム構成になっていません - 良く言えばフルスタックのメンバーが多いですが、フロントとモバイルに強みをもったメンバーがいません ▼業務内容 - 既存プロダクト(LayerX インボイス、ワークフロー)や新規プロダクトの開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - 複数プロダクト横断での共通基盤やシステム間連携の実装 - お客様の業務と要望を深く理解した上での仕様を整理し、より汎用的な機能へ落とし込む - セールスチームやカスタマーサクセスチームとの連携 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています。 - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - データベース - MySQL - DynamoDB - ミドルウェア - OpenSearch - Redis - インフラ - AWS - GCP(一部) - Docker - Sendgrid - モニタリング - Datadog - プロビジョニングツール - Terraform - AWS CDK - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, Slack, miro, Notion
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_AI-OCR

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_AI-OCR

「手入力をソフトウェアで開放する」AI-OCRチームのソフトウェアエンジニア募集!ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 OCRチームには、機械学習や画像処理を強みとするエンジニアがいない中、これまで立ち上げてきましたが、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、請求書OCR開発全体をリードできるエンジニアを募集しています! (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! LayerXのカルチャーと行動指針 (2021年版)|mosa|note https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません。 - 高負荷サービスや複雑なアーキテクチャの経験者が少ないです。 - 機械学習や自然言語処理、画像処理を専門とするメンバーがいません。 ▼業務内容 - 請求書OCRの精度向上対応 - 読み取りエンジンの改善 - 精度モニタリングの仕組みづくりと実行 - 正解データ作成オペレーションの管理と改善 - データ管理基盤の構築・実装・運用 - 新たなOCRの開発 - 請求書OCRの機能改修(新たな読み取り項目の追加) - 請求書以外の帳票に対応するOCR新規開発 - OCR処理パイプラインの開発 - APIサーバーや非同期ジョブサーバーの機能改修 - 画像やPDFファイルの加工処理の改修 - データベースや全文検索エンジンの運用 - UX設計とフロントエンド開発 - 読み取り失敗を考慮した、圧倒的に使いやすいプロダクトの開発 - ユーザー体験を損ねないための工夫 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger, machinery) - Node.js (TypeScript) - Python - ミドルウェア - MySQL - Elasticsearch (OpenSearch) - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro, notion エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_AI-OCR(インターン)

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_AI-OCR(インターン)

急成長SaaSと新規事業のAI-OCR開発をしたいエンジニアインターン募集!22/23/24新卒も歓迎!ーーー急成長SaaSと新規事業のAI-OCR開発をしたいエンジニアインターン募集!22/23/24新卒も歓迎!
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、OCR開発に携わるインターンメンバーを募集しています! (事業についての詳細は、以下のページをお読みください) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! LayerXのカルチャーと行動指針 (2021年版)|mosa|note https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません。 - 高負荷サービスや複雑なアーキテクチャの経験者が少ないです。 - 機械学習や自然言語処理、画像処理を専門とするメンバーがいません。 ▼業務内容 - 請求書OCRの精度向上対応 - 読み取りエンジンの改善 - 正解データ作成オペレーションの改善 - データ管理基盤の実装 - OCR処理パイプラインの開発 - APIサーバーや非同期ジョブサーバーの機能改修 - 画像やPDFファイルの加工処理の改修 - UX設計とフロントエンド開発 - 読み取り失敗を考慮した、圧倒的に使いやすいプロダクトの開発 - ユーザー体験を損ねないための工夫 ▼開発スプリントの流れ インターンは週3日から募集していますが、以下はフルタイムのメンバーの例です。 2週間1スプリントで、スクラム開発しています。 - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger, machinery) - Node.js (TypeScript) - Python - ミドルウェア - MySQL - Elasticsearch (OpenSearch) - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro, notion
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Backend

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Backend

LayerXの新規SaaSプロダクト開発―――「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、プロダクト開発をするエンジニアを募集しています! (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! LayerXのカルチャーと行動指針 (2021年版)|mosa|note https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません - 良く言えばフルスタックのメンバーが多いですが、フロントとモバイルに強みをもったメンバーがいません ▼業務内容 - LayerX インボイス、ワークフローを新しい顧客に届けるための新機能開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - さらなる新規プロダクトの開発 - お客様の業務と多様な要望を深く理解した上での整理、あるべき仕様への落とし込み - 迅速でホスピタリティのある顧客対応。カスタマーサクセスや営業との連携 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - Sendgrid - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_frontend Lead

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_frontend Lead

企業活動を支え、加速するSaaSプロダクトの一人目のWebフロントエンジニア募集!ーーー企業活動を支え、加速するSaaSプロダクトの一人目のWebフロントエンジニア募集!
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、プロダクト開発をするエンジニアを募集しています!特にこのポジションは、私達がビジョンとして掲げる「圧倒的使いやすさ」に直結するfrontendのリードをお任せします。 (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します。 - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです。 - PdMからトップダウンで作るのではなく、仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです。 - 顧客のニーズを把握するために徹底したヒアリングを行い、チームメンバーによる推測ではなく生の声にもとづく機能提案や必要な機能の洗い出しをしています。 - 業務システムをSoRだけではなく、SoEとして体験も含めて考えるメンバーが多いです。 ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません。 - 良く言えばフルスタックのメンバーが多いですが、フロントとモバイルに強みをもったメンバーがいません。特にWebフロントエンドに関しての技術選定・設計に関しては専門性を持ったメンバー不在のため、課題感を強く持っています。 - Webフロントの複数プロダクト間でうまく共通化・コンポーネント化ができていません。 - テストの充実など、Webフロントエンドの品質を向上する時間に十分な時間を割けていません。 - デザイナー・PdMをはじめ、みんなが手探りでWebフロントエンドを書いてます。 ▼業務内容 - フロントエンドの技術選定・設計方針策定 - LayerX インボイス、ワークフローを新しい顧客に届けるための新機能開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - さらなる新規プロダクトの開発 - お客様の業務と多様な要望を深く理解した上での整理、あるべき仕様への落とし込み - 迅速でホスピタリティのある顧客対応。カスタマーサクセスや営業との連携。 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています ▼使っている技術・ツール - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - BootstrapVue - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro, notion Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Full Stack

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Full Stack

圧倒的に使いやすいSaaSプロダクトを開発するソフトウェアエンジニアを募集!ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、一気通貫でプロダクト開発をするエンジニアを募集しています! (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します。 - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです。 - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです。 ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません。 - フロントとモバイルに強みをもったメンバーがいません。 ▼業務内容 - LayerX インボイス、ワークフローを新しい顧客に届けるための新機能開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - さらなる新規プロダクトの開発 - お客様の業務と多様な要望を深く理解した上での整理、あるべき仕様への落とし込み - 迅速でホスピタリティのある顧客対応。カスタマーサクセスや営業との連携。 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue, Nuxt.js - データベース - MySQL - DynamoDB - ミドルウェア - OpenSearch - Redis - インフラ - AWS - GCP(一部) - Docker - Sendgrid - モニタリング - Datadog - プロビジョニングツール - Terraform - AWS CDK - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, Slack, miro, Notion Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Mobile Lead

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_Mobile Lead

企業活動を加速するSaaSプロダクト新規開発におけるネイティブアプリ開発メンバー募集!ーーー企業活動を加速するBtoB SaaSプロダクト新規開発におけるネイティブアプリ開発メンバー募集!
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そんな状況の中で、ネイティブアプリも活用した新たなプロダクト(*面談時にお話します)を届けていくべく、モバイルアプリのプロダクト開発をする”一人目の”ソフトウェアエンジニアを募集しています! (事業についての詳細は、以下のEntranceBookから) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです - 顧客のニーズを把握するために徹底したヒアリングを行い、チームメンバーによる推測ではなく生の声にもとづく機能提案や必要な機能の洗い出しをしています。 - 業務システムをSoRだけではなく、SoEとして体験も含めて考えるメンバーが多いです ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません - 良く言えばフルスタックのメンバーが多いですが、モバイルに強みをもったメンバーがいません。モバイルアプリに関しての技術選定・設計に関しては専門性を持ったメンバー不在のため、課題感を強く持っています。この課題感を強みに変えていきたいと思っています ▼業務内容 - LayerX インボイス、ワークフロー、そこに連なる新たなプロダクトをネイティブアプリを通じて新しい顧客に届けるための新プロダクト開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - さらなる新規プロダクトの開発 - 上記に関わる技術選定・設計方針策定、Swift/KotlinやReact Native, Flutterなど0から技術選定をしていただきます - お客様の業務と多様な要望を深く理解した上での整理、あるべき仕様への落とし込み - 迅速でホスピタリティのある顧客対応。カスタマーサクセスや営業との連携 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - Sendgrid - ネイティブアプリ - **あなた次第!!** - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro,notion Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_QA/Test

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_QA/Test

急成長プロダクト&爆速開発サイクルの荒波を乗りこなしたいQAエンジニア募集! 🏄🏼ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、急成長プロダクトの最後の砦として品質を担うQAエンジニアを募集します。 (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 仕様決めの段階の上流工程からQAやCSも参画し、チーム全員で「お客様にとって良い体験とは何か」に真摯に向き合っています。 - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです。 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って行動しています。 - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、行動する開発メンバーが多いです。 ▼チームの弱み - 品質を担保すべきものに対して全くQAチームの規模が追いついていません。 - CSだがQAを兼務、開発エンジニアだがSETを兼務。など兼任で賄っている状況です。(兼務の良さもあります) ▼業務内容 - LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)におけるQA業務の遂行とリーディング - 事業の特性を考慮したテストプロセス設計と運用 - プロダクト品質向上のための技術設計 - PM、エンジニア、営業やCS等、開発チームにおける多様なステークホルダーとの折衝・コミュニケーション ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています。 - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 - 1週目(火):QA対象の仕様把握 - 1週目(水):テスト計画の策定 - 1週目(木):テスト設計 / 検証項目書の作成 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 新機能仕様確認 - 2週目(火):検証項目書の作成 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA実施 / バグ修正確認 - 2週目(木):QA実施 / バグ修正確認 / リリース判断 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - 品質保証 - Googleスプレッドシート(項目書) - Airtable(バグ管理) - Autify(自動化) - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - Typescript - Vue.js, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - Sendgrid Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_SRE

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_SRE

急拡大するB2B SaaS事業で進化するクラウドインフラを開発したいエンジニアを募集!ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、プロダクトのインフラ開発をリードできるエンジニアを募集しております! ▼どんな人がいるか LayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します。 - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです。 - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです。 ▼チームの弱み - チームの規模が小さく、日々の運用や短期的な開発がメインとなっており、中長期的なテーマに対する腰を据えた取り組みがまだまだ十分ではありません。 - IaCを前提としておりますが、まだ一部に手作業の箇所が残っており、改善の余地が残っています。 - DevOpsという観点からも、CI/CD環境をはじめとしてアプリの開発・リリースプロセスとの連携にまだ改善の余地があり、現状の課題となっています。 ▼業務内容 - LayerX インボイス、ワークフローをはじめとする複数プロダクトの基盤となるインフラの設計・構築 - プロダクトをより多くのお客様にお届けするための、インフラのスケーラビリティの向上 - 経理業務の繁忙期となる月末月初でも快適にご利用いただくための、インフラの安定性・保守性の強化 - 既存プロダクトの成長にあわせて進化するインフラアーキテクチャの検討 - IaCを前提としたインフラ開発の効率化、自動化 - 障害発生時に迅速に対処する、発生を未然に防ぐための監視体制の構築 - お客様の重要なデータを安心してお預けいただくための、開発環境も含めたインフラ全体のセキュリティ設計 - クラウドサービスプロバイダ(CSP)様との定期的なレビューによるインフラの継続的な改善 - テックブログ等の執筆、カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger, gorm) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue, Nuxt.js - インフラ - AWS - IAM、KMS、ECS、Lambda、RDS、OpenSearch、DynamoDB、S3、CloudFront、CloudWatch、Firehose等 - GCP(一部) - GitHub - Datadog - Sendgrid - Docker - Terraform - AWS CDK - ミドルウェア - MySQL - Elasticsearch - Redis - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro, Notion LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_会計システム

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア_会計システム

経理業務知識や会計システムの開発経験が活かし、SaaSプロダクトをリードするエンジニアを募集!ーーー「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、会計領域/会計システムの専門知識を活かしプロダクト開発できるエンジニアを募集しております! LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです ▼チームの弱み - 開発する機能に対して全くチームの規模が追いついていません - 複数プロダクトのシステムを開発・運用出来るチーム構成になっていません - 良く言えばフルスタックのメンバーが多いですが、フロントとモバイルに強みをもったメンバーがいません ▼業務内容 - 既存プロダクト(LayerX インボイス、ワークフロー)や新規プロダクトの開発 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - 会計ソフトとのAPI連携・データ連携部分の実装 - お客様の経理業務と要望を理解した上で仕様を整理し、より汎用的な機能への落とし込み - セールスチームやカスタマーサクセスチームとの連携 ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - データベース - MySQL - DynamoDB - ミドルウェア - OpenSearch - Redis - インフラ - AWS - GCP(一部) - Docker - Sendgrid - モニタリング - Datadog - プロビジョニングツール - Terraform - AWS CDK - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, Slack, miro, Notion Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア(インターン)

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア(インターン)

SaaS事業のコア機能開発エンジニアインターン(週3日〜)募集―――「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ※LayerXでは年齢や学歴に関係なく、ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ※以下の募集内容は中途採用向けの内容になります。経験豊富なメンバーと開発を楽しみながら進めていく、そんな環境をご用意して、エントリーをお待ちしています ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)コア機能の開発及び将来展開の検討(プロジェクトはCEO福島及び担当のリードエンジニアと進めていただきます) ===開発環境=== フロントエンド:TypeScript, Vue.js サーバーサイド:Go, TypeScript, Python データベース:MySQL ソースコード管理:GitHub プロジェクト管理:Airtable, miro インフラ:AWS, GCP プロビジョニング:terraform ミドルウェア:Elasticsearch, SQS, Redis CI/CD:GitHub Actions, AWS CodePipeline 現在のチームメンバーはフロントエンド、バックエンド、インフラ含め各々が一気通貫で開発していることが多いです。 ============
【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア(新卒採用)

【SaaS事業】ソフトウェアエンジニア(新卒採用)

【新卒採用】LayerX新規SaaS事業のソフトウェアエンジニア募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ※LayerXでは年齢や学歴に関係なく、ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ※以下の募集内容は中途採用向けの内容になります。経験豊富なメンバーと開発を楽しみながら進めていく、そんな環境をご用意して、エントリーをお待ちしています ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)の企画・設計・実装・テスト並びに各技術選定 ・安定したサービス提供のための改善及び新しい技術の利活用、パフォーマンスチューニング等 ・UX提供のための適切なAPI設計、フロントエンドの開発 ・CIツール連携による開発の効率化 ・カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ===開発環境=== フロントエンド:TypeScript, Vue.js サーバーサイド:Go, TypeScript, Python データベース:MySQL ソースコード管理:GitHub プロジェクト管理:Airtable, miro インフラ:AWS, GCP プロビジョニング:terraform ミドルウェア:Elasticsearch, SQS, Redis CI/CD:GitHub Actions, AWS CodePipeline 現在のチームメンバーはフロントエンド、バックエンド、インフラ含め各々が一気通貫で開発していることが多いです。 ============
【SaaS事業】プロダクトエンジニアリングマネジャー

【SaaS事業】プロダクトエンジニアリングマネジャー

LayerXのProduct Engineering Manager募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが提供する製品の顧客に、より良い価値を届けられるよう、開発チームとそこに属するメンバーのパフォーマンスを最高の状態にすること。 ・上記のための、開発チームに対するPeople/productivityマネジメント、および開発プロセスをより改善するためのプロジェクトマネジメント。 ・開発チームの可能性を高め、強くできるようなソフトウェアエンジニアやデザイナの採用活動。 ===開発環境=== フロントエンド:TypeScript, Vue.js サーバーサイド:Go, TypeScript, Python データベース:MySQL ソースコード管理:GitHub プロジェクト管理:Airtable, miro インフラ:AWS, GCP プロビジョニング:terraform ミドルウェア:Elasticsearch, SQS, Redis CI/CD:GitHub Actions, AWS CodePipeline 既存プロダクトチームメンバーはフロントエンド、バックエンド、インフラ含め各々が一気通貫で開発していることが多いです。 ============ ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【SaaS事業】プロダクトマネージャー・プロダクトマネージャー候補

【SaaS事業】プロダクトマネージャー・プロダクトマネージャー候補

圧倒的に使いやすいBtoBプロダクトを作る、プロダクトマネージャーと候補を募集!―――「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。PdMについては、現状エンジニアが兼任している状態です。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、プロダクトをリードするPdMを募集しています! (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです - 仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです ▼チームの弱み - 新規事業をつくっていくためのPdMがいません(やるべき新規事業は数多くあります) - お客様の要望をもとに短期的な優先順位は議論できていますが、大局的・戦略的にマイルストーンをつけて落としていく動きは弱いところがあります - 現在、エンジニアがPdMを兼任している状態です - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません ▼業務内容 - 市場環境、広げるべき顧客セグメントから、大局的な目線でのマイルストーンの落とし込み - プロダクトを圧倒的に使いやすくするために、お客様の業務フローと多様な要望を深くヒアリング・理解した上での優先度整理、あるべき仕様への落とし込み - 新規プロダクトの立ち上げ - カスタマーサクセスや営業との連携。ホスピタリティのある顧客対応 - カンファレンス及びイベント等への登壇・寄稿(行動指針『徳』を体現する行動やアウトプット) ## PdMとして - 場合にもよりますが、現状は入社後すぐに専任PdMとしてアサインすることはあまり想定していません - カスタマーサクセス、QA、セールス、エンジニアなどを通し、まずは入口として顧客の業務を理解し、また市場環境等を把握された上で、PdMとしてアサインいただくことを想定しています ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています ▼使っている技術・ツール - バックエンド - Go (gqlgen, go-swagger) - Node.js - フロントエンド - Typescript - Vue.js, Nuxt.js - インフラ - AWS - GCP(一部) - Sendgrid - 品質保証 - Autify - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - zoom, slack, miro Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】プロダクト担当デザイナー

【SaaS事業】プロダクト担当デザイナー

圧倒的な体験を提供するプロダクト担当デザイナーを募集!ーーーいやすさ
▼募集の背景 LayerXのSaaS事業では「圧倒的に使いやすいプロダクトを届け、わくわくする働き方を。」をビジョンに、コーポレート業務やBtoBの世界に徹底的にUXを磨き込んだソフトウェアを届けるべく、プロダクト開発をしています。 2021年1月「LayerX インボイス」をリリースしました。4月には「LayerX ワークフロー」をリリースし、その体験の良さから急速に利用が広がっています。 一方、この体験を広げるためには必要な新機能がたくさんあります。同時にお客様からは多数の要望をいただいており「圧倒的に使いやすい」プロダクトには大きな伸びしろがあります。私達が目指す世界の実現のためには現在の構想でも数十の新規プロダクト群の開発が必要です。 インボイス、ワークフロー、OCR、インフラ、QA、デザイン…など、各チームは1-2人と兼務という状態です。背中を預けあえ、チームの開発速度を上げていくメンバーを探しています。 そのため、お客様に1日でも速く良い体験を届けるべく、プロダクト開発担当のデザイナーを募集しております! (事業についての詳細は、以下のページから御覧ください!) LayerX EntranceBook https://www.notion.so/LayerX-EntranceBook-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793) ▼どんな人がいるか まずLayerXのカルチャーについて、是非この記事を御覧ください! https://note.com/mosa_siru/n/n3a67e809a292 - プロダクトチームメンバーの出身企業 メルカリ,Gunosy,DeNA,CyberAgent,フューチャーアーキテクト,Sony,エウレカ,Yahoo!,新卒 ▼チームの強み・特徴 - 行動指針「Trustful Team」をもとに背中を預けあって、各位がオーナーシップを持って開発します。 - スピードを意識し、少しでも速くお客様に良い体験を届けることを意識しているチームです。 - PdMからトップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発していくメンバーが多いです。 ▼チームの弱み - 開発したいものに対して全くチームの規模が追いついていません。 - UIライブラリをフル活用し、スピード感をもって開発を進めるスタイルですが、人手不足から細かな調整、改善が追いつかないこともあります。 - 複数プロダクトをまたぐデザインシステムが整備されていません。 - 専任のフロントエンドエンジニアがいないため、エンジニア、デザイナー全員でフロントの実装をおこなっています。 ▼業務内容 - LayerX インボイス、ワークフロー、および新規プロダクトのUI/UXデザイン、それに付随するグラフィックの制作 - フロントエンド(HTML、CSS)の実装、調整 - プロダクトを圧倒的に使いやすくするための改善、運用 - お客様の業務と多様な要望を深く理解した上での整理、あるべき仕様への落とし込み - 迅速でホスピタリティのある顧客対応。カスタマーサクセスや営業との連携。 ▼開発スプリントの流れ 2週間1スプリントで、スクラム開発しています。 - 1週目(月):全社で週次定例 / スプリント計画 / 開発 - 1週目(火):開発 - 1週目(水):開発 - 1週目(木):開発 - 1週目(金):開発 / 営業・CS向け新機能共有会 - 2週目(月):全社で週次定例 / スプリント進捗確認 / 開発 - 2週目(火):開発 - 2週目(水):ステージング環境リリース / QA / バグ修正 - 2週目(木):バグ修正 - 2週目(金):本番環境リリース / 営業・CS向け新機能共有会 / 振り返り / バックログ棚卸し ▼使っている技術・ツール - デザイン - Adobe Creative Cloud - Figma - フロントエンド - TypeScript - Vue.js, Nuxt.js - BootstrapVue - バックログ管理 - Airtable - コミュニケーション - notion, zoom, slack, miro Tech系の記事は、エンジニアブログをお読みください! LayerX エンジニアブログ https://tech.layerx.co.jp/
【SaaS事業】事業開発部門_カスタマーサクセス

【SaaS事業】事業開発部門_カスタマーサクセス

LayerXの新規SaaS事業のカスタマーサクセス募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)の導入検討または導入に際し、具体的な利用方法や顧客メリットを提示することで、顧客の業務改善に寄与すること ・既存顧客の課題及び実現したいことをヒアリングの上、プロダクトチームにフィードバックを行い、顧客の業務改善を推進すること (参考)CSメンバーの入社note https://note.layerx.co.jp/n/n6fd743033989 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【SaaS事業】事業開発部門_セールス&マーケティング(インターン)

【SaaS事業】事業開発部門_セールス&マーケティング(インターン)

LayerXの新規SaaS事業(Sales&Marketing)インターン募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ※LayerXでは年齢や学歴に関係なく、ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ※以下の募集内容は中途採用向けの内容になります。経験豊富なメンバーと事業を通じた顧客への価値提供を楽しみながら進めていく、そんな環境をご用意して、エントリーをお待ちしています ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのプロダクト(既存・新規)を通じて顧客に価値を届けるために必要なことすべて(Marketing、セールス等。アサインは本人希望と会社の状況を踏まえ、相談の上決めていきます)
【SaaS事業】事業開発部門_ビジネス職(新卒採用)

【SaaS事業】事業開発部門_ビジネス職(新卒採用)

LayerXのビジネス職新卒採用(22,23,24卒)募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ※LayerXでは年齢や学歴に関係なく、ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ※以下の募集内容は中途採用向けの内容になります。経験豊富なメンバーと事業を通じた顧客への価値提供を楽しみながら進めていく、そんな環境をご用意して、エントリーをお待ちしています ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのプロダクト(既存・新規)を通じて顧客に価値を届けるために必要なことすべて(開発・マーケ・セールス・CS等。アサインは本人希望と会社の状況を踏まえ、相談の上決めていきます)
【SaaS事業】事業開発部門_フィールドセールス

【SaaS事業】事業開発部門_フィールドセールス

LayerX SaaS事業のフィールドセールス募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)が顧客課題をどう解決するか、ヒアリングを通じ明示化・具体化し導入に向けた提案活動を行うこと  ・マーケティングからリード化した顧客候補の導入意思決定をサポートし、CVRを最大化すること 9/3に実施したオンラインイベントの動画です。チームの雰囲気理解のキッカケに活用ください https://drive.google.com/file/d/1l2zrOfYqzmFmLzuDoJKGqCcpPFq8RRPV/view ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【SaaS事業】事業開発部門_マーケティング

【SaaS事業】事業開発部門_マーケティング

LayerXの新規SaaS事業のマーケティング―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXが開発するプロダクト(既存及び新規含む)が顧客課題をどう解決するかを潜在顧客にお伝えすること  ・リード獲得を最大化するための各種マーケティング施策の実行  ・リードからMQL転換を促進するナーチャリング施策の実行 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【共通】オープンポジション(社員紹介専用)

【共通】オープンポジション(社員紹介専用)

オープンポジション(社員紹介専用)
※LayerXに在籍するメンバーからの紹介を受けた方を対象としたフォームです。(一般応募で検討されている場合は、こちらのフォームではなく、該当するポジションよりエントリーをお願いします)
【共通】コーポレート_労務/総務

【共通】コーポレート_労務/総務

LayerXの50->200名フェーズを牽引するコーポレートチームのメンバー募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのコーポレート業務全般(主に労務と総務) ・下記業務内容及び、その他、事業運営上必要な労務・総務業務 ============ 労務 ・労務関連の手続きや契約書等の作成及び管理 ・勤怠管理、給与計算(社労士と連携) ・労働環境の管理・改善 ・就業規則等の労務関連規則の作成・改善 ・福利厚生制度の設計、執行及び管理 ・評価制度の設計、執行及び管理 総務 ・規則規程の作成及び管理 ・文書や契約書の管理 ・株主総会運営及び株主管理 ・各種会議体の運営 ・オフィス関連業務 ============ ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【共通】コーポレート_経理/総務

【共通】コーポレート_経理/総務

LayerXの50->200名フェーズを牽引するコーポレートチームのメンバー募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのコーポレート業務全般(主に労務と総務) ・下記業務内容及び、その他、事業運営上必要な労務・総務業務 ============ 経理 ・仕訳伝票入力業務 ・入出金管理 ・債権債務管理 ・月次・年次決算業務 ・税務業務(申告書作成等) ・監査法人対応 ・法制度対応 (+当社SaaSプロダクトへのフィードバック) 総務 ・規則規程の作成及び管理 ・文書や契約書の管理 ・株主総会運営及び株主管理 ・各種会議体の運営 ・オフィス関連業務 (+当社SaaSプロダクトへのフィードバック) ============ ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【共通】人事広報部門_人事/採用

【共通】人事広報部門_人事/採用

LayerXの成長を牽引するHRメンバーを募集―――『すべての経済活動を、デジタル化する』
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。全従業員の約50%がEngineerという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのミッションを実現するために必要な仲間が集まる企画及びその実行 ・積極的に動き、貪欲に生きた情報を集め、大胆かつ本質的な施策を企画し実行すること ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793
【共通】人事広報部門_採用オペレーションスペシャリスト

【共通】人事広報部門_採用オペレーションスペシャリスト

【副業・業務委託歓迎】LayerXの成長を推進するHR Opsメンバーを募集(雇用形態は柔軟に対応します)
▼ミッションと事業ドメイン LayerXは「すべての経済活動を、デジタル化する。」というミッションの元、信用や評価のあり方を変え、経済活動の摩擦を解消し、その恩恵を多くの企業や個人が受けられるような社会の実現に向けて採用活動を推進しています。 直近の事業UpdateについてCEO福島がnoteを書いています、ぜひご一読ください。 ・LayerXはブロックチェーンの会社じゃありません、という話 https://note.com/fukkyy/n/n7f60e18db2c6 文中にもある通り、現在LayerXは「SaaS, Fintech, プライバシーテック」の会社です。 - SaaS領域では請求書受取業務を効率化するSaaS「LayerX インボイス」と「LayerX ワークフロー」を提供しています。 - Fintech領域では関連会社を通じて「アセットマネジメント事業」(以下アセマネ事業)を行っています。 - さらに第三の事業としてプライバシーテックのプロダクトも立ち上げ中です。 ▼多様性とインクルージョン LayerXはあらゆる多様な方への機会提供の場でありたいと考えています。採用選考過程において、年齢・性別・国籍・人種・障がい・LGBT・雇用形態、婚姻状況などは全く関係ありません。ミッションの実現と運営する事業内容に共感してくださる仲間を積極的に募集しています。 - LayerX D&I Policy - https://layerx.co.jp/diversity_and_inclusion_policy ▼チームと働く環境 上述の3つの事業(スタートアップ)を同時に立上げています。経営陣の6割、メンバーの半数以上が開発メンバーという構成で、スタートアップの0->1経験が豊富なメンバーや、コンサルティングファーム・商社・霞ヶ関出身など多様なメンバーが活躍しています。働く環境としては国内で最も刺激がある場所かつエキサイティングな場所の1つであると自信を持ってお伝えできます。 毎日の日報を通じて、お互いの趣味やPrivate、最近取り組んでいることなどをシェアし合うなど、透明性とバランスが両立したチームです。 ▼LayerX EntranceBook 直近の事業説明会の動画、直近反響をいただいたプレスリリースなど LayerXの今をお伝えする情報をまとめています。 https://layerx.notion.site/LayerX-5a5845c2dc5241518eb7f3bf21433793 ▼本ポジションの業務内容 ・LayerXのミッションを実現するために必要な仲間が集まる企画(採用活動等)及びその実行 ・上記業務遂行のために必要なステークホルダーとのコーディネーション業務 (具体的には、候補者やエージェント様、パートナー企業様等とのコミュニケーションをサポートいただく業務です) ・HR Opsの自動化や型化の推進