LAPRAS株式会社 の全ての求人一覧
LAPRAS株式会社 の全ての求人一覧

PM・ディレクション0件
エンジニア6件
カスタマーサクセス0件
コーポレート0件
セールス・事業開発0件
デザイン1件
マーケティング0件
【カジュアル面談】CTO rocky

【カジュアル面談】CTO rocky

CTO rockyとカジュアルにお話ししませんか?
CTO rockyとオンラインでカジュアルにお話しする場です。 LAPRASのエンジニアリングや組織、事業について知りたい方は、こちらからご応募ください。 【例えばこんな方】 ・GitHub, Zenn, Qiitaなどの発信をみて、LAPRASの人と話してみたくなった ・エンジニアリングについて壁打ちをしたい ・エンジニア組織の運営について意見交換したい ・実は応募したいけれど踏み切れず、まずはカジュアルに話がしたい など 【プロフィール】 rocky(Takanori Koroki)/執行役員 CTO 豊田高専を卒業後、ソフトウェアエンジニアとして多様な開発案件に従事。複数の新規事業立ち上げに関わり、ビジネス/ソフトウェア双方の設計と構築を経験。 2015年より株式会社Nextremer高知AIラボの代表として、事業や組織の立ち上げを主導。地域コミュニティや行政とも協力関係を構築し、地方でも先端技術に触れられる場作りにも貢献。 掲げるミッションと価値観に共感し、2019年8月にLAPRASに入社。 【補足】 選考ではないため、事前にご準備いただくことはございません。ご応募時にはお名前(ハンドルネームも可)とメールアドレスのみご記入をお願いします。 なお面談当日をより良いものとするため、ご自身のアウトプットが分かるSNSアカウント(GitHub,Zenn,Qiita,Twitterなど)を応募時「応募先へのメッセージ」欄へ、任意で記載いた開けますと幸いです。 ご応募後、弊社から面談調整のご連絡を差し上げます。
Design Engineer

Design Engineer

Design Engineer
【概要】 LAPRAS のUIデザインおよびフロントエンド(Vue.js)開発の双方を担当いただくポジションです。WebアプリケーションにおけるUIデザインおよびフロントエンド開発の実務経験をお持ちの方を想定しています。 特定のフレームワーク(Vue.js)の業務経験は必須ではなく、入社後にキャッチアップいただく形で問題ありません。スキルチェックの課題もできる限り言語依存しない問題となっています。 LAPRAS のスクラム開発チームに開発者として参加いただき、フロントエンド開発、UIデザインを担当いただきます。 このスクラムチームではプロダクトに関わる開発機能をすべて備えているため、開発作業に加えて、設計、開発の足回りの改善、ミドルウェアの選定/調整、バグの調査/修正などの作業や、PdM/POと共にユーザやプロダクトの使われ方について学習しつつ、仕様や実装に反映させていく活動も求められています。 まずはアプリケーション開発/UIデザインを中心に行うことを想定しており、そこで十分にパフォーマンスを発揮できるようになったのち担当領域を広げる、ないし深めていくことを期待しています。 【募集背景】 LAPRASの開発体制として以下を実現したいと考えています。 ①UIデザインのスキルをお持ちの方にチームにフルコミットいただく ②フロントエンドの実装感覚をお持ちの方にUIデザインを担当いただく ①について 現在LAPRASのUIデザインは弊社CDOの小瀧が担当しておりますが、コミュニケーション頻度の向上、コンテキストを共有した上でのプロダクトづくりなどを目的として、UIデザインのスキルを有した方がチームにフルコミットできるような体制を検討しています。 現状でも短期的なやり取りにおいては特にボトルネックになっているわけではありませんが、プロダクトの使われ方の観察やユーザインタビューによって得られた知見をエンジニアと共有しやすくなったり、実装途中に生じた迷いなどをすぐに相談して解決できるようになるなど、フルコミットいただくことによって、質もスピードも一段階レベルを上げられると考えています。 ②について プロダクトの仕様を決めるときと同様、デザインにおいても技術的な実現可否や実装負荷を考慮することで、価値提供のスピードを上げることができると考えています。また、現場において「実装負荷が高くとも拘りたい箇所なのか、特にこだわりがなく実装負荷が高い場合は変更しても良い箇所なのか」などの迷いが生じづらく、こちらもスピードに寄与するものだと考えています。 また、フロントエンドの開発のスキルを有する方に担当いただくことで、デザイン関連タスクの多寡にかかわらずチームのタスクを担当いただきやすくなるという側面もあると考えています。 【開発環境一覧】 Python 3.7 Django 3.1 Vue.js 2.6 MySQL 8.0 PostgreSQL 11.1 JavaScript, TypeScript (新しいプロジェクトはTS) AWS (EKS, RDS, Aurora, SQS, DynamoDB, Workmail 等) Docker GitHub ZenHub CircleCI Sider Google Drive esa.io Slack Google Docs, SpreadSheet
Lead Site Reliability Engineer

Lead Site Reliability Engineer

Lead Site Reliability Engineer
【募集背景】 SREは現在専任2名&兼任数名の体制となっていますが、事業規模の拡大に伴い、SR・インフラ領域のエンジニアでチームを組成し業務をおこないたいと考えています。 今まで手を付けられていなかった改善や属人性を低減した運用をより早いスピードで実現・推進していくために、新しいメンバーを募集します。 現在SRを専任しているエンジニアはSWE(Softwere Engineer)としてのキャリアを持っている方が多いため、特に以下のようなバックボーンをお持ちの方だと相補しながら業務を進められるものと思います。 今までSWEとして働いてきた方で、SR領域に対して強い興味・関心を持っている方 今までSREとして働いてきた方で、より大きな職責を持って業務を進めていきたいと考えている方 【業務内容】 SR(Site Reliability)チームの一員として、LAPRAS SCOUT や LAPRAS をはじめとした、LAPRAS株式会社にて運用する全てのアプリケーションの信頼性の改善に携わって頂きます。 また、SRに関連する業務として、DevOps、インフラストラクチャ、QA領域の諸業務についてもご担当頂きます。 ■SR主導のプロジェクト 半年~1年程度のロードマップを引いて、少しずつ進捗させているIssueとしては以下のようなものがあります。 - k8sバージョンアップ運用の改善 - terraformおよびaws-providerのバージョンアップ - terraform管理外リソースのtf化 - ライブラリやdockerコンテナなどの各種セキュリティアップデートの運用改善 - AWSリソースのコストベースでの利用正常化 - システム信頼性向上に向けた取り組み - 既存インフラの可視化・勉強会の実施 ■他チームのプロジェクト スクラムチームやビジネスサイドのメンバーが進めているプロジェクトにおいて、SR・インフラ観点でメンバーとして参加して開発をおこなうことも多いです。 - 新規システム・LP構築のための基盤づくり - 社内システム用アカウントの発行運用改善 - 開発環境改善 ■オンコール 入社してすぐご対応頂くことはありませんが、状況に応じて以下も担当頂きます。 - テクニカルサポート - バグ修正 - バグのトリアージ 具体的な業務は下記をご確認ください。 https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/8881/9b00f32ad51d40a020ba.html 【開発環境一覧】 Python 3.7 Django 3.1 Vue.js 2.6 MySQL 8.0 PostgreSQL 11.1 JavaScript, TypeScript (新しいプロジェクトはTS) AWS (EKS, RDS, Aurora, SQS, DynamoDB, Workmail 等) Docker GitHub ZenHub CircleCI Sider Google Drive esa.io Slack Google Docs, SpreadSheet 【詳細情報】 https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/7826/b0f8ad4fedcfb9e552ed.html
Site Reliability Engineer

Site Reliability Engineer

Site Reliability Engineer
【募集背景】 SREは現在専任2名&兼任数名の体制となっていますが、事業規模の拡大に伴い、SR・インフラ領域のエンジニアでチームを組成し業務をおこないたいと考えています。 今まで手を付けられていなかった改善や属人性を低減した運用をより早いスピードで実現・推進していくために、新しいメンバーを募集します。 現在SRを専任しているエンジニアはSWE(Softwere Engineer)としてのキャリアを持っている方が多いため、特に以下のようなバックボーンをお持ちの方だと相補しながら業務を進められるものと思います。 ・今までSWEとして働いてきた方で、SR領域に対して強い興味・関心を持っている方 ・今までSREとして働いてきた方で、より大きな職責を持って業務を進めていきたいと考えている方 【業務内容】 SR(Site Reliability)チームの一員として、LAPRAS SCOUT や LAPRAS をはじめとした、LAPRAS株式会社にて運用する全てのアプリケーションの信頼性の改善に携わって頂きます。 また、SRに関連する業務として、DevOps、インフラストラクチャ、QA領域の諸業務についてもご担当頂きます。 具体的な業務としては以下を想定しています。 https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/8881/9b00f32ad51d40a020ba.html 入社頂いた際には、現任のSREと協力しながら、システムに対するSR観点での課題定義から解決までを広くご担当頂きます。 ・システムの信頼性・パフォーマンスの改善活動  アプリケーション(Python & Django)レイヤのプログラム修正も積極的に実施します ・SLO / SLIの策定および運用 ・CI/CD・監視の構築および運用 ・インフラストラクチャの構築および運用 ・ユーザーサポート ・CSMで対処できない技術的な問題について、エンジニア全員にて当直制で対応しています 入社頂いた際には、現任のSREと協力しながら、システムに対するSR観点での課題定義から解決までを広くご担当いただきます。 【開発環境一覧】 Python 3.7 Django 3.1 Vue.js 2.6 MySQL 8.0 PostgreSQL 11.1 JavaScript, TypeScript (新しいプロジェクトはTS) AWS (EKS, RDS, Aurora, SQS, DynamoDB, Workmail 等) Docker GitHub ZenHub CircleCI Sider Google Drive esa.io Slack Google Docs, SpreadSheet 【詳細情報】 https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/7786/951e95d8565f0b3a646e.html
Software Engineer, Backend

Software Engineer, Backend

Software Engineer, Backend
【募集背景】 LAPRASとLAPRAS SCOUTユーザーの増加に伴い、さらなる開発が必要な状況になったため増員です。 新しいメンバーに入っていただくことで開発リソースに余裕を持たせ、今まで手を付けられていなかったカイゼンや、将来の変更に耐えうる設計を模索したりなど、緊急ではないが重要な活動にチームとして取り組みます。 日常的に技術的な負債を返済していけるチームを作り、規模を拡大してもスピードや品質を失わない構造を手に入れたいと考えています。 【業務内容】 LAPRAS、LAPRAS SCOUTのスクラム開発チームに開発者として参加します。 このスクラムチームではプロダクトに関わる開発機能をすべて備えているため、Webアプリケーション開発に加えて、Terraform や Kubernetes を使用したインフラの整備や、Chromeの拡張機能である LAPRAS SCOUT Extension の開発も担当することがあります。 まずはアプリケーション開発を中心に行うことを想定しており、そこで十分にパフォーマンスを発揮できるようになったのち担当領域を広めていくことを期待しています。 現在のチーム全体の開発内容の割合は概ね、フロントエンド:バックエンド : その他 = 30 : 60 : 10程度です。 スクラムチームの開発者としてはフロントエンド、バックエンドの両方を担当いただきつつ、技術的課題の解決や生産性向上のための施策の打ち所などの守備範囲として、主にバックエンドを担当いただきます。 【開発環境一覧】 Python 3.7 Django 3.1 Vue.js 2.6 MySQL 8.0 PostgreSQL 11.1 JavaScript, TypeScript (新しいプロジェクトはTS) AWS (EKS, RDS, Aurora, SQS, DynamoDB, Workmail 等) Docker GitHub ZenHub CircleCI Sider Google Drive esa.io Slack Google Docs, SpreadSheet 【現状の技術的課題】 直近認識しているバックエンドの技術的な課題は以下のようなものがあります。 データの基盤はこれまでLAPRAS SCOUT側が担ってきましたが、双方のサービスが伸びてきていることから今後のビジネス要求への対応に向けてシステムの構造もそれに耐えうるものを構築したいと考えています。 最終的には各サービスのビジネス領域や法的な観点によってシステムを分割し、それぞれが独立して変更しながら協調動作できるようなアーキテクチャを目指します。一緒に進めていただきたい取り組みとして具体的には以下のようなことを検討しています。 ・現在LAPRAS SCOUT上に構築されている個人情報データ基盤をマイクロサービスとして切り出す ・分割したサービス同士で連携できるようにシステムを変更していく(リファクタリング) ・分割と連携の完了後、これまで対応がむずかしかったり根本的な解決ができていなかったビジネスやセキュリティなどの要件に対応していく 【詳細情報】 ・Software Engineer Backend https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/4844/34bba37a4cb2adfadead.html ・Senior Software Engineer Backend https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/5246/4df4b85648d435541170.html
Software Engineer, Frontend

Software Engineer, Frontend

Software Engineer, Frontend
【募集背景】 LAPRASとLAPRAS SCOUTユーザーの増加に伴い、さらなる開発が必要な状況になったため増員です。 新しいメンバーに入っていただくことで開発リソースに余裕を持たせ、今まで手を付けられていなかったカイゼンや、将来の変更に耐えうる設計を模索したりなど、緊急ではないが重要な活動にチームとして取り組みます。 日常的に技術的な負債を返済していけるチームを作り、規模を拡大してもスピードや品質を失わない構造を手に入れたいと考えています。 【業務内容】 LAPRAS、LAPRAS SCOUTのスクラム開発チームに開発者として参加します。 このスクラムチームではプロダクトに関わる開発機能をすべて備えているため、Webアプリケーション開発に加えて、TerraformやKubernetesを使用したインフラの整備や、Chromeの拡張機能である LAPRAS SCOUT Extensionの開発も担当することがあります。 まずはアプリケーション開発を中心に行うことを想定しており、そこで十分にパフォーマンスを発揮できるようになったのち担当領域を広めていくことを期待しています。 チーム全体の開発内容の割合はフロントエンド:バックエンド : その他 = 30 : 60 : 10です。 スクラムチームの一員としてはフロントエンド、バックエンド双方の開発を担当いただきつつ、フロントエンド周りの技術的課題の発見/解決に取り組んでいただきます。 【開発環境一覧】 Python 3.7 Django 3.1 Vue.js 2.6 MySQL 8.0 PostgreSQL 11.1 JavaScript, TypeScript (新しいプロジェクトはTS) AWS (EKS, RDS, Aurora, SQS, DynamoDB, Workmail 等) Docker GitHub ZenHub CircleCI Sider Google Drive esa.io Slack Google Docs, SpreadSheet 【現状の技術的課題】 具体的なフロントエンドの課題や進行中の改善プロジェクトは以下のようなものがあります(アイディア段階のものや検討中のもの含む)。もちろん、下記以外にも改善案を提案/実施いただくことを期待しています。 ■LAPRAS SCOUTのTypeScript化 現在進行中のプロジェクトです。 一旦はVueのcomponent以外のところ(storeやapi clientなどのutil部分)を対象に進めています。LAPRASはすでにTypeScriptされています。 ■特定機能のパフォーマンス向上 フロントのレンダリングが原因でパフォーマンスに課題を抱えている機能があります。レンダリングやデータのライフサイクルを調整するなどして、改善したいと考えています。 ■エラー時の挙動や表示、アニメーションの標準実装(ガイドライン)の整備 現在は機能開発の度にUXDと調整していますが「標準実装を定義して、逸脱するときに相談する」という形にしていきたいです。体験設計の決定をするのはUXDなので、UXDとコミュニケーションをとりつつ実装コストを考慮に入れたガイドラインを作りたいと考えています。 ■設計の改善 ドメインレイヤ(likeなもの)を導入することによって、ビジネスロジックの保守性を高めたいと考えています。 その他「Vuexにおいて複数のstoreにまたがった処理の実行やデータの同期をする場合など、実装時に迷うことが多い」等の課題に対する回答も用意したいと考えています。 ■BFF的なレイヤの導入 プロダクトの提供したい体験が「単なるテーブルのCRUD処理」ではなくなってきており、画面構造とテーブル構造が必ずしもリンクしないケースが増えてきました。フロントエンドとして嬉しいAPIを設計しなおす需要が出てきていますが、手を出せていません。 ■アプリ化 PWA化 , HTMLハイブリッドアプリとしてビルド などの方法論と、そのビジネス的効果など、検討したい内容として挙がっています ■その他テーマ ・開発効率を上げるためのビルド環境の整備 ・コストに見合うフロントエンドのテスト設計 【詳細情報】 ・Software Engineer, Frontend https://bit.ly/3HQ3L41 ・Senior Software Engineer, Frontend https://bit.ly/3C1JMOw
UXアーキテクト

UXアーキテクト

今までにない体験デザインで、愛されつづけるプロダクトを創るUXアーキテクト
LAPRAS社のミッション実現に向け、UX設計をリードしサービスのUX水準を引き上げる活躍を期待しています。 またLAPRAS社のミッションや自社製品の魅力が社外により伝わるよう、一部コミュニケーションデザインまわりの業務もお任せします。 【募集背景】 - LAPRASのユーザー増やLAPRAS SCOUT の利用企業数増が進む中で、LAPRASのUX改善の力を強化していきたい。 - サービスの規模が大きくなるにつれ、実験的な機能開発や技術的・ビジネス的要件によってプロダクトの複雑度が増している中、今一度サービスを整理し、シンプルで一貫性のあるユーザー体験を作っていくことが現在の課題である。 - サービスのユーザー体験を向上するため、特に要件・構造・骨格レイヤにおける企画・デザイン・実施の質とスピードを強化していきたい。 - コミュニケーションデザインの量と質を高め、サービスのユーザーやLAPRAS社のファンを増やしていきたい。 【本ポジションの役割】 ■UXデザイン領域 プロダクトのUX設計、特に「UXの5段階モデル」の要件・構造・骨格レイヤにおける課題抽出・設計・企画推進を担当していただきます。 - ユーザーリサーチや定量調査などを通じ、またビジネスや技術的な要請も考慮しながらUXに関するクリティカルな課題を抽出する。 - UXに対する深い知識と技能を活かし、より良いユーザー体験を設計して画面デザインに落とし込む。 - UIデザイナーやエンジニア、PdM、カスタマーサクセス、Sales などのステークホルダーを巻き込みながらUX改善施策を推進する。 ■コミュニケーションデザイン領域 各種LP・広告・資料などのデザイン要件整理や、パートナーコントロールを担当していただきます。 【主な一緒に働く人】 - 古野 英恵 UX Architect  LAPRAS社のプロダクトデザイン全般を統括 - 鈴木 亮太 Product Manager  LAPRAS, LAPRAS SCOUT のプロダクトづくりを統括  https://lapras.com/public/1HETMLB - 両角 和軌 Product Owner  LAPRAS SCOUT のプロダクトづくりを統括  https://lapras.com/public/chanmoro - 本庄 真希子 User Success Manager  LAPRASのユーザーサクセスマネジメントを担当 具体的な業務は下記をご確認ください。 https://esa-pages.io/p/sharing/4710/posts/10060/39851ba9947266f204cb.html