株式会社カミナシ 全ての求人一覧デザイナー の求人一覧
株式会社カミナシ 全ての求人一覧

DS-1001.コミュニケーションデザイナー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 チームの人数が増え、昔から暗黙知のようになんとなく守られていた「カミナシらしさ」の部分は、組織拡大に備えて細かく言語化しないといけないフェーズになってきています。ブランドの定義、パーソナリティ、制作物のグラフィックの一貫性の保ち方ど、これからの取り組みで答えを見つけていきたいです。 会社のミッション「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」に、デザインは大きな役割を担っていると考えています。3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。そんなメンバーを現在募集しています! ●業務内容 社内・社外において人と人の既存のコミュニケーション(タッチポイント)を改善、あるいは価値を付加するためのデザインを行います。 多方面のPR/マーケティング施策、あるいは社内施策への取り組みのクリエイティブ制作実務・あるいはディレクションに関わるポジションです。 アートディレクターなどのクリエイティブ全体の責任を持つ、あるいはチームマネジメントのキャリアを目指される方も歓迎です。 <具体的な業務> - 幅広いジャンルでのクリエイティブのディレクション、制作(一例) - 新規/リニューアルWebサイトのデザイン - 各種紙媒体のデザイン - 展示会関連クリエイティブ、ノベルリティ - 動画作成/編集 - 社内コーポレート関連のクリエイティブ - マーケターとWebサイトやランディングページの改善、導線設計、企画 - デザイナー観点からクリエイティブ制作の提案 - ブランドガイドラインの策定、管理、運用 ●使用ツール - デザイン:Figma, Adobe CC, Canva - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - デザインチームTwitter:https://twitter.com/KaminashiDesign - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 ●私たちがやりたいけどできていないこと - コミュニケーションデザインにおいて再現性のある、プロジェクトのキックオフからデリバリーまでの仕組み化および体制の整備 - ブランド言語&ビジュアル定義をベースとしたインナーブランディングおよびアウターブランディング(ブランドシステムの理解と浸透) - チームでよりよいデザインするためのデザインプロセスの整備 - マスコットキャラクターの効果的な活用

DS-1002. アートディレクター

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 チームの人数が増え、昔から暗黙知のようになんとなく守られていた「カミナシらしさ」の部分は、組織拡大に備えて細かく言語化しないといけないフェーズになってきています。ブランドの定義、パーソナリティ、制作物のグラフィックの一貫性の保ち方ど、これからの取り組みで答えを見つけていきたいです。 会社のミッション「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」に、デザインは大きな役割を担っていると考えています。3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。そんなメンバーを現在募集しています! ●業務内容 他部署メンバーや外部のパートナーと連携し、ブランディング観点からマーケティングもしくはコーポレートに関連するクリエイティブのディレクション・制作を行います。 また、コミュニケーションデザインチームのリードも担います。 カミナシのコミュニケーションデザインでは案件の初期フェーズからチームに入り、自ら考えて提案を行います。 ターゲットに寄り添いながらもブランディング観点のしっかり反映された制作物を作ることを大切にしています。 <携わる具体的な業務> ブランディング観点を取り入れたサービスの開発・運営や、マーケティングに関わる周辺のクリエイティブ、またはコーポレート関連制作物のディレクション、制作を行います。 - Webサイトの新規/リニューアル - 各種紙媒体 - 展示会関連クリエイティブ、ノベルティ、空間デザイン - 動画作成/編集 など また、個別の制作だけでなく、ブランドガイドラインの策定、管理、運用も担います。 ●使用ツール - デザイン:Figma, Adobe CC, Canva - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - デザインチームTwitter:https://twitter.com/KaminashiDesign - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 ●私たちがやりたいけどできていないこと - コミュニケーションデザインにおいて再現性のある、プロジェクトのキックオフからデリバリーまでの仕組み化および体制の整備 - ブランド言語&ビジュアル定義をベースとしたインナーブランディングおよびアウターブランディング(ブランドシステムの理解と浸透)

DS-2001. プロダクトデザイナー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 私たちは、現場にとってのデザインの力を信じています。 カミナシは、ITサービスに慣れ親しんでいない現場で使ってもらうものです。 圧倒的に使いやすく一貫性のある体験が、現場にとってなくてはならないプロダクトにするための、全ての起点であると考えています。 そして、現場に寄り添うためには、UIだけでなく、現場の仕事そのものをデザインする視点をもちプロダクトを作っていかなければなりません。 3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。そんなメンバーを現在募集しています! ●業務内容 - ノンデスクワーカーの現場改善プラットフォーム「カミナシ」の改善施策や新機能実装における情報設計、プロトタイピング、UI設計、ビジュアルデザイン全般を行います。 - カミナシでは、ノンデスクワーカーを対象に複数産業に対しサービスを提供しているため、顧客も工場や飲食店、倉庫など非都市圏に拠点を構えるお客様が多く存在します。 カミナシのプロダクトデザイナーはただUIデザインをするだけではなく、インタビュー等の取り組みを通じてユーザー課題の解像度を上げ、PMやエンジニアと協業しながら、UXの向上とUIデザインの構築をする役割を担います。 ●開発環境・ツール - デザイン:Figma - フロントエンド: React, React Native, TypeScript - バックエンド: Go, Docker - ソースコードバージョン管理: Git, GitHub - インフラ: AWS, GCP, Terraform (IaC) - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - デザインチームTwitter:https://twitter.com/KaminashiDesign - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 ●私たちがやりたいけどできていないこと - プロダクトデザインの原則の浸透・改善 - デザインシステムの全社理解・浸透・運用 - チームで品質の高いデザインをするためのデザインプロセスの整備 - 圧倒的に使いやすいUIUXの実現

DS-3001. UXデザイナー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 現在カミナシは1つのプロダクトしかありませんが、3,900万人の世界を変えるには、もっともっと多くのプロダクトや機能が必要です。 さらに、現場にとってなくてはならないプロダクトにするためには、圧倒的に使いやすく、ITサービスに慣れ親しんでいない現場に浸透するものでなくてはいけません。 これらを高速に実現していくため、顧客と向き合い、より早く、より大きな価値を届けてくれるメンバーを現在募集しています! ●業務内容 ノンデスクワーカーの現場改善プラットフォーム「カミナシ」のUXデザインを行います。 カミナシでは、製造業や飲食業などで働く「ノンデスクワーカー」と呼ばれるユーザーを対象に、プロダクトを提供しています。 デジタルツールに不慣れなノンデスクワーカーのお客様に対して、現場訪問で調査したり、ユーザーインタビューを行いながら、プロダクトのユーザー体験を一緒につくる仲間を探しています。 私たちは今後、製造業や飲食業だけでなく、さまざまな業界に向けてプロダクトを拡大していくつもりです。 そのためプラットフォームとなる汎用的な設計に加え、カミナシの提供するバリューを掛け合わせたUXデザインを、カミナシのUXデザイナーに担っていただきます。 <具体的な業務> - プロダクトの課題の特定と仮説立案 - 定性・定量的なユーザー調査と分析 - チームでのUIと機能の要件整理 ●開発環境・ツール - デザイン:Figma - フロントエンド: React, React Native, TypeScript - バックエンド: Go, Docker - ソースコードバージョン管理: Git, GitHub - インフラ: AWS, GCP, Terraform (IaC) - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - デザインチームTwitter:https://twitter.com/KaminashiDesign - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 ●私たちがやりたいけどできていないこと - より価値を大きくしていくための探索フェーズの高速化 - 新しい価値を生む、新規プロダクトの開発 - 顧客の声から、素早くサービスの改善につなげデリバリーすること - 「圧倒的な使いやすさ」の実現 - ビジネスとプロダクトの、より密度の高い連携

DS-4001. デザインマネージャー

●カミナシについて カミナシでは「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」というミッションのもと、現場で働く人々のポテンシャルを IT の力で最大化し、ノンデスクワーカーが非効率から解き放たれた世界の実現に取り組んでいます。 デスクワークの世界では IT の活用がこの四半世紀で私たちの生産性を大きく引き上げてきました。私たちは、世の中を支える”現場仕事”においても、これらの成功を再現できると信じています。 現場で働くノンデスクワーカーの多くは、日常生活ではスマートフォンを使っています。プライベートな予定をカレンダーアプリで管理し、日々の支払いではキャッシュレス決済が当たり前。そんなデジタルに慣れ親しんでいるはずの彼らが、現場仕事では非効率な紙ベースの業務遂行や管理に多くの時間を奪われています。 カミナシでは、そのような現場に変革をもたらすプロダクトを開発し、サービスとして提供しています。3,900万人 ー 日本を支える就労人口のおよそ半分を占めるノンデスクワーカー。彼らの新しい働き方を、私たちと一緒に実現していきましょう。 ●募集背景 カミナシは、ITサービスに慣れ親しんでいない現場で使ってもらうものです。ITに慣れたデスクワーカー向けのデザインをそのまま流用しても、現場の業務には馴染みません。圧倒的に使いやすく一貫性のある体験が、現場にとってなくてはならないプロダクトにするための、全ての起点であると考えています。 そして、現場に寄りそうためには、UIだけでなく、現場の仕事そのものをデザインする視点を持ちプロダクトを作っていかなければなりません。現場には作業で手が塞がれていたり、手が汚れていたり、デスクワーカーにはない様々なシチュエーションがあふれています。さらに障害者や高齢者、外国人などがいて、インクルーシブデザインの考え方も必要であると感じています。 また、「現場DXといえばカミナシ」という認知形成をしていくために、プロダクトだけではなく、社内外含めたさまざまなステークホルダーへのコミュニケーションデザインや、ブランディングにももっと力を入れていきたいと考えています。 チームの人数が増え、昔から暗黙知のようになんとなく守られていた「カミナシらしさ」の部分は、組織拡大に備えて細かく言語化しないといけないフェーズになってきています。ブランドの定義、パーソナリティ、制作物のグラフィックの一貫性の保ち方ど、これからの取り組みで答えを見つけていきたいです。 会社のミッション「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」に、デザインは大きな役割を担っていると考えています。3,900万人の、働き方そのものを変えていく。さまざまな顧客と向き合い、デザインの力でより大きな価値を届ける。 これらを成すために、より強く、しなやかなデザインチームを作っていきたい。そんなチームのマネージャーとなるメンバーを募集しています! ●業務内容 デザインチームのマネージャーとして人、組織、採用、業務のマネージメントをやりつつ、実際のプロジェクトのメンバーとして、デザイナーの役割も担います。 - チームコミュニケーションやカルチャー醸成の主導 - ブランディングの会社全社での浸透、及びデザインでの方向性・品質の担保 - 会社の戦略に基づくサービスデザイン全体のディレクションおよびレビュー - コミュニケーションデザインのプロジェクトにおいて各部門のステックホルダーや外部パートナーとの連携、案件の進行管理、及び一部のプレイング - 人員計画の作成・管理。チームで全員採用文化の醸成及び採用とブランディングのための発信のリード ●使用ツール - デザイン:Figma, Adobe CC - バックログ管理:Jira - コミュニケーション: Slack, Notion, Miro, FigJam ●参考情報 - プロダクトサイト:https://kaminashi.jp/ - デザインチームTwitter:https://twitter.com/KaminashiDesign - note:https://note.kaminashi.jp/m/m054721382a09 ●私たちがやりたいけどできていないこと - UXリサーチを活用するユーザの課題発見 - デザインシステムを活用する高速プロトタイピング - コミュニケーションデザインにおいて再現性のある、プロジェクトのキックオフからデリバリーまでの仕組み化および体制の整備 - ブランド言語&ビジュアル定義をベースとしたインナーブランディングおよびアウターブランディング - デザインの各領域においてキャリアラダーの定義および人事評価への結び付け