株式会社estie 全ての求人一覧00_エンジニア の求人一覧
株式会社estie 全ての求人一覧

00_シニアWebアプリケーションエンジニア

00_シニアWebアプリケーションエンジニア

業界の基盤を作りあげる!シニアWebアプリケーションエンジニア募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、「産業の真価を、さらに拓く。」というpurposeを実現するべく、より強力なチームメンバを加えながら事業に邁進しています。 ▼募集背景 弊社ではオフィス不動産を中心とした事業用不動産業界全体のDX推進を図るため、マルチプロダクト戦略を採用し、顧客業務をサポートする異なる機能群による事業展開を目指しています。 マルチプロダクトの展開により事業を成長させるためには、各プロダクトが自律的に高速で仮説検証を繰り返す必要があります。これを実現するべく開発チームは5人程度の職種混成チームを複数組成し、このチームが全体最適を志向し自律的に動くことを推奨しています。 このようなチームで最大の事業価値を生み出すために必要な技術的方針を決め、チームの生み出す事業価値最大化に貢献していただけませんか? ▼具体的な業務内容 ・ビジネス価値を最大化するための開発チームリーディング ・担当チームプロダクトが最大の事業価値を生み出すために必要な技術的方針の決定 ・プロダクトマネージャーやデザイナーが優れたソリューションを発見するための技術面からのサポート  ※ご経験やご志向を基に実際に担当するチームを決定します
01_Webアプリケーションエンジニア

01_Webアプリケーションエンジニア

PdMと伴走しながらプロダクトの1→10を牽引するソフトウェアエンジニア募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼募集背景 弊社ではオフィス不動産を中心とした事業用不動産業界全体のDX推進を図るため、複数プロダクトによる事業展開をしています。 複数プロダクトの展開により事業を成長させるためには、高速でMVPを開発し、仮説検証を繰り返す必要があります。 直近の導入数急拡大にともない新規で開発を行いたいプロダクト数も増え、それらの立ち上げメンバーを増員する運びとなりました。 これまでの経験を活かし、0→1・1→10のプロダクトの開発に挑戦しませんか? ▼具体的な業務内容 ・要件検討する上で不明な点を洗い出し、PdMを通してユーザが求めていることを把握する ・ユーザが求めていることを解決するestie proの改善内容を設計・実装する ・現時点のestie proのコードベースを把握し、将来的な拡張性を考慮しながら機能実装を進める ・各種定性・定量リサーチ(ログ分析など)に基づくUI/UXの改善を実施する
02_データプラットフォームエンジニア

02_データプラットフォームエンジニア

日本一のオフィス不動産データベースを構築!データプラットフォームエンジニア募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼オフィス不動産業界の課題 オフィス不動産には、国内のビルや空室の情報を網羅的に管理しているデータベースが存在しません。 多くの不動産業者は最新のオフィスのデータを、属人的なネットワークで取得して断片的にしか把握できておらず、そのために多くの時間を費やしてしまっています。 このことは、オフィス不動産業界の各企業はもちろん、オフィスを借りたい企業にとっても多くの不利益をもたらしています。仲介会社に問い合わせても、最新の在庫情報に触れられずミスマッチが発生するリスクが有り、またどの会社が質の良い情報を保持しているか不明であるために、多くの業者とコミュニケーションしなければいけません。 ▼募集背景 estieでは上記のようなオフィス業界全体の課題を解決するために、50以上のデータソースからの情報を組み合わせて日本随一のオフィス情報プラットフォームを構築しています。 現在、取り扱っているデータはオフィスに関するあらゆる網羅的なデータです 多くのソースからのデータの表記の揺れを吸収して紐付け、手入力による入力誤りを検知して修正しながら、毎日最新のオフィス情報をサービスに反映してお客様に閲覧していただけるようなデータパイプラインを構築しています。 現状のデータパイプラインチームには、データパイプラインの全体を設計し、開発を素早く回していけるための「あるべき」を整備しまとめられる人員が不足しています。 上記を踏まえ、システム全体設計に詳しく、コーディング・インフラどちらかに偏ることなく全体を見通して設計・開発ができるメンバーを加えることで、より業務を円滑に進行できる状態にするべく、増員での募集をしております。 ▼具体的な業務内容 ・データパイプラインの改善および構成の再検討の主導 ・長期的な視線を持ったデータパイプラインの技術選定 ・チームメンバーへの技術的な教育による、チーム全体の技術力向上
03_データ分析基盤エンジニア

03_データ分析基盤エンジニア

不動産テックに関するデータを用いた仮説の検証を、高速かつ容易に!データ分析基盤エンジニア募集
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼募集背景 直近ユーザー数が急拡大する中、定性的なユーザーの声からだけでは最適なプロダクト開発・意思決定がより行いづらくなっております。 estieではデータを用いたプロダクト開発・意思決定を行うために、プロダクトチーム・ビジネスチームが力を合わせてログデータの取得・成型・分析を行っております。 今後より効率よくデータ分析業務を行う仕組を作るべく、データ分析基盤開発を主導できる方を募集する運びとなりました。 ▼具体的な業務内容 ・高速かつ容易な分析を可能とする基盤のアーキテクチャ検討 ・検討した基盤の構築/運用  ┗データを移す仕組みの構築の大部分を自走して実装いただく想定です ・データ分析を必要とするOps(ビジネスサイド)メンバと一緒に分析を実施し、プロダクトチームに仮説をもたらす  ┗実際の分析ユースケースを知らずに基盤を作っても、使われない基盤となってしまう為
04_QAエンジニア(経験者)

04_QAエンジニア(経験者)

QA経験者歓迎!プロダクト品質向上を目指す、QAチーム立ち上げ責任者募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼募集背景 "QAチーム立ち上げにより、プロダクトの品質向上へ" ユーザー数急拡大のプロダクトをデータの力で牽引し、さらなる飛躍的な成長をするための増員募集です。 高速に改善を繰り返す刺激的な開発の最前線で一緒に新たな価値を具現化し、提供しましょう。 データ基盤構築を通して、伝統的な産業に新しいスタンダードを再構築しませんか? ▼具体的な業務内容 - ユーザー・事業視点で要求される品質レベルの定義し、複数チームを横断して品質担保を主導 - 品質レベル担保のための改善プロセスの設計・仕組化 - 必要に応じて、自らテスト設計・実行・自動化
06_システムアーキテクト

06_システムアーキテクト

複数プロダクト戦略の要となるアーキテクチャ設計・開発を担うシステムアーキテクトを募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼募集背景 estieは複数のプロダクトを開発しており、最近はプロダクト間でのデータ連携で事業を伸ばす仮説検証を行っています。 複数プロダクト・チームでのデータの連携方法は模索の段階であり、それぞれがデータベースから直接データにアクセスして分析・活用をしているのが現状です。 また、estieでは3年ほどプロダクト開発を継続して行っており、いくつかのプロダクトで技術的な負債解消が必要となってきています。 これは、初期のフェーズではわからなかった要件が出てきているだけでなく、 品質特性を十分に考慮したアーキテクチャ設計が行えていなかったことも要因として上げられています。 このように、プロダクトやチームのインターフェースをビジネス要件に従って設計し、 事業価値を最大化するアーキテクチャ設計を行う必要が出てきているため、 エンジニアメンバーの育成を行いながらチーム全体を牽引できるソフトウェアエンジニアを募集しています! ▼具体的な業務内容 ・複数プロダクトのインターフェースを整理し、最大の事業価値が生まれるアーキテクチャ設計と実装 ・チーム全体のアーキテクチャ力向上のため、ワークショップの開催やドキュメントの整備(テンプレート)など実務に生きる改善の実施
09_エンジニアリングマネージャー

09_エンジニアリングマネージャー

開発組織を牽引し、事業価値を最大化させるエンジニアリングマネージャー募集!
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼募集背景 estieではSpotifyモデルをベースにしたユニット制による開発体制を採用し、 各職能横断のメンバーが集まったユニットが全体最適を考えながら自律的に動いています。 また、開発部門の人数が増え優秀なIC(Individual Contributor)が増える中で、 チームの採用要件の明確化、メンバのキャリア志向を把握した成長の支援、開発プロセスやプロジェクトのマネジメントを通して、 その力を事業価値に最大効率で還元していく役割を複数人で責任分割しながら担うことが必要とされています。 このような背景から、People / Process / Project Managementの観点からチームが生み出すその事業価値を最大化することを責任とする、エンジニアリングマネージャーを募集します。 ▼具体的な業務内容 ・1つまたは複数のエンジニアリングチームにおけるPeople / Process / Project Managementを通じた、ユニットが生む事業価値の最大化 ・メンバの目標設定と評価、メンタリングとコーチングといった手段での、成長支援 ・エンジニア組織全体の組織運営、改善の提案
50_ソフトウェアエンジニア(インターン)

50_ソフトウェアエンジニア(インターン)

東大発!不動産テックのスタートアップで開発経験を積みませんか?
▼estieとは estieは、全ての企業が自社の競争力を最大化するオフィスに出会うサポートを行うため、オフィス選びをシンプルにする「estie」、そしてオフィスを所有・開発する不動産事業者のDX化を推し進め、市場の情報格差をなくす「estie pro」を両輪で開発しています。 事業を高速にスケールさせるため、2019年3月のシードラウンドで東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)から約1.5億円を、2020年6月にはプレシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)およびUTECから2.5億円を、2022年1月にはシリーズAラウンドとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、UTEC、およびグローバル・ブレインから10億円の資金調達を行い、日々事業に邁進しています。 ▼具体的な業務内容 例1 ・要件検討する上で不明な点を洗い出し、PdMを通してユーザが求めていることを把握する ・ユーザが求めていることを解決するestie proの改善内容を設計・実装する ・現時点のestie proのコードベースを把握し、将来的な拡張性を考慮しながら機能実装を進める ・各種定性・定量リサーチ(ログ分析など)に基づくUI/UXの改善を実施する 例2 ・複数のデータソースからのデータ収集・整形・集約するパイプラインの構築 ・より質の高いデータをサービスに反映するための技術的改善の提案と実施 ・ビジネス影響を踏まえたデータ活用戦略の提案・実装 上記を一例とし、スキルや経験に応じて相談しながら進めていきます。