BASE株式会社 全ての求人一覧1.エンジニア の求人一覧
BASE株式会社 全ての求人一覧

A-1.BASE_SRE

A-1.BASE_SRE

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて 「信頼性=ユーザの期待値を超え続けること」を維持し続ける BASEのSREグループでは、成長するサービスを支えていくために、上記のテーマを掲げ、日々以下のような業務に取り組んでいます。 ■業務内容 ・AWSを用いたインフラ基盤の方針策定、設計、実装、運用 ・パフォーマンスの改善、およびトラブルシューティング ・ソフトウェア・エンジニアリングによるトイル削減、サービスの運用効率化 ・モニタリング、アラートシステムの構築、運用 ・プロダクト開発者自身でのシステム運用をサポートする関連ツールの構築、運用 ・サービス障害やメンテナンスへの対応 ■募集背景 新型コロナウイルス感染拡大による2020年の緊急事態宣言下において「BASE」の利用者様が急増しました。 その際の状況について、以下の弊社CTO川口の記事に書かれているようなことが改めて課題として浮き彫りになりました。 「もうさばき切れない」アクセスが激増したECプラットフォームにおける負荷対策 https://devblog.thebase.in/entry/bsucon これ以外にも、例えば下記の課題もあります。 ・よりプロダクトに寄り添ったSLI/SLOの策定、展開、運用 ・推測が難しい高トラフィックへのスケール (メディア露出など) ・プロダクト開発者自身もパフォーマンス課題を把握し、改善につなげられる仕組みや体制 ・長期運用によって溜まったトイルなどによる運用コストの増加 ・組織やサービス拡大によって増加していくインフラ面での多様な設計検討や構築 ・不具合や障害を予防するためのQAや負荷テスト環境 当SREグループはSREの思想を可能なところから徐々に取り入れ始めたばかりのまだまだこれからのグループです。 一緒にSREグループを形成しながら、これらの課題を1つ1つ改善し、サービスの成長を支えていってくれる方を募集しています。 ■参考URL ・SREメンバー インタビュー  「大規模サービスの運営を支える、BASEのSREとして働く醍醐味と目指すチームのあり方」    【前編】  https://youtu.be/aTTPgbpvhJk  【後編】  https://youtu.be/7wKTHi2uMKU
A-1.BASE_SRE※マネージャー候補

A-1.BASE_SRE※マネージャー候補

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて "「信頼性=ユーザの期待値を超え続けること」を維持し続ける" 上記のテーマを掲げ、成長するサービスを支えるSREチームの将来のマネージャー候補での募集です。 ■業務内容 ・自チームのメンバーが関わっている各プロジェクトの担当領域の進捗管理、問題解決 ・1on1等を通してのメンバーの育成、問題解決、相互の期待値調整 ・AWSを用いたインフラ基盤の方針策定、設計、実装、運用 ・パフォーマンスの改善、およびトラブルシューティング ・ソフトウェア・エンジニアリングによるトイル削減、サービスの運用効率化 ・モニタリング、アラートシステムの構築、運用 ・プロダクト開発者自身でのシステム運用をサポートする関連ツールの構築、運用 ・サービス障害やメンテナンスへの対応 ■募集背景 新型コロナウイルス感染拡大による2020年の緊急事態宣言下において「BASE」の利用者様が急増しました。 その際の状況について、以下の弊社CTO川口の記事に書かれているようなことが改めて課題として浮き彫りになりました。 「もうさばき切れない」アクセスが激増したECプラットフォームにおける負荷対策 https://devblog.thebase.in/entry/bsucon これ以外にも、例えば下記の課題もあります。 ・よりプロダクトに寄り添ったSLI/SLOの策定、展開、運用 ・推測が難しい高トラフィックへのスケール (メディア露出など) ・プロダクト開発者自身もパフォーマンス課題を把握し、改善につなげられる仕組みや体制 ・長期運用によって溜まったトイルなどによる運用コストの増加 ・組織やサービス拡大によって増加していくインフラ面での多様な設計検討や構築 ・不具合や障害を予防するためのQAや負荷テスト環境 当SREグループはSREの思想を可能なところから徐々に取り入れ始めたばかりのまだまだこれからのグループです。 一緒にSREグループを形成しながら、これらの課題を1つ1つ改善し、サービスの成長を支えていってくれる方を募集しています。 ■参考URL ・SREメンバー インタビュー  「大規模サービスの運営を支える、BASEのSREとして働く醍醐味と目指すチームのあり方」    【前編】  https://youtu.be/aTTPgbpvhJk  【後編】  https://youtu.be/7wKTHi2uMKU ※本ポジションにおいて書類選考後にカジュアル面談からスタートされたい場合は、応募フォームの"応募先へのメッセージ"より「カジュアル面談希望」をご記載ください。
A-1.BASE_VPoE候補

A-1.BASE_VPoE候補

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて 本ポジションは、エンジニア採用の実現やエンジニアリング組織の運営・発展を通じて、事業成長に貢献していただく役割となります。 役員、CTO、マネージャーと共にハイプレーヤー、将来のリード職候補の採用とオンボーディングに責任を持って採用、定着、育成に携わっていただきます。 ご入社直後は、BASEのプロダクト開発チームに所属し、採用担当のエンジニア職として業務に携わっていただき、中長期的には共に組織運営、組織設計にも携わっていただき、ご活躍いただいた成果に基づき、VPoE等のポジションも見据えた役割となります。 ■参考URL ・開発担当上級執行役員 藤川(えふしん)のブログです  「新人技術系マネージャを採用脳にする」  https://devblog.thebase.in/entry/2021/12/01/110000 ・CTO川口のブログ記事です  「今BASEに入社してやることあるの?という疑問に答えるよ」  https://devblog.thebase.in/entry/base-todo ・サービス開発組織 マネージャー 菊地のインタビュー動画です  「100名を超えても変わらないのは当事者意識。サービス開発組織が取り組む課題と展望」  https://youtu.be/yanjN0tHEro
A-1.BASE_Webアプリケーションエンジニア/ショップオーナー向け開発

A-1.BASE_Webアプリケーションエンジニア/ショップオーナー向け開発

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて 本ポジションでは、ネットショップ作成サービス「BASE」の開発を担っていただく方を募集します。 ネットショップ作成サービス「BASE」はリリースして約8年が経ちましたが、ビジネス規模を拡大されているショップオーナーさんを支えるプロダクトであり続けるためには、引き続きスピーディな機能開発が必要です。特にコロナを機にユーザー数・アクセス数が急増し、ネットショップへの需要も拡大する背景から、今後さらに開発スピードを上げていく方針です。 エンジニアリング組織のミッションとしては、下記の3つを掲げています。 ・はじめてネットショップを作る方がショップを開設し、成長していくことを支えるサービスであり続ける ・無限に増えるショップのトラフィックを適切に受け止めて、決済を無事に完了させる ・成長したショップが「BASE」を使い続けられるよう、多様なニーズに応える機能改善をし続ける 「BASE」というサービス性を維持した開発を続けるため、常に技術の最新トレンドを意識しながらの既存のコードの改善や、今後、アクセス数が10倍になった際でも耐えられることを意識した開発できる方、そのような課題を解決しながらエンジニアとして成長していきたい方を探しております。 ◾️ 業務内容 ・開発プロジェクトにおけるアプリケーション開発  ・機能開発における設計~実装~リリースまでを一気通貫でご担当いただきます  ・バックエンドの開発が中心になりますが、興味やご経験に応じてフロントエンド開発もお任せします ・ユーザーからのフィードバックに基づく改善 ・本番エラー監視、改善 ・日常的なリファクタリング ・クラウドサービスの活用やコンテナ化など技術ドリブンな開発環境の改善 ■参考URL 2022年に注力するテーマについては、下記のCTOのブログをぜひご覧ください。 「今BASEに入社してやることあるの?という疑問に答えるよ」 https://devblog.thebase.in/entry/base-todo サービス開発のエンジニア組織を統括する菊地のインタビューです。 「100名を超えても変わらないのは当事者意識。サービス開発組織が取り組む課題と展望」 https://www.youtube.com/watch?v=yanjN0tHEro ★本ポジションにおいて書類選考後にカジュアル面談からスタートされたい場合は、応募フォームの"応募先へのメッセージ"より「カジュアル面談希望」をご記載ください。
A-1.BASE_エンジニアリングマネージャー

A-1.BASE_エンジニアリングマネージャー

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて 本ポジションは、エンジニアリングマネージャ(以下EM)として開発組織を牽引することで、事業成長に貢献していただける方を募集しています。 事業、プロダクトの成長とチームのエンジニアの成長・活躍を両立させ、、結果としてメンバーの評価/給与を上げるという重要な役割が期待されます。 ご入社直後からEMをお任せするか、一定期間開発の実務経験を積んだのちにEMになっていただくかはこれまでのご経験やご志向性を考慮して相談させていただければと思います。 ■ 主な業務内容 エンジニア組織の中で、3〜10名程度のエンジニアのチームのマネジメントをお任せする想定です。 ・自チームのメンバーが関わっている各プロジェクトの担当領域の進捗管理、問題解決 ・1on1等を通してのメンバーの育成、問題解決、相互の期待値調整 ・ダイレクトリクルーティング(スカウト)や採用広報を含めた採用活動 ■ 参考URL 開発担当上級執行役員 藤川(えふしん)のブログです。 「新人技術系マネージャを採用脳にする」  https://devblog.thebase.in/entry/2021/12/01/110000 CTO川口のブログです。 「今BASEに入社してやることあるの?という疑問に答えるよ」  https://devblog.thebase.in/entry/base-todo サービス開発のエンジニア組織を統括する菊地のインタビューです。 「100名を超えても変わらないのは当事者意識。サービス開発組織が取り組む課題と展望」  https://www.youtube.com/watch?v=yanjN0tHEro EM 植田のインタビュー動画です。 「入社後すぐにEMに。マネージャーになるまでに意識した行動とBASEのEMの役割」  https://www.youtube.com/watch?v=rBgEukGUpL0 EM 加藤のインタビュー動画です。 「BASEで初めてEMになったエンジニアが伝えたい、マネージャーを経験したほうが良い理由」  https://youtu.be/rm0FBnuz1_I ★本ポジションにおいて書類選考後にカジュアル面談からスタートされたい場合は、応募フォームの"応募先へのメッセージ"より「カジュアル面談希望」をご記載ください。
A-1.BASE_セキュリティエンジニア

A-1.BASE_セキュリティエンジニア

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて BASEのセキュリティエンジニアとしてサービスの信頼性向上に努めていただきます。 多くのショップオーナー様、購入者様の情報を取り扱うにあたって安心してお使いいただくためにセキュリティの向上は急務です。 サービスの質をあげるための開発プロセスおよびインフラ構築運用の中で脆弱性対応や属人化しているセキュリティ防護策についてプロセス化を進めていただきたいと思っています。 今回の募集では、主にサービス側のセキュリティを業務としてていただきます。内部統制や社内セキュリティなどに関しても場合により関わっていただく場合があります。 ■業務内容 ・定期的に行っている脆弱性診断のハンドリングおよび結果のトリアージ ・セキュリティ事故が起きる事を想定した訓練の実施 ・アプリケーションの脆弱性の修正 ・AWSインフラのセキュリティ監査 ・日々発生する不正リクエストへの防護策検討 ・社内セキュリティについての検討 ■募集背景 BASEでは多くの個人情報を取り扱う必要があります。 ショップオーナー様の個人情報、購入者様の個人情報など様々です。 その情報を安全に保ち、サービスを安心して使っていただくためにセキュリティは非常に重要です。 AWSで構築されたインフラのセキュリティ強化、主にPHPで動いているアプリケーションのセキュリティ担保を強化していく必要があります。 セキュリティ組織として初期メンバーとなりますので、なるべく権限や裁量を持って自発的に設計運用、アプリケーションの改修も含めて業務として携わっていただきます。 ■開発環境 ・サーバサイド言語: PHP, Golang, Python ・サーバサイドフレームワーク: CakePHP ・インフラ: AWS (EC2/ECS/Fargate/S3/Lambda/SNS/SQS/API Gateway) ・Webサーバ: Nginx, Apache ・サーバOS: CentOS, Ubuntu ・DB: Amazon Aurora MySQL, Amazon Elasticache (Redis/Memcached) ・画像配信: Akamai, ImageFlux, S3 ・CI/CDツール: CircleCI ・検索: Amazon CloudSearch / Amazon Elasticsearch ・モバイルプッシュ: AWS Lambda, Firebase Cloud Messaging - モニタリング: Mackerel, New Relic One - ソースコード管理: GitHub - 構成管理: Terraform, Chef, Packer - チャットツール: Slack ■参考URL 2022年に取り組むべき課題の一つとして「セキュリティ」を掲げています。 詳しくはCTO川口の下記ブログをご覧ください。 「今BASEに入社してやることあるの?という疑問に答えるよ」  https://devblog.thebase.in/entry/base-todo
A-1.BASE_データエンジニア/データアナリスト※マネージャー候補

A-1.BASE_データエンジニア/データアナリスト※マネージャー候補

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて BASEのビジネスを支えるためのデータプラットフォームを設計・構築から管理・運用まで実施していただきます。 直近の課題 ・データ活用を推進したいチームとの連携と課題の抽出 ・データ可視化ツールの運用支援 今後取り組んでいただきたい課題 ・課題に適したデータプラットフォームの設計・構築 ・リアルタイムデータの活用推進 ・可視化に必要なデータなどの集計〜一元管理の仕組み化 ■開発環境 インフラ:AWS、GCP(解析系) データベース・データストア:RDS(MySQL、Aurora)、Elasticache(Redis)、memcached、CloudSearch、BigQuery、Athena、PostgreSQL アクセス・データ解析:Redash、GoogleAnalytics ログ・データ収集:fluentd、embulk ■チーム構成 現マネージャーを含めて6名のチームです。
A-1.BASE_テックリード候補

A-1.BASE_テックリード候補

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■ 募集ポジションについて 本ポジションは、テックリード候補として、高い技術力を持ち、新たなテクノロジーアーキテクチャを、適切なタイミングと適切な方法で自社サービスに取り入れ、スケーラビリティの実現や高いセキュリティを通じてサービスの進化に寄与いただける方を募集しています。 テックリードにはネットショップ作成サービス「BASE」の継続的進化のため、現状を理解しつつ未来を見据えて技術選定を牽引し、組織および個人に対しても成長を牽引する存在、開発組織をエンハンスしていく役割を担っていただくことを期待しています。 はじめはチームやプロジェクトに所属し、課題の解決を行っていただくところからのスタートとなりますが、その先では将来を見据えた技術選定や開発現場の本質的な課題に取り組んでいただく流れとなります。 ■業務内容 ・難易度の高い技術課題、プロジェクトの開発リード ・技術選定の牽引 ・エンジニアの技術的成長サポート ・新たなテックリード候補の育成 ■ 参考URL CTO川口のブログです。 「今BASEに入社してやることあるの?という疑問に答えるよ」  https://devblog.thebase.in/entry/base-todo 使用言語、技術、ツールについては以下をご覧ください https://speakerdeck.com/base/for-engineers?slide=41
A-1.BASE_フロントエンドエンジニア

A-1.BASE_フロントエンドエンジニア

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて フロントエンドチームのミッションは、Eコマースプラットフォーム「BASE」のフロントエンドアーキテクチャを構築、継続的に維持、発展させていくことです。モダンなフロントエンド技術を用いながら、日々進歩するWeb技術をキャッチアップし、プロダクトの成長に寄与していただきます。 私たちがオーナーズと呼んでいる「BASE」のショップオーナーさんたちは、ご自分のブランドを立ち上げられていたり、自分の好きなモノをつくって売ってらっしゃいます。フロントエンドチームはそういった最先端の価値観を持っているオーナーズに選んでもらえる最先端のプロダクトを作ることを目指しています。 ■業務内容 本ポジションでは、ネットショップ作成サービス「BASE」のフロントエンド開発を担っていただく方を募集します。 ネットショップ作成サービス「BASE」はリリースして約8年が経ちましたが、ビジネス規模を拡大されているショップオーナーさんを支えるプロダクトであり続けるためには、引き続きスピーディな機能開発が必要です。特にコロナを機にユーザー数・アクセス数が急増し、ネットショップへの需要も拡大する背景から、今後さらに開発スピードを上げていく方針です。 エンジニアリング組織のミッションとしては、下記の3つを掲げています。 ・はじめてネットショップを作る方がショップを開設し、成長していくことを支えるサービスであり続ける ・無限に増えるショップのトラフィックを適切に受け止めて、決済を無事に完了させる ・成長したショップが「BASE」を使い続けられるよう、多様なニーズに応える機能改善をし続ける 「BASE」というサービス性を維持した開発を続けるため、常に技術の最新トレンドを意識しながらの既存のコードの改善や、今後、アクセス数が10倍になった際でも耐えられることを意識した開発できる方、そのような課題を解決しながらエンジニアとして成長していきたい方を探しております。 ・開発プロジェクトにおけるフロントエンド開発  ・機能開発における設計~実装~リリースまでを一気通貫でご担当いただきます ・ユーザーからのフィードバックに基づく改善 ・本番エラー監視、改善 ・日常的なリファクタリング ・クラウドサービスの活用やコンテナ化など技術ドリブンな開発環境の改善 ■参考URL サービス開発のエンジニア組織を統括する菊地のインタビューです。 「100名を超えても変わらないのは当事者意識。サービス開発組織が取り組む課題と展望」  https://www.youtube.com/watch?v=yanjN0tHEro [イベントアーカイブ]Next.jsを使ったカート大規模リプレイスPJの裏側  https://youtu.be/7qfKeepDmkY 「フロントエンド」カテゴリのテックブログ一覧 https://devblog.thebase.in/archive/category/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89 ★本ポジションにおいて書類選考後にカジュアル面談からスタートされたい場合は、応募フォームの"応募先へのメッセージ"より「カジュアル面談希望」をご記載ください。
A-1.BASE_機械学習エンジニア

A-1.BASE_機械学習エンジニア

■BASEについて BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに170万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■配属チームについて グループのデータ活用を推進するData Sectionのチームミッションは、データを使ってプロダクトを成長させ、事業を推進させることです。中長期的には、プロダクトだけでなく経営戦略、事業戦略など会社全体でデータを使った意思決定ができるようにすることを目指しています。 EC事業者として保有する、ショップオーナーさん・購入者・BASE社内メンバーの3者からなる膨大なビッグデータを活用し、三者三様の課題に対して機械学習を使ってよりよい意思決定ができるようサポートしていきます。 直近では、ネットショップ作成サービス「BASE」のショップにおける不正な決済の検知や、望ましくない商品の検知などにも注力を行い、オーナーズや購入者により安心にサービスを使っていただけるよう支援を行っています。 加えて、そういった環境を整える上で必要になる社内システムの構築やモデルの実装に取り組んでいます。 ■本ポジションの業務内容 ネットショップ作成サービス「BASE」およびショッピングサービス「Pay ID」において、機械学習を用いた自動化や最適化を行います。 弊社ではプロジェクト制を採用しており、四半期ごとに各プロジェクトの担当として目標達成を目指します。 Data Sectionは、SQLやPythonなどを使用してデータ抽出を行い、抽出したデータをもとに機械学習モデルなどを作成し、それらを活用したサービスソリューションの実装を行っており、 大まかには、オーナーズに対してショップ運営をより簡単に行うための情報提供の最適化、ショッピングサービス「Pay ID」上に表示する項目の最適化、サービスを安全に提供するための社内業務の効率化をお任せします。 ■担当するプロジェクト例 ・オーナーズの運営サポートをするための機械学習モデルの構築と導入 ・データ分析を活用したCRM業務の最適化 ・広告モデルの最適化 ■チーム構成 Data Sectionはマネージャー含めて現在10名のチームです。 メンバーそれぞれに専門領域があり、テキスト解析、画像解析、インフラ(機械学習用の基盤)整備、レコメンド・不正検知モデル開発などのスペシャリティを持ったメンバーが集まっています。 また、データエンジニア・データプラットフォームエンジニアも在籍しており、モデル作成にあたってのデータ基盤も整備されております。 ■参考情報 「機械学習」カテゴリのテックブログ一覧 https://devblog.thebase.in/archive/category/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92
A-1.Pay ID_Webアプリケーションエンジニア

A-1.Pay ID_Webアプリケーションエンジニア

■ミッション BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに150万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 また購入者向けのサービスは、2021年11月にショッピングサービス「Pay ID」へとリブランドを行い、国内で唯一、ストアフロント型ECで購入者サービスを提供しています。 リブランディングから1年と満たないサービスですが、実際には既存のサービスである、ショッピングアプリ「BASE」とID型決済サービス「PAY ID」を統合して生まれたサービスであるため、すでに「Pay ID」のアプリMAUは100万人、「Pay ID」アカウント保持者は800万に到達している状況です。 今後、新たな決済体験の提供と、ショップと購入者の持続的な関係構築・購買促進などにも注力していきます。 ▼エンジニア向け会社紹介資料  https://speakerdeck.com/base/for-engineers ▼公式YouTube  https://www.youtube.com/c/BASEIncJapan  メンバーのインタビューやイベントのアーカイブ動画を公開しています ▼Pay ID事業紹介(30秒動画)  https://moovy.jp/job/862 ▼テックブログ  https://devblog.thebase.in/ ■募集ポジションについて ショッピングサービス「Pay ID」の開発を担当していただきます。 ゆくゆくは中長期的なプロダクトの成長を見据えた技術的な意思決定の主導等、開発プロジェクトやチームをリードする役割をお任せします。 ■業務内容 ・開発プロジェクトにおけるアプリケーション開発  ・機能開発における設計~実装~リリースまでを一気通貫でご担当いただきます  ・バックエンドの開発が中心になりますが、プロジェクトによってはインフラ、フロントエンド開発もお任せします ・ユーザーからのフィードバックに基づく改善 ・本番エラー監視、改善 ・日常的なリファクタリング ・クラウドサービスの活用やコンテナ化など技術ドリブンな開発環境の改善 下記は直近で取り組む開発テーマの一部です。 ・革新的な決済体験の提供をするために行うBNPL(Buy Now, Pay Later)の導入 ・ショップと購入者を最適に繋ぐことでショップのファン作りを支えるために行う継続したサービス開発 ・今後の価値提供スピードをあげるために行う技術選定を含んだコードリプレイス 技術面でチームをリードしていただける方、一緒に「購入者に向き合う」という、BASEの新しい挑戦を一緒に進めていただける方のご応募をお待ちしています。 ★本ポジションにおいて書類選考後にカジュアル面談からスタートされたい場合は、応募フォームの"応募先へのメッセージ"より「カジュアル面談希望」をご記載ください。 これから、プロダクトの鍵になる機能の1つが「Buy Now, Pay Later (BNPL)」です。BNPLとは後払いを指す言葉で、海外では各社の参入が加速しており、日本国内でも市場成長が期待されている領域です。BASEでは今後、BNPLに参入することによって、オンラインショッピングにおける購入体験をアップデートしていきたいと考えています。 ▼「BASE」新料金プランの発表と、BNPL参入を表明  https://binc.jp/press-room/news/notice/news_20220210
B-6.BASE BANK_Webアプリケーションエンジニア

B-6.BASE BANK_Webアプリケーションエンジニア

■ミッション BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに180万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 ■BASE BANK Section について ネットショップ作成サービス「BASE」を利用しているショップオーナーにおけるキャッシュフローの課題解決のために、「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」というチームミッションを掲げ、ショップオーナー向けのFinTechサービスを開発しています。 ≪提供しているサービス≫ ・かんたんに資金調達ができる「YELL BANK」 ・ネットショップの売上が即座に使える「BASEカード」 ・最短翌営業日に売上金が振り込まれる「お急ぎ振込」  ▼BASE BANK紹介資料   https://speakerdeck.com/base/basebank  ▼BASE BANK インタビュー記事 https://basebook.binc.jp/entry/2022/04/20/170000  ▼BASE BANK事業紹介(動画)   https://moovy.jp/job/860 ■開発の進め方 BASE BANKの開発チームでは、自分たちが受け持つサービス・機能の企画からサポートまで担当する、フルサイクルエンジニアというスタンスを取っており、開発だけでなく企画や要件定義から運用、プロダクトサポートまで、システム開発のライフサイクル全般に積極的に関わっています。 現在、プロダクトごとに開発チームを分割し、各チームで2週間ごとにイテレーションを区切りチームやプロダクトに対するフィードバックを回すアジャイル開発を行っています。 例えば、イテレーションごとにレトロスペクティブを行い、よりよいプロダクト開発の方法を模索しています。 また、不確実性が高い開発を行うプロジェクトでは、イテレーションごとに成果物をレビューするスプリントレビューを実施しています。 各チームの開発や運用の中で得た知見は横断的に共有し、BASE BANKのみならずBASE全体の開発効率向上に取り組んでいます。  ▼BASE BANKチーム テックブログ   https://devblog.thebase.in/archive/category/BASEBANK ■仕事の魅力 BASE BANKチームが受け持つ金融システムならではの経験や成長の機会があります。 また、フルサイクルエンジニアとして一連のプロダクトアウトプットサイクルに関わるため、自身の意見や提案をプロダクトに反映しより良いものにしていくことができます。 ・様々な規模のショップを対象にした、金融サービスの開発に主体的に関わることができる ・商品が発売された瞬間に購入者が殺到する人気ショップの高トラフィックに耐える実装・インフラ構成に挑戦できる ・サービスグロースの企画~運用に関わることができる ・分散システムの設計、運用、監視経験を得ることができる ・特定の技術領域にとらわれず、裁量を持ち一気通貫してプロダクトを作り切る経験を得ることができる ・チームの開発プロセスを自らの手で育て、改善していくことができる ■使用技術・ツール ・バックエンド  ・プログラミング言語: Go1.19, Python 3.9, PHP 7.4  ・フレームワーク: Goは未使用, Pythonはaiohttp, PHPはCakePHP 2 ・Webフロントエンド  ・プログラミング言語: TypeScript  ・メインのフレームワーク: Vue.js 2 ・開発ツール: VSCode, JetBrains All products pack ・クラウドサービス  ・AWS: ECS, Fargate, Aurora ・GCP: BigQuery ・インフラ構成管理ツール: Terraform ・監視ツール: New Relic One, Mackerel, Sentry ・コラボレーションツール: Slack, GitHub, Miro, Zoom, ZenHub, Kibela, Google Workspace ・BIツール: Looker
B-6.BASE BANK_サーバーサイドエンジニア

B-6.BASE BANK_サーバーサイドエンジニア

■ミッション BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに180万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 ■BASE BANKについて ネットショップ作成サービス「BASE」のショップオーナーの資金周りの課題を解決しています。 BASE BANKでは「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」というチームミッションを掲げ、BASEショップオーナー向けにFinTechサービスを開発しております ≪提供しているサービス≫ ・かんたんに資金調達ができる「YELL BANK」 ・ネットショップの売上が即座に使える「BASEカード」 ・最短翌営業日に売上金が振り込まれる「お急ぎ振込」  ▼BASE BANK紹介資料   https://speakerdeck.com/base/basebank  ▼BASE BANK事業紹介(30秒動画)   https://moovy.jp/job/860 ■開発の進め方 BASE BANKの開発チームでは、自分たちが受け持つサービス・機能の企画からサポートまで担当する、フルサイクルエンジニアというスタンスを取っています。 具体的には次のようなシステム開発のライフサイクル全般に積極的に関わっています。 ・企画 ・要件定義・設計 ・開発 ・テスト ・デプロイ ・運用 ・プロダクトサポート 現在、プロダクトごとに開発チームを分割し、各チームで2週間ごとにイテレーションを区切りチームやプロダクトに対するフィードバックを回すアジャイル開発を行っています。 例えば、イテレーションごとにレトロスペクティブを行い、よりよいプロダクト開発の方法を模索しています。 また、不確実性が高い開発を行うプロジェクトでは、イテレーションごとに成果物をレビューするスプリントレビューを実施しています。 各チームの開発や運用の中で得た知見は横断的に共有し、BASE BANKのみならずBASE全体の開発効率向上に取り組んでいます。  ▼BASE BANKチーム インタビュー記事   https://basebook.binc.jp/entry/2022/04/20/170000  ▼BASE BANKチーム テックブログ   https://devblog.thebase.in/archive/category/BASEBANK ■仕事の魅力 BASE BANKチームが受け持つ金融システムならではの経験や成長の機会があります。 また、フルサイクルエンジニアとして企画から運用まで関わるため、自身の意見や提案をプロダクトに反映しより良いものにしていくことができます。 ・上場企業から個人経営まで、様々な規模のショップを対象にした、金融サービスの開発に主体的に関わることができる ・商品が発売された瞬間に購入者が殺到する人気ショップの高トラフィックに耐える実装・インフラ構成に挑戦できる ・サービスグロースの企画~運用に関わることができる ・分散システムの設計、運用、監視経験を得ることができる ・特定の技術領域にとらわれず、裁量を持ち一気通貫してプロダクトを作り切る経験を得ることができる ・チームの開発プロセスを自らの手で育て、改善していくことができる ■使用技術・ツール ・バックエンド  ・プログラミング言語: Go1.17, Python 3, PHP 7.3  ・フレームワーク: Go・Pythonは未使用、PHPはCakePHP 2 ・Webフロントエンド  ・プログラミング言語: TypeScript  ・メインのフレームワーク: Vue.js ・開発ツール: VSCode, Jetbrains All products pack ・クラウドサービス  ・AWS: ECS, Fargate, Aurora ・インフラ構成管理ツール: Terraform ・監視ツール: New Relic One, Mackerel, Sentry ・コラボレーションツール: Slack, GitHub, Miro, Zoom, ZenHub,              Kibela, Google Workspace
B-6.BASE BANK_シニアエンジニア

B-6.BASE BANK_シニアエンジニア

■ミッション BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに180万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 ■BASE BANKについて ネットショップ作成サービス「BASE」のショップオーナーの資金周りの課題を解決しています。 BASE BANKでは「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」というチームミッションを掲げ、BASEショップオーナー向けにFinTechサービスを開発しております ≪提供しているサービス≫ ・かんたんに資金調達ができる「YELL BANK」 ・ネットショップの売上が即座に使える「BASEカード」 ・最短翌営業日に売上金が振り込まれる「お急ぎ振込」  ▼BASE BANK紹介資料   https://speakerdeck.com/base/basebank  ▼BASE BANK事業紹介(30秒動画)   https://moovy.jp/job/860 ■開発の進め方 BASE BANKの開発チームでは、自分たちが受け持つサービス・機能の企画からサポートまで担当する、フルサイクルエンジニアというスタンスを取っています。 具体的には次のようなシステム開発のライフサイクル全般に積極的に関わっています。 ・企画 ・要件定義・設計 ・開発 ・テスト ・デプロイ ・運用 ・プロダクトサポート 現在、プロダクトごとに開発チームを分割し、各チームで2週間ごとにイテレーションを区切りチームやプロダクトに対するフィードバックを回すアジャイル開発を行っています。 例えば、イテレーションごとにレトロスペクティブを行い、よりよいプロダクト開発の方法を模索しています。 また、不確実性が高い開発を行うプロジェクトでは、イテレーションごとに成果物をレビューするスプリントレビューを実施しています。 各チームの開発や運用の中で得た知見は横断的に共有し、BASE BANKのみならずBASE全体の開発効率向上に取り組んでいます。  ▼BASE BANKチーム インタビュー記事   https://basebook.binc.jp/entry/2022/04/20/170000  ▼BASE BANKチーム テックブログ   https://devblog.thebase.in/archive/category/BASEBANK ■仕事の魅力 BASE BANKチームが受け持つ金融システムならではの経験や成長の機会があります。 また、フルサイクルエンジニアとして企画から運用まで関わるため、自身の意見や提案をプロダクトに反映しより良いものにしていくことができます。 ・上場企業から個人経営まで、様々な規模のショップを対象にした、金融サービスの開発に主体的に関わることができる ・商品が発売された瞬間に購入者が殺到する人気ショップの高トラフィックに耐える実装・インフラ構成に挑戦できる ・サービスグロースの企画~運用に関わることができる ・分散システムの設計、運用、監視経験を得ることができる ・特定の技術領域にとらわれず、裁量を持ち一気通貫してプロダクトを作り切る経験を得ることができる ・チームの開発プロセスを自らの手で育て、改善していくことができる ■使用技術・ツール ・バックエンド  ・プログラミング言語: Go1.17, Python 3, PHP 7.3  ・フレームワーク: Go・Pythonは未使用、PHPはCakePHP 2 ・Webフロントエンド  ・プログラミング言語: TypeScript  ・メインのフレームワーク: Vue.js ・開発ツール: VSCode, Jetbrains All products pack ・クラウドサービス  ・AWS: ECS, Fargate, Aurora ・インフラ構成管理ツール: Terraform ・監視ツール: New Relic One, Mackerel, Sentry ・コラボレーションツール: Slack, GitHub, Miro, Zoom, ZenHub,              Kibela, Google Workspace
B-6.BASE BANK_フロントエンドエンジニア

B-6.BASE BANK_フロントエンドエンジニア

■ミッション BASEは「Payment to the People, Power to the People」をミッションに掲げ、世界中の人々が自由に経済活動ができる世の中を目指して、個人やスモールチームのエンパワメントを目指して、EC/決済/金融のサービスを展開しています。 主力サービスであるネットショップ作成サービス「BASE」は日本全国の様々なショップオーナーさんにご利用いただいており、これまでに180万を超えるショップが生まれ、日本最大級のネットショップ作成サービスとなりました。 ■BASE BANKについて ネットショップ作成サービス「BASE」のショップオーナーの資金周りの課題を解決しています。 BASE BANKでは「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」というチームミッションを掲げ、BASEショップオーナー向けにFinTechサービスを開発しております ≪提供しているサービス≫ ・かんたんに資金調達ができる「YELL BANK」 ・ネットショップの売上が即座に使える「BASEカード」 ・最短翌営業日に売上金が振り込まれる「お急ぎ振込」  ▼BASE BANK紹介資料   https://speakerdeck.com/base/basebank  ▼BASE BANK事業紹介(30秒動画)   https://moovy.jp/job/860 ■開発の進め方 BASE BANKの開発チームでは、自分たちが受け持つサービス・機能の企画からサポートまで担当する、フルサイクルエンジニアというスタンスを取っています。 具体的には次のようなシステム開発のライフサイクル全般に積極的に関わっています。 ・企画 ・要件定義・設計 ・開発 ・テスト ・デプロイ ・運用 ・プロダクトサポート 現在、プロダクトごとに開発チームを分割し、各チームで2週間ごとにイテレーションを区切りチームやプロダクトに対するフィードバックを回すアジャイル開発を行っています。 例えば、イテレーションごとにレトロスペクティブを行い、よりよいプロダクト開発の方法を模索しています。 また、不確実性が高い開発を行うプロジェクトでは、イテレーションごとに成果物をレビューするスプリントレビューを実施しています。 各チームの開発や運用の中で得た知見は横断的に共有し、BASE BANKのみならずBASE全体の開発効率向上に取り組んでいます。  ▼BASE BANKチーム インタビュー記事   https://basebook.binc.jp/entry/2022/04/20/170000  ▼BASE BANKチーム テックブログ   https://devblog.thebase.in/archive/category/BASEBANK ■仕事の魅力 BASE BANKチームが受け持つ金融システムならではの経験や成長の機会があります。 また、フルサイクルエンジニアとして企画から運用まで関わるため、自身の意見や提案をプロダクトに反映しより良いものにしていくことができます。 ・上場企業から個人経営まで、様々な規模のショップを対象にした、金融サービスの開発に主体的に関わることができる ・商品が発売された瞬間に購入者が殺到する人気ショップの高トラフィックに耐える実装・インフラ構成に挑戦できる ・サービスグロースの企画~運用に関わることができる ・分散システムの設計、運用、監視経験を得ることができる ・特定の技術領域にとらわれず、裁量を持ち一気通貫してプロダクトを作り切る経験を得ることができる ・チームの開発プロセスを自らの手で育て、改善していくことができる ■使用技術・ツール ・バックエンド  ・プログラミング言語: Go1.17, Python 3, PHP 7.3  ・フレームワーク: Go・Pythonは未使用、PHPはCakePHP 2 ・Webフロントエンド  ・プログラミング言語: TypeScript  ・メインのフレームワーク: Vue.js ・開発ツール: VSCode, Jetbrains All products pack ・クラウドサービス  ・AWS: ECS, Fargate, Aurora ・インフラ構成管理ツール: Terraform ・監視ツール: New Relic One, Mackerel, Sentry ・コラボレーションツール: Slack, GitHub, Miro, Zoom, ZenHub,              Kibela, Google Workspace
B-7.PAY_EM/VPoE候補

B-7.PAY_EM/VPoE候補

■ PAYについて PAY株式会社では「支払いのすべてをシンプルに」をミッションに掲げ、決済サービス「PAY.JP」を展開しております。 「PAY.JP」はWeb、モバイルアプリにクレジットカード決済機能を簡単に導入できる決済サービスです。「利用に時間がかかる」「高い」「使いにくい」という複雑な決済サービスの問題を解決し、導入を圧倒的に簡単にすることで、インターネット上のビジネスの可能性を拡げていくことをミッションとしております。 PAY.JP は2015年からサービスを提供しており、毎年高い成長率で成長を続けています。今後のさらなる成長と組織発展に向けて、EM(VPoE候補)として PAY.JP を牽引いただく方を募集しております。 ■募集ポジションについて 本ポジションは、エンジニア採用の実現やエンジニアリング組織の運営・発展を通じて、事業成長に貢献していただく役割となります。 PAYのDevチームは現在5名ほどで、組織のさらなる成長のため、一人目のエンジニアリングマネージャーとして貢献していただける方を募集しています。 PAY経営陣、テックリードと共にハイプレーヤー、将来のリード職候補の採用とオンボーディングに責任を持って採用、定着、育成に携わっていただきます。 ご入社直後は、PAYのDevチームに所属し、採用担当のエンジニア職として業務に携わっていただき、中長期的には共に組織運営、組織設計にも携わっていただき、ご活躍いただいた成果に基づき、VPoE等のポジションも見据えた役割となります。 ■業務内容 ・組織・技術戦略の計画、推進 ・ダイレクトリクルーティング(スカウト)や採用広報を含めた採用活動 ・エンジニア組織の文化形成へのコミットメント ・開発メンバーの育成推進
B-7.PAY_SRE

B-7.PAY_SRE

■ミッション PAYのミッションは「支払いのすべてをシンプルに」です。 決済サービス「PAY.JP」はWeb、モバイルアプリにクレジットカード決済機能を簡単に導入できる決済サービスです。「利用に時間がかかる」「高い」「使いにくい」という複雑な決済サービスの問題を解決し、導入を圧倒的に簡単にすることで、インターネット上のビジネスの可能性を拡げていくことをミッションとしております。 ID型決済サービス「PAY ID」も展開しております。 PAY.JP はユーザーの成長が PAY.JP の成長につながるサービスです。成長性のあるスタートアップや開発者に一番に選ばれる決済サービスになるために、日々プロダクトを磨き続けています。 PAYの「SRE」はパフォーマンスや信頼性、スケーラビリティを向上させるための改善・開発・その他様々な活動が求められます。 特に決済システムという性質から、常にサービスとしての安定性とセキュリティを担保することが重要なミッションとなります。 PAY のミッションへの共感はもちろんのこと、決済・金融という難度の高い領域にチャレンジしたいSREの方のご応募をお待ちしております。 ■業務内容 ・決済サービス「PAY.JP」「PAY ID」のインフラ管理・運用・改善 ・アプリケーションやミドルウェアの運用、パフォーマンスの改善 ・クラウドにおけるデータベースやネットワークなどの構築、運用 ・各種オペレーションを自動化するためのツールの開発、運用 ・障害検知やキャパシティプランニングのためのモニタリング環境の構築、運用 ・障害時の対応 ■チーム構成 PAY株式会社は15名程度のメンバーで構成されています。 各プロジェクトにおいて、ビジネス2名、PM1名、エンジニア1~3名、デザイナーが必要に応じて1名という体制でプロジェクトを推進しています。 会社全体はエンジニアメンバーが多く、CEOもエンジニア出身のため、 数字ベースや論理的な議論が盛んで、技術的な議論も活発に行われる社風となっております。 ・CEO/PM 1名 ・ビジネス 3名(マネージャー 1名) ・カスタマーサポート 4名 ・バックエンドエンジニア 6名(テックリード 1名) ・モバイルエンジニア 1名 ・セキュリティエンジニア 1名 ・デザイナー 1名 (2020年8月現在)
B-7.PAY_アプリケーションエンジニア

B-7.PAY_アプリケーションエンジニア

PAYのミッションは「支払いのすべてをシンプルに」です。 決済サービス「PAY.JP」はWeb、モバイルアプリにクレジットカード決済機能を簡単に導入できる決済サービスです。「利用に時間がかかる」「高い」「使いにくい」という複雑な決済サービスの問題を解決し、導入を圧倒的簡単にすることで、インターネット上のビジネスの可能性を拡げていきます。 PAY.JP はユーザーの成長が PAY.JP の成長につながるサービスです。成長性のあるスタートアップや開発者に一番に選ばれる決済サービスになるために、日々プロダクトを磨き続けています。 <PAY株式会社ホームページ> https://pay.co.jp/ <PAY.JPサービス内容について> https://pay.jp/ PAYの「アプリケーションエンジニア」は新規開発・既存機能の改修を中心とし、「PAY.JP」に関連する設計、開発、運用まで一気通貫した機能開発に関わっていただきます。 少数精鋭のチームなので、自分で考え、実行できる自走力のある方を求めます。また各自の関わる範囲が広いため、幅広く学習する気概のある方を歓迎します。 決済システムという性質からサービスとしての安定性・セキュリティを担保しつつ、コードの品質・スピード感を維持した開発が求められる、やりがいのある環境です。 PAY のミッションへの共感はもちろんのこと、決済・金融という難度の高い領域にスピード感をもってチャレンジしたいエンジニアの方のご応募をお待ちしております。 ■チーム構成について PAY株式会社は15名程度のメンバーで構成されています。DevとBusiness/CSで、ちょうど半々という比率です。 CEOもエンジニア出身のため、数字ベースや論理的な議論が盛んで、技術的な議論も活発に行われる社風となっております。 ■業務内容 ・「PAY.JP」のバックエンド開発・運用(API、Web) ・社内運用システムの開発・運用 ・サービスの安定性を維持するためのテスト・CI改善 ・「PAY.JP」の開発者ユーザーのサポート
B-7.PAY_エンジニアリングマネージャー

B-7.PAY_エンジニアリングマネージャー

■PAYについて PAYのミッションは「支払いのすべてをシンプルに」です。 決済サービス「PAY.JP」はWeb、モバイルアプリにクレジットカード決済機能を簡単に導入できる決済サービスです。「利用に時間がかかる」「高い」「使いにくい」という複雑な決済サービスの問題を解決し、導入を圧倒的に簡単にすることで、インターネット上のビジネスの可能性を拡げていくことをミッションとしております。 PAY.JP はユーザーの成長が PAY.JP の成長につながるサービスです。成長性のあるスタートアップや開発者に一番に選ばれる決済サービスになるために、日々プロダクトを磨き続けています。 <PAY株式会社ホームページ> https://pay.co.jp/ <PAY.JPサービス内容について> https://pay.jp/ ■チーム構成について PAY株式会社は15名程度のメンバーで構成されています。DevとBusiness/CSで、ちょうど半々という比率です。 CEOもエンジニア出身のため、数字ベースや論理的な議論が盛んで、技術的な議論も活発に行われる社風となっております。 ■業務内容 5名程度のエンジニアチームのマネジメントをお任せする想定です。 ・自チームのメンバーが関わっている各プロジェクトの担当領域の進捗管理、問題解決 ・1on1等を通してのメンバーの育成、問題解決、相互の期待値調整 ・ダイレクトリクルーティング(スカウト)や採用広報を含めた採用活動 ■ご入社後の役割/期待値について PAYのエンジニアチームは現在5名ほどで、加えてテックリードが1名というチーム構成です。 組織や事業のさらなる成長のため、一人目のエンジニアリングマネージャーとして貢献していただける方を募集しています。 事業、プロダクトの成長とチームのエンジニアの成長・活躍を両立し、結果としてメンバーの評価/給与を上げるという重要な役割が期待されます。 ご入社直後からEMをお任せするか、一定期間開発の実務経験を積んだのちにEMになっていただくかはこれまでのご経験やご志向性を考慮して相談させていただければと思います。